いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

トマトほとんど撤収

ここ数日だけとはいえ、どこかに避暑に来ているかのようなお天気になっています。
今やらなくてどうする!、とベランダのトマトをほとんど撤収しました(;´д`)トホホ

サビダニが原因ではありません。

ハダニです( ̄- ̄メ)

全部が色づくのを待っていましたが、もうね、茎まで赤いのが点々としてきたし、ヘタはおろかトマト本体にまでわらわらしてきちゃって、ぶち切れました。

  茎にもついてます
IMGP0707.jpg


semireyさんに種をわけていただいたこくうまチェリーもこんな姿に
IMGP0708.jpg

千果ちゃんも
IMGP0709.jpg

シュガーベイビー、浅野さん、レッドミニ、ラブリーさくらも同じ状態です。
ということで、全部撤収(/_・、)/~~


そしてタイピンクエッグだけが残りました。
IMGP0711.jpg

甘さはなく、なぜか酸味もほとんどなく、うまみだけがあって、今年も一番のお気に入りでした。
うちのベランダとは相性がいいようで、他のトマトよりハダニ被害が少ないです。
トマチンが多いのか、日本で代を重ねて強くなってくれたのか・・

うちの50度ベランダでは6月半ばくらいになると、凶悪ハダニがどんどん増えてきます。
コロマイトを使って数日おさまったとしても、すぐにどこからか飛んでくるだろうし、対抗手段が見つかりません(;-_-) =3 フゥ


もともと7月中の撤収をめざしてはいましたが、こう暑くなるのが早くては、6月にほとんどの収穫を終えるつもりでやらないといけないみたい。

何月に種まきすればいいんだろ・・・
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/07/17 13:52 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:アーリーセーフ散布

後発組のトマトも色づいてきました。

そろそろ気になるのがサビダニです。

こんな葉っぱがあると、ドキドキしてルーペをのぞいています。

IMGP0624.jpg

まだ無事のようですが、何もしないよりはと、アーリーセーフを散布することにしました。
その前に、着色が始まったものは多少色が薄くても収穫しておきます。

ラブリーさくら
IMGP0612.jpg
先発組なので、第2花房と脇芽が色づいています。
けっこう豊産種のようです。
お味は最初は種袋風にいうと、酸味と甘みのバランスがよいという表現になるのでしょうか。
最初にとれていたものには、そこそこ酸味がありましたが、だんだん薄くなってきました。


千果
IMGP0614.jpg
赤いのは昨日食べちゃった(^o^)ゞ。
最初は薄味だったけれど、美味しくなってきました。
これはまだ数日かかるだろうから、このままにしておきます。

Mr. 浅野のけっさく
IMGP0619.jpg

まだ第1花房ですが、2個はもう収穫済です。
骨折させてしまったせいか、それほど実つきはよくありません。
ミニトマトと比べちゃいけませんが・・
お味は今のところフルティカに似た感じ。
酸味はないけれど、まだ味が薄いです。

シュガーベイビー
IMGP0615.jpg

第3花房です。
これが色づくのを待ってました♡
今のところ一番のコク甘です。
主枝につく実が少ないので、数を稼ぐために脇芽放置に切り替えました。
下のほうは寂しいけれど、上だけわさわさです。
IMGP0616.jpg

ピュアスィートミニ
IMGP0617.jpg

一度、謎の全枯れをさせてしまったせいか、ひ弱く育っています。
本来、鈴なりになる品種ですが、一番マシな花房でこれです。

タイピンクエッグ
IMGP0620.jpg

後からは栄養が分散されちゃって小さくなりますが、最初の2果はいつも大きいので、先日収穫して種を取りました。
甘くはなく、なぜかうちのは酸味もないのですが、妙に美味しい。
味は好みが分かれるでしょうが、こんなに気前よくたくさん実ってくれる中玉って貴重だと思います。

レッドミニ
IMGP0621.jpg

今赤いのはこれだけです。
色づくとすぐ食べちゃうので(^^)
甘くてぷるるんですが、まだ去年のほうが勝ってます。

今回は区別して収穫していたのに、落としちゃった(><)
IMGP0626.jpg

右は全部ラブリーさくらです。
左下はたぶんシュガーベイビー。

一目で区別がつくのは、ピンクエッグとプラム型のピュアスィートミニだけですね(^▽^;)
同じ品種でも場所で味が違ったりするので、食べても区別がつかないです。

太陽電池
関連記事
[ 2013/06/25 09:44 ] トマト | TB(-) | CM(15)

ピュアスイートミニが枯れちゃった

昨日から留守にしていましたが、液肥はたっぷり入れておいたのですが、今日戻ってきたら、ピュアスイートミニがこんな姿に orz

IMGP0471.jpg


これ、ゴミ箱に2株も入居させてたんです(>.<)

一株だけが、上から下まで萎れています。
液肥はありますし、同居させている一株はピンピンしているので、水枯れではありません。

病気だとまずいので、一株はペットボトルに撤去しましたが、たぶん無理そう。
花房の数は数えたくないです(T_T)

   残った一株
IMGP0472.jpg

もし病気なら、同じ液肥なので伝染もありえるけれど、あなただけでもがんばってねと支柱に誘引し直していたら、また折ってしまいました。
今回のは、浅野さんより軽傷なので、何とかなるでしょうヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

幸い、完全骨折していた浅野さんは完治したようです。
IMGP0474.jpg

骨折した上からも脇芽が出てきましたC=(^◇^ ; ホッ!。

気晴らしに、シュガーベイビーを初収穫してみました。
IMGP0475.jpg

今のところシュガーをほとんど感じない、普通のミニトマトです。
室内で育ててるレッドミニF2のほうが、甘さでは勝ってます。
これからに期待です。

追記)
6/2今日のシュガーベイビーは甘かったです(^^) 


追記)
6/2 一株は回復しないので、処分しました。
  夕方には無事だったピュアスイートミニも全萎れ
  離れたところにあるラブリーさくらも全萎れ
  室内に入れて様子を見ていたら、朝には回復、青枯病なのかなあ・・・


地球温暖化
関連記事
[ 2013/06/01 19:05 ] トマト | TB(-) | CM(8)

トマト近況(購入苗):がんばれ浅野さん

昨日のお昼に気づきました。

   5/23昼 ポッキリ・・・
IMGP0423asano.jpg


ちょうど第一花房の上でした。
リング支柱にループ仕立てにしようとグルグル誘引をしていましたが、今週は誘引は何もしてないのです。

発見時は萎れてなかったから、たぶん昨日折れたんですよね。
最近風は強くないから、犯人は私でしょう(><)。

あきらめて折れたところから挿すか迷いましたが、今挿しても育てる場所がありません。
ダメもとでセロテープでぐるぐる巻きにしたものの、夕方には完全に萎れてました。

脇芽と主枝交代するつもりでしたが、夜の間にがんばってくれましたヾ(〃^∇^)ノ♪
    
    5/24朝 白いところが骨折箇所
IMGP0426asano.jpg

まだ助かったと決まったわけじゃないけど、トマトって本当に強いんですね(・∀・)イイネ!。

これはMr.浅野のけっさくというトマトです。
GWに通りがかった種苗店で初めて見つけたのでスカウトしてしまいました。

”特別な節水管理を行わなくても高糖度でコクとうまみを持ち、しかも大玉の肉質を兼ね備える中玉品種”を目指したトマトだそうです。
宮城県で渡辺採種場の浅野さんが10年をかけて育成して、東北でブランド化をすすめているようです。

http://www.umai-aomori.jp/know/sanchi-report/139.phtml
http://www.tokyo-seika.co.jp/business06/products/vegetables/120628.html

ちなみにここに中玉トマトの試食アンケートが載っていました。
トマトのお味は育て方と時期で変わるものだから、どれも食べてみたくなりますね(^^)


サントリーピュアスイートミニ

浅野さんの加入で、ワークショップからいただいたピュアスィートミニに場所を譲ってもらうことになりました(*_ _)人ゴメン。
ワークショップにあったサンプルを目指して2株をまとめて1本仕立て&ループ仕立てにします。
当面はゴミ箱住まい(-_-;)。

   もうキチキチ 
IMGP0427pure.jpg


シュガーベイビー
  手前の株です。
IMGP0428suger1.jpg

 購入時に咲いていた第一花房が色づいてきました。
IMGP0430suger.jpg


レッドミニ
IMGP0431red.jpg

お気に入りの品種なので、脇芽でリレーしたいと思っています。
大きくならないので、ペットボトル住まいです。

・・・と今年もトマトにたくさん手を出してしまいました。

基本的に脇芽は取るということで、去年よりはマメに取っているつもりなんですが、失敗しています。
気づいたら、もう咲いてたというのがあちこちに・・・

でも去年の記録を見たら、まだ株数が少ないようです。
おまけに去年はペットボトルのほうが多い!。
よくやってたなー、私_(^^;)ゞ
7月にサビダニにやられて半減しなかったら、8月に音をあげていた可能性が特大ですが。
地球温暖化

追記)午後から西日が当たりだしたら、また萎れてきましたΣ(|||▽||| )。取り急ぎタイトル変更
黒の寒冷紗をかけてきました。

追記)5/26追記 昼にはしおしお、朝に復活を繰り返しています。
関連記事
[ 2013/05/24 08:12 ] トマト | TB(-) | CM(10)

サントリーフラワーズ本気野菜 ワークショップに行ってきました!

青山ファーマーズマーケットで開催されたサントリーの本気野菜ワークショップに主人と行ってきました。
腰はまだダメで曲げられないけれど、どうしても参加したかったんです(^^)

当日の土曜日はまさかの真冬日でした。
北風の中の青空教室なので、ハンパなく寒かったです

まずはトマトについての講義。

φ(.. )メモ

脇芽の成長ホルモンが生育初期の葉茎、根の身長を促進させるから、第一花房が咲く前の小さな脇芽は残しておくこと。第一花房がしっかり咲いてきたら摘み取るが、5~10センチ程度伸ばしてもかまわない。


普通のトマトの主枝のリズム 葉・葉・葉・花が崩れたら、不調のサイン

目指すは茎はタバコの太さ

肥料のやりすぎは注意
(クリックで大きくなります)
IMGP0190.jpg


次は食べ比べ。
これがお目当てで参加しました(^^)。

品種選びにはどれも見ても心を揺さぶられるカタログよりも、プロの作った味を試せるのなら、それがベスト。
プロの作ったトマトが好みじゃなければ、うちでもっと美味しいのができるはずないから、パスできるでしょ。

シュガーミニ         ピュアスイートミニイエロー
かんたんルビーノ      ピュアスイートミニ 
2013042011330000.jpg

かんたんルビーノ: 思っていたより美味しい。酸味はなし、中玉だけあって食べごたえが
            あります。あっさりとした甘みがあって、調理用によさそう。

ピュアスイートミニイエロー : もっと甘いかと思ってました。果肉がしっかりめの
                  イエローアイコみたい。

シュガーミニー : 甘くて食べやすいトマトです。

ピュアスイートミニ : しつこくないけど甘くて、食感がいいです。
             主人も私もこれが一番好みでした♡。


さすがプロの育てたトマト、どれも皮は気になりませんでした。
そしてトマトのうまみはありますが、酸味はほとんど感じなかったです。
甘みは ピュアスイートミニ、シュガーミニ、ピュアスイートミニイエロー、かんたんルビーノの順かなあ。

最後はトマト苗(ピュアスイートミニ)の植え付けです。
2013042011280000.jpg


サントリーさん配合の土入りの立派な鉢にに苗を植えて、持ち帰らせていただけるのですが、ぎっくり腰治療中の身では、とても持って帰れませんし、水耕だし・・で辞退しました。
まわりに知り合いがいないものかとキョロキョロしましたよ、ほんと。

でも、苗はもらっちゃった。
ピュアスイートミニを2株も(^^;)
IMGP0192.jpg

どーするつもりだと悶々と考えて、脳内で1本仕立ての場所は確保したのですが、水奴隷ができるかどうか。
苗の出し入れだけでぎっくり腰になってるのに、大丈夫かいな(^-^;

会場では、サントリーさんのトマト苗がたくさん展示されてましたよ。
2013042010150000.jpg

これは、サンプルのかんたんルビーノ
2013042011250001.jpg
1本仕立てで2株植えてあります。

脇芽を放置するとこうなりますの見本もあったんですが、写真を撮れませんでした。
まあ、うちのはもっとひどかったから、よく知ってますけどね。

ワークショップに参加して、私が一番衝撃を受けたのは、トマトではなくイチゴでした。
ドルチェベリーの苗が並んでいました。
2013042010210001.jpg

これまでホームセンターでのイチゴの誘惑は振り切ってきましたが、虫食いの全然ないきれいな苗に、心が動きました。
でも、隣にあった、サンプル株を見たら、買う気ゼロになっちゃった(^-^;。
2013042010210002_20130422075726.jpg

実がでかい。
去年せっせとお世話したコなんて、この大きさの半分どまりでしたもん。
普通にプロが育てたら、市販の大サイズのイチゴになるんだ!というのは、もう衝撃でした( ̄▽ ̄;)!!ガーン
暑さで枯らしてしまったので、初夏に向かって小さい苗を大きくするのは、うちでは絶対無理。

秋に出会ったら、もう一回やってみたい・・かな(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

リピを決めていたデリシャスゴーヤの苗があったので、買いました。
IMGP0188.jpg

これであちこち探し回らないですみます。
この寒さだし、幼苗なので、とうぶん中で育ってもらいます。

ポットから取り出したら、根っこがえらい曲がってる~
IMGP0191.jpg

ゴーヤだから大丈夫だけど、まっすぐに育てないといけない苗ならちょっと困るな(^。^;)。

このワークショップの参加は無料でした。
サントリーさん、ありがとうございました<(_ _)>
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/22 08:40 ] トマト | TB(-) | CM(12)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)