いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト前半戦終了が見えてきました

最近は雨続きで、トマトも完熟待ちが多いため、液肥の減りも少なく、水奴隷からは解放されています。

そろそろ梅雨明けカウントダウンに入りそうなので、思い切って、うどんこまみれになっているトマトの葉と実を整理することにしました。

ハダニも姿を見せ始めたので、どの株も弱ってきているようです。
以下、作業後の写真です。

簡易温室は今の青い実が完熟したら、前半戦は終了にします。
NNPT6028.jpg
下で茂ってる葉っぱは、イチゴです。
いまだに、ウドンコも虫も来ません(?_?)

ぜいたくトマトはこの5つを完熟させたら終了になりそうです。
NNPT6034.jpg
まだ小さな実は2花房あるのですが、葉っぱがないから、美味しくなれないだろうし。
うちの大玉のお尻がきれいなのは、うどんこのせいで、摘葉ばかりしてるからかと思ってきます(-_-;)

フルティカもこんな姿に。
NNPT6036.jpg
いったん整理して、秋につなぎたいと思ってましたが、元気が残っているかどうか・・・

シュガーベイビーも、完熟したら終了です。
NNPT6035.jpg
一昨年ほど美味しくなれませんでした。
プラムの出来がよすぎるので、つい比べてしまいます。


種まきが遅かったので、スプライトはまだ元気があるようです。
NNPT6029.jpg

今年のは、ハズレなしで美味しいので、かなりお気に入りです。
ピンクエッグの苗と間違えて育てちゃったけど、結果オーライ(^^)


シュガープラムです
NNPT6033.jpg

どれか1種を残すとしたら、絶対コレ!というお気に入りで、そこそこ茂ってるように見えますが、もう一か月以上

脇芽がない

最初はたくさんあった脇芽を、ジャングルにさせないぞと摘みまくったのが気に入らなかったのか、弱っているのか・・・
秋トマトは脇芽からなら、まだまだ間に合うので、何とか脇芽をお願いしたいです。

7月中には、ほとんど完熟するだろうから、そこでバッサリ剪定して、新芽の様子をみて、後半戦用の選手を選ぶつもりでした。
でも全員がうどんこにやられているので、いったんリセットになるかも。

グリムス ペットシア
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/08 17:08 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト:スプライトが糖度を更新

今朝はマイナス3度。

室内避難をさぼったイチゴのトレーは、うっすら凍りかけてました =ヾ(;◎_◎)ノ ヤバヤバ
ほんと、気をつけなくちゃ。

でも、トマトは元気なんですよ。

寒さのせいか、偶然か、スプライトの種取用の実が割れていました。
もう少し置いておくつもりでしたが、仕方ないので収穫。

USER0444.jpg

上に定規を置いていたのに、切れてますね(+。+)あちゃ-
3センチ程度のミニトマトです。
今の時期では、これが精いっぱい。

もう寒いし、美味しくなかったら、以前糖度9の実からとった種を皆さんにお渡ししようと思いつつ、お味見しました。

あれっ?、今までで一番美味しいんじゃない?と、糖度を測ったら、11ちょいありました(o^-')b グッ!。

ということで、そんなに量はないけれど、ここから種取りしますね。

スプライトは寒さに強いようで、マイナス3度もへっちゃらみたいです。
USER0445.jpg

もう一つ、割れてるのも糖度を測りましたが、これも11。
今まで9以下が普通で、たまに薄味もあったのに、何で今が美味しいのかなあ?

スプライトはゼリーも普通にありますが、実はしっかりめです。
ブッシュトマトで葉っぱは小さいし、脇芽にすぐ実がつくので、脇芽を取りすぎるともったいない品種だと思います。
整枝方法はいつも迷いますが、これは場所があれば、病気にならない程度に放任でいいのかもしれません。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/12/15 15:21 ] トマト | TB(-) | CM(6)

脇芽トマトが発根

寒いから、挿し芽はむずかしいかなあと思いながら、ダメもとで挿した脇芽が全部発根しました。
サビがいるかもしれないから、50度のお湯につけて、さらにアーリーセーフした上に、20度程度の室内放置という過酷な環境ですが、がんばってくれました;。

スプライト・ネネ・プチぷよ

USER9330.jpg



プチぷよは、まだ元気だった11月11日に挿しました。
10日かかってますね(^^;)
USER9329.jpg

この後で、スプライトとネネも脇芽を挿したのですが、それは数日で発根しました。

 スプライト ・ ネネ
USER9327.jpg


プチぷよさんは枯れないものの根元が茶色くなってくるし、こりゃダメだなと思ってたので、ちょっとうれしいです。
ちょっとというのは、これからどうするかを決めていないからですが(^^;)

中と外の往復になりますが、これで育ってくれるようなら、来年の春を目指してもらおうかな。

サカタさんから来たカタログを見てたらアイコの新作(とってもアイコ)もでるようですね。
それも育ててみたいし、あれもこれもと書き出していたら、どこで誰が育てるんだという数になります。
ベランダでも美味しく作れる品種を発見することが、まずは第一目標なので、新しい品種は色々試してみたいし。

簡易温室の70センチに4株(上段も使っていた時は5株)が案外うまくいきましたが、全部をそうするのも無茶な気もします。
ペッパーもはずせない。

基本的に年に1回しかチャレンジできないというのが、もどかしいですね。
Wikipediaにはトマトは世界で8000種以上って書いてます。
一生かけても、全部の美味しいトマトに会うなんて夢ですねえ・・・。
食べるだけなら、できそうな数ですが(*^.^*)。
どこかに世界のトマト食べ放題(いや、放題じゃなくていいけど)ハウスなんてできないかなあ。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/21 09:24 ] トマト | TB(-) | CM(6)

スプライトのお試し採種

先日落ちた実の一つがまずまずの柔らかさなので、割ってみました。

最初に左半分を見たので、種なしかと思いましたが、ありました(´▽`) ホッ
USER8969.jpg

糖度は9。
少し酸味があるかな(当然ゼリーは食べてませんが)。

種袋1袋分くらいはありますね(^^)
USER8971.jpg

スプライトはブッシュトマトで背が高くならないそうです。
1Mくらいで止めちゃうので、どこまでいくかはわかりませんが(^^;)
USER8972.jpg

葉がそんなに大きくない上に、間隔も狭いので、とても場所パフォーマンスがいいです。
15センチ強に3花房あるでしょ。
上から10センチのところにある脇芽は短いけれど、つぼみはもう十分な大きさです。

これは下を這っていた脇芽。
USER8975.jpg
花房の間隔が短いのがわかるでしょうか。

普通に脇芽をとって一本仕立てにしちゃうともったいない品種だと思うのですが、放任すると大変なことになるし、あまり実が多くても味が落ちちゃう。
どうやって育てるのが、一番いいのかなあ?。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/12 12:06 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト:ビーを初収穫


パープル・バンブル・ビーが割れていたので、8日に初収穫しました。
USER8949.jpg

種が入っていたので、自力着果のようです。
USER8950.jpg

種をくださったbigtomatoさんによると、ビーのお味は激マズから絶品まで環境で自在に味を変えるそう。
これはサビダニ全盛期の実のはずなので、激マズの可能性も大。
まずは糖度を測ってみました。

糖度7。
激マズはなさそうです(^^)

とろっとしていて、甘さは感じないけれど美味しい中玉でした。
市販のフルティカの並に似ています。
もうちょっと味がのればかなり美味しくなるはず。

翌日もう1個割れてないのを食べましたが、こちらのほうが味が濃くて美味しかった。
市販のフルティカの上ですね。
コロマイト後着果の鬼花ビーは期待できそうです。

  すみません、ボケちゃいました。
USER8967.jpg

一緒に収穫したのはネネですが、こちらは糖度10でした
うちのネネは赤くなったくらいで収穫すると普通のトマトですが、しつこく待っていると、美味しくなります。
皮が薄いので身割れしやすいらしいですが、うちのは薄くないし、雨にもあててないけれど、割れます(><)
ストレスいっぱいなんでしょうか・・・密植だもんね。

そして9日に、ちょっと困ったことに。
USER8952.jpg

上の2つは採種用のつもりのスプライトです。
さわったら、取れちゃった・・・(><)
もう収穫しても問題ないとは思いますが、念のために追熟中です。
この↓一番右の実がけっこう大きいので、種取り本命はこちらのほうがいいかも。
USER8965.jpg


こちらは全く空気を読んでくれない、リーセントさん。
USER8962.jpg

そんなに大きい株にしてないので、これからは室内で育ってもらってもいいのですが、こんな葉っぱがあるとね・・・
USER8961.jpg

左の実は、ちょっと色づいてきました。
今年はお味を見させてもらえたら、よしとします。

ということで、花を落としました(/_・、)/~~
USER8963.jpg

サビっぽい葉っぱは上の写真だけで、脇芽は旺盛です。
お味をみて美味しかったら豹変して、急にかわいがり出すかもしれません(^^;)

これは10月20日のブラッシュタイガーです。
USER8356.jpg

一番奥の実が今はこの状態です。
USER8966.jpg

黄色くなってからすでに長く、もうオレンジになろうとしています。
身割れはしていないので、手に取ってぽろっと落ちる状態まで放置するつもりでしたが、プチぷよさん状態にぷにぷにしてきました。
待ちすぎたかな・・・


追記)
USER8968.jpg

私はスポイトを使うのが苦手です。
だから薬の濃度も、かなり適当・・・
1ミリを計量できるスプーンってないかな、と探していたのですが、昨日古い咳止め薬を処分しようとしたら、こんないいモノがついてました。
0.5ミリ刻みに目盛が入ってます♪。
ちょうど1ミリ単位で入れるのは難しくても、お水で調整すればいいので、今までよりはちょっと正確に農薬を測れそうです(^^;)


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2014/11/11 10:10 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト:スプライトが甘くなってきました

11/3 昨日の収穫です。
     割れてるのだけ、チョイスしました。(雨には濡らしていません)
USER8567.jpg

黄色のブラッシュタイガーは、歯ごたえはやわらかめの柿、お味はほんのり甘いかもしれないという感じ(糖度は6)。
珍しいトロピカルフルーツと言って出されたら、そのまま信じてしまいます。
激ウマではありません。

手前の3つのうち、右に縦に2つ並んでいるのがスプライトです(左はタイニーティム)。
記事にする気はなかったので、この日は糖度を測定しないで食べちゃったのですが、これが甘かった。

今日、もうちょっと待った方がいいレベルのを無理やり収穫してみたら、糖度9もありました( ・ㅂ・)و ̑̑
上出来ですね。
種があったので、一応とりましたが、本命はこの奥の実。

USER8568.jpg 


とことん熟させてから、収穫するつもりです。

最初に栽培したときは、普通のミニトマトで不味くはないけれど、特に美味しいというほどではありませんでした。
今から思えば、ほぼ初めての栽培で、ハダニはつくし、サビダニに気づかなかったし、室内栽培で日照も悪いし、脇芽放置、密植・・と心当たりはどっさり。
他の方は美味しく栽培されているので、今回はリベンジ栽培です。

背が低くて、美味しい上に豊産のエアルーム品種なので、レギュラーになってもらいたいです。
種なしの場合もよくあるみたいなので、どうか種が入っていますように。
semireyさん、祈っててねー(^^)
グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/11/04 10:19 ] トマト | TB(-) | CM(9)

トマト:タイガーが色づいてきた♡

ブラッシュ・タイガーは”長さ5cmでゴールデンイエローの表皮にピンクのブラシをかけたような色が現れると食べ頃”らしいです。
5センチには程遠かったのですが、最近急に大きくなって、黄色くなってきました。

 洗濯ばさみは5.8センチです。
USER8356.jpg

少なくともこの3つは収穫されてくれそうです。

パープル・バンブル・ビーです。(奥の赤いのはネネ、左上の細長いのはタイガー)
USER8363.jpg

サビダニにやられて、リセットしてからは元気です。
といっても、着果しているのは全部で10個くらい。
鬼花で変な形の実もありますが、それも楽しみですし、よく生き残ってくれました。

リーセントルーブ
USER8348.jpg

謎の全枯れからは、立ち直ってくれたようです。
すさまじい数の蕾をつけてくれたものの、肝心の花が咲かなくなりました。
咲いた花は着果しているのですが、一花房で10個もないかもしれません(^▽^;)。
みごとに自己調整してくるのかもしれませんが、こんな葉っぱが・・・
USER8347.jpg

サビダニはまだ発見できていませんが、やっぱりいるのかなー。
どちらにしろ、花が咲かないとお話になりません。

こういう蕾だけはたっぷりの花房は、もう10月下旬だし、全部摘みました(/_・、)/~~
USER8354.jpg

着果した実のある花房だけ残しています。
果実に必要のない葉は全部落としました。

この3種の種はbigtomatoさんからいただきました。

Naomiさんからいただいた自家採種2代目のスプライトは少しだけ収穫できていますが、今年は美味しくできています。
今年も種をとりたいのですが、暑い間はトマトトーンしていたし、最近の実は小さいので、種取りするには向かなさそう。
これはちょっと期待できそうな最近の花房です。

 早く大きく赤くなってー
USER8357.jpg

朝は冷え込むので、トマト大丈夫かなーと思い、昼間のベランダは日差しがきついので、熱死しないだろうかとハラハラしています。
サビダニとの追っかけっこになりそうですが、がんばります。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/10/20 12:21 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

トマト:またサビダニ~

9日から11日まで、留守にしていました。

液肥は満タンにしたものの、一番気になっていたのが、病気の疑いのあるトマト達でした。

天気がよかったみたいだから、リーセントはもう枯れてるかもと思いきや、復活してましたヽ(^◇^*)/ ワーイ

 今日のお昼も枯れていません
USER7760.jpg

 自然着果してくれてる実もあります。
USER7764.jpg

なぜ萎れたかの理由は全くわからないままですが・・・(-_-;)

トマト棚は一見、大丈夫そうでしたが。
USER7696.jpg

でも、よ~く見ると、赤い実が目立ってきたネネの上の蕾が枯れていて、葉っぱに茶色い点々が(/||| ̄▽)/ゲッ!!!
即、ルーペ確認で有罪確定です。

といっても、コロマイトは2回使っちゃったから、とりあえず怪しい葉はとって、アーリーセーフだけ。
仕方がないので、完熟を待たずに赤い実はとりました。

ネネは完熟させるとかなり甘く美味しくなります。
実割れしやすい品種ですが、割れてるのが一番甘い(^-^;
ひっぱって、自然にぽろっと落ちるものだけを収穫していますが、赤くなってからかなり待たされます。

サビダニは今のところネネだけみたいですが、逃げ切りたいです!。

スプライトも一粒だけ赤くなってましたが、今年のスプライトはかなり甘くて美味しい♪
これはうちの2代目ですが、初代の種はSunday,Sunny dayのNaomiさんかいただきました。
エアルームで背が低く、多産と申し分ないので、今年も採種したいのですが、まだ種が入っていません。
涼しくなってからの自然着果の完熟はこれからなので、後続に期待です。

サビダニに負けずに種取りができるように、がんばらなくては(`0´)ノ 。

まずは、台風対策・・なんですが、サビダニを部屋にいれるのは気が重いし、前回は避難の後で調子を崩したので、迷いがあります。
なんて言ってられませんね。
今年最後の避難となりますように。
できれば、日本から遠くそれてくれますように。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/10/12 16:29 ] トマト | TB(-) | CM(5)

トマト近況:コロマイトから2週間たちました

寒い日と暑い日が交互に来ているような・・・。
今日からは涼しくなるようですが、このところ昼間はベランダは40度になっています。
ペッパーなんて葉も実も焦げてますからね(>_<")

トマトを熟させるために温度は欲しいのですが、まだ着果以前のものがほとんどです。

ピンクエッグはコロマイトしてから、元気になって、花をつけるようになってきました。
USER7438.jpg

涼しくなってからも、全然花芽をつけてくれませんでした。
サビダニのせいなら、もっと枯れてくるだろうと決めつけて油断していました。
気づくのが遅かったなあ・・・
まだ黄色くなってる葉が少しあって、残党がいる気配が濃厚です(T_T)。


プチぷよさんは、この暑さで昼間はぐったりしていますが、何とかがんばってくれています。
USER7440.jpg


簡易温室組

かなり収拾つかなくなってきました(^^;
USER7442.jpg

こくうまチェリー
USER7441.jpg


ネネ
猛暑に2個だけ着果したものをお味見しました。
USER7447.jpg

酷暑時の着果なので不味いだろうと思いましたが、かすかな酸味、けっこうな甘みとうまみで、美味しかったー♪
これからの実に期待しています。

ビー
USER7449.jpg
サビダニに一番やられていました。
下の方はもう茎だけなので、つるおろしして一番下のエリアをはうように育てています。
出直し摘芯リセットでようやく花が咲いてきました。

猛暑の中、これだけが着果していたようです。
USER7450.jpg

ブラッシュタイガー
USER7446.jpg

コスモスを思わせるひょろっとした姿ですが、案外しっかりした実をつけています。

スプライト
順調です。
花数はたぶんこのコが一番多いです。(リーセントは別格)
USER7443.jpg

リーセントルーブ
大玉のような大きい花が咲いてきました。
USER7456.jpg
もう5花房はあるので、脇芽は絶対に禁止ですね。
この品種は循環やブクブクなら、ものすごい着果数になると思います。


タイニーテイム
少し着果しています。
USER7451.jpg

レジナ
時々水切れさせていますが、気にしてないみたいで助かります。
USER7459.jpg


冬用トマトはまた後日・・・

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/10/01 11:02 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト:2度目のコロマイト

ピンクエッグの育ちが悪いなあとは思っていましたが、願望まじりのルーペチェックでは、なかなかサビダニの確認ができませんでした。

先週ようやく、ピンクエッグとビーでサビダニを発見しました(><)。
USER6870.jpg

ちょうど、真夏にがんばって着果した組が色づいてきたところなので、薬は避けたかったのですが、迷う余地はなくコロマイトしました。

ピンクエッグ隣のプチぷよです
USER6879.jpg

お盆に大剪定しましたが、脇芽が伸びてきて、着果をはじめたところです。
USER6882.jpg

ネネは、もうちょっとで初収穫。
USER6883.jpg

ブラッシュタイガーの初着果確認です。
これはうれしい(*^^*)
USER6884.jpg

涼しくなってから、花をつけ出したマイペースのレジナ
USER6885.jpg

真夏も花を咲かせ続けたけど、着果ゼロだったタィニーティムレッド
USER6887.jpg

ようやくつぼみをつけたばかりの、リーセントループ
USER6889.jpg
液肥切れで、生長点をやられたので、出遅れてしまいました。

今日は暑い日になっていますが、10月中旬までの着果なら、適当に保温すれば外でなんとかなると思ってます。
脇芽でも何でもいいから、開花を急いでほしいです。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/09/16 14:18 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト:秋の着果祭りを待ってます

簡易温室には、今はトマトだけが入居しています。
上段はこくうまチェリー。
下段は、スプライト、ブラッシュタイガー、パープル・バンブル・ビー、ネネ。
USER6685.jpg

スプライトです。
5/30の種まきですが、スタートが遅かったので、梅雨明け直前にすべりこみで1個だけ着果しました。
USER6689.jpg

 
追記) 
  触ったら取れちゃったので、試食しました。
  トマトトーンしたものですが、初代スプライトより美味しかったです。
  真夏着果で美味しいのなら、この先期待できるかも(*^o^*)


8月はほとんどが着果失敗していますが、かろうじて着果したものもストレスいっぱいの下ぶくれさんです。
USER6690.jpg

脇芽は旺盛で、つぼみがたくさんありますが、邪魔にならない限り放置しています。
USER6691.jpg
着果してくれたら先着順で残すよーという気分です。
ここからの花にはトマトトーンはしません。


これはビーの花です。
たぶんミニ~中玉の中間ぐらいのトマトだと思いますが、鬼花みたいになっています。
USER6686.jpg

草勢は一番強いです。
USER6687.jpg
1,2段が着果しなかったので、あきらめてお盆に強剪定しましたが、開花を始めてくれました。
もう脇芽でも何でもいい、着果してくれればと場所がある間は放置です。
まずいんじゃないかと思わせるほど花をつける時間はたぶんないし(^^;

ブラッシュタイガーです
USER6688.jpg
草勢はこれが一番弱いようです。
でも、茎の細すぎる脇芽がどんどん育ってくるので、さすがに少し整理しました。


5/26種まきのネネです。

これも最初の2個は着果したものの、それっきりで花も咲いてなかったんじゃないかな。
(トマトトーンの必要がないので、気にしてなかった・・・)
USER6692.jpg
放ったらかしでしたが、案外しっかり育っています。
自主的に4本仕立てぐらいになっていたので、とりあえず側枝は摘芯しました。
USER6694.jpg

花数が少なかったですが、ようやくやる気の花房が出てきました╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !。
USER6693.jpg

ここからの着果組には、期待しています。
涼しくなってきて夜温も下がって来るし、条件はいいはず。
後1か月ちょいの間に数を稼いでほしいです。

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/09/05 18:14 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト:コロマイトの薬害と秋トマト近況

サビダニ対策でコロマイトしたのは7/22です。
夏トマトのプチぷよさん以外はサビダニは来てないはずなのですが、全トマトに散布しました。

今のところ、抑えられているようには見えますが、やりすぎたみたいで薬害がけっこうすごい。
USER5924.jpg
USER5929.jpg
幸いこういうのは下葉だけです。

bigtomatoさんに種をいただいたパープル・バンブル・ビー(以降はビーと略)が昨日開花しました。
それも1、2段が同時に♪。
USER5926.jpg

1段目はしょぼい。
USER5927.jpg

2段目はそれなり。
USER5928.jpg

bigtomatoさんが育てておられるビーは、この猛暑の中、自然着果に成功したそうです。
種取りはおまかせしちゃお(´▽`) ホッ

2段目からトマトトーンします。
ビーは2014年のエアルーム新品種だそうです。
バンブルビーって、マルハナバチのことみたいですが、縞々模様だからでしょうか?
すっごくキレイなトマトでしょ。
Purple_Bumble_Bee_640.jpg

直径約2.5~4.0センチと、ミニにしてはちょっと大きめですね。
お味は素晴らしいフレイバーだそうですが、海外品種のこういう記述はさっぱりわかりません。
美味しいけれど、甘いとはお世辞にもいえないピンクエッグは、ナチュラルなキャンディ・スイート・フレイバーだし・・・海外のキャンディは甘くないのか?

でもね、こちらの海外サイトでは、お味の評判もいいし、温度変化にも強そうなので、期待大です(^O^)

脇芽栽培のこくうまチェリーも着果しました。
USER5930.jpg
こちらはトマトトーンしています。

簡易温室全景です。
トマト8株がひしめいています。
USER5933.jpg

上段
USER5931.jpg
上段はこくうまチェリー・タィニーティム・レジナがいます。


下段
USER5932.jpg

下はスプライト・ブラッシュタイガー・ビー・リーセントルーブ

あっという間に上段に到達しそうなので、少しぐにゃぐにゃしてもらうよう、癖づけているところです。
ペットボトルで育てていましたが、楕円細長のゴミ箱にお引越しさせました。
ゴミ箱株間はゼロ。

水温上昇を少しでもやわらげようと段ボールでゴミ箱を隠しています。
USER5935.jpg
ペットボトルの頃は、お湯になっていたけれど、先週はお水といえる温度になってました。
ゴミ箱にもプチプチを巻いています。
先週の暑さでお湯にならなかったら、この先もそうひどいことにはならないはず・・・です。


タイピンクエッグ
USER5936.jpg

5/15の種まきなのに、一株でジャングル状態です。
もうネットが支柱状態で、はずすと収拾がつかなくなります(。•́︿•̀。)

第一花房近辺
USER5937.jpg

下の方
USER5938.jpg

ざっと見て10花房ぐらいはありますが、中玉なのに、一気にこれだけの花房に花や実をつけてもピンピンしてます。
8月中に収穫できるかどうかは微妙ですね。
4月に種まきするべきでしたφ(・_・”)メモメモ

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/07/28 09:01 ] トマト | TB(-) | CM(6)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。