いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

ベビーリーフ液肥実験やってみます~ご意見大歓迎(*^^*)

ベビーリーフは自給を目指してます。

この時期は栽培しやすいので、隙間に増やしていくつもりが、衣装ケース2箱に入りきらず、室内含めあちこちに展開しています。
P1030983.jpg P1030982.jpg

これは隙間狙いで、2Lペットボトルにカブをバラまいたもの。
こんなのばっかり(^-^;
P1030981.jpg


もちろん今はベビーリーフは自給できているのですが、気になることが。

これまでは最初に水をたくさん入れて、普通の濃度の液肥(EC1.3程度)を追加していました。
元気に育ってくれてはいるのですが、これでいいのか?、まだそんなに大した量じゃないけど硝酸ってどうなのかな?、新芽野菜だし、肥料は薄くてもいいのではないかと。

土耕だと、培養土を使うやり方が多いので、もちろんこれはパス。
市販されてる水耕のベビーリーフがどんな液肥を使ってるかはわからないし・・・

まあいろいろやってみようと、実験することにしました。

ベビーリーフの種を使うと、個体差があるといけないので、サンチュを使います。
最初はお水だけで、本葉が出てきたら

1   EC0.8程度 と 大塚ハウス5号のみを1週間ごとに交換
2   EC0.8程度の大塚ハウスのみ 
3   ALAを規定量の倍に薄めたものと、水を1週間ごとに交換
4   ハイポネックスを規定量の倍に薄めたものと水を1週間ごとに交換

 セルトレイとプラコップで簡単に(^^ゞ
P1030985.jpg

朝種まきしたばかりなので、当分お水です。
もっといいやり方があるよー、それはおかしいよというご意見いただければありがたいです<(_ _)>

テーマ 地球温暖化
関連記事
[ 2012/11/14 13:55 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(10)
面白そうな実験ですね(^^)
ベビーリーフサイズで収穫なら濃度薄くていいのかも?
あえて、水だけとか?・・・これはムリですか?!

我が家の葉物は生長が遅すぎの上にハダニにやられて
食べる気失せちゃってます。
そのまま、撤収です。ちなみにEC0.7程度であろう濃度でした。
つぎはもっと日当たりの良い場所に置かなきゃダメかも(^_^;)
[ 2012/11/14 16:04 ] [ 編集 ]
semirey 様
うちの外のベビーリーフは、semireyハウスというケースに入っております。
そうオーガンジーでフタしてるの('-'*)アリガト♪。

全くいないわけじゃないけど、大きい葉っぱからすぐに収穫してるからハダニがつくヒマがないみたい(*^^*)

でも今のベランダの温度では、ハダニも苦しいはずなので、かなり事情が違うかもしれません。
そちらなら、暑くてもOKな葉物を選んだほうがいいかも。

水だけ・・・やっぱそれもいるかなあ。
それがアリなら、営農の方がやらないはずないので、はずしたんですが、次回バージョンの宿題にします(^-^)。
[ 2012/11/14 16:54 ] [ 編集 ]
こんばんは、M.Ishiiです。

ベビーリーフ順調に育っていますね。

水耕栽培ですと、
それほど手をかけなくても育ってくれるので、
たしかに育てやすいですよね。

それにしても、ベビーリーフの葉っぱ、
とてもきれいですね(^o^)。

それでは、いつもの応援ぽちっ!!
[ 2012/11/14 20:59 ] [ 編集 ]
またまたいずみさんの実験が始まりましたね(^^)
確かに葉物野菜は養液薄くても大丈夫な気がする。
硝酸は収穫前の2日くらい水だけの栽培をすれば、おそらく濃度下がってくれると思う。日当たりがよければね。(多分、何かの本で読みました)
ただ、葉を摘むタイプの収穫方法だと収穫後にまた養液元に戻さなきゃいけないから面倒ですね。株ごと収穫なら水だけの養液槽準備して、そこに引っ越すだけで済むけど。
[ 2012/11/16 13:11 ] [ 編集 ]
M.Ishii 様
はい、ほどんと手をかけないですんでいます。
週に1回ぐらい、液肥を継ぎ足すぐらいなので、これでいいのかなあとちょっと不安になってきて。
当分種消費を口実に、ベビーリーフを楽しんでみます(^^)
[ 2012/11/16 14:36 ] [ 編集 ]
ユンイ 様
そうなんです。
かきとりでやろうとすると、液肥の交換が面倒になっちゃう。

ベビーリーフの再生は1週間ぐらいでできるから、1週間間隔で液肥と5号のみの下だけ交代してもらうのもありかもと思うんです。
で、収穫は硝酸抜き中のグループからのみと限定したら、楽かもしれないと。
容器はみんな同じで、種まき時期はずらしているので、試行錯誤してみます。
[ 2012/11/16 14:41 ] [ 編集 ]
いろんな緑がいっぱい、いっぱい
ぐっと寒くなってきたこの頃。美しい緑色のあれこれを拝見。うれしくなっちゃう光景であります。そうか、今頃の時期はベビーリーフをお楽しみにするといいんだなあって知りました。ありがとうございます。
よおし、私もまねさせていただきます。プラコップとセルトレイの簡単容器にも感心しちゃいました。小振りなセルトレイを手に入れましょーっと。まだ持ってないのです。
なんか、ベビーリーフ栽培が繁盛するから冬もたのし、ですね。
[ 2012/11/16 18:20 ] [ 編集 ]
ともこ様
このサイズだと室内でもできるので、虫の少ない今がチャンスとばかりに種消費してます(^o^)ゞ
セルトレイはホームセンターで1シートで20円程度の安物ですが、重宝しています^^。
適当な空き容器に合うように切って、使いまわしてます。
http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/i/z/u/izumi0831/P1030943.jpg
これは実験なので、プラコップを使いましたが、1Lまでのペットボトルなら、セルトレイでピッタリはまるものもありますよ(^O^)

☆別件でメールしましたe-108
[ 2012/11/17 07:41 ] [ 編集 ]
v-22液肥の種類、濃度、気になりますよね

実験内容・・・ALA倍って、濃くないですか?あ、規定量の倍かな?
ハイポネックス?・・・ハイポニカではなくて?

水耕組、ずいぶん長く肥料を混ぜないでいたことがありましたが、結構大丈夫でした
ベビーリーフ位だと、あまり上げないほうが良いのかもしれませんね
[ 2012/12/02 22:22 ] [ 編集 ]
葉っぱ様
すみません。
規定量の倍です。
ハイポニカではなく、ハイポニックスです。

ベビーリーフを普通の肥料で水耕風に育てるやり方が紹介されていたので、やってみたいと思いました。
水耕肥料は規定の倍でも、今のところ普通に育ってくれています。
野菜の成分値ははかることはできませんが、まあ、おいしければいいのだろうと思ってます。
[ 2012/12/03 08:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)