いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

芽キャベツとプチヴェールがそろってとう立ち

今日もお天気のようなので、喜んで苗をベランダに並べて外出してました。
衣装ケース内は、もう夕方なのに30度ありますが、夏野菜の苗達はへばることもなく元気そうです。
温度はまだ許容範囲ではありますが、いきなりの陽気ですね(; ̄ー ̄A

  虫よけにオーガンジーをかけています
P1060715.jpg

ここ2日間、暑かったので無理ないのですが、芽キャベツもプチヴェールも、あわててツボミを出してました。
昨日はなかったと思うんだけど、願望で見ているので気づかなかったのでしょうか(^-^;

プチヴェール
P1060708.jpg

芽キャベツ
P1060710.jpg

葉っぱが固くなっちゃ困りますので、これで栽培は終了します。
今週から1株ずつ収穫していくつもりでしたが、一気に3株も。

ひっぱってないで、ちょっとずついただいておけばいいものを・・(^▽^;)

後で、反省点などの覚書を書きますね。
地球温暖化
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/09 16:34 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(16)

芽キャベツを病気?で撤収

3月1,2日は春一番ということで、ベランダは台風状態でした。
ブロックで押さえていたエンドウが吹っ飛ばされたので、あわてて全員を室内避難させました。

室内に避難させるたびに、ネットをかけたまま放置していた株のチェックをしていますが、今回は驚きました。

芽キャベツかびてる( ▽|||)サー
P1060674.jpg

外葉が黄色くなってるのが数個あるのは知ってたんですが、日当たりの悪い側だったから日照が足りないのかなと向きを変えただけで放置してたんです。

通気性のいい防虫ネットを、エンドウに明け渡してもらったのもまずかったのだろうと思います。

かびてたのは写真の部分だけなので、きれいなところは全部収穫して撤収することにしました。
もう3月になったので、遅すぎるくらいかもしれません。

P1060678_20130304110747.jpg
定規を置くのを忘れましたが、地上部は45センチ程度です。

葉っぱを全部取った後の、頭頂部
P1060681.jpg

間引かず残していた株元のチビちゃんたち
P1060680.jpg

全体的に小さい芽キャベツばかりなので、市販サイズなんて、ほとんどありません。
1センチ以上を芽キャベツと認定したら82個ありました。
これまでにも数個は味見をしているので、いい環境で育てていたら、たくさんとれる品種なんでしょうね。

まだ一株残っていますので、花が咲くまでがんばってもらいたいものです。


プチヴェールは元気です。

P1060675.jpg

また葉をごっそりいただきました♪。
P1060676.jpg


追記)

晩ごはん作成中です。 全部、入れたった( ̄‥ ̄)=3 フン

P1060685.jpg

プチヴェールと比べるために、芽キャベツの葉っぱも炒めてみました。
P1060688.jpg

やっぱり甘さは負けるけれど、意外なことに今の時期のほうが葉っぱが柔らかくて、青菜としては、十分美味しいです。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/04 11:20 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(10)

芽キャベツ・プチヴェール近況

芽キャベツで全開になるのが出てきました(^-^;
   
P1060604.jpg

ちょっとは大きくなってきてるんですが、これまでかなー。
P1060605.jpg

プチヴェールは開いてもOK。
P1060606.jpg


でも、今となっては私の関心はメインの脇芽でなく、かっては厄介者扱いしてた、プチヴェールの葉っぱなんです。
以前、食べきれないからとジューサーでバラバラにしたのは大失敗でした。
あー、もったいない(;-_-) =3 フゥ

  今なら、どんどん大きくなってくれていいよー( 」´0`)」オーイ!
P1060607.jpg

最初からにこのお味だったかどうかわからないのが残念ですが、とにかく美味しい。
ごま油でいためて、クレイジーソルトかけただけでも絶品です。

どーんと置いておくと、主人もこればっかり食べてしまいます。
甘くてぱりっとした、初めての美味しさ。
氷点下のベランダがよかったのかなあ・・脇芽はSSサイズだけど。

先日、近くの自然食品店でプチヴェールが売ってたんです。
軽くうちの倍以上ある立派なのが5個入ってて、210円だったかな。
プロの味を試してみたかったけれど、1個40円と思うと買えませんでした(^-^;

脇芽も美味しいんですが、それよりも欲しいのは、まず市場に出ない葉っぱです。
今はスリムでも秋には株間80センチが必要になるので、ベランダではかなり苦しいですが、来期は大物アブラナ科はプチヴェールに絞ろうと思うようになりました。
地球温暖化


追記)
開いた芽キャベツが、柔らかくて苦味がなく美味しかったので、もしや・・と葉っぱを1枚炒めてみました。
プチヴェールには負けるけれど、柔らかめの美味しいキャベツ味でした。
露地だと霜柱でアウトになるであろう朝のマイナス気温が育ててくれた甘さなのかもしれません。
関連記事
[ 2013/02/21 12:29 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(15)

芽キャベツ・プチヴェール近況~プチヴェールがめちゃウマ

大雪予報で、ベランダの大物を全員避難させています。
プチヴェール・芽キャベツは葉かきを繰り返したので、すっかりスリムになっています。

プチヴェールは10月23日にはこんなに大きくて途方にくれていましたが
P1030815.jpg

今は同じスペースで全員で写真をとれちゃいます(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

P1060474.jpg

個別に見ていくと

芽キャベツ
P1060477.jpg

放置してて、松みたいになった芽キャベツ
P1060478.jpg

プチヴェール
P1060475.jpg

こちらも支柱を失敗したプチヴェール
P1060476.jpg

昨日も書いた芽キャベツ
P1060471.jpg

根元にも、けっこうついてます(欠かないといけないみたい)
P1060488.jpg

プチヴェールは今はこんな感じ
P1060481.jpg


そして、コレは去年から根元にあるプチヴェールです。
P1060483.jpg

いくらなんでも放置しすぎだよね、と味見を兼ねて、これをレンジでチン(ピピピ)したんですよ。

そしたら激ウマ!
パリパリになったので、だめだこりゃと思ったんですが、とても甘くてサクサクのスナックみたい。
何個でも大丈夫なお味で、とても美味しいんです。



後でクックパドを見てみたら、ちゃんとレンジレシピも載ってました。
立派プチヴェールの写真が美味しそう♪
今度市販のプチヴェールを見つけたら、買っちゃおうっとヾ(--;)ぉぃぉぃ

撮影前に葉かきをしています。
P1060491.jpg

寒さで葉っぱが固くなってきているので、ミキサーで粉にするつもりでした。

でも、ひょっとして葉っぱもこんなに美味しいんだろうか?と
先日のんびりママさんに教えてもらったように、ゴマ油で葉っぱを1枚だけ炒めてみました。
   
   1枚でも一皿にカウントできそう
P1060490.jpg

これも甘い、かなり美味しいw( ̄△ ̄;)wおおっ!
今までは、お好み焼きか、煮込むか、細切れにして炒めるかしかやってなかったんです。
秋に生でかじった時に、何とも思わなかったから。

主人にプチヴェールを1個、レンジチンしたものを、食べてみて~と渡したら、美味しい、これ何?との反応が返ってきました。

10月に場所取られるのは困るし、もう来年はプチヴェールは絶対パス、と思っていたのが、これを食べちゃったことで、えーどうしように変わってきました。

プチヴェールそのものも、うちの近所では売ってないし、葉っぱなんて育てるしかない。
小さいとはいえ、プチヴェールは一株で80個近くできています。
そして葉っぱは一株でも100枚近くとれちゃうんですよね・・
場所分の働きは十分してくれています。

秋からこんなに美味しかったのかな?
今は寒さに当たったから甘いのかな?

最近は夏野菜の配置で頭がいっぱいでしたが、さらに秋冬まで悩みが・・(* ̄○ ̄)ア(* ̄о ̄)ホ
地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/06 07:17 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(10)

芽キャベツの収穫適期がわかりません

うちの芽キャベツはタキイさんの早生子持という品種です。

   これはタキイさんのサイトの写真です
芽キャベツ


●耐暑性が強く、強勢で作りやすい早生種。適期栽培では定植後90日程度で収穫でき、早どりが可能。
●玉は包被が深く、しまりのよい球形で球内部の色がよく、食味にもすぐれ市場性が高い。
●高温・低温結球性ともにすぐれる。直径2.5cmが収穫に適する大きさで、1株から90球程度とれる。

だそうなんですが、適期のお盆に定植して、もうちょっとで半年になっちゃいます(-_-;)
この写真みたいに芽キャベツがびっしり詰まってきたら、収穫なんだなと思ってましたが、今はこうなってます。

     開きかけてきた
P1060471.jpg

びっしりになるのを、ぼーっと待ってるうちに、とう立ちコースになるんじゃないかと思ってきました。
うちのアブラナ科でまだ花咲いてないのって、カラシ菜ぐらいだし。

P1060472.jpg

P1060470.jpg

開いてきたら、理想像のように、丸くしまった芽キャベツになれというのも無茶なような気がします。
”玉は包被が深く、しまりのよい球形”になるとはとても思えない。
うちで理想サイズになってくれるのは、辛いとうがらしぐらいで、トマトやピーマンは小さ目でした。
白菜も結球しないし。
本来畑でのびのび育つべき芽キャベツを過酷なベランダで育てているのだから、もう十分なのかも。

ここで収穫をはじめたほうが、よいのでしょうか?
それとも、ここから巻き始めることがあるのでしょうか?


京都議定書
関連記事
[ 2013/02/05 07:41 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(2)

待ってない花が咲く

今朝は、外気マイナス7度でした・・記録更新です(((=_=)))ブルブル

ビニール内は0度、ギリギリセーフでしたが、この時期に去年より寒いとなると、豆も冬野菜もピンチです。

外はまだこんな感じ。
P1060323_20130118075804.jpgP1060322_20130118075804.jpg

田舎の裏道は、カチカチに凍ってしまうと自然に溶けるのを待つしかないみたい。
小学生がスケートのようにすべりながら通学していきます・・・若い (*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ。

能天気な我が家のFOXさんの広島菜がトウダチしたということなので、不織布の中の広島菜を見てみました。

11月末にかきとってから順調に葉っぱも増えているので、安心して放置してたんですが、葉っぱが薔薇のようにくるんと巻いて、真ん中にかわいらしい蕾がありました( ̄Д ̄;) ガーン

   これはまだ広島菜だけど
P1060315.jpg

   こうなるともう別物(^-^;
P1060314.jpg

下の写真の葉っぱはもう固くて、芽キャベツの葉っぱみたいになっています。
これは早々に、煮るか炒めます・・・うかつでした(T.T)

上は、まだ柔らかいので、どうするか考え中。

タキイさんのサイトに
● ハクサイのトウ立ち(抽苔)はなぜ起きるか?
……種子春化型(シードプラントバーナリゼーション)
種子のころから低温に感応して花芽を分化する種子感応型。低温の範囲は3~13℃で、低温の程度が強いほど花芽分化期は早まります。また生育が進むほど低温に対して敏感に感応します。
花芽分化すると新葉の分化が停止し、それ以上葉数が増えないので、充実した玉を形成できません。したがって生育の極初期から低温にあわせない栽培が要求されます。
花芽分化後に抽苔が起きますが高温と長日条件で促進されます。


とありました。
白菜じゃないけど、低温は最近はハンパなかったし、うちは午後からは高温になるし・・・・
まっ、しゃあないですね。
2回収穫させてもらえたし(^^)

花を食べちゃおうと、かきとった後に室内に入れて待っている白菜(タイニイシュシュ)はツボミの気配もなく生き生きしてきました。
夏もOKな品種だから、普通に考えちゃいけないのかもしれません。
P1060327.jpg

寒くなってから室内栽培に切り替えたルッコラも15日にトウダチしてるのを発見。
P1060303.jpg

撤収して、空き地にミックスレタスの種まきをしました。

こうなったらアブラナ科はどれがトウダチしてもおかしくない、と小カブも撤収することにしました。
P1060320.jpg

もう種まきから、100日を超えていますが、七草粥のときに一株だけ撤収したところ、スも入らず美味しかったんです。
まだ大きくなるかもと芽キャベツの収穫まで待つつもりだったけれど、ここは欲張るのやめ(^^ゞ。

後から発芽してきたようで、細いえんぴつのようなカブもすみっこでがんばってました(黄色いお皿)。
P1060318.jpg

葉っぱはきれいだから、浅漬けにしました。
塩、昆布塩、本鷹でつけてみたら今回は広島菜にはりあう絶品でした(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
いつも適当に作っちゃうので、レシピが再現できないんですが・・・
カブは豆乳で煮込みました (* ̄¬ ̄)o―∈~

小物アブラナ科はまだペットボトルで15本ぐらいあるので、野菜高騰のおり、無駄にしないように、さぼらないでトウダチチェックします。

一番こわいのは芽キャベツ達です。
プチヴェールは、最近の低温がこたえているようで、紫になってきているし・・・
P1060326.jpg


これだけは、まともなサイズになるまで待たせてください(○ `人´ ○) タノンマスー!。
地球温暖化

追記)
別物になったトウダチ広島菜ですが、チンゲンサイみたいで、予想外に美味しかったです♪。
追記)
夕方 さらに3ポット撤収(ノ_-;)ハア…
関連記事
[ 2013/01/18 08:24 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

芽キャベツとプチヴェールの葉っぱ

芽キャベツ達は年末に液肥をたっぷり入れて、放置しています。
まだ液肥追加の必要はないみたいで、冬場は水やりは楽ですね~(^-^)。

一応、毎日脇芽の太りぐあいを見て、液肥の量のチェックはしてるんですが、葉っぱの下にある大きめの芽キャベツをちらっと見て、まだまだ小さいと思っているだけでした。

そろそろ葉かきはしなくちゃと、葉っぱで見えなくなってる上の茎を見てみると、芽キャベツがぎゅうぎゅうになってました(/||| ̄▽)/ゲッ!!!。

これはいかんと、つぶされてるところをあわてて葉かきしました。
写真もとらずに(-_-;)

これは葉かき後です。
   芽キャベツ
P1060218.jpg
P1060225.jpg

   プチヴェール
P1060219.jpg
P1060223.jpg

そしてこれが葉っぱ。
P1060213.jpg

こんなに冷蔵庫に入らないし、食べきれません。
でも、捨てたくない。
ゆでてもそれなりの量だろうし、かえって使いにくいような気がしたので、スピードカッターでガーしてみました。

  左が芽キャベツ・右がプチヴェール(混ぜても問題ないけど)
P1060215.jpg

小さく使いやすくなりました (●⌒∇⌒●) わーい
これなら冷凍もできます。

こう小さくなるとお味はそれほど変わりはないのですが、しいていえば、芽キャベツは普通のキャベツ、プチヴェールは新キャベツでしょうか。

早速、お昼のドライカレーにまぜてみましたが、当然問題ありません。
クセのないパセリやバジルみたいで、いい感じです。
これでパスタやスープ、炒めものにも、入れるだけでいいのでラクチンですv(o ̄∇ ̄o) ♪
栄養たっぷりらしいブロッコリーの葉もこれでいけると思います。
http://www.iijan.or.jp/oishii/2005/08/post_147.php

芽キャベツは一株から上手な方は100個近くとれるらしいですが、葉っぱの数も同じ枚数になります。
なので、4株(2株はプチヴェール)あると、かなりの葉っぱになっちゃうんですよ。
気の利いたレシピでも思いつけばいいんですが、スピードカッターに頼って手を抜くことに決定です(^-^)
地球温暖化
関連記事
[ 2013/01/09 13:35 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(8)

芽キャベツ近況

年内収穫は、とっくにあきらめていますが、芽キャベツが少しずつ大きくなってきています。

  11月19日
P1060019_20121214110403.jpg
  12月14日  
P1060097.jpg


上のほうも、もうキチキチ。
P1060098.jpg

葉かきをするべきなんでしょうが、今ある葉っぱはこれだけです。
P1060099.jpg

葉っぱは10枚程度残っていればよいそうですが、こんな先端の小さい葉っぱだと10枚あっても、普通の葉っぱの2枚にも満たないやん(-o-;

一番外の10枚ぐらいも取っちゃうべきでしょうか?
かなりお寒い姿になっちゃうけど、毎日1、2枚ずつ、様子を見ながら取っていこうかな。

もちろん葉っぱはちゃんと食べてます。
プチヴェールとあわせると結構な枚数になるので、キャベツ一族は場所分の働きは十分してくれています。
横に広がるだけの白菜よりも、エライじゃんと思うようになりました(^-^)。
地球温暖化
関連記事
[ 2012/12/14 11:20 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(6)

プチヴェールと芽キャベツがそれらしくなってきました

11月5日に、おっかなびっくりで葉かきをしましたが、どんどん育ってきました。
育ちのいいほうの芽キャベツです。
P1060010.jpg

脇芽がキャベツの形になってきてました。
P1060012.jpg

数えてませんが、全部大きくなってくれたらかなり幸せ♡
P1060013.jpg

そして、育ちの悪いほうの芽キャベツ。
P1060017.jpg

こんな姿になっています_| ̄|○。
P1060018.jpg

芽キャベツはプチヴェールに比べたらスリムだったので、夏場は隙間の空いてるところに詰め込んでました。
壁際は日が当たらないし、気づいたときは盆栽になってたんですヾ(^-^;) ゴメンゴメン

それでも脇芽はがんばってます。
P1060019.jpg   P1060020.jpg

プチヴェールの、育ちのいいほう。
P1060014_20121119093133.jpg


ありがたいことに、横に広がるのをあきらめてくれたようです。
防虫ネットにあわせて、葉を茂らせています。

脇芽はまあ、これからに期待ということで。
P1060016_20121119092425.jpg

で、育ちの悪いほう。

壁際にあった葉が、黄変して落ちたりして小さめなんですが
P1060021_20121119092511.jpg


株元にプチ・プチヴェールっぽいのがありました。
P1060023.jpg

葉っぱがかわいらしくまとまってるだけ、のような気もしますが、脇芽だからこれでいいのかな?。

今日もたくさん葉かきをしました。
P1060026.jpg

プチベールの葉は主にスープ、芽キャベツは主にお好み焼き、炒め物には両方を使ってます。
ちょっとキャベツが2枚ほしいな、というときに重宝です(^^)。
場所を取ると文句ばかりいっていましたが、こうなってくると可愛くなってきました。
この冬は、大きいのは、これしかないし(^-^;
丸ごと使えて長持ちという点で、お家賃分は働いてくれているのかもしれません。

テーマ:地球温暖化
関連記事
[ 2012/11/19 09:34 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(8)

芽キャベツの葉かきとプチヴェールのお引越し

葉かきは脇芽が3センチぐらいって覚えてたんですが、それってもう収穫サイズじゃん、何か間違えてるんじゃと、ふと思いました。

で、メモを確かめてみるとプチヴェールは2~3センチ、芽キャベツは6~10ミリでした
(どこからメモったの覚えていなかったりしますが・・間違ってたらご教示くださいませ)

もう葉っぱが茂りまくってて整理したかったので、早いかもしれないけど収穫気分でポキポキ・・・

P1030924.jpg

取りすぎましたかね。
44枚 232.5 グラム

ネットをかけているとはいえ、出入り自由のハダニーがのさばっているので、まずはお水に漬け込みです。
P1030925.jpg

すぐに食べきれる量じゃないですね(^-^;
場所取りすぎなので、軽く火を通しておきました。
作ってる人の特権だと思って、お好み焼きでも作りましょう。

葉っぱを10~20枚は最低残しておかないといけないようなんですが、まだ30枚以上はあるから大丈夫だろうと、寒そうな姿にしちゃいました。


P1030928.jpgP1030932.jpg


プチヴェールは3センチにはほど遠いです。
2株並べて育ててましたが、とうとう場所が足りなくなって、離して育てることにしました。
危ないから室内側に寄せてたんですが、日当たりの悪い側の下葉だけが、黄色くなってきたし。
今になって枯れられちゃ、たまりません ( ▽|||)サー。
これを軽くできるのなら、早くしたいんですが、こちらの葉っぱはさらにでかいから、計画的にやらないと食べきれない。

 高さ70センチ、幅80センチ
P1030934.jpg

せめて1株にしておけば、もうちょっと場所が楽だったのに・・・
どうせどっちか枯らすだろうし、困るほど育つもんなら育ってみなさいって買うときは思っちゃったんですよね(-_-;
こうなったら、葉っぱじゃなく芽が食べきれないって困らせてみなさい、来年も作りたいって思わせてみなさいって気分です レ(゜□゜レ)カカッテコイ!!。

風と虫が当面の問題ですが、虫は気になるレベルではありません。
葉っぱを食べるお野菜には、薬を使いたくないので、おとりになってくれてる夏野菜が減ってくるこれからは気をつけなくては。
関連記事
[ 2012/11/05 08:36 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(2)

プチヴェールがふっ飛ばされた

夜は風が強かったみたいだけど、キュウリ大丈夫だったかなあ、ペットボトル大根倒れてないかなとベランダを見たら、プチヴェールがふっ飛ばされてました(/||| ̄▽)/ゲッ!!!。

P1030812.jpg


室外機の上にゴーヤ用の大きめプランターを置いて、その中に2株を入れていました。
もちろん防虫ネットをクリップでプランターにとめていたのですが、器用にすり抜けて飛んでったみたい・・・


もう1株は、ネットの中で倒れてました。
P1030813.jpg


この葉っぱは、ちょっと当たっただけでポキポキ折れるんです。
こりゃ折れたなと思ったのに、2株とも無傷でしたΣ(- -ノ)ノ エェ!?。

株元にひょろい支柱を立てていますが、しっかりとした支柱を液肥のあるゴミ箱側に立てるしかないかなあ。
そうするとフタを持ち上げて液肥を入れにくくなるし、また飛ばされたとき、今度こそ折れちゃいそう。
まだ風が強いですから、今日は中に入れたままで、ちょっと考えます。
フタをゴムで止めていましたが、そこを強化しようかな。

それにしても、でかくなりました。

10月1日のこれでも、でかいと思ったのに
P1030657.jpg
10月24日の今、同じスペースに1株しか置けない(壁幅1メートル)
P1030815.jpg

葉っぱも食べられるから、ここで撤収してもキャベツ代わりに十分できますね。
2か月でこんなに大きくなるのなら、そういう栽培もありかも。
真ん中あたりが、柔らかそうで美味しそう(*'-'*)エヘヘ

P1030816.jpg
  
いちおうプチヴェールのタマゴはできています。
P1030817.jpg

芽キャベツも落ちてました。
P1030811.jpg

2株ありますが飛ばされたのは1株です。
P1030819.jpg
こちらも芽キャベツのタマゴがあります。
P1030821.jpg

2株でシチュー2回分はお願いしたいんですが、どうかなあ。
どちらも上には育っていいから、がんばっておくれ_(^^;)ゞ



追記)
凶悪ハダニがポツポツつきはじめてる!
葉っぱが食べられなくなっちゃうとゆーか、下手すると全滅させられますがな。
青虫のほうが、まだまし(T-T)
順番にお風呂に入れてますが、でかすぎで1株ずつしか入りません
またすぐに来るだろうから、その場しのぎですが・・
関連記事
[ 2012/10/23 07:52 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(8)

ようやく種まき

今朝、寒いねという言葉が自然に出てしまいました。
お彼岸過ぎたとはいえ、気候のメリハリがありすぎですね。
伏見甘長唐辛子なんて、昨日は暑さで、ぐったりしおれてたのに(´ヘ`;) 
ストレスがたまりまくったのか、とうとう激辛なのが出来てしまって、ロシアンルーレットになっております
ようやく鈴なりに実ってくれそうになってきたのに、収穫するのがこわい(^^;)

涼しくなったおかげで、夏野菜は元気になってきていますが、気になるのは当然冬の準備・・。

お盆に定植した、プチヴェールと芽キャベツは、順調だと思うですが、とにかくでかい。
たぶん、これは芽キャベツのモトですよね。
P1030503.jpg

真冬の凍りつく液肥を避けたくて、早めに定植したのですが、色々見ていると、年内収穫はうちでは無理そうです。
芽キャベツはマイナス温度の時は、室内避難させられるけれど、プチヴェールは無理かも。
すでにゴーヤ2株用のプランターをはみ出てます・・・
P1030504.jpg


とりあえず、と9月20日前後に種まきした葉物たち
P1030498.jpg

三つ葉とスープセロリはようやく発根。
アザミーの好物なので、土なしで育てます。
P1030500.jpg


8月末にお試しで種まきした、金町コカブ
P1030507.jpg

大阪式正月用の雑煮大根(かいわれ大根です^^)の第1陣
P1030505.jpg

今、一番楽しみにしている、8月末に種まきしたつるなしいんげん
10株密植(^-^;
P1030501.jpg


いんげんは、今日追加の種まきをしました。
これからは成育適温が続くと思うのですが、11月半ばになって最低気温が下がってきたら、昼は外、夜は室内に移動させます。

急な寒さに焦って、スポンジにレタスやらハーブやら種をパラパラ置いていますが、ゴーヤと唐辛子属は異様に元気になってきてるし、きゅうり、トマトはこれからと、夏が終わりません、終われません(^▽^;)
関連記事
[ 2012/09/25 13:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

プチヴェールと芽キャベツ近況

週末、超久しぶりの旅行で軽井沢に行ってました(^^)。

 プリンスアウトレットは西洋朝顔が花盛り
P1030436_20120910093253.jpg
  宿周辺
P1030449_20120910093253.jpg


前日までの予報では、土日は雨模様だったので、旅行日和じゃないけどベランダは大丈夫だな、と思っていましたが、どうも酷暑日になったようですね(A゜∇゜)アレ?
ゴーヤなんて、あちこちで葉がやけてるし、ツルムラサキは液肥がカラになってました。
P1030462.jpg


今日一番にした作業は、気になってたプチヴェールと芽キャベツの移動です。

もうこんなに大きくなるとは思わなかった(ーー;)


プチヴェール  横50センチ、高さ40センチ
P1030466.jpg P1030465.jpg

今からこんなのって、本当に幅1メートル行きそう・・
でも葉っぱが簡単に折れちゃうので、キツキツには並べられません。
うちのベランダでは無理がありましたorz。
せめて一株にしときゃよかった。
耐暑性弱のはずなのに、ゴーヤも焼けるベランダでどんどん大きくなっていきます。
全部可食部ということで、ここで白旗上げても、お好み焼きやギョーザがけっこう作れそうです(^。^;)
そのうち夏野菜の場所が空くだろうし、場所にあわせて育っていただけるよう、がんばります。

芽キャベツ   横30センチ、高さ25センチ
P1030467.jpg P1030463.jpg

これは、そこまで場所をとらないだろうし収穫までこぎつけたいのですが、耐暑性が強い品種のはずなのに、下葉がどんどん黄色くなってきます(ノ_-;)ハア…
上が元気だから、まあいいかと思っているのですが、どうなんだろう。

なくてもすむけどお高いし、あまり買わないお野菜だから、ベランダにあったらうれしいぞと、冬のメインになってもらうはずでしたが、不安だな~(^-^;
関連記事
[ 2012/09/10 09:44 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(4)

プチヴェールと芽キャベツはじめてます

8月12日にこんなの買いました。
P1030397.jpg


葉っぱも脇芽も花芽も食用なんて、いいじゃーん♪、珍しいから、あるうちに買っとこうと2株をお持ち帰り。

色々調べてると、これ、かなり大きくなるみたいなんです。
幅1M、高さ1M・・
高さはまあいいけど、幅がやばすぎです。
唐辛子の跡地では足りません。
それに水耕でやってる方がほとんどいないような・・。

買ったときは小さなポット苗だったのに、もうこんなになってしまいました。
P1030393.jpg

ついでに芽キャベツまで買っちゃったし(^-^;
P1030395.jpg

どちらも横に広がって、下手に葉に当たるとポキポキ折れちゃう(+。+)
キャベツの仲間というと、あらゆる害虫の好物に違いないから、大きな防虫ネットもなんとかしなくちゃ。

寒さに当てないと脇芽が出てこないとはいえ、それまでに株をしっかりさせないといけません。
もう中では限界なので外に出したいのですが、50度が常態化している西日のベランダで、耐暑性弱と明記されているお野菜を出してよいものか。

と迷っていても仕方ないので、今日お試しで一番元気なのをベランダデビューさせています。


芽キャベツは葉は食べられないと思っていましたが、野菜ジュースに使われているようなので、青汁としてなら使えそうです。
・・・・・・虫害がなければ。

種袋どおりにはウチでは無理とわかっているのに、ダメなら葉っぱをいただいて撤収すればいいじゃん、やってみなきゃわかんないよ、というささやきに勝てる日は来るのでしょうか。
関連記事
[ 2012/08/29 13:29 ] 芽キャベツ・プチヴェール | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。