いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

えんどう近況

ホームセンターのチラシがまぶしい季節になりました。
イチゴ苗の誘惑には今年は耐えたけれど、夏野菜は自信ないなあ。
IMGP0073.jpg

ナス(千両2号)68円、きゅうり(さつきみどり)68円、桃太郎68円・・・(゜~゜)ふぅぅぅん

ナスはまだ本葉が2枚で全然大きくならないし、きゅうりに至っては、昨日ようやく双葉が開いたばかりなので、足を踏み入れたら最後、手ぶらで帰るのはむずかしそう。

行きますけどね(^▽^;)。

さて春野菜のアンカーのエンドウさんですが、順調だったサラダスナップが、ちょっと変です。

これはまだいいんですが、
IMGP0067.jpg

こちらはパタっと成長をとめています。
IMGP0068.jpg

咲いた分は実になりましたが、まだ天辺までゆとりがあるのに、花が咲かないし、上にのびなくなっちゃった。

ECを測ってみたら、1.9でした。
普通なら高いんですが、うちは地下水を使っていて、もともとの水のECが高いんです。
だからECが普通より0.3~0.4は高いという水耕栽培には向いてないお水です
許容範囲とは思いますが、一応全量交換してみました。

他のエンドウ達も似たような数値でしたが、元気そうです。
これからの追加はちょっと薄めにしてみよう。

砂糖エンドウ
IMGP0069.jpg

赤いお花がいっぱいで、絹さやだから結実も早くて、今一番楽しみにしています。
株数はそんなにないのに、脇芽が旺盛のようで、密集状態です。
来年は、これはもっとゆとりをもって種まきしなくてはφ(.. )メモ


つるありスナップ
IMGP0072.jpg

遅れを取っていましたが、どんどん花がさいて結実してきています。
結局これが一番収穫数が多くなるかも。

スナップえんどう幸姫
IMGP0070.jpg

まあまあ咲いてるんですが、結実するのが遅いような気がしています。
これも全量交換しておきました。

ハモグリ嫌さに、ネットをかぶせていますが、いきなりウリハムシみたいなのがネットに降りてきました。
写真とろうとしたら、逃げられちゃった。
まさかキュウリの双葉がお目当てだったということもないでしょうが、虫も準備万端のようですね(^-^;

間もなく4月。
GWまでには夏野菜に場所を譲ってもらうつもりだったけれど、悩ましいです。
地球温暖化
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/29 11:44 ] マメ | TB(-) | CM(12)

トマトの側枝2本仕立て近況 ー花芽がつきました

側枝からは本葉7枚程度で花芽がつくということでしたが、ラブリーさくらは7.5枚になっています。

じゃあ、そろそろ出てきて!、と覗き込んだら、ありました!

   3つしかわからないけど(^^;)
IMGP0052.jpg


花芽のついた第2葉からの側枝です(右下に摘芯跡があります)
IMGP0053.jpg

花芽までは12センチ程度です。

摘芯したトマト達は、どれも小さすぎるぐらいで、徒長してないんですΣ(='□'=)ウッソー!?
この位置から第1花房がついてくれると、超ありがたいけれど、ちょっと低すぎるような・・
ラブリーさくらは節間も長く、今までは徒長させてばかりで、花芽まで軽く30センチはあったんですよ。

第1葉からの側枝は、どれも本葉が1枚ぐらい少なくて、第2葉からのほうが元気です。
だから第3葉まで残しての摘芯が推奨されてるのかな?

千果ちゃんだけは、20日に第3葉で摘芯していますが、まだ脇芽が出てきたばかりです。
P1060824.jpg

この場合は2,3葉からの側枝を残すようにとのことでしたが、これもどうなるか楽しみです(*^o^*)。 
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/27 13:10 ] トマト | TB(-) | CM(10)

ミニにんじんを収穫しました

semireyさん(時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培)のミニ人参、ハダニ大発生で収穫することにした!という記事を見て、うちもサビダニ以外のベランダの常連は出てきているのに、放置しすぎてた、とあわててチェックしました。

種まきは10月25日なので、ほったらかしすぎですね。
ありがたいことに、ハダニもアザミーも見当たりません。
ベランダはマイナス7度まで行ってたから、みんな室内に来てるのかも(・"・;) ウッ

でも虫だらけになるのも時間の問題だろうから、まずベビーキャロットを収穫しました。

  2Lペットボトルにぎっしりでした
IMGP0038.jpg

葉っぱをたくさん欲しいからと間引きをさぼってたんですが、こういうのってきちんと間引いて、数本だけ育てたら、人参は大きく、葉っぱもたくさん茂ってくれるんでしょうか?

 これはまだ残しているピッコロ
IMGP0041.jpg

急に寒くなっちゃったから、もうちょっと後でも大丈夫かな?

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/27 08:56 ] 人参 | TB(-) | CM(2)

白ナスの開花とアザミー

昨日、短花柱花ほぼ確定 と書いた白ナスがもう開きかけてました。
   
 長花柱花だ!
IMGP0042.jpg

花は小さいし、形も悪そうだけど、去年ベランダでも短花柱花しかできなかったのに・・・。
冬の室内育ちで、ちゃんと咲くなんて、なんだか複雑です(Θ_Θ;)ウーン 。
  
  夏用に育苗してるのは、まだこんなんだし、虫もいるみたいなのに
 IMGP0044.jpg

とうがらしにチャノホコリダニがいたので、当然ナスにもいるはずだ、と探したんですが、コイツしかいないようです。
   
    目が・・・ 
IMGP0037.jpg

肉眼では点にしか見えないなんですが、食害跡がアザミーにぴったりなので、私がアザミウマと決めつけていたものがコレです。
羽はないけど、幼虫ですよね?
アザミーは後、黒いタイプもいるんです(><)

とにかくアザミーが一番イヤ!だったんですが、サビダニ、チャノホコリダニよりは肉眼で見えるだけマシなのかも・・・

追記)
ひょっとして、幼虫が黄色っぽい色で、成虫が黒なのでしょうか?。


地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/26 07:49 ] ナス | TB(-) | CM(4)

とうがらしが病気っぽい

とうがらし苗の中で、伏見と黄とうがらしに、すご~く嫌な感じの葉っぱが・・・

生長点近くの葉っぱの色が抜けてきています。

IMGP0025.jpg

IMGP0023.jpg

一応、隔離していますが、モザイク病でしょうか。
アブラーは絶対いないのですが、だから大丈夫ってわけでもないだろうし。
ダニっぽいのはいたことがあるので、一応カダンセーフをかけておきました。

怪しいのはそれぞれ2枚ずつなので、葉はとって隔離しています。
広がるようなら、処分ですよね。
生理障害の希望も持ってるんですが、この2株は予備苗作ってないのになあ


追記

どうしてもキレイに撮れないんですが、拡大したら葉の表側に茶色のダニがいるのがわかりました。
チャノホコリダニですよね・・コイツのせいかな。

IMGP0035.jpg





地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/25 13:37 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

カメラ買いました

といっても、基本的に押すだけしかできず、予算もないので普通のデジカメです(^-^;
接写が簡単なものを希望でした。

以前、主に食材な備忘録のdickbill師匠のサビダニがコンデジのマクロ撮影で写るゾ!という記事にあったリコーのカメラと同じシリーズで欲しかったんですが、もう生産終了になってました。

他で私でも使える接写に向くものといっても、メカ音痴でさっぱりわかりませんし、予算(15000円)の壁もあります。
ぐぐってみたら顕微鏡モードという、それっぽい機能がペンタックスのカメラにありました。
アウトドア用で、防水・耐ショック構造だそうです。
細かい画質にはこだわらないし、丈夫で接写ができるのなら、これでいいやと型落ちでお安くなっていたのを(*・・)σポチ。
wg-2gazou.jpg

今朝届いたので、早速使ってみました。

  甘とう美人の花
IMGP0015.jpg

 短花柱花ほぼ確定の白ナスのつぼみ
IMGP0018.jpg


ここからハダニ画像なのでちょっと気持ち悪いです。





  おかのりのハダニ
IMGP0006.jpg

  倍率をちょっとあげてみて
IMGP0009.jpg

  これでたぶん最大・・ほんとにクモなんだね(-_-;)
IMGP0011.jpg

説明書もろくに見てないんですが、虫めがねとしてのぞいている方が、写真よりきれいに見えます。

他の方の写真はもっとキレイなので、フラッシュの止め方もわからない私のせいですね
主人に使い方を教えてもらって、もうちょっとマシにとれるようにがんばります。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/25 10:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

トマトの側枝2本仕立て近況

側枝2本仕立てを目指して、トマトを摘芯したのが3月4日でした。
2枚だけ本葉を残していましたが、今日3月22日には、ラブリーさくらは側枝から本葉が6枚ずつ出ています。

  ラブリーさくら
P1060793.jpg

脇芽を確認したのが10日なので、わずか12日で12枚も本葉が増えたことになります。

  これはタイピンクエッグ
P1060795.jpg
子葉の上からも、脇芽が出てきました、強いなあ。

  レッドミニも小さいながらも2本仕立てになってます。
P1060792.jpg


まだ摘芯していなかった千果は3月4日に本葉2枚でしたが、20日には5.5枚になりました
これで普通の成長ぶりだと思うのですが、摘芯組の育ちの速さに、びっくりしています。

20日に図書館で現代農業の2012年の9月号に、2本仕立ての特集を見つけました。
疑問に思っていたことの答えが載ってました(^^)。

普通栽培で一段花房直下の側枝は5枚の葉をつけたあと花芽がつきますが、一段花房より下の本葉から花芽が出るのは、抑制栽培なら5枚、夏秋栽培なら7枚ぐらいなんですって。
本葉3枚で摘芯すると、第3花房ぐらいから2本の側枝の開花が揃うそうです。

これを読んで、その夜に千果ちゃんまで摘芯しちゃいました(^▽^;)

  千果ちゃんもがんばれ~(*・人・*)
P1060790.jpg


2本仕立ての方法として

1)第一花房直下の脇芽を使う
2)子葉の上で摘芯
3)定植後3~4枚目の脇芽を使う
4)本葉3枚で摘芯
が紹介されていました。

1)は強い側枝が出るけれど、初期収量が低い
2)は花芽がつくのが早いけれど、側枝がちゃんと出ないことがあり、その場合スペアの側枝もない。
3)は主枝と側枝の開花がそろうけれど、側枝を誘引する際に付け根が避けやすい。
4)は草丈の伸びる時期に摘芯することで良苗(固く太い苗)になり、3段目あたりで生育がほぼ揃い、2,3枚目の側枝を使う。1枚目はスペア。

ということで、4)がおすすめされています。

私はこれにはない本葉2枚で摘芯しましたが、千果ちゃんは3枚目でやりました。
花芽の位置などの違いが出るかな?

GWまでに結果が出るだろうから、ダメなら苗を買って、秋冬トマトでまたやってみます。

液肥の要求量はやっぱり1本仕立ての倍に増えちゃいますよね。
でも去年は脇芽伸ばし放題だったから、それよりは楽になるはず・・・きっと(*゜.゜)ゞポリポリ

そうそう、この仕立て方は大玉トマトの接木苗に用いられるものです。
私はミニ、中玉トマトの自根での水耕栽培なので、かなり違います。
興味のある方は、現代農業や前回ご紹介した夏秋トマト栽培マニュアルをご覧くださいね。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/22 20:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

甘とう美人が着果してました

このところの暖かさで、夏苗はぐーんと育ってきました。

旬なえんどうや小さい苗達に気をとられがちで、早まきのペッパー達は液肥の有無しか気にしてませんでしたが、いつのまにか甘とう美人がいくつか着果していたようです。
P1060783.jpg

育つかどうかは、まだわかりませんが、さすがF1ですね。

早くまきすぎた上に、徒長して育ちすぎてるから、たぶんだめだろうなとまき直しもしてたりして・・(-_-;)

   さあ、どうしよう、このコ達・・
P1060788.jpg

だってね、それより1か月早く種まきした食べまき万願寺さん(もう6か月目)は、花はたくさん咲くけれど、全部落果してるんです。
前回の記事で、一番マシと書いた実も、その翌日に姿を消したし、正確な品種もわからない。
撤収を考えた方がいいかとながめてたら、よりによって一番上、生長点のすぐ近くで、着果してました(A゜∇゜)ハテッ?
P1060785_20130321102837.jpg


まだ2センチぐらいだけど、そういうことなら場所がある間は、撤収は延期にすることにします
これからは大きくしないと撤収しちゃうよ~って声掛けしてみよう ヾ(--;)ぉぃぉぃ。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/21 10:40 ] トウガラシ | TB(-) | CM(14)

えんどう全品種が開花しました

今日も春の嵐で南風が強いようなので、えんどう達を避難させました。

過保護のようですが、軽いえんどうの栽培層がふわっと浮かされたら最後、下に落ちて日向土がバラまかれちゃうんです。
万一、ベランダの外まで飛んでったら大変ですから。

こんな気温の高い日は、夏苗達を外に出したいけれど、仕方ありません。

さて、16日は東京で桜が開花しましたね。
うちでも出遅れていた砂糖えんどうとつるありスナップが開花しました。

砂糖えんどうは国華園から買いましたが、花の色がわかりませんでした。

   赤だ~(*^^*)
P1060756.jpg

スナップえんどう3品種は全部白とわかっていたので、収穫時に区別しやすいし、可愛らしい赤が希望でした。

つるありスナップえんどうもようやく開花しました。
P1060766.jpg



砂糖えんどうとつるありスナップは開花位置が50センチと高いです。
ちょっと高すぎますよね。
この下からは咲かないの?と見てみたら、つぼみをつけてるので、そうでもないみたい。
・・失敗したのか、こういう品種なのかどっちなんだろう。


今年のえんどう4品種は、環境はまず同じといってよく、それぞれ6~8株ありますが、開花時期がかなりずれるようです。

サラダスナップ(2/9)>幸姫(2/22より前)>砂糖えんどう(3/16)>つるありスナップえんどう(3/17)の順でした。
サラダスナップは先週から収穫が始まっていますが、下の方から咲いてます。
P1060767.jpg


幸姫はまだ実は小さく、収穫はもう少し先になりそうですが、こちらも低段から開花しました。
P1060764.jpg


えんどう豆はいずれ夏苗と交代してもらわないといけないので、あまり収穫が遅くなっても困るし、長引くとうどんこもこわい。

これからの収穫数にもよりますが、次からは極早生品種にしぼろうかな。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/18 10:10 ] マメ | TB(-) | CM(12)

トマトの側枝2本仕立てやってみます

夏秋トマト栽培マニュアルという本を図書館から借りています。
営農向けのトマトの管理作業の本なので、ベランダで1品種1株水耕とはあまりに世界が違いますが、トマトの側枝2本仕立て栽培に興味を持ちました。

大玉トマトの接ぎ木苗を本葉3枚で摘芯して、2,3葉の脇芽を伸ばしていく仕立て方です。

利点として
 苗本数が半分
 低段から果実の形状がよい
 根回りが遅いので12センチ鉢でも育苗が可能
欠点
 育苗日数は普通な絵に比べて10~14日長い
 苗が不ぞろい
 収穫始めが普通栽培に比べて10日遅い

低段から果実の形状がよい以外は、私にはメリットがありませんね(^▽^;)。

普通に2本仕立てでも支障のないはずのミニトマトの水耕栽培で、なぜこの記事にひかれたかというと、今まで第1花房の開花(着果ではない)に失敗したほうが多いからなのです(;´д`)トホホ

今年種まきしているレッドミニ、タイピンクエッグ、ラブリーさくらの第1花房は昨年は全滅でした。
原因がわからないままだから、繰り返す可能性は大です。

でも脇芽はほとんどが開花、着果してジャングルとなっていきます(脇芽なんか残してるからじゃんというのは、おいといてw)
果実の形はともかく、うまくいけば数も稼げるし、ダメもとだし、とその気になりました。
接ぎ木じゃないけど、ミニトマトだから2本仕立てに耐える体力は十分あるはずですし。


で、本葉が4枚くらいになってた3月4日にやっちゃいました

レッドミニ 
P1060689.jpg

ラブリーさくら
P1060690.jpg

タイピンクエッグ(芯どまり品種なので、2本仕立ては無理ですが^^;)
P1060691.jpg

本葉2枚しか残さないで、第1、2葉からの脇芽を待つことにしました。
ネットを調べていたら、第1,2,3節と摘芯位置は色々やり方があるようです。
ベランダなので開花位置は低い方がいいし、やる気になった時がこの位置だったというだけの理由です(*^^*ゞ

あと、この本では本葉は葉柄を残して葉も取ってしまうのですが、残しちゃいました。

それから毎日、脇芽出てこい、と見ていたら、10日に点のような脇芽のモトがついていました。
写真を撮る気にもならない1ミリ程度のものでしたが、ここのところの異常な高温のおかげか今日14日には、こうなりました。

レッドミニ
P1060747.jpg

ラブリーさくら
P1060745.jpg

タイピンクエッグ
P1060746.jpg

レッドミニとタイピンクエッグは、主枝からも脇芽が出てきています。
これは取らないといけませんね。

これは20日遅れで種まきした千果(摘芯してません)の今日の写真です。
写真を撮り忘れましたが、3月4日には本葉が2枚でした。
P1060744.jpg
千果ちゃんには、自力で第1花房を開花してくれることを期待して、このまま育ててみます。
(苗を買ったイエローアイコですら、開花に失敗してますが・・)
場所がなんとかなる間は比較できるように2本仕立てで。

20日の種まき時期の違いと、摘心の影響でどんな差がつくか、楽しみになってきています。

ここからどんな順番で開花していくのかすら、わかってないですけどね ヾ(--;)ぉぃぉぃ

どちらも脇芽摘みと液肥だけは切らさないように、がんばります!
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/14 12:24 ] トマト | TB(-) | CM(16)

紅笹えんどうが開花

春の嵐という言葉は昔からあるものの、以前からこんなにひどかったっけ?
お天気とはいえ、台風並みの暴風になっています。

昨年は、冷害と風害で豆類を痛めてしまいました。
今年は豆類はつるものネットを使わず、移動できるようにしているので、午前中に全部避難させています。
今年で一番強い風のように思いますが、在宅中で助かりました。
なんか軽いな~と思ったら、液肥がナイ!というのが3箱もありました(-_-;)

そしてもう一つ発見が。
紅笹えんどうが開花してました。
P1060742.jpg

室内で育てるはずが、ハダニとアザミーに人気があるので外に出しています。
つるありえんどう達の隙間においていたので、あることすら忘れることがしばしば・・・
これも液肥が切れてました(*_ _)人ゴメンナサイ
P1060741.jpg

よく見たら900MLのペットボトルなのに3株も植えてるし( ▽|||)サー
竹ひごを挿しただけの簡単支柱も限界に来てる。

上に大きくしたくないので、もう1本竹ひごを追加してみました。
P1060743.jpg

窮屈そうですね(^-^;
つるなしだから、これでガマンしてくれないかな。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/13 14:11 ] マメ | TB(-) | CM(6)

とうがらし属近況~種まきはいつがいい?~

昼間だけは初夏の陽気が続いています。
まだ夜は室内に入れていますが、夏野菜は毎日の日光浴のおかげで、元気です。

10月2日に食べまきした万願寺とうがらし
P1060731.jpg

1月17日から開花していますが、摘果するまでもなく、落花、落果を繰り返してました。
室内で1本仕立てで小さく育ってもらうつもりだったので、かなり枝は落としています。
上のほうで開花してるし、お疲れですよね。

今、一番マシな実がこれ。
P1060733.jpg

育ったとしても、ししとうぐらいですね(^-^;。
万願寺系はF1も多いし、全体的に小さすぎるような気もするので、案外これはF2なのかも(責任転嫁)と思ってきてます。
昨年は低温でも実をつけてくれるF1ピーマンをフライング栽培していましたが、低温を嫌うとうがらしをフライング栽培というのは無茶でした@(;・ェ・)@/反省…


11月1日に種まきした甘とう美人。
P1060734.jpg
徒長気味で大きすぎます。
今で50センチぐらい。
一番花はつぼみのうちに摘んでしまいました。

11月15日に種まきしたピッコロししとう
P1060735.jpg
これも徒長気味。

左:11月24日に食べまきしたパプリカ 右:12月18日に種まきしたバナナピーマン
P1060737.jpg

パプリカは芽が出るかな~くらいの気持ちでしたが、育っちゃった(^▽^;)
F2だろうから、夏野菜の場所計画にも入ってませんでしたが、一番元気そうです。
一番果の様子を見てからどうするか決める・・はずです。

左:12月18日に種まきした伏見とうがらし 右:1月5日に種まきした黄とうがらし。
P1060738.jpg


2月2日に種まきしたデカチャンプ
P1060740.jpg

ソフトボール大のピーマンが欲しかったわけじゃなく、元が大きければうちでも普通のピーマンの大きさにはなるんじゃないだろうか・・と思ったんです(^-^;


花が咲いたら定植、とはいえ、それは畑でのこと。
ベランダでは霜も降りないし、うちは関東でも夏はより暑く、冬はより寒い。
酷暑の訪れが早いので、それまでにがんばってもらうには、12月の種まき組が案外うちでは適期なのかもしれません。

何も考えてませんでしたが、結果的にずらしまきになっているので、一番いい種まき時期を見極めたいと思います。

あ・・・甘とう美人が徒長しすぎでダメかもと思ったので、2月26日に予備を種まきしてしまいました。
今はセルトレイだけど( ̄ヘ ̄)ウーン
関連記事
[ 2013/03/13 08:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

芽キャベツとプチヴェールがそろってとう立ち

今日もお天気のようなので、喜んで苗をベランダに並べて外出してました。
衣装ケース内は、もう夕方なのに30度ありますが、夏野菜の苗達はへばることもなく元気そうです。
温度はまだ許容範囲ではありますが、いきなりの陽気ですね(; ̄ー ̄A

  虫よけにオーガンジーをかけています
P1060715.jpg

ここ2日間、暑かったので無理ないのですが、芽キャベツもプチヴェールも、あわててツボミを出してました。
昨日はなかったと思うんだけど、願望で見ているので気づかなかったのでしょうか(^-^;

プチヴェール
P1060708.jpg

芽キャベツ
P1060710.jpg

葉っぱが固くなっちゃ困りますので、これで栽培は終了します。
今週から1株ずつ収穫していくつもりでしたが、一気に3株も。

ひっぱってないで、ちょっとずついただいておけばいいものを・・(^▽^;)

後で、反省点などの覚書を書きますね。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/09 16:34 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(16)

ナス近況

そんなに成長してないと思っていた白なすにも、ツボミがついていました。
P1060699.jpg

 まだ身長20センチ程度です
P1060698.jpg

室内で、少しでも実ってくれたらラッキー♪という軽い気持ちで11月に種まきしたものですが、室内でなすを育てている方っていらっしゃらないようで、無謀すぎたみたい(^-^;

低温期に受粉したナスは石ナスになりやすいんですって。
ただでさえ高温を好むナスに、高くて20度ちょいの室温では低すぎですね。

トマト苗達は、日光浴させていますが、ナスには寒いだろうなあと窓際においているだけでした。
3月に入って最高気温も上がってきたし、最低気温も0度を超えてきました(今朝はベランダ2度)。
これからは確実に20度を超えてそうな晴天の午後に、外に出してみようと思います。

今日は4月下旬の陽気だそうですから、下手すると40度近くいくかも(-"-;A ...アセアセ。

こちらは2月2日の適期に種まきしたはずの、中長なすの黒福さんです。
P1060696.jpg

発根に2週間以上かかってしまい、発芽も遅くて、まだ双葉が開いたところです。
サカタさんの新しい種だから1週間ぐらいで発芽するかなと思ってたんですが、いつもと同じでした。
盛夏までに前期の収穫を終えて、秋ナスは再度種まきというつもりでしたが、間に合うかなあ。
ちゃんと加温してないからいけないんでしょうが(^▽^;)

同時に種まきした、ピーマンのデカチャンプは、発芽も早くて、もう本葉を2枚出してるのにな。
P1060697.jpg

昨年もナスの発芽には苦労したので、来年は、なす、とうがらし系、トマトの順で種まきすることにします。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/07 10:06 ] ナス | TB(-) | CM(8)

おかのりもトウ立ち

アブラナ科はほとんど撤収しているので、もうトウ立ちは気にしてなかったのですが、このコを忘れてました。

  おかのり(アオイ科)
P1060695.jpg


やっぱり冬を越したら咲いちゃうんですねー。
ハダニもつきはじめてきたから、水浴びさせなくちゃ。
アザミーは、まだいないようです。
どの虫にもモテるのに、葉っぱが大きくて虫を見つけやすいおかのり隊員は、撤収しないで害虫警備の最前線でがんばってもらいます。
やっぱり花を摘んだほうが、長持ちするんでしょうか?

可愛らしいし、このままにしておこうかな。
地球温暖化

3/7  早々に、アザミーの食跡がついてました。
   大きな葉っぱを日に透かしてみて、すぐに1匹発見。
   マメみたいに葉っぱが多いとお手上げだけど、おかのりだと楽なんです (o^-')b グッ! 
関連記事
[ 2013/03/05 14:28 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(10)

芽キャベツを病気?で撤収

3月1,2日は春一番ということで、ベランダは台風状態でした。
ブロックで押さえていたエンドウが吹っ飛ばされたので、あわてて全員を室内避難させました。

室内に避難させるたびに、ネットをかけたまま放置していた株のチェックをしていますが、今回は驚きました。

芽キャベツかびてる( ▽|||)サー
P1060674.jpg

外葉が黄色くなってるのが数個あるのは知ってたんですが、日当たりの悪い側だったから日照が足りないのかなと向きを変えただけで放置してたんです。

通気性のいい防虫ネットを、エンドウに明け渡してもらったのもまずかったのだろうと思います。

かびてたのは写真の部分だけなので、きれいなところは全部収穫して撤収することにしました。
もう3月になったので、遅すぎるくらいかもしれません。

P1060678_20130304110747.jpg
定規を置くのを忘れましたが、地上部は45センチ程度です。

葉っぱを全部取った後の、頭頂部
P1060681.jpg

間引かず残していた株元のチビちゃんたち
P1060680.jpg

全体的に小さい芽キャベツばかりなので、市販サイズなんて、ほとんどありません。
1センチ以上を芽キャベツと認定したら82個ありました。
これまでにも数個は味見をしているので、いい環境で育てていたら、たくさんとれる品種なんでしょうね。

まだ一株残っていますので、花が咲くまでがんばってもらいたいものです。


プチヴェールは元気です。

P1060675.jpg

また葉をごっそりいただきました♪。
P1060676.jpg


追記)

晩ごはん作成中です。 全部、入れたった( ̄‥ ̄)=3 フン

P1060685.jpg

プチヴェールと比べるために、芽キャベツの葉っぱも炒めてみました。
P1060688.jpg

やっぱり甘さは負けるけれど、意外なことに今の時期のほうが葉っぱが柔らかくて、青菜としては、十分美味しいです。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/04 11:20 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(10)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。