いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イチゴ定植しました ヘルプ大歓迎です

苗を買ったはいいけれど、ほとんど衝動買いなんで、どうやったらいいのやら。

まず定植しないと話にならないので、ゴミ箱に2株、ペットボトルに1株で育てることにしました。

ゴミ箱は、根っこが横にぐーんと広がって、下にも伸びてくれるので、ピーマンが元気な大株になりました。
イチゴ達も広々育っておくれ~という期待をこめたのですが、定植してみたら、なんか狭そう。
株間30センチって、後で見たら書いてるのを発見。
まあ、水耕だから、大丈夫と思いたい(・_・;
ゴミ箱からの植え替えはできないから、なんとか折り合いつけて育ってほしいものです。



私が買ってきたのはまだ本葉が2、3枚程度の小苗です。
バラしてみたら根っこはさほど長くなく、培地からちょろっと出るかどうか。
根っこを水耕栽培に慣らすというサイズではありません。

培地はくん炭日向なので、底面給水のつもりで育ててみることにします。
虫除けネットを作ってないから、できるまでは室内栽培で。

でも、どこで液肥にスイッチするかが、さっぱりわからなくなりました。
とりあえずは、予定通り1週間は様子をみながらお水のみにしてみようと思います。

一気に全滅は避けたいので、ペットボトルを先遣隊として1,2日早く液肥濃度を変えて様子を見ていくつもりです(すまん、ペットボトルの子)

イチゴといっても、ハーフな四季成りイチゴで、水耕でやっておられる方をあまり見かけませんでした。
どうやっていいのやら、さっぱりでございます。

 こうしたほうがいいよ~というご意見、どうぞよろしくお願いいたします(o*。_。)oペコッ
関連記事
[ 2011/10/12 13:28 ] イチゴ | TB(0) | CM(9)
No title
私も水耕イチゴは、ダメダメだったからなぁ〜(笑)
でも、1週間はお水で、その後は徐々に液肥を入れていって…という手順で良いと思いますヨ。
イチゴの根っこは、液肥の濃度変化に敏感な気がするので、少し上げて様子をみて、大丈夫ならまた、少し上げて…ってな感じが良いかも♡

四季なりイチゴかぁ…ともこさんが水耕でやってた気がするなぁ…と思って検索したらば、やっぱりありましたヨ。

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/blog-entry-16.html

大分前のエントリーですが、何かコツをご存じかもしれませんよ〜(⌒-⌒)
[ 2011/10/12 14:09 ] [ 編集 ]
No title
ありがとうございます。
EC計も持ってませんが、チェックしながら、まめに液肥交換をして、そこは労力でおぎなってみます(・_・;
ともこさんのイチゴを種から育てられたのは、すごいですね。
種を取るためって、高級イチゴを買ってみる口実ができたかも。
どっかに女王苺売ってないかなあ(*^^*ゞ。
[ 2011/10/12 18:03 ] [ 編集 ]
No title
ペットボトルを1500倍液肥にしてみた。
[ 2011/10/17 09:22 ] [ 編集 ]
No title
はじめまして。runeと申します。
園芸でちょこっと科学のともこさんちより飛んでまいりました。
我が家も無知なまま、イチゴ苗を衝動買いしてしまいどうしたもんかと試行錯誤しております。
・・・失敗ケースならお伝えできるかもしれませんなあ。
ちゃんと育つといいですねえ。

ともこ先生もNaomi先生もイチゴを育てられていたんですね。
過去ログあさってみます。





[ 2011/10/18 00:14 ] [ 編集 ]
No title
rune様、はじめまして。
お声かけていただいてありがとうございます。
私、実は、rune様のところにコメント入れたことがあるのです。
なぜかblogger系のブログとは相性が悪くて、すくすく水耕栽培様のところでは、1つ入れるとエラーとともに3重に投稿されてしまうという、アラシ状態になってしまい、rune様のところでは、アップされずでございました(-_-;)
すくすく水耕栽培様は、たぶんバーミキュライトでいっぱい育てておられると思います。
経過は書いていきますので、反面教師にしてくださいませ。
rune 様のところは、豪邸もペットボトルもあるのですね。
1000倍で安定しておられるとのこと、心強いです^^
うちの子達は、ブクブクがない上に、狭いのでちょっと不憫になってきました。
・・・・・・・実は蜜香様にも、手を出してしてたりして。
春まで待てない、あわてものでございます(*'-'*)エヘヘ
よろしくお願いします。
[ 2011/10/18 08:43 ] [ 編集 ]
No title
BloggerはChorome以外のブラウザとは悪いようですね。
IEならこちらで回避できるかもしれません。

http://zenscafeblog.blogspot.com/2011/08/ie.html

すくすくさんのところはバーミキュライトでしたか。
これは大事なところを見落としておりました。さっそく参考にしてみます。
ブクブクですがイマイチのような。他にも色々条件がありそうですねえ。
なにげにペットボトルのカレンベリーの方がいい勢いで育っています。
izumiさんも蜜香に手を出してしまいましたか。
実は難易度の高いイチゴだと聞いてちょっとどきどきしております。

お互いおいしいイチゴが育つとよいですね。
[ 2011/10/20 00:26 ] [ 編集 ]
No title
四季成りだけの予定だったんですが、蜜香様は実が市販されることはないだろう、との言い訳でふら~っと。
場所と時間効率のポリシーに思いっきり違反して、イチゴに、えらいお金かけてしまいました(T▽T)アハハ!
[ 2011/10/20 08:53 ] [ 編集 ]
No title
どうも、おじゃまいたします。
な~んかイチゴ三昧。楽しそうですねえ。
私も水耕栽培イチゴに挑戦してみたくなりました。

以前ためしたときは、液肥の濃度を上げるのを急ぎすぎた気がいたします。
それと、室内栽培ではアブラムシなどの虫の温床になりがちだったような…です。寒いけど、なるべく日光にあてるようにするのがよさそうだなあ、と。
イチゴに限らずですが、冬の葉物野菜も室外に出して風と日光にあてるようにしたいなあと思っているところです。

それにしても、今や、四季成りイチゴも普通のイチゴ同様、さまざまな種類が登場しているのですねえ。いいなあ、蜜香ですか。うふふっ、検索してみよーっと。
ありがとうございます!
[ 2011/10/21 21:24 ] [ 編集 ]
No title
ともこ先生、コメントありがとうございます。
室内でアブラムシですか!
私はアザミウマに悩まされていますが、そんなものまで来るとは(ーー;)
蜜香は1季なりなんです。
場所も苦しいくせに、宣伝文句に負けました orz
四季なりは年々進化しているようで、種類が増えてきています。
これからもよろしくお願いします<(_ _)>
[ 2011/10/23 06:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。