いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

タイニーシュシュがようやくとう立ち

白菜のとう立ち菜はとても美味しいそうです。
一度かきとった後のタイニーシュシュを暖かい窓辺において、花を待っていました。
P1060456.jpg

まだ葉っぱはすごく柔らかいです。
今日収穫して、クリーム煮にしてみます(*^^*)

こちらは、ずっとベランダでがんばってる株です。
P1060459.jpg

どうせバラすんだし、今は場所があるから、無理に巻いてくれなくてもいいのですが、どうしたいのかなあ。
このコもとう立ちしてもいいよ、というつもりで粘ってみます。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/01/31 16:36 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(10)

花を待ってます(^-^)

クリスマス後に広島菜を一株収穫しました。
また再生してもらうつもりで、芯の葉を数枚だけ残しています。
今は外は毎朝がマイナスになりますから、室内のほうが再生が早いだろうと、液肥をたっぷり入れて放置してました。

で、大きくなってきたなと見てみたら
P1060207.jpgP1060205.jpg

トウダチしてました(|||_|||)ガビーン

そりゃ暖かくて、長日の環境に置いたら、こういうこともありますよね・・・orz
こうなったらもちろん、食べちゃいますよ。

ミニ白菜のタイニィシュシュも、かきとり収穫した株は、室内に置いています。
P1060206.jpg

この2株も外に出さなくちゃトウダチしちゃう、と思ったんですが、このままにしてみます。
アブラナ科でも特においしいとされる白菜の花を春まで待たずにゲットできるかもしれないですもん。
真冬の白菜の花はふくたちといって、とてもおいしいそうです。
http://www.ja-ugo.jp/sub_nou/fukutachi.html
まあ、うちのは寒さも中途半端なので、そううまくもいかなりだろうけれど、トウダチしなくても、それはそれでいいし(^-^)

そして花が咲いてもいっこうにかまわないオータムポエム(アスパラ菜)は、寒くてもへっちゃらのようで、摘心してから元気に脇芽が出ています。
P1060203.jpg

ずらしまきの後続も、トウダチしてきました。
P1060204.jpg

1,2本でも、さっとゆでてマヨネーズだけで、まあまあな付け合せになるのでありがたいです。
この時期では、寒くても育ってくれるお野菜は貴重ですから。

今日は七草粥の日ですね。
これまではセットを買っていましたが、今年はベランダ野菜を総動員して作るつもりです(^-^)。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/01/07 13:14 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)

タイニーシュシュ寒すぎ?

これはお彼岸に種まきしたミニ白菜のタイニーシュシュです。
   手前は50センチ定規
P1060050.jpg

「タイニーシュシュ」は密植栽培ができ、株間15×15~20×20cmでの栽培がおすすめです。外葉が隣同士触れ合うようになると、競い合って立ち上がり、早く形がまとまります。

とカタログにあったので、密植と一株植えで育ててましたが、大きさにこんなに差が出てしまいました。
日当たりや条件は密植のほうがいい場所あげてたんだけど、一株植えのほうが、枚数も多いし、葉っぱも大きい。
密植のほうは、せりあってるだけで結球する気はなさそう(-_-;)。
ばらしちゃおうかな・・・
でも苗が立派だったから、一株植えにチョイスしたので、個体差かもしれませんね。

半結球の状態での収穫はタネまき後45 ~50日、ミニハクサイの状態での収穫はタネまき後60~ 65日が目安になります

らしいですが、結球する気は60日を過ぎた今もないみたい。
こだわらないけど、無駄に広がらないでスリムになってほしい・・と、改めて育て方をよく読んでみたら

9月下旬以降の播種では低温で結球しない場合があるので、ハウスやトンネルによる保温が必要となります。

(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
お彼岸に種まきしてるし、もう朝なんて氷点下寸前なんだから、保温しないといけないんだ!
白菜は寒さにあてたほうがいいと思いこんでました(+。+)あちゃ-。
今更だけど、ビニールかけなくちゃ・・夜は室内にいれようかな。

でもサラダでもOKらしいし、一株だけ残して、これもかきとっちゃってもいいような気もしてきました。
冷蔵庫の在庫しだいで、やっちゃうかも(^-^;。

広島菜と並べてみました(広島菜の左半分はかきとり済^^;)
P1060049.jpg


このあと広島菜は連休用にかきとって
P1060052.jpg

スリムになったのでペットボトルにお引越しして、日当たりのいい場所に移動です。
何とかあと2回がんばって(=´ー`)ノ ヨロシク
P1060051.jpg
テーマ 地球温暖化
関連記事
[ 2012/11/22 13:03 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(8)

アブラナ科近況

夏物が陣取っていたので場所がないとはいえ、とにかく種をまかなくちゃと、お彼岸くらいからスポンジにパラパラまいてました。
最初はスポンジの幅だけでいいけど、当然大きくなってくるわけで・・・
900MLペットボトル、プラコップ、お茶パックと適当に植え替えて、空いてるところに置いてました。
左の1株がタイニイシュシュ、後は広島菜です。
P1030950.jpgP1030951.jpg

室外機の上に4つ並べています。
広島菜は去年かあちゃんさんに種をいただいて小さなスペースで作ってみたら、美味しかったので、今年は種を買ってチャレンジしています。
こちらのお店ではみかけないし、本来のサイズまでは無理としても、場所が許す限り大きくなって、美味しい浅漬けになっていただきたいなと

でも、やってることは行き当たりばったりです(^-^;
P1030954.jpg
ゴミ箱に、鳥よけを置いて、大きめプラコップを置いて、カップ焼きそばにアルミを貼ってフタにしているというお手軽さ(-_-;)。

横がもう30センチ以上あるんですが、この通り、広島菜は葉っぱは少ないんです。
とにかく葉っぱを増やしてほしい。
P1030953_20121108124054.jpg

タイニイシュシュ
P1030948.jpg

この2株は、定植もしてもらえず、底麺給水のままですが、元気なので、たぶんこのままです(^-^;
結球はこだわらないので、こちらも葉っぱを増やしてほしいです。

こちらはオータムポエム。
P1030955.jpg

種半額につられて買ってしまって、株数が増えてしまいました。
こういう900MLボトルのアブラナ科があちこちに点在しています。

今、成長を楽しみにしているのが、お手軽ベビーリーフ達。
これは第2陣のケースです。(第1陣は再生中)
P1030942.jpg

前回より少し大きくなりました。
種消費と実益を兼ねた、おうちミックスです。
  チンゲンサイ、赤リアスからし菜、広島菜
  小松菜、水菜、ビタミン菜
P1030943.jpg


成長具合に大差がついていますが、狭いなりに折り合いをつけてくれているようなので、もう少し待ってから、最初の間引き収穫にします。

あと、リベンジ栽培のルッコラがありました。
P1030947.jpg
いつも室内でも、外でも、アザミーにやられて途中退場になります(・ε・)プップクプー
寒くなってくるからもう大丈夫かなあと10月25日に種まき、こちらも短期決戦(うまくいけば冬は室内)でベビーリーフで育てます。
メモ 地球温暖化
関連記事
[ 2012/11/08 11:20 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)