いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

あじめこしょう育苗中

とんでもない暴風雨になっています。
ベランダの様子を見に行ったら、先日は無事だったえんどうのネットが、定位置から大幅にずれてました。
もうちょっとで、えんどうがゴミ箱ごとなぎ倒されるところでした(-_-;)。
転倒防止に横に物をいれたケースを置きましたが、それもずれてたし。
ダンベル4キロを重石に追加してきました。
持ちこたえて~(;人;)

土を入れてた別のケースまでずれてるし・・・
上にブロック置いたけれど、大丈夫かな。
こりゃ、主人帰れそうにないです(-_-;ウーン

と、前置きが長くなってしまいました。

あじめこしょうは岐阜県の郷土野菜です。
こしょうという名前がついていますが、辛いけれど、すっきりしたさわやかな後味のとうがらしです。

種は市販されておらず、現地の方が大切に守り育てておられますが、自産自消@ベランダのhiro様からその貴重な種を譲っていただきました。

正確に言うと、さやつきの岐阜県産のあじめこしょうとhiro様の栽培されたあじめこしょうの種をいただきました。
ごめんなさい、さやつきのほうは写真をとる前に、種を取って、さらに料理に使ってしまいました。
あわてものです。
興味ある方はこちらを。

さらに手作り一味までいただいてしまいました<(_ _*)> 。

こういうのを自分で作ってみたいです!(もうすでに使っているので減ってます)。
そして、種もとりたい。
hiro様、ほんとうにありがとうございます(^o^)。

早速芽出しにかかりましたが、おもわしくないので、あせって第2陣をまきなおしたら、初回分が一斉に発芽してきました(+。+)あちゃ-。

必要なのは1株なので、ぜいたくな選抜となってしまいました。

最初に発芽した3つはスポンジに移しましたが、その後は量が多いので日向土にバラマキました。

後の分は1週間遅れなんですが、もうスポンジを追い越しています。
やっぱりスポンジから根を出すのって、大変なのかしら。

本葉の様子を見て、土のほうの育ちのいい2本から選ぶことになると思います。

2月に種まきした鷹の爪もスポンジでは失敗して、土で成功しました。
加温に都合がよかったので、スポンジを使いましたが、向いてないのかな。

鷹の爪は、外国産が主流となってしまいました。
とうがらしは大量に消費するものでもないので、自給可能な貴重なお野菜です。
暑さに強いし(^o^)
うちのとうがらしを毎年作っていきたいなと思います。

追記4/4
あじめこしょうについて、興味深い記事がありました。
癒し草様の栽培されたあじめこしょうは、なんと糖度13.7もあったそうです。
本当にトマトより甘いんですね。
スコヴィル値はとんでもない数値でしょうが・・・
お漬物に向いているとのことなので、さらに楽しみですo(^-^)o ワクワクッ
関連記事
[ 2012/04/03 19:10 ] トウガラシ | TB(0) | CM(2)
No title
今日は日本中が嵐に見舞われた感じでしたね。
うちは強風で、お隣さんとのパーティションが割れちゃいました。

土の方が根域が広くて、根っこが伸びやすいんですかね?
日向土の2本だけ、双葉の大きさが他とは全然ちがいますね。
元気に育ってくれそうで安心しました。
自前の一味作りは、完熟果を乾燥させてからなので、秋以降に
なっちゃうかな?
[ 2012/04/03 23:28 ] [ 編集 ]
No title
hiro様
パーティションが割れるなんて、大変な被害です(゜ロ゜;)。
お見舞い申し上げます。

日向土の小さい双葉はまだ発芽したばかりのものなので、これから大きくなってくるかもしれません。
もう少し育ってからと記事にするのが遅くなってしまいました。
定植のときには、それぞれの根っこをじっくり観察してみます。
少し出遅れていますが、暑いうちの完熟を目指して、がんばります。
本当にありがとうございました<(_ _)>
[ 2012/04/04 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)