いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

トマト前半戦終了が見えてきました

最近は雨続きで、トマトも完熟待ちが多いため、液肥の減りも少なく、水奴隷からは解放されています。

そろそろ梅雨明けカウントダウンに入りそうなので、思い切って、うどんこまみれになっているトマトの葉と実を整理することにしました。

ハダニも姿を見せ始めたので、どの株も弱ってきているようです。
以下、作業後の写真です。

簡易温室は今の青い実が完熟したら、前半戦は終了にします。
NNPT6028.jpg
下で茂ってる葉っぱは、イチゴです。
いまだに、ウドンコも虫も来ません(?_?)

ぜいたくトマトはこの5つを完熟させたら終了になりそうです。
NNPT6034.jpg
まだ小さな実は2花房あるのですが、葉っぱがないから、美味しくなれないだろうし。
うちの大玉のお尻がきれいなのは、うどんこのせいで、摘葉ばかりしてるからかと思ってきます(-_-;)

フルティカもこんな姿に。
NNPT6036.jpg
いったん整理して、秋につなぎたいと思ってましたが、元気が残っているかどうか・・・

シュガーベイビーも、完熟したら終了です。
NNPT6035.jpg
一昨年ほど美味しくなれませんでした。
プラムの出来がよすぎるので、つい比べてしまいます。


種まきが遅かったので、スプライトはまだ元気があるようです。
NNPT6029.jpg

今年のは、ハズレなしで美味しいので、かなりお気に入りです。
ピンクエッグの苗と間違えて育てちゃったけど、結果オーライ(^^)


シュガープラムです
NNPT6033.jpg

どれか1種を残すとしたら、絶対コレ!というお気に入りで、そこそこ茂ってるように見えますが、もう一か月以上

脇芽がない

最初はたくさんあった脇芽を、ジャングルにさせないぞと摘みまくったのが気に入らなかったのか、弱っているのか・・・
秋トマトは脇芽からなら、まだまだ間に合うので、何とか脇芽をお願いしたいです。

7月中には、ほとんど完熟するだろうから、そこでバッサリ剪定して、新芽の様子をみて、後半戦用の選手を選ぶつもりでした。
でも全員がうどんこにやられているので、いったんリセットになるかも。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/07/08 17:08 ] トマト | TB(-) | CM(4)

週末の食べ比べ4

定規の左(ピンク)がサンチェリープレミアム、中がシュガープラム、右がラブリーさくら
左側の割れてる中玉赤がフルティカ、オレンジはフルーツゴールドギャバリッチ、大玉はぜいたくトマト
NNPT5946.jpg

すみません、わかりづらいですね(^-^;

初収穫のフルーツゴールド
先日記事にしましたが、実の前後に葉っぱはなく、うどんこまみれ。
NNPT5945.jpg

糖度は5.5。
味が薄くて、美味しくもなく、まずくもなく。
もう一個いる?と言われたら、うん、食べてもいいよというところ。
ぜひ、お願い!レベルではありません。

ざんねんですが、ほっとしてるかも。
場所をとるわりに、10個ちょいしか収穫できないだろうから、リストラ候補の筆頭です。
この悪い条件でも美味しいとなると、欲が出て撤収できなくなっちゃうから(^^;。

ミニの割れだと気にならないのですが、このフルティカはちょっと汚くなってる、カビ?
NNPT5948.jpg

切り取って食べましたけどね(○`~´○)

これは糖度6でしたが、十分おいしいです。
他のフルティカには当たりも混じっていて、かなり甘いのもありました。

ぜいたくトマトも雨に濡れたせいか、割れちゃった。
NNPT5944.jpg

また糖度5で、完熟を待った初果より味が薄めでした。

ミニの赤いのは、後でまざってしまいました(・・。)ゞ 。

シュガープラムだけは形でわかります。
これも割れてましたが、糖度9。
条件が悪くても、サビ疑惑で、薬(アーリーセーフ)まみれにされても、安定してる頼りになるコです(・∀・)イイネ!!。
これだけは何とか、秋までつなぎたいです。

サンチェリーとさくらは、姿では、まったく区別がつきません。
当たり(糖度8程度)とはずれ(糖度6程度)があるのですが、たぶん今はサンチェリーがアタリだと思う。

他にも赤くなってるのはたくさんあるのですが、今日はハサミなしで、さわってとれるレベルと割れてるのだけ収穫しました。
小さいとはいえ大玉のぜいたくトマトもちょっと引っ張ったらとれました。

これでお味をみていないのは、キャロルスターだけになりました。
まだ朱色レベルなので、もうちょっと待たされそうです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/28 08:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

週末のトマト食べ比べ2

DACD5526.jpg

シュガープラム:糖度11 シュガーベイビー:糖度9 ペペ:糖度6.5 サンチェリー:糖度8 フルーツイエローEX:糖度8

プラムは本当に安定していて美味しい。
少し前に、脇芽を全部とってしまったのを大後悔しています。
もう、いつサ○が来るかわからないので、早く保険苗を作っておきたいです。

初物のサンチェリープレミアムは糖度8でした。

ただし、この実はかなり条件が悪いです。
DACD5527.jpg

この一番奥の赤い実がそうです。
これで前の葉を整理した状態で、棚の一番奥にあって、日照がほとんどなくて、うどんこまみれエリアでした。

それでも、けっこう美味しいです。
条件が悪くても美味しいトマト募集中なので、これは十分条件をクリアしています。
本気を出すと、見事な甘み、美味しい酸味のあるトマトのはずなので、日照のいいエリアに期待しています。
DACD5528.jpg


唯一の大玉のぜいたくトマトも、小さいけれど赤くなってきました。
DACD5531.jpg

まだまだ収穫は待ちますが、うどんこが迫ってきています。
これは上の花房ですが、ガクがうどんこにやられて、2花になっちゃいました。
DACD5539.jpg

一番の大食い暴れん坊のフルティカは
DACD5530.jpg
着果率がほぼ100%と安定しています。
サイズもまずまずで、これが第一花房です。
他の花房も、ミニトマトより実が多いくらいだし、それで大きいのがたくさんできるなんて、少々暴れても、なんて効率がいいトマトなんだ、と驚嘆しています。
この環境でお味がよければ、秋トマトになってほしい。
来週には収穫できそうなので、楽しみにしています。

これはプチぷよ。
DACD5535.jpg

上の食べ比べの後、あっ、忘れてたとプチぷよさんを一つ主人に渡したら、おお、これは甘い甘い!と食べていたので、先日の予備苗と違って、こちらは本来のお味だったようです。

ただ、プチぷよさんは要トマトトーンというのをすっかり忘れていました。
DACD5533.jpg

そこそこ着果していますが、失敗確率も高いです。
今日、はじめてトマトトーンしました。

そして、着果率がすさまじく悪いのがスプライトです。
ところによっては1葉おきに花がつくので、花だらけにはなっていますが、実だらけにはならない。
DACD5537.jpg

半分以上失敗してます。
DACD5538.jpg

これは脇芽を放任していたので、全部着果したら、マイクロトマトだらけになると思います。
自己調整してくれてると思うことにして、トマトトーンはしません。
芯どまりトマトのはずですが、私はいつも1Mに届く前に摘芯しちゃうので、どこまで大きくなるのかはわかりませんが、か細いくせに元気なエアルームトマトです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/15 09:39 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマト概況~多すぎ

覚書なのに、最近はトマトとの記事いえばずぼらっこになっています。
こうなると、ずぼらできているのか、気にかけすぎているのか、微妙ですね。

来年になって見直した時に、何を育てたんだっけになりそうなので、北側から順に並べてみます。

シュガーベイビー
IMGP4935.jpg

超低い位置に、第1、第2花房があります。
IMGP4932.jpg
下の方の花芽は摘みましょうというメーカー指示を守っとけばよかったかなあ・・・


シュガープラム
IMGP4933.jpg

これも低い位置から着果させてしまいました。
IMGP4934.jpg

フルティカ
IMGP4935.jpg

中玉でこんなに花数があるなら、ミニより効率がいいですね、大暴れするけど。
IMGP4936.jpg

ずぼらっこ=らくらくミニトマ≒マンアミーア
IMGP4937.jpg
無理やり下の方に誘導しています。


ぜいたくトマト
IMGP4939.jpg

第一花房は5つ着果しそう
IMGP4940.jpg
今年のトマトでは、これが一番おとなしくて手がかかりません♪。
大玉なのに、いまのところ、一番の優等生。
第2花房までトマトトーンがすんでいます。
連続摘芯するつもりなので、第一花房直下の花房は残しています。


室外機上

ペペ
IMGP4942.jpg

ネネとプチぷよ予備が同居中
IMGP4943.jpg

謎のトマト
IMGP4944.jpg
ピンクエッグだと思っていましたが、それにしては花数が多すぎるので、スプライトのようです。

プチぷよ
IMGP4946.jpg

帰省前に、これだけ液肥のチェックを飛ばしてしまったようで、第2花房から上が全枯れしてしまいました(T-T) 。


簡易温室下側です

キャロルスター・フルーツイエローEX・サンチェリープレミアム・ラブリーさくら
IMGP4947.jpg

サンチェリー、さくらの自家製苗が強すぎて、購入苗は劣勢で日照争いに苦戦しています。
これでも大剪定した後です。
脇芽というより、枝をバンバン落としました。

キャロルの第一花房は、半分以上落ちてます。
IMGP4948.jpg

フルーツイエローの第一花房もイマイチ。
IMGP4950.jpg

これは株元間借り中のレジナ、転居先未定。
IMGP4951.jpg

温室上は、先着順の無法地帯です。
今あるのは、サンチェリーとさくらだけ。
IMGP4953.jpg

左がサンチェリー、右がさくらですが、脇芽だらけだったのを、これでも1/3ぐらいに落としました。
IMGP4955.jpg

フルーツゴールド
IMGP4956.jpg

病気っぽいので、ペッパーエリアに隔離したままです。
戻ろうにも、ずぼらっことフルティカに場所を占領されたので、ここにいてもらうしかありません。
今は問題なさそうなんですが、第一花房は全滅。
第2花房が開花中ですが、まだ着果しません。

今年のトマト栽培は、梅雨明けまでの短期決戦だからと狭いところに、無茶しすぎました。
来年、この反省の気持ちが継続していますように。
サ○○○に見つかりませんように。


グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/19 12:07 ] トマト | TB(-) | CM(6)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)