いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本鷹を青枯病の疑いで撤収しました_| ̄|○

昨日の夕方、本鷹に萎れたようになってる枝がありました。
青枯病というワードが頭をよぎりましたが、水耕だしそれはないよね、暑いからそりゃ疲れるよねと、自分をごまかして様子を見ることにしました。
少し前までは、ピーク時には完全にお湯になるエリアにいましたから。

朝になったら、そんなことはすっかり忘れて水やりをして、赤い実が増えてきたな♪などと思ってました。
たぶん回復していたのでしょうね。

そしてさっき、なんとなくベランダに出てみたら、こんな姿に。
P1050307.jpg

液肥はたくさんありました。
今朝もECは確認したし、お湯にもなっていません。

http://www.takii.co.jp/tsk/bugs/ape/disease/aogare/index.html より引用
 
ピーマン青枯病

 夏場の温度の高い時期に発生する。日中、茎頂部の萎凋が認められ、夜間回復する症状が見られ、次第に萎凋が全身に及び、やがて青枯状に枯死する。茎を切断すると、維管束部が淡褐色~褐色に変色し、絞ると白色の粘液を生じる。

 病原:細菌 ラルストニア ソラナセラム
 土壌伝染性病原菌。ナス科・アブラナ科・マメ科・キク科など多犯性で、発生圃場では病原菌が土壌に残って発生を繰り返す。病原菌の生育適温は35~37℃で高温時に被害が多い。土壌中に線虫が多いと被害が大きくなる。地温が20℃前後から発生が始まる。発生圃場で畝間潅漑すると被害が一気に広がる。



バーミキュライト培地の水耕栽培とはいえ、これは購入苗なので、元から菌が入り込んでて発病するってこともあるんだろうか?と結論の出せないことを考えていましたが、もし青枯病だとすると、株を焼却するしかありません。

まだとうがらし属が6株もあるし、他のナス科にうつったら大変と、撤収してしまいました。
隣にあった伏見甘長唐辛子も元気ないように見えてしまって。(これは気のせいでしょう、きっと

でも、土、水を通しての感染のみだったら、独立したゴミ箱栽培ならありえないですね。

昨日は1株だけおかしかったのに、今日は2株ともしおれていたので、もう感染したのーと思ったんですが、早まったか。
それよりハサミ感染のほうがやばい(・"・;) ウッ

P1050313.jpg

きちんと数える気力は今はないですが、約250個弱だと思います。
赤くなってるのは40個ぐらい。
青いのをかじってみたら、十分すぎるうまみと辛味がありました。
冷凍して、使っていきます。
鷹の爪とあじめコショウもあるので、数としては十分すぎなんですが、まいったなー。
以前に収穫して、乾いてきてる赤いのは、種使っていいのかな?。

私の早とちりということで、残りの6株が無事でありますように (-人-;) 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/02 17:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

とうがらし属近況

とうがらしの定植をしてから1ヶ月たちました。
先輩方に比べたら育ちが遅いですが、昨年は今ぐらいから種まきしていた私にしては上出来です。
ほんと、とうがらし属は皆さん姿がおんなじですね。
白以外の花の咲く、とうがらしってあるのかな?
ラベルだと迷子になりそうなので、アクリル毛糸で色分けして区別しています。

カレイドスコープ
P1020927.jpg

小さな蕾をつけています。
一時アザミーがいましたが、今はいないようです。

伏見甘長
P1020929.jpg

今日開花しました。
スリムに育っていますが、このコには数を期待しています、八(^□^*) タノム!!

こどもピーマン、本鷹、本鷹、鷹の爪
P1020930.jpg

写真とるのに、久々にネットはずしましたが、そろそろ窮屈そうですね。
移動させます。

こどもピーマン
他に比べると小さいんですよね、これ。
いつまでもこどもでは困りますが、小さいながらも蕾はつけてるし、一気にたくましく育ってほしいところです。

本鷹
タカノツメの原種に近いそうです。
商用には向かないけれど、何とも言えない甘さを感じる旨味と凛とした辛味があるそうで、なんとか育ってほしいなー。

鷹の爪
2月に種まきしたものです。
やっとこさ開花してくれました。

あじめこしょう
P1020952.jpg

あじめこしょうは、種まきが少し遅かったので、まだ蕾はありません。
アザミーがいたので、温湯処理をしました。
まだ小さいせいか、少し元気がなくなってしまってびびりましたが、回復してくれたようです。
ごめんねー(^-^;

京波
P1020953.jpg

初代はアザミーにやられました(T^T)。
収穫できたのは市販の2パック分ぐらいかな・・
これは2月まきの2代目ですが、すでに一度温湯処理しています。

アザミーはトマト、イチゴ、キク科以外は手を出してくるので油断なりません。
私も慣れてきて、けっこう見つけられるようになってきました。

一つでも見つけたら、即シャワーか水没、温湯です((( ̄へ ̄井) フンッ
関連記事
[ 2012/05/25 11:39 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

とうがらし属がそろいました

ネットで注文して、待つこと3ヶ月弱。
ようやく キタ ・:*:.・,・ヾ(*´∀`*)ノ。・:*:.・,・ァ

苗ってどうやって送るのかなと思っていましたが

   こうやるんだーw( ̄o ̄)w オオー!

P1020788_20120424171522.jpg



上のフタが一部開いています。
こういう送り方があるとは知りませんでした。
これなら蒸れないし、丁寧に扱ってもらえますね。
商品名はカレイドスコープ苗となっています。

ふたをあけると、こうなってました (o._.)o ドレドレ・・・
P1020789_20120424171548.jpg


ヤマトさんから、東名の事故で配送が遅れるとの連絡があったので、少し心配していたのですが、一泊二日のトラック旅行から、元気で到着しました(´▽`) ホッ

中身は

カレイドスコープ

フルーツ唐辛子です。
完熟した際の糖度8とトマトレベル、パリッとした食感と、青リンゴを思わせる爽やかな香りが特徴

だそうで、楽しみにしてました~♪
固定種と信じてるんですが、どうなんだろ・・・


本鷹とうがらし

香川本鷹とは違う品種です。
あじめコショウとこちらを、うちの唐辛子にできればいいなと目論見中。

発注単位があるので、ついでに伏見甘長唐辛子こどもピーマンもお願いしました。

 左からこどもピーマン カレイドスコープ 伏見甘長 本鷹です
P1020796.jpg

名札付け間違えたら、収穫するまでわからない世界ですね(・_・;

他に、種から栽培した苗で

鷹の爪(大地を守る会の有機唐辛子より採種)、あじめコショウ(自産自消@ベランダのhiro様よりいただきました)、ピーマン京波(プチガーデンのかあちゃん様よりいただきました)があります。
ピーマンは、秋まきがまだ現役なので、早まりました。
周年栽培するにしても夏まきくらいでちょうどでしたね。
まっ、困るほど出来ることもないでしょう( -_-)フッ


すっかりあきらめていたあじめコショウをいただくことができたので、辛い系唐辛子はちょっと大目です。

ペットボトルでできるし・・というのは私の危険な呪文になりつつあります(ーー;)。

トマトを入れても、ベランダ部屋側でなんとか納まるはず・・です。
思ったより大きめの苗が届いちゃいましたが、豆たちが、がんばってくれている間は、皆さんペットボトル住まいです。
唐辛子類は、たぶんついのすみかになります。

ベランダ手すり側は予備として残しているし、急にはでかくならないと思いたい。
数があるので、唐辛子はひっぱらないで秋の撤収を目指します。

給水は今で、トマトと豆で3日に10Lぐらいです。
とにかくどれも大きくしない、ジャングルにしないが目標です。

そして1日給水10L以内におさめたい ((o(б_б;)o))ドキドキ

あっ、オクラとゴーヤときゅうりがあった(・o・ノ)ノ オットォ!

・・・・・こんなときのために、場所だけは予備があるわけですが、給水ばかりは、どうしたものやら(^-^;
関連記事
[ 2012/04/24 17:25 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。