いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しいたけ栽培キット買っちゃいました

ベランダ水耕菜園のrune様の見事なしいたけの収穫の記事を見て以来、ず~っと気になってたしいたけ栽培キット。

楽天の今月いっぱいの期間限定ポイントを消化するのに、本か種だな、と迷っていましたが、しいたけ買えるじゃんと思いついたら、(*・・)σ【】 即ポチでした。

送料込みで2個で2100円、しいたけでるデルというのを買いました。


おととい到着。
夜になってから開封して、セットしました。
箱から菌床を出して、付属のスチロール皿に置きます。
支柱を上部に挿して、全体を霧吹きで湿らせてから、ビニールかけて放置しています。
20度前後が適温だそうです。
うちは今は大体15~20度なので、これはクリアのはず。

今朝はこうなってました。

30個取れたらよしと思ってましたが、とんでもない数が植えつけられてるみたいです。

キノコの世界も、葉物の種のように、個人では食べきれない数がセットされてるのでしょうか?

説明書には書いてないけど、ネットを見ると、どうもここから間引きが必要のようです。
なるほど、ばらまきしたのを間引くという感じですかね( ̄- ̄)フーン

・・・・・・間引き苦手ですorz

何もしないと、しめじみたいになっちゃうのかな?
もう少し育ったら、とにかくやってみます。

1週間から10日で収穫だそうです。
今年の干ししいたけが、これで賄えますように(-m-)”

追記 2月2日
お昼ごはん用に、間引いてみました。


後から出てくるのが窮屈になりそうな場所にある、比較的大きいものを間引くでやってみました。
大きいのを残して、小さいのを間引くべきなのかな?
このあたり、性格が出そうですね(*^^*ゞ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/31 20:33 ] きのこ | TB(0) | CM(4)

ソラマメやばいかも

今朝のベランダはマイナス5度。
液肥は凍ってはいませんでしたが、連日の寒さでソラマメがピンチです。

いちおう夜はビニールでぐるぐる巻きにしてるんですが

取ってみると、しおしお~(x_x;)


一方、夜は室内の育ちすぎ予備苗は


めっちゃ元気。
先日主枝を根元から摘芯しましたが、ぴっちぴちです。

予備がメインに昇格の可能性大なのですが、遅まきながら外の本隊も夜は室内に入れることにします。
もう、外より中のほうがジャングルになりそうです(-_-;ウーン
関連記事
[ 2012/01/30 08:57 ] マメ | TB(0) | CM(3)

がんばれ脇芽

色々と無謀な種まきをしていますが、一番のフライングがこれです。

左から、タイピンクエッグ、レッドミニ、スプライト。
Sunday,Sunny DayのNaomi様より種をいただきました。
貴重な種をありがとうございます<(_ _*)>

これはどうしても収穫までこぎつけたい。
でも去年のサビダニと未熟さからの失敗がトラウマになっております( ̄へ ̄|||) ウーム
とにかくできるだけ早めにスタートするか、もしくは秋からだろうと思いました。

真夏のトマトはやらない(できない)。
大株にもしない(たまたま全部矮性だけど)。
これは決めています。

真夏までに収穫するための冬場の育苗設備も技術もないので、まず考えたのが脇芽からの栽培でした。

といっても脇芽をとるには親株が必要なわけで・・・。

種をいただいた10月は育苗にはいい気候なので、26日に種まきしてみました。
外で育てたかったのですが、すでにサビダニが発生していたので、まずは一粒を一発勝負で種まきして窓辺で育ててました。

途中まで順調でしたが、下葉から枯れてきます(T.T)。


最初の全体の写真も下の葉っぱがないでしょ。
サビダニじゃないと思いたいんですが、やばいのかな、これ。
ルーペでは発見できませんでしたし、茶色にはなっていません。

しかし私の仕打ちのほうがサビダニよりひどかったかもしれませんorz

定植したときに敷いた不織布(たぶんお茶パック)がどうもガンコだったようで、根っこがちょっとしか出てこれなかったのです。
室内とはいえ、おかしすぎると気づいたのは、根元にブツブツが出てから。

水耕で根っこにストレスかけるなんてアホすぎます ( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ペットボトルに大きくスリットをあけても、全然意味なかったじゃん。

無理やり破いたら、根が出てくるようになりました (-人-)ごめんなさい
いつもは水色の水切りネットを使っているのですが、アザミーの好きな色を使うのやだなって思ってしまったんです。
覚えてないけど、まだ犠牲者があるかもしれません(-_-;)

ようやく脇芽がたくさん出てきて、まずはこの子達が頼りです。

葉っぱのない、下からも出てきました。

一応ツボミついてるけど、しょぼいですよー。
根っこが自由になってからの第2花房のほうがまだ立派。

本体の育ちが悪かったら、脇芽にも影響するのでしょうか?。
脇芽だけなら健康そうだから、遺伝子だけ伝えてくれないものか・・・。

失敗から学ぶといっても、これは痛かったです。

とにかくサビダニじゃありませんように (*・人・*) オ・ネ・ガ・イ

関連記事
[ 2012/01/27 17:57 ] トマト | TB(0) | CM(7)

インゲンをアザミー疑惑で撤収

つるなしインゲンなので、すぐに収穫が終わると思ってたんですが、若取りしてたせいか、第2陣が咲き出して、あと30個(3株です)くらいはいけるのかも、と思っておりました。

そろそろ大きい葉っぱは汚いのも出てきました。

狭いところで茂ってるし、下のほうは疲れてきて当然だな、と葉を落とそうとして、始めてマジマジとチェックしました。

つるしてるからあまり見ないし、液肥を入れるか収穫するだけの、まったくの手間いらずのよい子だったのです。

でも、なんか変だぞ、これ、自然に枯れてるんじゃないかも・・・・と詳細に見ていくと、極小の小さい黄色い点がついてるのがあります。
先が縮れてるのもある。
15倍ルーペで見ても、小さい黄色いウジにしか見えません。
アザミーの幼虫なのか、何なのかもわからない。

そういえば、おととい2センチくらいの小さいサヤで水分が抜けてるみたいなのが落ちてました。
まあ、過密に茂ってるから、そういうこともあるさと気にしませんでした。

どうも私は見たくないものには、とことん見ないふりをするようです(;´д`)トホホ

アザミーなら土からふ化すると思ってましたが、新品のパーライトだし、今室内にはそこまで怪しいのはないんだけれど、どこから来たんだろう・・・・・
たんにウジみたいな別の虫なのかな?

他は、イチゴのハダニー以外は異常ないようだし、危ない葉っぱがかなり多いので、インゲンは撤退することにしました。

根っこです。
容器ちょうどに広がってくれてました。
関連記事
[ 2012/01/24 09:18 ] マメ | TB(0) | CM(2)

枝豆フライングスタート

夏野菜の種まきをちょこちょこ始めていますが、一番無謀なのが枝豆です。
たぶん先輩方は、こいつ、やるだろうな、とお見通しだったのではないでしょうか(^-^;。

ここ埼玉は枝豆の産地。
ベランダのお向かいは数年前までは枝豆畑でした。

朝どりの一束500円の無人販売を楽しみにしていましたが、今は駐車場になりました。
高層マンションが建つよりは、ずっといいのですが、残念なのですε-(´・`) フー 。

春になるとえんどう達は高温の窓辺でのつるし栽培は無理だから、入れ替え候補として枝豆は文句なしでした。

つるしたら倒伏もしないし、大きくなる頃には窓際は常時20度は軽く超えるだろうと都合のいいところだけを妄想して、奥原早生を衝動買い (*・・)σ【】ぽち♪
うちのつるし栽培の定員は無理して7ペットボトルですが、実はすでに満員です。
時期はずれの枝豆は種袋にあるような短期間の収穫はありえないし、当分は小さいだろうから、インゲンと入れ替えられるだろう・・・と自転車操業をもくろんでいました。

が、ポチってから、お勉強していくと何かと問題が。

枝豆は太陽光がほかの豆より必要だそうです。
季節を考えりゃ当たり前なんですが、温度は何とかなっても、光量足りないかも。

あと発芽温度の高さと徒長。
適当に加温したまま油断すると、煮豆になるか腐らせる可能性大。

まあ、やってみようと、種を水につけました。
どこかに水につけるってあったと思い込んでたんです。

どうもつけたらダメ説と2説あるようです。

でね、昼すぎに水につけたのを夜に見たら、このまま煮豆OKですよって感じでふくらんでたんです。
これはヤバイ、とあわて取り出しました。

主人は、腐らせるのはもったいないから食おうといいますヾ(ーー )ォィ
もはや手遅れとも思いましたが、もったいないし種まき決行。

翌日、本をあさってみても、やっぱり2説あります。
大抵の種メーカーは水につけるなと言ってるから、次回からは従うべきだと思いました。
自家採取と違って、最近の市販の種は発芽しやすいようになってるのかもしれないし。

いんげんと同じようにパーライトを入れたお茶パックに蒔いて、炊飯ジャーの上に放置しました。
ところがなんと中1日で朝には発根してました(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!

半日弱の給水量が、ギリギリセーフだったのでしょうか??。

水分たっぷりのどえらい徒長苗になるかもしれないけれど、まずはよかった。

今度は徒長対策なんですが、大変みたいです。
今は温度は低いから、発芽したら15~20度の室温で育てて、晴れてたらビニールかけて外に置くことにします。

水は底面給水任せです。
室内えんどうはこれで徒長しなかったので、だめなら次回は他の手を考えます。

そして、これが10日目の今日です。
発根は早かったけれど、それからはのんびりでした。

1本まびくつもりですが、狭いところに3本ひしめいてます。
ここからびよーんとなるんですよね(^-^;

このお天気では外に出すわけにはいかないので、明日からは晴れ間があればいいんですが。

・・・・・・あまりひどいようならこれは豆苗としていただいていいのかな(▼-▼*)
関連記事
[ 2012/01/23 18:00 ] マメ | TB(0) | CM(2)

イチゴ近況

ホームセンターで、見事な四季なりいちごが売ってました。
あまつぶ姫? だったかな。
大きな実がいっぱいついてて、うっとりするような大株。
480円でした。
ええ、ほとんど買うところでした。
めちゃウマを名前に負けて、蜜香をあますぎる、のコピーに負けた私ですから_l ̄l○。

元気な大株だから、これは大丈夫だよ、あと1鉢くらいどってことないじゃんという悪魔のささやきの中、株をあれこれと吟味して、コレにする、と決めたのですが・・・

さすがに私も学んでいたようです(-_☆)。

今鈴成りの数粒は当然収穫できるが、問題はその後。
ここまで見事に育ってるからには、温室でいたれりつくせり、やんごとないお育ちのはず。
それを、うちの西日リビングもしくは、一日の温度変化MAX30度のベランダに出したら、どうなる?
ここから水耕に慣らして、春につなげることができる?
秋に買った娘達も、色々問題起きたの忘れたの?。
春になったら、もっと種類が出るし、気温もいい感じになるよ、あわてると後で悔やむよ~。

と天使のささやきがつぎつぎに。
ということで、耐えました (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

で、今のイチゴ達です。

あまごこち

そういう品種なのでしょうが、最初から葉っぱの数が、やたらと多いです。
でも小さい。
この葉っぱ、減らさなくていいのかな?

そして、花をつけたがります。
小さいのばっかり。
さすがにこれはダメだろうと思います。
全部これから摘花します。

めちゃウマ

春を迎えられるのか、これが一番微妙です。
スタートの葉っぱ3枚から考えたら、大きくなったんですが・・・
新葉は色が薄くてまだらなので病気?、とも思えます。
ずっとこんな感じだけど、育ってきているので、様子見が続いています。
つぼみがありますが、子供つくってる場合じゃないし小さいので、摘花します。

メーカーも
”イチゴはぐんぐん生長し、花芽が次々と上がってきますが、株が十分大きくなるまでは花を摘みます。ランナーが発生した場合は早目に切り取ります。葉が10枚以上展開したら、摘花を止め実を着けさせます。”
と書いてるし。

エバーベリー

2個収穫させていただいたあと、休眠に入りました。
最近になって、真ん中から葉っぱが出てきました。

蜜香

寒さにあてるため基本は外、氷点下予報のときだけ、夜は小窓を開けた部屋に入れています。
外のほうが暮らしやすいのか、葉っぱくるりんもよくなり、新葉が出てきました。
まだまだ小さいですが、もうだめだろうなと思った頃からみれば、希望が持てるようになりました。

シャワーかけても、ハダニは順調に発生しています(`-´メ)
多くはないので、手間ではないのですが、相変わらずイチゴにしかつきません。
関連記事
[ 2012/01/17 13:26 ] イチゴ | TB(0) | CM(10)

ソラマメとえんどう近況

外の定植組のソラマメです。

ほとんど定植前と大きさは変わっていないですが、ようやく根っこが出てきました。
暖かくなるまでは、本葉5,6枚までということだから、上はいいとして、根っこの量はぶっといけれど、少ないですね。

ソラマメがどうやって育っていくのかわからないので、こんなもんでいいのか悪いのか、さっぱり(^。^;)
なんといってもこの寒空の中、枯れたり、ぐったりしてなければよし、としています。

さて、どうしようかなあ、と思っているのが、この予備苗です。

3株育てるつもりでしたから、育ちすぎ気味のを別に残していました。
本来なら処分なんですが、底だけ液肥につけて、アルミホイルをフタ替わりにして放置していました。

ところが、こんなに大きくて、全然手をかけてないのに、めっちゃ元気。
しかし今日の東京の予報は最低気温マイナス5度w(゜ー゜;)wワオッ!!
種まきから2ヶ月たったので、もういいかな?と昨夜はこの予備苗を中に入れました。

今日からは予備は昼間は外に出して、夜は中に入れようと思います。
根っこは、まだこんなのです。
これも、定植組みもお茶パックを破いたほうがよかったですね。
失敗でした。
これからやります 〆(._.)メモメモ


紅笹とスナック2号は順調です。
紅笹は最初に1本あたり一気に6つ花が咲いて、こりゃすごいわ~♪ でした。
次々と、まだ咲いています。
多収性ってこういうことなんですね。
こんどから種買うときは、そのあたりを考えなくては。

スナック2号君は、こちらが普通なのでしょうが一段に1つづつ開花しています。
最初のは結実しましたが、まだ次の花が咲いたばかりです。

第2陣も育っていますが、まだ第1陣は30センチにもなってないし、終わるまでに少なくとも一ヶ月以上はかかりそう。
つるなしって、ぱっと咲いて、すぐ終わるのかと思っていましたが、違うのかも。
早まりました(+。+)あちゃ-。


追記)
ソラマメのお茶パック破りました。
直まきしたほうがいい種類の根っこは触りたくなかったので、そのままにしてたのですが、かわいそうなことをしたようです。
当然ながら、根っこがとぐろ巻いてます。
これからのびのび育っておくれ(-人-)ごめんよおぉ

関連記事
[ 2012/01/12 08:35 ] マメ | TB(0) | CM(6)

双子の赤い花が咲きました

室内窓際栽培の紅笹豌豆とスナック2号、開花しています。
種まきが11月25日で、紅笹は1月3日、スナックは5日でした。

紅笹は8~9月上旬まきでは、30日前後で開花始めということなので、まあまあですよね(^O^)。

やっぱり赤い花ってかわいい~♪
双莢性が強いって、説明にあったように双子の花がついていますよ。
ということは、倍とれちゃうのかな (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

今回は横置きペットボトル2本に11株植えてるから、楽しみです。
問題は根っこスペースですが、ちゃんとチェックしなくては。

スナック2号もずっと室内で寒さに当ててないのですが、とりあえず開花はしてくれました。

ここから実になってくれたら、とても助かるんですがどうなるでしょう。
大丈夫だよねえ、と決めつけてすでに第2グループもまいちゃいました(^o^)ゞ
どこまで食べる気なんでしょうね。

でも、不憫なのは先に種まきした外おきのえんどう達。


これは徒長のひどいやつを集めたグループなんですが、一部紅葉しています(→o←)ゞ

つるありだと中ではお世話できないので、ビニールカバーでがんばってもらいます・・・

11月11日まきなので、そう早くもないと思うのですが、セオリー通りにはいきませんね。
来年は12月に種まきして中で育苗してから、外に出すことにします。
今からでも追いつけそうですが、紅葉しながらもがんばってくれてるので、このままでいきます。

ところでスナップえんどうにも赤花の品種があるんですよね。
ついポチってしまいそうですが、どのえんどうなのか区別がつかなくなってしまいます。

今でも外の現役の実えんどうと絹さやは、ぜんぜん区別がつきません。
買ったときは、両方とも白い品種とは知らなかったし、見たらわかるだろうと何も考えてなかったし(-_-;)。
左右好きなほうに伸びてるから、根っこからくねくねたどって確認している始末です。

間違うと、育ちすぎたカチカチの絹さや、未熟な実えんどうを収穫しちゃうことになります。
何度かやってます(´ヘ`;)。

今後は
実えんどうなら、紫えんどう。
この花は紅笹に似てるけれど、サヤが紫だから間違いようがありません。

スナップえんどうは白花。

絹さやは赤花ということにします。

植えるときにちゃんと離しておけばすむことを、レベルの低い学習ですねえ。

しかしうちのベランダにそんなゆとりはないのですヽ(´・`)ノ フッ
関連記事
[ 2012/01/05 15:21 ] マメ | TB(0) | CM(6)

オカノリ・おかのり

箱庭ベランダ菜園のまきば様が、野生おかのりについて書かれていましたが、うちの近所にも通るたびに気になっていた、おかのりのような葉っぱの群生がありました。

この他にも、あと数箇所あります。
これ、おかのりですよね。


☆☆☆コメント欄に葉っぱ様から、ゼニアオイではとのご指摘をいただきました。
そっくりでございます(^-^;
正直なところ、大きくなったオカノリを見たことがないので、区別がつきません。
ゼニアオイも使える草のようです。
これからの成長をウォッチしていこうと思います。
葉っぱ様、ありがとうございます<(_ _)>
☆☆☆

どこからこぼれ種が、とまわりを気をつけて歩いてみると、ありました!

みごとなバラやズッキーニをはじめ、たわわにお野菜を実らせていた上級ガーデナーのお庭にちょこっとおかのりがあるのを発見。
それでも30センチ四方くらいのスペースでしたし、葉も小さい。
(よそ様のお庭なので写真は自粛しています)
そこから100メートル後方の空き地飛び散って、こんな群生になったようです。
土はほとんど砂利道とコンクリート、肥料は、おそらく犬猫の落し物。
日照と根っこスペースは限りなく。

それで本家よりもはるかにでっかい葉っぱで風格さえただよわせております。
虫食いは、いっぱいあります。
毛虫のついてる葉っぱも見つけるのに苦労はありません。
でも8割ぐらいの葉っぱは無事なんですよね。
虫に2割をあげて共存して、自分も元気という野良おかのり。

おみごと!(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ。

そして、これは先月まきば様からお譲りいただいて、ようやく本葉が出たうちのおかのり。

今のところ、土なしでスポンジに給水ヒモをはさんでいるだけです。
(まきば様、ごめんなさい、育ったら植え替えますから(-人-)

根っこスペースがあまりに違うし、あんなにでかくならなくていいし、なっちゃだめ。
週に数枚でいいから、虫じゃなくて、私にくださいな♪

そうそう、このオカノリを蒔くときに、オカノリ 育て方 でぐぐってみたのですが。
グーグルさんは、勝手に オクラ 育て方に変換して、オクラの育て方が出てきちゃうんですよ。
そんな間違い、いくら私でもやりませんがな ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

おかのり 育て方なら正しく検索してくれますが、単独でオカノリって入れても、正しくおかのり情報が出てくるんです。
変なの~。

このおかのり、冬葵の仲間だそうで、花もキレイですよね。
もっとかわいい名前にしてあげたら、こんな間違いもないのになあ。
関連記事
[ 2012/01/04 15:43 ] その他アブラナ科 | TB(0) | CM(6)

ベビーリーフたち

野菜を育てるのは趣味、収穫はうれしいおまけ、と頭で理解はしているものの、市販品が高いとちょっとうれしくなるのは主婦の性というものです。
お花を育てて赤字とかは、絶対に思わないのに不思議ですね(*^.^*)エヘッ

私がこれだけはコストも楽しさも申し分ないので、自分でまかないたいと思っているのがベビーリーフ。
狭い場所で早く育って、必要な量だけかきとって使えるし、種消費にもお役立ち。
市販品と比べて(たぶん)味も見劣りしません。
どうやったら一番簡単にできるかなあといろいろ試しています。

簡単というのは、早く育つという意味ではなく、種まき、後片付けが簡単ということです。
ベジログ様が紹介されている超簡単毛管水耕栽培を真似たいものの、防根透水シートは持ってないから、形だけまねっこして今気に入っているのがコレ。

カップ焼きそばを2つ重ねたものです。
上の段の底をくりぬいて、鉢底ネットをしいて、100均のパーム用土を培地にしています。
お安いし、困ったときは燃えるゴミで出せるから。
下は、培地が湿る程度の液肥を適当に入れてます。
たまにしか補充しませんが・・・

土を使ってないのがコレ。

ダイソーの底に穴のあいたトレーに、化粧コットンをしきつめて、給水布をたらしています。
それなりに育ってますが、セットするのがちと面倒(なんとズボラな・・・)

これもお遊び感覚ですが、土を使ってないです。
ほとんどスプラウトですねえ。

給水布は手持ちのキルト綿なので、ちょっともったいないですね。
薄い布だと、種まきできないし。

お手軽なやり方、どうぞご教示くださいませ ヨロシク(^○^)/

さて、今日も主人はお仕事で、時間たっぷり。
すくすく水耕栽培のyaefit1500様が元日にお犬様のコートを作ってあげていた記事を見て、久々になんか作ろう、と思い立ちました。
一日でできるものということで、自分のネックウォーマー兼帽子を編んでみました。
毛糸は以前主人に編んだ残り物。
無駄に凝った模様にしたのに、糸が地味なので、デコボコなだけになりました。
でも、あったかいからいいや。
ヒモを絞ると、耳まですっぽりの帽子になります。
関連記事
[ 2012/01/03 16:44 ] その他アブラナ科 | TB(0) | CM(2)

正月早々にあれこれやってます

あけましておめでとうございます。

年末に主人の正月出勤が決まったため、いつもと違った元日となってます。
例年初詣は元日の午前中なのですが、今年は年明けとともに近所の氏神様に30分行列してお参りさせてもらってきました。

朝からがっつりは食べられないので、お雑煮だけをいただいて主人を送り出しました。
おせちは当分私の、昼夜ごはんとなってしまいます。

だから、めっちゃヒマ(^▽^;)

室内栽培のベビーリーフ、かぶの種まき、えんどう、いんげんの2弾のペットボトル加工を3セット、再生春菊の定植。
いずれやろうとしていたものの、まさか1日からとは思わなかったな。

さて、これは今日セットしたつるなしいんげんです。

なんで同じ条件で、ここまで徒長に差が出るんだろう・・・・・
日当たり、水遣り、気温、どれも同じなのに。

前回のもびよーんと徒長したのがありましたが、私に折られても平気で育ってくれているので、このままいきますよ。

今日は終日気温が上がりません。
ベランダは10度あるかないかです。

外が氷点下でも室内は最低でも15度はあるから、いんげんの最低温度の10度はクリアできるはず。
もちろん、またつるしちゃいました(^o^)ゞ。
関連記事
[ 2012/01/01 17:10 ] マメ | TB(0) | CM(10)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。