いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト近況

いつの間にこんなことになったんでしょう。
発芽した、本葉が出た、と喜んでいたのに・・
気がついたら、こんな年になってたっていうのは人間でも同じですけどね(ーー;)
スプライトです。

ペットボトルではかなり危ない大きさになってしまいました(・・。)ゞ 。
身長160センチの私の胸くらいまであります。
元々脇芽を夏用に取ろうと育てていたので、脇芽ほとんど取ってないし。
もはや室内の大きさではないですが、ボードから下ろして狭いところに床置きしています。

このままだと、震度3でも倒れてしまいますので、安定したところじゃないと危険です。
それでなくても私が折ってしまいそうで(-_-;
3回ぐらい摘芯モドキをしましたが、脇芽が上から出てきてすぐ大きくなります。
端下に移動させちゃってマメに見れないから、よけい脇芽が育ちそうです。
もう脇芽をつんでもいいんですが、気がついたらツボミが一杯ついてて、摘めないパターンが多くて(^^;)
初心者の王道を順調に歩んでいますorz
写真とるのに、上に上げてみたら、液肥がカラでした。
培地が多いから持ちこたえてくれたんでしょうが、危なかった C=(^◇^ ;

でも、どんどん咲いてくれるんです・・とてもお別れできません(^-^;。
あわよくば実をつけてくれたらとは思ってましたが、ここまでは想定外だったので対応が追いつきません。
一番がんばってる花房はこれ。

日照は全然足りないだろうけれど、低温がお好みなのか、花が咲いたのは全部着果しています。
ここだけで10以上いきそうです。
大き目の実がなってる2個は2月に最初に着果した分です。
丸っこいですが、後から着果したのは、ちゃんとプラム型になっています。


小さいツボミは咲くことなく、自主的に立ち枯れていきます。
上の写真の咲いてる2輪の影に6つツボミがありますが、こういうのはたぶん咲いても後1つまでみたいです。
最初はあわてましたが、自己調整してくれてるんだなと思うようになりました。
まだまだツボミあるんですが、これからのが収穫できるのって、5月末ですよね。
親トマトのスペースまで考えてなかったので、このままここにいてもらいます。


上の写真の右はタイピンクエッグです。
先月、大幅剪定しましたが、元のサイズに戻ってしまいました。
木ボケさせてしまったようで、まだ1番花もつけていませんが、ツボミは結構あって、そろそろ開花しそうです。
これも、このまま室内で育っていただくしかないかも。

左はレッドミニ。
あまり横に広がらず、この大きさのままでいってくれそうです(´▽`) ホッ。

さて、これは夏の本番用なんですが、挿したのが全部根づいちゃいました。

品種で背丈の違いが大きいです。
根付くかどうかわからなかったので、2月に挿しちゃったけれど、結果的にもっと後でよかったです。
いや、親トマトをそのまま育てるだけで、よかったのかもしれません(^。^;)。
しかし、この子たちまで大きくするスペースは中にはない。
今年はかなり寒いので来月外に出していいものやら・・・。

予想より遥かに順調といっていいんですが、すべてにおいて時期が中途半端でした。
秋からは室内に日が入るし、いっそ9月頃に種まきしてたら、今の時期に収穫できて周年栽培できたかもしれません。
来年はそうしようかな、とまた妄想だけが先走っています(*^.^*)。
関連記事
[ 2012/03/21 10:55 ] トマト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。