いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ようやく種まき

今朝、寒いねという言葉が自然に出てしまいました。
お彼岸過ぎたとはいえ、気候のメリハリがありすぎですね。
伏見甘長唐辛子なんて、昨日は暑さで、ぐったりしおれてたのに(´ヘ`;) 
ストレスがたまりまくったのか、とうとう激辛なのが出来てしまって、ロシアンルーレットになっております
ようやく鈴なりに実ってくれそうになってきたのに、収穫するのがこわい(^^;)

涼しくなったおかげで、夏野菜は元気になってきていますが、気になるのは当然冬の準備・・。

お盆に定植した、プチヴェールと芽キャベツは、順調だと思うですが、とにかくでかい。
たぶん、これは芽キャベツのモトですよね。
P1030503.jpg

真冬の凍りつく液肥を避けたくて、早めに定植したのですが、色々見ていると、年内収穫はうちでは無理そうです。
芽キャベツはマイナス温度の時は、室内避難させられるけれど、プチヴェールは無理かも。
すでにゴーヤ2株用のプランターをはみ出てます・・・
P1030504.jpg


とりあえず、と9月20日前後に種まきした葉物たち
P1030498.jpg

三つ葉とスープセロリはようやく発根。
アザミーの好物なので、土なしで育てます。
P1030500.jpg


8月末にお試しで種まきした、金町コカブ
P1030507.jpg

大阪式正月用の雑煮大根(かいわれ大根です^^)の第1陣
P1030505.jpg

今、一番楽しみにしている、8月末に種まきしたつるなしいんげん
10株密植(^-^;
P1030501.jpg


いんげんは、今日追加の種まきをしました。
これからは成育適温が続くと思うのですが、11月半ばになって最低気温が下がってきたら、昼は外、夜は室内に移動させます。

急な寒さに焦って、スポンジにレタスやらハーブやら種をパラパラ置いていますが、ゴーヤと唐辛子属は異様に元気になってきてるし、きゅうり、トマトはこれからと、夏が終わりません、終われません(^▽^;)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/25 13:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

秋ラリーノようやく開花とスズメガ

こんなのがプチヴェールにとまっている(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル。
P1030488_20120920080546.jpg

私が神経質に防虫ネットをかけまくっているのは、害虫対策というのもありますが、うちのメイン害虫であるダニとアザミーにはネットは無力です。
それどころか、発見が遅れてしまう可能性大で、風通しもよくないはず。

ではなぜ?、というと、単純に虫が怖いんです(x_x;)。
特に足が太くて飛ぶやつがダメ。
カナブンや甲虫が葉っぱにつくのを避けるためかもしれません。
セミなんかいたら、とても外に出れません。
不意に見つけたら、とんでもない声を出して、ご近所迷惑になること必須です。
今日も、ちょっと迷惑かけました(;´д`)トホホ

虫じゃないけど、蜘蛛は平気です。

こういうときのために、100円虫取り網を買ってあるので、遠くからネットをツンツンしてみた(直接つつく勇気はありません)けれど、動いてくれません。
イモ虫は全然平気なんですが、そんなものを置いていかれても困ります。

・・・主人が戻るまで水遣りできません(T^T)
ドアにはコナガがはりついてたし、イチモンジセセリが飛び交ってるし、そういう季節なんですね_| ̄|○

前置き終わり・・長っ

8月6日に種まきしたラリーノがようやく開花しましたヽ(^◇^*)/ ワーイ
P1030483.jpg

50度ベランダじゃ、苗には厳しいだろうし、場所もないしと、しばらく室内で育ててました。
9月6日に、場所も出来たし、大きくなってきたので、もういいだろうと外に出しました。
液肥はゴミ箱にたっぷり入れておいたら、全然減らないし、虫もついていないようなので、ほとんど放置状態。

下のほうの蕾は室内で既に摘んでいたので、お世話の必要はないと思っていたんですが、いつのまにか脇芽が一杯出てる!

あちらこちらに・・・まだあるんです
P1030487.jpg P1030486.jpg
P1030485.jpg P1030484.jpg


このラリーノは”側枝が出にくいので、ベランダでの栽培にも適します。”という品種で、今までも、こんなに出たことなかったんです。

結果的に房なり、W房なりと蕾だらけになってるわけですが、こんなの全部着果しないことは、よくわかってます。
摘んで挿し芽しちゃおうかとも思いましたが、今からはさすがに無謀な上に場所もない、各脇芽達から1本ずつでも出来てくれないものかという強欲もある。
それに上まで1Mちょいしかないので、横に展開してくれるのは好都合。

気温はこれから成育適温になってくるでしょうから、この最初の花がどうなるかを見て、考えることにします。
先送り(^^;;


関連記事
[ 2012/09/20 08:35 ] キュウリ | TB(-) | CM(2)

ゴーヤ何とかなりそう

今朝、ゴーヤの液肥チェックをしたら、根っこがずいぶん伸びていました。
おとといの写真の倍以上になってるのも数本あり、ゴミ箱に復帰させても十分底まで届くくらいになっています。
  
 スーパーゴーヤ白の根っこ
  9月12日                     9月14日
P1030474_20120914110657.jpg   P1030476.jpg

無理やり給水紐をつっこんで、ゴミ箱に復帰させました。
気づかないうちに育っていた実も発見して、いけそう、という気になってきています


 
P1030477.jpg

こちらはデリシャスゴーヤですが、最大限のあげ底をやってみました。
もうゴミ箱の上に乗ってるだけです。
これで根っこは底まで7センチ程度のゆとりがあるので、乗り切れると思いますが、台風でも来たら、ゴミ箱にくくりつけなきゃいけませんね(^-^;。

今把握しているだけで6個がぶらさがっているので、まずはこれを育てあげてほしいところです。
関連記事
[ 2012/09/14 11:20 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(0)

ゴーヤが正念場

7月23日に、根っこスペースが足りないと上げ底をして急場をしのいでいましたが、やっぱり狭かったようです。
スーパーゴーヤ白の根っこが黒くなって、悪臭がしてきました。
撤収もありの時期ですが、ダメモトで8月30日に黒い部分を全部切ってみました。
残った根っこ、わずか10センチ弱。

  これでも復活したんです
P1030474.jpg

カーテンになってる葉っぱをこれで支えられるとは思えませんが、小さい容器にお引越しさせて、ほとんど底面給水状態にしました。
当然ちょっとしか液肥が入らないけれど、毎朝の水やりで、今のところ足りています。

枯れるんだろうなと思いきや、けなげに雌花まで咲かせてきました
やっぱりピンチだから、早く実をつけなくちゃって思うのかな。
その気持ちに答えて受粉させてみる欲深な私です_(^^;)ゞ。
今から株を立て直してる時間なんてないし、幸い実も大きくなってきました。
     がんばれー
  P1030469.jpg P1030470.jpg

白ゴーヤの分もがんばってくれたデリシャスゴーヤですが、こちらも根っこはギリギリなので、強制終了が近いかもしれません。
P1030475.jpg

この後、かなり危なそうな黒い根っこの先を少し切りました。

 それでも、もちろん人工授粉もしておきます。
P1030471.jpg


ゴーヤにゴミ箱は狭かったですね (*_ _)人ゴメンナサイ

でも、どちらも元気な間は、粘りますよ (`0´)ノ オウ!
今日は厚揚げでゴーヤチャンプルーです

ゴミ箱だとほとんど場所を取らないので、助かったんですが、もうちょい高さがあって、幅は狭い横長の容器があればいいなと、と今から来年の容器をあちこちで探しています(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ
まあ、お金をかければあるんでしょうが(^-^;
関連記事
[ 2012/09/12 10:52 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(4)

プチヴェールと芽キャベツ近況

週末、超久しぶりの旅行で軽井沢に行ってました(^^)。

 プリンスアウトレットは西洋朝顔が花盛り
P1030436_20120910093253.jpg
  宿周辺
P1030449_20120910093253.jpg


前日までの予報では、土日は雨模様だったので、旅行日和じゃないけどベランダは大丈夫だな、と思っていましたが、どうも酷暑日になったようですね(A゜∇゜)アレ?
ゴーヤなんて、あちこちで葉がやけてるし、ツルムラサキは液肥がカラになってました。
P1030462.jpg


今日一番にした作業は、気になってたプチヴェールと芽キャベツの移動です。

もうこんなに大きくなるとは思わなかった(ーー;)


プチヴェール  横50センチ、高さ40センチ
P1030466.jpg P1030465.jpg

今からこんなのって、本当に幅1メートル行きそう・・
でも葉っぱが簡単に折れちゃうので、キツキツには並べられません。
うちのベランダでは無理がありましたorz。
せめて一株にしときゃよかった。
耐暑性弱のはずなのに、ゴーヤも焼けるベランダでどんどん大きくなっていきます。
全部可食部ということで、ここで白旗上げても、お好み焼きやギョーザがけっこう作れそうです(^。^;)
そのうち夏野菜の場所が空くだろうし、場所にあわせて育っていただけるよう、がんばります。

芽キャベツ   横30センチ、高さ25センチ
P1030467.jpg P1030463.jpg

これは、そこまで場所をとらないだろうし収穫までこぎつけたいのですが、耐暑性が強い品種のはずなのに、下葉がどんどん黄色くなってきます(ノ_-;)ハア…
上が元気だから、まあいいかと思っているのですが、どうなんだろう。

なくてもすむけどお高いし、あまり買わないお野菜だから、ベランダにあったらうれしいぞと、冬のメインになってもらうはずでしたが、不安だな~(^-^;
関連記事
[ 2012/09/10 09:44 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(4)

スイートペッパーを虫害で剪定しました&質問です

今までとうがらし属にはアザミー以外はついたことがなかったので、ハダニの優先順位が低いんだろうと安心してたんですが、とうとう来やがりました( ̄- ̄メ)チッ

最近一斉についたようで、子どもピーマンも伏見甘長唐辛子も京波にもいっぱいいます。
もしかしてチャノホコリダニか?、と思いましたが、一応ルーペで確認できるものはなく、肉眼で見える大きさばかりなので、違うと思いたいところです。

コロマイトはトマトにだけ1回散布していますが、離れたところにあったとうがらし属に散布するのは別カウントでいいのでしょうか?
そのうち必要になりそうです(ーー;)

糸ひいてるような葉もあったので、まずは迷わず買ったばかりのアーリーセーフを昨日散布しました。
そして今日、放置しすぎで茂らせすぎたのもいけなかったなと剪定しました。

ピーマン京波です。
前→後
P1030413.jpgP1030417.jpg

ハダニの卵がついてそうな気配のある葉っぱ、細い枝、重なりすぎてるものを切っていきました。
知らないうちに根元から枝が出てきて、下のほうでたくさん着果していました。
根元の枝葉は切らないといけないのかもしれないけれど、残しました。

  私にこれを落とす勇気はありません
P1030415.jpg

伏見甘長唐辛子です。

前→後
P1030419.jpgP1030421.jpg

こちらも下から元気な枝が出てていますが、残しました。
P1030420.jpg

ハダニは昨日の散布がかなり効いたようで、ほとんどいなくなっていました♪。
伏見甘長唐辛子だけ、まだ若干残っていたので、しつこく散布しておきました(いいのかな?)
関連記事
[ 2012/09/03 10:45 ] ピーマン | TB(-) | CM(17)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。