いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>
カテゴリー  [ その他アブラナ科 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オータムポエムに蕾がついてた

冬用に栽培しているアブラナ科はプチヴェールとオータムポエムだけです。
すみっこで放置していている上に、密植なので、給水のチェックがやりにくいです。

萎れているのに気づいて、あわてて給水を毎週の用に繰り返しています(^▽^;)

そんな待遇でも蕾をつけてくれました。
USER9096.jpg

去年は10月に蕾をつけているので、環境が悪すぎましたね(-人-)ごめん

USER9097.jpg

900MLペットボトルで栽培しています。
いずれ2Lに移そうと思いながら、ここまで来てしまいました。

プチぷよさんの後にお引越しさせたので、これからは日当たりがよくなります。
オータムといえるうちに、がんばってほしいです。

グリムス ペットシア
スポンサーサイト
[ 2014/11/19 09:05 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(1)

大物アブラナ科近況:大間違い(これも間違いかも、追記していきます)

園芸でちょこっと科学の菜花の「チーマディラーパ」と、かき菜の「さちうら」。どっちがどっち?の記事を読んで、ほんとにそっくりでわからないよねーと、改めてうちの株を見てみました。

ずらしまきした、まだ収穫期に入っていないチーマディラーパグループをよく見たら

んっ?、端にある小さ目の株の葉が違うよ?
USER1756.jpg

ぜーんぜん、違う。
USER1759.jpg

とすると、左の丸っこい葉がカキナでいいようです。

でも、カキナグループと思っていたエリアには1株しか丸い葉がないんです!!!。
つまりカキナはたったの2株で、残りは全部チーマディラーパ(9株もある)ということになります。
そりゃ、どれも似てるはずです・・・。

虫や水切れで、ダメになった株を処分する際に、ぐちゃぐちゃに混ぜてしまったようです。

自分では、ほぼ正確に選り分けたつもりだったんですが、ありえないくらいのデタラメでした。
密植ゆえに葉っぱが入り乱れてるし、花芽が出てない株は全然気にしてなかったみたい(^^;。

チーマディラーパ
USER1619.jpg


カキナと思われる株
USER1757.jpg

全然違いますね orz



追記)
ギザ葉の花蕾で、甘いのとほろにがが混じっていました。
まだ取り違えているのかもしれません。
収穫時期は、あと1,2週間かかりそうなので、その頃お味を比べて、追記します<(_ _)>


地球温暖化
[ 2014/03/10 10:51 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

チーマディラーパ近況:お味見

春を感じてくれているのか、チーマディラーパの脇芽が伸びてくるのが、早いです。
USER1619.jpg

花が咲いたら、慌てて、そこそこの大きさをまとめて収穫を繰り返しています。
USER1622.jpg

”ほろ苦さと、辛味、ナッツに似た風味を持ちます。菜の花、からし菜、ルッコラをあわせたような不思議な野菜”、というお味を一応確認できました。

確かにそういう言い方もできるのかな(^-^;。

コク苦な、お味です。
ピーナッツのコクッとする感じが、かすかにあります。
水切れを散々させているので、ちゃんと育てていたら、もっと美味しくなったかもしれませんね。

種をくださった園芸でちょこっと科学のともこさんは

”美味しい。ほろにが味。オトナ味。ふわ~っと菜の香りがいたします。”
と表現されました。

大人味、そうなんです。
見かけはセニョールさんですが、くせのあるお味なので、菜の花が苦手な子供には無理かもしれません。
セニョールさん程は場所はとらないけれど、次々に花蕾が上がって収量は多いので、狭いベランダでは育てやすいです。

そうそう、うどんこは、被害葉(人災だけど)を取って、保温ビニールを取って、少し株間をあけたら、すぐになくなりました。
アブラナ科のうどんこは、素直でいいですね(^^;

追記メモ)
主に食材な忘備録のduckbillさんの記事を見て、育苗中のナス科野菜を外デビューさせてみました。
14時すぎでベランダの温度が28度、不織布のカーテンをつけた簡易温室は30度あります( ▽|||)サー。

16:48 外気15度、簡易温室は18度

ワード 地球温暖化
[ 2014/03/04 13:58 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

カラシナがとう立ち

今年は小物アブラナ科はからし菜のセリフォンと赤リアスからし菜だけ栽培しています。
セリフォンは園芸でちょこっと科学のともこさんからいただきました<(_ _*)> 。

大雪の際に収穫したのですが、すぐに復活。

USER1598.jpg


これは早い、えらい、と思いきや、赤リアスだけが妙に背が高くなってきてます
USER1597.jpg

もしや・・というかやっぱりというか、蕾が隠れてました。
USER1596.jpg

大雪の後からは室内に入れっぱなしにしているので、室内が暖かすぎたのか、でたらめな日照のせいか、時期がきたのか、とにかく潮時ですね。
また寒くなるようですが、出た蕾は戻らないので、撤収します。
今年もありがとうね(^^)

ワード 地球温暖化
[ 2014/02/28 14:34 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)

大物アブラナ科近況:うどんこだー

プチヴェールを撤収したので、超密集状態にある、カキナとチーマディラーパの株間をちょびっとあけることができました。

  カキナ(これでも葉を落として、株間をあけた状態
USER1561.jpg

  チーマディラーパ
USER1552.jpg

カキナはミニゴミ箱に3株の密植の上に、ゴミ箱間の株間ゼロという無茶をしていました。
USER1560.jpg

間引きをさぼったので、9株もありますが、当初の予定通り、3株までにするべきでした。
当然のむくい?として、ヤツがきたんです。

うどんこ
USER1551.jpg

よく見たら、カキナにもチーマディラーパにも、けっこうある( ̄□||||!!
寒いのでゴミ袋かけっぱなして蒸れてる上の密植なので、当たり前か・・・

野菜高騰の折り、葉っぱも戦力になってほしかったけれど、赤信号が点灯しそう。

それにしても普通のアブラナ科もトウダチの季節になるのに、花蕾をいただくカキナに気配がない。
むりやり頭頂部をこじあけてみると、一株だけはそれっぽいのがありました。

   ここから、こじあけないとわかりませんが(^^;)
USER1554.jpg


少しでも株間を広くしたことで、うどんこが押さえられたらいいのですが・・・
ここからは、ゴミ袋をかけるのは、よほどの低温にならない限りやめようと思います。

ワード 地球温暖化
[ 2014/02/18 07:46 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)

チーマディラーパ近況

これは1月14日のチーマデイラーパです。

P1070438.jpg

1株だけが先行して蕾をつけました。
花蕾をいただくとはいえ、脇芽が育ってくるタイプのはず。
セニョールさんみたいに、頂花蕾は取ったほうがいいのか、放置するべきかわからなかったので、とりあえず収穫しました

収穫というか摘芯後です(↓が切った跡) 
P1070440_20140128173144ad3.jpg

”ほろ苦さと、辛味、ナッツに似た風味を持ちます。菜の花、からし菜、ルッコラをあわせたような不思議な野菜”ということなので、早速ゆでてみたんですが、ほろ苦さと辛みまではあるのですが、ナッツがわからなかった(^^;)。
まあ、ちょびっとですしね。

そして、今日
USER1514_201401281731466d2.jpg

2週間で摘芯箇所(↓)の隣の脇芽がニョキっと大きくなりました(^^)。

水切れさせてしまって、今3株が生き残っています。
1株だけ元気よく先に育っていましたが、他の2株も花蕾はついています。

USER1518.jpg

わかりにくいですが、100円玉の左にあるのが2号の頂花蕾です。
500円じゃなくて、100円でカット
1号の脇芽は何とか500円玉大にはなっているのですが、そんなに大きくなるようにも見えなくて、もういいやで切っちゃった。
狭いところで育てているので、無理はいえません。

今日はプチヴェールと一緒にクリームシチューに投入です

ワード エコマーク
[ 2014/01/28 17:53 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(2)

大物アブラナ科近況:チーマ・ディラーパにツボミがつきました

園芸でちょこっと科学のともこさんから種をいただいて、かき菜とチーマ・ディラーパを育てています。
種まきは9月10日。

かき菜は来春にならないと収穫できませんが、チーマ・ディラーパは順調ならこの冬に収穫できるはず。
(できないとえんどうの場所がない

オータムポエムより種まきが遅いとはいえ、そろそろ気配ぐらいほしいぞと毎日のぞいていましたが、ようやく蕾らしきものを発見しました。
USER1409.jpg


大型野菜だというのに、とんでもない密植になっています。
理想株間の10分の1もないでしょう・・・
今でもひどいですが、収拾がつかなくなったら、根っこはからまってるから、一部を株ごと収穫です(><)
  チーマ・ディラーパ
USER1424.jpg
  かき菜
USER1425.jpg

2,3株もあれば十分なはずですが、数えてみたらどちらも8株ずつあるみたいです・・・
トウを長くのばして、争ってくれないかなあ。

ワード 地球温暖化
[ 2013/12/05 09:00 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(3)

大物アブラナ科近況:オータムポエムに脇芽がついてきました

去年と比べると、オータムポエムが元気です。
USER1344.jpg

今年はオータムといえる時期に収穫できそう。
昨年の反省から、8月下旬に種まきしたのがよかったようです。

水切れで半分枯らしててしまいましたが、ゴミ箱3つに5株あります。
摘芯は全部すませています。
株もしっかりしていて葉っぱも大きい。
近所の畑で見たオータムポエムのようです。
もし全部無事に育っていたら、置き場所に困ってしまうところでした。


 昨年は2月4日でようやく収穫ピークになりましたが、ひょろひょろでした(^-^;
  ↓
P1060468.jpg
900MLのペットボトルに1株というのが狭かったのかな?


今年も西日を獲得すべく競い合っている密植状態ですが、脇芽がどんどん育ってきています。

 上から見たところ
USER1346.jpg

 横から
USER1343.jpg
わかりづらいですが、主茎の葉っぱの根元は全部蕾がついています♡

下葉はアザミーなどにやられていますが、茎、花蕾がメインなので、少しは大らかに見守ることができました。
今朝の気温は1度。
さすがに、もう外は大丈夫みたいですね。
室内に流れ込んでいる気配はあるんですが、まだ退治できません(-_-;)
ワード 地球温暖化
[ 2013/11/20 07:34 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(0)

大物アブラナ科近況:オータムポエムにつぼみがついた

8月23日に種まきしたオータムポエムが待望の蕾をつけてくれました。

数で勝負するつもりでしたが、後発組を水切れで枯らせてしまい、今生き残っているのは5株だけです。

USER1115.jpg

真ん中につぼみがあるでしょ
USER1114.jpg

今年もハダニがしつこく、小さいアオムシにまで入り込まれています。
アブラナ科の青菜はこの時期はうちではダメですね。
キク科のサンチュまで全滅させられました( ̄- ̄メ)チッ

オータムポエムはまだ被害は小さく、メインが花蕾なので、何とかなりそうです。

プチヴェールは昨年より少し小さいように思いますが、3株あるのでこれで十分です。
USER1123.jpg

これで1株1Mの幅を取られたら、かなり狭いですし、室内退避させるのも大変ですから・・・
今の予報だと台風27号が直撃しそうなルートになっちゃってるし(-_-;)

先週の台風のときに、移動の際に折ってしまった葉を食べてみました。
冬場の甘みののった味には負けますが、けっこう美味しかったので、手に負えなくなったら1株は間引き菜(笑)になってもらいます。
もうキャベツ半球ぐらいの葉っぱはありますから(^^)

ただ問題がひとつ。
USER1121.jpg

こういう葉っぱが何枚かあるんです。
明らかに食べられてるんですが、フンもないし、虫は見当たりません。
なんだろう???
一度小さい甲虫に入られて、出て行ってもらったことがありますが、まだ仲間がいるのかな・・・


そして
かきな、チーマディラーパの先発隊です。
USER1119.jpg
左下はアオムシにかなりやられました。


後発隊。
USER1118.jpg

後発隊の真ん中の4株がチーマディラーパ、両端がカキナのはずなんですが、そっくりです。
先発隊は植え替え時に混じってしまいました orz。

カキナのほうが葉に丸みがあると思うのですが、収穫時期はカキナのほうがはるかに遅いはずだし、チーマは蕪なのでいずれ見分けがつくはず・・きっと(⌒^⌒)b うん

どちらも大きくなるお野菜のはずだから、明らかに株数が多いですが、場所がある間は予備もかねて育てます。
オータムポエムを一気に減らしちゃったし。

アブラナ科の小型葉物はハダニに壊滅させられました。

外はこれからは減ってくるでしょうが、室内でもハダニは避けられないので、撤収作業がむなしくなってきました。
ということで、室内ではスプラウトにはまりかけています(^^)

ワード エコマーク
[ 2013/10/22 09:33 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

大物アブラナ科近況

プチヴェールです

USER1033.jpg

ようやく去年の大きさに追いついてきました。
ネットをはずすと、葉っぱが横に広がって70センチくらいになると思います。

プチヴェールの赤ちゃんも見えてきました。
USER1034.jpg


ナバナ祭りの先陣を期待しているオータムポエムです
USER1041.jpg

まだ、かきわけても蕾の気配はありません。
オータムっていうぐらいだから、そろそろお願いしたいところです。

そしてナバナ祭りの本隊として期待しているのが、この2品種。

上がチーマディラーパ、下がカキナ(たぶん)
USER1035.jpg
園芸でちょこっと科学のともこさんから種をいただきました。
大きくなる品種のようですが、夏野菜が終わるまでは、このスペースで育ってもらいます。

ワード 地球温暖化
[ 2013/10/04 08:18 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(0)

ナバナ祭りを目指します

園芸でちょこっと科学のともこさんから、種をいただきました O(-人-)O アリガタヤ。

USER0990.jpg

左からパープルバジル、マルセイユ(バジル)、ボロッソ・ナポリターノ(バジル)、さちうら(カキナ)、セリフォン(カラシ菜) 真ん中下が、ともこさんのありがたい手書きイラスト入りのチーマディラーパです♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!


チーマ・ディラーパとカキナは、すでに種まきしているオータムポエムと合わせて、ナバナ祭りの主力になってもらう予定です。
さちうらは、”家庭菜園では、2~3株を育てておくだけで、3~4日ごとに適量を収穫することができます。 上手に管理すれば、一か月半以上の長期にわたり収穫できます” とのことなので、期待大。

以前畑のオータムポエムを見て、あまりの大きさ、たくましさに同じ種からできたものとは信じられない違いに驚いたことがあります。

カキナも同じでしょうが、きゃしゃなベランダのオータムポエムも美味しくいただけたので、場所なりにたおやかに美味しく育ってくれればそれでよし。
ある意味、がっしりとした市販品とは別物の美味しさで外では買えないお野菜ともいえるしね(^^;)

チーマ・ディラーパはカブの花蕾をいただくものだそうです。

早速、昨日の夕方に種まきしましたが、どちらも発根しています。
USER0991.jpg


ついでにバジル達も種まきしてしまいました。
バジルは今からでも発芽さえしてくれれば、お味見させてもらえるかもしれないと、たくさんいただいたから冒険してみました。
室内は窓をあけても28度強をキープしているので、間に合うと思ったんですが、どうかな。

先発隊のオータムポエムは、まだ小さくて本葉4枚というところです。
USER0988.jpg


ナバナじゃないけれど、アブラナ科のエースとして期待してるプチヴェールはここまで大きくなりました。

USER0989.jpg

去年は今の時期に幅50センチありましたが、今年は40センチ程度です。
定植が遅れたからかなあ・・・でも虫食いもなく順調です。
うちでは葉っぱが本命なので(普通は脇芽のプチヴェールです)これからは、虫から守らなくちゃ。


ともこさん、ありがとうございました。
がんばって育てますね( ̄0 ̄)/ オォー!!。
ワード エコマーク
[ 2013/09/11 08:44 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

豆乳パックでベビーリーフ栽培

USER0961.jpg

北上大さんの北上大 公式ブログ を参考にして、豆乳パックを水耕栽培容器にしてみました。
詳しく書いてくださっているので、作り方は北上大さんの記事をご参照くださいね。

私は豆乳ヨーグルトを常食しているので、豆乳パックならたくさんあるのです。

裏が銀色だから遮光の必要もないし、注ぎ用のフタがあるので飲み口の処理もいりません。
工作ベタには助かります(^-^;

左から、バジル、サンチュ、レタスミックス、レタスミックスです。

バジルは7月19日に種まきしましたが、室内なので成長もスローです。
密植だけど大きくしないでちょっとずつ収穫していったら、この容器で何とかなりそう。

給水は注ぎ口からやれば加工しなくていいと思ったんですが、フタは斜めについているので結構やりにくいです。
あきらめて穴を一つ余分にあけて(普段はアルミホイルをつっこんでいます)、漏斗を使って給水することにしました。
中が見えないので、注ぎフタを少しあけて、あふれない程度に液肥をいれるようにしています。

まだ先のことは考えてないんですが、お引越しが必要なくらい大きくなってくれたらいいなあ。
ワード エコマーク

10/28 三つ葉
USER1271.jpg
[ 2013/09/04 16:45 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(20)

オータムポエム近況:育苗中

冬野菜は、プチヴェールを3株も仕入れているので、かなり自粛しないといけません。
えんどう豆は平面を這うから、問題ないんですが、他の大型アブラナ科は無理です。

ということで、昨年も栽培して種が残っている菜花のオータムポエムを種まきしています。
冬場に収穫できて、ブロッコリーと食味は似ているのに(別名アスパラ菜だからアスパラなのかな?)、それほど場所を取らないのです。
冬は軽く氷点下を下回っちゃううちのベランダでも平気で、次々に脇芽から花を咲かせてくれました。
P1060203.jpg

昨年は900MLペットボトル栽培できたので、今年もそうします。
このサイズなら、あいてるところにたくさん置けますから、数で勝負!。
一株で一度にとれるのは1,2本でも10株あったら立派な量ですもんね(^^)。

去年はお彼岸に種まきしていますが、今年ははりきって満月前の8月18日に種まきしました。
でも、みごとなもやし状態に徒長。
こんなこともあるから早めに種まきしてるわけですが、23日に種まきした第2弾は今この状態です。

  40度のベランダでがんばってます
USER0946.jpg


覆土してなかったし、これくらいなら徒長隠しの土よせで何とかなるかな(^▽^;)

第1弾の徒長組の中で、双葉のきれいなのをダメモトで挿してました。
ほんとうは本葉が1,2枚出るまで待つべきなんですが、そんなことしてたらかいわれ並みになっちゃいます。
6日で発根したので、再びポットに戻しています。

   発根したてなので、まだ室内です
USER0945.jpg


こちらのほうが年上なのに、まだ本葉も出ていませんw。
先輩の意地を見せて、たくましく育ってほしいなあ(^o^)ゞ

ワード 京都議定書
[ 2013/08/30 13:54 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(9)

青じそがやられた

しそ畑がアザミーの餌食になってました。

  畑といっても、ペットボトル6株だけ(^^;)
IMGP0539.jpg

しそだと、こんな風になるんですね。
IMGP0540.jpg

IMGP0544.jpg


最強のおとりだった白なすさんをベランダに出したので、今の室内のおとりは瀕死(3株やられて残り1株)のマリーゴールド、おかのりのみ。

白なすさんを追って、好物だらけのベランダに行ったよねと、すっかり油断してました。
しそは、1か所にまとめてないで分散させときゃよかった・・・

これから種まきしてると、時間がかかるから、まずは先っぽのまだ無事そうなところを、挿してみます。

IMGP0558.jpg

にんにくしょう油づけが美味しかったので、今度は枚数を増やして贅沢に作ろうとしてたんですが、アザミーにとられちゃった ・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。うぇぇん

次は、バジル畑に来るはず。
とりあえず、分散させておこう。
省エネ
[ 2013/06/13 07:36 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(3)

空芯菜挿しました

グリムスが大人の樹になってる♪
これでようやく2本目です

まだ空芯菜の種まきには早いかなあと思ってたんですが、スーパーで大人の空芯菜を発見。
IMGP0239.jpg


もちろん買って、一部を挿しました。
P1060845.jpg

この気温でも4日で発根してくれたので、しばらくはこのコ達を育てることにします。

P1060846.jpg

これ、なーんだ。
IMGP0248.jpg

万願寺とうがらしです。
下の方でこっそりこんな姿になってました。
赤くなってるのを主人が発見するまで、いるのも知りませんでした(^^;)
室内で育てていて、環境が悪いからいじけさせちゃったみたいです
[ 2013/05/01 07:52 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(7)

おかのりの採種

3月5日にトウダチを始めたおかのりさん。

最初のうちは、花をどんどん取っていたんですが、根負けして放置してたら、とうとう枯れてきました。
IMGP0193.jpg

次代は、そこそこ育ってきているので、もういいでしょってことなのかなー。
IMGP0196.jpg

種ができているみたい。
IMGP0194.jpg

こぼれ種になられても困るし、採ってみました。
IMGP0195.jpg


左は採種したもの、右は箱庭ベランダ菜園のまきばさんにいただいたオリジナルの種です。
IMGP0197.jpg

大きさも同じようなものだし、このまま保存してもいいのかな?
間に合ってるけど、発芽テストしてみます。
地球温暖化
[ 2013/04/23 10:32 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(0)

おかのりもトウ立ち

アブラナ科はほとんど撤収しているので、もうトウ立ちは気にしてなかったのですが、このコを忘れてました。

  おかのり(アオイ科)
P1060695.jpg


やっぱり冬を越したら咲いちゃうんですねー。
ハダニもつきはじめてきたから、水浴びさせなくちゃ。
アザミーは、まだいないようです。
どの虫にもモテるのに、葉っぱが大きくて虫を見つけやすいおかのり隊員は、撤収しないで害虫警備の最前線でがんばってもらいます。
やっぱり花を摘んだほうが、長持ちするんでしょうか?

可愛らしいし、このままにしておこうかな。
地球温暖化

3/7  早々に、アザミーの食跡がついてました。
   大きな葉っぱを日に透かしてみて、すぐに1匹発見。
   マメみたいに葉っぱが多いとお手上げだけど、おかのりだと楽なんです (o^-')b グッ! 
[ 2013/03/05 14:28 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(10)

レタス近況~室内に移動しました~

昨日の風は、西向きベランダには厳しかったです。
台風や雪は避難する猶予もありますが、今回の雪が少なかったので、安心して室内に避難させていたのを外に出した後は、すっかり油断してました。
気づいたときは、あちこちでケースごと倒されまくり(T.T)。

こういうことでもないと、放置組はいつまでも放置されたままなんですが・・・(*゜.゜)ゞ

初代フリルアイス(9/5まき)
P1060551.jpg

冬に入ってからは室内で再生中です。
茎が長くなってきました(^-^;
春までがんばってくれないかな~。

これはずっと中のフリルアイス(11/8まき)。
P1060552.jpg

すでに一回かきとっています。
柔らかめで、レタスの美味しさもありますが。
外葉を収穫したということもあるのでしょうが、自立してくれません。
これ、スポンジだけで育てて、支える土をいれてませんでした。
何かいれてあげなくちゃ(^▽^;)


これはずっと外暮らしのフリルアイスです(10/2まき)。
P1060549.jpg


寒さに耐えて、立派になってねと都合よく思ってましたが、当然ながら葉っぱが、めちゃ固い。
そして1か月遅くまいた室内のフリルアイスより、はるかに小さいです。

このまま外で育てる意味もないような気がしてきたので、中にいれます。
ちょっと気づくのが遅すぎですね@(;・ェ・)@/反省…

うちの冬場は、外はアブラナ科、室内は今のところ虫に不人気な(全然来ないわけではないけど)キク科にしたほうがいいようです。
地球温暖化
[ 2013/02/14 10:37 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(8)

ベビーリーフまで・・・

最近、室内レタスの調子がいいので、外のベビーリーフやレタスを収穫する必要もなく、放置したままです。

育苗中の夏野菜の日光浴場所を確保するために、アブラナ科のベビーリーフだけ窒素抜きして全撤収することにしました。
P1060461.jpg


遅かった・・もうトウ立ちしています。
これは、チンゲンサイ
P1060465.jpg

これは広島菜
P1060467.jpg

ベビーだから、まだ大丈夫だろうというのは、甘かったですね(^▽^;)


アブラナ科って、一定期間低温にさらされるとトウ立ちしちゃうそうです。
うちは東京より平均で3度、関西よりははるかに気温が低いから、無理ないですね。

水菜と赤リアスからし菜はまだ大丈夫みたい。
からし菜はお気に入りなので、もうちょっとがんばってほしいなあ。
P1060469.jpg

オータムポエム(アスパラ菜)は、最近調子がいいです。
茎がおいしいから、花がちょっとぐらい咲いても茎が伸びるのをまって、収穫しています(^-^)。
P1060468.jpg
京都議定書
[ 2013/02/04 14:20 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

タイニーシュシュがようやくとう立ち

白菜のとう立ち菜はとても美味しいそうです。
一度かきとった後のタイニーシュシュを暖かい窓辺において、花を待っていました。
P1060456.jpg

まだ葉っぱはすごく柔らかいです。
今日収穫して、クリーム煮にしてみます(*^^*)

こちらは、ずっとベランダでがんばってる株です。
P1060459.jpg

どうせバラすんだし、今は場所があるから、無理に巻いてくれなくてもいいのですが、どうしたいのかなあ。
このコもとう立ちしてもいいよ、というつもりで粘ってみます。

地球温暖化
[ 2013/01/31 16:36 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(10)

水菜の再生実験

いつもなら捨ててしまう水菜のお尻の部分を、お試しで水につけていたら根っこが出てきました。

P1060392_20130123094316.jpg

全く根っこのついていない株だったから、まさか成功するとは思わず、記録も写真もとってないのです。
これで3週間ぐらいたっていると思います。
全部が成功したわけじゃなく、根っこの出た株は半分くらいでした。

P1060389_20130123094146.jpg

種をまくよりは早いですね。
今は液肥に変えています。

気をよくして第2陣を17日にスタートしています。
  これは6日後(最初は葉っぱは、ほとんどなし)
P1060393_20130123094147.jpg

野菜がお高いようですから、サラダ用にお試しでやってみるのも楽しいですよ。
根っこはわからないけれど、新芽はどれでも出るようですから。(^-^)
地球温暖化
[ 2013/01/23 09:55 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(15)

うちのレタス

今朝のビニール内の温度はとうとうマイナス1度でした。
まだ氷ってはいませんでしたが、まずいなー(´ヘ`;) 
追記 12:10 お天気なので32度まで上がってきました。あわてて換気
P1060334.jpg

自産自消費@ベランダのhiroさんが紹介されていたのを見て、まねっこで育て始めたフリルアイスです。
P1060332.jpg

楽天のポイント消費を口実に衝動買いしました(^^ゞ
種まきは10月2日。
おいおいって遅さですね。
発芽と育苗で失敗ばかりしてました。
10粒くらいから、生き残ったのがこの一株なのです。
ずーっと小さいままなので、場所を変えたり、色々やってたんですが、ようやくここまでになりました。
そろそろかきとってもいいですよね。

跡継ぎは、外に3株、室内に4株います。
P1060341.jpg P1060347_20130119093727.jpg
左が外の株ですが、小さいけれど、室内より株がしっかりしています。

まだひょろひょろだけど、初代もそうだったから、気長に待ちます。
液肥全然減らないし。
晩抽性でリーフレタスのような抽苔はないそうなので、これはトウダチを気にしなくてもいいのかなあ。
外にも中にもあるから、そのうち答えが出るでしょう。

ミックスレタスからチョイスした謎の3株です。
P1060337.jpg

一番寒いところにあるせいか、このサイズのまんまです。
放置しておくつもりでしたが、気が付いたらトウダチの可能性も大ですから、ぼちぼちかきとっていくことにします。
その刺激で育ってくれるかもしれないし。


お役立ちの外のベビーレタスです。
9/23まき           
P1060339.jpgP1060338.jpg
10/23まき
P1060340.jpg

いつまでがんばってくれるかわからないけど、まだまだ現役。
防虫ネットの上に、ビニールをかぶせています。

室内組
サンチュ11/9まき (昨年は外に出してました)
P1060348.jpg

ミックスレタス 11/13まき
P1060342.jpgP1060344_20130119092536.jpg
12/14まき
P1060345.jpgP1060346.jpg

あと、種まきしたばかりのが1ケース。

室内組は、最初は徒長がひどくて、本葉も遅くてひょろかったです。
1か月ぐらいした頃に、全撤収しようかと思ったぐらいでした。
そのうちスイッチが入ると加速して大きな葉が出るようになっていきました。
そうなるとベビーリーフの徒長なんて、どうでもいいですものね。
今では毎週かきとらせてくれています。
グリムス 地球温暖化
LEDも使わない、午後の数時間の日照でも、レタスは元気なので助かります。
多少軟弱でも、生食には問題ないし。

ほとんどが、アタリヤのレタスミックスです。

うちはハダニとアザミーが居ついていますが、レタスにだけは手を出さないようなのです(エンダイブは例外)。
だから、レタスばかり増やしてしまいました。
かわりに犠牲になっている、セリ科やアブラナ科のほうがお好みなんでしょうね
[ 2013/01/19 09:47 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

待ってない花が咲く

今朝は、外気マイナス7度でした・・記録更新です(((=_=)))ブルブル

ビニール内は0度、ギリギリセーフでしたが、この時期に去年より寒いとなると、豆も冬野菜もピンチです。

外はまだこんな感じ。
P1060323_20130118075804.jpgP1060322_20130118075804.jpg

田舎の裏道は、カチカチに凍ってしまうと自然に溶けるのを待つしかないみたい。
小学生がスケートのようにすべりながら通学していきます・・・若い (*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ。

能天気な我が家のFOXさんの広島菜がトウダチしたということなので、不織布の中の広島菜を見てみました。

11月末にかきとってから順調に葉っぱも増えているので、安心して放置してたんですが、葉っぱが薔薇のようにくるんと巻いて、真ん中にかわいらしい蕾がありました( ̄Д ̄;) ガーン

   これはまだ広島菜だけど
P1060315.jpg

   こうなるともう別物(^-^;
P1060314.jpg

下の写真の葉っぱはもう固くて、芽キャベツの葉っぱみたいになっています。
これは早々に、煮るか炒めます・・・うかつでした(T.T)

上は、まだ柔らかいので、どうするか考え中。

タキイさんのサイトに
● ハクサイのトウ立ち(抽苔)はなぜ起きるか?
……種子春化型(シードプラントバーナリゼーション)
種子のころから低温に感応して花芽を分化する種子感応型。低温の範囲は3~13℃で、低温の程度が強いほど花芽分化期は早まります。また生育が進むほど低温に対して敏感に感応します。
花芽分化すると新葉の分化が停止し、それ以上葉数が増えないので、充実した玉を形成できません。したがって生育の極初期から低温にあわせない栽培が要求されます。
花芽分化後に抽苔が起きますが高温と長日条件で促進されます。


とありました。
白菜じゃないけど、低温は最近はハンパなかったし、うちは午後からは高温になるし・・・・
まっ、しゃあないですね。
2回収穫させてもらえたし(^^)

花を食べちゃおうと、かきとった後に室内に入れて待っている白菜(タイニイシュシュ)はツボミの気配もなく生き生きしてきました。
夏もOKな品種だから、普通に考えちゃいけないのかもしれません。
P1060327.jpg

寒くなってから室内栽培に切り替えたルッコラも15日にトウダチしてるのを発見。
P1060303.jpg

撤収して、空き地にミックスレタスの種まきをしました。

こうなったらアブラナ科はどれがトウダチしてもおかしくない、と小カブも撤収することにしました。
P1060320.jpg

もう種まきから、100日を超えていますが、七草粥のときに一株だけ撤収したところ、スも入らず美味しかったんです。
まだ大きくなるかもと芽キャベツの収穫まで待つつもりだったけれど、ここは欲張るのやめ(^^ゞ。

後から発芽してきたようで、細いえんぴつのようなカブもすみっこでがんばってました(黄色いお皿)。
P1060318.jpg

葉っぱはきれいだから、浅漬けにしました。
塩、昆布塩、本鷹でつけてみたら今回は広島菜にはりあう絶品でした(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
いつも適当に作っちゃうので、レシピが再現できないんですが・・・
カブは豆乳で煮込みました (* ̄¬ ̄)o―∈~

小物アブラナ科はまだペットボトルで15本ぐらいあるので、野菜高騰のおり、無駄にしないように、さぼらないでトウダチチェックします。

一番こわいのは芽キャベツ達です。
プチヴェールは、最近の低温がこたえているようで、紫になってきているし・・・
P1060326.jpg


これだけは、まともなサイズになるまで待たせてください(○ `人´ ○) タノンマスー!。
地球温暖化

追記)
別物になったトウダチ広島菜ですが、チンゲンサイみたいで、予想外に美味しかったです♪。
追記)
夕方 さらに3ポット撤収(ノ_-;)ハア…
[ 2013/01/18 08:24 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

花を待ってます(^-^)

クリスマス後に広島菜を一株収穫しました。
また再生してもらうつもりで、芯の葉を数枚だけ残しています。
今は外は毎朝がマイナスになりますから、室内のほうが再生が早いだろうと、液肥をたっぷり入れて放置してました。

で、大きくなってきたなと見てみたら
P1060207.jpgP1060205.jpg

トウダチしてました(|||_|||)ガビーン

そりゃ暖かくて、長日の環境に置いたら、こういうこともありますよね・・・orz
こうなったらもちろん、食べちゃいますよ。

ミニ白菜のタイニィシュシュも、かきとり収穫した株は、室内に置いています。
P1060206.jpg

この2株も外に出さなくちゃトウダチしちゃう、と思ったんですが、このままにしてみます。
アブラナ科でも特においしいとされる白菜の花を春まで待たずにゲットできるかもしれないですもん。
真冬の白菜の花はふくたちといって、とてもおいしいそうです。
http://www.ja-ugo.jp/sub_nou/fukutachi.html
まあ、うちのは寒さも中途半端なので、そううまくもいかなりだろうけれど、トウダチしなくても、それはそれでいいし(^-^)

そして花が咲いてもいっこうにかまわないオータムポエム(アスパラ菜)は、寒くてもへっちゃらのようで、摘心してから元気に脇芽が出ています。
P1060203.jpg

ずらしまきの後続も、トウダチしてきました。
P1060204.jpg

1,2本でも、さっとゆでてマヨネーズだけで、まあまあな付け合せになるのでありがたいです。
この時期では、寒くても育ってくれるお野菜は貴重ですから。

今日は七草粥の日ですね。
これまではセットを買っていましたが、今年はベランダ野菜を総動員して作るつもりです(^-^)。
地球温暖化
[ 2013/01/07 13:14 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)

オータムポエムが苔立してきました

花が咲いたとはいえ、茎が短いのにこれでいいのか?と迷いながら、12月7日にオータムポエムを摘心しました。

それから液肥を一杯にして、放置していたんですが、今見てみたら、茎が伸びてました♪。

  トウダチって言っていいですよね?
P1060111.jpg


先っぽに摘心した跡が残っています。
P1060109.jpg

摘心した茎が伸びてくるっていうのは、摘心箇所を間違えたのでしょうか
今ある茎は、蕾がふくらんできたら根元のほうから収穫しちゃったほうがいいんでしょうね。

オータムポエムは1株から、3本くらいしか側枝は取れないそうです・・少ない(゜◇゜)~ガーン。

次は付け根あたりのコレになるんでしょうか。

P1060105.jpg

まだまだですよね(^-^;

京都議定書
[ 2012/12/17 10:42 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(12)

オータムポエムの摘芯で困ってます

11月21日に蕾を発見したオータムポエムは、寒さのためか育ちが遅かったんですが、1つ開花してるのをさっき発見しました。

よーし、摘芯しなくちゃ、まだ茎が短いなあ・・とチョッキン

P1060088_20121207170459.jpg

よ~く見たら、一緒に切っちゃった下の葉っぱ4枚全部に、ちっちゃい蕾がついてるんです
(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

遅まきながら調べなおしたら、花が1~2花開花し、花茎が20~25cm伸びたものを摘みとります、ってサカタさんのところにありました
でも、この茎が20センチも伸びるのかなあ・・・花ならもう咲いてたし。

次に咲きそうなのは、コレです。
P1060089.jpg

茎の長さが10センチもないけど、半分ぐらい咲いたら、先っぽだけ切ったらいいのでしょうか?
[ 2012/12/07 17:18 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

タイニーシュシュ寒すぎ?

これはお彼岸に種まきしたミニ白菜のタイニーシュシュです。
   手前は50センチ定規
P1060050.jpg

「タイニーシュシュ」は密植栽培ができ、株間15×15~20×20cmでの栽培がおすすめです。外葉が隣同士触れ合うようになると、競い合って立ち上がり、早く形がまとまります。

とカタログにあったので、密植と一株植えで育ててましたが、大きさにこんなに差が出てしまいました。
日当たりや条件は密植のほうがいい場所あげてたんだけど、一株植えのほうが、枚数も多いし、葉っぱも大きい。
密植のほうは、せりあってるだけで結球する気はなさそう(-_-;)。
ばらしちゃおうかな・・・
でも苗が立派だったから、一株植えにチョイスしたので、個体差かもしれませんね。

半結球の状態での収穫はタネまき後45 ~50日、ミニハクサイの状態での収穫はタネまき後60~ 65日が目安になります

らしいですが、結球する気は60日を過ぎた今もないみたい。
こだわらないけど、無駄に広がらないでスリムになってほしい・・と、改めて育て方をよく読んでみたら

9月下旬以降の播種では低温で結球しない場合があるので、ハウスやトンネルによる保温が必要となります。

(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
お彼岸に種まきしてるし、もう朝なんて氷点下寸前なんだから、保温しないといけないんだ!
白菜は寒さにあてたほうがいいと思いこんでました(+。+)あちゃ-。
今更だけど、ビニールかけなくちゃ・・夜は室内にいれようかな。

でもサラダでもOKらしいし、一株だけ残して、これもかきとっちゃってもいいような気もしてきました。
冷蔵庫の在庫しだいで、やっちゃうかも(^-^;。

広島菜と並べてみました(広島菜の左半分はかきとり済^^;)
P1060049.jpg


このあと広島菜は連休用にかきとって
P1060052.jpg

スリムになったのでペットボトルにお引越しして、日当たりのいい場所に移動です。
何とかあと2回がんばって(=´ー`)ノ ヨロシク
P1060051.jpg
テーマ 地球温暖化
[ 2012/11/22 13:03 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(8)

オータムポエムにやっと蕾が

ブロッコリー類の育苗に失敗したときに、ホームセンターが種全品半額をやってたので、かわりにと衝動買いしたオータムポエム。

お彼岸前から種まきしてましたが、徒長がひどくて何度かまきなおしています。
収穫の目安は、種まきから45~60日らしいですが、早いものはもう2ヶ月になります。
酷暑・強風のベランダなので、マニュアル通りにはいかなくても、せめてツボミぐらいと、やきもきしてました。

何か間違えたかなと育て方を検索してみたら、主茎は早めに摘芯とありました。
えっ、そんなのやってない、とあせりましたが、茎なんてまだありませんがなヽ(´▽`)/。

風で葉っぱが、けっこう折れてるし、雨にも打たれ放題なので、無理があったか・・。

   また折れてるし
P1060043.jpg

とう立ちもできず、春までこのままなんだろうか・・困る・・場所が困る(^-^;
どっかにツボミの気配ぐらいないかな、とネットを取って、葉っぱをかきわけてみたら、あったんです。

   ちゃんと見てよね( ̄‥ ̄)=3 フン
P1060041.jpg

よかった~ヽ(^◇^*)/ ワーイ
アブラナ科を色々種まきしたので、どれかわからないのもあるんですが、たぶん10株あります。
昨日なんて最低温度が1度だったので成育が遅れるのは仕方ないですが、先発隊は年内収穫できそうです。
テーマ 京都議定書
[ 2012/11/21 09:50 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(0)

広島菜で巻き巻き♪

脳天気な我が家のFOXさんも、広島菜を育てておられます。
かきとるか大きくするか迷っておられる記事を読ませていただいて、ハタと気づきました。
そうか、かきとればよかったんだって。

うちの広島菜も大きくなってきていて、横幅だけは芽キャベツにはりあってます。
そう、場所に困ってます(ーー;)

大きくして浅漬けって思ってたんですが、3株+@(まだビタミン菜と区別がつかないのがある)が、これ以上横に大きくなっても困るし、いっぺんに食べられるわけもない。
かきとって何回も楽しんだほうがいいじゃん!、それができるのが、おうち栽培のメリットだしと、一気にかきとり収穫に転向しました。
まずペットボトル栽培の横に広がったところをいただいて・・
P1060027.jpg
P1060030.jpg


残りの株からも、ちょびっとだけいただいて
P1060031.jpgP1060033.jpg


浅漬けに!
大好きな農家のレシピさんの浅漬けレシピを参考にしました。
P1060036.jpg

で、念願のごはんに巻き巻き┳┳ ヽ(^▽^ゞ) ゴハンゴハン♪
まずはお味見を口実に・・
P1060037.jpg

やっぱり美味しいです。
これだけでも十分幸せ 


あと4,5回は楽しめそうだけど、もっと作ってみたくなってきました。
今ベランダは満員御礼とはいえ、これから減ってくるはずだし(夏もこんなことを思ってましたが)。
時期はよくないけど、とりあえず種まきしよ。

オゾン層 テーマ
[ 2012/11/20 09:30 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(5)

ベビーリーフ液肥実験やってみます~ご意見大歓迎(*^^*)

ベビーリーフは自給を目指してます。

この時期は栽培しやすいので、隙間に増やしていくつもりが、衣装ケース2箱に入りきらず、室内含めあちこちに展開しています。
P1030983.jpg P1030982.jpg

これは隙間狙いで、2Lペットボトルにカブをバラまいたもの。
こんなのばっかり(^-^;
P1030981.jpg


もちろん今はベビーリーフは自給できているのですが、気になることが。

これまでは最初に水をたくさん入れて、普通の濃度の液肥(EC1.3程度)を追加していました。
元気に育ってくれてはいるのですが、これでいいのか?、まだそんなに大した量じゃないけど硝酸ってどうなのかな?、新芽野菜だし、肥料は薄くてもいいのではないかと。

土耕だと、培養土を使うやり方が多いので、もちろんこれはパス。
市販されてる水耕のベビーリーフがどんな液肥を使ってるかはわからないし・・・

まあいろいろやってみようと、実験することにしました。

ベビーリーフの種を使うと、個体差があるといけないので、サンチュを使います。
最初はお水だけで、本葉が出てきたら

1   EC0.8程度 と 大塚ハウス5号のみを1週間ごとに交換
2   EC0.8程度の大塚ハウスのみ 
3   ALAを規定量の倍に薄めたものと、水を1週間ごとに交換
4   ハイポネックスを規定量の倍に薄めたものと水を1週間ごとに交換

 セルトレイとプラコップで簡単に(^^ゞ
P1030985.jpg

朝種まきしたばかりなので、当分お水です。
もっといいやり方があるよー、それはおかしいよというご意見いただければありがたいです<(_ _)>

テーマ 地球温暖化
[ 2012/11/14 13:55 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(10)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。