いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

辛い系唐辛子近況

鷹の爪です
P1030131.jpg
着果したのはまだ30個弱です。
6月1日に開花。
秋までに撤収したいんですが、ちょっと無理そう。

本鷹です。

P1030132.jpg

2株ありますが、こんなにでかくなるとは、思いませんでした。
分枝がどんどん出てきて、鷹の爪より花数、着果数がはるかに多いです。
2株で100個取れたらいいところかなあと思ってましたが、1株でクリアできそうです。
小さめの花がかなり可愛らしい。
とても姿のきれいな唐辛子です。
P1030133.jpg

サヤの大きさは、3~5センチ程度。
P1030135.jpg

あじめこしょう
P1030137.jpg

種まきが遅かったので、18日に開花したばかりですが、第1果の着果に失敗しました(ーー;)
今2つだけ着果しています。
アザミーがいたので、入浴させてしまったのが、よくなかったのかな・・・



緑なすくんです。ちょっと大きくなりました。今、妹候補が開花中です
P1030138.jpg

ついで。
P1030130.jpg
CanDoで、見つけました。
1本で2.5、5,10,15,20CCが計れます。
注ぎ口までついているので、液肥つくるのに重宝してます(^^)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/30 14:15 ] トウガラシ | TB(-) | CM(10)

伏見甘長唐辛子に根負けしました

ほんの1週間前に、伏見甘長唐辛子を赤くなるまで待ってみようかなあ、などと書きましたが、収穫してしまいました。

サカタさんのページには果実は小指ほどの太さで長さ10cm位ってあるのに、すでに私の親指より太く、円周9センチはあります。
P1030127.jpg

でも全体としてみると、背丈はカレイドスコープの半分。
ちゃんと長花柱花なんですが、他のとうがらし属と比べると花が少ないように思います。
ひょろっとしてるわけじゃないけど、もっとどんどん大きくなって欲しいので、あまりに太い3つだけ、収穫しました。(この後夕食用にもう1個収穫)
以前少し収穫したはいえ、こんなのがあったら、よけい育ちが遅れそうで(^▽^;)。

  毎度見づらくてすみません。左が伏見甘長唐辛子、右がカレイドスコープです。
P1030123.jpg

ついでに、もっと育ちの遅いこどもピーマンも小さいうちに収穫しました。
P1030128.jpg

こどもピーマンは果面のひびが食べごろサインで、早めにとると普通のピーマンだそうですが、美味しくなってくれるのは後でもいいや。

ピーマン京波、本鷹など唐辛子系は大きくなってるのに、戦力として期待している伏見甘長唐辛子とこどもピーマンの草勢が弱いのは困ります。

伏見甘長は、まだ着果している実はあるんですが、それらは本来の形に近いような気もするんです。
これからガンガンいってくれますように。


これはピーマンじゃないです。緑なすくんです。
P1030125.jpg
関連記事
[ 2012/06/28 15:49 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

害虫の親分が出た(ToT)

ゴーヤの水位を確認しようとして、栽培層を持ち上げたら、どこからかわかんないけど


が飛び出てきた。

・・・思考停止 (・。・)~゜ ボー

・・・その間にヨタヨタとゴキブリ君は、室外機の奥に。
   踏む勇気も深追いする元気もありませんでした。

お隣が引っ越したばかりで、食料がなくなったせいもあるのか、ベランダからうちに入ろうとしてきます。
ホウ酸ダンゴを置いといたら、横で転がってて、中には入ってこないんですが、だからってこれは反則?でしょう・・・というか、やめてくれ。
室外機下と玄関側にもベランダにもダンゴを増やしておきました(;´д`)トホホ
関連記事
[ 2012/06/26 12:04 ] 害虫 | TB(-) | CM(4)

緑なす着果?

なすができる過程をまじまじと見たことがないのですが、緑なすだから、これはひょっとして着果してる?

P1070119.jpg

この段階で喜ぶわけにはいきませんが、あの雌しべの見えない短花柱花が着果できるのでしょうか?
これは落ちると決めつけていたのですが、F1品種ならではの力技なのかな。
あれから上の段の蕾もたくさんついてしまったので、切なく摘蕾しています。
たとえ着果しても、第1果だから大きくできないかもしれないけれど、次があるとも限らないので、ちょっと夢を見させてもらおう。

これはデリシャスゴーヤ。
P1070121.jpg

しっかり受粉させたので、こちらは大丈夫だと思います。
第1果は台風翌日でダメでしたが、多少苦めでも早めに収穫するつもりです。
関連記事
[ 2012/06/25 17:04 ] ナス | TB(-) | CM(4)

トマト近況

タイピンクエッグです。
P1030113.jpg
60センチの小さな体に立派な中玉をいっぱいぶらさげていて、重そうです。
もっとしっかりとした支柱を立ててあげるべきでした。
濃くなったのを2個収穫しましたが、これはまだ色づきはじめです。


ピッコラルージュ
P1030111.jpg

だんだんと赤いのが増えてきました。
まだからみつく甘さには出会えてません(^-^;。
それなりに美味しく酸味はないけれど、うちでは、いまのところレッドミニのほうが甘いです。

イエローアイコ
P1030115.jpg

謎の白カビもどきのある枝を全部剪定してからは、再発はありません。
木ボケ気味に育ててしまいましたが、ようやく第1果が着色してきました。
昨日、スーパーでアイコの試食をしたら、皮が薄くてめちゃアマでした。
今まで知ってたアイコとは全くの別物で、近所の行列ができるトマト農園よりはるかに美味しい。
育て方でこうも変わるんですね・・・

スプライト
P1030116.jpg

今がピークで、下のほうはもう食べちゃいました。
これは上の段で、怪しい葉っぱを取ってるうちに、かなりスカスカになってきました。
7月中に撤収します。
うちのは、ももこのキャッチフレーズのような、ほのかに甘いトマト味です。

トスカーナバイオレット
P1030112.jpg

でかいわりに、花が少ない(^^;;
ピッコラの半分もありません。
先はとめてるので、脇芽に期待しています。

ちいさなももこ
P1030114.jpg

4段目まで開花しています。
この辺で止めるつもりです。
これはペットボトルで1本仕立てのつもりでしたが、気がついたら、立派な2本仕立てになってました。
花も咲いてるので、もう、放置決定です。
一ヶ月でここまで大きくなるとは思いませんでした(・"・;)
実はまだミニトマトの大きさです。
でかくなるのかなあ・・・

レッドミニ
P1030117.jpg

赤くなったらすぐ食べちゃうので、いつも朱色しかぶらさがっていません。
めちゃ甘ぶどうという感じで、主人の一番好きなトマトですが、多産系ではないです。
場所をとらないので秋に向けて、脇芽増殖作戦を展開中です。

去年に比べたら、気温が低めに推移してますね。
どの子も酷暑が来るまでに、せっせと着果してくれますように (-m-)”
関連記事
[ 2012/06/25 08:59 ] トマト | TB(-) | CM(12)

伏見甘長唐辛子って、これでいいの?

伏見甘長唐辛子って、細長いですよね。
51ddQKES+zL.jpg

育てるのは初めてなので、こんなもんだろうと思っていたのですが、なんだか、うちのは変なような気がしてきました。

ずんぐりむっくりというか・・
P1030094.jpg

待ってたら長くなるのかな。
P1030090.jpg

真ん中が伏見甘長です。
P1030096.jpg
右の大きいのはカレイドスコープ。
こっちはバンバン実をつけてくれています

ちなみにこれは、成長中のこどもピーマン。
とうがらし属って、わかりにくい・・・
P1030093.jpg

ハラペ系と取り違えがあったのかな、と思いましたが、辛くはないです。
小太りのししとうという感じで、なかなか長くなってこないんですよね・・(・_・?)
1本だけ放置して、赤くなるまで待ったらわかるかな。
関連記事
[ 2012/06/22 11:24 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

ラリひょん登場

ラリひょんとは、すくすく水耕栽培様が命名された、ひょうたん型になってしまったミニきゅうりのラリーノのことです。

P1060084.jpg

きゅうりの変形は成り疲れ、肥料不足、日照不足、高夜温、などが原因らしいですが、室内ですからねー。
日照不足と高夜温、これは仕方ない。
成り疲れだけは、絶対にありませんけどね。
まだ3本しか収穫してないもん o(`⌒´*)oエッヘン!

このラリーノ1号は、少しハダニーとアザミーにやられています。
きゅうりで無傷はまず無理だろうから、テデトールはしますが、そう神経質にはなっていません。
ラックに巻付かせてしまったので、水没は無理。
アザミーの繁殖だけはさせないように、バーミキュライト培地をアルミホイルでガードしています。

ラリひょんも出てきたし、丈夫に育っているというわけじゃないことは確かなようですが、これが外にあったらこの台風で一発退場です。
お日様、根っこ、通風ばっちりの露地に比べると、かわいそうな環境ではあります
5月8日に種まきした2号はこの反省をふまえて、カーテンレールからヒモでつるすだけにしました。
培地もアザミー対策でスポンジのみです。

もう1Mを越えています。
P1060088.jpg

写真にあるネットは外のゴーヤ用で、これはヒモ1本だけです。
ここは日当たりは一等地なんですが、ラックの後ろという面倒な場所なので、液肥タンクをつけています。
虫対策するときには、土がないのでヒモをはずして水没させればいいし、つるおろしも簡単じゃないかなーと期待しています。
こちらも蕾はたくさんついています。
今日が夏至だから、これから日が入りやすくなったらいいなあ。
関連記事
[ 2012/06/21 09:42 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

オクラの比較

自然界のほうにも色々ご都合があるとは思いますが・・なんで今頃(いつでも困るけど)という台風でした。
次も控えているし、警戒継続ですね(ノ_-;)ハア…
ベランダの風は予報より強くなるし、風速10M越え予報があれば、室内退避可能ならさせることにします。
今はウェザーニュースでは7Mくらい・・それでもかなりの風です。
外で大きな音がなるたびに、倒れたかっ、と驚かされますΣ(*。*;ノ)ノ ビクッ!。

さて、先日徒長隠しで挿し芽したオクラなんですが、徒長の面影はなく節間も詰まって丈夫に育っています。
葉っぱの形も丸くてすてき♡
実験だったので、培地なしで、スポンジで茎をはさんでいるだけです。
P1050079.jpg
でも、もう根っこはぼーぼー。

P1050080.jpg

一方、オクラ本隊の根っこは、どこに隠れているのか・・・
P1050082.jpg
根っこは、給水布の間にちょろっとあるだけ。
こちらは培地が大きいので、その中にある、と思いたいんですが、もう出てきてくれてもいいでしょ(-_-;
花もちょこちょこ咲いて、収穫もさせてくれて、順調なんですが、これでは息切れしないか気になります。
そのうち、ペットボトルのほうに追い抜かれるかも。
密植のゴミ箱より、1本立ちで好きに育ってるほうが、気分いいのかな?

高さをあわせてみました↓。
P1050078.jpg

秋から入れ替えるために、追加で余ってる種をまきました。
これは背が低い品種なので何かと助かってますが、長く収穫を続けようとすると、背は高くなるし、疲れてくるから、若い株と交代してもらうつもりです。
P1050083.jpg

ペットボトルオクラの元気さが、胚軸切断されてからのハングリー精神によるものなら、2週間ぐらい出遅れますが、また挿したい気もします。
そんなことやってたら8粒全部生かしてしまいそう(^▽^;)

関連記事
[ 2012/06/20 16:32 ] オクラ | TB(-) | CM(2)

デリシャスゴーヤに雌花が♡

ようやくデリシャスゴーヤに雌花ができましたヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪
P1030075.jpg

台風対策に、ちゃんとゆわえなくちゃと、作業していたときに発見したのですが・・・・・

雄花ばっかり咲いたって仕方ないじゃんと、と大きくなってきた蕾や咲いてる雄花を摘んだ後でした( ▽|||)サー

あわてて摘んだ雄花は冷凍室に直行させました。

白スーパーゴーヤもそれからよ~く検査しましたが、こちらは発育も遅くて、気配なしです。
どっちかというとカーテンより、収穫を期待しているので、何とか台風に耐えてがんばっておくれ


関連記事
[ 2012/06/19 09:59 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(12)

緑なす開花しました

緑なすの花をようやく見ることができました。
紫がきれいでいいですね~

短花柱花じゃなければ
P1030074.jpg
親の意見となすびの花は千に一つの無駄もないと言われておりますが、そういうこともあるかもしれない、というぐらいに思ったほうがよいというのは、よくわかっております
いつのまにか、2段目のつぼみができているので、こちらに希望をつなぐことにします

葉っぱのチェックをしたら、アザミーがけっこういました。
どこで増えたんだ(・ε・)プップクプー

他には被害はなさそうなので、どうもナスが全部を引き受けてくれてるようです。
目で見えるのは全部プチしましたが、せめてシャワーだけでもしておかなくては゛(`ヘ´#) 。
関連記事
[ 2012/06/18 10:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)

オクラ初収穫

気温が低い日が続いて、オクラもどうしていいかとまどっているようです
P1030062.jpg

6月6日に3つ開花して、一つは朽ち果てました。(写真真ん中)
2つがなんとかオクラになってくれたのですが、肥大が遅い遅い。
P1030064.jpg

もう10日になるので、収穫することにしました。
2本だけなので、冷奴に乗せることにします

昨年は丸オクラだから遅れてもいいけど、今年は五角オクラなので、固くなっても困るし、そろそろ後続組にも成長してもらわないと。

最低気温がまだ低そうだし、台風も気になりますが、がんばれー

関連記事
[ 2012/06/15 08:39 ] オクラ | TB(-) | CM(7)

ラリーノ初収穫

先代ののこびときゅうりは、なかなか太ってくれなくて、ようやくエンジンがかかったか、というところでアザミーが勢いをつけてきて1個の収穫で撤収

このラリーノ1号は、最初は外に出していたのですが、すぐにアザミーがついたので、温湯処理の後、室内退避させてました。
P1040056.jpg

そのまま中で育てていましたが、順調に大きくなって、花もたくさん咲くんですけど、全然実が太らない。
摘花もかなりしたけど、変化なし。
中じゃだめかと思いつつも摘心してみたら、急に太ってきて、ようやく1個収穫できました。
次も、準備してくれているようです。
雌花だけなら30個はあるから、せめて3個くらいは収穫させてほしい

しかし、ここにきてまたアザミーの気配が
スズメの攻撃から室内避難させたブロッコリーのパーライト培地で繁殖してました
本体は温湯処理していたので、油断しました

ラリーノ1号は、バーミキュライト培地ですが、2号はアザミーを繁殖できなくするために、スポンジのみにしています。
ひもでつるしてるだけなので、もしもの時の温湯処理もしやすいし。
つる性で、支えはいらないせいか気にしないで育ってくれてるみたい。
P1040060.jpg

アザミーはきゅうりでの繁殖率が一番高いそうで、このでかい葉っぱに隠れられたら、全員逮捕は温湯処理じゃないと、無理。
でも野菜にも負担だろうから、そうそうやりたくはありません。
とにかく増えるのだけはお断り作戦ですヾ(`◇')ダメッ!
関連記事
[ 2012/06/14 16:20 ] キュウリ | TB(-) | CM(4)

緑なすの摘花で迷っています

プチガーデンのかあちゃん様から種をいただいて、緑ナスの長緑を育てています。

P1030058.jpg

種まきは2月なんですが、育ちが遅い上に、アザミーにもやられていました。
温湯処理を1回だけしたものの、また発生してます

でもこの一ヶ月でぐーんと育ってきました。
待望のツボミもついています
P1030057.jpg

ナスを育てるのは初めてなんですが、こんなに1箇所からツボミがつくもんでしたっけ?
皆さんのを見ていたら、1節に1本ずつぶらさがっていますが、やっぱりこれ摘花しないといけないのでしょうか(・"・;)
長ナスがこんなスペースに何本もぶらさがってくれるとは思えないし・・

ひょっとして、またかんざし苗状態なのかな。
関連記事
[ 2012/06/13 12:07 ] ナス | TB(-) | CM(9)

親タイピンクエッグ撤収とトマト覚書

半年にわたって、おつきあいした親タイピンクエッグを撤収しました。

高温多湿のタイのお生まれのためか、根づまりさせたからか、秋冬では全然花が咲かず2月に大幅に更新剪定しています。
それからは順調に育ってくれて、5月から収穫できています。

きれいに色が変わっていきますが、待てば待つほど美味しくなるようです。

ピンクになったところでは、まだ酸味があるのですが、赤っぽくなるまでガマンしたら酸味がなくなって、とろっとした感触になります。

  どんどんピンクが濃くなります
P1030002.jpg

ついつい途中で食べちゃってましたが、それもちょっと酸味のある普通のトマト味なので美味しいです。

そして本命の脇芽株は立派に育っています。
P1030052.jpg

もう色づいていて、この1番果は1花房に1コしか実りませんでしたが、直径4センチあります。
P1030051.jpg

親トマトも最初のが一番大きくて熟しきるまで放置してたら、絶品トマトになったので、その再現を願ってしつこく待っています。
明日ぐらいに収穫して、この種を取るつもりです。


思いつきで夏本番に向けての脇芽をとろうと、昨年10月26日に種まきしてみたミニトマト達ですが、親からも収穫できたので結果的に大成功でした。
本命の脇芽栽培トマトは2月に挿して、4月に開花、6月から収穫できています。
うちで種まきしたとしたら加温設備がないので、6月からの収穫はたぶん無理だったと思います。
室内でも収穫できたので、来年は場所の計画を立てて、1月から順次挿してみようかなあと妄想中です。

親トマトも条件の悪い室内で冬に開花したのに、けっこう収穫できたので、きちんと計画を立てたら、真夏を避ければ、周年栽培できるかもと思っています。

サビダニを室内に持ち込みさえしなかったら(-_-;ウーン
基本的に1Mで摘心、早めに撤収して、脇芽につなぐやり方で、チャレンジしてみます。
場所が苦しいのもありますが、この大きさなら、水、お湯攻めができますし、弱る前に撤収できそうなので。
年に1回は種が入手できるものは種まきリセットするつもりです。
今のところ、購入苗も順調で、ピッコラルージュは着色が始まりました
水切れさせないように、がんばらなくては!
関連記事
[ 2012/06/11 11:11 ] トマト | TB(-) | CM(14)

ゴーヤ天辺まで到達

毎日ネットの1段分ずつ大きくなっていったデリシャスゴーヤ。
とうとう天辺まで来ました。
P1030044.jpg


もう主枝は摘芯してますが、さらにここで摘芯するか、まわれ左するか、迷い中(^-^;。

  左がデリシャスゴーヤ、右が白スーパーゴーヤ
P1030045.jpg

それぞれの葉っぱのつけねには、1個以上のツボミがついていますが、ぜーんぶ雄花
関東では雌花は7月すぎてから、というのを信じたいところです。

もう株はできてるので、雌花は摘花しないから、咲いていいよ~ ( 」´0`)」オォーイ!
スーパーゴーヤもまだ小さく雌花の気配はないですが、スーパーなところを見せてほしい。

沖縄アンテナショップであばしゴーヤが1本400円で売ってました。
大地を守る会で358円。
さすがにまだお高いですね。
殺虫剤を1回使っているようです。
去年は朝顔が犠牲になってくれたので、ゴーヤには虫がつかなかったけれど、注意しなくちゃ。
私がこのお値段で買うことはないとはいえ、モラルがあがりました♪
関連記事
[ 2012/06/09 11:50 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(9)

オクラ着果失敗

おととい
okura.jpg


昨日
P1050031.jpg

茶色に変色、赤オクラじゃあるまいしダメだなと思いつつ、どうなるのか一晩放置。

で、今日のお姿です。

P1050032.jpg

撤去決定


この分だと、このコ達も同じ運命になりそう。
P1050034.jpg

徒長して間引き→胚軸切断挿し芽成功で復活してペットボトルで成長中のコです。
あわてないでいいから、確実に実になっておくれ 八(^□^*) タノム!!
P1050036.jpg
関連記事
[ 2012/06/08 09:21 ] オクラ | TB(-) | CM(4)

伏見甘長・こどもピーマン・あじめコショウ

   伏見甘長です。
P1030025.jpg

長さが7~10cmで収穫とありますが、最初なので、早めに収穫しました。

      ししとうみたい
P1030030.jpg



    こどもピーマンもようやく大人になれそう
P1030024.jpg
一番花は着果しています。
うちのペッパーの中では花が一番大きいです。
ハラペーニョから辛味を取ったという、長さ10センチの大きなピーマンですから、当然ですね。
1つでも十分戦力になりそうなので、これも期待しています。

あじめコショウはアザミウマに新芽を襲われていましたが、温湯処理をして、なんとか退治できたようです。
   
    見づらいけれど、ようやくツボミができました。
P1030027.jpg

小さい頃のお湯攻めで本体のほうをぐったりさせてしまいましたが、無事に蕾をつけてくれる所まで来てくれました。
種まきが鷹の爪より一月遅れていますが、十分間に合いそうです(^o^)。

とうがらし属を好むアザミーがいるので、油断なりません。
大きくなると、チェックしきれませんが、がんばります(`0´)ノ オウ!
関連記事
[ 2012/06/06 13:14 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

極小オクラ

五角オクラは4,5日で早めに収穫しないと固くなるということなので、見にいきました。
ないぞ、落ちちゃったかと思いましたが・・・

   ツボミより小さい
P1030029_20120606125327.jpg

・・・着果はたぶんしていると思いますが、小さすぎ
去年は寒くなってからは、大きくなるのが遅かったけれど、まだオクラには寒いのかな。
関連記事
[ 2012/06/06 12:59 ] オクラ | TB(-) | CM(2)

鷹の爪と本鷹近況

先日、とうがらし系をペットボトルから、ゴミ箱の楕円形にお引越しさせました。
P1030020.jpg

ペットボトルで手狭になってきたというのではなく、楕円のゴミ箱は幅10センチだけど、容量は7Lあるのです。
2Lペットボトルの実質500CC程度の液肥スペースが、ゴミ箱の半分まで液肥を入れるとしても7倍に増えることになります。

置き場所がペットボトルと変わらないので、それなら給水が減って、根っこスペースが増えるのはいいなとダイソーで5箱仕入れてきました。

発泡スチロールでフタを作って、乗せ変えただけの簡単お引越しです。
写ってませんが、ゴミ袋をかける黒いスペースのところに、飛ばないようにゴムをかけています。
ペットボトルだと、置き場所をひねり出しやすいから、無謀にに苗を増やしてしまうので、これが置ける範囲だけと決めちゃえばブレーキになるはず・・と思います。

お引越し後の鷹の爪(左)と本鷹です。
P1030011.jpg

鷹の爪は種から育てていて、こちらは一足早く開花、結実しています。
P1030012.jpg

本鷹です。
P1030016.jpg
「このとうがらしは、それ以前の日本で栽培されていた原種に限りなく近い品種です。
実は小振りで皮は薄く商用には向きませんが、何とも言えない甘さを感じる旨味と凛とした辛味、そして乾燥時でも美しさがあります」

だそうで、とうがらし属は見分けがつきにくいと思っていましたが、鷹の爪と並べると違いがはっきり出ます。
すらりとして、上品な姿。
脇芽が多く、花は一回り小さいです。
1番花は着果しています。
あじめコショウと鷹の爪のお味の違いは何とかわかるんですが、これは初めてなので楽しみです o(^-^)o ワクワクッ
関連記事
[ 2012/06/05 10:30 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

カレイドスコープ開花しました

フルーツのような甘さということで、とても楽しみにしているカレイドスコープ。

他に比べて、蕾はあるものの開花は遅かったです。
白い小さな花が咲くんだろうな~と思っていたら、白いけれど、中が黄色のお花でした。

P1030008.jpg

唐辛子って皆似たようなものと思ってましたが、これなら簡単に区別がつきます。
原産地も固定種なのかも知らないけれど、生でサラダもOKなので、薬味ではなくお野菜として期待しています。

葉っぱが大きく、背が高くなりそうなのが、想定外でした。
場所が許す間は、のびのび育ってもらわなくちゃ。

P1030009.jpg

とうがらし属もスイッチが入ってきたようで、うれしいです
関連記事
[ 2012/06/04 13:20 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

オクラ開花しました

3月26日に種まきしたオクラ、ピークファイブが開花しました
P1030005.jpg

目立たないところに置いていて給水も週に1度もないので、蕾が大きくなってきたのに全然気がついてませんでした。

 ひっそりと
P1030006.jpg

でも、おしべがちょっとしか、ついてなかったです。
オクラは咲いたら実になると信じてましたが、これは無理かも((o(б_б;)o))

昨年のオクラは定植が7月10日とスロースタート。
猛暑のせいか、蕾はつぎつぎと落ちてしまって、9月半ばにようやく咲いてくれました。
こんなに早いとすぐ終わっちゃうでしょうか。
来月あたり追加の種まきしたほうがいいかな?

関連記事
[ 2012/06/03 15:32 ] オクラ | TB(-) | CM(6)

主枝の花房、脇芽の花房

スプライトの脇芽を挿して、2株をペットボトルで育ててました。

1株は、大きくなりすぎて、自立できなくなってきたので、今日ゴミ箱にお引越しさせました。
もう芯止めしています。

 左は第1花が咲いたばかりのちいさなももこ、右がスプライト
P1020999.jpg

もう1株は、ペットボトルでなんとかなりそうなので、どこまでできるか実験のつもりです。

うちの種からのトマトは第1花が咲くということが、なかったです(;´д`)トホホ

第1花房は、そのまま朽ちてばかり。
絶対に着果させることと言われても、咲いてくれないとお話になりません。
最初に開花した花が、第一ということにしていますが、全部着果しています。
苗を買ったイエローアイコも第1花房は枯れちゃいました。

ところがマウロさんのピッコラルージュ、トスカーナバイオレットはちゃんと咲きました。
そのかわり、脇芽が少なくて、すっきり育っています。

アイコやスプライトは脇芽ぼーぼーです。
大玉じゃないし、準備ができたら、開花してくれると思って待っていたほうがいいのかも。
どうせ、何もできないし(^-^;

せっかくついたツボミを枯らすというのは育て方に難アリなのは、わかってるんですけど・・。

スプライトの一番元気な花房です。
P1020995.jpg

これは脇芽からですが、1花房で30個はついています。

主枝からのは、ほんとにないのかと探したら、1つありました。
これはダブルで20個はありそうです。
P1020998.jpg

どちらも差はないですよね。
実ができてくれたら、何の文句もありません。
うちはトマトができないと思い込んでいたのに、鈴なりトマトが見れるなんて、幸せなことです

この株はたぶん200個近いとは思いますが、それでも液肥はそんなに減りません。
あと一月もしないで、うちは灼熱地獄になるので、早めに逃げ切りたいです。

ただ、ひとつ気がかりが・・

親スプライトから種取できてないんです。
ひょっとして、脇芽からは種ができない・・なんてことはないだろうし。

脇芽を早めの2月にセットしたので、どんどん色づいてきました。
明日から収穫予定です。
種があるか、ちゃんと見なくちゃ。
関連記事
[ 2012/06/01 15:00 ] トマト | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。