いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋冬の種まき

ベランダには共用の場であり、基本的に物を置くことはタブーです。
そこをなんとか、折り合いをつけてやっていかないといけないので
1)培養土は使わず、日向土+@でリサイクルする
2)連作がタブーなものや葉物以外は基本的に水耕栽培で
3)大物は避ける、長時間かかるものも避ける

というのが、今のところの方針です。
まあ、しょっちゅう変ってるんですが。

1)はね、土の処分が大変なことと、培養度でコガネムシになつかれたことが2度あるから
3)は、場所がないから。今年のオクラは予想以上にでかくなってしまったのに、ちょびっとしか収穫できなかったので残念だけど来年はたぶん見送ります。

今、好んで使ってるのがペットボトルプランターです。
VegeLog様のペットボトルプランターの作り方を参考にしました。
小さいので、手すりに縛りつけるのも簡単だし、重宝しています。
ベジログ様、ありがとう(^人^)
小さい葉物なら、これに水きり袋をすっぽりかぶせて防虫ネットにしているのです。
   


小松菜、ほうれん草、からし菜、はつか大根、ミックスレタス、サラダ菜、ニラ、かぶ、ベビーリーフ、ルッコラ他色々蒔きました。

どうなるかなあ、とミニ白菜のタイニーシュシュもペットボトルで実験中です。
株間15センチってあったから、ひょっとしてペットボトルでもできるかしらと思って。
結球まではいかなくても、菜っ葉としていただければ満足なのです。

だって、種っていっぱい入ってるでしょ。
白菜は数粒でもよかったけれど、あるものは少しでも生かしたい。
種の値段って高いとは思わないけれど、短命種子なら個人で使う分には多いから確実に余っちゃう。
ベビーリーフで収穫しても全部は無理だし。
これやりたいな、って思っても、余らすのがもったいなくて、あきらめることもしばしば。
個人を対象にちょっと高くなっていいから、ベランダパックとか出ないかしらね(*^^*ゞ。
追記
土はいらないけど、こんなの希望です。
たしかタキイさんの種だったと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/30 15:45 ] その他アブラナ科 | TB(0) | CM(7)

えらいぞ唐辛子

唐辛子を刻んでいたときに、これも種なんだからまいたら芽が出るのかな?とふと思いました。
栃木県の道の駅で買ったもので、国産のはず。
どうせ捨てちゃうんだからと、気軽にスポンジにセットしといたら、6月9日に全部発芽しちゃいました。

さてさて、こうなったら気軽に捨てちゃってた種とは話が違います。

とにかく育てることにして、最終的に2株残しました。

残りは・・・・捨ててません、葉っぱをちゃんといただきましたよ。

京都のほうでは、唐辛子の葉を食材として珍重していて、食べられるのです。
もちろん無農薬の葉っぱですしね。

しかし、なんといってもスタートが遅いです。
そして、西日のベランダもペットボトルプランターもお気に召さないのか、育ちも遅い・・・。

先輩方のブログでは、収穫祭りの最中に、うちのはツボミの気配も見えやしません。
寒くなったら、中に入れて、葉っぱをいただけばいいや、とあきらめ気分でした。
ようやく8月末にはいって、これはツボミになるのかもしれないというのが先っちょについてきました。

それまで永田農法もどきで育てていましたが、ちょっとターボかけてみようと水耕栽培に切り替えました。
底面給水OKのペットボトル栽培で育てていたので、切り替えはすぐにできました。
だって、もう根が液層までつき抜けちゃってるもん。


それがよかったのか、9月に入ったことがよかったのか、花をつけてくれました。
同時に、脇芽がぐんぐん伸びてきました。

脇芽なしでまっすぐにしか伸びてくれないし、第1花もないのに摘心するのも変、唐辛子ってこんなもんなんかなあ、と思ってましたが、肥料が足りなかっただけかもしれません ヾ(^-^;) ゴメンゴメン

まだ青いけれど、もう使えるサイズになってるのもあって、ひょっとしたらの希望がふくらむ日々です。
今のツボミが全部着果してくれたら、2株で1年分まかなえそうなんです 八(^□^*) タノム!!

気になるのは気温です・・・来週から冷えるらしいし、どこかで室内栽培に切り替えないといけないのかな。
関連記事
[ 2011/09/29 15:47 ] トウガラシ | TB(0) | CM(6)

超高速早どりえんどうをセット

ホームセンターで超高速 NEW!! 秋どり品種、定植後1ヶ月~1ヵ月半で収穫できる優れもの品種です!
との触れ込みで、実えんどう”まめいち”と、きぬさや”きぬ一番”という苗が売ってました。

ほんまかいなと思いながらも、年内にできたらうれしいなと1ポットずつ身請けしてしまいました。

あなたも3日で~ができる、というのよりは可能性が高いだろうけれど、二十日大根を二十日で育てたこともないくせに  ≧(´▽`)≦アハハハ

1ポットに5株あります。
間引くべきかもしれませんが、全部をペットボトル水耕でやることにしました。
まだペットボトルの用意がなかったので、とりあえずお茶パックにばらして植え替え。
培地を変えて実験してみようかなあ、とバーミキュライト、くん炭日向、パーライトの3つに分散。

貴重な期間なのに、1週間をお茶パックで過ごさせてほとんど買ったままの状態で、ようやくセット。
10個も栽培容器を作れなかったので、1つに2株で、ちょっと手狭です。
ハダニにやられてヘロヘロの西洋朝顔を撤収して、ゴーヤと共同でネットを使ってもらうつもり。

ハモグリバエに必ずやられるそうなので、ないよりましかなと使いまわしのパオパオ90をネットにぶらさげてみました。
写真にすると、人間には中が何かはわかりませんが・・・これで虫をごまかそうっていうのは無茶でしょうか。


早くも実えんどうのパーライト組が元気ないのが気になります。
霜が降りるまで収穫可能ということですが、どうなるかなあ。
関連記事
[ 2011/09/28 17:13 ] マメ | TB(0) | CM(2)

戻ってみたら

無事でいてくれたようで、オクラが2本収穫サイズになってました。

でも台風後に咲くはずだったツボミは、開花できず立ち枯れたようになっています。

葉をもがれた上に、台風の後は一気に涼しくなってしまったし、島オクラには厳しいよね、と納得しながらも
ツボミはまだけっこうあるので、もう少しひっぱります。
せっかく40Lの豪邸に入れたんだし(^^;;。

ピーマンは、ずっとパオパオ90をかぶせています。
以前無農薬のピーマンを切ったら、中から毛虫が出てきたので、ちょっとトラウマになってて。
はずしてみたら、いつの間に、とびっくりの鈴なり状態になってました。
あんなにぶんぶん揺さぶられていて、今までそんなに収穫できてなかったのに、ちっちゃいのから大きいのまでどっさり。
確実に収穫できそうなのは、まだ数十個だけど、ツボミ状態のをいれると1本で200くらいある。
いくらなんでも、そんな体力はないだろうけれど、使える程度に成長したのから、どんどん取っていくことにします。

わさわさ茂っているのですが、どの枝にも実がついていて、今まで一度も剪定したことがありません。
1番花が咲いていて、摘心もしてあった苗だったから、もう何もしなくていいのかなと放置状態。
せっかく元気なのに、下手にいじるの怖かったし。

とりあえず、無事なのを収穫しました。

関連記事
[ 2011/09/26 16:39 ] ベランダ | TB(0) | CM(2)

水切れ準備と台風直撃

3泊で、彼岸の里帰りをすることになり、水切れ対策をどうしよう~と思っていたところ、イオンでクーラーボックス40Lが200円で売られていました。
置き場所と、ゴミ箱からちゃんと移せるか不安でしたが、ダメもとでお買い上げ。
あ、ゴミ箱というのは、すくすく水耕栽培のyaefit1500様考案の水耕栽培の容器のことです。
100均一で調達できるので、重宝していますO(-人-)O アリガタヤ・・

カゴの部分に支柱棒を通して、ケースにひっかけて、空いたところは手持ちの発泡スチロールとアルミ箔、はては古い車のサンシェードを動員してふさいで、なんとか形になりました。

左に写っている3本の棒がオクラです。
豪邸なので、ピーマンまでセットしちゃいました。
これには防虫ネットをかけています。

そして液肥を満タンにして何日もつか実験するはずだったのです。




ところが翌々日の21日に、いきなりの関東台風直撃Σ(|||▽||| )。
実験どころじゃありません。

中に入れられるものは避難させましたが、大物はムリ。
一応、飛ばないように固定はしたんですが

想定以上の風になってしまい、オクラもピーマンもすさまじく揺さぶられています。
ピーマンなんて、もう飛ばされそう・・・
ちょっと収まった隙に、外に出て、支柱から外れたピーマンをとりあえず縛りなおして固定。
水がたっぷり入っているから、倒れることはないけれど、翌朝明るいところでみたらオクラの葉っぱがあちこち折れていました。
もともと枚数ないのに(/_<。)
ゴーヤ、モロヘイヤ、トマトや鉢植えはほぼ無傷。

たまたま風をモロに受ける位置にあったのが災難でした(x_x;)

翌朝、最低限の処置をして急いで出発。

もともとの心配は水切れだったのに、あんなにくたびれてちゃ満タンの液肥を吸い上げる元気なんてあるはずない。
戻ってくるまで無事でいてくれるか、もう気になって(ーー;)
関連記事
[ 2011/09/22 16:19 ] ベランダ | TB(0) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。