いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

チーマディラーパ近況:お味見

春を感じてくれているのか、チーマディラーパの脇芽が伸びてくるのが、早いです。
USER1619.jpg

花が咲いたら、慌てて、そこそこの大きさをまとめて収穫を繰り返しています。
USER1622.jpg

”ほろ苦さと、辛味、ナッツに似た風味を持ちます。菜の花、からし菜、ルッコラをあわせたような不思議な野菜”、というお味を一応確認できました。

確かにそういう言い方もできるのかな(^-^;。

コク苦な、お味です。
ピーナッツのコクッとする感じが、かすかにあります。
水切れを散々させているので、ちゃんと育てていたら、もっと美味しくなったかもしれませんね。

種をくださった園芸でちょこっと科学のともこさんは

”美味しい。ほろにが味。オトナ味。ふわ~っと菜の香りがいたします。”
と表現されました。

大人味、そうなんです。
見かけはセニョールさんですが、くせのあるお味なので、菜の花が苦手な子供には無理かもしれません。
セニョールさん程は場所はとらないけれど、次々に花蕾が上がって収量は多いので、狭いベランダでは育てやすいです。

そうそう、うどんこは、被害葉(人災だけど)を取って、保温ビニールを取って、少し株間をあけたら、すぐになくなりました。
アブラナ科のうどんこは、素直でいいですね(^^;

追記メモ)
主に食材な忘備録のduckbillさんの記事を見て、育苗中のナス科野菜を外デビューさせてみました。
14時すぎでベランダの温度が28度、不織布のカーテンをつけた簡易温室は30度あります( ▽|||)サー。

16:48 外気15度、簡易温室は18度

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/03/04 13:58 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)
一瞬セニョールさんかと思いました。f(^^;)
う~むこれも知らない野菜だ・・・。(汗)
菜花・・・白菜みたいな味なのかな。
[ 2014/03/04 14:16 ] [ 編集 ]
簡単にいうと、ほろ苦いセニョールさんです。
葉っぱはカブのまんまなので、不思議なお野菜ですね。
[ 2014/03/04 16:05 ] [ 編集 ]
v-22フムフム、大人味のセニョールさんね
いろいろありますね

身長はどれくらいになるのですか
[ 2014/03/05 20:28 ] [ 編集 ]
葉っぱ様
甘くはないので、お犬様のお気に召すかどうかは微妙です(^-^;

密植時代に、ネットで押さえつけてたので、低めに育ってると思います。
今は収穫して少し短いので、正確なところはわかりませんが、60センチ弱程度です。
晩生なので時間がかかっていますが、早生品種がありますし、トキタさんからはサレントとい名前で出ています。
[ 2014/03/05 22:15 ] [ 編集 ]
> 保温ビニールを取って、少し株間をあけたら、すぐになくなりました。
あっ、やっぱり。
ほんとにアブラナ科のウドンコは素直(笑)。
それに比べて、なんでトマトのウドンコってあんなに性悪なんでしょ。(`Д´) ぷんぷん!
我が家のトマトは今日も外デビュー。
温室内が30℃くらいなら絶好だよ~!(^^)v
[ 2014/03/06 20:56 ] [ 編集 ]
duckbill 様
ええ、あまりの素直さにびっくりしました(*^o^*)。

ラッキーなことにトマトのウドンコにはまだ出会ったことがないんです。
サビダニのほうが、ウドンコより早いだけですが(-_-;)

温室内とはいえ、ビニールをあけて、不織布をかけているだけなので、ベランダの温度と変わらないはずなんですよ。
もしビニールを閉めたら、何度になるかちょっとこわい・・でも興味があるからカラにしてやってみようかな(^-^;
[ 2014/03/06 21:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)