いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

トマト:ようやく脇芽が発根しました

朝から雪になっています。
こんな寒い日に、昨日の朝イチゴとトマトを外に出したまま、室内に入れるのを忘れてしまいました。
この冬初めてのドジをこのタイミングでやるとは(><)

ペッパーはダメになってしまったことがありますが、トマトは耐えてくれたようです。
ついでにハダニだけ消えてくれていたらうれしいんだけどな(^-^;

さて、ようやく昨年から挿していたトマトの脇芽が発根しました!

  根っこがわからないけど・・・
s-USER1630.jpg

一か月以上かかっています。
根っこが一向に出る気配がないものの、葉っぱは元気なので放置していました。

室内の温度も15~20度程度なので、寒いのでしょうね。
案外、発根にも積算温度があったりして(^^;

ということで、昨年の脇芽を育てていたプチぷよとネネも挿し直すことにしました。
プチぷよ(左)は2段目まで、ネネは3本仕立てに勝手に成長してつぼみだらけになっています。
s-USER1629.jpg

このまま大きくなられても室内で美味しく育つとは思えないし、置き場所にも困ります。

ひとまず摘芯した分を挿して、今の株もコンパクとにして、当面は残します。
その後にどちらをとるか、両方残すかを迷うことにします(^^)
s-USER1631.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/30 09:13 ] トマト | TB(-) | CM(2)

イチゴ:アーリーセーフ漬け2回目

23日にアーリーセーフ漬けにしてから、花が次々と咲いてきました。
まだハダニ対策を繰り返すだろうから、この花は摘みます。
s-USER1627.jpg

一見したところキレイなんですが、念のために拡大してチェックしたら

  いたんですよ・・・・・
s-USER1628.jpg

前に比べたらかわいいものですし、パッと見でわからないレベルなので、卵からかえったのでしょうね。

さっそくアーリーセーフ漬けを始めたのですが、大事な電話がかかってきて、30分近く放置することになってしまいました(・"・;) ウッ

大丈夫かな・・イチゴ本体。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/28 11:22 ] イチゴ | TB(-) | CM(2)

イチゴ:次はアーリーセーフ

前記事のハダニまみれになったイチゴは2時間くらい水につけっぱなしにしていました。

改めてチェックすると、かなりマシになっているようには見えます。
ハダニもついてるけど、減ってるし、動いてないから、卵以外は退治できたかなと思ったけれど・・・

かなり小さい個体で動くヤツが、チョロチョロいる!(静止画像ですが^^;)
s-USER1436.jpg

2時間でもダメかあ。
イチゴってどのくらい耐えてくれるのでしょうね。
こうなったら、作戦その2を実行です。

アーリーセーフ溶液にドボン。
s-USER1437.jpg

これは長時間やるのは怖いから、5分で引き揚げました。
卵は退治できないので、近いうちに2度目の散布が必要ですが、この時期は何日ぐらいおけばいいのでしょうか?
何回か繰り返しても勢力が衰えないようなら、不本意ですが、コロマイト漬けにするしかないかも。

この溶液はもったいないから、今は光浴中のイチゴも全員入浴させることにします。
どうかイチゴは無事でいてくれますように。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/23 16:32 ] イチゴ | TB(-) | CM(12)

もうイチゴにハダニが来た

19日にイチゴの記事をアップしたときはいなかったと思うのですが、今日になって、葉っぱの上を動く小さいものがたくさんいることに気がつきました。

ハダニだと思います。
USER14311.jpg

空中に糸はいて、漂ってるし・・・(-_-;)
USER14321.jpg

仕方がないのでとりあえず、水攻めです。
USER14341.jpg


今のところ目立つのはめちゃウマだけですが、他も時間の問題でしょう。
何回か繰り返したら、いなくなってくれるかな・・・

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/23 10:03 ] イチゴ | TB(-) | CM(0)

イチゴ:花は咲くけれど・・・

最近はイチゴを衣装ケースにいれたままにして、昼間だけ外に出しています。
USER14201.jpg

キャスターつきなので楽ですが、外に出したことで満足して、ろくにお世話をしていません。
液肥があるかどうかは、見たらわかるので、切らしたことはないのですが、葉かきと人工授粉をほとんどしていませんでした。
もちろん摘果も(-_-;)

今朝、純ベリーが一個熟しすぎてダメになっているのを発見(><)。
葉っぱの下だったので、全然気づきませんでした。
さすがに反省して、全部点検することにしました。

桃薫1
USER14241.jpg

見ての通り、ちっちゃいのばかりです。
後から咲いてきた小さい花はけっこう摘んでたんですが、この品種は本当に花が多いです。
最初の頃に咲いていた、大きい花の実です。
USER14231.jpg
ほとんど大きくなっていませんね('〇';)。

桃薫2
USER14281.jpg
育ちが遅かったほうです。
こちらは茎がちょっと伸びています。

めちゃデカ
USER14251.jpg

この実はデカいというほどではなく、普通サイズです。
加温してないのんで、上出来です。

めちゃウマ
USER14291.jpg
これが一番まともな育ち方をしているのかもしれません。
いつのまにか葉がどんどん増えてきています。
花が一つ咲いたばかりですが、小さかったので迷わず摘みました。

純ベリー2
USER14211.jpg

元気に咲いているのですが、大きい花以外は受粉をさぼってました。
寒すぎなのか、最近の花は小さいです。

この後、葉かきと摘果・摘蕾をかなりやりました。
ミニサイズでもいいから、桃薫は食べられるレベルになってほしいなあ・・・
春のために、全部積んじゃう勇気はとてもないし。

久々の今日の収穫
USER14301.jpg

オータムポエムは、水切れはさせてもお世話はしてないという扱いなのに、どんどん蕾が出てきて、栽培が楽です。
スナップエンドウは、うどんこまみれながら、ささやかに実をつけてくれていますが、少ないです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/19 14:48 ] イチゴ | TB(-) | CM(4)

凍えるプチヴェール

寒くなってからも、外に放置したままで、ビニールもかけ忘れることが多かったせいか、プチヴェールは不調です。

  いかにも寒そうな頭頂部
USER1404.jpg

  葉っぱは多いけれど、一枚のサイズが例年より小さい
USER1409.jpg

 プチヴェールは一応育ってきてはいます
USER1407.jpg

 いかにも寒そうに紫がかっていますが・・・
USER1408.jpg

 お昼のパスタ用に少し葉をとりました。
USER1413.jpg

大きくみえるかもしれませんが、もっと大きかったと思うんですよね。
寒すぎて、縮こまっているようです。

お味はねえ・・・

12月よりは甘みがありますが、めっちゃ美味しーってほどではないです。
ちょっと甘いかなあ程度の固めのキャベツ。

一度収穫したら終わりのキャベツと違って、使う分だけ葉っぱをいただけるというのはメリットだと思います。
まあ、脇芽のプチヴェールを収穫するのが普通で、葉っぱが本命ではないのですが。

もっと広くて、最低気温も5度程度はキープしてあげられるところで育てたほうがいいのでしょうね。
風で倒されることもあったし。
今年は失敗かなあ。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/01/17 14:06 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(2)

冬トマトは甘くない

冬トマトからあわよくば春夏トマトへと期待をこめて育てていたのが、ペペとラブリーさくらとレッドミニです。

けっこう美人さんの花房があるので、ギリギリまで完熟させるつもりでしたが、株自体が急に弱ってきました。

 ペペ
USER1094.jpg

 ラブリーさくら(茶色に写っていますが、実際は普通の色です)
USER1093.jpg


最近高糖度を記録してくれた簡易温室の日照条件のよかったトマトと違い、こちらは寒くなってからは室内だけで育てています。
日照不足が悪かったのか、窓際が寒かったのか、水切れ数回が悪かったのか(これは悪いだろ^^;)、葉っぱがほとんどボロボロに。

レッドミニなんて帰省から戻ったら、実がオレンジのまま落ちていましたorz
USER1096.jpg

先の予定を立てるために今日、色的には完熟したようにみえる実を食べてみました。

糖度を測ってみたら6弱と低めです。
だから全く期待しないでお味を見ましたが、スーパーのトマト並みで、案外美味しかった。

この条件でこのお味なら、環境があえば美味しくなるかもと、春も栽培することは確定です。
今月中には完熟するでしょうから、それまでこの株は育てます。

いちおう脇芽は挿しているのですが、まだ発根しないので、ダメなら収穫後に葉っぱ1枚ぐらいつけて棒になっていただいて、新たな脇芽を待つことにします。

そこまでしないで種まけよってところですが・・・。
手持ちの種数と可能育苗数には限りがあるし、栽培期間が一か月は短縮できますから。

希望はお彼岸くらいの開花なので、脇芽からなら十分間に合うはずと、都合のいいことだけを考えています。
・・・・・・・・ダメなら苗に頼ります。

昨年の株から脇芽リレーしているプチぷよとネネは最近ちょっと大きくなってきました。

 左プチぷよ 右ネネ
USER1240.jpg

もう第一花房もあるのですが、これはあきらめようと思います。
結実までには、もっと背が高くなるはずですが、そうなるとベランダと室内の往復が面倒になって、結局美味しくない徒長苗ができるだけですから。

元気な上半分をさらに挿し芽するか、ポイするかがまた問題です。
挿し芽して元気な方を残そうと思いつつ、その場になったら、両方育てて密植になるパターンになりそう(^^;)。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/09 17:53 ] トマト | TB(-) | CM(2)

ペッパーの種まき

昨年のペッパーは虫にやられて散々でした。

結果的にウィルスにやられた株でも、ほとんどハゲに大剪定したら生き返ってくれたので、今年は無駄に戦わないで、思い切りよくいきたいと思っています。

さて、第一陣を種まきしました。

万願寺とうがらしとジャンボ甘長です。
USER1092.jpg

今年もヨーグルティアを使いました。
29度で4日の夜にセットしましたが、8日朝には発根がはじまっていました。

去年は手こずったのですが、意外に早かったです。
もっと根が育つまで、ヨーグルティアにまかせますが、さて、後はどうしよう、いつもどうしてたっけと過去記事を見たら

土を入れてヨーグルティアを使ってる?、調理器具なのに、それはまずいじゃん('〇';)。
USER2466.jpg

としばし驚きましたが、思い出しました。

CDのケースがぴったりなので、育苗専用としてお茶パックに土を入れて使っていたのでした。
他にいい案が思いつかなければ、今年もこれでいきます。
トマトは室温で耐えてもらってますが、ペッパーはたぶん無理だから。

スーパーでは、ピーマンやししとうと比べると万願寺系は圧倒的にお高いです。
そして、主人も大好き。

今年のペッパーは実益を目指すことにします(\__\)。

第2陣は、辛い系をまく予定です。
これは寒いのは、さらに苦手っぽいので、もうちょっと後で。


追記メモ)
この後、お茶パックにセット。
最初から土に種まきしたほうが、後々楽だったので次から覚えておくこと。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/08 13:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

桃薫暴走モード

年末に4つ咲いたとうかれていましたが、えらい勢いで咲いてきて、帰省している間に、花盛りになっていました。

すでに昨年に着果していたエリア
USER1088.jpg

最初に咲いていた花は大きくて、花びらは6枚以上、鬼花みたいな2個分の花もありました。
最近のは花びらは5枚で小ぶりになっていますが、まだ葉の下に蕾がかなり隠れています。
空気を読んで、自己調整する気は全然ないみたい。
USER1086.jpg


左は成長の遅い方の株です
USER1089.jpg

まだ2個しか咲いていないせいか、花が大きめですが、こちらは花びらが普通に5枚でスタートです。
どちらの株がアタリなのかは、まだわかりませんね。

育ちの早いほうの、花びら5枚と花が小さいのは摘まなくちゃと思いながら、放置しています。
写真もとったし、今日室内にいれたときに、摘みます・・たぶん(^^;

こちらは普通に元気な純ベリー2
USER1091.jpg
花は小さめですが、いつのまにこんなに咲いてたの状態なので、ほとんど人工受粉できていません。
形がきれいなのができそうなのを残して、これも摘まなくちゃ(+_+)。

いつもと違って、今年はイチゴが元気です。
ECは低いままです。
そろそろあげるべきなのでしょうが、下手にいじるとこの元気さがなくなりそうで、びびっています。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/05 13:41 ] イチゴ | TB(-) | CM(4)

ビーも糖度を更新しました

あけましておめでとうございます。

双子になったパープル・バンブル・ビーは昨年収穫して、室内で追熟していました。

そろそろいいかな、と端っこを切ってお味をみたら、予想より甘い(*^^*)。

   切ったあとで、あわてて写真をとりました
USER1078.jpg

糖度は10ありました。
ずっと糖度計の写真はうまくとれなくて、アップできませんでしたが、うれしかったので、あちこち押してがんばってみました(^-^;

USER1079.jpg

真夏は味が薄かったけれど、最近はどのトマトもどんどんお味が濃くなっています。
ハウスがなければ量産できる気候ではないのが残念です。
今まで、これは美味しくないと決めつけていたトマトも、栽培のやり方が悪かったんでしょうね(-_-;)

近くのトマト農園のハウスは来月ぐらいからピークになるはずなので、西側ベランダでは、晩秋の気候がじっくりと美味しく栽培するのにいいのかもしれません。

短かっ!

春から初夏までに美味しいトマトを栽培できるように、がんばりたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/03 18:01 ] トマト | TB(-) | CM(13)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)