いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

インゲン初収穫

上段に置かれて放置状態のインゲンですが、きゅうりのなるなる(真ん中のでかい葉っぱ)に追いつめられてきました。
日の当たらない葉が黄色くなっています(>.<)
ANPT1374.jpg

でも、このインゲンはなるなると違って、働き者です。
5月10日の種まきから、わずか40日でもう収穫できるのですから。
ANPT1375.jpg

まだこれからの花も控えています。
ANPT1376.jpg

とりあえず、大きくなった分は収穫。
ペッパーは早取りしたスイ-トパルレモです。
ANPT1379.jpg

インゲンは密植の上に日当たりもいまいちです。
これ以上負担かけちゃいけないなと、標準サイズより小さ目でもOKにしています。

2度水切れさせてからは、液肥チェックは慎重になっていたのですが、給水ひもが1本めくれあがっていたのに気がつかず、1ポット2株は完全に枯れ死させてしまいました(;´д`)トホホ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/24 14:37 ] インゲン | TB(-) | CM(4)

ナス近況

クリーミー(ロッサビアンコ)です。
ANPT1369.jpg

現在2番花が開花中(かろうじて長花柱花)です。
1番花は6/8の開花後すぐにトマトトーンしたのですが、肥大が遅い・・・
失敗したのかなあ。
ANPT1361.jpg

上から。
ANPT1364.jpg

3本仕立てに展開しています。
1,2本仕立てでいいのですが、梅雨明けまでに着果を稼ぎたいので、まだ整枝はしません。
ちゃんと雌しべのある花が咲いてくれますように。

こちらは、後から衝動買いした千両2号です。
ANPT1370.jpg

1番花は長花柱花で、たぶん着果したと思います。
ANPT1365.jpg

1番花と同じ葉についてた、こんなん咲くの?という細いつぼみは、雌しべがほとんどない花が咲きました。
ANPT1366.jpg

ナスって、一か所から複数つぼみがつくことがあるでしょ。
やっぱり、元気なのを一つだけ残したほうがいいのでしょうね。
ANPT1367.jpg


でも、もともと収穫数が少ないであろう、ロッサビアンコの蕾をつむのは、ちょっと抵抗が・・・

ロッサの2番花の後ろにも、ちっちゃいのが控えてるんですよね。
ANPT1363.jpg
2番花が着果してくれたら摘むでいいかな(^-^;

そうそう、5/9に棒にしたナスですが、まだ、こんなんです。
ANPT1368.jpg
葉っぱ1枚増えただけ。
全然場所はとらないから、とりあえず置いてますが、これだと現役ロッサさんから、挿し芽し直したほうが早そう。

千両2号を買う前に、種まきしてしまった黒福も順調に育っています。
これが大きくなるころには、いろいろリタイアも出てきてるだろうから置けるとは思うけれど、秋に間に合うのかな。
ANPT1373.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/23 08:53 ] ナス | TB(-) | CM(2)

ゴーヤ近況:ニョロが来た

今年のゴーヤは雌花率が高いです。
ANPT1356.jpg

たぶん、例年より早く摘芯したからだと思います。
小づるには、全部ではありませんが、とび節成りなの?っていうぐらい雌花が待機してます。

ただし、全部咲くわけではなく、自己調整してくれています。
ANPT1343.jpg

このデリシャスゴーヤは”主枝が1.5m程になったら、必ず摘芯”というサントリーさんの指示通りにしてきましたが、今年は広範囲に展開させるために、50センチぐらいで摘芯しました。

そしたら、下のほうでも子づるに雌花がついてきたんです。
ANPT1336.jpg

ついつい着果させてしまい、すでに4本収穫しています。

サントリーさんの指示は、大きなカーテンにするのなら、早いうちから実をつけさせないで、株をつくってからとの配慮なのかなと思います。
水耕だから、どんどん栄養補給できたのでしょうか?

と、まあ順調なのですが、虫食いのある葉っぱがありました。

これが一番ひどいやつ。
ANPT1360.jpg

捜索したら、こんなのが(ニョロ画像です)








ANPT1339.jpg

体長1センチ、幅1ミリぐらい。
5匹ぐらい捕獲しましたが、まだいますよね(^^;

でも、被害が広がらないんです。
まずいのかな?。
ゴーヤは味見だけして、他に移っていくヤツが多いのですが、親が産卵場所を失敗したのかも。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/23 08:52 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(2)

キュウリ近況:女子が少ない

これまで育てたミニキュウリは、ほぼ雌花ばかりの女子高状態でした。

普通のキュウリは雄花もそれなりにつくのは、わかっているつもりでしたが、今回のなるなるは雄花が多すぎます。
去年は雌花のほうが多かったはずなのに、どうしたんだろ。

なるなるは春蒔き70~80%、秋蒔き40~50%で雌花着生する節成種だそうですが、どうみても、うちのは今のところ25%程度。

まだこの上にも雄花が咲いてます・・・
ANPT1350.jpg

でも、ようやくキュウリが収穫できそうです。

以前、人工受粉したら雌花が太りだしたことがあったので、先週やってみたら

成功したみたい♪
ANPT1352.jpg

それにしても、このままでは、結婚相手に不自由しないとはいえ、雌花が少なすぎます。

雄花は一節に4,5個つくけど、雌花は一個しかつかないし。
ANPT1354.jpg

そして、まだ脇芽も全然出ていません。
このまま男の子ばかりで繁られても困るし、子づるなら雌花がつくだろうと、摘芯してやりました

たぶん、私がキュウリというものを理解してないのだと思います(^-^;。

確実に女子高になってくれるはずのラリーノは、アザミーが増えてきました。
ANPT1355.jpg

なるなるから、ラリーノに乗り換えているようなのです。
まだ葉っぱが少ないし、柔らかいから、捜索しやすいけれど、虫もいないなるなるには、もっとがんばってほしいです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/22 15:50 ] キュウリ | TB(-) | CM(0)

キュウリ近況:今年もお花畑?

初心者向きと言われてますが、キュウリを最初の雌花を太らせたことがありません。
もちろん、ある程度育つまでは、摘蕾はしています。

ラリーノなんて、ムダ花100個の後、ようやく、ということもありました。

今年もダメみたい。
ANPT1327.jpg

これまでは

摘芯したら太り始めた
花を20個つんだら太り始めた
開花3週間後に太り始めた
受粉させたら太り始めた

らしいです。

そもそも、いつもだめなんだから、なんか理由があるはずだ。
いつまでも初心者とか、暑いからと言い訳してるぐらいなら、栽培しなきゃいいんだし(x_x;)。

で、まじめに考えてみました。

狭いけれど、日当たりが悪いというほどじゃない。
それで文句をいうなら、キュウリよりペッパー達だ。
ANPT1329.jpg

摘芯したら育ったということは、元気そうに見えても、肥料が薄いのかもしれない、と測ってみたら

0.7しかなかった。
うちは水道水のECが高いので、実質0.4ということになります。

薄すぎるよ!

他の順調に着果してる野菜も調べましたが、こちらは普通にEC実質1.3弱でした。

となると、極端に薄いのはキュウリだけ。

キュウリはトマトやピーマンと同じゃダメってことなのかな。
うちのベランダは暑いから、濃縮されるに決まってるし、考えるのめんどうだし、といつも何でもEC1.3でやってたのが間違ってたんですね。

昨日これでどうだ、とECを1.8程度まであげましたが、今朝は1.1に下がってました。

まだ足りないようです。

とりあえず、また1.8にしました。
夕方測ってみて、追記します。

また下がっているようなら、もっと上げなくちゃ。

こちらも、苦手意識の強いナス。
ECは下がってなかったけど、肥料食いらしいから、上げておこうかな。
ANPT1330.jpg


追記
自分のこんな記事をみつけて、ボー然しています。
どこが覚書や・・・
あほすぎる(|||_|||)


グリムス ペットシア


関連記事
[ 2016/06/16 09:28 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

オクラ近況:すごい差

5/30 
手前がピークファイブ
奥が挿し芽発根させたベニー
ANPT1216.jpg

6/14
奥のでかいのがピークファイブ
手前がベニー
ANPT1317.jpg

なんだこりゃ、の差がついています。
ベニーもピークファイブと同じく本葉が3枚と、成長はしてるんですが、ピークファイブの育ちがよすぎです。
ベニーは挿し芽で根っこの成長が遅れたからかなあ?


5/15まきで、すくすく成長したピークファイブは根っこが立派
ANPT1321.jpg

5/8種まき、5/20に断根、5/24発根のベニーの根っこは、まだまだこれからです。
ANPT1324.jpg

本来、ベニーのほうが大きな品種のはず。
逆境を跳ね返して、がんばってほしいです。

ピークファイブはいずれは一つのゴミ箱で同居させるつもりでしたが、例年より元気がいいので、もう少しこのペットボトルで様子を見てみます。

もう各株に3つぐらいつぼみがついてます。
5月中旬まきって、効率がいいかも。
ANPT1319.jpg

でもね、ピークファイブに、うどんこみたいなのが・・・
ANPT1318.jpg

オクラにも来るんですか、これ orz
ここ(子葉)だけだから、ちぎっちゃおうかな。

そうそう、オクラについて、図書館で借りた 野菜だより 2014年夏号にこんな記述がありました"φ(・ェ・o)~メモメモ

葉っぱの形

樹勢が強い: 丸みを帯びて刈込みが丸い
     
樹勢が弱い: 小さく刈込みが深い

花のつく位置

樹勢が強すぎ : 上から3~4節より下で咲く
樹勢が弱い :  先端近くで咲く
順調 : 上から3~4節で咲く

イボ果実、曲がり果は日照、栄養、水分不足などでおきる。
一個収穫したら、下の葉を一枚摘む。

だそうです。
切れ込みが深くなってるというのは、肥料が多い、少ない、どちらにせよ、疲れてるぞーというサインなのでしょうか?

この説だと、ピークファイブは樹勢が強すぎ?
でも、ベニーも丸いし・・・(・・∂) アレ?

6/15 追記
hiroさんよりコメントをいただきました。
”本葉2・3枚まではいつも丸い”
そういえば・・と過去写真を見てみると、確かに最初の2枚は丸いです。
すっかり忘れてました(^▽^;)
今のところ、ピークファイブもベニーも本葉3枚ですが、3枚目の葉には、ちゃんと切れ込みがありました。
ここからどうなるか、マメに写真をとってみます。

6/16
ANPT1334.jpg
6/23
ANPT1371.jpg
つぼみも赤い♡
ANPT1372.jpg


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/14 13:59 ] オクラ | TB(-) | CM(2)

トマト近況:一斉に色づいてきました

ベランダの積算温度だけは、誰にも負けないと思っていのに、今年は色づくのが遅かったです。

温度だけじゃなくて、育て方が悪いとか病気とかでも遅れるのかなと、不安になってきてましたが、週末から、いっせいに着色を始めました。

今年はトマトの育苗をさぼったので、全部購入苗です。
4月10日のフルティカに始まり、29日のシシリアンルージュまで、購入時期も違うし、開花日なんて絶対にバラバラ。
でも、フルティカもレッドミニもプチぷよもシュガープラムも同じ日に色づいてきました。

なんで同時なの???
積算温度なら、開花順に日がずれてくるはずでしょ?。

フルティカなんて、2花房同時です。
ANPT1302.jpg

例外はオレンジミニ。
ANPT1298.jpg

第一花房は1個を除いて全部落ちたんですが、この一個だけが、他より一週間程度早かったです。
特に暑いとか日当たりがいいところに置いたわけではないし、水切れも一回やらかしてます(^^;。
たった一個だから、栄養状態がよかったのかな?

全枯れから持ち直したプチぷよ
ANPT1305.jpg
プチぷよさんは、全枯れのせいで、スリムになってしまい花房は10個ぐらいになるのかな、と思います。

シュガープラム
ANPT1310.jpg

シュガープラムは、大好きな品種だから、ついつい脇芽を放置してしまい、かなりの花房数になってます。
3本仕立てになってるし・・・
おそらく15花房の子育て中で、まだ梅雨明けまでがんばらせようかなという花芽もけっこうあります。
ANPT1313.jpg

こうなると、今の容器(7L程度だけど、実質4Lぐらいまでしか入らない)では、給水が大変です。
フルティカと同じ大き目の発砲スチロールにお引越しさせることにしました。

根っこは穴鉢からまっすぐ伸びてるので、移動は大丈夫
ANPT1311.jpg

これをスチロールに移して、お引越し完了です。
ANPT1316.jpg

と一見順調そうですが、けっこうビクビクものなんです。

今年も来ているこれ・・・
ANPT1303.jpg

脇芽部隊は、すでに全員犠牲になりました(;O;)
去年は梅雨明けにはハゲにされちゃって、早々に撤収しています。

せめて風通しをよくするために、色づいたものから、葉っぱを落としていくつもりだけど、もう下葉なんて、うどんこに負けてありませんorz。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/14 10:21 ] トマト | TB(-) | CM(2)

インゲンのお引越し

つるなしインゲンのアーロンは5月10日に種まきしました。

順調に大きくなって
5月17日
ANPT0979.jpg

水切れ続きで葉っぱは汚いけど、6月11日には花が咲きました。
ANPT1284.jpg

上段がアーロンです。
ANPT1281.jpg

前記事で書きましたが、インゲンは何度か水切れしています。
10株ぐらい密植してるのに、容器が小さくて、液肥が1Lぐらいしか入らないのです。
このスピードでぐんぐん育ってくるので、液肥勘も追いつきません。
晴れた日だと、想定以上に減っていて、夕方萎れているのを確認するたびに、あわてて液肥を追加してました。

それでも、たった一か月でここまで来るって、アーロンなかなかやりますね(^^)

これから実をつけてくるとなると、もっと液肥が減るだろうから、この容器では無理とようやくお引越しを決めました。
棚の上に置きっぱなしで、下葉とりすらしてなかったですが、はじめて棚から降ろしました。
ANPT1285.jpg

チビインゲンができてる。
ANPT1286.jpg
こうなると急に愛しくなってきます(^-^;

根っこはしょぼいので、お引越しは簡単。
ANPT1287.jpg


セルトレイを重ねて、お引っ越しはバラでできるようにしてあります。
温室をあけたいときに、ペットボトルに移して分散するためでした。
ANPT1289.jpg


ボサボサだけどお引越し完了
ANPT1290.jpg


支柱がないので、無理やり温室にひっかけています。
ANPT1292.jpg

アザミーのおとりになってもらうつもりでしたが、いないみたい(・・∂) アレ?
今年はナスのロッサビアンコに集中していて、あとはキュウリに少しだけ、ペッパーは無事です。

アーロンはツルなしなので、梅雨明けには撤収になると思います。
このペースで育ってくれるのなら、秋狙いでにもう一度栽培してみよう。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2016/06/13 09:37 ] インゲン | TB(-) | CM(0)

シソ科近況

4/15にスポンジに種まきしましたが、室内暮らしが長かったためか、育つのが遅れていました。

5/17
ANPT0981.jpg

右のポット(ボロッソ・ナポリターノ)はようやく、摘芯できる大きさになってきました。
6/9
ANPT1266.jpg

左の小さいのは、一番上の写真の左の折れた株を挿し芽復活させたものです。
えらい出遅れましたが、立ち直ってくれそうです。
ANPT1268.jpg

こちらはパープルバジル。
ANPT1270.jpg
か弱い品種だと思うのですが、生き残った株は、まあ順調です。

青じそも同時に種まきしたが、発芽しませんでした。
暖かくなってから再度やってみたけれど、種が古すぎるようでダメ (ダイソーで2014年に買ったもの)。

あきらめて、GWに苗を買いました。
ANPT1277.jpg

ポットに入れたままでしたが、根っこが出てきたので、そのまま土を落とさず給水ひもを入れて、なんちゃって水耕にしています。
いちおう、無農薬で育てましたという苗(一株98円!)なので、土には薬は入ってないということにしました。

ANPT1279.jpg

バジルは園芸でちょこっと科学のともこさんから一昨年にいただいたものです。
さすがブランド苗、こちらの種はまだまだ元気です(^^)。
ありがとうございます。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/10 08:29 ] シソ | TB(-) | CM(2)

水切れから一週間で復活しました(タイトル変更)

6月5日、曇り予報のはずが、晴天になりました。
外出から帰ったら

プチぷよがぐったり・・・
ANPT1226.jpg

液肥はまだ大丈夫のはずだから、青枯れ病か!?、と思いました。
でも、インゲンも萎れてた(・・∂) アレ?。
ANPT1227.jpg

まさか、ただの水切れ?と液肥を見たら、両方ともすっからかんでした orz
あわてて液肥を入れて、回復を待ちましたが、

翌日もこう。
ANPT1233.jpg
ANPT1234.jpg

それでも少しずつ戻ってくれて

今日のプチぷよ。
ANPT1256.jpg

かなり戻ってくれましたが、先端の3花房くらいはアウトです。
ANPT1257.jpg

インゲンも、葉っぱがかなり傷んだものの
ANPT1261.jpg

つぼみも出てきたので、持ち直してくれそうです。
ANPT1265.jpg

トマトはかなり実をつけさせているので、晴れた日は液肥の消費量がはねあがっちゃいますね。
熱中症に注意の予報が出たら、水切れに注意です(>.<)

6/10 追記
>かなり戻ってくれましたが、先端の3花房くらいはアウトです。

昨日、こう書きましたが、生き返ってます。
少しだけ復活した萎れた翌日は、とっさに数を数えて、こりゃ蕾入れると10花房はアウトだとへこんでましたが、まさかこんなに時間をかけて復活してくれるとは思いませんでした。
うどんこも復活してるけど・・・

曇り・雨が続いたことが幸いしたのかもしれません。

今日は久々に熱中症注意の日、気をつけます(`・ω・´)キリッ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/09 14:27 ] トマト | TB(-) | CM(2)

ナス近況:クリーミー開花と新入り

クリーミー(ロッサビアンコ)が、まだ半開きだけど、開花してしました。
めしべが立派
ANPT1252.jpg

どうせ梅雨があけたら、着果しないんだから、これはトマトトーンします( ー`дー´)。
まっ、去年は梅雨明け前の長花柱花にトマトトーンしても、だめだったけどさ・・・。

ANPT12531.jpg

根っこ不調から、再起をはかっていた兄弟ナスですが、こちらはダメになりました。
s-ANPT0950.jpg

発根はしましたが、葉っぱに綿のようなものができて、萎れちゃった。

棒にした地上部は、いまだにこの状態。
少し葉っぱが大きくはなったぐらいで、大きな変化はありません。
ANPT1237.jpg

もう、この株はあきらめてますが、そうなるとかわりのナスが欲しくなってきました。
ホムセンをまわってみましたが、この時期は、どこもひどい苗ばかり。
もれなく虫と病気がついてくるという感じなので、あきらめて、手持ちの種(黒福)を種まきしたんですが、発芽しないし・・・
一緒に種まきしたキュウリなんて本葉が出てるのに
ANPT1230.jpg

そんな中、先週遠出したついでに、かなり綺麗なナスの大苗を見つけました。
このホムセンは他の苗もよく手入れされていたので、なんでこんなに綺麗なのかと考えることは避けて(逃げて)、連れて帰りました。

土はわけありだろうから、できるだけ落として
ANPT1228.jpg

もう外に出してましたが、今日になって、なんかぐったりしてるんですけど・・・orz

ちょっと暑かっただけだよね(-_-;)
ANPT1255.jpg

これも失敗かなあ・・・。

大丈夫、私がいるからとばかりに、種まき失敗のはずのナスまで発芽してきたけど、どうしよう、これ。
ほんとに育ったら、さすがに場所が苦しくなってくる(-_-;)
ANPT1254.jpg

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2016/06/08 14:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:万願寺をリセット

今年は例年より、虫害がマシです。
強風の日が来るたびに、注意して、退治していたので、アブラーも今はいないみたい。
アザミーは、ナスとインゲンとキュウリのほうが、お好みのようで、たぶんペッパーには来ていません。

と、まずまず平和だったのですが、2株ある万願寺の1株がどうもおかしい。
ANPT1240.jpg

隔離して育てるつもりでしたが、他のペッパーは順調なので、思い切って剪定することにしました。
棒にしても、一か月あれば花を咲かせていたので、このまま病気かな、チャかな、どっちでも広がったら困るぞとビビり続けるよりいいから。
ANPT1242.jpg

脇芽のどれかを主枝にして、やり直してもらうつもりです。
それでも、またチリチリになってくるようなら、あきらめます。

他のペッパーですが・・・
今年は、虫と病気が移りにくくなったらいいなと、同じ野菜が隣り合わないように並べています。

トマトの間に挟まれた株は、ペッパーを探せ状態です。

ジャンボ青とうはシュガープラムの隣
ANPT1247.jpg


ししとうサイズで収穫してお弁当のおかずにしています。

ANPT1248.jpg

メガパラソルはシュガープラムとシシリアンルージュの間
ANPT1245.jpg

万願寺の無事なほうは、レッドミニ、オレンジミニにはさまれて
ANPT1249.jpg


ソニアレッド と スイートパルレモは、うちにしてはちょっと広め。
ANPT1250.jpg

ソニアは着果していますが、肥大が遅いです。
ANPT1251.jpg

きゅうりが急速に勢力を増してきたので、今日、後ろに誘因しました。
すぐにきゅうりが巻き返すと思うけれど、アザミーを引き受けてくれているのだから、このまま共存してもらいましょう。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/07 18:01 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

デリシャスゴーヤの雌花が開花しました

昨日ゴーヤの一番花(雄花)が開花しました。
2013年は6月12日に開花、2014年は5月26日、2015年は6月14日なので、少し早いでしょうか。

雌花はまだまだだよねと思ってたら

今日、いたんですよ(右)
ANPT1221.jpg
雄花は3つ咲いていました。
普通に考えたら、ここは摘果なんでしょうが

人工授粉しちゃった(^^;
ANPT1223.jpg
この雌花の膨らみ方は、本物のデリシャスゴーヤのようですC=(^◇^ ; ホッ!
2014年は、ニセモノだったと信じています(○`ε´○))

一日ネットの一マス(10センチ)以上つるがのびています。
てっぺんまで届いたつるは、回れ右させてっと。
ANPT1225.jpg

左半分の灰色のネットは、南風対策用です。
何がなんでも、ゴーヤが早く食べたいってわけでもないんですが、つるの伸びが鈍るようなら摘果します(¬¬)ホント?????。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/03 08:41 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(0)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)