いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

枝豆の断根処理なんとか成功?

3月26日に、枝豆の湯あがり娘の種まきをしました。
Sunday,Sunny dayのNaomi様の記事(リンクはこの記事の下にあります)を教科書として、4月5日にドキドキの断根処理を決行。
土に挿すとどうなってるかわからなくて不安だったから、卵パックにちょろっと水をいれて、浸していました。

次回からは水に挿さないで、土に挿します(コメント欄を参照してください)
P1020724.jpg
双葉がどんどんボロボロになってきて、失敗の気配濃厚、これはダメだな、蒔きなおしたいと思っていましたが、側枝から本葉が出てきているのです。
花瓶に花を挿したままでも成長するのと同じかもしれないけれど、朝晩根っこ出てないかな~と確かめてました。

そして、9日目の今日、とうとう2ミリぐらいの根っこが出てましたヽ(^◇^*)/ ワーイ
P1020727.jpg

それも6株同時です。
朝はなかったから、日中にがんばってくれたんですね。
Naomi様の枝豆は、たった1週間で、立派な根っこが出てましたが(^-^;
全部根が出るとも思っていなかったし、3株くらいに選別するつもりでしたが、やめました。
今、横型のペットボトルしか空きがなくて狭いけど、全員でがんばってもらいます。
P1020730_20120412212815.jpg

ここが狭くなるほど育ってくれたら、喜んで豪邸を提供しますε- (´ー`*) フッ
根っこを出すのはこれからだから、まだしばらくはお水のみですよね。
根粒菌もないのに、大丈夫かなー。

Naomi様の記事はこちらです。

枝豆の徒長撲滅キャンペーン2011「(1) 土中緑化」編

枝豆の徒長撲滅キャンペーン2011「(2) 断根・摘心」編
枝豆の徒長撲滅キャンペーン2011「(3) たっぷり元肥で定植」編
関連記事
[ 2012/04/12 21:22 ] マメ | TB(0) | CM(4)
あら、私と一緒で、細かい説明はNaomiさんの記事に丸投げしちゃいましたね(笑)
だってNaomiさんの説明、わかりやすいもんね。

挿し木後の発根ですが、「胚軸切断挿し木法」の説明では、
「多湿は禁物でややしおれる程度に管理します。」
http://e-blog.ikezoe.net/yasai/picture/yasai/20081001.pdf
(上記PDFの3ページ目中段参照)
となっていて、枝豆の断根・挿し木でも同じだと思います。

たぶん、少し乾燥気味の方が「このままでは枯れちゃう」という危機感から、
水分を求めて早く発根し、逆に水挿しの場合だと、茎から容易に吸水ができるので
「このままでも大丈夫」とノンビリして発根が遅くなるんじゃないかと思っています。

なので、見えないのは不安では有るけど、私は土か砂に挿し木する様にしてます。
ただ、ややしおれる程度ってのはかなり難しいと思うので、しおれない程度に
しているつもりです。
[ 2012/04/13 20:13 ] [ 編集 ]
hiro様
あの見事な解説につけ足すことなんかないですもん(^^;)
以前元本も読みましたが、Naomiさんの記事のほうが、わかりやすいし。
資料の紹介ありがとうございます。
トマトとインゲンは土に挿したのですが、枝豆の小ささにびびってしまいました。
なるほどー、いつでもお水があったら、無理して根っこを出さなくてもいいということですね。
次回からは挿し芽は土にします 〆(._.)メモメモ。
完全にしおれさせるのは得意だけれど、しおれない程度というのも、私にはハードル高いかも(-_-;)
[ 2012/04/13 20:44 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/16 12:38 ] [ 編集 ]
鍵コメ様
お世話になっておきながら、肝心のところを間違えていました @(;・ェ・)@/反省…
ご指摘ありがとうございます。
次回からは、全部チェックするようにしますね〆(._.)メモメモ
[ 2012/04/16 12:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)