いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

待ってない花が咲く

今朝は、外気マイナス7度でした・・記録更新です(((=_=)))ブルブル

ビニール内は0度、ギリギリセーフでしたが、この時期に去年より寒いとなると、豆も冬野菜もピンチです。

外はまだこんな感じ。
P1060323_20130118075804.jpgP1060322_20130118075804.jpg

田舎の裏道は、カチカチに凍ってしまうと自然に溶けるのを待つしかないみたい。
小学生がスケートのようにすべりながら通学していきます・・・若い (*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ。

能天気な我が家のFOXさんの広島菜がトウダチしたということなので、不織布の中の広島菜を見てみました。

11月末にかきとってから順調に葉っぱも増えているので、安心して放置してたんですが、葉っぱが薔薇のようにくるんと巻いて、真ん中にかわいらしい蕾がありました( ̄Д ̄;) ガーン

   これはまだ広島菜だけど
P1060315.jpg

   こうなるともう別物(^-^;
P1060314.jpg

下の写真の葉っぱはもう固くて、芽キャベツの葉っぱみたいになっています。
これは早々に、煮るか炒めます・・・うかつでした(T.T)

上は、まだ柔らかいので、どうするか考え中。

タキイさんのサイトに
● ハクサイのトウ立ち(抽苔)はなぜ起きるか?
……種子春化型(シードプラントバーナリゼーション)
種子のころから低温に感応して花芽を分化する種子感応型。低温の範囲は3~13℃で、低温の程度が強いほど花芽分化期は早まります。また生育が進むほど低温に対して敏感に感応します。
花芽分化すると新葉の分化が停止し、それ以上葉数が増えないので、充実した玉を形成できません。したがって生育の極初期から低温にあわせない栽培が要求されます。
花芽分化後に抽苔が起きますが高温と長日条件で促進されます。


とありました。
白菜じゃないけど、低温は最近はハンパなかったし、うちは午後からは高温になるし・・・・
まっ、しゃあないですね。
2回収穫させてもらえたし(^^)

花を食べちゃおうと、かきとった後に室内に入れて待っている白菜(タイニイシュシュ)はツボミの気配もなく生き生きしてきました。
夏もOKな品種だから、普通に考えちゃいけないのかもしれません。
P1060327.jpg

寒くなってから室内栽培に切り替えたルッコラも15日にトウダチしてるのを発見。
P1060303.jpg

撤収して、空き地にミックスレタスの種まきをしました。

こうなったらアブラナ科はどれがトウダチしてもおかしくない、と小カブも撤収することにしました。
P1060320.jpg

もう種まきから、100日を超えていますが、七草粥のときに一株だけ撤収したところ、スも入らず美味しかったんです。
まだ大きくなるかもと芽キャベツの収穫まで待つつもりだったけれど、ここは欲張るのやめ(^^ゞ。

後から発芽してきたようで、細いえんぴつのようなカブもすみっこでがんばってました(黄色いお皿)。
P1060318.jpg

葉っぱはきれいだから、浅漬けにしました。
塩、昆布塩、本鷹でつけてみたら今回は広島菜にはりあう絶品でした(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
いつも適当に作っちゃうので、レシピが再現できないんですが・・・
カブは豆乳で煮込みました (* ̄¬ ̄)o―∈~

小物アブラナ科はまだペットボトルで15本ぐらいあるので、野菜高騰のおり、無駄にしないように、さぼらないでトウダチチェックします。

一番こわいのは芽キャベツ達です。
プチヴェールは、最近の低温がこたえているようで、紫になってきているし・・・
P1060326.jpg


これだけは、まともなサイズになるまで待たせてください(○ `人´ ○) タノンマスー!。
地球温暖化

追記)
別物になったトウダチ広島菜ですが、チンゲンサイみたいで、予想外に美味しかったです♪。
追記)
夕方 さらに3ポット撤収(ノ_-;)ハア…
関連記事
[ 2013/01/18 08:24 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(6)

タイニーシュシュ寒すぎ?

これはお彼岸に種まきしたミニ白菜のタイニーシュシュです。
   手前は50センチ定規
P1060050.jpg

「タイニーシュシュ」は密植栽培ができ、株間15×15~20×20cmでの栽培がおすすめです。外葉が隣同士触れ合うようになると、競い合って立ち上がり、早く形がまとまります。

とカタログにあったので、密植と一株植えで育ててましたが、大きさにこんなに差が出てしまいました。
日当たりや条件は密植のほうがいい場所あげてたんだけど、一株植えのほうが、枚数も多いし、葉っぱも大きい。
密植のほうは、せりあってるだけで結球する気はなさそう(-_-;)。
ばらしちゃおうかな・・・
でも苗が立派だったから、一株植えにチョイスしたので、個体差かもしれませんね。

半結球の状態での収穫はタネまき後45 ~50日、ミニハクサイの状態での収穫はタネまき後60~ 65日が目安になります

らしいですが、結球する気は60日を過ぎた今もないみたい。
こだわらないけど、無駄に広がらないでスリムになってほしい・・と、改めて育て方をよく読んでみたら

9月下旬以降の播種では低温で結球しない場合があるので、ハウスやトンネルによる保温が必要となります。

(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
お彼岸に種まきしてるし、もう朝なんて氷点下寸前なんだから、保温しないといけないんだ!
白菜は寒さにあてたほうがいいと思いこんでました(+。+)あちゃ-。
今更だけど、ビニールかけなくちゃ・・夜は室内にいれようかな。

でもサラダでもOKらしいし、一株だけ残して、これもかきとっちゃってもいいような気もしてきました。
冷蔵庫の在庫しだいで、やっちゃうかも(^-^;。

広島菜と並べてみました(広島菜の左半分はかきとり済^^;)
P1060049.jpg


このあと広島菜は連休用にかきとって
P1060052.jpg

スリムになったのでペットボトルにお引越しして、日当たりのいい場所に移動です。
何とかあと2回がんばって(=´ー`)ノ ヨロシク
P1060051.jpg
テーマ 地球温暖化
関連記事
[ 2012/11/22 13:03 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(8)

広島菜で巻き巻き♪

脳天気な我が家のFOXさんも、広島菜を育てておられます。
かきとるか大きくするか迷っておられる記事を読ませていただいて、ハタと気づきました。
そうか、かきとればよかったんだって。

うちの広島菜も大きくなってきていて、横幅だけは芽キャベツにはりあってます。
そう、場所に困ってます(ーー;)

大きくして浅漬けって思ってたんですが、3株+@(まだビタミン菜と区別がつかないのがある)が、これ以上横に大きくなっても困るし、いっぺんに食べられるわけもない。
かきとって何回も楽しんだほうがいいじゃん!、それができるのが、おうち栽培のメリットだしと、一気にかきとり収穫に転向しました。
まずペットボトル栽培の横に広がったところをいただいて・・
P1060027.jpg
P1060030.jpg


残りの株からも、ちょびっとだけいただいて
P1060031.jpgP1060033.jpg


浅漬けに!
大好きな農家のレシピさんの浅漬けレシピを参考にしました。
P1060036.jpg

で、念願のごはんに巻き巻き┳┳ ヽ(^▽^ゞ) ゴハンゴハン♪
まずはお味見を口実に・・
P1060037.jpg

やっぱり美味しいです。
これだけでも十分幸せ 


あと4,5回は楽しめそうだけど、もっと作ってみたくなってきました。
今ベランダは満員御礼とはいえ、これから減ってくるはずだし(夏もこんなことを思ってましたが)。
時期はよくないけど、とりあえず種まきしよ。

オゾン層 テーマ
関連記事
[ 2012/11/20 09:30 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(5)

アブラナ科近況

夏物が陣取っていたので場所がないとはいえ、とにかく種をまかなくちゃと、お彼岸くらいからスポンジにパラパラまいてました。
最初はスポンジの幅だけでいいけど、当然大きくなってくるわけで・・・
900MLペットボトル、プラコップ、お茶パックと適当に植え替えて、空いてるところに置いてました。
左の1株がタイニイシュシュ、後は広島菜です。
P1030950.jpgP1030951.jpg

室外機の上に4つ並べています。
広島菜は去年かあちゃんさんに種をいただいて小さなスペースで作ってみたら、美味しかったので、今年は種を買ってチャレンジしています。
こちらのお店ではみかけないし、本来のサイズまでは無理としても、場所が許す限り大きくなって、美味しい浅漬けになっていただきたいなと

でも、やってることは行き当たりばったりです(^-^;
P1030954.jpg
ゴミ箱に、鳥よけを置いて、大きめプラコップを置いて、カップ焼きそばにアルミを貼ってフタにしているというお手軽さ(-_-;)。

横がもう30センチ以上あるんですが、この通り、広島菜は葉っぱは少ないんです。
とにかく葉っぱを増やしてほしい。
P1030953_20121108124054.jpg

タイニイシュシュ
P1030948.jpg

この2株は、定植もしてもらえず、底麺給水のままですが、元気なので、たぶんこのままです(^-^;
結球はこだわらないので、こちらも葉っぱを増やしてほしいです。

こちらはオータムポエム。
P1030955.jpg

種半額につられて買ってしまって、株数が増えてしまいました。
こういう900MLボトルのアブラナ科があちこちに点在しています。

今、成長を楽しみにしているのが、お手軽ベビーリーフ達。
これは第2陣のケースです。(第1陣は再生中)
P1030942.jpg

前回より少し大きくなりました。
種消費と実益を兼ねた、おうちミックスです。
  チンゲンサイ、赤リアスからし菜、広島菜
  小松菜、水菜、ビタミン菜
P1030943.jpg


成長具合に大差がついていますが、狭いなりに折り合いをつけてくれているようなので、もう少し待ってから、最初の間引き収穫にします。

あと、リベンジ栽培のルッコラがありました。
P1030947.jpg
いつも室内でも、外でも、アザミーにやられて途中退場になります(・ε・)プップクプー
寒くなってくるからもう大丈夫かなあと10月25日に種まき、こちらも短期決戦(うまくいけば冬は室内)でベビーリーフで育てます。
メモ 地球温暖化
関連記事
[ 2012/11/08 11:20 ] その他アブラナ科 | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)