いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

ピンクエッグだけ萎れてる!?

今日は真夏日でした。
出かけていたのですが、たぶんベランダは40度は軽く超えていたはず。
暑さに弱いプチぷよさんやペッパーはぐったりしてるだろうなあと、ベランダに出たら

水切れでもないのに、ピンクエッグだけ全体的にしおしおになってた
USER7465.jpg

お隣のプチぷよさんは、ピンピンしてるのに
USER7466.jpg

ここまでになって、立ち直ってくれた前例がないです(>_<")
朝に戻ってくれるかなあ・・・

ところで、”台風の中心が予報円に入る確率は70%。” だそうです。
今回は入らない確率の30%でありますように(-m-)” パンパン。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/10/03 17:18 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:コロマイトから2週間たちました

寒い日と暑い日が交互に来ているような・・・。
今日からは涼しくなるようですが、このところ昼間はベランダは40度になっています。
ペッパーなんて葉も実も焦げてますからね(>_<")

トマトを熟させるために温度は欲しいのですが、まだ着果以前のものがほとんどです。

ピンクエッグはコロマイトしてから、元気になって、花をつけるようになってきました。
USER7438.jpg

涼しくなってからも、全然花芽をつけてくれませんでした。
サビダニのせいなら、もっと枯れてくるだろうと決めつけて油断していました。
気づくのが遅かったなあ・・・
まだ黄色くなってる葉が少しあって、残党がいる気配が濃厚です(T_T)。


プチぷよさんは、この暑さで昼間はぐったりしていますが、何とかがんばってくれています。
USER7440.jpg


簡易温室組

かなり収拾つかなくなってきました(^^;
USER7442.jpg

こくうまチェリー
USER7441.jpg


ネネ
猛暑に2個だけ着果したものをお味見しました。
USER7447.jpg

酷暑時の着果なので不味いだろうと思いましたが、かすかな酸味、けっこうな甘みとうまみで、美味しかったー♪
これからの実に期待しています。

ビー
USER7449.jpg
サビダニに一番やられていました。
下の方はもう茎だけなので、つるおろしして一番下のエリアをはうように育てています。
出直し摘芯リセットでようやく花が咲いてきました。

猛暑の中、これだけが着果していたようです。
USER7450.jpg

ブラッシュタイガー
USER7446.jpg

コスモスを思わせるひょろっとした姿ですが、案外しっかりした実をつけています。

スプライト
順調です。
花数はたぶんこのコが一番多いです。(リーセントは別格)
USER7443.jpg

リーセントルーブ
大玉のような大きい花が咲いてきました。
USER7456.jpg
もう5花房はあるので、脇芽は絶対に禁止ですね。
この品種は循環やブクブクなら、ものすごい着果数になると思います。


タイニーテイム
少し着果しています。
USER7451.jpg

レジナ
時々水切れさせていますが、気にしてないみたいで助かります。
USER7459.jpg


冬用トマトはまた後日・・・

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/10/01 11:02 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト:2度目のコロマイト

ピンクエッグの育ちが悪いなあとは思っていましたが、願望まじりのルーペチェックでは、なかなかサビダニの確認ができませんでした。

先週ようやく、ピンクエッグとビーでサビダニを発見しました(><)。
USER6870.jpg

ちょうど、真夏にがんばって着果した組が色づいてきたところなので、薬は避けたかったのですが、迷う余地はなくコロマイトしました。

ピンクエッグ隣のプチぷよです
USER6879.jpg

お盆に大剪定しましたが、脇芽が伸びてきて、着果をはじめたところです。
USER6882.jpg

ネネは、もうちょっとで初収穫。
USER6883.jpg

ブラッシュタイガーの初着果確認です。
これはうれしい(*^^*)
USER6884.jpg

涼しくなってから、花をつけ出したマイペースのレジナ
USER6885.jpg

真夏も花を咲かせ続けたけど、着果ゼロだったタィニーティムレッド
USER6887.jpg

ようやくつぼみをつけたばかりの、リーセントループ
USER6889.jpg
液肥切れで、生長点をやられたので、出遅れてしまいました。

今日は暑い日になっていますが、10月中旬までの着果なら、適当に保温すれば外でなんとかなると思ってます。
脇芽でも何でもいいから、開花を急いでほしいです。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/09/16 14:18 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト:タイピンクエッグを初収穫

タイピンクエッグを初収穫しました。
先日の酷暑で、水切れ寸前になっていたのに、ダメージなしでした(^-^)。

USER6483.jpg

奥の2つが1,2番果です。
7/11の開花なので、この2つはトマトトーンはしていません。

ちゃんと種が入ってました♪
USER6486.jpg

この時期の着果なので、いい条件ではありませんが、お味は普通に日本の昔トマト風で甘くはないけど美味しいです。
ちょっともっちり度が足りないけれど、ゼリー部を種採りに除いているので、仕方ないですね(^-^;
後でこれより立派な実が出来ない限り、この種を3代目にします。

上の写真は果実が丸いですが、うちでは第一花房はいつもこうなります。
そのかわりちょっと大きめ。
後から着果したものは、卵型になっています。

ピンクエッグといえば、園芸でちょこっと科学ともこさんの記事を見て、びっくりしました。
確かに、うちから嫁に出した種の子孫のはずなのに、環境が変わると、みごとに立派に育っているではありませんか。
ベランダ育ちの種でも、環境を与えられたら、実力を発揮してくれるんだと、うれしかったです。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/08/22 10:11 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト:ピンクエッグが色づいてきた

ピンクエッグがいつのまにかピンクを通り越して紅色になろうとしていました。
USER6300.jpg

気づいたのが、昨日の8月15日です。
5月15日の種まき、7月11日に開花していますから、さすが夏まきは成長が早いですね。
私はピンクエッグだけは第1果から種取りすることにしているので、収穫はもう少し粘ってみます。

最近は暑さのために、着果失敗が続いていましたが、ちょびっと涼しくなってきたからか、着果を再開してくれる花房が出てきました。
USER6305.jpg

あと2週間早く種まきしていたら、梅雨明けまでにほとんどが着果して8月から収穫が楽しめたはず。
来年は遅くともGW中には種まきするぞ、としつこく自分に言い聞かせていますφ(・_・”)メモメモ。

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/08/16 18:22 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマト:着果する気あるのかな

西向きのベランダなので昼間は50度の温度計が振り切れてしまいますが、朝はさすがに涼しいです。
今は32度ですが、それでも十分涼しく感じます。
ベランダ作業は朝に限りますね(^^)

メインのトマト棚です。
USER6277.jpg

一見元気なジャングル状態ですが、苦戦中です。
まあ、50度ベランダで花を咲かせるんですから、それだけでもすごいのですが。

一番左がスプライト
 かろうじて一番手が着果しました
USER6270.jpg
 
もう第3花房まで開花していて、スプライトらしく花数も多いですが
USER6272.jpg
花は落ちないものの、着果してるのかどうかが全然わかりません。

隣がブラッシュ・タイガー
USER6273.jpg
まだ第一花房が開花したばかりだけれど、草勢が弱く、あまり期待しないでねと言わんばかりに控えめに咲いています。

隣がパープル・バンブル・ビー

第4花房まで開花して、もうじき棚の上に届きそうな勢いで成長しています(困)。
USER6276.jpg

花房から葉っぱまで出てきて元気は有り余ってるみたいですが、これも花が落ちないままで着果したかどうかがわかりません。
USER6275.jpg

もう第5花房までで来ているので、全部着果しないのなら当然切り戻したい。
こうなると上のほうで着果されるほうが困るのですが、まだ一つも花が落ちていないので、この気温で着果できるのかどうか見極めてから決断します。
下の方の脇芽はとらないようにしなくちゃ。

上段は脇芽栽培のこくうまチェリーです。
横に誘引していますが、さすがにF1、この熱波も全然平気みたいです。

奥の方でも
USER6278.jpg
手前でも
USER6279.jpg
右端でも
USER6281.jpg

かなり暑さに強い品種ですね╭( ・ㅂ・)وグッ。
夕方の西日の直射が厳しい場所なのに、まったく動じてないみたい。

別エリアにいるタイピンクエッグ
USER6269.jpg
花房の数はすごいんですが、これも着果が確認できなくなってきました。
ツンツンしても落ちないし、どうするつもりなのかなあ。
でもピンクエッグは基本2花房ですから、着果に失敗した枝だけ剪定すればいいので、気が楽です。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/08/08 09:36 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト:コロマイトの薬害と秋トマト近況

サビダニ対策でコロマイトしたのは7/22です。
夏トマトのプチぷよさん以外はサビダニは来てないはずなのですが、全トマトに散布しました。

今のところ、抑えられているようには見えますが、やりすぎたみたいで薬害がけっこうすごい。
USER5924.jpg
USER5929.jpg
幸いこういうのは下葉だけです。

bigtomatoさんに種をいただいたパープル・バンブル・ビー(以降はビーと略)が昨日開花しました。
それも1、2段が同時に♪。
USER5926.jpg

1段目はしょぼい。
USER5927.jpg

2段目はそれなり。
USER5928.jpg

bigtomatoさんが育てておられるビーは、この猛暑の中、自然着果に成功したそうです。
種取りはおまかせしちゃお(´▽`) ホッ

2段目からトマトトーンします。
ビーは2014年のエアルーム新品種だそうです。
バンブルビーって、マルハナバチのことみたいですが、縞々模様だからでしょうか?
すっごくキレイなトマトでしょ。
Purple_Bumble_Bee_640.jpg

直径約2.5~4.0センチと、ミニにしてはちょっと大きめですね。
お味は素晴らしいフレイバーだそうですが、海外品種のこういう記述はさっぱりわかりません。
美味しいけれど、甘いとはお世辞にもいえないピンクエッグは、ナチュラルなキャンディ・スイート・フレイバーだし・・・海外のキャンディは甘くないのか?

でもね、こちらの海外サイトでは、お味の評判もいいし、温度変化にも強そうなので、期待大です(^O^)

脇芽栽培のこくうまチェリーも着果しました。
USER5930.jpg
こちらはトマトトーンしています。

簡易温室全景です。
トマト8株がひしめいています。
USER5933.jpg

上段
USER5931.jpg
上段はこくうまチェリー・タィニーティム・レジナがいます。


下段
USER5932.jpg

下はスプライト・ブラッシュタイガー・ビー・リーセントルーブ

あっという間に上段に到達しそうなので、少しぐにゃぐにゃしてもらうよう、癖づけているところです。
ペットボトルで育てていましたが、楕円細長のゴミ箱にお引越しさせました。
ゴミ箱株間はゼロ。

水温上昇を少しでもやわらげようと段ボールでゴミ箱を隠しています。
USER5935.jpg
ペットボトルの頃は、お湯になっていたけれど、先週はお水といえる温度になってました。
ゴミ箱にもプチプチを巻いています。
先週の暑さでお湯にならなかったら、この先もそうひどいことにはならないはず・・・です。


タイピンクエッグ
USER5936.jpg

5/15の種まきなのに、一株でジャングル状態です。
もうネットが支柱状態で、はずすと収拾がつかなくなります(。•́︿•̀。)

第一花房近辺
USER5937.jpg

下の方
USER5938.jpg

ざっと見て10花房ぐらいはありますが、中玉なのに、一気にこれだけの花房に花や実をつけてもピンピンしてます。
8月中に収穫できるかどうかは微妙ですね。
4月に種まきするべきでしたφ(・_・”)メモメモ

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/07/28 09:01 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:急ぐタイ・ピンク・エッグ

7月11日に第一花房が開花したタイピンクエッグですが、13日には花弁が落ちてました。

11,12日はこちらは最高気温が36度、ベランダは50度の温度計が振り切れてた超酷暑日です。

さすがにピンクエッグにも暑すぎたか・・と思いきや

着果してました♡
USER5404.jpg

もう5ミリくらいの玉になっています。
トマトってこんなに早かったっけ?

真ん中の残念な蕾が気がかりですが、サビじゃないみたいです。
第一花房を立ち枯れさせることの多い私ですから、この時期に着果してくれただけで上出来。
いつもピンクエッグは最初の実が大きいので、初果から種採りすることにしています。
脇芽放置とはいえ、早いコは栄養独り占めできるのでしょうね。
種採り用に2個は確保できたので、第2花房から後はトマトトーンします。

芯どまりしたとはいえ、葉っぱのほとんどに脇芽がついています。
USER5405.jpg

全部に2花房ついたら、と無駄な妄想も膨らみそうですが、ここからは着果はかなり苦しくなるはず。
この時期に栽培を始めるのは初めてなので、どこまでがんばってくれるかが楽しみです。


メモ)まずい・・ペットボトルは全部お湯になってる。
   第2花房トマトトーン済み
グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/07/15 09:32 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:タイ・ピンク・エッグが開花しました

台風はありがたいことに、ほとんど影響なしでした。
ベランダにはゴーヤだけを残していましたが、ゲリラ豪雨や普段の強風ほどではなかったみたい。

 何事もなかったように、雌花が咲いてます(^^)
USER5382.jpg

今回の被害は、私が避難させる時に、枝をあちこち折ってしまったという人災だけ(^-^;

今日はピンクエッグの一番花が咲いていました。
まだ主枝に2花房つけただけですが、すでに芯止まっています。
USER5385.jpg

でも第一花房下の脇芽からは、ちゃんと花芽が2段ついています(^^)
USER5387.jpg

その下にも脇芽がたくさん出ているので、ほんとうに効率のいい働き者のトマトだと思います。
5月15日の種まきから、まだ2か月たっていません。
せめてGWに種まきしていれば、梅雨明け前に、けっこう着果したかもですね。

今回はちょっと遅かった・・・今日も明日も36度越えのようなんです。
種は去年採種したのがまだあるから、今は種取りはこだわらないで、トマトトーンするべきか、ピンクエッグの若さにかけるべきか決めかねています。
たぶん、第一花房が自然着果を失敗したら、後はトマトトーンすると思います。

台風一過の今日は、熱中症注意メールが来ていたので、遮光ネットをセットして出かけました。

USER5383.jpg

そして帰りの電車では、ゲリラ豪雨注意メールを受け取りました。
昨日は、雨の備えを厳重にして出かけていたのに、今日は小さい傘だけ・・・この時期はほんと油断大敵ですね(><)。

遮光ネットは、みごとに雨をブロックしてくれてました。
ビニール製なので、あまり雨や風のときに酷使したくないのですが、役にたってくれています(^^)

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/07/11 18:47 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:3年目のタイ・ピンク・エッグ

ほとんど書いてないけど、育ててました。

タイ・ピンク・エッグはこれで3年目になります。
Sunday, Sunny dayのNaomiさんが採種された種をわけていただいたので、日本では4年目♪)

USER5306.jpg


5/15日の種まきです。

場所がないから秋冬トマトのつもりでしたが、里子達を元気に育ててくださっている皆さんの記事を見ていると、やっぱり真夏に食べたい!、どこかに置ける!と、衝動的に種まきしました(^-^;

梅雨明けまでに少しは着果したらラッキー、だめなら夏越しさせるつもりです。
高温多湿のタイ産が高温多湿・超乾燥もありの日本で代を重ねたから、丈夫になってたらいいな。

蕾もつきました。
USER5308.jpg

脇芽がついてナンボの品種なので、今のところ何もしていません。
USER5309.jpg

とゆーか、ピンクエッグは整枝らしきものをやったことがないのです。
どうすればいいのかわからないから(-_-;)

芯どまりで、葉1枚の次に花房がつくという、すばらしく効率のいい品種なので、すぐにミニジャングルになっちゃう。
自動連続摘芯栽培みたいなものですね。

やっぱり第一花房より下はとったほうがいいのでしょうか?

さすがにあまり混み合うと、病気、虫が発生しやすいということはわかってきたので、今年は少しはすっきり育てたいと思ってます。

そろそろゴミ箱にお引越しさせようかな。

実はまだある秋冬トマト・・・・苗って小さいよね
USER5311.jpg

   サビダニ警報が出ているので、まだ保険の脇芽もあったりするヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/07/03 08:00 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマトほとんど撤収

ここ数日だけとはいえ、どこかに避暑に来ているかのようなお天気になっています。
今やらなくてどうする!、とベランダのトマトをほとんど撤収しました(;´д`)トホホ

サビダニが原因ではありません。

ハダニです( ̄- ̄メ)

全部が色づくのを待っていましたが、もうね、茎まで赤いのが点々としてきたし、ヘタはおろかトマト本体にまでわらわらしてきちゃって、ぶち切れました。

  茎にもついてます
IMGP0707.jpg


semireyさんに種をわけていただいたこくうまチェリーもこんな姿に
IMGP0708.jpg

千果ちゃんも
IMGP0709.jpg

シュガーベイビー、浅野さん、レッドミニ、ラブリーさくらも同じ状態です。
ということで、全部撤収(/_・、)/~~


そしてタイピンクエッグだけが残りました。
IMGP0711.jpg

甘さはなく、なぜか酸味もほとんどなく、うまみだけがあって、今年も一番のお気に入りでした。
うちのベランダとは相性がいいようで、他のトマトよりハダニ被害が少ないです。
トマチンが多いのか、日本で代を重ねて強くなってくれたのか・・

うちの50度ベランダでは6月半ばくらいになると、凶悪ハダニがどんどん増えてきます。
コロマイトを使って数日おさまったとしても、すぐにどこからか飛んでくるだろうし、対抗手段が見つかりません(;-_-) =3 フゥ


もともと7月中の撤収をめざしてはいましたが、こう暑くなるのが早くては、6月にほとんどの収穫を終えるつもりでやらないといけないみたい。

何月に種まきすればいいんだろ・・・
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/07/17 13:52 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:アーリーセーフ散布

後発組のトマトも色づいてきました。

そろそろ気になるのがサビダニです。

こんな葉っぱがあると、ドキドキしてルーペをのぞいています。

IMGP0624.jpg

まだ無事のようですが、何もしないよりはと、アーリーセーフを散布することにしました。
その前に、着色が始まったものは多少色が薄くても収穫しておきます。

ラブリーさくら
IMGP0612.jpg
先発組なので、第2花房と脇芽が色づいています。
けっこう豊産種のようです。
お味は最初は種袋風にいうと、酸味と甘みのバランスがよいという表現になるのでしょうか。
最初にとれていたものには、そこそこ酸味がありましたが、だんだん薄くなってきました。


千果
IMGP0614.jpg
赤いのは昨日食べちゃった(^o^)ゞ。
最初は薄味だったけれど、美味しくなってきました。
これはまだ数日かかるだろうから、このままにしておきます。

Mr. 浅野のけっさく
IMGP0619.jpg

まだ第1花房ですが、2個はもう収穫済です。
骨折させてしまったせいか、それほど実つきはよくありません。
ミニトマトと比べちゃいけませんが・・
お味は今のところフルティカに似た感じ。
酸味はないけれど、まだ味が薄いです。

シュガーベイビー
IMGP0615.jpg

第3花房です。
これが色づくのを待ってました♡
今のところ一番のコク甘です。
主枝につく実が少ないので、数を稼ぐために脇芽放置に切り替えました。
下のほうは寂しいけれど、上だけわさわさです。
IMGP0616.jpg

ピュアスィートミニ
IMGP0617.jpg

一度、謎の全枯れをさせてしまったせいか、ひ弱く育っています。
本来、鈴なりになる品種ですが、一番マシな花房でこれです。

タイピンクエッグ
IMGP0620.jpg

後からは栄養が分散されちゃって小さくなりますが、最初の2果はいつも大きいので、先日収穫して種を取りました。
甘くはなく、なぜかうちのは酸味もないのですが、妙に美味しい。
味は好みが分かれるでしょうが、こんなに気前よくたくさん実ってくれる中玉って貴重だと思います。

レッドミニ
IMGP0621.jpg

今赤いのはこれだけです。
色づくとすぐ食べちゃうので(^^)
甘くてぷるるんですが、まだ去年のほうが勝ってます。

今回は区別して収穫していたのに、落としちゃった(><)
IMGP0626.jpg

右は全部ラブリーさくらです。
左下はたぶんシュガーベイビー。

一目で区別がつくのは、ピンクエッグとプラム型のピュアスィートミニだけですね(^▽^;)
同じ品種でも場所で味が違ったりするので、食べても区別がつかないです。

太陽電池
関連記事
[ 2013/06/25 09:44 ] トマト | TB(-) | CM(15)

トマト近況:レッドミニ

4月18日に苗を購入して育てているレッドミニです。
IMGP0587.jpg

昨年F2を栽培しましたが、大粒のデラウェアみたいで、うちのトマトの中で一番美味しかったんです。
それで今年はF1苗を買ってみました。

支柱を立てるのをさぼっているうちに、こんなくねくねに

本来2本仕立てにするつもりでしたが、脇芽が育たず、1本仕立てです。
レッドミニは脇芽大歓迎だったのですが、出てこないんです。

花房のついた脇芽は第4花房直下のこれだけ。
IMGP0589.jpg

第1花房はすでに収穫済みで、今、第7花房までできています。
曲がってなければ70センチくらいでしょうか。

とにかく全体的にコンパクトです(そういうトマトだから当たり前ですが)

第5花房でようやく房なり
IMGP0590.jpg

でも実がちっちゃめ

花房の一番大きい実で普通の小さめミニトマトです。

去年のF2レッドミニのほうが、一回り大きかったです。
お味は去年のピークには負けますが、甘くて柔らかい。

比べるとF2のほうがよかったな~。
ここからの逆転を熱望します(J-o-)J サァ コイ!
キャンドルナイト
関連記事
[ 2013/06/18 20:32 ] トマト | TB(-) | CM(2)

タイピンクエッグが元気すぎる

本を読んでやりたくなったというだけで、芯どまり品種のタイピンクエッグまで側枝2本仕立てにしてしまいましたが、ダメージなく育っています。
IMGP0281.jpg

芯どまりだから上部の脇芽は残して、下のほうの脇芽だけ摘んでいましたが、脇芽の勢いが他のトマトとは比べ物になりません。
花芽をどんどんつけてきて、早くもぐちゃぐちゃ(>_<)。
IMGP0285.jpg

昨年は完全放置でもそれなりに実をつけてくれていたので、体力的には問題ないのでしょうが、このままでは茂りすぎで病気や虫が心配です。
風通しが悪くなりそうな内側に茂っている葉と脇芽は落としました。

  あんまり変わってないけど
IMGP0292.jpg

それでもまだ15花房はありそうです。
昨年ほど下葉も痛むこともなく、順調すぎる育ちっぷりです。

これはSunday, Sunny dayのNaomiさんが自家採種された種を分けていただいて、昨年うちで育てた株から種を取りました。

Naomiさんのベランダも西向きなので、そろそろ日本の西側ベランダに適応してきたのでしょうか?。

でもここまで脇芽が旺盛で、花芽つけまくりの品種を2本仕立てにする必要は全然なかったですね(-_-;)

もう芯どまりするとは思うけれど、輪っかから上は摘芯します。
真夏までに撤収、選手交代を目指しているので、ここからは脇芽をきちんと取っていかなくては。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/13 17:51 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト近況

雨になりましたね。
本来なら残念なところですが、今日は苗を出さないですむと、正直ほっとしております。

全員中にいるので、トマトの点検をしました。

種から栽培しているものです。
IMGP0199.jpg
出し入れしやすいように手を抜いて、ひとまとめにしていますが、そろそろトマトも私も限界みたいですね(^-^;

これはレッドミニのF2です。
IMGP0205.jpg

自作にしては上出来。
だって、第1花房が咲いたんですよ、当たり前のことかもしれませんが、うちではすごいことなんです!
これだけでも摘芯仕立てにして報われました。
本葉1枚目からの側枝はかなり短いのが難ですが、これもつぼみがついています。

予定通り、レッドミニのF1の苗を買っています。
並べてみると(右が購入苗)
IMGP0203.jpg

うちのコ徒長してたんですね(^▽^;)
市販のレッドミニは一番花の数が多いのをお持ち帰りしました。
レッドミニで第一花房から、こんなのができるなんてーと驚きの数です。
IMGP0204.jpg

うちのは各側枝で5,6個ずつくらいかなあ。
両方足して、市販苗になんとか近づけるかなという感じ(^^;)

一番に花芽がついたと喜んでたラブリーさくら
IMGP0212.jpg
支柱を立てていないのに、自主的にきれいな2本仕立てになっています。

でもねえ・・・これがその第一花房です
IMGP0210.jpg
私が花芽を折っちゃったんです

本葉1枚目からの側枝はそれなりに花を咲かせてくれています。
IMGP0211.jpg

タイピンクエッグ
IMGP0213.jpg
第2花房までついていますが、まだ花は咲いていません。
下から葉っぱが黄色くなってきますが、気にせず取っています。
去年はもっとひどかったし、サントリーさんのサンプルも下の方はきれいじゃなかったから、いいやって。
タイ産ですもの、この気温でこれだけがんばってくれたら十分。
今年は第1花房から咲いてくれそうです。
芯どまり種のピンクエッグを2本仕立てにする必要は全然ないんですが、これも摘芯してよかった。
去年はつぼみの立ち枯れを繰り返していましたから。

千果
IMGP0214.jpg
種まきが遅れたので、まだ第一花房までしかつぼみがありません。
2週間前は本葉2枚目の側枝が短かったんですが、大きくなってきました。
千果は本葉3枚で摘芯したので、1枚目からの側枝はもう取っています。

シュガーベイビー(購入苗)
IMGP0209.jpg
落花もあるけれど、少しは結実してくれました。
初めて見たので、今イチな苗を衝動買いしましたが、近所で立派な苗が売られてました(@゜Д゜@;)あら・・。
まだ弱々しいですが、水耕には慣れてくれたようです。
がんばれー。

ところで、最低気温が低いなんて言ってられるのも、後わずかですよね。
すぐに酷暑がやってくるわけですが、この50度越えベランダをどうしたものかと悩んでいます。
遮光ネットは張りますが、やっぱりお湯になるときはなるし・・
直置きはさすがにしていませんが、全体にすのこをひく、タイルを敷く、などで液温上昇がマシになってくれるでしょうか?
壁からの照り返しは、寒冷紗をカーテンがわりにかけるか、ゴーヤに急いで成長してもらうぐらいしか思いつきません。
GWに対策を求めてホムセンめぐりをするつもりですが、見栄えはこだわらないので、おすすめの方法があればご教示くださいませ<(_ _)>。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/24 10:05 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマトの側枝2本仕立て近況

毎日見てると、育ってないような気がするのですが、3月22日の写真と比べてみると、けっこう成長してくれてました。
花芽は全部ついています。


ラブリーさくら
sakura.jpg


タイピンクエッグ
egg.jpg


レッドミニ
red.jpg
背の低い品種のレッドミニを本葉2枚で摘芯したのは失敗でした。
1枚目から出た脇芽なんて、花芽まで5センチもないです。
低い位置の花芽は摘むようにとメーカーHPにあるし、様子を見て第1花房はあきらめるかもしれません。


千果
chika.jpg
3月27日に脇芽のモトが出始めたばかりなのに、大きくなりました。

高さはもう先発隊と同じになっています。
小さいので微妙なんですが、花芽まで他より1枚少ない6枚しかないみたい。

千果だけ本葉3枚で摘芯しましたが、写真のとおり一番上の3枚目の勢いが強いです。
2,3枚目が大丈夫そうなので、3センチにもなっていない1枚目は昨日取りました。

一見すっきり2本仕立てに見える先発隊も、上の葉から出た側枝のほうが勢いがあります。


予備
koku.jpg

これは2月27日に種まきしたテストの苗ですが、2枚で摘芯しています。
がっ、1枚目がようやく脇芽のモトができたばかりで2本仕立てにできるのか微妙ですし、出ても弱そう。

株数が少なければ無理をしないで、3枚目で摘芯するほうがよさそうです。


シュガーベイビー(摘芯してません)
suger.jpg

すぐに枯れちゃうんじゃないかと心配したシュガーベイビーは、立ち直ってくれました。
まだ怖いので、他の苗とは隔離中です。
第1花房から脇芽が育っているのですが、レア物なのでこれを取って予備苗を作るか、そのまま2本で仕立てるか迷い中です(^-^;
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/10 07:51 ] トマト | TB(-) | CM(3)

トマトの側枝2本仕立て近況

側枝2本仕立てを目指して、トマトを摘芯したのが3月4日でした。
2枚だけ本葉を残していましたが、今日3月22日には、ラブリーさくらは側枝から本葉が6枚ずつ出ています。

  ラブリーさくら
P1060793.jpg

脇芽を確認したのが10日なので、わずか12日で12枚も本葉が増えたことになります。

  これはタイピンクエッグ
P1060795.jpg
子葉の上からも、脇芽が出てきました、強いなあ。

  レッドミニも小さいながらも2本仕立てになってます。
P1060792.jpg


まだ摘芯していなかった千果は3月4日に本葉2枚でしたが、20日には5.5枚になりました
これで普通の成長ぶりだと思うのですが、摘芯組の育ちの速さに、びっくりしています。

20日に図書館で現代農業の2012年の9月号に、2本仕立ての特集を見つけました。
疑問に思っていたことの答えが載ってました(^^)。

普通栽培で一段花房直下の側枝は5枚の葉をつけたあと花芽がつきますが、一段花房より下の本葉から花芽が出るのは、抑制栽培なら5枚、夏秋栽培なら7枚ぐらいなんですって。
本葉3枚で摘芯すると、第3花房ぐらいから2本の側枝の開花が揃うそうです。

これを読んで、その夜に千果ちゃんまで摘芯しちゃいました(^▽^;)

  千果ちゃんもがんばれ~(*・人・*)
P1060790.jpg


2本仕立ての方法として

1)第一花房直下の脇芽を使う
2)子葉の上で摘芯
3)定植後3~4枚目の脇芽を使う
4)本葉3枚で摘芯
が紹介されていました。

1)は強い側枝が出るけれど、初期収量が低い
2)は花芽がつくのが早いけれど、側枝がちゃんと出ないことがあり、その場合スペアの側枝もない。
3)は主枝と側枝の開花がそろうけれど、側枝を誘引する際に付け根が避けやすい。
4)は草丈の伸びる時期に摘芯することで良苗(固く太い苗)になり、3段目あたりで生育がほぼ揃い、2,3枚目の側枝を使う。1枚目はスペア。

ということで、4)がおすすめされています。

私はこれにはない本葉2枚で摘芯しましたが、千果ちゃんは3枚目でやりました。
花芽の位置などの違いが出るかな?

GWまでに結果が出るだろうから、ダメなら苗を買って、秋冬トマトでまたやってみます。

液肥の要求量はやっぱり1本仕立ての倍に増えちゃいますよね。
でも去年は脇芽伸ばし放題だったから、それよりは楽になるはず・・・きっと(*゜.゜)ゞポリポリ

そうそう、この仕立て方は大玉トマトの接木苗に用いられるものです。
私はミニ、中玉トマトの自根での水耕栽培なので、かなり違います。
興味のある方は、現代農業や前回ご紹介した夏秋トマト栽培マニュアルをご覧くださいね。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/22 20:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況~結局種まきしちゃいました

ペッパーを量産してしまったので、今年はトマトは苗を買うつもりでした。

でも、皆さんの記事を見ていると、やっぱり寂しくなってきて、最悪でも室内で一本仕立てなら何とかなるだろう、と1月末に手持ちを種まきしてました。
写真の日付は発根日です。

タイ・ピンク・エッグ
P1060594.jpg
甘さは全然ないのに、とろっとしていて冷やして食べるのがお気に入りだったトマトです。
芯どまり品種の一本仕立てってありえないんですけど・・(^▽^;)。


レッドミニ
P1060597.jpg
種が一粒だけ残ってました。
主人のお気に入りで、うちでも極甘に育ってくれるブドウみたいな食感のトマト。
これは矮性だから、何とかなるでしょう。
F1でも食べてみたいので、たぶん苗も買います。

ラブリーさくら
P1060595.jpg
昨年種まきしたのは、虫で全敗しました。
ひょろっと間伸びして育っちゃうし・・・
ということで、まだ食べたことが、ないんです(~ヘ~;)ウーン
もう種が残り少ないから、うちでは手堅い夏まきにしようと思ってましたが、つい種まきしてしまいました。
今年は何とか守らなくちゃ!

千果
P1060596.jpg

Sunday, Sunny dayのNaomiさんのところから、お嫁に来てくれました (*'-'*)ノWelcome!
こちらは1週間前の種まきで、まだ発根したばかりですが、夏に強いというので超期待しています。
大事な嫁ですから、ゴミ箱じゃなくて、発泡スチロールのおうちにお迎えする予定です。

もう十分なような気もしますが、後は苗との出会い次第ですね(*・・*)ポッ

ついで
P1060598.jpg

このコ、4センチもないんです。
可愛らしいし、狙って買えるものでもないから、アタリだったと思うことにしました(^-^)。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/19 10:50 ] トマト | TB(-) | CM(12)

オレンジミニとタイ・ピンク・エッグがようやく着果しました

オレンジミニ着果してました。
P1050764.jpg

初めて第1花房が咲いたと喜んでいたものの、着果までは本音ではあきらめてたので、今日になって気づきました。
種まきから2ヶ月なので、順調といっていいですよね。

ほんと初めてです、こんなの (^O^)ウレシーーー!!。

うちの子にしては、がっしりしてます。
P1050765.jpg

今までのレッドミニは育苗は室内だったけれど、これは真夏に外でスパルタで育てたから、強いのかな?。

クリスマストマトに間に合うかどうかというところでしょうか
まだまだ大丈夫だろうけど、中に入れる、あるいは保温するタイミングを逃さないようにしなくては。

そしてサビダニにやられて剪定したタイピンクエッグが10月に入って、ようやく着果してきました。

  ハダニにやられてるけど
P1050767.jpg


8月にはすっかり復活していたのですが、花はどんどん咲くものの落ちるばかりで着果せず。
P1050766.jpg

9月もだめだったので、脇芽を取って撤収かなと思っていたので、うれしいです。

横に広がって大きいから、室内には入れづらくなっています。。
寒くなるまでに赤くなってくれるか微妙ですが、なんとかゴミ袋ハウスでがんばってもらう予定です。

台風厳禁! (>< )oダメーo( ><)oダメーo(><)oダメー!
関連記事
[ 2012/10/15 11:38 ] トマト | TB(-) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)