いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キュウリ近況:女子が少ない

これまで育てたミニキュウリは、ほぼ雌花ばかりの女子高状態でした。

普通のキュウリは雄花もそれなりにつくのは、わかっているつもりでしたが、今回のなるなるは雄花が多すぎます。
去年は雌花のほうが多かったはずなのに、どうしたんだろ。

なるなるは春蒔き70~80%、秋蒔き40~50%で雌花着生する節成種だそうですが、どうみても、うちのは今のところ25%程度。

まだこの上にも雄花が咲いてます・・・
ANPT1350.jpg

でも、ようやくキュウリが収穫できそうです。

以前、人工受粉したら雌花が太りだしたことがあったので、先週やってみたら

成功したみたい♪
ANPT1352.jpg

それにしても、このままでは、結婚相手に不自由しないとはいえ、雌花が少なすぎます。

雄花は一節に4,5個つくけど、雌花は一個しかつかないし。
ANPT1354.jpg

そして、まだ脇芽も全然出ていません。
このまま男の子ばかりで繁られても困るし、子づるなら雌花がつくだろうと、摘芯してやりました

たぶん、私がキュウリというものを理解してないのだと思います(^-^;。

確実に女子高になってくれるはずのラリーノは、アザミーが増えてきました。
ANPT1355.jpg

なるなるから、ラリーノに乗り換えているようなのです。
まだ葉っぱが少ないし、柔らかいから、捜索しやすいけれど、虫もいないなるなるには、もっとがんばってほしいです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/22 15:50 ] キュウリ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。