いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

温室いらず?

びっくりしました~、ある意味アザミウマよりショックです。

昨日、イチゴを室内に入れたときに、液肥がぬるま湯だったんです。
なんで???

そのときは、もう気温が下がってたし、昼間暑かったのかなあ、今の気温だと水はあったかく感じるのかなと、おめでたいことを思っておりました。

で、今日、西日ガンガンタイムにイチゴの入ってたケースの中の温度を計ってみたのね。

あまりに恥ずかしいので書くのやめようかと思いましたが、誰か一人ぐらいの役にたつかもしれません(^-^;
40度ありました
中に手を入れて,そこまで暑くないよ、温度計壊れてるな、と思いました。
で、別のに取り替えてみましたが、おんなじじゃん・・・・・

えーっ、だったら青菜なんて夏は枯れちゃうはずだよと青菜エリアを計ると25度程度、まあこれでも暑いけどね。

40度あったのは外といっても、クリア衣装ボックスをケースにして、上半分をパオパオでくるんだものの中です。
エアコン室外機の上に厚みのある発泡スチロールを敷いた上においてあり、西日の一番当たるところです。
ここは暑いとは思っていたので、夏場はクウシンサイだけが入ってましたが、元気でしたよ(^-^;。
いったい何度になってたのか見当もつきませんが、クウシンサイ恐るべし・・・・・
でも、ハダニもカメムシも来ました。
ばててたのは、人間だけかあ。

今ならここは暖かいと思ってイチゴを入居させたわけですが、そういうレベルではなかったですね( ▽|||)サー

考えようによっては、冬には絶好の温室となるかな。
朝夕の温度差はバッチリあるし、冬でもトマトができたりして。
少なくとも育苗にはいいかも_(^^;)ゞ

それまでは当然閉鎖です。
来年もクウシンサイ専用で決定。
あー、恥ずかしい・・・

イチゴなんて花咲いちゃったよ、そりゃ、季節勘違いしますよね。
元気に葉っぱ増やしてくれてるから、あったかくて快適なんだろうな、と都合よく思ってましたorz
専用温度計買って、まじめに管理します(・_・)/
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/28 20:38 ] ベランダ | TB(0) | CM(5)

見つけた!

室内水耕の小松菜に透き通ったカジカジ跡が・・・アザミウマだ!
葉っぱをじーっと見ても全然わからない。
0.2ミリとかじゃなあと思いながら、光にすかして見てもわからない。
でも、なんか点があるよ。
しかも動いてる!
見つけた!
といっても、点だからアザミウマとは限らないんですけどね・・・
これは培地なしの水耕でまだ本葉が2枚きり、発生源というのは考えられません。

最初から室内にあった土耕アシタバは葉っぱが一枚出るたびに、透き通ったカジカジ跡が出来ました。
なんなのーこれー、病気かなあと思いつつ、葉っぱを処分して、一度は葉っぱがなくなりました。
今は葉っぱ2枚、ぱっと見、異常ありませんが、外に出しました。

まだまだいるんだろうなあ・・・・・
とにかく室内で繁殖されるのはたまらん。
ということで、土の中で蛹になるなら、当面土栽培を室内でやめるしかありません。

培地が日向土の水耕は、効果ないかもしれないけど、撤退するまで全部アルミホイルマルチ。
対処できないのが、土耕ばらまきのミツバとベビーリーフです。
このベビーリーフは最初大発生させたカブの隣で栽培していたことがあるので、ちょっと危険。
さっき収穫して土を熱湯消毒しました。
あと何回か、収穫するつもりだったのになあ。

ミツバは厳重にチェックしかありませんが、外に出します。

室内水耕は原則としてしばらく培地なしか、アルミホイルマルチして、密植を避けて怪しければすぐ対処。

とにかく室内からクリーンにするぞー。

でも、外のイチゴだけはなんとか許してほしい。
防虫イチゴハウスを作ってたんですが、リスク分散のために、3箇所にばらしました。
どっちにしろ、ハダニとアザミウマには防虫ネットは無力だから、丸腰ですねえ(^-^;

ところでハダニアザミウマっているんですって。
ハダニを食べる益虫だそうです。
来てもらってもいいけど、絶対、区別がつかないですo(´^`)o ウー。
関連記事
[ 2011/10/27 20:39 ] 害虫 | TB(0) | CM(4)

アザミウマ対策の覚え

岐阜大学 応用生物科学部 園芸学研究室の福井博一教授のサイトから引用させていただきました
ミカンキイロアザミウマ
  成虫は体長1.0~1.7mm。黄色黒褐色。
  1990年に千葉県と埼玉県で初めて確認された北米原産の害虫。
ミナミキイロアザミウマ
  成虫は体長1.3㎜前後、全体が黄色で翅の合わせ目が黒く筋状に見える。
  1978年に南西日本で初めて発生した。
 ●卵~成虫までの期間は10~20日
 ●成虫の寿命は30~40日
 ●成虫の1匹の雌は150~300個を産卵し、1ヶ月後には300倍に増殖する
 ●蛹の時期が近づくと地表へ移動し、土中で蛹となる
 ●多種多様な植物に寄生する。
 ●休眠しないので、施設内では冬でも発生する。
 ●施設では2月下旬から増加し始め、5~6月に最も活発に活動し、初夏~初秋に大量の増殖する
 ●成虫の飛翔能力は低く、自力では5m程度しか移動できない
 ●成虫は青色、黄色に誘引される
防除対策
★耕種的防除
 ①施設では、作付け前に除草を行い、ハウスを閉め切り、次の作付けまで20日以上あけ、成虫を餓死させる。
 ②本種の発生した施設では土壌消毒を行い、蛹または成虫を死滅させる。
 ③株や苗で持ち込まれる場合が最も多く、株や苗を購入する場合は本種が寄生しているかどうかよく確認する。
 ④育苗専用ハウスを設けて隔離栽培し、育苗時の防除を徹底する。
 ⑤ハウス内の雑草はこまめに除草を行う。
 ⑥側窓開口部にアルミ蒸着フィルム交織ネットや寒冷紗を張り、スリップスの侵入を防ぐ。
 ⑦青色、黄色に誘引されやすいため、ハウス入り口などに黄色や青色の肥料袋などを放置しない。
 ⑧シルバーフィルムによるマルチは忌避作用を持つ。
 ⑨近紫外線除去フィルムを利用して虫の行動を抑制する。
 ⑩収穫後不必要な株や苗、残渣は速やかに焼却処分する。
 ⑪圃場周辺にある鑑賞用の花きや雑草は発生源になるので処分する。
 ⑫施設周辺(最低5m)の除草を行い、施設内への飛び込みを減少させる。
 ⑬黄色、青色の粘着トラップで発生の有無を観察して、発生動向に充分注意する。
 ⑭強風の吹いた直後には近隣に発生地域がなくても、綿密に調査を行う。
 ⑮木酢液を噴霧することで、スリップスを忌避する効果がある。
 ⑯砂糖を200倍~500倍に希釈し、有機リン剤を溶かして噴霧すると、新芽や蕾から這い出し、舐めて死滅する。
 ⑰ククメリスカブリダニ(天敵資材)を放飼し、防除する。
引用終わり

1)入れてた衣装ケースは消毒したけれど、ベランダ全体は無理・・・締め切りも無理。20日あけるのは、その土をつかわないということならできる。
2)今育ててるのは、終わった地点で全部やります、当たり前か。
3)見えればいいんだけど・・・とにかく綺麗で健康そうなのしか買わないぞ
4)それはできるけど、外に出したときが問題。
5)雑草はほとんどありません
6)やってます(;´д`)トホホ
7)アルミホイルをとりあえず、土においてます。
8)1M単位でどっかに売ってないかなあ、銀色のビニールで手に入りやすいのないでしょうかホイルにビニールかぶせても一緒かもしれない。
9)どこに売ってるんでしょう。個人サイズあるのでしょうか。
10)これはできる
11)うーん、昔からの花までは今は無理。沈丁花とマンリョウと桃なんだけどダメかな。
12)できる
13)そんなことしなくても、もういるし、失敗しそうです
14)とにかく見張り強化
15)これはやりました。たまたまおととい買ったから消毒かねてベランダのあいてるとこに原液を霧吹き。よし、またやろう。
16)やりたくないです
17)どこにいるんでしょう・・・

土の中で蛹になるということは、銀色マルチを丁寧にやったら出て来れない、もしくは入れないというのは甘い?
全部水耕にしたら来ないのかな?・・・バーミキュライトでも育つのかしら?

鷹の爪・・・数枚怪しい葉っぱあり。大きいのは全部収穫
豆系・・かなりお得意様状態、ひどいのだけ葉を取った。
オクラ・・今日で撤収します(T^T)
トマト・・・・なんとか持ちこたえてください、お豆が人柱になってくれてる状態かも
その他青菜系・・・見張り強化
イチゴ・・・パオパオハウスにいれてるんだけど、とにかく見張り
ピーマン・・・剪定ずみ、再生待ち

がんばるぞー(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/オォー
関連記事
[ 2011/10/26 07:47 ] 害虫 | TB(0) | CM(8)

恐怖のアザミウマ

収穫までもう一息だった、カブ。
太り具合をチェックしてたら、結構葉っぱがやられてました。
あららーとカブのプチカゴを持ち上げたら、いっぱい這ってる虫がいた。
もうパニックでした。

とにかくプチカゴを下に出して(衣装ケースの中に入ってます)、お湯かけようと思いました。
大急ぎで台所に行ってお湯かけて、土にも満たして・・放置するつもりでした。
もういいよね、とお湯かけるのとめたら、ピョーンと何匹かはねた。

うそおっ、(飛べることを知らなかった)、お湯も平気なのお(T0T)

でも、大方は退治できたみたいで、これは放置して、他にもやられてるかもしれないと大捜索。
怪しいのは、片っ端から処分しました(T0T)

で、コイツなんなんだ、とパソコンで調べました。

やっとわかった。
アザミウマって名前は知ってたけど、まだ会ってないと思ってましたが、たまにベランダを這ってるところを見たことがあります。
名前も知らない虫、という感覚で、害虫という発想はなかったんです。
植物にたかってるの見たことなかったから。

でも、ここ見て、疑問氷解。
グーグルの画像検索です。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%83%9E&hl=ja&client=firefox-a&hs=EGL&rls=org.mozilla:ja:official&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Q5mmTpv9FcifmQWzwNilDw&ved=0CDkQsAQ&biw=1280&bih=576

葉の白い点々、葉が白くなった中に黒い点々ができる、縮れてくる・・・バラエティありすぎ、でも全部心当たりあり。
朝顔が双葉から縮れてたのも、何にやられてるかわからず病気か?と思ってたのも全部コレだ。

そして縮れ、ピーマンに出てるのといっしょじゃん。
先日、けっこう収穫して、今また子育て中なのに・・・
これも泣く泣く、かなり剪定しました。

バジルも先が縮れていました。
これもダメだ。

もちろんトマトも。
白い、色抜けのようなブツブツ。
ひどいとこだけ、葉をとります。

んっ?、ピーマン?
鷹の爪ってピーマンの仲間だよね  アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
早速ぐぐってみたら
サカタの鷹の爪のページに
ミナミキイロアザミウマは大きな被害をもたらすため、早期に防除します

とあったが、防除ってどないせいっちゅうねん。

とにかく見張るしかない。
縮れてたら、即処分ぐらいしか思いつかないよお(T-T) ウルウル

当面の心配はイチゴ達・・・・・

見つかりませんように(;人;) オ・ネ・ガ・イ


関連記事
[ 2011/10/25 19:48 ] 害虫 | TB(0) | CM(6)

二十日大根を四十九日で収穫というか抜きました

二十日大根は、夏は徒長してばっかりだったし、秋になってもあまり変わらないので、放置状態でした。
そういえばもう長いよね~と見てみたら、なんか白いもんが出てきてる。

箱庭ベランダ菜園のまきば様ものぞいてみることがあると書かれていたし、これはペットボトルだから、横をほじるだけで見れるんじゃない?との悪魔のささやき。

もちろんやってみましたとも(*^^*ゞ。
勇気がないから2センチくらいまでだけど、少なくとも大根みたいなモノができつつあることは確かなので、いいや、抜いちゃえ!
で、コレです。



もっと大笑いの結果かと思っていましたが、これでも予想よりかなりマシです。
残ったコに、広くなったからがんばるんだよと後をたくしました。

問題は、お正月目標の大阪四十日大根です。
種袋推奨の10月中旬にまいたとはいえ、まだ、ほとんど育ってません。
このペースなら、とうてい間に合わないよ~(^-^;

第1陣は本葉が2枚。
19日目でコレ。

第2陣は、芽が出揃ったところ。
第3陣は今日種まき。

直径4,5センチなんて完成形にならなくていいんです。
1.5センチなら十分使えるので、なんとかお正月までに太ってほしいわ~。

そうそう、イチゴの蜜香が咲いてしまいました。
毎日見てて、ツボミに気がついてないんだから、間抜けですね。
本来大喜びしないといけないんですが、これは摘花するようにとラベルに書いてあります。
あ~あ、もったいない。
エバーベリー(ついつい種類を増やしております^^;)も、よく見たら、ツボミが・・・・
関連記事
[ 2011/10/23 08:14 ] ダイコン | TB(0) | CM(4)

青い鷹の爪が美味しい♪

6月に発芽した、道の駅で買った鷹の爪から取った種をまいた出遅れの鷹の爪。

どんどん、実をつけてくれています。

青いけれど試しに収穫して、ペペロンチーノにしてみました。

これが、めちゃウマでした。
親をはるかに超えています。
激辛なのに、うまみみたいなのがあって、赤くなっても、このままだとうれしいんだけど、どうなんでしょう。
赤くなってもっと辛くなるなら、やりすぎって気もするんですが(-"-;A ...

水やりを控えたら辛くなると聞いたので、水耕より適当でも永田のほうがいいかもしれないと、花が咲くまで、かなりのスパルタ栽培でした。
ほったらかしとも言いますけどね。
ペットボトルだから、土が見えるので、表面が乾いても、中が湿ってたらお水あげてなかったです。
当然かもですが育ちは遅く、実をつける前に冬になりそうだったので、途中から水耕に切り替えました。

そのストレスのせいで、こんなに辛いのかな?。

青いままだと、保存は利かないだろうし、疲れさせないためにも、必要なときはどんどん青いまま収穫して楽しんでいこうと思います。
このまま干してもいいなら、青のまま干すんだけど、どうなんだろう。

一鉢でも100いきそうなんで、全部収穫できたら、もうスキップ気分。
苗代0円のペットボトル育ちで、おいしく1年以上まかなえるなんて、素敵すぎる。
ツボミまでカウントしての、取らぬ狸状態でございます(´~`ヾ) ポリポリ・・・

ただ、目下の心配はこれです。
今まで、一切の虫害、病気なしだったんですが、ポツポツ穴のある葉が少し。
これって、虫食いでしょうか?


何が幸いしたのかわからないので、来年はこの種で、最初から水耕と、途中までスパルタ土耕から水耕にスイッチの2通りやろうかなあ。

これ毎年食べたいもんo(*^▽^*)o。
関連記事
[ 2011/10/20 09:05 ] トウガラシ | TB(0) | CM(9)

トマトの出世

トマトの記事を書いてからの、皆様からのアドバイス、本当にありがとうございます<(_ _)>
見かねたyaefit1500様は、トマトトーンまで送ってくださいました。
もう、感謝感激でございます(T-T) ウルウル

いつ処分されるかの危機にあったミニトマトが,一躍主役になってきました。

下のほうは、ハダニがついて花芽もないから、以前葉っぱ落としちゃったので、気にしてなかったのですが、一番下から脇芽が伸びていて、花も咲いてました(゜o゜;

ということで、気づかないうちに7房もできてました。
着果も増えてきて7つ。

ほんとに見ないフリしてました(/-\*) 。

早速トマトトーンを元気な3房に今朝使わせていただきました。
後は、開花待ちです。
このおかげで、かなりあるチビツボミ達まで着果してくれたら、duckbill様のご指導どおりに、青くても室内で熟させたら、お正月のトマト祭りを目指せるかもと、わくわくしています。

怪しい葉っぱはけっこうあるんですけどね_(^^;)ゞ

お守りに唐辛子を隣に、そして室内にあったバジルまで持ち出して、パオパオカーテンまで掛けました。
見ないふりから、我ながら、えらい変わり身です。

日向土をカゴに入れてるだけなので、いっそのこと腰水栽培にしちゃおうかとも思いましたが、ここにきて環境を変えるのも怖いから、ちょこちょこハイポニカをあげるだけにしておきます。

トマトの葉についた、普通のハダニは水で流しちゃってよいのでしょうか。
雨にあてちゃダメとのことなので、テデトールしてるんですが、負けてますo(´^`)o ウー。
関連記事
[ 2011/10/19 10:57 ] トマト | TB(0) | CM(0)

超高速えんどう21日目で開花しました

定植後1ヶ月~1ヵ月半で収穫とのうたい文句。
じゃあ倍くらいかるとしても、今年中になんとかなったらうれしいなあ、のつもりで買ったこのお豆さん。

実えんどうと絹さやがあるのですが、今のところ外見では区別がつかないのに、混じってしまいました(+。+)
確実に実えんどうとわかっている株は白が開花しています。
確実に絹さやとわかっている株がまだ咲いていないので、こちらはまだわかりません。

今咲いてくれたのなら、2ヶ月弱で収穫できるかもしれません♪

秋まきのお豆は、そらまめ福ならびと、スナップえんどうのつるあり、つるなし、ツタンカーメンえんどうを予定しています。
そらまめは、コンパクトな品種というのにひかれましたが、かなり甘いかも(^^ゞ
ゴミ箱で栽培予定ですが、冬場の育苗をどうしたものか考え中です。
寒さにあてないといけないとはいえ、凍るような時は、中にいれるとして水温どのくらいまで大丈夫なのかな。
ヘルプ大歓迎でございます<(_ _)>。

えんどうは今のペットボトルが容量では余裕なので、ペットボトルでいきます。
お豆さん祭りができますように (-m-)” パンパン


関連記事
[ 2011/10/18 17:29 ] マメ | TB(0) | CM(2)

ほうれん草失敗(・o+) アチャー

私の中では、ほうれん草も小松菜も同じように青菜なんですが、アカザ科とアブラナ科で全然別物ですよね。
そして、ほうれん草は直根性だから、間引くときも慎重に・・・・

と種まきのときは覚えていたので、私にしては間隔をあけたつもりなんです。
でも発芽したら見事に忘れてました。
発芽しなかった場所もあって、並び替えちゃお、と他のと同じノリで移動させてしまいました。

そして1週間後。
コレが間引いただけのグループ 


コレがついでに間隔を入れ替えてしまったグループ


ちゃんと植え替えできている事例もネットでは見かけます。
何も考えないで、乱暴にやってしまうと、こうなるようです(T▽T)
関連記事
[ 2011/10/15 17:19 ] その他アブラナ科 | TB(0) | CM(0)

たった2個だけど

水耕デビューにして大惨敗だったのが、ミニトマトです。
これ失敗する人って、そんなにいないんじゃないかしら・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

小さいセットでミニトマトって雑貨屋さんでよく売ってるでしょ。
鉢も小さいし、雑貨屋にあるんだからだれでもできるのかな、って思ってたのです。

ホムセンで、たぶん半額くらいになってて、その中で一番大きいもの(今思えば、一番徒長していて、双葉もなくって、売れ残りで)、を買いました。
確か、サントリーのピュアスイートミニ。
ツボミはあったから、少なくともこれは実になるのね、いそいそと急ごしらえのペットボトルにいれてたと思います。
でも、花が咲かない。
どんどん、ツボミをつけながら上に大きくなってはいくんです。
でも、全然咲かない。

脇芽は気がついたら、ぶっとくなってて、5本仕立てぐらいになってましたね。

さすがにこれはいかんと、お勉強始めたときは遅かったです。
発砲スチロールBOXに移しましたが、あまり変わりません。
すこし知恵がついて脇芽を挿してたら、根付いてきたので、こちらに世代交代しました。
とりあえず日向土に挿していましたが、調子よさそうなので、そのままゆるい永田農法みたいに育てました。
虫はついてるし、あやしい葉っぱもあるけれど、育ってるのでよしとしてました。

でもね、こっちは花は咲くんだけど、着果しないの。
全部落ちちゃう。

水やりは控えめにしていたのですが、控えすぎたみたいで、今朝ぐったり枯れてました。

一応、お水をあげて、これでだめなら片付けよう・・・と昼に見たら生き返ってた。

そしてこんなのがついてました。

見たことないんですが、これって着果ですよね?(茶色のはゴーヤのつるです)

実をつけないと、水がもらえないばかりか、抜かれちゃうというのが、通じたのでしょうか。

たった2つなんですけど(^-^;
花だけはまだ、上に結構咲いてるけど、摘んだほうがいいのかな・・・

普通なら、もう寒いし2個ぐらいなら撤退なんでしょうが、トマトコンプレックスをなくすために、もうちょっと様子を見ます。

これ大きくしないと、終わりだよ~って語りかけながら ヘ(・_・ヘ)エヘヘ

でも、水耕栽培をまじめに調べ始めたのって、このトマトのおかげだから、授業料としておつきあいするつもりです。

もし、これが収穫までいってくれたら、来年は、トマト祭り目指します!

関連記事
[ 2011/10/14 13:58 ] トマト | TB(0) | CM(6)

これがシャクトリムシ?

うちのオクラは3本ありますが、そのうち1本は台風に葉っぱを落られたので、こんなお姿に。
でも、まだ実っちゃうので、お別れできません(*^^*ゞ

そのけなげなオクラにこんなのが!!!

1センチもないけれど、これ、シャクトリムシってやつですか?
まわりにもっと葉っぱがあるのに、なんでよりによってオクラちゃんに ( ̄  ̄メ) 。

今のところは駐車場流しの刑で許しますが、まだいるのかな。
うちは3階だけど、風に乗ってこんなの来ませんよね。
まさか卵どっかにあるんじゃ( ▽|||)サー。

オクラの葉っぱは少ししかないので見落としはもうないはずですが、どこにあるんだろう・・

ネクタイについてきた不織布を見て、形がぴったり、通気性文句なし、と大阪四十日大根を蒔いちゃいました。

ちょっとだけ、目打ちで穴をあけましたが、通水性もよすぎです。
保水性に問題ありかもしれません。

ただし、絶対に耐久性はないですよね。
年内だけ(ですむのだろうか)だから、場合によってはビニールで応援するとして、しばらくがんばってもらいましょう。
お正月目指して育っておくれ~♪
関連記事
[ 2011/10/13 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

イチゴ定植しました ヘルプ大歓迎です

苗を買ったはいいけれど、ほとんど衝動買いなんで、どうやったらいいのやら。

まず定植しないと話にならないので、ゴミ箱に2株、ペットボトルに1株で育てることにしました。

ゴミ箱は、根っこが横にぐーんと広がって、下にも伸びてくれるので、ピーマンが元気な大株になりました。
イチゴ達も広々育っておくれ~という期待をこめたのですが、定植してみたら、なんか狭そう。
株間30センチって、後で見たら書いてるのを発見。
まあ、水耕だから、大丈夫と思いたい(・_・;
ゴミ箱からの植え替えはできないから、なんとか折り合いつけて育ってほしいものです。



私が買ってきたのはまだ本葉が2、3枚程度の小苗です。
バラしてみたら根っこはさほど長くなく、培地からちょろっと出るかどうか。
根っこを水耕栽培に慣らすというサイズではありません。

培地はくん炭日向なので、底面給水のつもりで育ててみることにします。
虫除けネットを作ってないから、できるまでは室内栽培で。

でも、どこで液肥にスイッチするかが、さっぱりわからなくなりました。
とりあえずは、予定通り1週間は様子をみながらお水のみにしてみようと思います。

一気に全滅は避けたいので、ペットボトルを先遣隊として1,2日早く液肥濃度を変えて様子を見ていくつもりです(すまん、ペットボトルの子)

イチゴといっても、ハーフな四季成りイチゴで、水耕でやっておられる方をあまり見かけませんでした。
どうやっていいのやら、さっぱりでございます。

 こうしたほうがいいよ~というご意見、どうぞよろしくお願いいたします(o*。_。)oペコッ
関連記事
[ 2011/10/12 13:28 ] イチゴ | TB(0) | CM(9)

イチゴなど衝動買い色々(^-^;

3日間のお休み、特に予定もなかったので優雅にホームセンターめぐりをしていました。

最近、ホームセンターの苗の主役がブロッコリー、白菜系から、イチゴに変わってきています。
おかずになるもの優先で、むつかしそうなものはパス、がルールでしたが、いちごは大好きだしあちこちで並んでるのを見ると、誘われちゃうよ~_(^^;)ゞ

で、買っちゃったのがコレ。

めちゃウマッ!いちご by デルモンテ  奮発して3株。
四季成りというお得感とこのお名前と写真にやられました。
でも四季成りと普通のイチゴは別物で、普通のイチゴのほうがお味がよいらしいです。
そりゃ、当然か(x_x;)

デルモンテのサイトを、見たら
果実糖度で優れる品種、甘くて濃厚な味が特徴 とあるので、信じることにしよう(すっぱいのが苦手)。

これ、私にしては高かったです。
広告の品って書いてたけど、1株348円(相場は知りません)。

さらに問題なことに、水耕での育て方がわかりません。
いや、土でもぜんぜん知りません・・・。
ということで、皆様のブログでにわか勉強中です(^-^;

最初は水でよいみたいなので、とにかくどっかに定植して、改めてお勉強します。
経過は書いていきたいと思っているので、変なことやらかしてたらどうぞ教えてくださいませ。

あと、種も買ってしまいました。
ソラマメとつるなしスナップえんどうは予定通りなのでいいんですが、昨日の夕方カワチに普通の買い物に出かけたら、種が全品半額になってました。

え~、この前買ったばかりなのにと思いながらも、なんかないかなあ、と物色。

100円だからと、青菜はそこそこあるのにビタミン菜をチョイス、これはまだいいとして、さらにスナップえんどうのつるありまで買ってしまった。
でも、豆の種は寿命短いみたいだし、来春だけで使いきれるはずがないですorz。

さらに真夏に蒔いたおまけの種からが失敗したので、あきらめてパセリを128円で一つ。
ハイドロ用の底面給水鉢にセット。
小さいけど、ちょこちょこ摘んでいったら何とかなるでしょう。

あさつきも最後の2個になってて割引されてたのを200グラム200円で1つゲット。
これはお買い得~と思ってたら、ビバホームで100円でたくさん売ってて、びっくりしました。
球根も生ものだから、バーゲンがあるんですね。
そういえば、ビバホームでは、まだ高速えんどう達も売られていました。
そんなに育ってなかったけど、もう一ヶ月以上お店にいることになります。
でも全然育ってなかった。
確かに定植してから実ができるまでが一ヶ月とは書いてたけど (-_-;ウーン。

さて、これから急ぐものからなんとかします。


関連記事
[ 2011/10/11 08:26 ] イチゴ | TB(0) | CM(3)

二十日わけぎが順調です

園芸でちょこっと科学のともこさんのブログで、二十日ワケギが紹介されていました。
20日っていいなあ、ほしいなあと思ってたら、すぐに出会いましたv(。・・。)イエッ♪

大小ありましたが小さいほうでも量があったので、80グラム399円の小袋にしました。

3回ぐらいにわけてまいてみようと、第1陣を9月27日に植えつけました。
これが10月6日です。

二十日のカウントは発芽してからか植え付けなのか、わかりませんが、もっと前にまいた二十日大根や種からのネギが、超のんびりなのに比べたら、さすが球根の成長っぷりです。

先週にはホームセンターでこれが3,4球植えられた、たぶん5日めくらいの苗が、300円くらいで売られていました。

手間も容器もかかってるんだから、高くなるのは当たり前だけど、10倍弱になっちゃうんですね。
もう球根は置いてなかったので、こういうのは出会ったときに買うのが吉と学んだのでした。

できたら球根を取りたいのですが、次回からの植え付けは、こんなに密植にしないで、もっと離して植えたらいいのでしょうか?

ご教示いただければ、助かります <(_ _)>

二十日ネギというのもあるようなので、これも出会いを待っています (*・・*)ポッ
今の種からのネギは育つかどうか怪しいので。

先週あさつきの球根も売ってたんですよ。
ワケギがあるからとやめちゃいましたが、室内でもなんとかなるだろうから、明日まだあったら買っちゃおうっと(*^^*ゞ。


関連記事
[ 2011/10/07 11:40 ] ネギ類 | TB(0) | CM(1)

大阪四十日大根の種が来ました

お待ちしてました~(o^-')o

早速袋を確かめると、周年栽培が可能で雑煮用には10月中下旬に種まきとあります。
40日でできるのなら11月まきでも余裕のはずだから、やっぱりそう甘くはないんですね(・o+)
プロでそんなにかかるんなら、私もう出遅れております。
40日なら一回お試し練習栽培できるかも、と虫のいいことを考えておりました。
まっ、正月がだめでも、大根として汁物に十分使えるから、いいよね。(まだ上旬なのにあきらめ気分かい!)
とにかく第一陣を蒔かなくちゃ、なのですが、場所も土もそんなにない。

よく育って直径5センチぐらいだろうけれど、うちの環境でそんなに育つはずもないし、希望は3センチくらいなので、まずはペットボトルにしました。

ミニ大根で2Lに1本目安として、この大阪四十日大根は長さは普通の大根、直径は小さめなので、迷います。
お試しで2Lと1Lのペットボトルでやってみます。
2Lにはあわよくば2本、1Lは1本育ってくれるのが理想です(〃'∇'〃)ゝエヘヘ。

これで様子を見て、また何度か種まきします。
窮屈そうだったら、袋しかないかな。


手持ちが日向土なので、くん炭を入れてまずお試しです。
肥料は奮発してハイポニカで。
どうしてもだめっぽかったら、使いたくないけど培養土にします。

500粒なんて、使い切れないよ~ってとこですが、これはかいわれOKなので、問題なし。
それに種子寿命4,5年って書いてます♪

でも
私はもやしを作るときは、徒長させるのが下手。
普通に栽培するときは、とても上手。

胚軸が純白でよく伸びるから、かいわれ大根として用いられるというのは、かなり問題かもしれません(-_-;)
こんなに土を入れて、かいわれ大根では切なすぎる。

せめて葉大根にはなってもらいましょう (=´ー`)ノ ヨロシク
関連記事
[ 2011/10/06 13:41 ] ダイコン | TB(0) | CM(2)

緑ゴーヤと白ゴーヤの違い

今年は緑と白のゴーヤを育てました。
どちらもホームセンターで苗からの水耕栽培で、品種はわからないままです。

緑は よくなるゴーヤ、F1 とラベルにはありました。
あばしゴーヤに似てるのですが、F1だからまったく一緒ってこともないのでしょうね。
虫害なしで手間いらず、苦味も薄めでサイズが15~20センチとほどほどの大きさ、気に入ってるので来年も育てたいんだけど、定番で売ってるものなのかしら?

白は、これ。
こっちのほうが、もっと苦味が薄め。サイズは緑と同じぐらいでした。


さて、並べて栽培していたので、もうネット内ではどれがどれやら状態。

初めてのことなので、雄花と雌花ってどう違うの?からでした。
それは、すぐにわかりました.
これが雌花、ちびゴーヤがすでについています。(ボケてますが奥で今日も朝顔が元気に咲いてます(^^;;)




これが雄花。


そこで私は、よしよし、めしべが緑のやつに注意してればいいんだなと思い込んで、朝一番に緑のめしべを捜索して受粉させてました。

ところがある日、黄色いめしべ(雄花はどちらも黄色です)なのに、ちびゴーヤがついた雌花を発見!
よ~く見たら、黄色じゃなくて橙色で、ちょっと濃い目。


なんと白ゴーヤの雌花はめしべが橙色なのでした。
ついてるチビゴーヤが白っぽい黄色で、これまた目立たない。

白は雌花なかなか咲かないな、と思ってましたが、きっと咲いてたんでしょうね。
カメムシは来ても、ミツバチなんて滅多に見かけない、このベランダでは、ひっそりと散っていったに違いない (/・_・\)アチャ-・・

でも、雄花はどれもこれも一緒に見えるし、交雑しても実がなるならいいけど、ならないならやだなあと、わからないままに、その日に咲いてるのを適当に受粉させてましたが、これも後になって解決しました。

緑ゴーヤは、「がく」 が黄緑、白ゴーヤは白。
ボケボケの写真でごめんなさい。
手前のが、緑ゴーヤの雄花です。

これが白ゴーヤの雄花。

葉っぱと茎の色の薄いのが白、ぐらいの認識で受粉させてましたが、こんなにわかりやすい違いがあったとは。

これに気づいたのはもう、8月半ばかもしれません、人口交雑受粉させまくりでした ( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!;
緑の薄いゴーヤがたまに取れてたので、あれはハーフだったんでしょうね。

あと数日で残りのゴーヤを収穫したら撤収のつもりでしたが、台風の傷もいえたのか、気温15度の今頃やる気が出てきたようで今日2つ雌花咲いちゃって、まだツボミが出来てきました。

ゴーヤと豆類は今ネットを共同で使っていますが、ゴーヤは上、豆ははるか下と問題ないので、これもとことんおつきあいすることにしました。
今日のが大きくなるまで2週間、この寒さだともっとかかるかな。

去年までゴーヤを家で食べようと思ったこともなかったですが、今年は当然バンバン食べて、主人のお気に入り野菜になりました。
ツナサラダ、サラダうどん、チャンプルーぐらいですが、どれも簡単なので私も助かります(*^^*ゞ

あっ、受粉といえば、私はとんでもない失敗をしています。
雄花をちぎって、雌花のめしべに、ちょんちょんと花粉をつけるのですが、しっかり受粉させなくちゃ、とぐいぐいやってしまったようで、ぽろっとめしべがとれること3回(多いですよね・・・)。

後には開いたままの花びらだけが残りました。
(*_ _)人ゴメンナサイ
関連記事
[ 2011/10/05 13:00 ] ゴーヤ | TB(0) | CM(2)

ベランダで切花とコガネムシ

ハダニにボロボロにされて、健全な葉っぱはわずかな新芽だけ、という状態だった西洋アサガオのヘブンリーブルーを先週に撤収しました。
きれいだった先っぽだけネットに残しておいたら。(葉っぱはゴーヤのです)

咲くんですよね、毎日 (≧≦) ゴメンヨー
もう1週間以上立つし、当然お水もないのに・・・ツボミも毎日成長中。

それまでほとんど咲かなかったんです。
ほんと暑いのきらいだったんだな。

本来秋からの花で、9月になって咲く日があったのですが、暑さが戻るとツボミのまま萎んで、緑のカーテンとしてはお役立ちだった頃もありますが、もうほとんどハゲてました。

もっと早く撤退すべきだったのでしょうが、ゴーヤに全然虫がつかなかったのは、アサガオが体を張ってくれているのかもしれないからと引っ張ってました。

これは一鉢だけ残ってる、水耕フライングソーサー。

防虫ネットなし組ではゴーヤと唐辛子だけが虫害なしでした。

しかし撤収してみたら、このアサガオ、とんでもないものになつかれていました。
土を掘り返したら、コガネムシの幼虫がウジャウジャ。
30匹はいました {{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~

コガネムシが害虫というのを知ったのは、まだ昨年のこと。
鉢植えのツルバラが元気ないなあと茎にさわったら、するっと土から抜けちゃった!
そして、中には幼虫が・・・
何にも知らなかったので、カブトムシ??? と思いつつ、ネットで色々見て、コガネムシということ、鉢の中に産みつけられたら植物には致命的ということを知りました。

有機物の多い土がお好みらしいので、やっぱり土は日向土、大物は水耕栽培にしようとつくづく思いました。
ペットボトルプランターに産卵するチャレンジャーなコガネムシなんているはずないしね。

狭いところで虫がいっぱい来たり、要農薬は私も困るし、ご近所も大迷惑で指導が入るでしょう(^^;;

コガネムシ、夏場によくコンクリの上で転がっているのを見かけます。
虫がこわくて触れないので、かさでツンツンしてお助けしてたのに~ ヾ(。`Д´。)ノ彡☆。

自然破壊といわれてる割に、害虫に区分されてる虫って、増えてるような気がするんだけど、どうなんだろう。
関連記事
[ 2011/10/04 09:50 ] ベランダ | TB(0) | CM(0)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。