いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

トマト近況:処分候補が開花しちゃった

先日、仕立て直した処分保留トマトは、簡易温室に不織布カーテンをかけただけで、外に放置してました。

P1070630.jpg

たまに、下をぺろっとめくって、給水するだけ``r(^^;)ポリポリ。

今日、脇芽チェックをかねて出してみたら、支柱の天辺を超えて、花まで咲いてた。

  こくうまチェリーです
P1070626.jpg


そして、蕾が立ち枯れるだけだから、あきらめて次代に期待するかと思いかけてた牛臓さんも
  
P1070622.jpg

もうちょっと待った方がいいよと言わんばかりに、蕾がふくらんできました。

どちらも第一花房ではないのは、確かです。

前回チェックから2週間放置してたことになりますが、どちらも支柱を無視して大きくなっちゃった・・・当たり前ですが。

それでは困るので、おっかなびっくりで、無理やりぐるぐる巻き仕立てにしました。

 こくうまチェリー
P1070621.jpg

 クオールディブエ
P1070625.jpg

これでもかなり葉っぱを落としたり、脇芽をとったんですが、トマトの成長はスイッチが入ると早いですね。

メインのはずの挿し芽トマトは、過保護すぎたか徒長がひどいので、元々の予定通りに、こちらを本隊にしていいかもと、と思ってきました。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/03/28 11:00 ] トマト | TB(-) | CM(11)

えんどう近況:ツタンカーメンな砂糖えんどう

砂糖えんどうグループには、幸いなことに、まだうどんこが来ていません。
P1070613.jpg

かわいい赤い花を咲かせて、結実も早い良い子なんですが、さやがほんのりと赤くなってるのがあるんです。
P1070614.jpg

全部で4つぐらいで、ごく一部なんですが、茎は緑だし、葉っぱも元気。
寒さにやられて赤くなったのではないみたい。

これは購入種を種まきしたものですが、ツタンカーメンえんどうと交配したのでも、混じっていたのかな?

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/25 09:21 ] マメ | TB(-) | CM(8)

えんどう近況:もうウドンコが来た

サラダスナップは今がピークと楽しみにしているのに
P1070611.jpg


下の方にこんな葉が・・・
P1070612.jpg


密植させすぎたか・・orz

まだお試し程度の収穫しかしていません。
うどんこって、収穫後半になってお疲れが出たころに来ると決めつけてましたが早いなあ・・・
えんどうにウドンコがとりついたのは、昨年は4月4日、一昨年は4月13日でした。

そして今年は発見したのが3月23日・・それも気が付いてなかった可能性大なので、もう少し前かも。

年々早くなってるじゃん( ̄▽ ̄;)!!ガーン

早速カリグリーンを散布しました。

他のえんどうには、まだうどんこは出ていないようですが、見落としている可能性も大きいので、予防効果はないとはいえ念のために散布しておきました。

あ~あ・・・

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/24 10:06 ] マメ | TB(-) | CM(2)

トウガラシ近況:甘とう美人をチャで撤収

3月3日にチャのホコリダニ疑惑で、甘とう美人を、ほぼ丸刈りにしました。
新芽が順調に出て、ここまで回復しました。
全部の新芽に蕾がついています。

USER2460.jpg

でも葉っぱがぜーんぶ縮れている。

   こんなんばっかり
USER2464.jpg


蕾だらけはいいけれど、これは変すぎです。
病気じゃないとしたら、全部の葉っぱにチャがいるってこと???

時々ルーペで、イヤイヤ見てはいたんですが、わかりませんでした。

でもなあとデジカメの顕微鏡モードをルーペ代わりにした見たら、いました・・・どの葉っぱにも。

USER2454.jpg.
USER2452.jpg

すごいスピードで走り回っています。

もっとクリアに見えているのですが、私が撮ると、どうしてこうボケちゃうんだろう・・orz

またハゲにするという手もあるのかもしれませんが、あきらめました。

同じようにチャに先端を枯らされて摘芯した、育苗中のペッパー達
USER2465.jpg

こちらはまだ無事のようなんです。
甘とう美が大量の新芽を出して、ごちそうだらけになったので、しょぼい幼苗は後回しになっていると信じたい。
一応アーリーセーフは散布しました。

そしてまだ双葉がそろったばかりのグループ。
USER2466.jpg

このコ達は守りたいです。
甘とう美人の犠牲がむくわれますように(;人;)。

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/19 10:25 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

トマト近況:徒長してます

1月中旬に、徒長苗を見限って、摘芯して頂点を挿したトマトが、こんなに大きくなりました。

・・・・ごめんなさいウソです。

さし芽失敗に備えて、処分を保留していた徒長苗が、急に元気になってしまいました。
何で今になってと迷っているうちに、気が付いたら、脇芽もたくさん出ちゃって、処分できないレベルに育ってました。

とりあえずは、牛臓さんは2本仕立て

P1070583.jpg

こくうまチェリーは3本仕立てに無理やり仕立てています。
P1070585.jpg

どちらも蕾がついて久しいですが、まだ花を咲かせる気はなさそうです。


こちらが、挿し芽したトマト達です。
日光浴をさせやすいように、衣装ケースに入れっぱなしにしています。

左上 牛臓さん
上中央 オレンジ千果
左下 こくうまチェリー

P1070587.jpg

まだひょろひょろです。
もうスポンジだけでは支えきれないので、今日、穴鉢に植え替えました。

今朝の、簡易温室は2度程度でした。
昨日の日中はビニールをあけてても40度近くあったので、まだまだ温度差が激しすぎますね。
最低気温は低い日が続くようですが、親トマトだけでも、お彼岸過ぎたら、出しっぱなしにしたいです。

追記)今日はビニールをあけても、西日直射の上段は50度まで上がっていました。
   あわててイチゴを下の段にお引越しさせました(><)

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/16 11:45 ] トマト | TB(-) | CM(8)

大物アブラナ科近況:大間違い(これも間違いかも、追記していきます)

園芸でちょこっと科学の菜花の「チーマディラーパ」と、かき菜の「さちうら」。どっちがどっち?の記事を読んで、ほんとにそっくりでわからないよねーと、改めてうちの株を見てみました。

ずらしまきした、まだ収穫期に入っていないチーマディラーパグループをよく見たら

んっ?、端にある小さ目の株の葉が違うよ?
USER1756.jpg

ぜーんぜん、違う。
USER1759.jpg

とすると、左の丸っこい葉がカキナでいいようです。

でも、カキナグループと思っていたエリアには1株しか丸い葉がないんです!!!。
つまりカキナはたったの2株で、残りは全部チーマディラーパ(9株もある)ということになります。
そりゃ、どれも似てるはずです・・・。

虫や水切れで、ダメになった株を処分する際に、ぐちゃぐちゃに混ぜてしまったようです。

自分では、ほぼ正確に選り分けたつもりだったんですが、ありえないくらいのデタラメでした。
密植ゆえに葉っぱが入り乱れてるし、花芽が出てない株は全然気にしてなかったみたい(^^;。

チーマディラーパ
USER1619.jpg


カキナと思われる株
USER1757.jpg

全然違いますね orz



追記)
ギザ葉の花蕾で、甘いのとほろにがが混じっていました。
まだ取り違えているのかもしれません。
収穫時期は、あと1,2週間かかりそうなので、その頃お味を比べて、追記します<(_ _)>


地球温暖化
関連記事
[ 2014/03/10 10:51 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

トウガラシ近況:お湯になってた

加温に使っているヨーグルティアの設定温度可能は25~65度です。

双葉が開いてきたので、夜温を下げようと25度に落としたつもりが、朝触ってみた妙に熱い。
おかしーなー、と温度を確かめたら65度設定になってました(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

就寝前に適当にやったので、おそらく25度からもうワンプッシュしたんでしょうね。
素直に電源切っときゃよかった・・・

発芽にヨーグルティアを使う方は、ほとんどいないとは思いますが、お気を付けくださいませ。
一晩とはいえ、幼苗なのにひどいことをしてしまいました。
2ミリぐらい茎が伸びたような気がしますが、成長期ということにしておこう。

   たぶん元気
USER1755.jpg

右がデカチャンプ、左から2列がカレイドスコープです。
後から発根したカレイドスコープも双葉が見えてきました。

そして、チャ対策にアーリーセーフをかけてから1週間たちました。
心配だった薬負けは大丈夫だったようです。
USER1754.jpg

チャにやられた頂芽は摘みましたが、側枝が出てきました。
(この摘芯は日付を控えるのを忘れていますが、2週間くらい前だと思います)

USER1751.jpg

ここから主枝として育ってくれればいのですが。

ルーペで見たらチャと確認できるのはなかったですが、小さい透明な丸い玉が1つありました。
1週間たったし、2度目の散布をします。
ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/07 10:10 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

えんどう近況:サラダスナップが着果

2/10に開花したサラダスナップが、ようやく着果してくれました。

USER1623.jpg

ゴミ箱にたぶん3株くらいです。

USER1626.jpg  USER1627.jpg

さすがは極早生、他のえんどうはまだ開花がはじまったばかりですが、これは下からどんどん花をつけてくれています。

一昨年ホームセンターで少量の種をお試しで買ったものですが、みかど協和育成と書いていたので、たぶんニムラサラダスナップだと思います。
この品種は冷害もなかったし、夏まきもアリみたいだから、来年もリピしよう。

ワード エコマーク

関連記事
[ 2014/03/05 08:31 ] マメ | TB(-) | CM(6)

チーマディラーパ近況:お味見

春を感じてくれているのか、チーマディラーパの脇芽が伸びてくるのが、早いです。
USER1619.jpg

花が咲いたら、慌てて、そこそこの大きさをまとめて収穫を繰り返しています。
USER1622.jpg

”ほろ苦さと、辛味、ナッツに似た風味を持ちます。菜の花、からし菜、ルッコラをあわせたような不思議な野菜”、というお味を一応確認できました。

確かにそういう言い方もできるのかな(^-^;。

コク苦な、お味です。
ピーナッツのコクッとする感じが、かすかにあります。
水切れを散々させているので、ちゃんと育てていたら、もっと美味しくなったかもしれませんね。

種をくださった園芸でちょこっと科学のともこさんは

”美味しい。ほろにが味。オトナ味。ふわ~っと菜の香りがいたします。”
と表現されました。

大人味、そうなんです。
見かけはセニョールさんですが、くせのあるお味なので、菜の花が苦手な子供には無理かもしれません。
セニョールさん程は場所はとらないけれど、次々に花蕾が上がって収量は多いので、狭いベランダでは育てやすいです。

そうそう、うどんこは、被害葉(人災だけど)を取って、保温ビニールを取って、少し株間をあけたら、すぐになくなりました。
アブラナ科のうどんこは、素直でいいですね(^^;

追記メモ)
主に食材な忘備録のduckbillさんの記事を見て、育苗中のナス科野菜を外デビューさせてみました。
14時すぎでベランダの温度が28度、不織布のカーテンをつけた簡易温室は30度あります( ▽|||)サー。

16:48 外気15度、簡易温室は18度

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/03/04 13:58 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

トウガラシ属近況:たぶんチャがいる

一昨年にカレイドスコープを苗から栽培しましたが、フルーツ唐辛子とは、ほど遠い激辛なものができました。

うちの酷暑のベランダではだめなんだと思ってましたが、ネットショップのクチコミを見ると、他の方々も辛かったそうです。


でも、去年青山のマーケットでpeppers.jpさんから買ったカレイドスコープは美味しかった!
やっぱり栽培したいと、早速食べまき=発芽テストしてみたのですが、一つも発芽しませんでした(><)。

そして2月に入ってから、ダメもとで種まきしました。

3週間で1粒だけ発根しかけたのがあったんですが、そのまま根っこが伸びずに枯れちゃいました(><)
そこから1週間後にも1粒発根したものの、まだ根が伸びません(><)

カレイドスコープはダメっぽいので、かわりにと2週間遅れで種まきしたピーマンのデカチャンプはもう双葉が見えかけています。

最後の手段として、ヨーグルティアの温度を33度ぐらいに上げてみました。
そうすると翌日から、次々に発根してきました♪
P1070558.jpg

今は35度に設定しています。
密閉してませんから、中の温度は33度程度です。

発根はクリアしたものの、ここから育ってもらうのに日照を確保しながら30度以上のキープは、この時期ではほぼ無理なような気もします。

あと少し種が残っているので、これでダメでも、暖かくなってから最後のチャレンジをします。


と喜んだものの、先発のペッパー隊に大問題が発生。
P1070554.jpg


こんなふうに、新芽が黒くなって枯れていきます。
考えないふりをしてましたが、被害は広がるばかり。
観念してルーペであちこち捜索しましたが、何もいないようです。
ほっとして捜索を打ち切ろうとしたら、どうみてもダニとしか見えないモノが動いているのを見つけてしまいました。
肉眼では全くわかりません。
不調の原因は病気でも寒さでもなく、こいつのせいでしょう orz

今からコロマイトを使う気にもならず、アーリーセーフをかけておきました。
幼苗期には使用を避けるようにと書いてましたが、こうなっては他に手段がありません。
たっぷりかけて、これで様子を見てみます。

でも、こんなのが居ついてるんじゃ、これからの育苗が危ぶまれます(><)

そして冬用に室内栽培していたの甘とう美人は、こんな姿になっています。
P1070559.jpg

順調に収穫させてくれていたのですが、パタっと開花のとまる時期が来ました。
さすがにお疲れだから剪定して休んでもらおうとみてみたら、1枚だけアザミーにやられている葉っぱがありました。
新芽も縮れっぽいのが多いので、葉っぱ1.5枚を残して、大剪定しました。
やりすぎは承知ですが、ちょっとでも怪しい葉を落としてると、こうなっちゃった(^▽^;)

でも、なんとか新芽がでてきました。
P1070557.jpg


今になって思えば、アザミーは確かにいたのですが、新芽の縮れの犯人はチャだったのでしょう。
秋に外に出していたので、こちらにとりついていたのなら、今室内にいるのも納得できます。

チャの好物の新芽だらけとなった甘とう美人にもアーリーセーフをかけておきました。

これでおさまりますように (m。_。)m オネガイシマス

メモ)3/4 カレイドスコープがもう8つ発根しました。
      十分すぎるので、これで催芽は終了します。 

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/03 09:59 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

プチヴェール近況:寒すぎたみたい

撤収するためにプチヴェールを室内に入れたものの、やっぱり保管場所に困ってしまって、1株だけ全部収穫して、2株は室内においてました。

液肥は撤収時に入っていたままで、まだ追加はしていません。

それでも室内の暖かさ(といっても大抵20度ないけど)で、新芽が育ってきました。

びっくりしたんですが、その新芽が柔らかくて、色まで優しいんです。

  上と下の色が全然違うでしょ
USER1603.jpg

これまでのうちのプチヴェールは寒さで赤っぽくなったり、濃いめの緑で固い葉っぱだったんですが、きれいな黄緑色になってきました。

ベランダとはいえ、氷点下になることも多いので、プチヴェールには寒すぎたんでしょうね。
固く縮こまって、がんばってたんだあ。

そして、ふんわりとトウ立ちしちゃいました。
USER1601.jpg

とうだちしてきたから、色が変わってきたってわけじゃなくて、室内に入れて暖かくなったからだと思います。

だってね、外に放置していた去年のトウダチは3月になってからで、こんなんだもの。

   ごわごわ
P1060708.jpg

寒さにあてたほうが美味しいといったって、マイナス温度はお好みじゃないですよね・・・
美味しいんですが、もっと柔らかければもっといい(*^.^*)
ちゃんと保温してあげたら、売ってるプチヴェールに近づけたかもしれません。
来年は、葉かきをしてスリムになったら、夜だけでも室内にいれることにします。

  ちゃんとトウは摘みました(^^)
USER1605.jpg

そして、とりあえずの収穫。
USER1608.jpg
USER1606.jpg

これでも、まだこんなに残ってます。
USER1609.jpg

ありがたいことですが、やっぱりうちは2株で十分すぎるみたいです(^▽^;)

なぜ3株もあるかというと、ホムセンでうっかり葉を1枚折っちゃったから・・・(><)

プチヴェールは苗から育てるしかないので、良苗をゲットすることが重要なんですが、とても折れやすいです。
お気をつけくださいませ。

メモ)3/3 全部撤収
      室内にいれてからできた、プチヴェールも、柔らかでした。
      ほんと、寒すぎるのはダメなんですね。

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/01 09:01 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(0)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)