いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次代のとうがらし達

テーマ エコアクション
冬の育苗場所をするべき場所で、来年の夏苗を育ててました。
だって、私が真冬にとうがらし属を育てても、発芽に失敗するし、成功しても育つのが遅いから。
酷暑が早く、冬も早いベランダに対応するべく、試行錯誤しているのです。
だめなら冬に再種まきすればいいし、それでもだめなら苗を買うということで、秋に外で育苗、冬は室内で育ててあわよくば収穫して、大きくなったら切り戻して夏につなぐ作戦です。
素直に苗を買うのが一番おりこうなのかもしれませんが(-_-;)

ひもとうがらし
P1030909.jpg

8月15日に種まき。
順調に育ってくれました。
写真とる際に気がつきましたが、実も大きくなってきてる(^^;)
   2本隠れてます
P1030911.jpg

もう苗とはいえませんね。
細い実だから、数がほしいので、明らかな脇芽だけ取りました。
これからは室内なので、大きくしすぎることは、たぶんない、と思う(^。^;)。

2月に種まきするより倍のスピードで育って、えらい立派な株になってしまいました。
ここからどうするかが問題なんですが、もちろん問題先送り。

ピッコロししとう

8月14日の種まき。
P1030915.jpg

ハダニ被害がひどいです。
   葉の裏にびっしり(-"-;)
P1030917.jpg

まわりにきゅうりやアブラナ科があるのに、なぜこのコに集中したのだろう。
水洗いとアーリーセーフしてみます。
結実してきていますが、これでは室内には入れられません。
P1030916.jpg

様子を見ます。

甘とう美人
8月26日に種まき。
P1030913.jpg

葉っぱがひもとうの倍ぐらいの大きさですヾ(;◎_◎)ノ
これはさすがに第1果は大きく結実させちゃまずいですよね。
根っこは育てたいけれど、今から株が充実しても困る・・・( ̄  ̄;) うーん

万願寺とうがらし
P1030914.jpg

この万願寺さんは、銀座の農家の台所の販売所で9月23日に買いました。
  おっきいでしょ
P1030496.jpg
無農薬栽培で高知産、生産者の名前が入っています。
確か1本75円ぐらいでした。
血統書つきの高級品でございます(^ー^* )フフ♪
プロの作った立派な赤い実って食べてみたかったのです。

実を乾燥させてから種を取ったほうがよいのかどうかわからなかったので、食べる直前に種をとってすぐ種まきしたのと乾燥させてからと両方試してみました。
両方とも無事に発芽しています。
でかくなるんだろうな・・これも後のことは後で考えよう_(^^;)ゞ

越冬とうがらしは2株くらいで、それも現役のを冬越しさせるつもりだったのに、種があるとまきたくなって、こんなに増えちゃいました(´~`ヾ) ポリポリ・・・
ここに書くのも恥ずかしかったけど、もういいや。
スイートペッパー系は重宝するから、出会いがあったら、まだ増やしてしまいそうだし・・・
甘いといってもロシアンルーレットになるのが、頭が痛いところではありますが。

少々のストレスには負けない、美味しい甘とうがあったら、教えてくださいね(^O^)
関連記事
[ 2012/10/31 08:18 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)
あ・・・すべて解決か・・・。(笑)
赤い万願寺唐辛子も売ってるんですね。f(^^;)
良かった・・・味覚音痴でなくて。。。(笑)

早めに準備して、ダメなら次の対策をとる。。。
う~む・・・素晴らしい。(^o^)b
石橋を叩いて渡る方式ですね。
これはパクって真似させていただこっと。。。f(^^;)
[ 2012/10/31 10:50 ] [ 編集 ]
akkyan 様
石橋を叩いて壊すと、よく言われています( ̄^ ̄) エッヘン

赤い万願寺さんは作るのに時間がかかるけれど、美味しいので高級品なんですよ(^O^)
アタリがあったら、かなりつらいけど、かじってみたらわかりますものね。
ほとんど主人に譲っちゃったので、来年は赤い甘いのをいただいてみたいです。
[ 2012/10/31 11:21 ] [ 編集 ]
hiroさんも高級万願寺をお取り寄せしてたような・・・(笑)
年中栽培しちゃうんですね(^^)
それほど美味しいという事か~(*^_^*)
食べてみたいな~(^^) 
ししとうとはまた違う感じなんでしょうか?
[ 2012/10/31 15:37 ] [ 編集 ]
semirey 様
栽培するのは、たまたま赤いのが売ってたのを見つけたというだけの偶然なんです。
私ちょっとかじっただけなんですよね(^-^;
主人は喜んで食べてたけど、何を食べても喜ぶありがたいタイプの人だし。
万願寺さんはサイズが大きいけれど、お味は伏見さんも美味しいんですよ。(アタらなければ)
京野菜は流行ってるみたいだから、沖縄にもアンテナショップや大きなお店ならあると思います(苗もあるかも)。
伏見さんでも樹になっちゃったし、大きくなるだろうから、今はいいけど、ちゃんとコンパクトに育てられるかどうかが問題です・・・。
[ 2012/10/31 16:07 ] [ 編集 ]
v-22唐辛子族へのこだわりがすごい!
うちはピーマン系の続きで作っている位で、辛いのがダメなので、ロシアンルーレットになるものは作れません

確か万願寺は(うちのは小さめでしたが)株を小さめにし負担を少なくして越冬できるんじゃないかと・・・
トウガラシによって耐寒温度が違うかもしれませんが・・・
日当たりのよい窓辺、うらやましいです
うちは冬は全くダメなんで(泣)
[ 2012/10/31 16:16 ] [ 編集 ]
葉っぱ様
とうがらし属は、うちでは一番素直に育ってくれるんです。
去年ピーマンで越冬は成功しているんで何とかなると思うんですが、株数が・・・
西向き6畳の窓に、とうがらしとトマトを並べちゃうことになります。
その外には、巨大プチヴェールが・・・日当たり確保できるかな(^-^;
[ 2012/10/31 17:21 ] [ 編集 ]
もう育苗じゃなくて、完全に越冬栽培ですね。
冬の間は少し収穫もしつつ剪定してコンパクトに仕立て、春になったら
新芽を一気に伸ばしてやれば、スタートダッシュができますね。

そう言えば、カラーピーマンやパプリカは別にして、万願寺や伏見甘長・
シシトウなどの、辛くない系で真っ赤に熟したのが売られているのって、
あまり見た覚えが無いなぁ。
赤くなった万願寺は少し酸味が出てきて、私の個人的好みでは・・・(^^;
自分で栽培すれば、自分の好みで収穫できるのがいいよね。
[ 2012/10/31 22:42 ] [ 編集 ]
hiro 様
>冬の間は少し収穫もしつつ剪定してコンパクトに仕立て、春になったら新芽を一気に伸ばしてやれば、スタートダッシュができますね。

私の妄想がきれいに表現してされてます♪
去年秋に種まきしたピーマンに比べたら、育つスピードが大違いで、8月まきは2か月で一人前になってしまいました。
妄想より早いですが、がんばります。

お味見程度しか食べてないけど、買った赤い万願寺さんはパプリカみたいと思いました。
赤くしちゃった京波でもパプリカ味だと思ったので、かなりあてにならない味覚です。
酸味が少し混じるのも美味しいかも。
私としては、辛くならなければ上出来ですから(^-^;

[ 2012/11/01 11:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/16 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。