いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト:ようやく脇芽が発根しました

朝から雪になっています。
こんな寒い日に、昨日の朝イチゴとトマトを外に出したまま、室内に入れるのを忘れてしまいました。
この冬初めてのドジをこのタイミングでやるとは(><)

ペッパーはダメになってしまったことがありますが、トマトは耐えてくれたようです。
ついでにハダニだけ消えてくれていたらうれしいんだけどな(^-^;

さて、ようやく昨年から挿していたトマトの脇芽が発根しました!

  根っこがわからないけど・・・
s-USER1630.jpg

一か月以上かかっています。
根っこが一向に出る気配がないものの、葉っぱは元気なので放置していました。

室内の温度も15~20度程度なので、寒いのでしょうね。
案外、発根にも積算温度があったりして(^^;

ということで、昨年の脇芽を育てていたプチぷよとネネも挿し直すことにしました。
プチぷよ(左)は2段目まで、ネネは3本仕立てに勝手に成長してつぼみだらけになっています。
s-USER1629.jpg

このまま大きくなられても室内で美味しく育つとは思えないし、置き場所にも困ります。

ひとまず摘芯した分を挿して、今の株もコンパクとにして、当面は残します。
その後にどちらをとるか、両方残すかを迷うことにします(^^)
s-USER1631.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/30 09:13 ] トマト | TB(-) | CM(2)

冬トマトは甘くない

冬トマトからあわよくば春夏トマトへと期待をこめて育てていたのが、ペペとラブリーさくらとレッドミニです。

けっこう美人さんの花房があるので、ギリギリまで完熟させるつもりでしたが、株自体が急に弱ってきました。

 ペペ
USER1094.jpg

 ラブリーさくら(茶色に写っていますが、実際は普通の色です)
USER1093.jpg


最近高糖度を記録してくれた簡易温室の日照条件のよかったトマトと違い、こちらは寒くなってからは室内だけで育てています。
日照不足が悪かったのか、窓際が寒かったのか、水切れ数回が悪かったのか(これは悪いだろ^^;)、葉っぱがほとんどボロボロに。

レッドミニなんて帰省から戻ったら、実がオレンジのまま落ちていましたorz
USER1096.jpg

先の予定を立てるために今日、色的には完熟したようにみえる実を食べてみました。

糖度を測ってみたら6弱と低めです。
だから全く期待しないでお味を見ましたが、スーパーのトマト並みで、案外美味しかった。

この条件でこのお味なら、環境があえば美味しくなるかもと、春も栽培することは確定です。
今月中には完熟するでしょうから、それまでこの株は育てます。

いちおう脇芽は挿しているのですが、まだ発根しないので、ダメなら収穫後に葉っぱ1枚ぐらいつけて棒になっていただいて、新たな脇芽を待つことにします。

そこまでしないで種まけよってところですが・・・。
手持ちの種数と可能育苗数には限りがあるし、栽培期間が一か月は短縮できますから。

希望はお彼岸くらいの開花なので、脇芽からなら十分間に合うはずと、都合のいいことだけを考えています。
・・・・・・・・ダメなら苗に頼ります。

昨年の株から脇芽リレーしているプチぷよとネネは最近ちょっと大きくなってきました。

 左プチぷよ 右ネネ
USER1240.jpg

もう第一花房もあるのですが、これはあきらめようと思います。
結実までには、もっと背が高くなるはずですが、そうなるとベランダと室内の往復が面倒になって、結局美味しくない徒長苗ができるだけですから。

元気な上半分をさらに挿し芽するか、ポイするかがまた問題です。
挿し芽して元気な方を残そうと思いつつ、その場になったら、両方育てて密植になるパターンになりそう(^^;)。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/09 17:53 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマトを撤収しました

迷っていましたが、予定通り、トマトをクリスマス明けで撤収しました。
後は、室内で追熟です。

 こんな深いカゴはいらなかった(^^;
USER0786.jpg

電気を使わない簡易温室ですから、保温は無理でも、風は防いでくれるので、イチゴにバトンタッチです。
夜は室内に戻しますが、株数がないし、小さいから楽。
USER0788.jpg

・・・と思ったのですが、ビニールを少しあけて外出していた間に、30度近くになっていて、ビニールは結露してました。
危ない、危ない('〇';)

8月末に種まきして、あちこち移動栽培をしていたトマトがそろそろ赤くなりそうです。
でも、寒さのせいか、たびたびの水切れのせいか、下葉から黄色く枯れてきています。

もともと、2段めまで収穫したら、脇芽を来年用にするか、そのまま根元まで剪定してリセットするかのつもりだったので、予定通りなんですが、かなり弱っています。

ペペ
第一花房
USER0779.jpg

第2花房
USER0778.jpg

ラブリーさくら
第一花房
USER0781.jpg
USER0782.jpg

第2花房

レッドミニ
まともな実はこれだけ、しかも小さい
USER0783.jpg

先と
USER0784.jpg

根元はやる気だけはあるように見えますが・・・気持ちだけだろうな。
USER0785.jpg

開花は同じ時期なので、1月には収穫できると思います。
2月にリセットして出直しても、初夏には十分間に合うはず・・・たぶん。
日中は外に出したいのですが、大きくすると保温ができないし、3月まではあまり大きくしないようにするつもりです。

他のトマトは

脇芽を挿したネネ、プチぷよ
USER0792.jpg

来年期待の秘密のコ_(^^;)ゞ
USER0790.jpg

代を継いでくれそうな発芽したばかりのスプライト 
USER0791.jpg

がいます。

年が明けたら、ペッパーの種まきです。
こちらは急いでいるわけでもないのですが、どうせ発芽に苦労して、やり直しになるだろうから、早めにいきます。

今年はこれで最後の更新になると思います。

2011年の9月からブログを始めて、今も続いていることに少し驚いています。
まだまだビギナーの看板はおろすわけにはいきませんが、来年もがんばりたいと思います。
声をかけてくださった皆様、立ち寄ってくださる皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします<(_ _)>

そして来年は普通に穏やかな気候になりますように(-m-)” 。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/12/26 16:10 ] トマト | TB(-) | CM(10)

脇芽トマトが発根

寒いから、挿し芽はむずかしいかなあと思いながら、ダメもとで挿した脇芽が全部発根しました。
サビがいるかもしれないから、50度のお湯につけて、さらにアーリーセーフした上に、20度程度の室内放置という過酷な環境ですが、がんばってくれました;。

スプライト・ネネ・プチぷよ

USER9330.jpg



プチぷよは、まだ元気だった11月11日に挿しました。
10日かかってますね(^^;)
USER9329.jpg

この後で、スプライトとネネも脇芽を挿したのですが、それは数日で発根しました。

 スプライト ・ ネネ
USER9327.jpg


プチぷよさんは枯れないものの根元が茶色くなってくるし、こりゃダメだなと思ってたので、ちょっとうれしいです。
ちょっとというのは、これからどうするかを決めていないからですが(^^;)

中と外の往復になりますが、これで育ってくれるようなら、来年の春を目指してもらおうかな。

サカタさんから来たカタログを見てたらアイコの新作(とってもアイコ)もでるようですね。
それも育ててみたいし、あれもこれもと書き出していたら、どこで誰が育てるんだという数になります。
ベランダでも美味しく作れる品種を発見することが、まずは第一目標なので、新しい品種は色々試してみたいし。

簡易温室の70センチに4株(上段も使っていた時は5株)が案外うまくいきましたが、全部をそうするのも無茶な気もします。
ペッパーもはずせない。

基本的に年に1回しかチャレンジできないというのが、もどかしいですね。
Wikipediaにはトマトは世界で8000種以上って書いてます。
一生かけても、全部の美味しいトマトに会うなんて夢ですねえ・・・。
食べるだけなら、できそうな数ですが(*^.^*)。
どこかに世界のトマト食べ放題(いや、放題じゃなくていいけど)ハウスなんてできないかなあ。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/21 09:24 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:プチぷよさん撤収・ネネほぼ終了

昨日、とうとうプチぷよさんを撤収しました。
まだ赤い実、青い実があったのですが、ここ数日で葉っぱの色が変わってきました。
寒いもんね、プチぷよさんには無理だったかな・・と思いきや、サビダニでした。

まだいるんだ(><)


まだ他のトマトには出張してないようなので、一気に全部落として、こんな姿に(-人-)

USER9075.jpg

せこく葉っぱをちょびっと残したのは、もうひと頑張りして、脇芽出てこないかなあという、下心からです(^^;)。
ビニール袋をかぶせて、しばらくこのままにしておきます。

酷暑後は、実も小さくなって、ピーク時より味も薄めになりましたが、それでも美味しかった。
初夏までの真面目に連続摘芯していた実は絶品でした。
ありがとね(o^o^o)。

これはネネです。
USER9083.jpg

とうとう赤い実がなくなりました。(食べちゃっただけ)
摘芯したときに、余分の脇芽や花は摘みましたが、いつの間にか、すごい勢いで脇芽が出ています。
花も咲いて、着果もしてました(^^;)

さすがにここからは無理だと思うのですが、この寒さでのダメージはないようなので、もうちょっと置いとこ。

スプライトもこの程度の寒さは関係ないみたいです。
USER9087.jpg

たぶん夜間は10度を軽く切ってるはずなんですが、こちらはまだまだやる気みたい。
サビさえつかなければ、ずりおろして室内で熟させるのもありだなと思ってきました。

リーセントは赤くなるまで、もう少し。
USER9076.jpg

これも元気なんですが、お味を見てから先のことを考えます。

ここからは、夜は室内に入れて、過保護にしている冬~春トマトです。
今日みたいに曇っていると、夜温のほうが高くなってしまいますが・・・

ラブリーさくら
USER9081.jpg

ペペ
USER9080.jpg

レッドミニ
USER9082.jpg

第2花房で摘芯していますが、脇芽も開花しちゃってました。
連続摘芯もどきにします。


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/17 12:06 ] トマト | TB(-) | CM(0)

トマト:ビーを初収穫


パープル・バンブル・ビーが割れていたので、8日に初収穫しました。
USER8949.jpg

種が入っていたので、自力着果のようです。
USER8950.jpg

種をくださったbigtomatoさんによると、ビーのお味は激マズから絶品まで環境で自在に味を変えるそう。
これはサビダニ全盛期の実のはずなので、激マズの可能性も大。
まずは糖度を測ってみました。

糖度7。
激マズはなさそうです(^^)

とろっとしていて、甘さは感じないけれど美味しい中玉でした。
市販のフルティカの並に似ています。
もうちょっと味がのればかなり美味しくなるはず。

翌日もう1個割れてないのを食べましたが、こちらのほうが味が濃くて美味しかった。
市販のフルティカの上ですね。
コロマイト後着果の鬼花ビーは期待できそうです。

  すみません、ボケちゃいました。
USER8967.jpg

一緒に収穫したのはネネですが、こちらは糖度10でした
うちのネネは赤くなったくらいで収穫すると普通のトマトですが、しつこく待っていると、美味しくなります。
皮が薄いので身割れしやすいらしいですが、うちのは薄くないし、雨にもあててないけれど、割れます(><)
ストレスいっぱいなんでしょうか・・・密植だもんね。

そして9日に、ちょっと困ったことに。
USER8952.jpg

上の2つは採種用のつもりのスプライトです。
さわったら、取れちゃった・・・(><)
もう収穫しても問題ないとは思いますが、念のために追熟中です。
この↓一番右の実がけっこう大きいので、種取り本命はこちらのほうがいいかも。
USER8965.jpg


こちらは全く空気を読んでくれない、リーセントさん。
USER8962.jpg

そんなに大きい株にしてないので、これからは室内で育ってもらってもいいのですが、こんな葉っぱがあるとね・・・
USER8961.jpg

左の実は、ちょっと色づいてきました。
今年はお味を見させてもらえたら、よしとします。

ということで、花を落としました(/_・、)/~~
USER8963.jpg

サビっぽい葉っぱは上の写真だけで、脇芽は旺盛です。
お味をみて美味しかったら豹変して、急にかわいがり出すかもしれません(^^;)

これは10月20日のブラッシュタイガーです。
USER8356.jpg

一番奥の実が今はこの状態です。
USER8966.jpg

黄色くなってからすでに長く、もうオレンジになろうとしています。
身割れはしていないので、手に取ってぽろっと落ちる状態まで放置するつもりでしたが、プチぷよさん状態にぷにぷにしてきました。
待ちすぎたかな・・・


追記)
USER8968.jpg

私はスポイトを使うのが苦手です。
だから薬の濃度も、かなり適当・・・
1ミリを計量できるスプーンってないかな、と探していたのですが、昨日古い咳止め薬を処分しようとしたら、こんないいモノがついてました。
0.5ミリ刻みに目盛が入ってます♪。
ちょうど1ミリ単位で入れるのは難しくても、お水で調整すればいいので、今までよりはちょっと正確に農薬を測れそうです(^^;)


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/11 10:10 ] トマト | TB(-) | CM(6)

久しぶりの初物

今日のささやかな収穫です
USER8564.jpg


黄色くなってからも、もっと熟すのを期待して待っていたブラッシュタイガーを一個だけお味見しました。USER8559.jpg

果長5.5センチ、けっこう大きいです。
糖度は6。
お味はね・・・
”トマト味はしなくてトロピカルな感じで甘みはそこそこ”というbigtomatoさんの表現がぴったり。

葡萄を期待するとハズレで薄甘い葡萄ですが、トマトと思うと(トマトだけど)、こういうのも面白いねって楽しく食べちゃえるお味でした。

 種がありました。
USER8565.jpg
採種するつもりでしたが、忘れて食べちゃった(><)

後、初物は
めちゃウマっ、イチゴです
USER8554.jpg

購入時の花はとったのですが、ひっそりと咲いて自力で大きくなってきたので、摘果せずです。
糖度は10でした。
全部主人にあげちゃいましたが、美味しい美味しいと食べてました。
まずいときは正直に言う人なので、まあまあだったのかな?。

上のお皿はほとんど主人のデザートになりましたが、一番左の赤いのはプチぷよさん(糖度10強)で、後はネネ(糖度8)です。
ネネも美味しかったそうですが、プチぷよさんを食べたときは、”これだけえらい甘い”(大阪弁です、とっても甘いという意味)と言いました。
ネネもミニトマトではかなり美味しいと思うのですが、主人はプチぷよさんの勝ちのようです。
たぶんトマト好きの人はネネ、葡萄好きの人はプチぷよさんが好みだと思います。

ビーも色づいてきました。
完熟まで、もう少しのがまんです。
USER8562.jpg

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/10/31 10:03 ] トマト | TB(-) | CM(8)

トマト:またサビダニ~

9日から11日まで、留守にしていました。

液肥は満タンにしたものの、一番気になっていたのが、病気の疑いのあるトマト達でした。

天気がよかったみたいだから、リーセントはもう枯れてるかもと思いきや、復活してましたヽ(^◇^*)/ ワーイ

 今日のお昼も枯れていません
USER7760.jpg

 自然着果してくれてる実もあります。
USER7764.jpg

なぜ萎れたかの理由は全くわからないままですが・・・(-_-;)

トマト棚は一見、大丈夫そうでしたが。
USER7696.jpg

でも、よ~く見ると、赤い実が目立ってきたネネの上の蕾が枯れていて、葉っぱに茶色い点々が(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
即、ルーペ確認で有罪確定です。

といっても、コロマイトは2回使っちゃったから、とりあえず怪しい葉はとって、アーリーセーフだけ。
仕方がないので、完熟を待たずに赤い実はとりました。

ネネは完熟させるとかなり甘く美味しくなります。
実割れしやすい品種ですが、割れてるのが一番甘い(^-^;
ひっぱって、自然にぽろっと落ちるものだけを収穫していますが、赤くなってからかなり待たされます。

サビダニは今のところネネだけみたいですが、逃げ切りたいです!。

スプライトも一粒だけ赤くなってましたが、今年のスプライトはかなり甘くて美味しい♪
これはうちの2代目ですが、初代の種はSunday,Sunny dayのNaomiさんかいただきました。
エアルームで背が低く、多産と申し分ないので、今年も採種したいのですが、まだ種が入っていません。
涼しくなってからの自然着果の完熟はこれからなので、後続に期待です。

サビダニに負けずに種取りができるように、がんばらなくては(`0´)ノ 。

まずは、台風対策・・なんですが、サビダニを部屋にいれるのは気が重いし、前回は避難の後で調子を崩したので、迷いがあります。
なんて言ってられませんね。
今年最後の避難となりますように。
できれば、日本から遠くそれてくれますように。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/10/12 16:29 ] トマト | TB(-) | CM(5)

トマト:ネネが着果してました

ネネの種まきは6月18日です。
最初は芽が出ず、2回目の種まきで発芽してくれたものの、あまりにひ弱いので、まともには育つはずがないと決めつけて、ほとんど記事にしていませんでした。

それでも枯れることなくひょろいなりに育ってきて、花が咲いていることは気がついてましたが、開花日のメモすらとっていません(-_-;)

ネネは単為生殖なのでトマトトーンは必要ないなと、放ったらかしのままでした。
液肥は週1程度で、ほとんど減らないし・・・。

いくら受粉は必要ないと言っても、この暑い中の着果は無理だろうと期待してなかったのに、自力で着果してくれました。
USER6369.jpg

そしてきれいな2本仕立てになってました ヾ(;◎_◎)ノ ヤバイ。
USER6370.jpg

葉っぱが小さ目で場所もとってないので、ここから厳重監視ということで、2本仕立てでいきます。

お盆明けに初果がつくのは、秋冬トマトとしては、いいタイミングかもしれませんね。
このまま丈夫にがんばってくれますように。

グリムス  カーボンオフセット
関連記事
[ 2014/08/18 10:35 ] トマト | TB(-) | CM(7)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。