いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

羽つきアブラーに大パニック

最近、ジャンボ甘長・万願寺エリアに小バエを見かけるようになりました。

洗濯バサミでとめてるだけの、いいかげんなネットなので、そりゃ入るよねとあまり気にしてなかったんですが、もしかして、あれはうわさに聞く羽のついたアブラーではないだろうかと思ってきました。

それなら、スルーしてちゃまずい。
何か対処しなくちゃと思っていた矢先・・・

今朝見たら、ネットの上部に、羽つきが大量にはりついてました{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~
画像検索してみたら、まさしく羽つきアブラー orz

ここを見捨てようとしてくれているのはいいとして、他のエリアにいかれちゃ困るし、ベランダから出すと世間様に申し訳ない。

危険画像なので、縮小しています。
一応クリックで大きくなります。
IMGP5028.jpg

IMGP5029.jpg
IMGP5030.jpg

どうしていいか、わからない。
ネットをはずすと、待ってましたーと飛び立つのかもしれないけれど、お手軽にパプリカや辛い系エリアやイチゴにお引越しされてはもっとまずい。

お湯かけも頭をよぎりましたが、この数を何とかしようとすると、おそらく株もだめにしてしまう。

パニくって、ネットの上からカダンセーフを大量にかけました。
IMGP5032.jpg

ほとんどが、ネットにはりついているので、少しは減らせるだろうと思ったんです。

落ち着くために、写真をとって、記事にしてみました。

戻って戦ってみます(;´д`)トホホ


11:45 追記
カダンセーフ散布後、ネットをはずして、ビニール袋で密封放置していたのを、今とりました。
ほとんどカダンセーフのお手柄ですが、動いているアブラーはいないようです。
パニくってたので、かなりの量を散布しましたが、これまでが手ぬるかったのかもしれません。
でも、残党がいないとはとても思えない。
後は、明日以降に考えます。



グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/29 07:24 ] 未分類 | TB(-) | CM(10)

ぜいたくトマト近況

迷いに迷って、購入したぜいたくトマトです。
フルティカとの勢力争いに惨敗して、これでは日が当たらないと、場所を移動させています。
サイドからも風が出る室外機の隣なので、いい場所ではないです(><)。
IMGP5018.jpg

ぜいたくトマトを育てておられるのは、私のような零細ノーテク水耕ベランダーではなく、水耕では大規模理系ハイテクガーデナーの方が多いですよね。

育ててみたいとは思うものの、大きくなって暴れて大変になるんだろうな、大玉だと尻腐れとか出るだろうし無茶かも、と迷ってビビりながらのダメもと購入でした。

ところは、思いのほか脇芽もおとなしく、うちでは一番すっきりと育ってくれています。

一株で、こんなことになっている中玉のフルティカとは全然違います。
IMGP5025.jpg

第一花房も無事着果。
IMGP5020.jpg

今のところ、お尻もきれいです。
IMGP5021.jpg

これは第2花房。
IMGP5024.jpg

ところが!
うどんこが目立ってきました。
IMGP5019.jpg

正直なところ、うちの灼熱ベランダでは、うどんこが広がるのは一時のことだろうと思っていましたが、実の上下の葉っぱが白くなってくるとそうもいってられません。
カリグリーンを全トマトに散布しました。

連続摘芯のつもりだったので、摘芯だけはすませています。
IMGP5022.jpg

第一花房直下の脇芽も開花。
IMGP5023.jpg

そろそろ捻枝するべきなのですが、びびってできません。
実が重そうだし、失敗して折ったら、全部パーになっちゃうから。
ミニだと、脇芽で何とかなるさと気軽にできるのですが・・・(^-^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/28 09:30 ] トマト | TB(-) | CM(8)

イチゴが一番元気

左は桃薫 、右がめちゃデカです。

IMGP4999.jpg

桃薫は、少し赤みがかってきていますが、思い切ってここで味見することにしました。

2月にお味をみたときは、桃の雰囲気があって、プロが育てたらめちゃウマだなというお味だったはず。
今回は、実が少ないし、美味しくなっているのではと糖度を測ったみたら・・・・・

うちの糖度計史上最低のまさかの糖度4でした。

桃の気配なし、ケーキに乗ってくる酸っぱいイチゴと同じ味でした???r(・x・。)アレ???

  桃薫
残る実はあと一個。
IMGP5014.jpg

でも、かきわけたら蕾が隠れていました。
IMGP5016.jpg
ここからの、うちのベランダの熱波に耐えられるかが問題ですが、このまま放置栽培を続けてみます。

めちゃデカ
IMGP5012.jpg
これは前回は糖度はメモしてない(8、9ぐらいだったと思う)のですが、完熟まで放置していたので、まずまず美味しかったです。
今回は、桃薫のおつきあいで赤いのを適当にとったのが悪かったのか、これもまさかの糖度4.5。
でも、案外美味しかった。
ケーキに乗ってくるイチゴと思えばかなり美味しい部類に入ります。
こんな糖度でも、コンスタントに普通に美味しい、お利口なイチゴです(^^)

純ベリー2
IMGP5011.jpg
こちらは春夏栽培になってからは、まだお味を見ていません。
冬は一番元気で実をつけていましたが、ハダニ攻撃でお疲れだったようです。

まだ、実は小さいのでノーチェックでしたが、ランナーが伸びきってました。
IMGP5010.jpg

桃薫やめちゃデカもランナーを出そうとしていますが、増やす気はないし、今の株をキープしたほうが簡単かなと思っています。
水耕だから、連作障害はないし、今は虫も全然いないし、健康そうです。
ランナーからやり直したほうがいいのでしょうか?

収穫後は元の場所に戻ってもらいました。
トマトやペッパーは虫やうどんこでボロボロなのに、こんな待遇で、イチゴもゴーヤもよくがんばってくれてると思います(^^;)。
IMGP5017.jpg
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/27 08:49 ] イチゴ | TB(-) | CM(4)

シュガーベイビーをお味見

昨日の夕方、液肥チェックをする際に、失敗して、シュガーベイビーの実を落としてしまいました。

 すでに落ちた後のシュガーベイビー、うどんこが来ています。
IMGP5003.jpg

 4/9に同時購入のシュガープラム
IMGP5004.jpg

自家製苗と早期購入分は、色づくものも出てきています。
完熟を待っていたのですが、味見したいし、まあいいやと落下分をお味見しました。

下から数センチの位置で、本来なら摘果するべき実なのですが、水耕だし・・と筋の通らない理由をつけて欲で残していた小さい実です。
6.3グラム。
IMGP4990.jpg

糖度7、これはかなり残念でした。
IMGP4994.jpg
お味は、酸味はほのかで大玉トマトのような感じです。
外で食べたミニトマトなら、まあまあこんなもんかな、ですむお味。
でも、一昨年はもっと味が濃かったし、お高いブランド苗なので、もうちょい糖度が欲しかった。

落とした実がまずくなければ上出来なのに、強欲だなあ・・・

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/27 08:26 ] トマト | TB(-) | CM(0)

ずぼらっこを方向転換

ずぼらっこは下に誘引していましたが、どんどん葉が重なり合って、日当たりも悪くなり、うどんこが出てきました。
IMGP4983.jpg

さきほどsemireyさんのずぼらっこの記事を、共感しながら読ませてもらっているうちに、このままではうどんこまみれになるのは必須と思い、衝動的に支柱を立てることにしました。

少し、日当たりがよくなったように思います┐(~ー~;)┌

南側から
IMGpP4978.jpg

上から
IMGP4984.jpg

北側から
IMGP4982.jpg

無理やり向きを変えたので、上向きの花房になりました。
IMGP4979.jpg

実は小さいけれど、着果、開花は順調です。
IMGP4988.jpg

案外手がかかるわ~・・・
かなりの環境に恵まれないと、ずぼらに徹するのは大変みたいです(><)。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/25 15:41 ] トマト | TB(-) | CM(6)

留守の間にアブラーが激増

万願寺・ジャンボ甘長が、収穫できるようになってきました。
IMGP4970.jpg

先週留守の日があったので、後半はチェックしていないのですが、ぱっと見は大丈夫そう・・・じゃなかったんです。

  実(右)にまでアブラーがついてる
IMGP4965.jpg

今まではアブラーは新芽だけにたかっていました。
もちろん、新芽にもかなりついていますが、ふと葉裏を見ると、アブラーが裏面にびっしり展開していました{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~。

写真はとってません(´;д;`)ヤダ
それも1,2枚ではなく、大きな下葉のほとんどがアブラー御殿と化していました。

最近は、カダンセーフばかりつかうのもどうかなと、50度スプレーでしのいでいましたが、そんな場合じゃありません。
葉っぱ一枚だけで数百いるのに、これが倍倍で増えたら、とんでもないことになるので、下葉をほとんど取りました。
新芽はカダンセーフしましたが、これで退治できたとはとても思えない。
1%が残っていても恐ろしいことになりそうです。

日当たり、風通しのいいエリアは虫にも居心地がいいみたい・・・orz

1株だけ、日当たりの悪いところにいる万願寺は、アブラーに無視されて順調に育っています。
IMGP4971.jpg

こちらはパプリカのライムホルンとグリーンホルン
IMGP4975.jpg

短花柱花しか咲かなかったのですが、ようやく長花柱花が咲いてくれました。
IMGP4972.jpg

一応短花柱花でも着果はしているようですが、まだ株が弱いので、早めに収穫するようにします。
IMGP4974.jpg

パプリカは去年失敗しているので、日当たりのいいところで育てたいけれど、アブラーがこわい。
日当たりおいい場所では甘長隊が体をはってアブラーを防いでくれているので、もうこの場所で育てます。

久々の収穫の図 (アブラーついてたけど・・)
IMGP4978.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/25 14:13 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ペッパーが側枝だらけ

3/3まきの後発のペッパー達です。
IMGP4959.jpg
まあまあ育ってきたのですが、側枝が多すぎです。

一番花が咲くまでは、根の成長のために、すぐに側枝を取ってはいけないとの思い込みがあって、今まで放置していましたが、このままでは一番花がいつ咲くのか見当がつきません。

もう待てない、とほとんど取っちゃうことにしました。

本鷹
IMGP4960.jpg
これが一番側枝だらけになってます。
放置しすぎです。


伏見甘長
IMGP4961.jpg

あじめコショウ
IMGP4962.jpg
これは主枝の葉が凸凹してて怪しいので、側枝に交代してもらいたいぐらいだけど、側枝も怪しい・・・


決断が遅いですよねえ・・・
一気に全部もこわいので、とりあえずは半分くらい落とします。

ここから花が咲いてくれるといいのですが。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/24 08:36 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

トマト概況~多すぎ

覚書なのに、最近はトマトとの記事いえばずぼらっこになっています。
こうなると、ずぼらできているのか、気にかけすぎているのか、微妙ですね。

来年になって見直した時に、何を育てたんだっけになりそうなので、北側から順に並べてみます。

シュガーベイビー
IMGP4935.jpg

超低い位置に、第1、第2花房があります。
IMGP4932.jpg
下の方の花芽は摘みましょうというメーカー指示を守っとけばよかったかなあ・・・


シュガープラム
IMGP4933.jpg

これも低い位置から着果させてしまいました。
IMGP4934.jpg

フルティカ
IMGP4935.jpg

中玉でこんなに花数があるなら、ミニより効率がいいですね、大暴れするけど。
IMGP4936.jpg

ずぼらっこ=らくらくミニトマ≒マンアミーア
IMGP4937.jpg
無理やり下の方に誘導しています。


ぜいたくトマト
IMGP4939.jpg

第一花房は5つ着果しそう
IMGP4940.jpg
今年のトマトでは、これが一番おとなしくて手がかかりません♪。
大玉なのに、いまのところ、一番の優等生。
第2花房までトマトトーンがすんでいます。
連続摘芯するつもりなので、第一花房直下の花房は残しています。


室外機上

ペペ
IMGP4942.jpg

ネネとプチぷよ予備が同居中
IMGP4943.jpg

謎のトマト
IMGP4944.jpg
ピンクエッグだと思っていましたが、それにしては花数が多すぎるので、スプライトのようです。

プチぷよ
IMGP4946.jpg

帰省前に、これだけ液肥のチェックを飛ばしてしまったようで、第2花房から上が全枯れしてしまいました(T-T) 。


簡易温室下側です

キャロルスター・フルーツイエローEX・サンチェリープレミアム・ラブリーさくら
IMGP4947.jpg

サンチェリー、さくらの自家製苗が強すぎて、購入苗は劣勢で日照争いに苦戦しています。
これでも大剪定した後です。
脇芽というより、枝をバンバン落としました。

キャロルの第一花房は、半分以上落ちてます。
IMGP4948.jpg

フルーツイエローの第一花房もイマイチ。
IMGP4950.jpg

これは株元間借り中のレジナ、転居先未定。
IMGP4951.jpg

温室上は、先着順の無法地帯です。
今あるのは、サンチェリーとさくらだけ。
IMGP4953.jpg

左がサンチェリー、右がさくらですが、脇芽だらけだったのを、これでも1/3ぐらいに落としました。
IMGP4955.jpg

フルーツゴールド
IMGP4956.jpg

病気っぽいので、ペッパーエリアに隔離したままです。
戻ろうにも、ずぼらっことフルティカに場所を占領されたので、ここにいてもらうしかありません。
今は問題なさそうなんですが、第一花房は全滅。
第2花房が開花中ですが、まだ着果しません。

今年のトマト栽培は、梅雨明けまでの短期決戦だからと狭いところに、無茶しすぎました。
来年、この反省の気持ちが継続していますように。
サ○○○に見つかりませんように。


グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/19 12:07 ] トマト | TB(-) | CM(6)

カーテンになれないゴーヤ

昨年はゴーヤを4月28日に購入して、5月23日にネットの天辺に到達して摘芯しています。

今年は4月27に購入して、高温・晴天が続いていますから、そろそろ摘芯時期・・のはずなんですが、成長が遅れています。

ちょっとかわいそうな環境にいるのです。
IMGP4929.jpg

でも、少し大きくなってきたので、日が当たりやすくなってきました。
IMGP4926.jpg

今年はカーテンは他の野菜で十分間に合うので、ゴーヤは週に1,2本収穫させていただければ十分と、待遇が悪くなっています。
本当はずぼらっこの後ろで育ってもらうはずでしたが、前にずぼらっこを置いたら、ほとんど日が当たらないので、こちらに移動しました。

左に写っているのは、万願寺さんです。
こちらも着果を始めて、液肥食いになってきたので、ごみ箱に移したいのですが、場所が足りないので、ペットボトルのままです。

右隣のイチゴは今がピークですから、まだまだ伸び伸びしてもらえそうにありません。
IMGP4928.jpg
毎年、イチゴは早々に失敗していたので、今年もだめかと広い容器からペットボトルに大剪定して移動させてから、急成長するとは思いませんでた。
花が咲いても、着果しても、どうせ暑さと虫で撤収必須と本気で信じていました。

もちろん今となっては、ここまできたら収穫したいと思っていますが、尋常じゃないウチの暑さにどこまで耐えられるんだろう。

虫のいない今のうちに室内に入れたい、と思うのですが、お日様を考えると少しでも長く外に出しておきたいところです。
今もベランダでは一番端の日当たりの悪い場所なんですが、この地味な場所から移動させると、虫が来るかもしれないと思うとイチゴを動かすことができません。
日当たりのいい場所は、アブラーやらアザミーが来ていますし。
となると、今しばらく、ゴーヤも万願寺さんもイチゴもこのまま耐えていただくしか・・・(-_-;)。

バカでかい葉っぱが、お日様よこせーと訴えてるような気がします。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/18 17:11 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(4)

ずぼらっことフルティカを剪定しました

この時期の成長はすさまじいですね。
花が咲かない、蕾が落ちると案じていたのは、つい2週間前だというのに、今は花がつきすぎ、脇芽多すぎ、元気ありすぎ、液肥食べ過ぎで、困っています。

トマトでは、ずぼらっこ(らくらくミニトマ)とフルティカが特に元気。

ずぼらっこは、脇芽取り不要の品種で、これは楽だわと脇芽を放置してきましたが、あまりの過密ぶりに、うどんこがやってきました。
USER14913.jpg

これはいけないと、ずぼら道に反しない程度に、脇芽についた花房は全部残して、結実に不要っぽい葉だけを落とすことにしました。

開花・結実中だけで、30花房はあります・・・
USER14910.jpg

剪定後の根元付近です。
USER14915.jpg
これでも、かなり落としました。

そして、もう一つ問題が・・・
今のところ100%着果しているので、食欲がすごいです。
この容器は9L程度入りますが、このまま順調に着果してくると、2泊の外泊もできないかもしれません(´゚д゚`)エー
おまけに、まだ蕾の花房を入れたら、この3倍はありそうです。

これまでは、一株が一気に着果するのは、多くても10花房程度の、細々とした栽培を続けてきた私には、非常事態です。

それなら脇芽落とせばいいじゃん、という話ですが、それは最後の手段。
あきらめて、うちでは最大の豪邸の19Lに移動させることにして、これから工作します。

たった一株で、この収穫数なので、美味しければ、食べすぎだろうが、場所をとろうがOKですが、どうなるんだろう。
この数に、この容器では、栄養が足りないこともあり得ます。
収穫数を抑えたら、美味しくなるという可能性もあるので、脇芽を2、3本仕立てくらいでペットボトルで育ててみるつもりです。

フルティカはすでに先週、大きな容器に移動させました。
暴れるのを抑えるために、脇芽を放置していたら、もう手がつけられなくなってきたのです。

こちらも100%着果してきたので、もういいよねと脇芽をとって、葉もかなり落としました。
USER14922 (2)

それでも、こんなに残ってます。
USER14922 (1)

あちこち摘芯して、なんとか2本仕立てと脇芽少々になっています。
6花房が開花・結実中です。
中玉だし、残ってる蕾を入れると10花房を超えてくるので、そろそろ限界でしょう。
このあたりで芯を止めるつもりです。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/18 09:15 ] トマト | TB(-) | CM(6)

台風対策

台風の影響か風が強すぎるなあ、とのんきに思っていたら、かなりの強風になってきました。
栽培層が飛ばされそうになってるのもいるし・・。

なすの定植なんて言ってるばあいじゃありません。
強風で振り回されると、ボロボロになっちゃうよとニュースを確認したら、いつのまにか台風進路になってました。

これはヤバイ、飛ばされるまでいかなくても、無傷ではすまなさそうなので、一部を避難させることにしました。

首つり方式の棚は、遮光ネットをまいて放置します。
USER14777.jpg


昨日ようやく定植したゴーヤですが、ペットボトルに戻しました。
USER1776.jpg

ぐちゃぐちゃ~。

USER14778.jpg

アブラーつきのペッパーは別部屋に隔離です。
虫は入れたくなかったけれど、ようやく開花・結実をはじめたばかりなので、ここは仕方がない。


いいモノ発見。
ぜいたくトマトが着果してる♡
USER14780.jpg

5/5にトマトトーンしてからも、ずっと元気に咲いたままなので、失敗したかと思ってました。
4個でいいから、よろしくお願いね♪

そして、ずぼらっこ。
今は、2,3花で芯どまりというあるべき姿になりました。
USER14786.jpg


着果もしています。
USER14783.jpg

脇芽は挿し芽用に一つとったけれど、後は放置しています。
だから、本当にこんなにやりたい放題させていいんだろうかというボーボー状態のまま。
USER14781.jpg
挿し芽も発根してますが、こんなに広がるのに、ペットボトルというのはかなり無理がありますね。
空気を読んで、自己調整してくれるといいんだけど。

まだ5月で、まだまだこれから成長するのに、退避するだけでもけっこう大仕事です。
分不相応に苗を増やすとやっぱり大変・・・ヾ(_ _。)ハンセイ…

雨も降ってきましたが、結局どこも大したことなかったという結果になりますように。

追記)
えーっ、もう30度超えてくるの!
tenki0512.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/12 15:38 ] ベランダ | TB(-) | CM(4)

ナスに追われるイチゴ

昨日、少し遠出した帰りに、大手ホムセンに行ってしまいました。

・・・・・そこで出会ってしまった。
トキタさんのなすコレ
nasu.jpg

さて、私はどれに負けたのでしょう。

バレバレですが
P1080421.jpg
P1080420.jpg

335円とお高いけれど、接ぎ木苗です。
ずっと皆さんの記事をいいなあ、ガマンガマンと思いながら見ていましたが、あ~あ・・・
後悔半分、買わなきゃ後悔しただろう気分が半分です。


現在水浴中。
P1080407.jpg

アンタ、場所ないじゃん・・・
実は、一か所だけ、あるのです。

すみっこの日当たりの悪いこの場所。
イチゴ3株がひしめいています。
P1080403.jpg

めちゃデカ・・デカいのは葉っぱだけど
P1080404.jpg

純ベリー2
P1080406.jpg

桃薫
P1080406.jpg

ペットボトルなので、トマトの足元を間借りするか、まだ奇跡の虫なし状態だから、そろそろ室内にいれてもいいかと、そのとき思ったのです。

もともとナスはパスと思ったのは、結局ナスではなく、虫を育ててるのと同じになるからですが、その解決策はありません(^^;)
盛夏は虫がいないので、秋ナスを種から育てるつもりでしたが、負けてしまいました。

ビアンカさんかフィレンツェだろうと思ったんですが、ダイヤ交配って書いてるんです。
ということは、トキタさんのF1かもしれませんが、品種名がわかりません。
もしかして、そのまんまグリルでイタリアなのかな?

F1なら、固定種より何かメリット(着果良好とかウィルス耐性)が追加されてたらいいのですが・・・
目標30個とありますが、さすがに、そんな夢は見ていません。
500グラムじゃなくて、普通サイズでいいから、まずは暑くなるまでに3個お願いしたいです。

追記)
そして、これを発見。
2015051013450000.jpg

うちのずぼらっこ=らくらくミニトマと ラベルは全くおんなじで、品種名だけが違います。
こちらは そのまんまdeミニトマト 品種名 マンマミーア

あっ、値段も違う、シマホはOEMなのに348円だった(><)
もうずぼらっこ=マンマミーアと決めちゃっていいですね(^^)。
これは、お店で最後の一鉢でした。

グリムス ペットシア




関連記事
[ 2015/05/11 09:24 ] イチゴ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:アブラーが消えたかも


ジャンボ甘長、万願寺2号、万願寺3号
USER4633.jpg

ジャンボ甘長は4/28に開花してから、順調に着果していますC=(^◇^ ; ホッ!
USER4631.jpg

一方万願寺2,3号はむなしく蕾がふえるばかり・・・
USER4632.jpg

もう好きにしなさい、と白く硬そうな蕾を眺めてると、あらっ?
虫画像です。
 ↓


P1080402.jpg

ほぼ全部の蕾や新芽がこの状態でした(|||_|||)ガビーン

トウガラシ煮出しスプレーでは、だめだったので、カダンセーフ原液を試してみることにしました。

(超大手ホムセンに在庫を問い合わせて担当に出てもらったら、カダンセーフを知らなくて、見当たらないと言われました。
スプレータイプもないのはありえないので確認したら、容器の色と模様を聞かれました。
結局あったんですけど。人手不足なんだなあ・・・)

直接かからないと効かないから、丁寧にたっぷりとかけました。

そして、今日・・・ほとんどいなくなってます(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!。

あっ、いたと思ったら、こときれておらました。
USER4635.jpg

すごいぞ、カダンセーフ原液 ( *'∀')b グッジョブ!!

希釈の必要がないスプレータイプは使ったことがありますが、使い方が悪かったのか、効果がなかったです。
成分は同じなんだけどな・・でも効いたら何でもいいや、こっちのほうがお得だし。

この時期のアブラーって、卵じゃなくて単為生殖で子供を産んじゃうから、卵は気にしないでいいのですよね?
数は少ないんだから、早期チェックをがんばるぞー、と、昨日ひととおりのペッパーは見たはずなんです。

もちろん出遅れ3株も見ました。
あじめコショウ、伏見甘長、本鷹
USER4641.jpg

今朝になって、緑色のアブラーがあじめコショウの新芽にたかってました。
てっぺんを見逃すはずはないので、昨日来たんだ・・・orz
USER4640.jpg

ここだけなので、即カダンセーフしました。

これは先日様子がおかしいので隔離していた、万願寺1号です。
USER4636.jpg

4/30に開花して、着果もしているみたい。
虫もいなくなってました。
ここはフェンスが壁になっていて、日当たりが悪いけれど、虫にも見つかりにくい穴場なのかもしれません。

パプリカのグリーンホルンとライムホルン
USER4639.jpg
どちらも1番花が開花しています。
ちゃんと最初についた蕾が咲くなんて、うちでは久しぶり♡(購入株だけどさ)

昨年は5月下旬に売れ残りの虫とウィルスつき株を買ってしまった(それも定価で)反省から、今年は早々にピチピチ株を買い求めました。
今のところ、異常なしです。

もう昼間は、熱中症危険状態なので、朝のチェックをがんばります!
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/08 08:19 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ずぼらっことフルティカが急成長

帰省している間は好天に恵まれたようで、どれもえらい勢いで成長してました。
特に、フルティカとずぼらっこが、想定外に育っています。

ずぼらっこは、隣におくはずだった株のスペースを完全に占領しました。
  4花房が開花中
USER94618.jpg

今から、これ!?とラベルを見直すと、ハンギングの絵なのでろくに見てなかったけれど
USER4629.jpg

ものすごく横に広がってます。
この絵みたいに、一気に10花房以上を実らせるとしたら、当然ですね。
ビオラじゃあるまいし、かわいらしいハンギングの大きさですむはずがない(^-^;。
蕾ばかりで一向に開花しないので心配していましたが、5月に入ってから、一気に開花してきました。
  
  案外花もでかい
USER46211.jpg

暴れてるからトマトトーンするべきか迷いましたが、それをやったら、ずぼら道に反するので、こらえました。
   たぶん着果してくれた・・かな。
USER4620.jpg

それはいいとして、この一枝だけで5花房あります。
USER4624.jpg

こりゃ30花房はついてるかも。
さらに小さな脇芽も控えていますが、こんなの全部咲くとは思えない。

 根っこも立派(プチヴェールの防根シートをマイクロファイバーそのままで使い回しw)
USER4625.jpg

どうせ梅雨明けまでだし、脇芽は取らなくていいんだから、こうなったら、いけるところまで行かせてみたい。
問題は置き場所です (~ヘ~;)ウーン

そしてフルティカ。

左がぜいたくトマト、右がフルティカです。
USER4626.jpg


左のぜいたくトマトは今のところすっきりと一本で伸ばしているので、場所はとってません。
USER4627.jpg

フルティカは暴れ気味なので、脇芽を少しとっただけで放置しています。
ブクブクもないのに、一気に脇芽を増やして、どんどん広がって大きくなってきます。
第一花房あたりは、たぶん平らな異常茎だし、最初の花は着果に失敗したみたい。
USER4628.jpg

これはいかんと、トマトトーンしましたが、まだ脇芽摘んだらだめかな・・

この配置では、ぜいたくトマトが負けてしまう。
ベランダ計画のねり直しです。

4月26日のフルティカとずぼらっこ。
USER4438.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/07 08:11 ] トマト | TB(-) | CM(2)

ずぼらっこが、やっと咲いた♪

毎朝、花咲かせて!とお願いしていたずぼらっこ(らくらくミニトマ)が、ようやく咲いてくれました!

第一花房じゃないけど、どこでもいい。
USER4455.jpg
でもね、一番左に残念な首が黄色くなってる蕾もあります。
当然ながら、ちょんと触ったら、落ちました。

第一花房はこれです。
USER4456.jpg
これも首が黄色のは触ったら落ちた。
もう、全部落としたほうがいいかな(^^;)

ずぼらっこちゃん全体です。
USER4458.jpg
皆さんのと比べて、花はとろいし、葉っぱばっかり茂っています。
何かを訴えているのでしょうが、わからない(^-^;
この環境に慣れてもらうしかありません。

もちろん脇芽は放任していますが、花房がわかるのが、最低で15個はあります。
ほんとに、こんなに結実できるん?と思いますが、無理なら自主的に蕾のまま落下するんでしょうね( -_-)フッ。

そうそう、これは頂芽のところですが、ここは1花で芯どまりではなく、2花はつけてくれそうです。
USER4457.jpg

まだ背丈は30センチ。
あと20センチ伸びるみたいですが、結構場所を取りそうです。
でも、これが一気に実ってくれるとしたら、文句は言えませんね。
それに整枝がいらない、脇芽取りに迷わなくていいというのは、言葉は変ですが、かなりの解放感です。
どうか美味しくなってくれますように(*・人・*) 。
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/01 07:48 ] トマト | TB(-) | CM(5)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)