いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト近況:コロマイトから2週間たちました

寒い日と暑い日が交互に来ているような・・・。
今日からは涼しくなるようですが、このところ昼間はベランダは40度になっています。
ペッパーなんて葉も実も焦げてますからね(>_<")

トマトを熟させるために温度は欲しいのですが、まだ着果以前のものがほとんどです。

ピンクエッグはコロマイトしてから、元気になって、花をつけるようになってきました。
USER7438.jpg

涼しくなってからも、全然花芽をつけてくれませんでした。
サビダニのせいなら、もっと枯れてくるだろうと決めつけて油断していました。
気づくのが遅かったなあ・・・
まだ黄色くなってる葉が少しあって、残党がいる気配が濃厚です(T_T)。


プチぷよさんは、この暑さで昼間はぐったりしていますが、何とかがんばってくれています。
USER7440.jpg


簡易温室組

かなり収拾つかなくなってきました(^^;
USER7442.jpg

こくうまチェリー
USER7441.jpg


ネネ
猛暑に2個だけ着果したものをお味見しました。
USER7447.jpg

酷暑時の着果なので不味いだろうと思いましたが、かすかな酸味、けっこうな甘みとうまみで、美味しかったー♪
これからの実に期待しています。

ビー
USER7449.jpg
サビダニに一番やられていました。
下の方はもう茎だけなので、つるおろしして一番下のエリアをはうように育てています。
出直し摘芯リセットでようやく花が咲いてきました。

猛暑の中、これだけが着果していたようです。
USER7450.jpg

ブラッシュタイガー
USER7446.jpg

コスモスを思わせるひょろっとした姿ですが、案外しっかりした実をつけています。

スプライト
順調です。
花数はたぶんこのコが一番多いです。(リーセントは別格)
USER7443.jpg

リーセントルーブ
大玉のような大きい花が咲いてきました。
USER7456.jpg
もう5花房はあるので、脇芽は絶対に禁止ですね。
この品種は循環やブクブクなら、ものすごい着果数になると思います。


タイニーテイム
少し着果しています。
USER7451.jpg

レジナ
時々水切れさせていますが、気にしてないみたいで助かります。
USER7459.jpg


冬用トマトはまた後日・・・

グリムス 地球温暖化
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/01 11:02 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト:2度目のコロマイト

ピンクエッグの育ちが悪いなあとは思っていましたが、願望まじりのルーペチェックでは、なかなかサビダニの確認ができませんでした。

先週ようやく、ピンクエッグとビーでサビダニを発見しました(><)。
USER6870.jpg

ちょうど、真夏にがんばって着果した組が色づいてきたところなので、薬は避けたかったのですが、迷う余地はなくコロマイトしました。

ピンクエッグ隣のプチぷよです
USER6879.jpg

お盆に大剪定しましたが、脇芽が伸びてきて、着果をはじめたところです。
USER6882.jpg

ネネは、もうちょっとで初収穫。
USER6883.jpg

ブラッシュタイガーの初着果確認です。
これはうれしい(*^^*)
USER6884.jpg

涼しくなってから、花をつけ出したマイペースのレジナ
USER6885.jpg

真夏も花を咲かせ続けたけど、着果ゼロだったタィニーティムレッド
USER6887.jpg

ようやくつぼみをつけたばかりの、リーセントループ
USER6889.jpg
液肥切れで、生長点をやられたので、出遅れてしまいました。

今日は暑い日になっていますが、10月中旬までの着果なら、適当に保温すれば外でなんとかなると思ってます。
脇芽でも何でもいいから、開花を急いでほしいです。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/09/16 14:18 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト:コロマイトの薬害と秋トマト近況

サビダニ対策でコロマイトしたのは7/22です。
夏トマトのプチぷよさん以外はサビダニは来てないはずなのですが、全トマトに散布しました。

今のところ、抑えられているようには見えますが、やりすぎたみたいで薬害がけっこうすごい。
USER5924.jpg
USER5929.jpg
幸いこういうのは下葉だけです。

bigtomatoさんに種をいただいたパープル・バンブル・ビー(以降はビーと略)が昨日開花しました。
それも1、2段が同時に♪。
USER5926.jpg

1段目はしょぼい。
USER5927.jpg

2段目はそれなり。
USER5928.jpg

bigtomatoさんが育てておられるビーは、この猛暑の中、自然着果に成功したそうです。
種取りはおまかせしちゃお(´▽`) ホッ

2段目からトマトトーンします。
ビーは2014年のエアルーム新品種だそうです。
バンブルビーって、マルハナバチのことみたいですが、縞々模様だからでしょうか?
すっごくキレイなトマトでしょ。
Purple_Bumble_Bee_640.jpg

直径約2.5~4.0センチと、ミニにしてはちょっと大きめですね。
お味は素晴らしいフレイバーだそうですが、海外品種のこういう記述はさっぱりわかりません。
美味しいけれど、甘いとはお世辞にもいえないピンクエッグは、ナチュラルなキャンディ・スイート・フレイバーだし・・・海外のキャンディは甘くないのか?

でもね、こちらの海外サイトでは、お味の評判もいいし、温度変化にも強そうなので、期待大です(^O^)

脇芽栽培のこくうまチェリーも着果しました。
USER5930.jpg
こちらはトマトトーンしています。

簡易温室全景です。
トマト8株がひしめいています。
USER5933.jpg

上段
USER5931.jpg
上段はこくうまチェリー・タィニーティム・レジナがいます。


下段
USER5932.jpg

下はスプライト・ブラッシュタイガー・ビー・リーセントルーブ

あっという間に上段に到達しそうなので、少しぐにゃぐにゃしてもらうよう、癖づけているところです。
ペットボトルで育てていましたが、楕円細長のゴミ箱にお引越しさせました。
ゴミ箱株間はゼロ。

水温上昇を少しでもやわらげようと段ボールでゴミ箱を隠しています。
USER5935.jpg
ペットボトルの頃は、お湯になっていたけれど、先週はお水といえる温度になってました。
ゴミ箱にもプチプチを巻いています。
先週の暑さでお湯にならなかったら、この先もそうひどいことにはならないはず・・・です。


タイピンクエッグ
USER5936.jpg

5/15の種まきなのに、一株でジャングル状態です。
もうネットが支柱状態で、はずすと収拾がつかなくなります(。•́︿•̀。)

第一花房近辺
USER5937.jpg

下の方
USER5938.jpg

ざっと見て10花房ぐらいはありますが、中玉なのに、一気にこれだけの花房に花や実をつけてもピンピンしてます。
8月中に収穫できるかどうかは微妙ですね。
4月に種まきするべきでしたφ(・_・”)メモメモ

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/07/28 09:01 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:お味見しました

プチぷよさんは、第2花房が先に色づいてきました。
USER5257.jpg

これは第一花房ですが、こんなふうに色が変わってきます。
USER5258.jpg

第2花房を収穫してみました。
慎重に収穫しないと、ぷにゅっとつぶしてしまいます(><)
USER5267.jpg

糖度10でした。

・・・・・そう、買っちゃったんです、糖度計。
bigtomatoさんの凄腕セールスに負けました、と人のせいにしてみるヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

でも、一番安い逆輸入品にしたのでAmazonの表示とは違うのが来ました。
170グラムの商品だそうですが、93グラムしかありません(・・∂) アレ?。
こだわる方は純正品にしたほうがよさそうです。

話を戻してっと

主人は甘くて美味しいけれど、トマトとじゃないみたいと言ってました。
私は甘くて、弾力があって、普通のトマトと違うからこそ、いいじゃんと思ってます。
輸送に適さないので、自分で育てないと食べられないというのは、栽培のモチベーションがあがりますからね(^o^)ゞ
1本仕立てのはずだったんですが、ぐんにゃり事件で整枝するのをやめてからは、こんなことになっています。
USER5264.jpg

繁らせすぎで、味が落ちるのが気がかりですが、全部着果するとも限らないので、放置したままです。

ピンキーに比べると豊産とはいえない品種のようですが、こんな花房がつきました!
USER5259.jpg

なんとかこれは収穫にこぎつけたいのですが、トマトトーンしたかどうか、わからなくなってしまいました orz


6月18日には、こんなだったピンキー
USER4963.jpg
右端は、ピンクトマトなら、もう収穫してもいいのかなという色でしたが、がまんして放置。

今日28日には、かなり色が濃くなってきました。
USER5266.jpg

ここでお味見です。

糖度は7.8ぐらいです。
でも、これは今までのピンキーとは別物で美味しかったです。
今までピンキーを美味しくない(この頃は糖度7)と言ってた主人ですが、今日はピンキーが一番美味しかったそうです。
(私はプチぷよさんの勝ちでしたが。)

右から3つめもお味を見ましたが、これはまだ酸味がきつくて美味しくない。
完熟度合の見極めがかなり大変な品種です。

全部美味しくなかったら、料理用だなーと思ってたので、ほっとしました。
あわてないで、じっくり待つことにします。

7/1 完熟ピンキー 糖度9

  浅野さんです。
USER5254.jpg
葉っぱが大きいので小さく見えますが、立派に中玉サイズに育っています。
糖度7で、酸味はほとんど感じませんが、一番トマトらしいお味のトマト。
ほんと、ミニトマトとトマトのハーフだなあと思います。


オレンジ千果は糖度8~8.5
USER5269.jpg
これは安定して、美味しいミニトマトです(^^)

レジナは糖度5でした。
確かに甘いというほどではないですが、酸味もきつくなく、おやつやサラダ用としては十分です。
第1果から種取りしたものを、今育苗中です。
USER5268.jpg
         
グリムス 省エネ
関連記事
[ 2014/06/28 12:41 ] トマト | TB(-) | CM(9)

トマト近況:全員試食しました(随時追記)

ようやく一通りのトマトを試食することができました。

こくうまチェリー(赤)
USER4924.jpg

昨年は種まきが遅くて、収穫がサビダニ時期と重なる不運のせいか、普通のミニトマトと思ったのですが、今年は”こくうま”でした。
脇芽にたくさん実をつけさせてしまったせいか、最初の頃の方が味が濃かったですが、今も十分美味しいです。

オレンジ千果(上の写真の黄色)

激ウマというほどではないですが、普通に美味しいです。
酸味はほとんどなく、肉厚で食べやすい。
かなりひどい待遇をしていましたが、めっちゃ丈夫です。
日照時間は短め、アブラー、ハダニ頻発エリアでも、虫も全然つかないし、何回折れても平気 
カラフルになるので、重宝します。

クオールディブエ
USER4860.jpg

栽培としては失敗です。
小さいのしかできなかったし、草勢を弱らせてしまって、矮性トマト並みでした。
でも、お味は濃かった。
トマトではなく桃のような食感で、日本の大玉とは違いました。
軽い酸味でトマトのうま味ぎっしり。

ピンキー
USER4937.jpg
きれいに、たくさん実をつけているのですが、今のところ、あっさり薄味です。
完熟具合がわからないので、室内で追熟させて、色が濃くなってきたものから食べています。
まだ早いのかなあ。

6/17 今日の赤いピンキーは美味しかったです♪。

プチぷよ
USER4944.jpg


外見からして、つやつや。

流通不可能なくらいの柔らかさということで、恐る恐るハサミで収穫しました。
まだ1個なので主人と半分こしましたが、包丁を入れても崩れませんでした。
”赤ちゃんのほっぺのような新食感”といわれても、かじったこともないし、よくわからないんですが、私はグミみたいと思いました。
で、ちゃんと甘い。

きちんとお味見できるのは、まだ先になりそうですが、期待大です。

Mr.浅野のけっさく
USER4942.jpg

きゅうりと青パプリカに守られてるのが浅野さんです。
中玉ですが、最初の1個はミニのLサイズ程度でした。
これ以外は中玉のSぐらいの大きさにはなっています。
背が高く、葉も大きくて場所をとるため、リピはしないつもりでした。
まずいのは嫌だけれど、あまり美味しくても困るなと思ってましたが、困ってます。
美味しいです。

”糖度が高く、極端な節水管理を行わなくても8~9度に安定し、ミニトマトの甘さと大玉トマトの旨みを兼ね揃え、風味豊かで食味は極良。”とのことですが

そうかも・・・
去年は、骨折させた上にサビダニで、特に美味しいとは思わなかったんですが、昨日百貨店で試食した甘いフルティカには十分対抗できます。

まだ開花中の花房を除いて、今着果してるのは6花房ぐらいです。
梅雨明けに撤収のつもりで場所を当てにしていましたが、更新剪定して秋トマトを狙いたくなってきました。

こちらもまだ最初の1個しか食べてないので、追記していきます。
6/19  甘すぎじゃないけど、すっぱいわけじゃない、やさしい甘さ

レジナ
USER4925.jpg

一番びっくりしたのがこれでした。
ほとんど酸味も感じないし、市販のミニトマトや今のうちのピンキーには勝ってるよΣ(- -ノ)ノ エェ!?

といっても、買ったときにもう結実していて、うちで一か月を経過させただけ。
次の花房も育ってこないので、ほったらかしでした。
2Lペットボトルで育てて、液肥を追加したのも1回だけ。

これも最初の一番大きい実を主人と半分コでしたが、先に私が食べてみたら美味しいぞ、いけない、種とってないと、あわてて主人の分から、種をとりました。

ホムセンの肥料がよかったのか、うちでの冷遇がよかったのか謎ですが、この種から育てるのが楽しみになってきました。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/16 08:21 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:レジナ買いました

昨日、レジナを買っちゃいました。

ホームセンターでラベルはなしで、低性トマトとして売られていたものですが、かなりの不人気のようでざっと200個はそのまま売れ残っています。
コンテナをよくみたら、レジナって書いてるんですけどね。
(ちなみに高性トマトはキャロルでした。)

某ブランド苗みたいに、そそるコピーを書いておくだけで、かなり売れ行きが違うと思うんだけど。
これを無視して、近くで売られている赤のペットマトを買っちゃだめでしょ。

バーゲンということで税込50円。
もう大きめの実がついてるのが多いのに、だれも買わないんですよね・・目立たないところに置いてるし。

そして棚で売られてるから、手前は日が当たるけれど、奥の日の当たらない株は、背が高い。
いったい、いつからあるんだろう・・・

怖いくらいに、虫食いもなくきれいに育ってるので、手前のを連れて帰りました。
どうせなら黄色も欲しかったな。

もちろんペットボトルにセット。
USER4600.jpg

5センチで結実って、ほんとに小さいんですね。
このくらいをすべりこませるスペースなら、まだまだ大丈夫(^^)。

グリムス オゾン層
関連記事
[ 2014/05/12 13:12 ] トマト | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。