いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイフォン始動だけでドタバタ

水位計についてご指導くださった皆様、どうもありがとうございました。
そろそろトマトの液肥の消費(蒸発?)が激しくなってきたので、まずは夏場に向けて、液肥タンクをつけることにしました。

チューブに不織布を通して、毛細血管方式というのも試みましたが、細いエアホースに毛糸を通すだけで一苦労。
1本作っただけで、あきらめました。

先輩方の記事を参考にサイフォンでやろうとしたものの、予備タンクとなるべきふにゃふにゃペットボトルが全然足りません。

非常用の水備蓄を消費するにも、このホルムアルデヒド騒ぎ(該当地域です)のときに、無理に使うのはよろしくないし、どちらにしろ必要数には足りないです。

ペットボトル以外を予備タンクとするとなると、ゴミ箱や発泡スチロールなど選択肢は多いけれど問題になるのは、サイフォン始動のための吸い上げです。
ちょっと実験しましたが、私のとろさでは口で吸うと液肥を飲むこと必須みたい。

スポイトは近所のドラッグでは2mlしかないので、小さすぎます。
ダイソーを探しても小さいのしかなく、ものは試しと灯油ポンプを買って帰りました。
P1020925.jpg

エアホースよりポンプのほうが太かったですが、無理やり押し付けてやってみたら、吸ってくれました。
何回かに1回だけだけどさ。
それでもえらいぞ灯油ポンプ♪ とシュポシュポしてたら、2株目でなんだかヘン・・・

よくよく見たら、もうちっちゃく穴あいてるじゃん
ギューギュー押したのが強すぎたか・・・
いくら100円でも、予定外の使い方でも、1回こっきりなんてあんまりだ~(T0T)

困ったときのネット頼みでスポイト、大で調べたら、高い(1500円~)上に、送料かかっちゃう。
いつかハンズに出向いたときかなあ、と検索をあきらめかけたところにこんな画像が。

目元洗浄 まつげパーマにアートメイクに洗浄に適した 鶴首スポイト
鶴首

あっ!そっかあ、そっか、これでいいんだ

こんなのならうちにありますよ。
大喜びで早速使ってみたら、500mLの大容量で、吸い上げ大成功 ~\(^-^)/

これも以前ダイソーで買ったものです。
お口で吸い上げに抵抗のある方、園芸コーナーにある水差し、これ使えますよ

自産自消@ベランダのhiro様が、サブタンク、水位計の技を書いてくださっています。
ささっとこういうのができるなんて、うらやましい限り。
でも、こうやって教えてもらえるのはありがたいですね
ぶきっちょ仲間の方(いるのか?)、必見です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/22 08:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(11)

ゴミ箱の水位計を試作・ヘルプ大歓迎です

昨夏ゴミ箱では、ピーマンとオクラを栽培していました。
液肥消費が激しくなかったので、そんなに水切れに気を使うこともなかったのですが、今年はゴーヤをゴミ箱で育てます。
すでに定植しているのですが、つるものを持ち上げて、液肥の量を調べるのは暑いと面倒がって、水枯れさせてしまいそうです(-_-;)

なんとか水位計をつけなくては、と思うものの、工作はめちゃ苦手。
手持ちで、なんとか簡単にと、とりあえず作ってみました。


発泡スチロールを小さく切って、100均にビニタイでとめて浮きにします。
P1020882.jpg

そのまま入れると安定しないし、いずれ根っこで満杯になると動きが取れなくなります。
何か仕切りが必要なので、余っているクリアファイルを切って使うことにしました。
ボンドは持ってないから、何かのオマケのミニホッチキスでとめました。
P1020880.jpg

これをカゴ(穴を大きくしました)に入れて、水位計を入れて、遮光のつもりでアルミホイルでくるんでいますが、光入っちゃいますね・・・
P1020881.jpg

暫定バージョンの完成です。

こんな適当で大丈夫なのでしょうか?
取るのは簡単だから、様子を見ながら改良していきたいと思っています。
使えそうなら、ゴミ箱全部に設置します。

もっといいやり方があるよ、遮光が甘い、ホッチキスじゃまずい、などのご意見いただければ助かります<(_ _)>。



関連記事
[ 2012/05/15 09:09 ] 未分類 | TB(-) | CM(19)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。