いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラリーノ キタ━━━━━(゚∀゚;)━━━━━ノカ?

お待ちしてました!
P1030696_20121012074003.jpg

あちこちで一斉に太ってきたヽ(^◇^*)/
P1030697_20121012074003.jpg


根元まで太ってきたΣ(^∇^;)えええええ~
P1030698_20121012074003.jpg


寒くなってきたので、急いでくれてるのかな・・・雄花ないけど。
うちでは無駄花が100個つかないときゅうりになれないのかも(^▽^;)


でも、同時にハダニが総攻撃をかけてきました。
なんとか今月一杯はがんばってほしいです(*・人・*)
[ 2012/10/12 07:45 ] キュウリ | TB(-) | CM(8)

ラリーノ迷走中

9月20日にミニきゅうりラリーノの開花を記事にしました。
1、2、3号、どれも最初は全然太ってくれなかったので、うちではラリーノは向いてないのかもとあきらめ半分でしたが、涼しくなってきたので期待もしてました。

花はすごい勢いで咲きます。
200ぐらいは咲いたかも・・
いつのまにか何本仕立てになってるのかわからないくらい脇芽が育ってきています(ーー;)
主枝はとっくに摘芯済み。

脇芽です
P1030686.jpg
これも脇芽
P1030687.jpg
根元もグチャグチャ
P1030689.jpg

でも、太る気配なし。

神田育種農場さんに問い合わせてみましたが、水耕栽培のデータがないので、肥料が濃いのか薄すぎなのか判断できないそうです。
それはそうですよね・・でも親切に色々レクチャーしてくださいました。
らりひょんは、肥料不足のときに現れるそうですφ(*-.-*) メモメモ。
お疲れの頃に出てくると思ってましたが、そうなったら濃くしてみよう。

もちろん、花が小さいのや、ダメっぽいのは毎日摘んでるんですが、それでもまだ軽く5、60は花が咲いてます。
蕾や開花済みを入れたら、もうわけがわかりませんが、全部無駄花というのもすごい。

1本も収穫できないのに、毎日摘花だけするって、せつないわーヽ(´▽`)/

しかし、とうとう太ってくれるのが現れました。
P1030684.jpg

今までは1本きゅうりが出来たら、そこからは順調だったんですが、なんでこうなるんだろう。
どれがきゅうりになれる花かどうか、わかる方法があったら助かるのにな。

過去パターンでは、さんざん気を持たせた後で着果を始めたものの、調子が出てきたころに、ハダニとアザミーにやられて、収穫はちょびっとで終わってました。
今回は虫害は目立ちません。

かわりにインゲンが総攻撃を受けています。
たぶん、うちの虫人気ナンバー1はインゲンです m(-_-)m スマヌ
こっちは実がすでについてるから、こちらも守りたいんですけどね。
ちなみに不人気ナンバー1はゴーヤでした。

P1030694.jpg

どっちも急いでくれないと、寒くなっちゃう

ということで、夏野菜で撤収できたのって、まだほとんどありません(´ヘ`;) う~ん・・・
[ 2012/10/10 14:00 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

秋ラリーノようやく開花とスズメガ

こんなのがプチヴェールにとまっている(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル。
P1030488_20120920080546.jpg

私が神経質に防虫ネットをかけまくっているのは、害虫対策というのもありますが、うちのメイン害虫であるダニとアザミーにはネットは無力です。
それどころか、発見が遅れてしまう可能性大で、風通しもよくないはず。

ではなぜ?、というと、単純に虫が怖いんです(x_x;)。
特に足が太くて飛ぶやつがダメ。
カナブンや甲虫が葉っぱにつくのを避けるためかもしれません。
セミなんかいたら、とても外に出れません。
不意に見つけたら、とんでもない声を出して、ご近所迷惑になること必須です。
今日も、ちょっと迷惑かけました(;´д`)トホホ

虫じゃないけど、蜘蛛は平気です。

こういうときのために、100円虫取り網を買ってあるので、遠くからネットをツンツンしてみた(直接つつく勇気はありません)けれど、動いてくれません。
イモ虫は全然平気なんですが、そんなものを置いていかれても困ります。

・・・主人が戻るまで水遣りできません(T^T)
ドアにはコナガがはりついてたし、イチモンジセセリが飛び交ってるし、そういう季節なんですね_| ̄|○

前置き終わり・・長っ

8月6日に種まきしたラリーノがようやく開花しましたヽ(^◇^*)/ ワーイ
P1030483.jpg

50度ベランダじゃ、苗には厳しいだろうし、場所もないしと、しばらく室内で育ててました。
9月6日に、場所も出来たし、大きくなってきたので、もういいだろうと外に出しました。
液肥はゴミ箱にたっぷり入れておいたら、全然減らないし、虫もついていないようなので、ほとんど放置状態。

下のほうの蕾は室内で既に摘んでいたので、お世話の必要はないと思っていたんですが、いつのまにか脇芽が一杯出てる!

あちらこちらに・・・まだあるんです
P1030487.jpg P1030486.jpg
P1030485.jpg P1030484.jpg


このラリーノは”側枝が出にくいので、ベランダでの栽培にも適します。”という品種で、今までも、こんなに出たことなかったんです。

結果的に房なり、W房なりと蕾だらけになってるわけですが、こんなの全部着果しないことは、よくわかってます。
摘んで挿し芽しちゃおうかとも思いましたが、今からはさすがに無謀な上に場所もない、各脇芽達から1本ずつでも出来てくれないものかという強欲もある。
それに上まで1Mちょいしかないので、横に展開してくれるのは好都合。

気温はこれから成育適温になってくるでしょうから、この最初の花がどうなるかを見て、考えることにします。
先送り(^^;;


[ 2012/09/20 08:35 ] キュウリ | TB(-) | CM(2)

ラリーノ太ってきた

確かラリーノが太らないって書いたの昨日だったよね、と確かめてしまいました。

P1030204.jpg


一気に5本+@が太ってきました。
スイッチが入るときって、すごいですね。
摘芯のせいか、時期が来たのか、暑いからか、摘花のせいか、全然わかりません。
ラリひょんになりそうですが、なんでもいいよー

週間天気予報では明日から晴れの日がゼロなのが痛いです

ところで、このラリーノは
「着果習性は主枝型。側枝がほとんど発生せず、小葉ですっきりとした草姿になります。
ハウス栽培の収穫末期や露地栽培など、長日+高温期の栽培では側枝が出ることもありますが、側枝にも確 実に雌花が着生します。」
という品種のようです。

いきなり脇芽がわさわさ出てきて雌花がたくさんついていますが、ここ数日の高温が原因ってことになるのかな。
摘めって書いてないから、このまま育ててみます。
[ 2012/07/11 16:02 ] キュウリ | TB(-) | CM(10)

ラリーノ近況

私の不注意で摘芯状態にしてしまったラリーノの先っぽを水にちゃっぷんしたのが発根しました(ノ^∇^)ノヤッホー
P1030195.jpg

3号も、徒長しながらも本葉が育ってきてます。
P1030196.jpg
2号同様、アザミー対策で培地なしです。
これから暑くなるけれど、なんとか守るから二人でがんばれーヾ(^^ゞ))..(シ^^)ツ_フレーフレー

そして本命のラリーノ2号本体なんですが・・・
ほんと、すくすくと上に育って、つぼみもいっぱいついて、一見順調でした。
事故摘芯の2日くらい前から、一斉に咲き出しちゃいましたが、どれも太りません。

こんないっぺんに咲かせていいのか、ラリーノは鈴なりになる品種だからありなのか?とどうしていいかわからず放置してました。

でも、太らないし枯れない。

何十個咲かれても、黄色い花の栽培をしているわけではないので、もはや第1花に感じたトキメキなんてどこにもありません

そして、とうとう待望?の脇芽が出てきました。
P1030201.jpg

それも8箇所ぐらいから一斉に数個の雌花つきで・・・
多すぎるわっ
実ってくれるなら大歓迎ですが、ますます無駄花が増えちゃうよ。

もはやこれまでと摘花することにしました
どこから咲いたかもわからないので、適当に咲き終わってる花を20個くらい摘みました (/_・、)/~~ 。

そのおかげか、時期がきたのか上のほうから、太ってきたような気がします。
いや、このコは大丈夫なはずだ、信じるぞ。
 上から3つ目のコに期待
P1030197.jpg

ラリひょんでも、まっすぐでもいい。
きゅうりになってください (;人;) オ・ネ・ガ・イ

最初の5,6節くらいまでの脇芽と蕾は全部とっていますが、それでは手ぬるいのでしょうか?
皆様、節なりきゅうりの栽培ってどのようにされていますか?


今日の収穫
P1030193.jpg
タイピンクエッグは実が重くて枝が曲がってきてるので、ピンクになったら取ってます。
室内ですぐに赤くなります。
[ 2012/07/10 09:45 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

ラリーノ折っちゃった

ラリーノ2号もそろそろ天辺まできたので、摘芯をどうしようかなあとは思ってました。
あと20センチぐらいがんばってもらって、そこで摘芯して挿し芽にチャレンジしてみよう、と決めたんですが、今見たら、折れてた  Σ(='□'=)ウッソー!?。

  絶妙の位置でぽっきり
P1030152.jpg

今日は、水奴隷で出入りを繰り返したので、たぶんその時にやっちゃったんでしょうね
でも、この位置で助かりました。

 とりあえず水にちゃぷん
P1030157.jpg

あ~あ、ちびきゅうが5つもある、といっても、まだ本体のほうも一つも大きくなってないですけど


残ったキミ達、脇芽を出せなんて無理は言わないから、どうか大きくなってください。
P1030154.jpg
[ 2012/07/03 16:55 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

ラリひょん登場

ラリひょんとは、すくすく水耕栽培様が命名された、ひょうたん型になってしまったミニきゅうりのラリーノのことです。

P1060084.jpg

きゅうりの変形は成り疲れ、肥料不足、日照不足、高夜温、などが原因らしいですが、室内ですからねー。
日照不足と高夜温、これは仕方ない。
成り疲れだけは、絶対にありませんけどね。
まだ3本しか収穫してないもん o(`⌒´*)oエッヘン!

このラリーノ1号は、少しハダニーとアザミーにやられています。
きゅうりで無傷はまず無理だろうから、テデトールはしますが、そう神経質にはなっていません。
ラックに巻付かせてしまったので、水没は無理。
アザミーの繁殖だけはさせないように、バーミキュライト培地をアルミホイルでガードしています。

ラリひょんも出てきたし、丈夫に育っているというわけじゃないことは確かなようですが、これが外にあったらこの台風で一発退場です。
お日様、根っこ、通風ばっちりの露地に比べると、かわいそうな環境ではあります
5月8日に種まきした2号はこの反省をふまえて、カーテンレールからヒモでつるすだけにしました。
培地もアザミー対策でスポンジのみです。

もう1Mを越えています。
P1060088.jpg

写真にあるネットは外のゴーヤ用で、これはヒモ1本だけです。
ここは日当たりは一等地なんですが、ラックの後ろという面倒な場所なので、液肥タンクをつけています。
虫対策するときには、土がないのでヒモをはずして水没させればいいし、つるおろしも簡単じゃないかなーと期待しています。
こちらも蕾はたくさんついています。
今日が夏至だから、これから日が入りやすくなったらいいなあ。
[ 2012/06/21 09:42 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

ラリーノ初収穫

先代ののこびときゅうりは、なかなか太ってくれなくて、ようやくエンジンがかかったか、というところでアザミーが勢いをつけてきて1個の収穫で撤収

このラリーノ1号は、最初は外に出していたのですが、すぐにアザミーがついたので、温湯処理の後、室内退避させてました。
P1040056.jpg

そのまま中で育てていましたが、順調に大きくなって、花もたくさん咲くんですけど、全然実が太らない。
摘花もかなりしたけど、変化なし。
中じゃだめかと思いつつも摘心してみたら、急に太ってきて、ようやく1個収穫できました。
次も、準備してくれているようです。
雌花だけなら30個はあるから、せめて3個くらいは収穫させてほしい

しかし、ここにきてまたアザミーの気配が
スズメの攻撃から室内避難させたブロッコリーのパーライト培地で繁殖してました
本体は温湯処理していたので、油断しました

ラリーノ1号は、バーミキュライト培地ですが、2号はアザミーを繁殖できなくするために、スポンジのみにしています。
ひもでつるしてるだけなので、もしもの時の温湯処理もしやすいし。
つる性で、支えはいらないせいか気にしないで育ってくれてるみたい。
P1040060.jpg

アザミーはきゅうりでの繁殖率が一番高いそうで、このでかい葉っぱに隠れられたら、全員逮捕は温湯処理じゃないと、無理。
でも野菜にも負担だろうから、そうそうやりたくはありません。
とにかく増えるのだけはお断り作戦ですヾ(`◇')ダメッ!
[ 2012/06/14 16:20 ] キュウリ | TB(-) | CM(4)

きゅうり近況

こびときゅうりの雌花1号は、あきらめて取りました。
まだ寒いんだね、ゆっくり育っていいよ~と、日当たりはいいけれど、目の届かない隅っこに放置してました。
P1020799.jpg

成長がとまったと思ってましたが、芯どまりみたいになっちゃって、脇芽が伸びてきました。

そして葉っぱに隠れて見えないですが、雌花ばっかり咲いてるΣ(- -ノ)ノ エェ!?
育ってくれるんならいいけど・・・

   本来の成長点
P1020808.jpg

   脇芽から出た今の成長点
P1020806.jpg


・・・・・・・でも、実が小さい。
これは少し太ってきてます。
P1020803.jpg

葉に隠れて盲点になってた、脇芽を取ったはずの下からも雌花咲いてるし(ーー;)
P1020808.jpg


素直に縦に伸ばしてあげればよかったかな。

日照か液肥か温度か、悩ましいです。

次代のラリーノも育ってきています。
P1020805.jpg
今は可愛らしいけれど、これもすぐ追いついちゃいますよね。
実ってくれたらどちらも大歓迎なんですが/(-_-)ヽコマッタァ
[ 2012/04/26 09:45 ] キュウリ | TB(-) | CM(4)

こびときゅうりの成長がとまっちゃった

こびときゅうりの待望の雌花が4月3日に開花したのですが、太ってきません。
まだ寒いとはいえ、2週間たってほとんど変わらないというのは、おかしいですよね。

P1020756.jpg

枯れるでもないんですが、どんどん上に伸びていたのに、ここでパタッと上への成長も止まっています。
こびとといっても、もう少し大きくなってほしい。
液肥の吸い上げは増えていますし、虫や病気の気配はありません。

P1020759.jpg


次の雌花も咲いてしまいました。
P1020758.jpg

普通なら嬉しいのですが、養分の取り合いになるんじゃないかと、気がかりです。

人工受粉の必要なしとのことだったので、雄花はすぐに摘み取っています。
それがだめなのかな・・・
[ 2012/04/16 11:42 ] キュウリ | TB(-) | CM(9)

きゅうりとピーマン近況

1月25日の種まき以来、なかなか大きくならなかったこびときゅうりも、このところがんばっています。
とうとう花を咲かせてくれましたが、これって雄花ですよね。
次のつぼみは小さいから、この子は独身で終わりそうです。

きゅうりは初めてですが、去年の本気出してからのゴーヤを思わせる成長ぶりがちょっとコワイ。

    室内緑のカーテン、ほぼ完成(^^;)

すでに次のラリーノも待っております。
3月27日に種まきしたら、翌日に発根しました。
あまりの早さにびっくり。
     左がラリーノ、右はオクラです

こびときゅうりの種をくださったかあちゃん様旧ブログ記事を確認したら、1月まきで5月下旬に撤収されてました。
きゅうりの収穫は一ヶ月くらいって聞いたので、2ヶ月おきで種まきしちゃおうと思っていますが、できるかな。

ピーマンもがんばっています。
この温度でもなんとかなるもんですね。
あと1週間で収穫と思ってしまうと、ピーマンが買えない(^。^;)。


当然ながら、液肥消費量が増えてきました。
夏でも一日10L以内が目標ですが、どうなることやら。

今日はまた大暴風ということで、昨日のうちにソラマメは避難させました。
お手柔らかにお願いしたいです(;人;) 。
[ 2012/04/03 08:34 ] キュウリ | TB(0) | CM(6)

こびときゅうり近況・・・もう虫が?

ゆっくり大きくなってるこびときゅうりです。

巻きひげが目だってきたので、そろそろ場所を決めてあげなくては・・・などと思いながらチェックしてたら、葉っぱに穴が!

きゅうりといえばウリハムシといっても、このコは外の世界を知らないお育ち。
いくらなんでも、それはないと思うのです。
ちっちゃいコバエが先日飛んでました。
アイツが犯人なら、まだいいんだけど。
じーっと見つめても、虫はいないように見えるけれど、なんだろう?

きゅうりは初めてなんですが、これ、脇芽じゃなくてツボミですよね?。

今日やっと気がつきました(^-^;
もう4節までついてることになるけど、5節までは取ったほうがいいと聞きます。
大きくしないで摘芯するから、なり疲れするほども収穫できるはずないとはいえ、やっぱ取らないといけないか・・ε-(´・`) フー

今はまだ背丈10センチ程度のこびとさんです。
でもプチジャングルになってしまったトマトのように、見慣れてるうちにいつのまにこんなことに、って大きさになっちゃうはず。
想定外に大きくしてしまったトマトに場所を取られちゃったから、まっすぐ伸ばすか、行灯にするか今週決めなくちゃ。
[ 2012/03/15 15:24 ] キュウリ | TB(0) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。