いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペッパー近況:今年も律儀に来た

ピーマンのデカチャンプは今のところ2株あります。

   上の葉っぱのちぎれは事故です
USER3254.jpg


USER3252.jpg


昼間は外に出していて、夜に室内に入れた時に、チャ(チャのホコリダニ)の気配がないか調べてたら、上の株がどうも気になります。
チャじゃないけど、ひょっとしてアレがいるんじゃないか?

で、灯りに透かせて、じっくりチェックしたら、いました!

アザミー(アザミウマ)のかなり小さいのが、ちょろちょろと。

瞬間に指が動いたので、写真はありません。
まあ撮れたとしても点ですけど・・・。
5匹ぐらいいたけど、5匹いたら全部で何匹いるんでしょうね(-_-;)

このレベルでわかるようになったので、私も去年よりは学習しているようです。

チャよりアザミーのほうが見えるだけましかなあと思ってましたが、チャは前回アーリーセーフが効いたようなので、お薬の効かないアザミーのほうがタチ悪いかなあ。
今の葉っぱの数なら楽にチェックできますが、大きくなってくるともう白旗あげるしかないですからね。

幼苗時に致命傷をくらうわけにはいかないので、ちゃんと見張らなくちゃ。

そうそう、某ホームセンターのきゅうりは、まだお店にならんで間もないのに、全部アザミーのお食事跡がついてる品種がありました。
お買い上げ時には、虫の気配があるものはご注意です。

ワード 地球温暖化
スポンサーサイト
[ 2014/04/10 08:00 ] ピーマン | TB(-) | CM(5)

油断しましたーデカチャンプ撤収します

朝晩が涼しくなってきたのに浮かれて、やってしまいました orz。

いつまでも遮光ネットしてるのも過保護かなあと、一部をはずしてみたんです。

耐暑性が弱いとされているプチヴェールは元気
USER0938.jpg

ガンディアなすも、微妙な雌しべですが、一番花を咲かせてくれました
USER0939.jpg


でも、暑さに強いはずのデカチャンプがこんなことに
USER0936.jpg

すきまに同居させていた、つるなしインゲンも葉がこげてるし・・
USER0937.jpg


デカチャンプは葉がどんどん落ちてくるので、剪定して様子を見ていましたが、かなり株が弱っていたようです。
今年のペッパー栽培は、暑さに惨敗です (_ _,)/~~ まいった
記録的な猛暑というのが、今年限りでありますように。


・・・・・懲りずに種まきしてたりしますけどね( ̄‥ ̄)=3 フン

ワード エコマーク
[ 2013/08/28 08:45 ] ピーマン | TB(-) | CM(6)

今になって開花を締め切りました

テーマ 地球温暖化
今頃なにやってるんでしょうね・・

ピーマン京波、伏見甘長唐辛子、こどもピーマン、どれも脇芽に花がついちゃうともう手出しできなくて、ずるずると脇芽の脇芽を残しておりました。

まだ最低気温は10度は越えていますが、週末は6度になるとか。
いくらなんでも、ここから咲いてきても無理だろうし、たくさんある着果直後の実も、多少保温したところで、無理っぽい。


とにかく茂りすぎている枝を整理して、小さめでも実は収穫して、着果してる枝のみ実を残すことにしました。
小さいのをいれるとそれぞれ、まだ数十あります・・ちょっとでも大きくなればラッキーということで。

ピーマン 京波
  剪定前                           剪定後
P1030885.jpgP1030890.jpg

下のほうは、もうちょっと大きくなってくれそうですが
P1030887.jpg
上のほうは、かなりお疲れのようで、ピーマンかししとうかわからなくなってます。
P1030889.jpg

こどもピーマン
  剪定前                           剪定後
P1030885_20121029103305.jpgP1030884.jpg

伏見甘長唐辛子
 剪定後
P1030881.jpg
 
花はちゃんと摘みました(ボケてしまって、ごめんなさい)  
<a href=
  がんばれるかな・・
P1030878.jpg


左から、伏見甘長唐辛子、京波、こどもピーマン
P1030893.jpg


小さめでも、枝に1コしかないものは収穫しました。
もうほとんどないと思いますが、伏見甘長唐辛子にアタリがあるので、分けておかないとキケンなのです。
伏見甘長唐辛子は美味しいから、少し大きくなると収穫してました。
京波は必要なときにちょこちょこと。
こどもピーマンは、もっと大きくなれるよね?と放置してたのが多いから、残ってるのが大目になっています。

あと収穫できても、それぞれ市販の一袋ぐらいになると思います。
ここまでやるのなら、撤収してすっきりしなよ・・との声も頭の中であるんですが、残してみます。
赤くしてしまった京波が、甘くてパプリカ状態だったので、そこまで放置してみたかったけれど、今年は無理そうです。
場所待ちの野菜があるので、無期限というわけにはいきませんから。
フライング夏苗達も着果して大きくなってきてるし(;゜(エ)゜) アセアセ

狭いくせに、とうがらしは放置でいいのかなと、怠けていたのを反省しています。
来年はもっと勉強して、すっきり育てたいと思っています。
これからもご指導いただければ、幸いです<(_ _)>
[ 2012/10/29 10:56 ] ピーマン | TB(-) | CM(8)

久しぶりの赤

P1030785.jpg


右のお皿は、左の細い3本がこどもピーマンで、後は京波です。
もうちょっと大きくならないものかと放置してたら、いつのまにか赤くなってたのがありました。
朝の気温は12度しかありません。
いくら昼間は30度でも、この大きさが限界なんだなと、小サイズで収穫していくことにしました。
まだ小さいのがたくさんありますが、大きくなれるかどうか。

左は伏見甘長唐辛子
たまーにアタリが混じりますが、こんないびつな形ですから別にしないとわからなくなってしまいます。

どれも、まだ大き目の花が咲いてくるんだけど、何とか育ててくれないかなー(f^^)
[ 2012/10/20 08:14 ] ピーマン | TB(-) | CM(6)

スイートペッパーを虫害で剪定しました&質問です

今までとうがらし属にはアザミー以外はついたことがなかったので、ハダニの優先順位が低いんだろうと安心してたんですが、とうとう来やがりました( ̄- ̄メ)チッ

最近一斉についたようで、子どもピーマンも伏見甘長唐辛子も京波にもいっぱいいます。
もしかしてチャノホコリダニか?、と思いましたが、一応ルーペで確認できるものはなく、肉眼で見える大きさばかりなので、違うと思いたいところです。

コロマイトはトマトにだけ1回散布していますが、離れたところにあったとうがらし属に散布するのは別カウントでいいのでしょうか?
そのうち必要になりそうです(ーー;)

糸ひいてるような葉もあったので、まずは迷わず買ったばかりのアーリーセーフを昨日散布しました。
そして今日、放置しすぎで茂らせすぎたのもいけなかったなと剪定しました。

ピーマン京波です。
前→後
P1030413.jpgP1030417.jpg

ハダニの卵がついてそうな気配のある葉っぱ、細い枝、重なりすぎてるものを切っていきました。
知らないうちに根元から枝が出てきて、下のほうでたくさん着果していました。
根元の枝葉は切らないといけないのかもしれないけれど、残しました。

  私にこれを落とす勇気はありません
P1030415.jpg

伏見甘長唐辛子です。

前→後
P1030419.jpgP1030421.jpg

こちらも下から元気な枝が出てていますが、残しました。
P1030420.jpg

ハダニは昨日の散布がかなり効いたようで、ほとんどいなくなっていました♪。
伏見甘長唐辛子だけ、まだ若干残っていたので、しつこく散布しておきました(いいのかな?)
[ 2012/09/03 10:45 ] ピーマン | TB(-) | CM(17)

赤紫の子どもピーマン

こどもピーマンも大きくなりました。
ピーマン京波、伏見甘長唐辛子より暑さに強いようです。

多産ではありませんが、週に3~6個程度コンスタントに実をつけてくれています。
ヒビが入るまで収穫を待つと味がよくなるけれど、大人のピーマン味でかまわないので、どんどん早取りしています。

でも、これわかりにくいのです。
大きな葉っぱの影に隠れちゃって
P1030367.jpg

いつのまにかひび割れどころか、赤紫になってるのがありました。
P1030363.jpg

普通なら甘いんでしょうが、ストレスかけまくってるし、もとはハラペだから、辛いかも・・・
まず私が生で味見してみると、甘めだったので、後は主人に譲りました。

濃厚なパプリカみたいということでした。
こういうのが食べられるのは、自家製ならではですね(^o^)
今度は意図的に放置してみようっと。

種がちょっとだけ入ってたので、育てる予定もないのに、つい取ってしまった。
P1030364.jpg

まだ完熟一歩手前だと思いますが、発芽するのかなあ。
F1だからハラペになるか、ミニパプリカみたいになるか、ちょっと好奇心があったりして(f^^)
[ 2012/08/27 17:40 ] ピーマン | TB(-) | CM(4)

こどもピーマンに食べ頃サインが出ました

こどもピーマンがようやくひび割れしました

1個だけですが、早速収穫。
P1030240.jpg


タキイさんの開発した、ハラペーニョから辛味を取り除いた品種だそうです。

◆『こどもピーマン』の主な特長
・ 苦味が少なく、ピーマン臭がない
・ 肉厚でジューシー、食べ応えがある
・ ビタミンC・カロテンが豊富
・ キュートな果形
◆『こどもピーマン』の栽培特性
・ 一般的なピーマンと同じ栽培
・ 定期的に追肥を行う
・ 潅水はやや多め
・ 果面のひびが食べごろサイン

サラダで薄切りにして食べてしまいましたが、確かに黙っていたらピーマンとはばれないかも

ピリカラに育ててしまった青のカレイドスコープにイメージしていたお味でした...( = =) 。
パリッと歯ごたえのある青いサラダ野菜という感じ。

でも一般的なピーマンと同じ栽培をさせていただいてるんですが、うちではピーマン京波さんのほうが、はるかに育ちがいいです。

ひび割れするまで待たずに、これまではそこそこの大きさで収穫してましたが(それでも数個だけ)、ここにきて着果失敗も目立ってきました。
ピーマン系で全部着果したら大変だから、自己調整してるだけならいいんだけど

暑さに弱いのか、ひびわれまで待つのが早すぎたのかなあ・・・
しばらく早どり(早いと普通のピーマン味)して、元気になってもらわなくちゃ。

ひび割れしたのを5本ぐらいで火を通すお料理にしてみたいんですが、それは秋になってからかな。
まずはメキシコより暑さが厳しいであろう、うちのベランダでは、この夏を乗り切ってもらうのが先ですね(^-^;。

[ 2012/07/18 08:25 ] ピーマン | TB(-) | CM(6)

ピーマンの脇芽

昨日タキイさんから、はなとやさい3月号が届きました。

もう緑のカーテンの話題なのねとパラパラ見ていくと、”収穫ごとに脇芽をつむと大きなピーマンができる”という木嶋利男先生のページがありまして。

”大きなピーマンを実らせるためには最初についた花(一番花)は早めに摘み取るようにします。摘み取らずに残しておくと、根が十分に張らないうちに花や実に栄養をとられてしまい、株全体への栄養の配分が少なくなり、うまく育ちません” とのこと。

最初の実は大きくならないうちに取るということは覚えていたんですが、花なん!?、とちびピーマン(上の写真)をとにかく摘みました。
根っこは、確かにまだまだしょぼいし。

まだ、ちびピーが3つあるし、ツボミも一杯あるんですが、後のはもういいのかな?。

去年は若どりだけは心がけてたんですが、脇芽もぜーんぶ放置で、できるもの拒まずでした。
結果、樹木化させてプチジャングルにしてしまいました(^。^;)

そして、
”果実を1つ収穫するごとに、脇芽を1本切り取るようにします。枝の数を減らし、実の数を少なくすることで一つ一つの実を大きくさせるのです”とあります。

脇芽を切ると大きいのができるというのはわかるんですが、残したら総重量はどっちが大きくなるんだろう。
うちで使うものなので、大きさ、見栄えは気にしないけれど、総重量は気になります。

今のところ腰水栽培だし、コンパクトに育てたいから、素直に脇芽を取ったほうがいいのかなあ。
1番花の下の脇芽だけは全部取っていますが、ここからのピーマンの脇芽って、ツボミついてるから、つらいんですよね(^-^;
とにかく日照条件は悪いので、茂らせないようにしなくちゃ。


追加)
ピーマンができる前から全部の脇芽にツボミがついてます。
うれしいことなんですが、京波ちゃんは、そういう品種なのかなあ。
とにかく観察を続けます。
[ 2012/02/23 11:00 ] ピーマン | TB(0) | CM(8)

ピーマン着果しました

先日開花したピーマン、受粉したのかなあと、花をのぞきこんでみると真ん中にちっちゃい緑のチビピーマンがついてました。
ボケた写真ですみません。

去年ピーマンを育てたときは、気がつかなかったのですが、まだ花が咲いてるのに、実が見えるんですね。
後から咲いたのも、チビくんが見えるから受粉できてるみたいです。

そして、今日2週間かかって、次代のベランダで育てるピーマンが発根しました。
(今咲いているピーマンは室内実験と実用をかねています)
ジャーの上にずっと置いてましたが、あきらめてこの1週間はポケット発根に切り替えてました。

緑なすも同時に発根しています。
でも、前回ここから根っこが黒くなって枯らしちゃったので、まだまだ油断できません。

10日前に挿し芽したトマト達は、無事発根してくれました(´▽`) ホッ。
ここからは、しばらく底面吸水で育てて、根っこが育ったら、定植でいいのかな。

お役目を終えた親トマト達もがんばってくれています。
先日着果したレッドミニ。
少しだけ大きくなりました。

スプライトです。
もう落花しましたが、真ん中に芯みたいなのがあるので、ひょっとしたらの希望を持っています。


日照と気温が足りないので、無理があることはわかってるのですが、やっぱり花が咲いたり実ができたら、うれしいものですね(^O^)
[ 2012/02/16 14:58 ] ピーマン | TB(0) | CM(4)

ピーマン開花♪

トマトの次のフライングスタートがピーマンの京波です。
いえ、トマトは脇芽目的だけど、これは本番なので、一番のフライングかもしれません。

これもプチガーデンのか~ちゃん様からのいただきものです<(_ _)>

トマトが発芽したので、ピーマンもいけるかもと11月1日に一粒勝負の種まきをしました。

すぐに芽がでて、手間いらずでゆるゆると成長して、とうとう花が咲きましたヾ(〃^∇^)ノ

この温度では、実になるかどうか怪しいですが、トマトと違って、絶対に受粉させなきゃだめということもないですよね。
最初の実は、大きくしちゃいけないし。
室内なので、そこそこ育ってくれたら上出来です。
去年は無知のせいで、整枝できなかったので大株にしちゃったけれど、これは茂らせないようにします。

昨日、もう一粒種まきしています。
こちらは育ってくれたら、初夏からは室外に出す予定です。


[ 2012/02/07 10:54 ] ピーマン | TB(0) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。