いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スイートペッパーを虫害で剪定しました&質問です

今までとうがらし属にはアザミー以外はついたことがなかったので、ハダニの優先順位が低いんだろうと安心してたんですが、とうとう来やがりました( ̄- ̄メ)チッ

最近一斉についたようで、子どもピーマンも伏見甘長唐辛子も京波にもいっぱいいます。
もしかしてチャノホコリダニか?、と思いましたが、一応ルーペで確認できるものはなく、肉眼で見える大きさばかりなので、違うと思いたいところです。

コロマイトはトマトにだけ1回散布していますが、離れたところにあったとうがらし属に散布するのは別カウントでいいのでしょうか?
そのうち必要になりそうです(ーー;)

糸ひいてるような葉もあったので、まずは迷わず買ったばかりのアーリーセーフを昨日散布しました。
そして今日、放置しすぎで茂らせすぎたのもいけなかったなと剪定しました。

ピーマン京波です。
前→後
P1030413.jpgP1030417.jpg

ハダニの卵がついてそうな気配のある葉っぱ、細い枝、重なりすぎてるものを切っていきました。
知らないうちに根元から枝が出てきて、下のほうでたくさん着果していました。
根元の枝葉は切らないといけないのかもしれないけれど、残しました。

  私にこれを落とす勇気はありません
P1030415.jpg

伏見甘長唐辛子です。

前→後
P1030419.jpgP1030421.jpg

こちらも下から元気な枝が出てていますが、残しました。
P1030420.jpg

ハダニは昨日の散布がかなり効いたようで、ほとんどいなくなっていました♪。
伏見甘長唐辛子だけ、まだ若干残っていたので、しつこく散布しておきました(いいのかな?)
関連記事
[ 2012/09/03 10:45 ] ピーマン | TB(-) | CM(17)

赤紫の子どもピーマン

こどもピーマンも大きくなりました。
ピーマン京波、伏見甘長唐辛子より暑さに強いようです。

多産ではありませんが、週に3~6個程度コンスタントに実をつけてくれています。
ヒビが入るまで収穫を待つと味がよくなるけれど、大人のピーマン味でかまわないので、どんどん早取りしています。

でも、これわかりにくいのです。
大きな葉っぱの影に隠れちゃって
P1030367.jpg

いつのまにかひび割れどころか、赤紫になってるのがありました。
P1030363.jpg

普通なら甘いんでしょうが、ストレスかけまくってるし、もとはハラペだから、辛いかも・・・
まず私が生で味見してみると、甘めだったので、後は主人に譲りました。

濃厚なパプリカみたいということでした。
こういうのが食べられるのは、自家製ならではですね(^o^)
今度は意図的に放置してみようっと。

種がちょっとだけ入ってたので、育てる予定もないのに、つい取ってしまった。
P1030364.jpg

まだ完熟一歩手前だと思いますが、発芽するのかなあ。
F1だからハラペになるか、ミニパプリカみたいになるか、ちょっと好奇心があったりして(f^^)
関連記事
[ 2012/08/27 17:40 ] ピーマン | TB(-) | CM(4)

こどもピーマンに食べ頃サインが出ました

こどもピーマンがようやくひび割れしました

1個だけですが、早速収穫。
P1030240.jpg


タキイさんの開発した、ハラペーニョから辛味を取り除いた品種だそうです。

◆『こどもピーマン』の主な特長
・ 苦味が少なく、ピーマン臭がない
・ 肉厚でジューシー、食べ応えがある
・ ビタミンC・カロテンが豊富
・ キュートな果形
◆『こどもピーマン』の栽培特性
・ 一般的なピーマンと同じ栽培
・ 定期的に追肥を行う
・ 潅水はやや多め
・ 果面のひびが食べごろサイン

サラダで薄切りにして食べてしまいましたが、確かに黙っていたらピーマンとはばれないかも

ピリカラに育ててしまった青のカレイドスコープにイメージしていたお味でした...( = =) 。
パリッと歯ごたえのある青いサラダ野菜という感じ。

でも一般的なピーマンと同じ栽培をさせていただいてるんですが、うちではピーマン京波さんのほうが、はるかに育ちがいいです。

ひび割れするまで待たずに、これまではそこそこの大きさで収穫してましたが(それでも数個だけ)、ここにきて着果失敗も目立ってきました。
ピーマン系で全部着果したら大変だから、自己調整してるだけならいいんだけど

暑さに弱いのか、ひびわれまで待つのが早すぎたのかなあ・・・
しばらく早どり(早いと普通のピーマン味)して、元気になってもらわなくちゃ。

ひび割れしたのを5本ぐらいで火を通すお料理にしてみたいんですが、それは秋になってからかな。
まずはメキシコより暑さが厳しいであろう、うちのベランダでは、この夏を乗り切ってもらうのが先ですね(^-^;。

関連記事
[ 2012/07/18 08:25 ] ピーマン | TB(-) | CM(6)

甘い系唐辛子近況

甘い系=スイートペッパーのはずなんですが、辛いのがありますよ アレ_(・・?..)?アレ。


ピーマン京波
P1030178.jpg

これは大丈夫♪
先代より、元気に育って、これから戦力になってくれそうです。


カレイドスコープ
P1030174.jpg

まだ3本だけ負担を軽くするために若いのを収穫しただけなんですが、フルーツどころか、ピリ辛でした。
そういうものと思えば、とてもうまみのある辛さなんですが、フルーツ唐辛子としては大失敗(-_-;。
ストレスで辛くなるそうです。
心当たりは、一番日当たりのいい場所をあげてた(つまり暑い)こと。
一般的な気温のプラス15度ぐらいになりますから・・・(+。+)あちゃ-。
水温だけは30度以内になってたはずなんですが、だめかあ。
外国産(どこか知らないけど)だから、暑くても日当たりいいほうがいいだろうと思いましたが、とりあえず一番涼しいところに移動していただきました。
次は赤くなるまで待ってみます。
それでだめなら、ちょい辛品種を育ててるということにします(^-^;。

伏見甘長唐辛子
P1030176.jpg

長さは普通にあるので、太ってるのはもういいやとあきらめました。
可食部は増えてるし、万願寺とどちらにするか迷ってたから、ちょうどいいと思っておこう。

でも、1本ちょびっと辛いのがありました。
全部そうでもかまわない程度で美味しいんですが、なんだかなあ(・_・?)
これも場所を変えましたが、カレイドスコープと同じエリアに置いてました


こどもピーマン
P1030179.jpg

まだ株が小さめなので収穫サインが出るまで待っていませんが、これは辛くはなかったです(´▽`) ホッ。
いまついている実は、切迫した需要がない限りひびわれするまで待ってみます。

追記

今日の緑なすくんです。もうちょっとでゴールだから、太ってくれないかな。
P1030171.jpg

果長 25~30cmだから、まだ半分だけど、この太さでは何を作ればいいのやら・・・

2個目の着果確認
P1030173_20120706153937.jpg
関連記事
[ 2012/07/06 15:29 ] トウガラシ | TB(-) | CM(10)

伏見甘長唐辛子に根負けしました

ほんの1週間前に、伏見甘長唐辛子を赤くなるまで待ってみようかなあ、などと書きましたが、収穫してしまいました。

サカタさんのページには果実は小指ほどの太さで長さ10cm位ってあるのに、すでに私の親指より太く、円周9センチはあります。
P1030127.jpg

でも全体としてみると、背丈はカレイドスコープの半分。
ちゃんと長花柱花なんですが、他のとうがらし属と比べると花が少ないように思います。
ひょろっとしてるわけじゃないけど、もっとどんどん大きくなって欲しいので、あまりに太い3つだけ、収穫しました。(この後夕食用にもう1個収穫)
以前少し収穫したはいえ、こんなのがあったら、よけい育ちが遅れそうで(^▽^;)。

  毎度見づらくてすみません。左が伏見甘長唐辛子、右がカレイドスコープです。
P1030123.jpg

ついでに、もっと育ちの遅いこどもピーマンも小さいうちに収穫しました。
P1030128.jpg

こどもピーマンは果面のひびが食べごろサインで、早めにとると普通のピーマンだそうですが、美味しくなってくれるのは後でもいいや。

ピーマン京波、本鷹など唐辛子系は大きくなってるのに、戦力として期待している伏見甘長唐辛子とこどもピーマンの草勢が弱いのは困ります。

伏見甘長は、まだ着果している実はあるんですが、それらは本来の形に近いような気もするんです。
これからガンガンいってくれますように。


これはピーマンじゃないです。緑なすくんです。
P1030125.jpg
関連記事
[ 2012/06/28 15:49 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

とうがらし属近況

とうがらしの定植をしてから1ヶ月たちました。
先輩方に比べたら育ちが遅いですが、昨年は今ぐらいから種まきしていた私にしては上出来です。
ほんと、とうがらし属は皆さん姿がおんなじですね。
白以外の花の咲く、とうがらしってあるのかな?
ラベルだと迷子になりそうなので、アクリル毛糸で色分けして区別しています。

カレイドスコープ
P1020927.jpg

小さな蕾をつけています。
一時アザミーがいましたが、今はいないようです。

伏見甘長
P1020929.jpg

今日開花しました。
スリムに育っていますが、このコには数を期待しています、八(^□^*) タノム!!

こどもピーマン、本鷹、本鷹、鷹の爪
P1020930.jpg

写真とるのに、久々にネットはずしましたが、そろそろ窮屈そうですね。
移動させます。

こどもピーマン
他に比べると小さいんですよね、これ。
いつまでもこどもでは困りますが、小さいながらも蕾はつけてるし、一気にたくましく育ってほしいところです。

本鷹
タカノツメの原種に近いそうです。
商用には向かないけれど、何とも言えない甘さを感じる旨味と凛とした辛味があるそうで、なんとか育ってほしいなー。

鷹の爪
2月に種まきしたものです。
やっとこさ開花してくれました。

あじめこしょう
P1020952.jpg

あじめこしょうは、種まきが少し遅かったので、まだ蕾はありません。
アザミーがいたので、温湯処理をしました。
まだ小さいせいか、少し元気がなくなってしまってびびりましたが、回復してくれたようです。
ごめんねー(^-^;

京波
P1020953.jpg

初代はアザミーにやられました(T^T)。
収穫できたのは市販の2パック分ぐらいかな・・
これは2月まきの2代目ですが、すでに一度温湯処理しています。

アザミーはトマト、イチゴ、キク科以外は手を出してくるので油断なりません。
私も慣れてきて、けっこう見つけられるようになってきました。

一つでも見つけたら、即シャワーか水没、温湯です((( ̄へ ̄井) フンッ
関連記事
[ 2012/05/25 11:39 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

ピーマンの脇芽

昨日タキイさんから、はなとやさい3月号が届きました。

もう緑のカーテンの話題なのねとパラパラ見ていくと、”収穫ごとに脇芽をつむと大きなピーマンができる”という木嶋利男先生のページがありまして。

”大きなピーマンを実らせるためには最初についた花(一番花)は早めに摘み取るようにします。摘み取らずに残しておくと、根が十分に張らないうちに花や実に栄養をとられてしまい、株全体への栄養の配分が少なくなり、うまく育ちません” とのこと。

最初の実は大きくならないうちに取るということは覚えていたんですが、花なん!?、とちびピーマン(上の写真)をとにかく摘みました。
根っこは、確かにまだまだしょぼいし。

まだ、ちびピーが3つあるし、ツボミも一杯あるんですが、後のはもういいのかな?。

去年は若どりだけは心がけてたんですが、脇芽もぜーんぶ放置で、できるもの拒まずでした。
結果、樹木化させてプチジャングルにしてしまいました(^。^;)

そして、
”果実を1つ収穫するごとに、脇芽を1本切り取るようにします。枝の数を減らし、実の数を少なくすることで一つ一つの実を大きくさせるのです”とあります。

脇芽を切ると大きいのができるというのはわかるんですが、残したら総重量はどっちが大きくなるんだろう。
うちで使うものなので、大きさ、見栄えは気にしないけれど、総重量は気になります。

今のところ腰水栽培だし、コンパクトに育てたいから、素直に脇芽を取ったほうがいいのかなあ。
1番花の下の脇芽だけは全部取っていますが、ここからのピーマンの脇芽って、ツボミついてるから、つらいんですよね(^-^;
とにかく日照条件は悪いので、茂らせないようにしなくちゃ。


追加)
ピーマンができる前から全部の脇芽にツボミがついてます。
うれしいことなんですが、京波ちゃんは、そういう品種なのかなあ。
とにかく観察を続けます。
関連記事
[ 2012/02/23 11:00 ] ピーマン | TB(0) | CM(8)

ピーマン着果しました

先日開花したピーマン、受粉したのかなあと、花をのぞきこんでみると真ん中にちっちゃい緑のチビピーマンがついてました。
ボケた写真ですみません。

去年ピーマンを育てたときは、気がつかなかったのですが、まだ花が咲いてるのに、実が見えるんですね。
後から咲いたのも、チビくんが見えるから受粉できてるみたいです。

そして、今日2週間かかって、次代のベランダで育てるピーマンが発根しました。
(今咲いているピーマンは室内実験と実用をかねています)
ジャーの上にずっと置いてましたが、あきらめてこの1週間はポケット発根に切り替えてました。

緑なすも同時に発根しています。
でも、前回ここから根っこが黒くなって枯らしちゃったので、まだまだ油断できません。

10日前に挿し芽したトマト達は、無事発根してくれました(´▽`) ホッ。
ここからは、しばらく底面吸水で育てて、根っこが育ったら、定植でいいのかな。

お役目を終えた親トマト達もがんばってくれています。
先日着果したレッドミニ。
少しだけ大きくなりました。

スプライトです。
もう落花しましたが、真ん中に芯みたいなのがあるので、ひょっとしたらの希望を持っています。


日照と気温が足りないので、無理があることはわかってるのですが、やっぱり花が咲いたり実ができたら、うれしいものですね(^O^)
関連記事
[ 2012/02/16 14:58 ] ピーマン | TB(0) | CM(4)

ピーマン開花♪

トマトの次のフライングスタートがピーマンの京波です。
いえ、トマトは脇芽目的だけど、これは本番なので、一番のフライングかもしれません。

これもプチガーデンのか~ちゃん様からのいただきものです<(_ _)>

トマトが発芽したので、ピーマンもいけるかもと11月1日に一粒勝負の種まきをしました。

すぐに芽がでて、手間いらずでゆるゆると成長して、とうとう花が咲きましたヾ(〃^∇^)ノ

この温度では、実になるかどうか怪しいですが、トマトと違って、絶対に受粉させなきゃだめということもないですよね。
最初の実は、大きくしちゃいけないし。
室内なので、そこそこ育ってくれたら上出来です。
去年は無知のせいで、整枝できなかったので大株にしちゃったけれど、これは茂らせないようにします。

昨日、もう一粒種まきしています。
こちらは育ってくれたら、初夏からは室外に出す予定です。


関連記事
[ 2012/02/07 10:54 ] ピーマン | TB(0) | CM(2)

戻ってみたら

無事でいてくれたようで、オクラが2本収穫サイズになってました。

でも台風後に咲くはずだったツボミは、開花できず立ち枯れたようになっています。

葉をもがれた上に、台風の後は一気に涼しくなってしまったし、島オクラには厳しいよね、と納得しながらも
ツボミはまだけっこうあるので、もう少しひっぱります。
せっかく40Lの豪邸に入れたんだし(^^;;。

ピーマンは、ずっとパオパオ90をかぶせています。
以前無農薬のピーマンを切ったら、中から毛虫が出てきたので、ちょっとトラウマになってて。
はずしてみたら、いつの間に、とびっくりの鈴なり状態になってました。
あんなにぶんぶん揺さぶられていて、今までそんなに収穫できてなかったのに、ちっちゃいのから大きいのまでどっさり。
確実に収穫できそうなのは、まだ数十個だけど、ツボミ状態のをいれると1本で200くらいある。
いくらなんでも、そんな体力はないだろうけれど、使える程度に成長したのから、どんどん取っていくことにします。

わさわさ茂っているのですが、どの枝にも実がついていて、今まで一度も剪定したことがありません。
1番花が咲いていて、摘心もしてあった苗だったから、もう何もしなくていいのかなと放置状態。
せっかく元気なのに、下手にいじるの怖かったし。

とりあえず、無事なのを収穫しました。

関連記事
[ 2011/09/26 16:39 ] ベランダ | TB(0) | CM(2)

水切れ準備と台風直撃

3泊で、彼岸の里帰りをすることになり、水切れ対策をどうしよう~と思っていたところ、イオンでクーラーボックス40Lが200円で売られていました。
置き場所と、ゴミ箱からちゃんと移せるか不安でしたが、ダメもとでお買い上げ。
あ、ゴミ箱というのは、すくすく水耕栽培のyaefit1500様考案の水耕栽培の容器のことです。
100均一で調達できるので、重宝していますO(-人-)O アリガタヤ・・

カゴの部分に支柱棒を通して、ケースにひっかけて、空いたところは手持ちの発泡スチロールとアルミ箔、はては古い車のサンシェードを動員してふさいで、なんとか形になりました。

左に写っている3本の棒がオクラです。
豪邸なので、ピーマンまでセットしちゃいました。
これには防虫ネットをかけています。

そして液肥を満タンにして何日もつか実験するはずだったのです。




ところが翌々日の21日に、いきなりの関東台風直撃Σ(|||▽||| )。
実験どころじゃありません。

中に入れられるものは避難させましたが、大物はムリ。
一応、飛ばないように固定はしたんですが

想定以上の風になってしまい、オクラもピーマンもすさまじく揺さぶられています。
ピーマンなんて、もう飛ばされそう・・・
ちょっと収まった隙に、外に出て、支柱から外れたピーマンをとりあえず縛りなおして固定。
水がたっぷり入っているから、倒れることはないけれど、翌朝明るいところでみたらオクラの葉っぱがあちこち折れていました。
もともと枚数ないのに(/_<。)
ゴーヤ、モロヘイヤ、トマトや鉢植えはほぼ無傷。

たまたま風をモロに受ける位置にあったのが災難でした(x_x;)

翌朝、最低限の処置をして急いで出発。

もともとの心配は水切れだったのに、あんなにくたびれてちゃ満タンの液肥を吸い上げる元気なんてあるはずない。
戻ってくるまで無事でいてくれるか、もう気になって(ーー;)
関連記事
[ 2011/09/22 16:19 ] ベランダ | TB(0) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)