いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>
-月別アーカイブ  [ 2014-06- ] 

<< 前- |  2014-06-  | 翌- >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペッパー近況:テントウ虫さん断食中?じゃなかった(追記)

パプリカのライムホルンです。
USER5278.jpg

先日テントウムシさんが来てからも、アブラーが減る気配が全然ありません。

それどころか頂芽が次々にやられてきて、ほぼ芯どまり状態ですし、アブラーは堂々と動き回っています。
USER5274.jpg

下の方で、ちょっとだけ結実しています
USER5273.jpg
でもこの実の上をアブラーが闊歩しています(#`皿´) 。
東京にヒョウが降った日から見かけないし、その気になれば逃げられるので、もうテントウムシさんはいないんだろうと思ってたら

いた。
USER5275.jpg

よりによって何もついてない珍しい葉っぱの裏側に。
全然大きくなってないし、大人になりたくないのか?

ちょっと動いてもらったら、アブラーの近所までトコトコ歩いていっても、避けるように移動して何もしません。

ウィルス病つきの赤アブラーは嫌いなのかもしれない、とオクラに引っ越しさせることにしました。

   左下の黒いのがテントウムシさん、その右に黄色アブラー、他は黒アブラー
USER5277.jpg
それから数時間たっても、このままです。
すぐ近くに黄色いのがいるし、黒いのなんていっぱいいるのに・・・

動く気もないようなので、また夕方にでもチェックしますが、逃がしてあげたほうがいいかなあ(T.T)。


追記)

  チェックしました。
USER5280.jpg

減ってる、減ってるよ ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

・・・・・・と思ったのもつかの間

テントウムシさんがいません。

ネットの後ろを閉めるのを忘れていたようで、5センチ×30センチ程度のとんでもない穴があいていました orz

やる気あるのかと疑ってごめんなさい m(。_。;))m ペコペコ…

グリムス 省エネ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/30 10:45 ] トウガラシ | TB(-) | CM(11)

トマト近況:お味見しました

プチぷよさんは、第2花房が先に色づいてきました。
USER5257.jpg

これは第一花房ですが、こんなふうに色が変わってきます。
USER5258.jpg

第2花房を収穫してみました。
慎重に収穫しないと、ぷにゅっとつぶしてしまいます(><)
USER5267.jpg

糖度10でした。

・・・・・そう、買っちゃったんです、糖度計。
bigtomatoさんの凄腕セールスに負けました、と人のせいにしてみるヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

でも、一番安い逆輸入品にしたのでAmazonの表示とは違うのが来ました。
170グラムの商品だそうですが、93グラムしかありません(・・∂) アレ?。
こだわる方は純正品にしたほうがよさそうです。

話を戻してっと

主人は甘くて美味しいけれど、トマトとじゃないみたいと言ってました。
私は甘くて、弾力があって、普通のトマトと違うからこそ、いいじゃんと思ってます。
輸送に適さないので、自分で育てないと食べられないというのは、栽培のモチベーションがあがりますからね(^o^)ゞ
1本仕立てのはずだったんですが、ぐんにゃり事件で整枝するのをやめてからは、こんなことになっています。
USER5264.jpg

繁らせすぎで、味が落ちるのが気がかりですが、全部着果するとも限らないので、放置したままです。

ピンキーに比べると豊産とはいえない品種のようですが、こんな花房がつきました!
USER5259.jpg

なんとかこれは収穫にこぎつけたいのですが、トマトトーンしたかどうか、わからなくなってしまいました orz


6月18日には、こんなだったピンキー
USER4963.jpg
右端は、ピンクトマトなら、もう収穫してもいいのかなという色でしたが、がまんして放置。

今日28日には、かなり色が濃くなってきました。
USER5266.jpg

ここでお味見です。

糖度は7.8ぐらいです。
でも、これは今までのピンキーとは別物で美味しかったです。
今までピンキーを美味しくない(この頃は糖度7)と言ってた主人ですが、今日はピンキーが一番美味しかったそうです。
(私はプチぷよさんの勝ちでしたが。)

右から3つめもお味を見ましたが、これはまだ酸味がきつくて美味しくない。
完熟度合の見極めがかなり大変な品種です。

全部美味しくなかったら、料理用だなーと思ってたので、ほっとしました。
あわてないで、じっくり待つことにします。

7/1 完熟ピンキー 糖度9

  浅野さんです。
USER5254.jpg
葉っぱが大きいので小さく見えますが、立派に中玉サイズに育っています。
糖度7で、酸味はほとんど感じませんが、一番トマトらしいお味のトマト。
ほんと、ミニトマトとトマトのハーフだなあと思います。


オレンジ千果は糖度8~8.5
USER5269.jpg
これは安定して、美味しいミニトマトです(^^)

レジナは糖度5でした。
確かに甘いというほどではないですが、酸味もきつくなく、おやつやサラダ用としては十分です。
第1果から種取りしたものを、今育苗中です。
USER5268.jpg
         
グリムス 省エネ
関連記事
[ 2014/06/28 12:41 ] トマト | TB(-) | CM(9)

液肥に黒い点々

久々にペッパーのECチェックをしました。
ほとんどが1.2でした。
トマトは1.5です。
(うちは水道水のECが濃いので、実際はここから0.3ぐらい低いはずです)

同じ液肥を使っているので、ペッパーのほうが肥料食いのようです。
ちょっと濃くしてあげないといけないかな、と全量交換をしようとしたら、液層にこんなものが浮いてました。

   アザミウマです
USER5209.jpg

誰か書いてないかな?と思ったら、去年の自分が書いてた( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!

まあ、忘れるから覚書というタイトルにしているわけで・・(^-^;
あの記事を書いてからも、この点々は何度も見ています。

もうお亡くなりになっているものと決めつけて、拡大写真をとれないかと、すくいあげようとしたら、ぴょーんと液面からはねるではありませんか。
アメンボのように水面を移動してるし・・・
もう写真どころではなくなって、すぐさま流しにあけました。
下手をするとようやくアザミーを見かけなくなった室内で繁殖されてしまいますので、お湯でジャーしておきました。

こんなふうに液肥層に黒い点々が浮いてるのを見たことありませんか?
IMGP0762.jpg

種類によっては黒じゃないかもしれないけれど、即全量交換をおすすめします。
これが一斉に成虫になったら、たまりません{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~
生きていることがあるので、慎重にしてくださいね。

普通の土栽培なら、えらいことになってると思いますが、ここから成虫になった気配は今までないんです。

何らかの理由で、上に上がることができないのか、私の希望的観測かは不明ですけど、案外アザミウマ繁殖トラップになっているのかもしれないと、思うようになりました。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/06/27 14:16 ] 害虫 | TB(-) | CM(8)

ゴーヤ近況:雌花と赤アブラー

昨日、ゴーヤを訪ねてくれたテントウムシさんは、当然ゴーヤのアブラーをお目当てでいらしたのでしょうね。
でも、ゴーヤについてたのは、緑系のアブラーでほとんど増えもせず、気にもならない程度だったんです。
ざっとながめても、簡単には見つかりません。

ところが、葉っぱの陰に隠れて、こんな狼藉をしているアブラーが Σ(゜◇゜;) ゲッ
 
 アブラー画像です↓

USER5204.jpg

ライムホルン一筋だと思っていた赤アブラーがゴーヤにつくとは。
また葉っぱには見当たらないし、こいつら花と実がそこまで好きなんでしょうか・・・

これまでゴーヤにつく虫は、ちょっとお味見はするものの、繁殖までする気にはならないらしく、大事にはいたりませんでした。
今度も無事でありますように。

昨日のテントウムシさんは、豪雨の中をライムホルンと共に耐えていてくれたはずなんですが、小さくてどこにいったのかわかりません・・・。
ネットははずしたくないし、まだアブラーはついてるので、どこかで潜んでおられると信じたいところです。

さて、ゴーヤはカーテンとしては、ほぼできあがりです。
USER5208.jpg

USER5206.jpg

USER5205.jpg

ハイペースで雌花がつくので、ちょっと着果させすぎています。
希望は週に2本なので、そのペースになるようにしないといけません。

今年のゴーヤは雌花が多いと書いてきましたが、なんとなく理由がわかってきました。

    節なり状態です
USER5207.jpg

全部のつるに雌花が節なりというわけではないんです。
長く伸びた子づるのみ、途中から節なりになるみたい。

上の写真は窓からはみ出して、もう2メートル以上になっている子づるです。
ここまで長くなくても、1メートル程度でいいようです。
訂正:1メートル程度だと節なりではなく、数個置きに雌花がなるようです 後日記事にします。
まだ短いつるには雄花がつくみたい。
今は放置状態で、適当につるを整理するつもりでしたが、この品種は伸ばすつるをきちんと決めておいた方が、計画的に収穫できるかもしれません。

グリムス ゴミ分別

関連記事
[ 2014/06/26 18:13 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(8)

ペッパー近況:やっときてくれました!

今日は朝からちょっとへこんでました。

バナピーのようやく出た側枝も縮れてきたので、あきらめて撤収。

デカチャンプはアブラーのせいだと思うのですが、新芽がかなりやられて、これも芯どまりしそう。

そして、ライムホルンまでが新芽が縮れてきました。
   
    新芽がちりちり
USER5203.jpg

これには赤茶色のアブラーだけがついています。
目立つので葉っぱについたのは、ほぼ退治できたと思っていましたが、学習したのか、新芽と花専門に戦略を変えたようです。
花と小さい新芽にびっしり(・"・;) ウッ

手でプチするにも、テープペタペタも、狭すぎて無理。
アーリーセーフも平気みたいです。
仕方なく50度スプレーで見えるのは流しましたが、これでは、いつまでたってもパプリカになれないじゃないの(`-´メ)

もうね、今年のペッパーは散々で、順調といえるのがありません。

今日も朝から大雨と晴れを繰り返す変なお天気です。
また雨がきつくなりそうなので、ベランダに出て、ふとゴーヤを見たら


    マジですかー!
USER5201.jpg

そういえば、ゴーヤにもちょびっとアブラーがついてました。
ゴーヤくん、お手柄です!

あわてて写真を撮って、捕獲体制に入りました。
このコ、すごく小さいんです。
まだテントウムシになったばかりのようで、つまむなんて無理。

そーっとゴーヤの葉っぱの一部を犠牲にして、袋に入っていただきました。

そして、今一番やられているライムホルンのネットに入れました。
しばらくお食事には困らないと思うので、ここでお仕事してください八(^□^*) タノム!! 

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/25 14:06 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

トマト近況:黄色のミニトマト栽培キット

  買っちゃいました。

USER5184.jpg

品種はタイニーティムイエロー。
銀の袋には種が入っていました。

先日100均でテイニーティムレッドの種を買ったので、ペアの黄色を探してたんです。
一時はセリアにあったようですが、今はないみたい。

栽培キットはネットで買えますが、お味が謎のトマトに送料+キット代は痛い。
100均での出会いを待つことにしたら、雑貨店で出会ってしまいました。

100均は来年同じ商品がある保証はない。
500円は安くはないけど、固定種トマトの種と思えば許容範囲。
このキットのサイズなら場所は問題ないし、たまにはキットもありじゃない?
次に来た時になくなってたら、後悔するんでしょ?

とたたみかけてくる、ささやきに負けて、連れて帰りました。

容器サイズは直径7センチ縦8センチです。
矮性といっても、このサイズで大丈夫なのかなあ(^^;)

観賞用とも書いてますが、レジナもそうだし、そこはスルーです。

レッドは5/24に種まきして、ここまで育ちました。
USER5185.jpg

イエローはキットとペットボトルの両方で育ててみます。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/06/23 11:27 ] トマト | TB(-) | CM(8)

トマト近況:こくうまチェリーほぼ終了

こくうまチェリーの天辺の脇芽が着果しなくなってきました。
収穫当初は絶品だったのですが、だんだんと味が落ちてきていました。

第1、2花房あたりは栄養を独り占めできて、気候もよかったから、美味しかったのかなあ。
最初の収穫は5月27日だから、まだ一か月もならないのに、なんと短命な・・・。
後続は脇芽も多く、一気に色づいたので、かなり負担が大きかったのかもしれません。

昨日書いた怪しい脇芽も気になるし、もうお疲れだろうから、赤くなった実を全部収穫してから、アーリーセーフすることにしました。

   青いのは間違って切った枝、黄色2つはオレンジ千果
USER5003.jpg

もう、青いのは20個強しか残ってなくて、ほとんどの葉っぱは落とせるぞと作業していったら、こんなになっちゃった。
USER5000.jpg

ダブル花房の最後の一つもしっかり残してます((^┰^))ゞ 。
USER5001.jpg


こんな怪しい葉っぱもあったのですが
USER4999.jpg

いくら拡大しても、何もいないので、風にやられたことにしました。

超フライング栽培でしたが、(たぶん)サビダニどころか虫もつかず、暑さにもやられず、ゴミ箱で(たぶん)15花房以上の収穫ができました。
上出来です。
今の日本のベランダは5月から収穫を目指すのがいいのかな、と本気で思ってきました。

この株は、下からの脇芽だけを残して秋トマトを狙うかもしれません。
場所が許せばですが・・・

グリムス ゴミ分別
関連記事
[ 2014/06/20 13:20 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:ピンキーがきれい

ゴミ箱栽培のピンキーはベランダの一番南側の端っこに置いています。

分散しておいたほうが、サのつくアレが来た時にいいかなあと。
たまには向きを変えなくちゃ、と回転させてみたら、第2花房が色づいてました♡

  これが見えないような繁らせ方はいけませんね(-_-;)
USER4963.jpg

じゃあ、もういいかなと第一花房の残ってる実をあこがれの房どり
USER4982.jpg

最初に収穫したのは少し酸味が目立ちましたが、美味しいコも出てきています。
ピンキーはピンクで収穫しないで、赤くなるまで待った方が美味しいと、水耕野菜生活、イイネ!のbigtomatoさんに教えていただきました。

ピンキー

これは室内で追熟させます。
枝から落ちた実は、鳥に見つけてもらおうと、より赤く、甘くなるらしいので、そうならいいなと思って(^^)。

うす皮がウリなだけあって、さすがに身割れはないですね(・∀・)イイネ!。

でも回転させてみてビックリ。
  
   こんなこわい脇芽が・・・
USER4964.jpg
何もいないようなので、サのつくアレじゃないと思います。
暑さのせいだと思いたい。

日が当たる範囲での脇芽放置に切り替えてからは、上のほうは伸び放題。
USER4967.jpg
10花房つけても大丈夫かなとか言ってましたが、そんなことは忘れました(^o^)ゞ
ここから先は、暑さとの戦いになります。
こくうまチェリーもゴミ箱でたくさん実をつけてくれたから、ピンキーもがんばれー!


追記)
なんか白いもんが飛んでるなー、ゴミ?と思ったら、コナジラミだった{{{{( ▽|||)}}}}
コナジラミは幅が0.5ミリ~0.8ミリだそうで、推奨される防虫ネットは0.4ミリです。
あまり機能してないうちの防虫ネットは確か0.6ミリ・・コナジラミにはちょいと大きいですが、ないよりマシだろうと急きょ穴は塞いで、守りをたくしました。
今年はほんと、いつもと違います。

semireyさんのコメントへのお返事

左がプチぷよ 右の双子がピンキー
USER4989.jpg
USER4993.jpg

うちのカメラじゃ、区別がつきませんね(^-^;
プチぷよさんは、つやぷるんというホムセンでの別名がぴったりです。
緑のときから、テカテカ。
キメが細かいというより、キメがないというか、つるつるです。
プチぷよは人形のお肌で、ピンキーがリアルな赤ちゃんかも。

でも、触ったら、ピンキーより弾力があって、ぷにゅっとへこむんですよ。
冬栽培をお楽しみに

また追記)

プチぷよさんは、写真の白いお皿にのせたまま放置してましたが、今朝取ろうとしたら軽くくっついてるような感じでした。
皮がめくれるような強さではなく、本当にほんの少し。
結局食べちゃった。
今日のはこくうまチェリーに似てるお味で甘いです。
主人は、酸味は感じなくて、すっきりとした甘さで美味しいと言ってました。
脇芽を保険に挿しとこうっと(^^)

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/06/18 10:04 ] トマト | TB(-) | CM(24)

ペッパー近況:まだ戦ってます

チャにやられて芯どまりしたバナピーに、少し側枝が出てきました。
USER4972.jpg

でもアブラーが勢力を盛り返してきて、なけなしの側枝にまでついてる(--メ)(--メ(--メ)

デカチャンプの被害もひどいですが、チャじゃないから、まだ致命的ではありません。
チャンプになろうとしているコもいます
USER4983.jpg

4つも固まって、ぶらさがってました。
そんな場合でもないし、エントリーしてくれただけで十分ということで、全部収穫。

見えるアブラーはつぶしたはずですが、取りきれるはずもなく、こんなものをしかけてみました。

  黄色いバケツ
USER4970.jpg


大して入ってないじゃんと思われるでしょうが、一応、手動で駆除した後で、かつ防虫ネット内なので、まずまずの人気具合です。
100均の黄色粘着テープも横にたてかけてあるんですが、そちらは無視して、ブラックアブラーが入ってきます。

思いのほかコバエが入ります。
(うちのネットは甲虫&蛾よけの役にしか立ちません)
家の中にも置いとこうかなあ、これ。
確か、酢と洗剤をちょびっといれたような・・ポピュラーな方法なので、興味のある方は調べてみてね。


ちりちりパプリカは・・・

一番ひどかった赤は立ち直ってきました。

  いいのか悪いのか、ペッパーとは思えない柔らかい葉っぱです。
USER4978.jpg


  こんな葉っぱがちらほら・・・黒いまだら
USER4979.jpg

毎日アーリーセーフしてたから薬害かなあ。


黄色はまだまだひどいです。

一応実はあるし、
USER4973.jpg

花も咲いてきますが
USER4977.jpg
まだ明るい未来が見えません。
芯どまりされると終わっちゃうから、着果しているのは取らずに置いてます。
もうチャはいないと思うんだけど、ちりちりした葉っぱは、取ったほうがいいのかなあ・・・

それに比べて、売れ残りのはずれ苗だったライムホルンは

今日も元気です
USER4981.jpg

茶色い透明なアブラムシがたまにいますが、なぜか葉っぱの表にだけつくので、すぐにわかります(▼∀▼)ニヤリッ
黒・黄色・緑にはこんな素直なヤツはいません。

グリムス ゴミ分別
関連記事
[ 2014/06/18 09:42 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ゴーヤ近況:虫が目立ってきた

ペッパーの虫とり作業を終えて、ゴーヤだけは今年も順調だなあ、と涼しげな葉っぱに見とれてました。

かなり変則的なことをしてますが、カーテンは完成間近です。
USER4960.jpg
USER4955.jpg


遮光ネットを大々的に使っているので、カーテンとしてのお役目はないよりいいという感じですが、ゴーヤは真夏も元気な大事なお野菜です。

小さいままで2個摘果しました。
   室内からなので、暗いです<(_ _)>
USER4902.jpg

   
    次はこのコ
USER4958.jpg

ここからは大きくなってもらおう。
雌花が多いから、雄花が足りなくなるかもしれないとお気楽なことを考えてたら

見慣れた白いポツポツのある葉っぱが・・・
USER4962.jpg


裏を見ると

黄色アブラー
ハダニ
アザミウマ

丁寧に見ていくと、ハダニ、アザミーはまだ新参のようですが、大きな葉っぱの裏側のほとんどに、アブラーが数匹ずつ贅沢にいるではありませんか!Σ(▼□▼メ)。

今までゴーヤだけは、虫がついたことなかったんです。
たまに味見をするだけのヤツはいましたが、居つくのはいなかった。

今年はベランダの勢力図がいつもと違います。
常連のアザミーが目立たないし、新顔のアブラーは我が物顔、たまに来てたチャは枯れるまで居座るし・・・
コバエも多いような。

どうせいつもと違うのなら、トマトのアレが来なけりゃいいな_(^^;)ゞ。

とりあえずアーリーセーフを大きな葉っぱの裏側に散布しましたが、かなり展開されているので勝てる気がしません orz

もはやテントウムシ様をお待ちするのみ (J-o-)J

6/18 2個受粉

6/19 2個受粉 雄花が1つしかない
     週に2本で十分なのに、つい受粉させてしまう( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!
6/20   +1
6/21   +1
6/22   +1
6/24   +1
グリムス 省エネ
関連記事
[ 2014/06/17 13:45 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

トマト近況:全員試食しました(随時追記)

ようやく一通りのトマトを試食することができました。

こくうまチェリー(赤)
USER4924.jpg

昨年は種まきが遅くて、収穫がサビダニ時期と重なる不運のせいか、普通のミニトマトと思ったのですが、今年は”こくうま”でした。
脇芽にたくさん実をつけさせてしまったせいか、最初の頃の方が味が濃かったですが、今も十分美味しいです。

オレンジ千果(上の写真の黄色)

激ウマというほどではないですが、普通に美味しいです。
酸味はほとんどなく、肉厚で食べやすい。
かなりひどい待遇をしていましたが、めっちゃ丈夫です。
日照時間は短め、アブラー、ハダニ頻発エリアでも、虫も全然つかないし、何回折れても平気 
カラフルになるので、重宝します。

クオールディブエ
USER4860.jpg

栽培としては失敗です。
小さいのしかできなかったし、草勢を弱らせてしまって、矮性トマト並みでした。
でも、お味は濃かった。
トマトではなく桃のような食感で、日本の大玉とは違いました。
軽い酸味でトマトのうま味ぎっしり。

ピンキー
USER4937.jpg
きれいに、たくさん実をつけているのですが、今のところ、あっさり薄味です。
完熟具合がわからないので、室内で追熟させて、色が濃くなってきたものから食べています。
まだ早いのかなあ。

6/17 今日の赤いピンキーは美味しかったです♪。

プチぷよ
USER4944.jpg


外見からして、つやつや。

流通不可能なくらいの柔らかさということで、恐る恐るハサミで収穫しました。
まだ1個なので主人と半分こしましたが、包丁を入れても崩れませんでした。
”赤ちゃんのほっぺのような新食感”といわれても、かじったこともないし、よくわからないんですが、私はグミみたいと思いました。
で、ちゃんと甘い。

きちんとお味見できるのは、まだ先になりそうですが、期待大です。

Mr.浅野のけっさく
USER4942.jpg

きゅうりと青パプリカに守られてるのが浅野さんです。
中玉ですが、最初の1個はミニのLサイズ程度でした。
これ以外は中玉のSぐらいの大きさにはなっています。
背が高く、葉も大きくて場所をとるため、リピはしないつもりでした。
まずいのは嫌だけれど、あまり美味しくても困るなと思ってましたが、困ってます。
美味しいです。

”糖度が高く、極端な節水管理を行わなくても8~9度に安定し、ミニトマトの甘さと大玉トマトの旨みを兼ね揃え、風味豊かで食味は極良。”とのことですが

そうかも・・・
去年は、骨折させた上にサビダニで、特に美味しいとは思わなかったんですが、昨日百貨店で試食した甘いフルティカには十分対抗できます。

まだ開花中の花房を除いて、今着果してるのは6花房ぐらいです。
梅雨明けに撤収のつもりで場所を当てにしていましたが、更新剪定して秋トマトを狙いたくなってきました。

こちらもまだ最初の1個しか食べてないので、追記していきます。
6/19  甘すぎじゃないけど、すっぱいわけじゃない、やさしい甘さ

レジナ
USER4925.jpg

一番びっくりしたのがこれでした。
ほとんど酸味も感じないし、市販のミニトマトや今のうちのピンキーには勝ってるよΣ(- -ノ)ノ エェ!?

といっても、買ったときにもう結実していて、うちで一か月を経過させただけ。
次の花房も育ってこないので、ほったらかしでした。
2Lペットボトルで育てて、液肥を追加したのも1回だけ。

これも最初の一番大きい実を主人と半分コでしたが、先に私が食べてみたら美味しいぞ、いけない、種とってないと、あわてて主人の分から、種をとりました。

ホムセンの肥料がよかったのか、うちでの冷遇がよかったのか謎ですが、この種から育てるのが楽しみになってきました。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/16 08:21 ] トマト | TB(-) | CM(6)

メモ:ベランダ温度(西向き)

(北側)

窓 - 黒遮光ネット(100均) - 野菜- シルバー50%遮光ネット - 壁   
                                          6/14 33~4度
                                             6/15 34度

(ベランダ中心、真西向き、室外機上)
壁  -  すだれ  -   野菜                           6/14 39度
                                            6/15 38度

 6/15 デカチャンプが萎れかけなので、黒遮光を追加したらすぐに33度に下がった


(やや南側)
窓                                             6/14 43度
                                            6/15 42度 

窓 - 野菜 - シルバー50%遮光ネット - 壁                  6/14 36度                                              6/15 33度



ウェザーニュースの現在気温は30度。
温度計の高さは少し違いますが、こんなに差があるなんて・・・(;´▽`A``

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/06/14 17:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)

トマト近況:プチぷよにトマトトーン

最近の天候不順で、雨よけと日よけを同じ日に交代させるような日が続いてましたが、しばらくは梅雨の中休みに入るようですね。
最高気温が高そうなので、このまま夏突入なんじゃ、との疑念も持ってしまいます。

昨日も書きましたが、プチぷよさんへのトマトトーンはさぼっていました。
それでも全部着果してるように思ってたんですが、よく見たら、

  欠けてる
USER4931.jpg

半分以上は着果してますが、少し落ちています。

他のミニトマトはこの時期は100%着果なので、やっぱり自然着果だけに期待するのは無理があるのかもしれません。

上段にいくにつれて1花房あたりの花の数は増えていますが、せっかく咲いた花を落花させるのはもったいない。
ここから暑くなってくるし、トマトトーンしました。

”プチぷよ様は食べさせてくれればそれで上出来”なんて当初は書いてましたが、ここまで来たら、もう1個でもたくさん収穫したいと欲全開になっています。
熱波に負けて、5花房失っちゃったし・・・
1本仕立て推奨の品種なので、大事をとって(どこが?)最初は連続摘芯栽培してましたが、ぐんにゃり事件以来完全放任になっています。
USER4934.jpg

かよわい品種のはずですが、脇芽は他の品種より旺盛に出てきます。
USER4935.jpg

そして風にやられた葉っぱは、大きくなるにつれて丈夫になってくれたのか、減ってきました。
USER4936.jpg

雨にはあてていませんが、熱波でも生き残ってくれたし、今のところ案外強そうです。
脇芽のおかげで、12花房ぐらいは確保できたので、ここからは脇芽をとって芯止めします。

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/06/13 08:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

トマト近況:全員着色しました

今日は主人が出張なので、朝寝のはずが5時に目覚めてしまいました。
これからまた大雨みたいだから、今しかないとベランダ作業をしています。

こくうまチェリーは、一斉に色づいてしまったせいか、当初のころより味が落ちています。
中には極上の葡萄状態の大当たりも混じりますが、区別はつきません。
気にならなかった皮も、少し固いものが出てきました。
柔らかいほうが、美味しいです。

当たり前ですが、完熟して赤が濃いほうが甘いので、室内で追熟させて、色の濃いものから食べてます。

  昨日の収穫(オレンジはオレンジ千果)
USER4888.jpg

支柱の中が見えない茂りっぷりでした。
葉っぱを整理しなくちゃいけないのですが、脇芽放任で、この葉っぱはこの花房にはまだ必要かもと思い出すと、なかなか落とせなくて、今になってしまいました(-_-;)

珍しく虫もつかず、健康に育っていましたが、とうとうこんな葉っぱが出てきました。

   この時期に見たくない色(><)
USER4910.jpg

もう、ほとんどが色づいてるし、今なら整理できるはずだ、と着色した花房の前後の葉をどんどん落としていきました。

 剪定前の写真を撮り忘れましたが、これでもかなりすっきりしました。
USER4911.jpg

  たくさん落としたでしょ。
USER4912.jpg

 こちらはオレンジ千果。
USER4908.jpg

上から見たところ(地這いというか水平栽培に近いことをしています)。 
USER4909.jpg

あまりいい場所ではなく、骨折も多いですが、さすが千果の名を背負ってるだけあって、豊産ですね。
葉っぱもそんなに大きくないので(大きくなる場所がないんだけど)、育てやすいです。
最初の頃より、甘さが増してきました。

 購入苗のMr浅野のけっさく です。
USER4914.jpg
ようやく赤くなりました。
お味見はまだですが、リピはしないと思います。

だってね、葉がとにかく大きいんです。
葉っぱ1枚で50センチあるのもあって、背も高いし、うちのベランダでは、持て余します・・・
それでも育てたいというお味だったらいいなあとは思うんですが(^▽^;)

これはプチぷよ。
USER4918.jpg

雨風に弱いので、風に揺さぶられるとこうなります。
USER4917.jpg

先日の暑さで5花房を失ったので(T_T)、脇芽放任に切り替えましたが、脇芽が大きくなってきました。

  まさかの6本仕立て状態
USER4919.jpg
写真左が、ぐんにゃりしていたところを切った枝です。

案外元気です(´▽`) ホッ。

自然着果しづらいとのことなので、最初の4花房はトマトトーンしましたが、ぐんにゃり事件以来さぼってます。
暑くなってくるだろうし、この脇芽はやったほうがいいでしょうね。

ピンキーです。
USER4913.jpg

ピンクトマトだと思ってましたが、かなり赤くなるようです。

これで全部と思いましたが、レジナを忘れてました。
   
    けっこうキレイなんですが
USER4925.jpg
でも、これ買ってから、新しい花が咲いてないんです。
芯どまりのまま、脇芽も育たないし、枯れもしない。
とことん完熟させてお味を見てから、どうするかを考えます。

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/06/11 08:55 ] トマト | TB(-) | CM(6)

キュウリ近況:ラリーノ収穫

キュウリのことばかり書いてるような気がしますが、ようやくこの日が来ました(^^)

  そこそこ大きくなるコが出てきたので
USER4906.jpg

  収穫♡
USER4924.jpg

”果長9~10cm、果重40~50gで収穫するのがベストです。”

一番長いので9センチ、最初の収穫なのに大きくしすぎたかもしれません。
今日使いたいので、太ったやつは全部収穫しました。

次に来るのは、この写真の真ん中のコだと思います。
USER4907.jpg

真ん中が少し細く、ラリひょん(すくすく水耕栽培様の命名)になろうとしているようです。

新しい花も小さくなってきました。

朝EC2だったものが、翌日には1.7に下がってるし、まだECが低いのかもしれません。
ハダニとアブラーの逆襲も始まっています。
この3本の負担が減ったことで、もうひとがんばり、いえ、もっともっとがんばってほしいです。
(しつこいですが、うちは地下水なので、ECが0.3ぐらい高くなっています)
グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/06/11 08:03 ] キュウリ | TB(-) | CM(0)

ペッパー近況:バナピーが芯どまり

バナピーが大ピンチです。
2本収穫して、4本が肥大中と、一見平和でしたが
USER4898.jpg

チャにやられて、芯どまってしまいました。

  新芽なし(>_<)
USER4897.jpg

USER4896.jpg

経験がないので、どうすればいいのかわからないんですが、強剪定する勇気はなく、チリチリ葉っぱをちぎるだけにしました。


パプリカもチャにやられてチリチリになってますが、まだ芯どまりにはなってません。
でも、時間の問題なのかな(>_<)。

バナピーは、幼苗のときにチャにやられて、摘芯しています。
今年のペッパーはかなり不調です。

お隣のデカチャンプも葉っぱがずっと下向きで危ないし(アブラーだらけでしたが、手動で対応しています)
USER4905.jpg

ホムセンで、安心の大苗コーナーに、つい目がいくこの頃です。
秋には何とか間に合うだろうから、いっそ種まきしちゃおうか、とも思ったり・・・。

アーリーセーフはかけていますが、チャがつくたびに、コロマイトするわけにはいかないし、厄介ですね。
今年は半分あきらめていますが、来年まで持ち越さないようにしなくては。
対策ないけど\(||_ _)/ オテアゲ

グリムス オゾン層
関連記事
[ 2014/06/10 15:12 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

オクラ近況:ツボミだけじゃなかった

USER4889.jpg

オクラは、先日ジャンボ甘長が熱死寸前になったエリアに移動させています。
右は育苗中のタイピンクエッグ。

後ろの黒ネットは、窓からの反射を防ぐためにかけていますが、遮光ネットと一緒に使うとけっこう効果あるみたい。

順調そうだし、液肥追加の必要もないので、ほとんどかまってませんでしたが、たまに葉っぱをめくって、オクラ特有のつぶつぶがついてるのを確認したりはしてました。
USER4894.jpg

今日、記事を書くのに、蕾はないかな?と探したら、あったんです。
5月15日の種まきなのに、いいペースで育ってると喜びましたが・・・

変なヤツまでついてた
   (虫画像です)











今年はいないぞ♪と思ってたのに
USER4890.jpg

 双葉にまでついてた
USER4891.jpg

これ、昨日は絶対にいなかったはずなんです。

近くにあるナスは全部の葉っぱにブラックアアブラーがびっしりで、ゴマをばらまいたみたいになってました。
とても写真に残す気にはならず、手にビニールをはめて、ひたすらつぶしました・・・・・・・・ε-(。_。;)ノ

昨日はナスを収穫しているので、全部の葉っぱに黒いのがびっしりついてたら、絶対に気がつきます。
USER4887.jpg

暴風雨とともに飛んできたんでしょうか・・・。
オクラは手前の株にだけ、ついてました。
まだ後方にまで展開する時間はなかったようです(´▽`) ホッ


ペッパーやキュウリも大変なことになっているのではと思いましたが、今回はオクラ、ナスエリアにだけ飛んできたようです┐( -"-)┌ヤレヤレ...。


トマトは雨に備えてゴミ袋をかけています。
USER4895.jpg

これならアブラーは入って来れないかも。
強風の日は、オクラとペッパーにもかけちゃおうかな、でも面倒すぎです(>_<)


そうそう、これは近くの花屋さんの軒下でひっそりと売られていたオクラです。(5月20日)
2014052009460000.jpg

花が2センチもないのに、ちゃんと実になってるの。
梅雨時は落花ばかりだったので、今回は5月半ばの種まきにしたんですが、なんでこんなにしょぼい株で、日当たりもないのに、結実してるの、ってうらやましくて、写真とっちゃいました。
6月に入ってもまだ売ってました・・同じく小さい花で、結実もしてて。
そういう素敵に丈夫な品種なのかなあ。

グリムス 省エネ
関連記事
[ 2014/06/10 09:33 ] オクラ | TB(-) | CM(4)

キュウリ近況:太ってきた!(追記しました)

ECを上げた効果があったようです。
ラリーノが3本肥大してきました。
USER4881.jpg

夏すずみはECを上げた日に2本が太ってきたので、液肥のせいかどうかは微妙なんですが、昨日待望の脇芽を発見しました。
   
   挿して2代目にできるかな?
USER4883.jpg

とすると、どちらも液肥が薄かったから、不調だったということでしょうか?(虫はいますが)。

野菜がおかしいと思った時は、本やネットを調べますが、当てはまるのはいつも成り疲れなんですよね。
そもそも収穫してないんだから、それだけはないと思っていたけれど・・・

ラリーノは金曜日に19個咲いていましたが、下の終わった花を7個摘みました。
でも今日は25個(以上)は咲いています。

この咲きっぷりはラリーノではいつものことなので、気にしてなかったのですが、こんなペースで普通のキュウリは花が咲かないですよね。
杓子定規に考えすぎていたようです。

チビきゅうりをつけた雌花が一気に2,30も開花って、じゅうぶん疲れますよね。
アブラーやハダニまでお世話してるんだし・・・

改めて、大塚ハウスの推奨濃度を確かめると、キュウリの収穫期~後期はEC1.8~EC2.4でした。

基本的に継ぎ足し方式でやっているので、濃縮が怖くて、どれもEC1.3までで補給していました。
それで0.9に低下していたのなら、今は1.3では低すぎるということですね。
複数栽培しているのなら、濃度を変えて比較してみたいところですが、1株ずつしかないし、うちのベランダにそんな余裕はありません。

たまたま見つけた論文ではキュウリの濃度を0.5前後と低い濃度で管理されていました。
肥料の処方、栽培方法、環境あまりに違いすぎるのですが、ちょっと気にはなります。

現実に不作だし、ECを上げて調子が出てきたので、今日から、ECを2.4を上限としてチビチビと上げていこうと思います。
PHが原因だったら、逆効果かもしれないけれど、これまでやってないことを試さないと、どうしようもないので・・・

それでだめなら、まだ残っているハイポニカを使うのもありかも。

挿していたラリーノの脇芽は、無事に発根しました。

   2代目ができそう♪
USER4885.jpg

来年もラリーノの種子を買うぞーと思わせるように、がんばってほしいです。

みなさんは収穫期のキュウリの濃度はいくらで栽培されていますか?

6/10  ラリーノのECが1.3に下がってました。
夏すずみ(今は1本だけ肥大中)はEC1.7のままです。
花だらけの上に、肥大を始めているので、ラリーノはEC1.7程度ではご不満みたい。
(うちは地下水のECが高いので、普通のおうちより高めに出ます)
濃縮液を足して、ECを2.0に上げました。
自動補給は1.8のままです。

6/11    EC1.7  らりひょんも出ているので、まだ低いか・・
       2.1程度にあげ
グリムス  ゴミ分別
関連記事
[ 2014/06/09 08:30 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:ちりちりパプリカ

ペッパー達の中でも、初めて栽培するパプリカのガブリエルには、一番期待してました。
順調に育っているはずでしたが・・・
赤ガブリエルの新芽が縮れだらけになっていることに、5月26日に気が付きました。

USER4869.jpg

アザミーかチャか・・・

今年は熱波のせいか、他の勢力に負けたか、アザミーはかなり少ないです。
おそらくチャだろうと、アーリーセーフをせっせとかけ続けて、これでもちょっとマシになったんです。
一番新しい葉っぱが縮れてないでしょ(^-^;

このまま安定してくれて、立ち直れるほうに賭けるか、大剪定して出直したほうがいいのか迷い中ですo(´^`)o 。

場所の都合で、赤・黄を並べてたんですが、黄色はすくすくと大きくなっていきました。
第3節の花も無事に着果しています。
USER4871.jpg

がっ

こっちにも来たみたいΣ(|||▽||| )。

USER4873.jpg

もう、アーリーセーフだけが頼りっ、とばかりに毎朝かけています(やりすぎ?)

5月18日に購入したパプリカのライムホルンは、先輩のガブリエルと比べるとあまりに貧弱で、買ったことを後悔していました。
場所が切迫してきたら、リストラ候補ナンバー1でしたが、ここ1週間で、薄かった葉の色が濃くなり、ひょろひょろというよりは、すっきりとしたいい立ち姿になってきました。
 
 5/18
USER4692.jpg
          

  6/6  いい感じでしょ
USER4874.jpg

そんなに大きくなってはいませんが、体質改善成功という感じです。
私に摘果の手間を取らせず、自主的に落花してくれてますし(><)
USER4875.jpg

これならガブリエル赤より希望が持てるかも・・・アブラーがちょびっといたけど。

  グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/06 16:30 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

キュウリ近況:ECが低い!

先日、夏すずみが太らないという記事水耕野菜生活、イイネ!のbigtomatoさんから”責任は持てないけど、一度ガツンと液肥濃度を濃くしたら ダメかなあ・・EC2くらいに・・。”とのコメントをいただきました。
ECを測ってみたら1.3程度でしたが、その翌日に太りだしたので、そのままにしていました。

でも、ラリーノは20個も花が咲いて脇芽も出ているから、普通の濃度では薄いかもしれない。
現実に育ってないんだし、ここはECをあげちゃえ、とまずは現在のECを測ってみたら

0.9でした。

うちは地下水でお水のECが高いので、実質0.6くらいになります。

これでキュウリになれ、というほうが無茶ですね(≧≦) ゴメンヨー

ガツンとEC1.8でやってみます。
それでだめなら、摘果します。

キュウリだけ特別扱いしているわけではないので、他の野菜もヤバイぞとチェックしましたが、どれも1.5前後でした。

基本的に雨の入らないエリアですが、カゴ&トレイ方式に近い育て方をしているので、横殴りの雨で薄まったのかなあ?
もしくは私がお水だけを入れたときがあったのか・・

キュウリだけは、マメにECチェックすることにします。

メモ)6/6 夕 夏すずみ2本が太ってきた
         ラリーノの下方の7つを摘果

    6/7  EC1.8
        夏すずみ肥大中、ラリーノかわらず
    
    6/8  EC1.7になってた
        ラリーノ、2,3つが太ってきたような気がする(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!
グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/06/06 07:31 ] キュウリ | TB(-) | CM(4)

キュウリ近況:ラリーノ摘み放題?

もう、花だらけです。
栽培のたびにラリーノが太らなーいとグチグチ書いてましたが、その後太りだしてくれるので、おまじないを兼ねて、また記事にします

USER4863.jpg

ぱっと数えて19個だから、もうちょいあるかも。
自慢でも喜んでるわけでも、ありません。
野菜栽培の場合、最初の花は感激するけれど、花だけで終わられると、敗北感というか、残念な気持ちに満たされます。

もう私の身長を超えてるし、葉っぱも大きい。
今年は日当たりも株間も、これまでよりずっといい。
アブラーはほとんど退治した。

  花の後ろは盲点だったけど・・・このくらい許容範囲でしょ(もういないけど)
USER4862.jpg

太りそうなやつは、なんとなくわかるつもりなんですが、やってくれそうな花がないような気がします。
下の花は枯れてきたけれど、やる気を感じない。
USER4864.jpg

過去記事を見ると

  摘芯したら太り始めた
  花を20個つんだら太り始めた
  開花3週間後に太り始めた
  今まで軽く100以上の無駄花を咲かせないとだめでした。

うーん、ハードル高いですね。

摘芯はもう済ませました。
(主枝型で、脇芽が出にくい品種なので、マネしないほうがいいです)
花20個かあ・・・10節までは無条件に摘んでたけど、それはこれまでもやってるから、今咲いてるのを全部摘めってことですね(><)

ミニキュウリとはいえ、何で一斉に咲いちゃうの?

房なりだから、今の花を摘んでも、まだ節ごとに蕾は4つは控えています。
でも100というと、そのチビ蕾まで全部だめってこと?

USER4865.jpg

やっぱり咲いてるのを摘むしかないか・・・

ラリーノにしては、あまりに大きい花がバンバン咲いてるので、どれかが太ってくれるかもしれないと摘めずにいます。
各節の一番花を摘むと考えたらいいのでしょうか。

みなさんなら、どうされますか?
どなたか優柔不断な背中を蹴飛ばしてくださいo(・_・θキック

脇芽が2本あったので、1本は挿しています。
USER4868.jpg

なんだかんだいっても、ラリーノを気に入っているのかな。
うどんこになったこともないしね。

とにかくコンスタントに収穫というのを、ラリーノでやってみたいんです(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪。
(他の方はできてますよ、私が下手なんであって、ラリーノのせいじゃないです)

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/05 08:59 ] キュウリ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:室外機上のペッパーが虫だらけ

普通にペッパー近況を書こうと、写真を撮りにベランダに出たら、それどころじゃなくなりました。

室外機上という過酷な場所に配置している、デカチャンプ(左)とバナピー(右)
USER4848.jpg

ちょっと新芽が縮れてるでしょ。
よく見たら、極小の点が少しついてました。

肉眼では全然わからないので、拡大
USER4849.jpg

アブラーかチャかよくわかりません。
チャなら、点にも見えないと思ってましたが、どっちなんでしょう?

アブラーなら親がいるはず。
捜索開始!

これは同じエリアにある別のデカチャンプ
USER4855.jpg

ここがアブラー天国になってました。
ほとんどの葉っぱにブラックアブラーがびっしりです{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~。

アブラーは全部裏についてて、気が付かなかったのですが、表面にこんな葉っぱがありました。

USER4853.jpg

生き物じゃないみたいですが、これは何でしょう?


株元に押し込んでいるバジルは元気です。
USER4852.jpg
アブラーはバジルより、ペッパーがお好みなんでしょうか。
バジルについたら食べる気なくなるから、移動させようかな・・・

アブラーは薬で解決できそうな数ではなかったので、戦いました((( ̄へ ̄井) フンッ
50度スプレーの後、手にビニール袋(ゴムではない)をはめて、さーっとふきふきが最近のやり方です。

きゅうりへの攻撃がマシになったと思ったら、隣のペッパーに集団で引っ越してきたみたいです。

これまでは虫といえば、アザミウマに悩まされ続けていましたが、今年はアブラーが優勢です。
チャも来てるし。
なんだか去年より大変になってるような(><)

先日、野良テントウムシを見つけた時に、お迎えしようか迷いましたが、今はアブラーはほとんどいないから可哀そうだなと・・とんでもない考え違いをしてしまいました。

そう簡単にいなくなるはずないですよね orz。
次の出会いはあるのでしょうか

グリムス  リサイクル
関連記事
[ 2014/06/04 09:51 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

トマト近況:購入苗がピンチ

昨日の2時ごろ、ベランダの気温をチェックしようと出てみたら

プチぷよと浅野さんが

   こんなことに(|||_|||)
USER4834.jpg

よく見たら、全枯れじゃなく、どちらも先端の一部だけでした。
またお日様の当たり所が悪かったの???

とにかく、大急ぎで室内避難させました。

ペッパーなら、ここから10分ぐらいで立ち直ってくれてたんですが、戻りませんでした。
水枯れでもなく、水温は冷たいし、根っこも大丈夫。
夜は外の方が涼しいので、外に戻して、朝に望みを託しましたが

あかんかった
USER4836.jpg

萎れたのは浅野さんは2花房ぐらい。
プチぷよさんは5花房ぐらいですが、プチぷよさんは初のダブル花房がやられました orz
元気なところのほうが多いので、これだけでおさまることを願うしかありません(T_T)。

USER4838.jpg

一方、別のエリアにあるピンキーさんは、異常なし(´▽`) ホッ
たまたまこのコだけ、発泡スチロールではなく、ゴミ箱という待遇を受けてるんですが

  めっちゃ元気
USER4843.jpg
  シングル
USER4847.jpg
  ダブル
USER4845.jpg
 トリプル
USER4846.jpg

こくうまチェリーが脇芽放任でも甘かったので、ここからは日当たりに影響がない範囲で放任します。
梅雨入りしそうだし、着果できるのも後一か月程度ですから。


原因不明なのが、かなりイヤですが、ベランダは昨日もかなりの高温でした。
ピンキーも一番上の葉っぱがちょっと焦げてます。
これからは様子なんて見てないで、30度超えの日は朝から遮光ネット必須ということにします。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/06/03 10:44 ] トマト | TB(-) | CM(7)

きゅうり:夏すずみをようやく収穫、ラリーノは摘芯

先日の記事で大きさを観察していたきゅうりは31日に無事収穫できました。

   隣の曲がり果も一緒に
USER4808.jpg
ざるの直径は20センチです。

今朝、後続がいきなり育ってました(ノ´▽`)ノオオオオッ♪。
USER4827.jpg

やっぱり一回に一本しか大きくできないのかな?
でもきゅうりは一度に何本も食べるもんじゃないので、このペースで太ってくれるのなら、上出来です。
なぜかまだ脇芽が出てこないので、挿し芽をつくれませんし、雌花が小っちゃくなってきたような。
何かを訴えてるんだろうけど、キャッチできない(><)
アブラー軍団は9割以上は退治したけれど、暑いのかな・・・うん、暑いよね、そりゃ。

そして、ラリーノ(4月15日種まき)をさきほど摘芯しました。

もう上段にあるトマトにも巻きついて、ぐちゃぐちゃです。
USER4829.jpg

主枝型で脇芽が出にくい品種だから、折り返すべきか摘芯か迷いましたが、脇芽があったんです!
それも2本も。
USER4832.jpg
このどちらかが主枝交代してくれるほうに、賭けてみます (/>_<)/ エイヤッ

ラリーノは5月30日から、一気に開花しています。(それまでは摘蕾)
写真にない部分も房なりで花だらけになってますが、ここから太ってくれないのがいつものうちのラリーノです(+_+)
何度、がっかりしてきたことか・・・

でも花がばかでかいのが、例年と違います。
摘芯もしたし、今年のコは違うかも、やってくれるかも、とまた淡い期待を抱いています。

グリムス オゾン層

関連記事
[ 2014/06/02 08:52 ] キュウリ | TB(-) | CM(10)

ゴーヤ近況:小づるが伸びてきました

昨日は出かけていたので、日中の温度を見れていないですが、4時に45度、5時に40度、6時に30度だったかな・・・
梅雨明けどころか梅雨入りもしてないのに、こんなの早い、早すぎるよ。
対応を真夏モードに切り替えないと、全員枯らしてしまいそうです(-_-;)

そんな中ゴーヤは案外順調です。
本来はゴーヤが日よけになるべきですが、今年はパプリカやトマトがゴーヤの前に陣取っているので、まだ直射日光が当たらないのです。

小づるも、孫づるも順調に育っていて
USER4822.jpg

まだスカスカですが、子づるが3本上に伸びています。
これは雄花
USER4821.jpg

そして雌花も咲く
USER4826.jpg

今年のデリシャスゴーヤは、本当に雌花がよくつきます。
これが本当で、今までのが少なかったのかなあ?

せっかくペアで咲いたんだしと、受粉させてしまいました。
というと、初めてのようですが、2回目です。

まだカーテンというには程遠いし、これから大急ぎで育ってもらわないといけないのに、やってはいけないことです。
茂り具合と相談しながら摘果になっちゃうだろうなあ(><)

グリムス 地球温暖化

関連記事
[ 2014/06/02 08:27 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(0)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。