いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

レッドミニ着果とトマトの剪定

脇芽を無事に取ることができた親トマト達。
根付いたかどうかはわからないけれど、挿し芽達は枯れることなく元気です。

脇芽を取った後のことは考えてなかったのですが、スプライトは先っぽだけ、タイピンクエッグは思いっきり小さく剪定しました。
タイピンクエッグです。

下葉が落ちてさびしい姿でしたが、最近下から脇芽がどんどん元気になってきたので、根詰まりの過去は忘れて、ここから生まれ変わってくれないかな、と都合のいい妄想でやってしまいました エイヤッ↑(/>_<)/ 。
今残っているのは、全部脇芽です。

主枝更新栽培という手法があるそうですが、そうなってほしいのです(^o^)。
もちろん一番上の元気なところは、挿し芽しました。

昨年のツボミはつけども花は咲かなかったトマト栽培のトラウマと、今の栽培環境からは絶対無理と決めつけてたのですが、どうもレッドミニが着果したようです。

1個だけ、といっても開花したのもまだ1個だけです_(^^;)ゞ。
極小のツボミは摘んじゃったし。

そしてスプライトには、今、こんな大きい花があるのです。

レッドミニのよりかなり大きい。
スプライトもがんばってくれないものかと欲を出して、これは先っぽだけ摘芯しました。

話が飛びますが、昨年はピーマンには人工授粉は一切しなかったのですが、今回初めて電動ハブラシを使ってみました。
こわごわブラシの背の部分を当ててみると、白い花粉がぶわっと出て驚きました(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!。

スプライトにもこれを試してみて、トマトトーンではなく自力で受粉してくれる力が株にあるなら、ちょっと大きいけれど5月くらいまでおつきあいします。

ダメだったら、これも下の脇芽が元気なので、主枝更新風栽培にしてみようと思います。

レッドミニは、元々コンパクトなので、とりあえずはこのままです。
1個でも、自然にこの環境で実ってくれたら、私には結構なミラクルなのです(⌒^⌒)b 
関連記事
[ 2012/02/11 15:54 ] トマト | TB(0) | CM(4)
No title
脇芽ってことは、去年の子たちから回収して
越冬してるんですよねえ。
意外といけるもんなんですねえ。
Naomiさんがナスは多年草、とおっしゃっておりましたが
トマトも親類だからいがいと年越しでも大丈夫なんでしょうかねえ。

うちはやっと種まきです(笑
[ 2012/02/13 00:30 ] [ 編集 ]
No title
上手な方なら越冬もありでしょうが、私にそんなのできるわけありませーん(ーー )Ξ( ーー) ブルンブルン。
10月末に適齢期の脇芽を取るために、種まきしたのです。
今の種まきでも普通よりかなり早いですよ。
トマトは買わない生活目指して、がんばりましょ♪
[ 2012/02/13 08:07 ] [ 編集 ]
No title
runeさんがおっしゃってたけど、
トマト、ダイエット効果があるとか発表されたとたんに、品不足らしいですしね、頑張りましょー(笑)

今年のizumiさんのスタートダッシュはものすごく効きそうだわー。
ピンクエッグは嫌というほど脇芽が出てくるので、心配しなくても大丈夫 (⌒-⌒)
きっと私が「やっと花房が!」なんて言ってる頃に、
izumiさんは収穫期を迎えてるかと。(笑)
[ 2012/02/13 10:04 ] [ 編集 ]
No title
Naomi様
報道の影響ってすごいもんですね。
ヨーグルトの売り切れにも仰天しましたが、トマトは今お高いのに、皆さん、ちょっとノリがよすぎるような気がして、こわいです。
マスコミは大きな力があるのだから、正しく使ってほしいです。
スプライトの花が私レベルでは見たことがないでかさになっています。
脇芽目的だったとはいえ、うれしいオマケになってほしい。
フライング栽培では、失敗も先取りできたのでよかったと思います。
これからが本番なので、同じ失敗はしないように、トマトがおやつの毎日を夢見てがんばります。
[ 2012/02/13 11:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)