いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

水攻め・お湯攻めを試しています

外からの苗には要注意ということで、4月29日に買った青じそはその日に温湯処理しました。
仕入れてからしばらく立っていそうで、どっかに虫がいるほうが自然な環境だったので(^^;;
P1020874.jpg

土を洗い落とすついでに、50度に3分ほどつけました。100均の水温系が50度までしか計れないので、湯沸かし器の50度設定に頼ってるといういい加減さです。

どうも元気がなく、下葉は1枚取れちゃうし、ダメにしちゃったかと次を買おうとした1週間後ぐらいから生き返ってきました。

もう白い根っこがどんどん出ています \(^-^)/エライ
P1020873.jpg

とにかくアザミウマもハダニも繁殖お断りということで、気配があったら例外なくお風呂に入れることにしています。

三つ葉やスープセロリもやりましたが、なんとか耐えてくれています。

培地があったら、やりにくいと思いましたが、やってみればそうでもなかったです。
(複数植えしてたら、やりにくいかも。)

これはバーミキュライト&パーライト培地のイチゴです。
イチゴは今のところハダニだけなので、水攻めです。
ビニールで培地をくるみます。
P1020869.jpg
このビニールは新聞がくるまれていたものです。
うちは新聞がなぜかビニール袋に入って配達されてきます。
2誌とっていますが、両方ともです。
配達がしやすいというのと、雨よけでしょうが、すっごい無駄。
なんでエコをとなえながら、こういうことになるのかなあ・・・
もったいなくて量を限定してですが、保存しています。
捨てて幸運派からは、取っておいても、いつかそのうちなんて来ないのよ、とよく言われますが、来るんです、水耕栽培やってると。

ペットボトル、トレー・・・ええ、確かに使わないときはめっちゃ邪魔。
必要になったら買えばいいのよ、という意見もあるけれど、お金も資源も使ったぞという自己満足も大事です。
まっ、場所が許す量だけですけどね。

戻します。
このビニール、薄くて柔らかいので案外重宝するんですよ。
ゴミ袋になるのはもちろん、緩衝材や苗を広げるときに汚れないように下にひいたりね。

これを数枚つかって、栽培層に埋めて、さらに外側からくるみます。
そのまま水をはった容器にドボン。
やさしくやらないと、弱い野菜は折れちゃうので注意しながら。
後はういてこないように、適当な重石をいれて待つだけ。
P1020871.jpg


これで案外培地はこぼれてこないです♪
根っこもビニールの中とはいえ、間接的に水につかっているのかも。
虫対策だけなら、根っこは必要ないんですが、逆さまにすると折っちゃいそうなので・・・
お湯だと、できれば根っこはつけたくないから逆さまにします。
あ、アザミウマは培地に蛹がいるから、根っこもつけないとダメか(-。 -; )

アザミーがいる間は、万一こぼれても楽なパーライトか、スポンジのみに移行していくつもりです。
バーミキュライトでも今のところ失敗はしてないです。
水耕栽培の気楽さで、失敗してもなんとかなるし(^o^)ゞ。

野菜がでかくなってくると大き目の発泡スチロール容器につけたり面倒になってくるので、小さいうちに処理したいです。

薬使いたくないっていうより、一気になくなるような万能薬はないから(あったらたぶん即買いしてる)、当面こつこつやっていきたいと思っていますが、

こういう処理ははじめてで自己流なので、どこか間違えてたり、よい方法があれば、ご教示いただければ幸いです。<(_ _)>




関連記事
[ 2012/05/11 12:05 ] 害虫 | TB(-) | CM(10)
お風呂に入れるって!(爆笑)
我が子ですねぇe-454
その気持ち分かるわ~(*^_^*)
しかし、、、こんな方法があるんですねぇ☆
アザミーやダニーがたくさん来てたらやってみよ♪
もちろん自己責任で~(*^□^*) 

昨日の防虫ネット内外の温度差の件、ブログアップいたしやしたので、時間がある時にでもご覧くださいまし。
http://semirey.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

いずみさんの害虫駆除に追われる日々がなくなりますよーに☆
[ 2012/05/11 15:37 ] [ 編集 ]
semirey 様
ブログでまで気を使ってくださって、ありがとうございます<(_ _)>
きちんとした水没や温熱処理はプロの水耕の方がされているようです。
はい、もしもの時は、ちゃんと調べて自己責任でお願いします(^o^)ゞ
私はこれでダメなら撤収しかないから、やるだけやるという気持ちのバクチですから。
semirey さんのところのアザミーは消えてくれたんですね。
うちはご近所のベランダにグリーンはないので、しつこいのかな。
地面に降りたら、楽園が広がっているのに、こんな狭いところから早く出て行ってほしいわー。
[ 2012/05/11 16:10 ] [ 編集 ]
イチゴの葉っぱのおひたしみたい(笑
アザミーはホントにめんどくさそうですねえ。

うちはとうとう土組みにオルトランを導入しました。
農薬は避けたかったんですけどねえ。
水耕のオトリになってもらうつもりで。
[ 2012/05/11 20:55 ] [ 編集 ]
rune様
どっちもイヤですが、葉っぱ1枚に縄張りを限定して、居場所を教えてくれるだけ、ハモグリのほうが素直かも・・
10枚以内ならですが(^^ゞ
そもそも農薬の使い方をわかっていないのですが、土に薬をまくと、土のほうでご臨終してしまうのですか?
土から追い出されたハモグリが、水耕の方に来るということはないのでしょうか。
[ 2012/05/11 22:50 ] [ 編集 ]
うちもアザミー大発生です。
今年は特に多いみたいで、もう諦めました。orz
作物が少ない冬に対策するのがいいんだろうけど、根絶するのは
難しそうですね。
マンションの修繕工事が来年ありそうなので、その時ベランダを
片付けたついでに、根絶大作戦決行予定です。
[ 2012/05/11 23:36 ] [ 編集 ]
hiro様
大発生(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

まだまとめてないけど、後日資料をメールしますね (*TーT)人(TーT*)
当面、繁殖禁止作戦でがんばってみます。
キク科とトマトに手を出さないので、そこは助かります。
[ 2012/05/12 07:57 ] [ 編集 ]
農薬のタイプもいろいろあるようですが
オルトランは植物内に吸収されてその葉を食べた害虫を殺します。
なのでモグリバエの場合は食害する幼虫を退治します。
親バエは退治できません。

なのでオルトランの効いたほうに爆撃していただいて
腹の卵をはけさせて、水耕の方の爆撃率を下げようという作戦です。
食用にしないおとり植物の方に農薬を効かせておいてそちらに集中してもらう
という作戦の方がいいと思うのですが、おとり植物を植える場所が・・・
(今は豆とアブラナにご執心のようでトマトに爆撃は来ていませんが)

オルトランは毒性が比較的低く、長らく使われている農薬であること
半減期が2~3日なので定植後、草勢が爆撃速度を超えるまで
きいてくれていればいいかなあとおもって導入しました。
食べても害がないとは言えないので導入は悩みますよね。

水耕は規定がないので使っていません。

ホムセンで園芸コーナーで聞いてみるといろいろ教えてくれましたよ。
[ 2012/05/12 11:39 ] [ 編集 ]
はじめて見ました。
あざみうまの画像を初めて見ました。

かわった虫ですね・・・っていうか、こいつ

すんごいことやらかすんですね。

そういう時はお湯攻めなんですね。



[ 2012/05/12 11:46 ] [ 編集 ]
rune様
ありがとうございます、よくわかりました。
薬があるとわからずに、来てくれるんですね。
増加を減らすことができるなんて、すばらしい♪
うち、豆を撤収してからも、そこでハエが飛んでたんです。
寿命が短いから、孵化したやつが早くも産卵に来たのか?と思いました。
帰巣本能なんてあったら大変ですよね(;`O´)oダメーーー!!。
アザミーにそういう薬があれば、迷わず使います。
おとりは、アザミーに前回大好評だった西洋朝顔を使って、繁殖停止作戦^^;をやる予定です。
まだ、芽出し中なんで、間に合えばいいんですが。
[ 2012/05/12 13:29 ] [ 編集 ]
うさぎ様
こんにちは(^-^)/
コメントありがとうございます。
農家の方も対策が大変のようです。
お湯攻めは温湯処理といって、まだ研究途上のものなので、万一のときは調べてくださいね。
アザミウマより先に植物のほうがまいってしまう可能性もありますから(^^;;。
[ 2012/05/12 13:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)