いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト近況:一斉に色づいてきました

ベランダの積算温度だけは、誰にも負けないと思っていのに、今年は色づくのが遅かったです。

温度だけじゃなくて、育て方が悪いとか病気とかでも遅れるのかなと、不安になってきてましたが、週末から、いっせいに着色を始めました。

今年はトマトの育苗をさぼったので、全部購入苗です。
4月10日のフルティカに始まり、29日のシシリアンルージュまで、購入時期も違うし、開花日なんて絶対にバラバラ。
でも、フルティカもレッドミニもプチぷよもシュガープラムも同じ日に色づいてきました。

なんで同時なの???
積算温度なら、開花順に日がずれてくるはずでしょ?。

フルティカなんて、2花房同時です。
ANPT1302.jpg

例外はオレンジミニ。
ANPT1298.jpg

第一花房は1個を除いて全部落ちたんですが、この一個だけが、他より一週間程度早かったです。
特に暑いとか日当たりがいいところに置いたわけではないし、水切れも一回やらかしてます(^^;。
たった一個だから、栄養状態がよかったのかな?

全枯れから持ち直したプチぷよ
ANPT1305.jpg
プチぷよさんは、全枯れのせいで、スリムになってしまい花房は10個ぐらいになるのかな、と思います。

シュガープラム
ANPT1310.jpg

シュガープラムは、大好きな品種だから、ついつい脇芽を放置してしまい、かなりの花房数になってます。
3本仕立てになってるし・・・
おそらく15花房の子育て中で、まだ梅雨明けまでがんばらせようかなという花芽もけっこうあります。
ANPT1313.jpg

こうなると、今の容器(7L程度だけど、実質4Lぐらいまでしか入らない)では、給水が大変です。
フルティカと同じ大き目の発砲スチロールにお引越しさせることにしました。

根っこは穴鉢からまっすぐ伸びてるので、移動は大丈夫
ANPT1311.jpg

これをスチロールに移して、お引越し完了です。
ANPT1316.jpg

と一見順調そうですが、けっこうビクビクものなんです。

今年も来ているこれ・・・
ANPT1303.jpg

脇芽部隊は、すでに全員犠牲になりました(;O;)
去年は梅雨明けにはハゲにされちゃって、早々に撤収しています。

せめて風通しをよくするために、色づいたものから、葉っぱを落としていくつもりだけど、もう下葉なんて、うどんこに負けてありませんorz。

グリムス ペットシア
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/14 10:21 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマト近況

この時期の、トマトの成長ぷりは、気持ちいいですね(^^)
5月12日のシシリアンルージュ
s-ANPT0969.jpg


5月24日のシシリアンルージュ
ANPT1141.jpg



たぶんフルティカ
ANPT1131.jpg

たぶんプチぷよ
ANPT1133.jpg

フルティカがどうも変なのです。
葉が大きくないし、実は小さいし、中玉という感じがしません。

一方プチぷよは、葉も大きく、風にも負けず、めちゃ元気。
苗はフルティカと一緒に買いましたが、フルティカとは違うような気がします。

まあ、あと2週間もたてば、謎は解けるでしょう。

シュガープラム
ANPT1138.jpg

購入時から2本仕立てになっていたので、すっきりと育ってくれています。


オレンジミニ
ANPT1129.jpg
レッドミニ
ANPT1126.jpg

成長スピードが遅いような気がします。
着果率もよくないし、普通のミニトマトを一本仕立てにしたのと場所は変わらないわりに、収量は減りそう。

梅雨入りまで、2週間程度でしょうか。
なんとか後2,3花房稼いでほしいのですが、今年も来ています。

去年、サビダニをさし置いて、まさかの早期撤収においやってくれたうどんこが・・・
ANPT1135.jpg

暑くなったらなくなるだろうと、正直なめてましたが、今年は心を入れ替えて、早期からカリグリーンしています。
今のところは、大したことはないレベル。

とはいえ、まさかの事態にそなえて、すみっこと室内に脇芽隊を配備しています。
昨年は油断していて、脇芽も間に合わなかったから。

ANPT1137.jpg

他には、一気にやられるのを防げるかもと、今年は、トマトの両脇にはペッパーかナスを置いています。

基本は2本仕立てというのは、変わりませんが、今年はトマトが少ないので、いつもよりは株間にゆとりがあります。
葉が過密にならない位置なら、ここからは脇芽1つにつき1花房OKにしました。

サビやうどんこが来なくても、梅雨明けには着果しなくなるんだから、今のうちに着果を稼いでおきたいです。

トマトでも着果するのに、なんでパッションフルーツが…( ̄。 ̄;)ブツブツ
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/05/24 14:07 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況

昨日の風はすごかったですね。
朝のニュースで東京や千葉が大変なのはわかっていましたが、うちは無風に近かった。
埼玉は関係ないんだなと都合よく思っていたら、昼前から、急に台風レベルになってきました。
今年はトマトは今のところ購入株だけです。

これは連休に仕入れた、シシリアンルージュ。
s-ANPT0969.jpg

連休中の強風で、葉も折れて、かなり弱っていたので、あわてて避難させました。
早く風に負けないように、(適度に)育ってほしいです。


ぷちぷよ
s-ANPT0952.jpg
強風に弱い品種なのに、避難させるのを忘れてました。
でも、まったく変わりなし。
フルティカとラベル間違えたんじゃないかと、思いかけている元気さです。
主枝の第2花房、脇芽の第一花房が開花。

フルティカ
s-ANPT0956.jpg
それなりに育ってきたのですが、少しうどんこが来ていたり、暴れっぷりが昨年に比べると弱いです。
風にあおられて、茶色の点々も出てきてるし。

でも、3本仕立てになってた。
主枝かと思ってたけど、これ、主枝の脇芽じゃん(+。+)
s-ANPT0958.jpg

今年は、トマトはジャングルにしないで、すっきり2本仕立てにする!、
脇芽は挿すか、小さいうちに取ると、けっこう固く決意してたのに、なんてこったい。

今にも咲きそうだし、場所とってないし、梅雨明けまえに着花は稼ぎたいし・・と欲望がムクムク。
まあ、いいかと(超危険思想w)と、この花房だけ残して、摘心しました。

シュガープラム
s-ANPT0965.jpg
購入時から、すっきり2本仕立てになってました。

s-ANPT0966.jpg
両枝とも第一花房は着果しています。


オレンジミニ
s-ANPT0962.jpg
第一花房では、一個だけが開花、着果しています。

レッドミニ
s-ANPT0963.jpg
残り物のヤバそうな苗でしたが、なんとかなりそうです。
第一花房はダメだけど、第2花房は無事開花して、脇芽も育ってきました。
2本仕立てにするか、脇芽を挿して、1本仕立てにするかは悩み中です。

レッドミニ、オレンジミニは矮性品種なので、このままペットボトルで育てるつもりです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/05/12 10:42 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマト前半戦終了が見えてきました

最近は雨続きで、トマトも完熟待ちが多いため、液肥の減りも少なく、水奴隷からは解放されています。

そろそろ梅雨明けカウントダウンに入りそうなので、思い切って、うどんこまみれになっているトマトの葉と実を整理することにしました。

ハダニも姿を見せ始めたので、どの株も弱ってきているようです。
以下、作業後の写真です。

簡易温室は今の青い実が完熟したら、前半戦は終了にします。
NNPT6028.jpg
下で茂ってる葉っぱは、イチゴです。
いまだに、ウドンコも虫も来ません(?_?)

ぜいたくトマトはこの5つを完熟させたら終了になりそうです。
NNPT6034.jpg
まだ小さな実は2花房あるのですが、葉っぱがないから、美味しくなれないだろうし。
うちの大玉のお尻がきれいなのは、うどんこのせいで、摘葉ばかりしてるからかと思ってきます(-_-;)

フルティカもこんな姿に。
NNPT6036.jpg
いったん整理して、秋につなぎたいと思ってましたが、元気が残っているかどうか・・・

シュガーベイビーも、完熟したら終了です。
NNPT6035.jpg
一昨年ほど美味しくなれませんでした。
プラムの出来がよすぎるので、つい比べてしまいます。


種まきが遅かったので、スプライトはまだ元気があるようです。
NNPT6029.jpg

今年のは、ハズレなしで美味しいので、かなりお気に入りです。
ピンクエッグの苗と間違えて育てちゃったけど、結果オーライ(^^)


シュガープラムです
NNPT6033.jpg

どれか1種を残すとしたら、絶対コレ!というお気に入りで、そこそこ茂ってるように見えますが、もう一か月以上

脇芽がない

最初はたくさんあった脇芽を、ジャングルにさせないぞと摘みまくったのが気に入らなかったのか、弱っているのか・・・
秋トマトは脇芽からなら、まだまだ間に合うので、何とか脇芽をお願いしたいです。

7月中には、ほとんど完熟するだろうから、そこでバッサリ剪定して、新芽の様子をみて、後半戦用の選手を選ぶつもりでした。
でも全員がうどんこにやられているので、いったんリセットになるかも。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/07/08 17:08 ] トマト | TB(-) | CM(4)

教えてください・・・・・フルティカが病気?

ベランダではうどんこが猛威をふるっていて、葉なしトマトが続出しています。
当面の敵はうどんこ、とサビのはずでしたが、伏兵がいたようです。

昨日の夕方に、うどんこチェックをしたときは、なかったと思います。

今朝になって、フルティカの若い脇芽にこんな葉っぱが・・・
NNPT5956.jpg

あまりにおかしいので、根元から脇芽を切り取りました
NNPT5964.jpg

頭頂部の蕾は黒く枯れています。
NNPT5983.jpg

NNPT5966.jpg
NNPT5972.jpg

葉裏です。
NNPT5971.jpg

うどんこ以外だと、変な葉っぱはこれぐらい
NNPT5963.jpg

NNPT5959.jpg

コナジラミはいません。

単なる痛んだ葉っぱにも見えるけれど、3枚目の写真のつぼみが黒く枯れているのと、葉先が黄色いのが気になります。

調べても、どれも該当するような、しないような・・・(;´д`)トホホ
今、半分ぐらいは赤くなっているのですが、全部完熟には梅雨明けまでかかりそうです。
そのあとは剪定して、秋トマトを目指すつもりでしたが、こんなのが広がったら無理かも。

焦げや生理障害ならいいけれど、他にうつるようなものなら、あきらめないといけないし、ご存知の方教えてくださいませ<(_ _)>。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/30 08:10 ] トマト | TB(-) | CM(6)

週末の食べ比べ4

定規の左(ピンク)がサンチェリープレミアム、中がシュガープラム、右がラブリーさくら
左側の割れてる中玉赤がフルティカ、オレンジはフルーツゴールドギャバリッチ、大玉はぜいたくトマト
NNPT5946.jpg

すみません、わかりづらいですね(^-^;

初収穫のフルーツゴールド
先日記事にしましたが、実の前後に葉っぱはなく、うどんこまみれ。
NNPT5945.jpg

糖度は5.5。
味が薄くて、美味しくもなく、まずくもなく。
もう一個いる?と言われたら、うん、食べてもいいよというところ。
ぜひ、お願い!レベルではありません。

ざんねんですが、ほっとしてるかも。
場所をとるわりに、10個ちょいしか収穫できないだろうから、リストラ候補の筆頭です。
この悪い条件でも美味しいとなると、欲が出て撤収できなくなっちゃうから(^^;。

ミニの割れだと気にならないのですが、このフルティカはちょっと汚くなってる、カビ?
NNPT5948.jpg

切り取って食べましたけどね(○`~´○)

これは糖度6でしたが、十分おいしいです。
他のフルティカには当たりも混じっていて、かなり甘いのもありました。

ぜいたくトマトも雨に濡れたせいか、割れちゃった。
NNPT5944.jpg

また糖度5で、完熟を待った初果より味が薄めでした。

ミニの赤いのは、後でまざってしまいました(・・。)ゞ 。

シュガープラムだけは形でわかります。
これも割れてましたが、糖度9。
条件が悪くても、サビ疑惑で、薬(アーリーセーフ)まみれにされても、安定してる頼りになるコです(・∀・)イイネ!!。
これだけは何とか、秋までつなぎたいです。

サンチェリーとさくらは、姿では、まったく区別がつきません。
当たり(糖度8程度)とはずれ(糖度6程度)があるのですが、たぶん今はサンチェリーがアタリだと思う。

他にも赤くなってるのはたくさんあるのですが、今日はハサミなしで、さわってとれるレベルと割れてるのだけ収穫しました。
小さいとはいえ大玉のぜいたくトマトもちょっと引っ張ったらとれました。

これでお味をみていないのは、キャロルスターだけになりました。
まだ朱色レベルなので、もうちょっと待たされそうです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/28 08:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

週末のトマト食べ比べ2

DACD5526.jpg

シュガープラム:糖度11 シュガーベイビー:糖度9 ペペ:糖度6.5 サンチェリー:糖度8 フルーツイエローEX:糖度8

プラムは本当に安定していて美味しい。
少し前に、脇芽を全部とってしまったのを大後悔しています。
もう、いつサ○が来るかわからないので、早く保険苗を作っておきたいです。

初物のサンチェリープレミアムは糖度8でした。

ただし、この実はかなり条件が悪いです。
DACD5527.jpg

この一番奥の赤い実がそうです。
これで前の葉を整理した状態で、棚の一番奥にあって、日照がほとんどなくて、うどんこまみれエリアでした。

それでも、けっこう美味しいです。
条件が悪くても美味しいトマト募集中なので、これは十分条件をクリアしています。
本気を出すと、見事な甘み、美味しい酸味のあるトマトのはずなので、日照のいいエリアに期待しています。
DACD5528.jpg


唯一の大玉のぜいたくトマトも、小さいけれど赤くなってきました。
DACD5531.jpg

まだまだ収穫は待ちますが、うどんこが迫ってきています。
これは上の花房ですが、ガクがうどんこにやられて、2花になっちゃいました。
DACD5539.jpg

一番の大食い暴れん坊のフルティカは
DACD5530.jpg
着果率がほぼ100%と安定しています。
サイズもまずまずで、これが第一花房です。
他の花房も、ミニトマトより実が多いくらいだし、それで大きいのがたくさんできるなんて、少々暴れても、なんて効率がいいトマトなんだ、と驚嘆しています。
この環境でお味がよければ、秋トマトになってほしい。
来週には収穫できそうなので、楽しみにしています。

これはプチぷよ。
DACD5535.jpg

上の食べ比べの後、あっ、忘れてたとプチぷよさんを一つ主人に渡したら、おお、これは甘い甘い!と食べていたので、先日の予備苗と違って、こちらは本来のお味だったようです。

ただ、プチぷよさんは要トマトトーンというのをすっかり忘れていました。
DACD5533.jpg

そこそこ着果していますが、失敗確率も高いです。
今日、はじめてトマトトーンしました。

そして、着果率がすさまじく悪いのがスプライトです。
ところによっては1葉おきに花がつくので、花だらけにはなっていますが、実だらけにはならない。
DACD5537.jpg

半分以上失敗してます。
DACD5538.jpg

これは脇芽を放任していたので、全部着果したら、マイクロトマトだらけになると思います。
自己調整してくれてると思うことにして、トマトトーンはしません。
芯どまりトマトのはずですが、私はいつも1Mに届く前に摘芯しちゃうので、どこまで大きくなるのかはわかりませんが、か細いくせに元気なエアルームトマトです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/15 09:39 ] トマト | TB(-) | CM(2)

週末のトマト食べ比べ1

週末で朝にゆとりがあったので、朝食前にトマトを食べ比べてみることにしました。

ちょっと早いのもあるけど、今のところはこの6種です。
DACD5412.jpg

ラブリーさくら 糖度8
DACD5407.jpg

さくらは私が初めて買ったトマトの種ですが、過去2度は、どってことのないトマトしか作れませんでした。
昨年、外で食べたさくらの美味しさにショックを受け、3度目の挑戦です。

写真でわかるように、この花房はたった1個しか実りませんでした。
前後の葉はうどんこにやられて、もうありません。

でも美味しかった!
糖度は8でも、味が濃くて、銀座でのお味と変わらなかったんです(ノ^∇^)ノ

今回は、赤くなってから触ったら落ちるレベルまで引っ張ろうと、ずっと待ってました。
10日くらい待ったと思うけれど、それでも頑固だったので、ハサミで収穫しました。

以前は、赤くなったら収穫していたから、早すぎたのかもしれません。
さくらは脇芽リレーで秋トマト決定(^^)

シュガープラム 糖度10.5
DACD5410.jpg

やっぱりこれ、美味しい。
場所があるところで育てたら、かなり収穫できると思います。
おすすめです(^^)。

シュガーベイビー糖度9
DACD5411.jpg

だんだんと本来の味に近くなってきて美味しいけれど、プラムには負けてます。
もうひとがんばりしてほしいところです。


フルーツイエローEX 糖度8
DACD5408.jpg

もっと甘みが強いかと思ったのですが、あっさりとした普通の黄色トマトです。
これもうどんこと、先住トマトに日照を奪われているので条件が悪いです。
でも、あと数日待ってあげたら、お味がのりそう。

ネネとプチぷよは、予備苗を処分することができず、2花房だけ残したものなのですが、写真がボケてました。

糖度はネネ6
プチぷよさんは、まさかの5。

さすがに味が薄かったです。
ネネはちょこちょこ食べてますが、これはハズレのほうで、かなり環境が悪くても普通に美味しい安定した品種です。

主人にどれが一番美味しいか聞いたら、さくらでした。
私はシュガープラムとさくらで差をつけることができません。

5点満点だと、
さくら  5
プラム 5
シュガー4
イエロー3

(注:↓ かなりひどい育て方をしています。ほんとうはもっと美味しい品種です)
プチぷよ2
ネネ3

これはずぼらっこです。
DACD5416.jpg

美味しいという声がどこからも聞こえてこなくて、不安がつのりますが、とうとう色づいてきました。
開花はさすがに終わっています。
とにかく完熟までひっぱってみます。

まだ収穫できていないのは、サンチェリープレミアム、ペペ、フルティカ、ぜいたくトマト、フルーツゴールド、キャロルスターです。
6月中には、何とかなるかな。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/08 08:34 ] トマト | TB(-) | CM(9)

トマト概況~多すぎ

覚書なのに、最近はトマトとの記事いえばずぼらっこになっています。
こうなると、ずぼらできているのか、気にかけすぎているのか、微妙ですね。

来年になって見直した時に、何を育てたんだっけになりそうなので、北側から順に並べてみます。

シュガーベイビー
IMGP4935.jpg

超低い位置に、第1、第2花房があります。
IMGP4932.jpg
下の方の花芽は摘みましょうというメーカー指示を守っとけばよかったかなあ・・・


シュガープラム
IMGP4933.jpg

これも低い位置から着果させてしまいました。
IMGP4934.jpg

フルティカ
IMGP4935.jpg

中玉でこんなに花数があるなら、ミニより効率がいいですね、大暴れするけど。
IMGP4936.jpg

ずぼらっこ=らくらくミニトマ≒マンアミーア
IMGP4937.jpg
無理やり下の方に誘導しています。


ぜいたくトマト
IMGP4939.jpg

第一花房は5つ着果しそう
IMGP4940.jpg
今年のトマトでは、これが一番おとなしくて手がかかりません♪。
大玉なのに、いまのところ、一番の優等生。
第2花房までトマトトーンがすんでいます。
連続摘芯するつもりなので、第一花房直下の花房は残しています。


室外機上

ペペ
IMGP4942.jpg

ネネとプチぷよ予備が同居中
IMGP4943.jpg

謎のトマト
IMGP4944.jpg
ピンクエッグだと思っていましたが、それにしては花数が多すぎるので、スプライトのようです。

プチぷよ
IMGP4946.jpg

帰省前に、これだけ液肥のチェックを飛ばしてしまったようで、第2花房から上が全枯れしてしまいました(T-T) 。


簡易温室下側です

キャロルスター・フルーツイエローEX・サンチェリープレミアム・ラブリーさくら
IMGP4947.jpg

サンチェリー、さくらの自家製苗が強すぎて、購入苗は劣勢で日照争いに苦戦しています。
これでも大剪定した後です。
脇芽というより、枝をバンバン落としました。

キャロルの第一花房は、半分以上落ちてます。
IMGP4948.jpg

フルーツイエローの第一花房もイマイチ。
IMGP4950.jpg

これは株元間借り中のレジナ、転居先未定。
IMGP4951.jpg

温室上は、先着順の無法地帯です。
今あるのは、サンチェリーとさくらだけ。
IMGP4953.jpg

左がサンチェリー、右がさくらですが、脇芽だらけだったのを、これでも1/3ぐらいに落としました。
IMGP4955.jpg

フルーツゴールド
IMGP4956.jpg

病気っぽいので、ペッパーエリアに隔離したままです。
戻ろうにも、ずぼらっことフルティカに場所を占領されたので、ここにいてもらうしかありません。
今は問題なさそうなんですが、第一花房は全滅。
第2花房が開花中ですが、まだ着果しません。

今年のトマト栽培は、梅雨明けまでの短期決戦だからと狭いところに、無茶しすぎました。
来年、この反省の気持ちが継続していますように。
サ○○○に見つかりませんように。


グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/19 12:07 ] トマト | TB(-) | CM(6)

ずぼらっことフルティカを剪定しました

この時期の成長はすさまじいですね。
花が咲かない、蕾が落ちると案じていたのは、つい2週間前だというのに、今は花がつきすぎ、脇芽多すぎ、元気ありすぎ、液肥食べ過ぎで、困っています。

トマトでは、ずぼらっこ(らくらくミニトマ)とフルティカが特に元気。

ずぼらっこは、脇芽取り不要の品種で、これは楽だわと脇芽を放置してきましたが、あまりの過密ぶりに、うどんこがやってきました。
USER14913.jpg

これはいけないと、ずぼら道に反しない程度に、脇芽についた花房は全部残して、結実に不要っぽい葉だけを落とすことにしました。

開花・結実中だけで、30花房はあります・・・
USER14910.jpg

剪定後の根元付近です。
USER14915.jpg
これでも、かなり落としました。

そして、もう一つ問題が・・・
今のところ100%着果しているので、食欲がすごいです。
この容器は9L程度入りますが、このまま順調に着果してくると、2泊の外泊もできないかもしれません(´゚д゚`)エー
おまけに、まだ蕾の花房を入れたら、この3倍はありそうです。

これまでは、一株が一気に着果するのは、多くても10花房程度の、細々とした栽培を続けてきた私には、非常事態です。

それなら脇芽落とせばいいじゃん、という話ですが、それは最後の手段。
あきらめて、うちでは最大の豪邸の19Lに移動させることにして、これから工作します。

たった一株で、この収穫数なので、美味しければ、食べすぎだろうが、場所をとろうがOKですが、どうなるんだろう。
この数に、この容器では、栄養が足りないこともあり得ます。
収穫数を抑えたら、美味しくなるという可能性もあるので、脇芽を2、3本仕立てくらいでペットボトルで育ててみるつもりです。

フルティカはすでに先週、大きな容器に移動させました。
暴れるのを抑えるために、脇芽を放置していたら、もう手がつけられなくなってきたのです。

こちらも100%着果してきたので、もういいよねと脇芽をとって、葉もかなり落としました。
USER14922 (2)

それでも、こんなに残ってます。
USER14922 (1)

あちこち摘芯して、なんとか2本仕立てと脇芽少々になっています。
6花房が開花・結実中です。
中玉だし、残ってる蕾を入れると10花房を超えてくるので、そろそろ限界でしょう。
このあたりで芯を止めるつもりです。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/18 09:15 ] トマト | TB(-) | CM(6)

ずぼらっことフルティカが急成長

帰省している間は好天に恵まれたようで、どれもえらい勢いで成長してました。
特に、フルティカとずぼらっこが、想定外に育っています。

ずぼらっこは、隣におくはずだった株のスペースを完全に占領しました。
  4花房が開花中
USER94618.jpg

今から、これ!?とラベルを見直すと、ハンギングの絵なのでろくに見てなかったけれど
USER4629.jpg

ものすごく横に広がってます。
この絵みたいに、一気に10花房以上を実らせるとしたら、当然ですね。
ビオラじゃあるまいし、かわいらしいハンギングの大きさですむはずがない(^-^;。
蕾ばかりで一向に開花しないので心配していましたが、5月に入ってから、一気に開花してきました。
  
  案外花もでかい
USER46211.jpg

暴れてるからトマトトーンするべきか迷いましたが、それをやったら、ずぼら道に反するので、こらえました。
   たぶん着果してくれた・・かな。
USER4620.jpg

それはいいとして、この一枝だけで5花房あります。
USER4624.jpg

こりゃ30花房はついてるかも。
さらに小さな脇芽も控えていますが、こんなの全部咲くとは思えない。

 根っこも立派(プチヴェールの防根シートをマイクロファイバーそのままで使い回しw)
USER4625.jpg

どうせ梅雨明けまでだし、脇芽は取らなくていいんだから、こうなったら、いけるところまで行かせてみたい。
問題は置き場所です (~ヘ~;)ウーン

そしてフルティカ。

左がぜいたくトマト、右がフルティカです。
USER4626.jpg


左のぜいたくトマトは今のところすっきりと一本で伸ばしているので、場所はとってません。
USER4627.jpg

フルティカは暴れ気味なので、脇芽を少しとっただけで放置しています。
ブクブクもないのに、一気に脇芽を増やして、どんどん広がって大きくなってきます。
第一花房あたりは、たぶん平らな異常茎だし、最初の花は着果に失敗したみたい。
USER4628.jpg

これはいかんと、トマトトーンしましたが、まだ脇芽摘んだらだめかな・・

この配置では、ぜいたくトマトが負けてしまう。
ベランダ計画のねり直しです。

4月26日のフルティカとずぼらっこ。
USER4438.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/07 08:11 ] トマト | TB(-) | CM(2)

ジャンボ甘長がやっと咲いた❀

ジャンボ甘長がとうとう開花しました(*n'∀')n バンザーイ。
USER4448.jpg

こんなに大きくなってから、やっとですが・・・(゜ーÅ) ホロリ
USER4449.jpg

例年なら、花ばっかりで、全然着果しないとぼやいているところですが、今年は花すら咲かない・・・
無駄に徒長を続けるばかりなので、かなりあせってました。
咲かないと、ホムセンと交換するぞ!、とこっそり思っていたのをわかってくれたのかも♡

もう一つの気がかりが、ずぼらっこです。
USER4450.jpg

こちらもつぼみはたくさんあるものの、開花しません。
でも、この写真の一番右にちょこっと黄色い花びらが見えてきました。
これは咲くよね?、とかなり期待しています。

そして、これはフルティカ。
USER4451.jpg
鬼花なんでしょうか?

ずぼらっことフルティカだけが、暴れ気味らしくて気になってます。

うちの種まき組は、開花、着果してるので、液肥のせいでもないだろうし(~ヘ~;)
USER4452.jpg
日当たりのいい場所をあげているので、もうしばらくは、暑さのせいにしておこう(*p'∀'q)(根拠なしw)。

今いちばんきれいなのが、イチゴです。
USER4453.jpg

なぜもう1,2か月早く急いでくれないのだ・・・、どんどん葉っぱも大きくなってきます。
なんでこんなにキレイになっちゃったの?
株が薬害でボロボロになるほどのアーリーセーフ攻めで、ハダニがこれには手を出すな信号でも残してくれたの?

とりあえず、日当たりの悪いところに移動させています。
あっ、意地悪じゃないですよ。
日当たりがいいと、うちは平気で50度いっちゃいますからね(-_-;)

メモ)4/30 万願寺1号開花 全員側枝を少し落とす


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/04/28 07:34 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

トマト:5年目でうどんこデビュー

昨日も大荒れでしたね(><)

ペッパーとトマトの一部は室内避難させていました。
外で放置体制になると、私は怠け者になるので、脇芽摘みをかねてチェックしました。

ずぼらっこちゃん(たぶん品種はこれ)とフルティカ
USER4289.jpg

フルティカのつぼみは鬼花みたいになってきた。
USER4290.jpg

らっこちゃんの頭頂部です。
USER4292.jpg

らっこちゃんの摘んではいけない脇芽はこれだけ・・こんな下だと摘んじゃいたいけど、様子見中です。
USER4294.jpg

シュガーベイビーとシュガープラム (一番左は、水にならし中のぜいたくトマト)
USER4285.jpg

メーカーさんが摘むようにおすすめしている下の花房が着果しています。
だって、トマトトーンしたもん・・・(;-o-)σォィォィ・・・

先週の購入苗は冷え込み直後の購入なので、低温障害が出ています。
USER4301.jpg

大丈夫かなあと思っていたら、もっとヤバいものをペペに発見。

どうみても、うどんこ  ヒィィッ!!∑(;Д;ノ)ノ
USER4296.jpg

うちね、トマトでうどんこの経験ないんです。

20度程度がお好きなようだから、うちみたいに平気で30~60度になって毎日がヒートショック状態だと、うどんこは来ないのかなって都合よく解釈してました┐('д')┌

珍しく最近は、超高温を心配するほどでもなく、曇りがちで、日照はあってもさわやかだったので、うどんこ日和だったのかな、と思いたいです。
どうなんだろう・・・。

発病したのは、この密植エリアです。
ペペ、プチぷよ、サンチェリープレミアム
USER4302.jpg
ペペが発病元らしく、数か所やられています。
プチぷよは1枚だけ、怪しいのがある程度。

脇芽も完全放置で混み合ってる予備苗も少しやられてます。
USER4305.jpg


とりあえず、混み合ってる部分と下葉と発病部分は落として、カリグリーンを散布しました。

初夏モードになってきたら落ち着いてくれるかな(願)
tenki0421.jpg


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/04/21 08:48 ] トマト | TB(-) | CM(12)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。