いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぜいたくトマト近況

迷いに迷って、購入したぜいたくトマトです。
フルティカとの勢力争いに惨敗して、これでは日が当たらないと、場所を移動させています。
サイドからも風が出る室外機の隣なので、いい場所ではないです(><)。
IMGP5018.jpg

ぜいたくトマトを育てておられるのは、私のような零細ノーテク水耕ベランダーではなく、水耕では大規模理系ハイテクガーデナーの方が多いですよね。

育ててみたいとは思うものの、大きくなって暴れて大変になるんだろうな、大玉だと尻腐れとか出るだろうし無茶かも、と迷ってビビりながらのダメもと購入でした。

ところは、思いのほか脇芽もおとなしく、うちでは一番すっきりと育ってくれています。

一株で、こんなことになっている中玉のフルティカとは全然違います。
IMGP5025.jpg

第一花房も無事着果。
IMGP5020.jpg

今のところ、お尻もきれいです。
IMGP5021.jpg

これは第2花房。
IMGP5024.jpg

ところが!
うどんこが目立ってきました。
IMGP5019.jpg

正直なところ、うちの灼熱ベランダでは、うどんこが広がるのは一時のことだろうと思っていましたが、実の上下の葉っぱが白くなってくるとそうもいってられません。
カリグリーンを全トマトに散布しました。

連続摘芯のつもりだったので、摘芯だけはすませています。
IMGP5022.jpg

第一花房直下の脇芽も開花。
IMGP5023.jpg

そろそろ捻枝するべきなのですが、びびってできません。
実が重そうだし、失敗して折ったら、全部パーになっちゃうから。
ミニだと、脇芽で何とかなるさと気軽にできるのですが・・・(^-^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/28 09:30 ] トマト | TB(-) | CM(8)
ぜいたくトマト、どちらで見ても美味しいらしいですよねぇ。
私もホムセンで売られたら買おうと思ってましたが
出ませんでしたーーー(笑) 残念。

もし捻枝するなら午後の方がいいみたいです。
朝は茎が硬いので、歯切れよくパキッと可能性が高いです(笑)
それか、ちょっと萎らせたタイミグで捻じる(^^)
バイクのアクセル吹かすように・・捻じる(笑)
頑張ってください♪
[ 2015/05/28 10:11 ] [ 編集 ]
ほうほう。ぜいたくトマトは絶品ですか~!!
これだけ、実れば安泰ですね♪

私も大玉にビビッてます。念枝なんてとても無理(笑)
イナバウワーの状態になってしまいました。。
トマトのアーチみたい・・・なんて呑気に見てます。

いずみさんはしっかり捻って下さいm(・`ー^)mブンブ~ン
[ 2015/05/28 13:27 ] [ 編集 ]
semirey 様
ん、皆さんの記事を見ていると、食べたくなってきますよね(^-^;
ブランドものは発売時期が限られるから、そちらでは苦しいですよね。
これがとびきり美味しくて、夏を生き延びて、秋冬トマトとして延命していることを、期待しないで待っていてください(^^;

>バイクのアクセル吹かすように・・捻じる(笑)

ムリ・ゼッタイ(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
[ 2015/05/28 15:51 ] [ 編集 ]
みず花蓮 様
この第一花房だけは、なんとか死守したいです。
ミニなんて、何かしようとするとボトッと落ちるのがありますが、大玉でそれやったら、泣きます。

だから、念枝は主枝ではたぶん見送ります。
こわい・・・
第一花房が美味しくなかったら、その上と脇芽ではやりますよ(`・д・´)キリッ


千葉にデルモンテトマトの食べ放題ができるところが、あるみたいなんですよ。
いつか美味しそうな時期に行きたいと思ってます。

[ 2015/05/28 15:54 ] [ 編集 ]
>私のような零細ローテク水耕ベランダーではなく、水耕では大規模理系ハイテクガーデナーの方が多いですよね。

そんなご謙遜を。
でも確かに水耕栽培ブロガー界隈では巨木栽培系の方が好む傾向がありますねぇ。

ただ品種的には背の高さぐらいまでの一本仕立て。
が主な育て方だと思いますので、高糖度栽培ブロガーのいずみさんなら、
きっと『本当にコレ大玉?』な糖度のトマトを作られることと思います。

あとぜいたくトマト、
無闇に濃度を下げると大玉の中でも尻グサレが出やすい方なので要注意と言うはありますね。

ICHIは初年度は尻腐れとカラスで初生りから最初20個ほどはダメにしました。


[ 2015/06/02 13:50 ] [ 編集 ]
ICHIパパ 様
あっ、ご本人が (; ̄ー ̄川 アセアセ

謙遜って、客観的な事実ですから(´~`ヾ) ポリポリ・・・

うちのぜいたくトマトは、『本当にコレ大玉?』な小ささです。
お店によくある、中玉に近い、わけありSサイズ。

ICHIパパ 家のお写真と比べると、同じ品種とは、とても思えません。
おそらく着果調整はトマトにまかせておられるのでしょうが、大玉の大木って、農家さんでもあるものではないし、いつか見てみたいです。


>無闇に濃度を下げると大玉の中でも尻グサレが出やすい方なので要注意と言うはありますね。

ありがとうございます<(_ _)>
尻腐れが出やすい品種というのは知りませんでした。
大玉なら、みんなそうかな、ぐらいで(///o///)ゞ

この時期、濃度が上がりすぎることはあっても、下がるということはまずいないと思いますが気をつけます。


それにしても20個というと、私の目標数値より多いですよ。
そんなにダメにしたら、今年が終わってしまいます(-_-;)
せめて鳥からは絶対に守ります!
[ 2015/06/02 20:33 ] [ 編集 ]
>尻腐れが出やすい品種というのは知りませんでした。

でますねぇ。
もうデルモンテ公認の出やすさです↓
https://delmonteagri.co.jp/lineup/big_tomato

ICHI家では元々濃度上げると同じパイプの他の品種が葉が反る悩みがあるけど、
いずみさん家は大丈夫ですね。

でも糖度だけじゃない美味しいトマトなんで栽培して損はないと思います。

そういや、
これまで沢山の品種を栽培して来られたごきげん野菜さん、
今シーズンもぜいたくトマトを植えられているとお聞きしますねぇ。
[ 2015/06/03 11:33 ] [ 編集 ]
ICHIパパ様
>でますねぇ。

(・"・;) ウッ、尻腐れリスクがあっても、美味しいから皆さんは栽培されてるんだから、期待しちゃうことにします。


>ICHI家では元々濃度上げると同じパイプの他の品種が葉が反る悩みがあるけど、いずみさん家は大丈夫ですね。

はい、個別人力給水方式なので、それだけは大丈夫です( *´∀)フッ

もちろん、ごきげん野菜さんの記事も迷っていた私の背中を押しました。
(みんなうまい人ばっかりと思いながらも・・)
ICHIパパさんのように多年栽培は無理でも、秋冬までつなげるようにがんばります!。
アドバイスありがとうございます(^^)



[ 2015/06/03 13:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。