いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベランダで切花とコガネムシ

ハダニにボロボロにされて、健全な葉っぱはわずかな新芽だけ、という状態だった西洋アサガオのヘブンリーブルーを先週に撤収しました。
きれいだった先っぽだけネットに残しておいたら。(葉っぱはゴーヤのです)

咲くんですよね、毎日 (≧≦) ゴメンヨー
もう1週間以上立つし、当然お水もないのに・・・ツボミも毎日成長中。

それまでほとんど咲かなかったんです。
ほんと暑いのきらいだったんだな。

本来秋からの花で、9月になって咲く日があったのですが、暑さが戻るとツボミのまま萎んで、緑のカーテンとしてはお役立ちだった頃もありますが、もうほとんどハゲてました。

もっと早く撤退すべきだったのでしょうが、ゴーヤに全然虫がつかなかったのは、アサガオが体を張ってくれているのかもしれないからと引っ張ってました。

これは一鉢だけ残ってる、水耕フライングソーサー。

防虫ネットなし組ではゴーヤと唐辛子だけが虫害なしでした。

しかし撤収してみたら、このアサガオ、とんでもないものになつかれていました。
土を掘り返したら、コガネムシの幼虫がウジャウジャ。
30匹はいました {{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~

コガネムシが害虫というのを知ったのは、まだ昨年のこと。
鉢植えのツルバラが元気ないなあと茎にさわったら、するっと土から抜けちゃった!
そして、中には幼虫が・・・
何にも知らなかったので、カブトムシ??? と思いつつ、ネットで色々見て、コガネムシということ、鉢の中に産みつけられたら植物には致命的ということを知りました。

有機物の多い土がお好みらしいので、やっぱり土は日向土、大物は水耕栽培にしようとつくづく思いました。
ペットボトルプランターに産卵するチャレンジャーなコガネムシなんているはずないしね。

狭いところで虫がいっぱい来たり、要農薬は私も困るし、ご近所も大迷惑で指導が入るでしょう(^^;;

コガネムシ、夏場によくコンクリの上で転がっているのを見かけます。
虫がこわくて触れないので、かさでツンツンしてお助けしてたのに~ ヾ(。`Д´。)ノ彡☆。

自然破壊といわれてる割に、害虫に区分されてる虫って、増えてるような気がするんだけど、どうなんだろう。
関連記事
[ 2011/10/04 09:50 ] ベランダ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。