いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

トマト前半戦終了が見えてきました

最近は雨続きで、トマトも完熟待ちが多いため、液肥の減りも少なく、水奴隷からは解放されています。

そろそろ梅雨明けカウントダウンに入りそうなので、思い切って、うどんこまみれになっているトマトの葉と実を整理することにしました。

ハダニも姿を見せ始めたので、どの株も弱ってきているようです。
以下、作業後の写真です。

簡易温室は今の青い実が完熟したら、前半戦は終了にします。
NNPT6028.jpg
下で茂ってる葉っぱは、イチゴです。
いまだに、ウドンコも虫も来ません(?_?)

ぜいたくトマトはこの5つを完熟させたら終了になりそうです。
NNPT6034.jpg
まだ小さな実は2花房あるのですが、葉っぱがないから、美味しくなれないだろうし。
うちの大玉のお尻がきれいなのは、うどんこのせいで、摘葉ばかりしてるからかと思ってきます(-_-;)

フルティカもこんな姿に。
NNPT6036.jpg
いったん整理して、秋につなぎたいと思ってましたが、元気が残っているかどうか・・・

シュガーベイビーも、完熟したら終了です。
NNPT6035.jpg
一昨年ほど美味しくなれませんでした。
プラムの出来がよすぎるので、つい比べてしまいます。


種まきが遅かったので、スプライトはまだ元気があるようです。
NNPT6029.jpg

今年のは、ハズレなしで美味しいので、かなりお気に入りです。
ピンクエッグの苗と間違えて育てちゃったけど、結果オーライ(^^)


シュガープラムです
NNPT6033.jpg

どれか1種を残すとしたら、絶対コレ!というお気に入りで、そこそこ茂ってるように見えますが、もう一か月以上

脇芽がない

最初はたくさんあった脇芽を、ジャングルにさせないぞと摘みまくったのが気に入らなかったのか、弱っているのか・・・
秋トマトは脇芽からなら、まだまだ間に合うので、何とか脇芽をお願いしたいです。

7月中には、ほとんど完熟するだろうから、そこでバッサリ剪定して、新芽の様子をみて、後半戦用の選手を選ぶつもりでした。
でも全員がうどんこにやられているので、いったんリセットになるかも。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/07/08 17:08 ] トマト | TB(-) | CM(4)

週末の食べ比べ4

定規の左(ピンク)がサンチェリープレミアム、中がシュガープラム、右がラブリーさくら
左側の割れてる中玉赤がフルティカ、オレンジはフルーツゴールドギャバリッチ、大玉はぜいたくトマト
NNPT5946.jpg

すみません、わかりづらいですね(^-^;

初収穫のフルーツゴールド
先日記事にしましたが、実の前後に葉っぱはなく、うどんこまみれ。
NNPT5945.jpg

糖度は5.5。
味が薄くて、美味しくもなく、まずくもなく。
もう一個いる?と言われたら、うん、食べてもいいよというところ。
ぜひ、お願い!レベルではありません。

ざんねんですが、ほっとしてるかも。
場所をとるわりに、10個ちょいしか収穫できないだろうから、リストラ候補の筆頭です。
この悪い条件でも美味しいとなると、欲が出て撤収できなくなっちゃうから(^^;。

ミニの割れだと気にならないのですが、このフルティカはちょっと汚くなってる、カビ?
NNPT5948.jpg

切り取って食べましたけどね(○`~´○)

これは糖度6でしたが、十分おいしいです。
他のフルティカには当たりも混じっていて、かなり甘いのもありました。

ぜいたくトマトも雨に濡れたせいか、割れちゃった。
NNPT5944.jpg

また糖度5で、完熟を待った初果より味が薄めでした。

ミニの赤いのは、後でまざってしまいました(・・。)ゞ 。

シュガープラムだけは形でわかります。
これも割れてましたが、糖度9。
条件が悪くても、サビ疑惑で、薬(アーリーセーフ)まみれにされても、安定してる頼りになるコです(・∀・)イイネ!!。
これだけは何とか、秋までつなぎたいです。

サンチェリーとさくらは、姿では、まったく区別がつきません。
当たり(糖度8程度)とはずれ(糖度6程度)があるのですが、たぶん今はサンチェリーがアタリだと思う。

他にも赤くなってるのはたくさんあるのですが、今日はハサミなしで、さわってとれるレベルと割れてるのだけ収穫しました。
小さいとはいえ大玉のぜいたくトマトもちょっと引っ張ったらとれました。

これでお味をみていないのは、キャロルスターだけになりました。
まだ朱色レベルなので、もうちょっと待たされそうです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/28 08:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト概況~多すぎ

覚書なのに、最近はトマトとの記事いえばずぼらっこになっています。
こうなると、ずぼらできているのか、気にかけすぎているのか、微妙ですね。

来年になって見直した時に、何を育てたんだっけになりそうなので、北側から順に並べてみます。

シュガーベイビー
IMGP4935.jpg

超低い位置に、第1、第2花房があります。
IMGP4932.jpg
下の方の花芽は摘みましょうというメーカー指示を守っとけばよかったかなあ・・・


シュガープラム
IMGP4933.jpg

これも低い位置から着果させてしまいました。
IMGP4934.jpg

フルティカ
IMGP4935.jpg

中玉でこんなに花数があるなら、ミニより効率がいいですね、大暴れするけど。
IMGP4936.jpg

ずぼらっこ=らくらくミニトマ≒マンアミーア
IMGP4937.jpg
無理やり下の方に誘導しています。


ぜいたくトマト
IMGP4939.jpg

第一花房は5つ着果しそう
IMGP4940.jpg
今年のトマトでは、これが一番おとなしくて手がかかりません♪。
大玉なのに、いまのところ、一番の優等生。
第2花房までトマトトーンがすんでいます。
連続摘芯するつもりなので、第一花房直下の花房は残しています。


室外機上

ペペ
IMGP4942.jpg

ネネとプチぷよ予備が同居中
IMGP4943.jpg

謎のトマト
IMGP4944.jpg
ピンクエッグだと思っていましたが、それにしては花数が多すぎるので、スプライトのようです。

プチぷよ
IMGP4946.jpg

帰省前に、これだけ液肥のチェックを飛ばしてしまったようで、第2花房から上が全枯れしてしまいました(T-T) 。


簡易温室下側です

キャロルスター・フルーツイエローEX・サンチェリープレミアム・ラブリーさくら
IMGP4947.jpg

サンチェリー、さくらの自家製苗が強すぎて、購入苗は劣勢で日照争いに苦戦しています。
これでも大剪定した後です。
脇芽というより、枝をバンバン落としました。

キャロルの第一花房は、半分以上落ちてます。
IMGP4948.jpg

フルーツイエローの第一花房もイマイチ。
IMGP4950.jpg

これは株元間借り中のレジナ、転居先未定。
IMGP4951.jpg

温室上は、先着順の無法地帯です。
今あるのは、サンチェリーとさくらだけ。
IMGP4953.jpg

左がサンチェリー、右がさくらですが、脇芽だらけだったのを、これでも1/3ぐらいに落としました。
IMGP4955.jpg

フルーツゴールド
IMGP4956.jpg

病気っぽいので、ペッパーエリアに隔離したままです。
戻ろうにも、ずぼらっことフルティカに場所を占領されたので、ここにいてもらうしかありません。
今は問題なさそうなんですが、第一花房は全滅。
第2花房が開花中ですが、まだ着果しません。

今年のトマト栽培は、梅雨明けまでの短期決戦だからと狭いところに、無茶しすぎました。
来年、この反省の気持ちが継続していますように。
サ○○○に見つかりませんように。


グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/19 12:07 ] トマト | TB(-) | CM(6)

買っちゃった(らくらくミニトマ)

昨日は、雪まで降り出して、ほんとうに寒い日になってしまいましたね。
ベランダは昨日はたぶん1度くらいで、今朝は2度。

こんな最低気温が続くのなら、来週も夜は中で生活してもらったほうがよさそうです。
tenki3.jpg

何鉢あるでしょう、の密集状態になるけれど、夜だからいいよね(^^;
USER4007.jpg

でも、もうちょっとで咲くぞ!という蕾も出てきました(これはラブリーさくら)
USER4005.jpg

ジャンボ甘長も、つぼみが大きくなっています。
一番花があるはずのところに何もないけど。
USER4006.jpg


雪だー、来週はベランダ検査だーと言いながら、お買い物をしました。
昨日急に主人がフリーになりまして、色々連れて行ってくれたのです。
さすがにね、みぞれが降ってるのにホムセンで苗見てる人なんかいないから、選び放題なんですが、横で主人が傘をさしてくれてる中なので、急いでチョイスしました。

 らくらくミニトマ (らっこちゃんと呼ぶことにします)
USER4001.jpg

USER4002.jpg
迷いながらも簡易温室(夏はただの棚)の上段に置いたらいいや、週末にやっぱり買っちゃおと思ってました。
品種も販売元もわからないけれど、能書きどおりであることを願います。
ずぼらだけど、場所に限りがあるから、脇芽取り禁止は従えないかも。

これは購入予定通りのシュガーベイビーとシュガープラム
USER4000.jpg
USER4003.jpg
USER4004.jpg

あまり量も時間もなかったので、いい苗、といえるかどうかは微妙です。
ベイビーはちょっと細身で、第一花房まで15センチあります。
プラムはしっかり型で13センチ。
ハルディンさんの品種は、種からではなく、たぶん挿したものなので、花房がつくのが早いです。

最初の頃は「植え付けてからも、低い位置の花芽は切り取ったほうがよいでしょう。」とハルディンさんのサイトの説明を見て、セオリーとは真逆なので、なんで?、と不思議だったのですが、挿し芽だから花芽がつくのが早いのかな、と今は思います。
まあね、第一花房をダメにする率が高い私には、あまり関係ないんですけど。

あわてすぎだよ。
待てばいいのに・・・
後でたくさん出回り始めたら、こっちのほうがいいなあって思うくせに・・・
とのささやきも聞こえますが、そういうのは蹴散らすことにします。

ご縁があって、来てくれたんだから、美味しく実ってくれるようにがんばります (`0´)ノ!。


追記)
ハルディンのサイトにシュガープラムは葉っぱ5枚以下の花芽は摘めって書いてる。
もう第2花房まであるから、トータルならあるんだけどな。
トマトトーンまでしちゃったよ.....どうしよう(/||| ̄▽)/ゲッ!!!!
グリムス シュガーベイビー
関連記事
[ 2015/04/09 09:00 ] トマト | TB(-) | CM(12)

トマト:ようやく脇芽が発根しました

朝から雪になっています。
こんな寒い日に、昨日の朝イチゴとトマトを外に出したまま、室内に入れるのを忘れてしまいました。
この冬初めてのドジをこのタイミングでやるとは(><)

ペッパーはダメになってしまったことがありますが、トマトは耐えてくれたようです。
ついでにハダニだけ消えてくれていたらうれしいんだけどな(^-^;

さて、ようやく昨年から挿していたトマトの脇芽が発根しました!

  根っこがわからないけど・・・
s-USER1630.jpg

一か月以上かかっています。
根っこが一向に出る気配がないものの、葉っぱは元気なので放置していました。

室内の温度も15~20度程度なので、寒いのでしょうね。
案外、発根にも積算温度があったりして(^^;

ということで、昨年の脇芽を育てていたプチぷよとネネも挿し直すことにしました。
プチぷよ(左)は2段目まで、ネネは3本仕立てに勝手に成長してつぼみだらけになっています。
s-USER1629.jpg

このまま大きくなられても室内で美味しく育つとは思えないし、置き場所にも困ります。

ひとまず摘芯した分を挿して、今の株もコンパクとにして、当面は残します。
その後にどちらをとるか、両方残すかを迷うことにします(^^)
s-USER1631.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/30 09:13 ] トマト | TB(-) | CM(2)

冬トマトは甘くない

冬トマトからあわよくば春夏トマトへと期待をこめて育てていたのが、ペペとラブリーさくらとレッドミニです。

けっこう美人さんの花房があるので、ギリギリまで完熟させるつもりでしたが、株自体が急に弱ってきました。

 ペペ
USER1094.jpg

 ラブリーさくら(茶色に写っていますが、実際は普通の色です)
USER1093.jpg


最近高糖度を記録してくれた簡易温室の日照条件のよかったトマトと違い、こちらは寒くなってからは室内だけで育てています。
日照不足が悪かったのか、窓際が寒かったのか、水切れ数回が悪かったのか(これは悪いだろ^^;)、葉っぱがほとんどボロボロに。

レッドミニなんて帰省から戻ったら、実がオレンジのまま落ちていましたorz
USER1096.jpg

先の予定を立てるために今日、色的には完熟したようにみえる実を食べてみました。

糖度を測ってみたら6弱と低めです。
だから全く期待しないでお味を見ましたが、スーパーのトマト並みで、案外美味しかった。

この条件でこのお味なら、環境があえば美味しくなるかもと、春も栽培することは確定です。
今月中には完熟するでしょうから、それまでこの株は育てます。

いちおう脇芽は挿しているのですが、まだ発根しないので、ダメなら収穫後に葉っぱ1枚ぐらいつけて棒になっていただいて、新たな脇芽を待つことにします。

そこまでしないで種まけよってところですが・・・。
手持ちの種数と可能育苗数には限りがあるし、栽培期間が一か月は短縮できますから。

希望はお彼岸くらいの開花なので、脇芽からなら十分間に合うはずと、都合のいいことだけを考えています。
・・・・・・・・ダメなら苗に頼ります。

昨年の株から脇芽リレーしているプチぷよとネネは最近ちょっと大きくなってきました。

 左プチぷよ 右ネネ
USER1240.jpg

もう第一花房もあるのですが、これはあきらめようと思います。
結実までには、もっと背が高くなるはずですが、そうなるとベランダと室内の往復が面倒になって、結局美味しくない徒長苗ができるだけですから。

元気な上半分をさらに挿し芽するか、ポイするかがまた問題です。
挿し芽して元気な方を残そうと思いつつ、その場になったら、両方育てて密植になるパターンになりそう(^^;)。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/09 17:53 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマトを撤収しました

迷っていましたが、予定通り、トマトをクリスマス明けで撤収しました。
後は、室内で追熟です。

 こんな深いカゴはいらなかった(^^;
USER0786.jpg

電気を使わない簡易温室ですから、保温は無理でも、風は防いでくれるので、イチゴにバトンタッチです。
夜は室内に戻しますが、株数がないし、小さいから楽。
USER0788.jpg

・・・と思ったのですが、ビニールを少しあけて外出していた間に、30度近くになっていて、ビニールは結露してました。
危ない、危ない('〇';)

8月末に種まきして、あちこち移動栽培をしていたトマトがそろそろ赤くなりそうです。
でも、寒さのせいか、たびたびの水切れのせいか、下葉から黄色く枯れてきています。

もともと、2段めまで収穫したら、脇芽を来年用にするか、そのまま根元まで剪定してリセットするかのつもりだったので、予定通りなんですが、かなり弱っています。

ペペ
第一花房
USER0779.jpg

第2花房
USER0778.jpg

ラブリーさくら
第一花房
USER0781.jpg
USER0782.jpg

第2花房

レッドミニ
まともな実はこれだけ、しかも小さい
USER0783.jpg

先と
USER0784.jpg

根元はやる気だけはあるように見えますが・・・気持ちだけだろうな。
USER0785.jpg

開花は同じ時期なので、1月には収穫できると思います。
2月にリセットして出直しても、初夏には十分間に合うはず・・・たぶん。
日中は外に出したいのですが、大きくすると保温ができないし、3月まではあまり大きくしないようにするつもりです。

他のトマトは

脇芽を挿したネネ、プチぷよ
USER0792.jpg

来年期待の秘密のコ_(^^;)ゞ
USER0790.jpg

代を継いでくれそうな発芽したばかりのスプライト 
USER0791.jpg

がいます。

年が明けたら、ペッパーの種まきです。
こちらは急いでいるわけでもないのですが、どうせ発芽に苦労して、やり直しになるだろうから、早めにいきます。

今年はこれで最後の更新になると思います。

2011年の9月からブログを始めて、今も続いていることに少し驚いています。
まだまだビギナーの看板はおろすわけにはいきませんが、来年もがんばりたいと思います。
声をかけてくださった皆様、立ち寄ってくださる皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします<(_ _)>

そして来年は普通に穏やかな気候になりますように(-m-)” 。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/12/26 16:10 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト近況:プチぷよさん撤収・ネネほぼ終了

昨日、とうとうプチぷよさんを撤収しました。
まだ赤い実、青い実があったのですが、ここ数日で葉っぱの色が変わってきました。
寒いもんね、プチぷよさんには無理だったかな・・と思いきや、サビダニでした。

まだいるんだ(><)


まだ他のトマトには出張してないようなので、一気に全部落として、こんな姿に(-人-)

USER9075.jpg

せこく葉っぱをちょびっと残したのは、もうひと頑張りして、脇芽出てこないかなあという、下心からです(^^;)。
ビニール袋をかぶせて、しばらくこのままにしておきます。

酷暑後は、実も小さくなって、ピーク時より味も薄めになりましたが、それでも美味しかった。
初夏までの真面目に連続摘芯していた実は絶品でした。
ありがとね(o^o^o)。

これはネネです。
USER9083.jpg

とうとう赤い実がなくなりました。(食べちゃっただけ)
摘芯したときに、余分の脇芽や花は摘みましたが、いつの間にか、すごい勢いで脇芽が出ています。
花も咲いて、着果もしてました(^^;)

さすがにここからは無理だと思うのですが、この寒さでのダメージはないようなので、もうちょっと置いとこ。

スプライトもこの程度の寒さは関係ないみたいです。
USER9087.jpg

たぶん夜間は10度を軽く切ってるはずなんですが、こちらはまだまだやる気みたい。
サビさえつかなければ、ずりおろして室内で熟させるのもありだなと思ってきました。

リーセントは赤くなるまで、もう少し。
USER9076.jpg

これも元気なんですが、お味を見てから先のことを考えます。

ここからは、夜は室内に入れて、過保護にしている冬~春トマトです。
今日みたいに曇っていると、夜温のほうが高くなってしまいますが・・・

ラブリーさくら
USER9081.jpg

ペペ
USER9080.jpg

レッドミニ
USER9082.jpg

第2花房で摘芯していますが、脇芽も開花しちゃってました。
連続摘芯もどきにします。


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/17 12:06 ] トマト | TB(-) | CM(0)

冬トマト近況

8月に種まきしたトマトです。
USER8765.jpg


8/15 種まき レッドミニ(左のペットボトル)
USER8764.jpg

8/28 種まき ラブリーさくら
USER8763.jpg

8/28 種まき ペペ
USER8762.jpg

まだ1,2花房が咲きだしたところですが、芯はとめています。
昨日、久しぶりにチェックしたら、かっては脇芽だったものが枝となり、立派な蕾をつけてあちこちからニョキニョキと・・・。

いずれは室内と外を往復しながら育てる株なので、そう自由奔放にしてもらうわけにもいきません。
連続摘芯もどき(2花房でとめるだけ)の予定通り、1枝だけを残して、他はチョッキンしました
さくらとペペは、1つのトレイに入れて、ずるずると放置したままでした。
このままでは根がからまって分離できなくなると、昨日トレイをわけたところです。
これからの液肥消費量は少ないので、春までこのままでいいかも(^^;)

この花は着果してほしいのですが、トマトトーンをどうしようかなあ。
晴れてる日は40度越えだけど、夜は10度前後・・・微妙なところです。

この冬トマト達は、この実が熟す2月ぐらいに大剪定をするか脇芽を挿して、一番美味しいらしい春トマトになってもらいたいという欲張りなことを考えています。

これはリーセントルーブです。
USER8760.jpg

もう一か月近く花を咲かせず、蕾のままでしたが、何を思ったのか、今になって咲き始めました。
やる気があるのなら、このコも室内組にしてもいいのですが、こんな葉っぱが・・・

USER8761.jpg

他の皆さんとは離れてもらって、今ついてる実を赤くすることに専念してもらったほうがいいみたいです(^▽^;)

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/11/06 07:41 ] トマト | TB(-) | CM(3)

冬越し用トマトの苗

冬用といっても、まだ3株だけです。

レッドミニ
USER7464.jpg


ラブリーさくら ペペ
USER7463.jpg


ラブリーさくらは私が初めて買ったトマトの種で思い入れはあるのですが、そんなに美味しいとは思えなかったのです。
でもこの夏、銀座の農家の台所で、トマリンピック3連覇という北海道の大塚ファームさんのラブリーさくらを食べ放題できるという機会に恵まれました。

当然かもしれませんが、今まで食べたミニトマトのなかでは、一番美味しかった。

品種が同じでも、育て方、時期で大違いというのは、よ~く承知していますが、あまりに違いすぎです。

まだ種が残っていたので、真面目に育ててみたいと思ったのでした。
真面目といっても、水切れさせず、脇芽を取る、という程度のことですが(-。-;)

ペペは時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培のsemireyさんにいただきました♡。
種まきは8月28日。

遅すぎですよねえ・・・ヽ( ´ー`)ノフッ

予定としては10月後半に花を咲かせて、場合によっては第一花房だけは収穫、無理そうなら、大剪定をして春につなぐつもりです。
大きくしなければ、昼間は日に当てて、夜は室内というのも、簡単ですから。

この苗達は、どれもうちのコとは思えない、徒長してない立派な苗なんです。
真冬に育苗したものとはえらい違いなので、今現役のトマトも11月前にさし芽して、つないでみます。

まっ、ダメもとですけどね(^^)
失敗したら、素直に種まきするか苗を買います。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/10/03 10:23 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマトほとんど撤収

ここ数日だけとはいえ、どこかに避暑に来ているかのようなお天気になっています。
今やらなくてどうする!、とベランダのトマトをほとんど撤収しました(;´д`)トホホ

サビダニが原因ではありません。

ハダニです( ̄- ̄メ)

全部が色づくのを待っていましたが、もうね、茎まで赤いのが点々としてきたし、ヘタはおろかトマト本体にまでわらわらしてきちゃって、ぶち切れました。

  茎にもついてます
IMGP0707.jpg


semireyさんに種をわけていただいたこくうまチェリーもこんな姿に
IMGP0708.jpg

千果ちゃんも
IMGP0709.jpg

シュガーベイビー、浅野さん、レッドミニ、ラブリーさくらも同じ状態です。
ということで、全部撤収(/_・、)/~~


そしてタイピンクエッグだけが残りました。
IMGP0711.jpg

甘さはなく、なぜか酸味もほとんどなく、うまみだけがあって、今年も一番のお気に入りでした。
うちのベランダとは相性がいいようで、他のトマトよりハダニ被害が少ないです。
トマチンが多いのか、日本で代を重ねて強くなってくれたのか・・

うちの50度ベランダでは6月半ばくらいになると、凶悪ハダニがどんどん増えてきます。
コロマイトを使って数日おさまったとしても、すぐにどこからか飛んでくるだろうし、対抗手段が見つかりません(;-_-) =3 フゥ


もともと7月中の撤収をめざしてはいましたが、こう暑くなるのが早くては、6月にほとんどの収穫を終えるつもりでやらないといけないみたい。

何月に種まきすればいいんだろ・・・
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/07/17 13:52 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:アーリーセーフ散布

後発組のトマトも色づいてきました。

そろそろ気になるのがサビダニです。

こんな葉っぱがあると、ドキドキしてルーペをのぞいています。

IMGP0624.jpg

まだ無事のようですが、何もしないよりはと、アーリーセーフを散布することにしました。
その前に、着色が始まったものは多少色が薄くても収穫しておきます。

ラブリーさくら
IMGP0612.jpg
先発組なので、第2花房と脇芽が色づいています。
けっこう豊産種のようです。
お味は最初は種袋風にいうと、酸味と甘みのバランスがよいという表現になるのでしょうか。
最初にとれていたものには、そこそこ酸味がありましたが、だんだん薄くなってきました。


千果
IMGP0614.jpg
赤いのは昨日食べちゃった(^o^)ゞ。
最初は薄味だったけれど、美味しくなってきました。
これはまだ数日かかるだろうから、このままにしておきます。

Mr. 浅野のけっさく
IMGP0619.jpg

まだ第1花房ですが、2個はもう収穫済です。
骨折させてしまったせいか、それほど実つきはよくありません。
ミニトマトと比べちゃいけませんが・・
お味は今のところフルティカに似た感じ。
酸味はないけれど、まだ味が薄いです。

シュガーベイビー
IMGP0615.jpg

第3花房です。
これが色づくのを待ってました♡
今のところ一番のコク甘です。
主枝につく実が少ないので、数を稼ぐために脇芽放置に切り替えました。
下のほうは寂しいけれど、上だけわさわさです。
IMGP0616.jpg

ピュアスィートミニ
IMGP0617.jpg

一度、謎の全枯れをさせてしまったせいか、ひ弱く育っています。
本来、鈴なりになる品種ですが、一番マシな花房でこれです。

タイピンクエッグ
IMGP0620.jpg

後からは栄養が分散されちゃって小さくなりますが、最初の2果はいつも大きいので、先日収穫して種を取りました。
甘くはなく、なぜかうちのは酸味もないのですが、妙に美味しい。
味は好みが分かれるでしょうが、こんなに気前よくたくさん実ってくれる中玉って貴重だと思います。

レッドミニ
IMGP0621.jpg

今赤いのはこれだけです。
色づくとすぐ食べちゃうので(^^)
甘くてぷるるんですが、まだ去年のほうが勝ってます。

今回は区別して収穫していたのに、落としちゃった(><)
IMGP0626.jpg

右は全部ラブリーさくらです。
左下はたぶんシュガーベイビー。

一目で区別がつくのは、ピンクエッグとプラム型のピュアスィートミニだけですね(^▽^;)
同じ品種でも場所で味が違ったりするので、食べても区別がつかないです。

太陽電池
関連記事
[ 2013/06/25 09:44 ] トマト | TB(-) | CM(15)

トマト側枝2本仕立て近況~千果とさくら

この2品種は側枝2本仕立てにしていますが、茎もまずまず太く、花房もどんどん出てくるので早期に収量を稼ぐにはよさそうです。

  千果
IMGP0481.jpg

ダイソーの90センチ支柱に、無理やり誘引しています。

でも2本仕立てというと、かなりウソ(^^;)。

   脇芽整理に脱落して一見3本仕立て
IMGP0495.jpg


    真ん中の枝のさらに上は、こんなことになってます
IMGP0484.jpg

輪っかは3つだけですが、1段ごとに5花房くらい割り当ててるのでかなり無理しています。
もうちょっと大きいのを使ってあげられればよかったです。

千果は今のところ大きな問題はないのですが、実がちっちゃいな~。
まだ肥大中とはいえ、場所の割に実をつけさせすぎかもしれません。


ラブリーさくらは、先日原因不明のシオシオになりました。
室内で一泊させたら回復したので、暑さのせいにしていますが、まだ昼間は元気がなく日よけが必要な状態です。

1花房につく花が多く、うちでは一番実をつけています。

さくらの上
IMGP0486.jpg

さくらの下
IMGP0491.jpg

もう何花房あるのかわかりません。

株間30センチで滅茶苦茶やってると思います。

上の輪っかも定員なので、千果もさくらも先は止めています。

昨日のベランダはかなり高温になっていたようです。
トマトの受難の季節はこれからなので、暑さ&病気&虫対策をがんばらなくちゃ。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/06/05 10:03 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況(育苗分)

ラブリーさくら
IMGP0348.jpg

1月22日に種まき、本葉2枚で摘芯しています。
ちょっと茂らせすぎました。
そろそろ葉っぱを整理します。

  無理やり輪っかに誘引してます。
IMGP0355.jpg

2本の側枝の第3花房が開花中、花芽は第5までついています。
脇芽は取るぞ!のはずでしたが、失敗してました。
真ん中の実のすぐ下から出てる枝(葉っぱだと思ってた)をたどっていくと
IMGP0350.jpg

あんた脇芽だったのーってことになってました。
IMGP0351.jpg


脇芽って、葉っぱのつけ根から二股になって出てくるもんだと思ってたんですが、こういうのもアリなんですか(・・∂) アレ?
こんな立派なツボミをつけられたら、私にはもう取れません(>_<)

千果
IMGP0345.jpg

2月12日に種まき、本葉3枚で摘芯しています。
1節目は取って,2,3節を側枝(主枝?)として伸ばしました。
第4花房まで確認できています。

これも失敗しちゃって、脇芽が花つけてます(^-^;
邪魔な位置じゃないので、一房がんばってもらうことにします。

品種不明(いただきもの)
IMGP0356.jpg

2月27日に種まき、本葉2枚で摘芯しましたが、脇芽が1枚目からは出ませんでした。
幸い2枚目から脇芽が出たので、成長を遅らせただけですみそうです。
こういうことがあるから、本葉3枚目を残して摘芯するのがいいんですね。
脇芽の出ない品種なのかなと思ってましたが、暖かくなって一斉に出てきました。
ここからどう仕立てるかは未定です。

レッドミニ
IMGP0357.jpg

1月22日に種まき、本葉2枚で摘芯しています。
第1花房が1個しか着果しませんでした。
それに第2花房まで葉っぱ8枚もあるんですΣ(⌒◇⌒;) ゲッ!!。

摘芯する意味がほとんどなかったですね。
これもいつの間にか、3本仕立てになってるし(-_-;)
3本目のほうが蕾がダブルで元気だし、場所とらないので、もうこれでいいです(^^)。

あと種からのトマトは、タイピンクエッグがありますが、それは先日記事にしたので略。

側枝2本仕立てにしたのは、梅雨明けまでに着果数を稼いで、盛夏には撤収するためです。
この時期に、さくらは12花房ついているので、上出来です。
ダイソーの90センチ支柱にループ仕立てにしていますので、てっぺんまで届くか、梅雨明けで着果失敗が出てきたら摘芯してとめます。

もうサビダニに見つからないように祈るのみ(-m-)” パンパン
 地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/17 09:00 ] トマト | TB(-) | CM(5)

トマト近況

雨になりましたね。
本来なら残念なところですが、今日は苗を出さないですむと、正直ほっとしております。

全員中にいるので、トマトの点検をしました。

種から栽培しているものです。
IMGP0199.jpg
出し入れしやすいように手を抜いて、ひとまとめにしていますが、そろそろトマトも私も限界みたいですね(^-^;

これはレッドミニのF2です。
IMGP0205.jpg

自作にしては上出来。
だって、第1花房が咲いたんですよ、当たり前のことかもしれませんが、うちではすごいことなんです!
これだけでも摘芯仕立てにして報われました。
本葉1枚目からの側枝はかなり短いのが難ですが、これもつぼみがついています。

予定通り、レッドミニのF1の苗を買っています。
並べてみると(右が購入苗)
IMGP0203.jpg

うちのコ徒長してたんですね(^▽^;)
市販のレッドミニは一番花の数が多いのをお持ち帰りしました。
レッドミニで第一花房から、こんなのができるなんてーと驚きの数です。
IMGP0204.jpg

うちのは各側枝で5,6個ずつくらいかなあ。
両方足して、市販苗になんとか近づけるかなという感じ(^^;)

一番に花芽がついたと喜んでたラブリーさくら
IMGP0212.jpg
支柱を立てていないのに、自主的にきれいな2本仕立てになっています。

でもねえ・・・これがその第一花房です
IMGP0210.jpg
私が花芽を折っちゃったんです

本葉1枚目からの側枝はそれなりに花を咲かせてくれています。
IMGP0211.jpg

タイピンクエッグ
IMGP0213.jpg
第2花房までついていますが、まだ花は咲いていません。
下から葉っぱが黄色くなってきますが、気にせず取っています。
去年はもっとひどかったし、サントリーさんのサンプルも下の方はきれいじゃなかったから、いいやって。
タイ産ですもの、この気温でこれだけがんばってくれたら十分。
今年は第1花房から咲いてくれそうです。
芯どまり種のピンクエッグを2本仕立てにする必要は全然ないんですが、これも摘芯してよかった。
去年はつぼみの立ち枯れを繰り返していましたから。

千果
IMGP0214.jpg
種まきが遅れたので、まだ第一花房までしかつぼみがありません。
2週間前は本葉2枚目の側枝が短かったんですが、大きくなってきました。
千果は本葉3枚で摘芯したので、1枚目からの側枝はもう取っています。

シュガーベイビー(購入苗)
IMGP0209.jpg
落花もあるけれど、少しは結実してくれました。
初めて見たので、今イチな苗を衝動買いしましたが、近所で立派な苗が売られてました(@゜Д゜@;)あら・・。
まだ弱々しいですが、水耕には慣れてくれたようです。
がんばれー。

ところで、最低気温が低いなんて言ってられるのも、後わずかですよね。
すぐに酷暑がやってくるわけですが、この50度越えベランダをどうしたものかと悩んでいます。
遮光ネットは張りますが、やっぱりお湯になるときはなるし・・
直置きはさすがにしていませんが、全体にすのこをひく、タイルを敷く、などで液温上昇がマシになってくれるでしょうか?
壁からの照り返しは、寒冷紗をカーテンがわりにかけるか、ゴーヤに急いで成長してもらうぐらいしか思いつきません。
GWに対策を求めてホムセンめぐりをするつもりですが、見栄えはこだわらないので、おすすめの方法があればご教示くださいませ<(_ _)>。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/24 10:05 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマトの側枝2本仕立て近況

毎日見てると、育ってないような気がするのですが、3月22日の写真と比べてみると、けっこう成長してくれてました。
花芽は全部ついています。


ラブリーさくら
sakura.jpg


タイピンクエッグ
egg.jpg


レッドミニ
red.jpg
背の低い品種のレッドミニを本葉2枚で摘芯したのは失敗でした。
1枚目から出た脇芽なんて、花芽まで5センチもないです。
低い位置の花芽は摘むようにとメーカーHPにあるし、様子を見て第1花房はあきらめるかもしれません。


千果
chika.jpg
3月27日に脇芽のモトが出始めたばかりなのに、大きくなりました。

高さはもう先発隊と同じになっています。
小さいので微妙なんですが、花芽まで他より1枚少ない6枚しかないみたい。

千果だけ本葉3枚で摘芯しましたが、写真のとおり一番上の3枚目の勢いが強いです。
2,3枚目が大丈夫そうなので、3センチにもなっていない1枚目は昨日取りました。

一見すっきり2本仕立てに見える先発隊も、上の葉から出た側枝のほうが勢いがあります。


予備
koku.jpg

これは2月27日に種まきしたテストの苗ですが、2枚で摘芯しています。
がっ、1枚目がようやく脇芽のモトができたばかりで2本仕立てにできるのか微妙ですし、出ても弱そう。

株数が少なければ無理をしないで、3枚目で摘芯するほうがよさそうです。


シュガーベイビー(摘芯してません)
suger.jpg

すぐに枯れちゃうんじゃないかと心配したシュガーベイビーは、立ち直ってくれました。
まだ怖いので、他の苗とは隔離中です。
第1花房から脇芽が育っているのですが、レア物なのでこれを取って予備苗を作るか、そのまま2本で仕立てるか迷い中です(^-^;
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/10 07:51 ] トマト | TB(-) | CM(3)

トマトの側枝2本仕立て近況 ー花芽がつきました

側枝からは本葉7枚程度で花芽がつくということでしたが、ラブリーさくらは7.5枚になっています。

じゃあ、そろそろ出てきて!、と覗き込んだら、ありました!

   3つしかわからないけど(^^;)
IMGP0052.jpg


花芽のついた第2葉からの側枝です(右下に摘芯跡があります)
IMGP0053.jpg

花芽までは12センチ程度です。

摘芯したトマト達は、どれも小さすぎるぐらいで、徒長してないんですΣ(='□'=)ウッソー!?
この位置から第1花房がついてくれると、超ありがたいけれど、ちょっと低すぎるような・・
ラブリーさくらは節間も長く、今までは徒長させてばかりで、花芽まで軽く30センチはあったんですよ。

第1葉からの側枝は、どれも本葉が1枚ぐらい少なくて、第2葉からのほうが元気です。
だから第3葉まで残しての摘芯が推奨されてるのかな?

千果ちゃんだけは、20日に第3葉で摘芯していますが、まだ脇芽が出てきたばかりです。
P1060824.jpg

この場合は2,3葉からの側枝を残すようにとのことでしたが、これもどうなるか楽しみです(*^o^*)。 
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/27 13:10 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマトの側枝2本仕立て近況

側枝2本仕立てを目指して、トマトを摘芯したのが3月4日でした。
2枚だけ本葉を残していましたが、今日3月22日には、ラブリーさくらは側枝から本葉が6枚ずつ出ています。

  ラブリーさくら
P1060793.jpg

脇芽を確認したのが10日なので、わずか12日で12枚も本葉が増えたことになります。

  これはタイピンクエッグ
P1060795.jpg
子葉の上からも、脇芽が出てきました、強いなあ。

  レッドミニも小さいながらも2本仕立てになってます。
P1060792.jpg


まだ摘芯していなかった千果は3月4日に本葉2枚でしたが、20日には5.5枚になりました
これで普通の成長ぶりだと思うのですが、摘芯組の育ちの速さに、びっくりしています。

20日に図書館で現代農業の2012年の9月号に、2本仕立ての特集を見つけました。
疑問に思っていたことの答えが載ってました(^^)。

普通栽培で一段花房直下の側枝は5枚の葉をつけたあと花芽がつきますが、一段花房より下の本葉から花芽が出るのは、抑制栽培なら5枚、夏秋栽培なら7枚ぐらいなんですって。
本葉3枚で摘芯すると、第3花房ぐらいから2本の側枝の開花が揃うそうです。

これを読んで、その夜に千果ちゃんまで摘芯しちゃいました(^▽^;)

  千果ちゃんもがんばれ~(*・人・*)
P1060790.jpg


2本仕立ての方法として

1)第一花房直下の脇芽を使う
2)子葉の上で摘芯
3)定植後3~4枚目の脇芽を使う
4)本葉3枚で摘芯
が紹介されていました。

1)は強い側枝が出るけれど、初期収量が低い
2)は花芽がつくのが早いけれど、側枝がちゃんと出ないことがあり、その場合スペアの側枝もない。
3)は主枝と側枝の開花がそろうけれど、側枝を誘引する際に付け根が避けやすい。
4)は草丈の伸びる時期に摘芯することで良苗(固く太い苗)になり、3段目あたりで生育がほぼ揃い、2,3枚目の側枝を使う。1枚目はスペア。

ということで、4)がおすすめされています。

私はこれにはない本葉2枚で摘芯しましたが、千果ちゃんは3枚目でやりました。
花芽の位置などの違いが出るかな?

GWまでに結果が出るだろうから、ダメなら苗を買って、秋冬トマトでまたやってみます。

液肥の要求量はやっぱり1本仕立ての倍に増えちゃいますよね。
でも去年は脇芽伸ばし放題だったから、それよりは楽になるはず・・・きっと(*゜.゜)ゞポリポリ

そうそう、この仕立て方は大玉トマトの接木苗に用いられるものです。
私はミニ、中玉トマトの自根での水耕栽培なので、かなり違います。
興味のある方は、現代農業や前回ご紹介した夏秋トマト栽培マニュアルをご覧くださいね。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/22 20:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況~結局種まきしちゃいました

ペッパーを量産してしまったので、今年はトマトは苗を買うつもりでした。

でも、皆さんの記事を見ていると、やっぱり寂しくなってきて、最悪でも室内で一本仕立てなら何とかなるだろう、と1月末に手持ちを種まきしてました。
写真の日付は発根日です。

タイ・ピンク・エッグ
P1060594.jpg
甘さは全然ないのに、とろっとしていて冷やして食べるのがお気に入りだったトマトです。
芯どまり品種の一本仕立てってありえないんですけど・・(^▽^;)。


レッドミニ
P1060597.jpg
種が一粒だけ残ってました。
主人のお気に入りで、うちでも極甘に育ってくれるブドウみたいな食感のトマト。
これは矮性だから、何とかなるでしょう。
F1でも食べてみたいので、たぶん苗も買います。

ラブリーさくら
P1060595.jpg
昨年種まきしたのは、虫で全敗しました。
ひょろっと間伸びして育っちゃうし・・・
ということで、まだ食べたことが、ないんです(~ヘ~;)ウーン
もう種が残り少ないから、うちでは手堅い夏まきにしようと思ってましたが、つい種まきしてしまいました。
今年は何とか守らなくちゃ!

千果
P1060596.jpg

Sunday, Sunny dayのNaomiさんのところから、お嫁に来てくれました (*'-'*)ノWelcome!
こちらは1週間前の種まきで、まだ発根したばかりですが、夏に強いというので超期待しています。
大事な嫁ですから、ゴミ箱じゃなくて、発泡スチロールのおうちにお迎えする予定です。

もう十分なような気もしますが、後は苗との出会い次第ですね(*・・*)ポッ

ついで
P1060598.jpg

このコ、4センチもないんです。
可愛らしいし、狙って買えるものでもないから、アタリだったと思うことにしました(^-^)。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/19 10:50 ] トマト | TB(-) | CM(12)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)