いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

トマト近況:全員試食しました(随時追記)

ようやく一通りのトマトを試食することができました。

こくうまチェリー(赤)
USER4924.jpg

昨年は種まきが遅くて、収穫がサビダニ時期と重なる不運のせいか、普通のミニトマトと思ったのですが、今年は”こくうま”でした。
脇芽にたくさん実をつけさせてしまったせいか、最初の頃の方が味が濃かったですが、今も十分美味しいです。

オレンジ千果(上の写真の黄色)

激ウマというほどではないですが、普通に美味しいです。
酸味はほとんどなく、肉厚で食べやすい。
かなりひどい待遇をしていましたが、めっちゃ丈夫です。
日照時間は短め、アブラー、ハダニ頻発エリアでも、虫も全然つかないし、何回折れても平気 
カラフルになるので、重宝します。

クオールディブエ
USER4860.jpg

栽培としては失敗です。
小さいのしかできなかったし、草勢を弱らせてしまって、矮性トマト並みでした。
でも、お味は濃かった。
トマトではなく桃のような食感で、日本の大玉とは違いました。
軽い酸味でトマトのうま味ぎっしり。

ピンキー
USER4937.jpg
きれいに、たくさん実をつけているのですが、今のところ、あっさり薄味です。
完熟具合がわからないので、室内で追熟させて、色が濃くなってきたものから食べています。
まだ早いのかなあ。

6/17 今日の赤いピンキーは美味しかったです♪。

プチぷよ
USER4944.jpg


外見からして、つやつや。

流通不可能なくらいの柔らかさということで、恐る恐るハサミで収穫しました。
まだ1個なので主人と半分こしましたが、包丁を入れても崩れませんでした。
”赤ちゃんのほっぺのような新食感”といわれても、かじったこともないし、よくわからないんですが、私はグミみたいと思いました。
で、ちゃんと甘い。

きちんとお味見できるのは、まだ先になりそうですが、期待大です。

Mr.浅野のけっさく
USER4942.jpg

きゅうりと青パプリカに守られてるのが浅野さんです。
中玉ですが、最初の1個はミニのLサイズ程度でした。
これ以外は中玉のSぐらいの大きさにはなっています。
背が高く、葉も大きくて場所をとるため、リピはしないつもりでした。
まずいのは嫌だけれど、あまり美味しくても困るなと思ってましたが、困ってます。
美味しいです。

”糖度が高く、極端な節水管理を行わなくても8~9度に安定し、ミニトマトの甘さと大玉トマトの旨みを兼ね揃え、風味豊かで食味は極良。”とのことですが

そうかも・・・
去年は、骨折させた上にサビダニで、特に美味しいとは思わなかったんですが、昨日百貨店で試食した甘いフルティカには十分対抗できます。

まだ開花中の花房を除いて、今着果してるのは6花房ぐらいです。
梅雨明けに撤収のつもりで場所を当てにしていましたが、更新剪定して秋トマトを狙いたくなってきました。

こちらもまだ最初の1個しか食べてないので、追記していきます。
6/19  甘すぎじゃないけど、すっぱいわけじゃない、やさしい甘さ

レジナ
USER4925.jpg

一番びっくりしたのがこれでした。
ほとんど酸味も感じないし、市販のミニトマトや今のうちのピンキーには勝ってるよΣ(- -ノ)ノ エェ!?

といっても、買ったときにもう結実していて、うちで一か月を経過させただけ。
次の花房も育ってこないので、ほったらかしでした。
2Lペットボトルで育てて、液肥を追加したのも1回だけ。

これも最初の一番大きい実を主人と半分コでしたが、先に私が食べてみたら美味しいぞ、いけない、種とってないと、あわてて主人の分から、種をとりました。

ホムセンの肥料がよかったのか、うちでの冷遇がよかったのか謎ですが、この種から育てるのが楽しみになってきました。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/16 08:21 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:クオールディブエ とこくうまチェリー

こくうまチェリーが着色をはじめて、まだ1週間もたってません。

第1果だし、これ以上待ってても酸っぱいのは変わらないよね、と言い訳しながら、一つ収穫してしまいました。
記事にする気はなかったので、写真ないです(^-^;。

   これは1個取った後
USER4779.jpg

それがね・・種をくださった時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培のsemireyさんの予言通りに美味しかったんです。
名前に”こく”がついてるだけあって、うまみがあって甘いだけじゃない。
ベランダで普通に栽培して、このお味なら、文句なしです。
第1果から美味しかったのって、うちではタイピンクエッグだけなので、本気で驚きました。
semireyさん、ありがとーヽ(^^)(^^)ノ ♪

でも、昨年栽培したこくうまチェリーとは全然お味が違います。
熟すのに時間がかかっただけのことはあるのでしょうか?
うちでは、気温が15-30度の範囲にある4,5月がトマトに一番いい気候だと思います。
西日しか当たらないとはいえ、まだ日差しは柔らかいし、来年もこの時期に焦点を合わせて、育苗しようと思いました。


・・・・・が ふと同じ待遇の牛臓さんを見ると

もう色づいてきてる( ̄▽ ̄;)!!ガーン
USER4782.jpg

なんでショックなのかというと、まだ中玉サイズだから。
大きくならないなあと思ってたけど、みんな今のサイズで終わるつもりだな。
6個しかないのに、着果させすぎってことはないですよね。

急に草勢が弱くなっちゃって、花もないし、上の方なんて細い細い。
USER4780.jpg

大玉なのに株もちっちゃいし、何かを大きく失敗したみたいです。
虫もいないし、病気っぽくもないのにな。
いい季節とかいいながら、これではダメダメじゃん(><)

今のが色づいたら撤収して場所をオクラに譲ってもらおう。
せめて美味しければいいんだけど・・・


追記)
すっかり忘れてましたが、一応3本仕立てだったころに、3本全部の捻枝と摘芯をしています。
その時で1枝に3花房は確実についてました。
それから後の脇芽のほとんどが放置となってしまいましたが(´~`ヾ) ポリポリ・・・

グリムス ゴミ分別
関連記事
[ 2014/05/27 09:47 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト近況:クオールディブエ とこくうまチェリー(追記しました)

左がクオールディブエ、右がこくうまチェリーです
USER4609.jpg

こくうまチェリーは、こんなのが数えたくないほどできてます。
USER4618.jpg

摘芯はとっくにすませていますが、20房はありそうです(追記)。
たまに見ていて、結構脇芽も取っていたはずなのに、どうしてここまで着果させちゃったのでしょう。

2本仕立てのはずが、手遅れで3本仕立てになって、やれやれと思ってるうちに蕾だらけ・・・(・・∂) アレ?

水耕デビューの年なら狂喜乱舞でしたが、さすがに、ここまで実らせてお味がともなってくるとは思えません。
下の方は日が当たりにくいし、液肥もあまり減らない上に、全体的に実が小さいし。
これでサビーでもついたら、薬をかけるのも大変です(-_-;)。

大反省して、他のトマトは、今のところは整枝しています。


クオールディブエは初めての大玉トマトなので、毎日ワクワクながめています。

これが鬼花トマト。
USER4614.jpgUSER4613.jpg
3つ合体してるみたいって思ってましたが、
主に食材な忘備録のduckbillさんが”鬼花は複数の花が合体した花”と書いておられました。

なるほどです(*^o^*)。

これが、普通に着果したもの。
案外すっきりした形なんですね。
USER4612.jpg

クオールディブエは自主的に着果調整してくれているようで、一房に3つまで。
摘果ベタには助かります。

でも、最近の強風が恐くて怖くて。
たまにすさまじい突風が来るので、落ちちゃうんじゃないかと、ビクビクしています。

お願いだから、鬼花だけは許して、いえ、全員許して・・・(;人;) オ・ネ・ガ・イ


こくうまは開花が早かったので、まだ赤くならないのかなあ、と日付を確かめたら、早くても5月の末になりそうです。
大玉はもっと遅いんですよね。
待ち遠しいなあ。

秋トマトとしてタイピンクエッグを夏まきで始めるつもりでしたが、暑い時に冷たいのが美味しいんだよな・・と今から芽だしを始めてしまいました。
花が咲いたら確実に梅雨明け寸前なのに・・場所どーすんだバカと思ってるのに、種まきしちゃうのはなぜなんでしょう?
グリムス 省エネ

追記)
こくうまを数え直してきました。
3本仕立てだったころもあるのですが、確実に6本以上仕立てになっているようです orz
20というのは、咲いている花房も含めてですが、この際まだ着果してないのは摘みました。
葉っぱだらけで、まだちゃんとわかりませんが14花房前後になったはずです。
でも、本当に液肥消費が少ないんです。
3日に1回ぐらいですんでるし、週に2Lぐらいかも・・こわいぐらい少ない。
こんなに大株なのに根っこは、第2花房開花中の購入苗ピンキーよりはるかに少なくて、根域制限されてるみたいなレベルです。
季節がいいと、こんなもんなんでしょうか、やっぱりお味が(-_-;ウーン
関連記事
[ 2014/05/14 08:12 ] トマト | TB(-) | CM(14)

トマト近況:クオールディブエが着果

肥大を始めるまでは安心できないけれど、これ、着果といっていいですよね。
USER3509.jpg

何花房をつぼみのまま立ち枯れさせたのかわからないけれど、トマトはちゃんと結実できる時期を待って、開花するんですね。
短気起こして、撤収しなくてよかった。
USER3510.jpg

連休前までにできるだけ開花させて、梅雨明け撤収を目指すには、いつの種まきがいいのか、試行錯誤が続きます。
牛臓さんなんて11月に種まきして、1月にあきらめ半分で大幅摘芯をしてリセットしています。

これはこくうまチェリー。
USER3511.jpg

経過は牛臓さんとほぼ同じですが、ミニトマトで元気がいいので、すごい花の数になっています。
脇芽が伸び放題になっていたのを、無理やりぐるぐる3本仕立てにしていますが、脇芽の取り忘れが多いので、気分的には失敗です。
・・・・・1本仕立てにしようと思ってたから(T▽T)アハハ!

購入苗を、成長記録としてアップしておきます。

  浅野さん
USER3512.jpg
  
  プチぷよ様
 蕾の数が少なめです。
 これだけはトマトトーンして慎重にいったほうがいいのかもしれません。
USER3513.jpg

  ピンキーちゃん
USER3514.jpg

  第1花房からトリプルです、購入苗とはいえ大丈夫なんだろうか?
USER3515.jpg

グリムス 京都議定書
関連記事
[ 2014/04/22 11:08 ] トマト | TB(-) | CM(6)

なす近況:リスターダ・デ・ガンディアが開花中

珍しく連投です(^^)

なすのリスターダ・デ・ガンディアが花盛りです。
USER3429.jpg

たぶん書いたことはないと思うんですが、11月上旬に種まきしているようです。
あまり期待してなかったので、記録が適当になってます(^^;)

第一花はもう落ちています。
もう学習しているので、さすがにあきらめています。
こういう微妙な花ばっかりだし、まだ寒いですしね。
もちろん、結実しても全然OKだから、摘花なんかしないけどヾ(--;)ぉぃぉぃ。

USER3430.jpg

アザミーの一番人気というのは変わりません。
でも昨年の白ナスに比べたら、ダメージは小さいです。
かわりにチェックしずらいペッパーに、まんべんなくついてるみたい orz

早くから種まきしているのは、今でも昼間は高温になるベランダなので、盛夏になるまでに実をつけてほしいからです。
昨年に夏まきで栽培したものは、結実できずで終わりました(T_T)
今年は、縞ナスにあえるかなあ・・・
Eggplant_Listada_BW.jpg

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/04/15 09:15 ] ナス | TB(-) | CM(1)

トマト近況:牛臓さんに初鬼花

ますます元気になってきました。
最近は気温が7~40度くらいで推移してると思います。
案外、今がトマトの適温なのかもしれません。

これが鬼花というもの?
USER3433.jpg


USER3434.jpg

こんなに元気なら結実させたいですが、ツンツンしかしてません。
摘花もまだ。
どう扱ってよいものか、わからないので、第1花が終わるまで、様子をみてみます。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/04/15 09:13 ] トマト | TB(-) | CM(0)

トマト近況:牛臓さんサプライズ

えーっと、また脅しお話合いが成功しちゃったことになるのかな。
まあ、私が無知なだけなんですが(^-^;

3日前に、牛臓さんの花が変だという記事を書きましたが、今日になって、別物のような咲きっぷり。
位置を確かめましたが、場所があの未熟花と同じなので、アレがこんなに立派なお花になったみたいです。

USER3256.jpg

昨日はまだ、こんなんだったはずなのに・・・
USER3239.jpg

初めての大玉トマトとはいえ、ここから大逆転があるなんて思いませんでした。
どこに花弁を隠してたんだろ・・・

トマトになる花をつけてくれないと、ホームセンターの苗と交代してもらうかもしれないと牛臓さんにお話しはしましたが、まさかねえ・・
時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培のsemireyさんの予言通り、のんびりやさんだけだったようです。

あ~、びっくりした。

ワード:地球温暖化
関連記事
[ 2014/04/11 18:09 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:クオールディブエ はこれで開花してるの?

落蕾ばかりだった牛臓さん(クオールディブエ)が、これは大丈夫だろうという大きな蕾をつけましたが、開きかけたたままで変化がありません。

 
USER3240.jpg

いくら何でも長すぎるよねえ、と覗き込んでみたら、いつものトマトとは違う感じの花でした
いつものトマトって、こんな花です。 

   隣で育ててるこくうまチェリー(ミニトマト)
USER3238.jpg



   牛臓さんはめしべが飛び出してるし、花びらがかなり短い
USER3239.jpg
これでは、もう開きようがないような気がしてきました。
ひょっとして、これで咲いてるの?
鬼花というより、単に未熟すぎるだけなんじゃ・・・。

まだ咲いてない蕾は、めしべが飛び出てて、これも同じようになりそうです。
USER3237.jpg

牛臓さんは大玉トマトです。
ツンツンだけはしておきましたが、こんなんで受粉してくれるのかなあ・・・
受粉したとしても、トマトになれる花なんでしょうか?
ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/04/08 10:34 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:処分候補が開花しちゃった

先日、仕立て直した処分保留トマトは、簡易温室に不織布カーテンをかけただけで、外に放置してました。

P1070630.jpg

たまに、下をぺろっとめくって、給水するだけ``r(^^;)ポリポリ。

今日、脇芽チェックをかねて出してみたら、支柱の天辺を超えて、花まで咲いてた。

  こくうまチェリーです
P1070626.jpg


そして、蕾が立ち枯れるだけだから、あきらめて次代に期待するかと思いかけてた牛臓さんも
  
P1070622.jpg

もうちょっと待った方がいいよと言わんばかりに、蕾がふくらんできました。

どちらも第一花房ではないのは、確かです。

前回チェックから2週間放置してたことになりますが、どちらも支柱を無視して大きくなっちゃった・・・当たり前ですが。

それでは困るので、おっかなびっくりで、無理やりぐるぐる巻き仕立てにしました。

 こくうまチェリー
P1070621.jpg

 クオールディブエ
P1070625.jpg

これでもかなり葉っぱを落としたり、脇芽をとったんですが、トマトの成長はスイッチが入ると早いですね。

メインのはずの挿し芽トマトは、過保護すぎたか徒長がひどいので、元々の予定通りに、こちらを本隊にしていいかもと、と思ってきました。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/03/28 11:00 ] トマト | TB(-) | CM(11)

トマト近況:徒長してます

1月中旬に、徒長苗を見限って、摘芯して頂点を挿したトマトが、こんなに大きくなりました。

・・・・ごめんなさいウソです。

さし芽失敗に備えて、処分を保留していた徒長苗が、急に元気になってしまいました。
何で今になってと迷っているうちに、気が付いたら、脇芽もたくさん出ちゃって、処分できないレベルに育ってました。

とりあえずは、牛臓さんは2本仕立て

P1070583.jpg

こくうまチェリーは3本仕立てに無理やり仕立てています。
P1070585.jpg

どちらも蕾がついて久しいですが、まだ花を咲かせる気はなさそうです。


こちらが、挿し芽したトマト達です。
日光浴をさせやすいように、衣装ケースに入れっぱなしにしています。

左上 牛臓さん
上中央 オレンジ千果
左下 こくうまチェリー

P1070587.jpg

まだひょろひょろです。
もうスポンジだけでは支えきれないので、今日、穴鉢に植え替えました。

今朝の、簡易温室は2度程度でした。
昨日の日中はビニールをあけてても40度近くあったので、まだまだ温度差が激しすぎますね。
最低気温は低い日が続くようですが、親トマトだけでも、お彼岸過ぎたら、出しっぱなしにしたいです。

追記)今日はビニールをあけても、西日直射の上段は50度まで上がっていました。
   あわててイチゴを下の段にお引越しさせました(><)

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/16 11:45 ] トマト | TB(-) | CM(8)

トマト近況

9月に種まきをしたイエローミミと果が色づいてきました。
どちらも第一花房は、移動の際の私のミスでなくなっていますが(-_-;)。

イエローミミ
P1070442.jpg

千果
P1070443.jpg


ほとんど20度を超えることがないですが、寒いからと成長をとめるのではなく、コツコツと積算で色づいてくれるというのは、ありがたいですね。

でも、やっぱり室内のトマト栽培は厳しいです。
ひょろひょろになっちゃうし、お味は期待できないですね(^^;)
この脇芽を本番用に使うつもりです。

そして牛臓さんですが、12月に入って急成長して花芽もいっぱいつけてたんです。

大玉だから、全部咲かせちゃまずいよね、なんて考えてたんですが、甘かった。

これは1月6日の牛臓さん(クオールディブエ)
P1070433.jpg

今にも咲きそうなんですが・・
P1070434.jpg


どれも開花はしないんです。
それでも、支柱を超えてどんどんでかくなって、花芽はむなしく増えるばかり。
当分暖かくなるはずはないし、これもあきらめて、ばっさりしました

なかなか脇芽をつけてくれませんでしたが、ようやくここまでになりました。
P1070446.jpg

もちろん挿すつもりですが、寒いのはお嫌いのようだから、まだ早いかもしれませんね。

これもフライングですが,11月まきのオレンジ千果とこくうまチェリーを大徒長させてしまいました(><)。
花芽がついたところでしたが、これは無理!と先端部を取って、昨日挿しました。

P1070445.jpg


トマト達を育てるのに手間はかかっていませんが、窓際をどーんと占領されるのはきついです。
窓の結露ふきのたびに移動させないといけないし。

脇芽親としては助かるんですが、早くも来年はどうしようかなあ、と無駄なことを思ったりします。


地球温暖化
関連記事
[ 2014/01/15 12:15 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:第1花房が開花

秋に種まきをしたトマトは3種。

左からイエローミミ・牛臓さん・千果
USER1334.jpg


千果

USER1337.jpg
摘芯2本仕立て。
すっごい徒長です。
隣で育てていた牛臓さんとは大違い。
どっちかというと千果の方が日当たりがよかったはずなんですが、まいったなー。

55センチの支柱を立てて、超えたら摘芯予定でしたが、第一花房が65センチでついちゃいました(T▽T)アハハ!。
もう第3花房まで見えてるので、ここで摘芯します。

イエローミミ
こちらも支柱を出たところで第一花房をつけています。
USER1336.jpg

今のところ1本仕立てです。
第一花房が開花していますが、1本仕立てで第一花房が開花してくれたのは初めてのような気がします。
今までは蕾のまま落ちてたので、うれしいです(^^)
いつのまにか第1花房直下の脇芽が伸びて蕾つけてるし・・・位置が高いので、次の花房で摘芯しなくちゃ。


Cuor di bue
牛臓さんは、まだ開花までは時間がかかりそう。
USER1339.jpg

1本仕立てというか、脇芽が全然伸びてきません。
仲間は全部失敗しちゃったし、苦戦中です。

この寒い中、着果してくれるかどうかが、まず問題なんですけどね(^▽^;)
失敗しても春夏用トマトの脇芽の親株としての大事な使命は果たしていただきたいです。

ヨーグルティア発芽がうまくいったので、調子にのってこんなのもあるし(´~`ヾ) ポリポリ・・・
USER1340.jpg

このコ達の未来(場所)は来年の私に悩んでもらうことにします  (/・・)/ ⌒ マルナゲ。
ワード 地球温暖化



関連記事
[ 2013/11/19 08:10 ] トマト | TB(-) | CM(1)

冬トマトを定植しました

秋トマトを目指して種まきしていたトマト達は、暑さにやられてしまいました orz。

仕方がないので、目指すは冬トマトです。

今日定植したのは、9月5日に種まきした千果、イエローミミ、8日に種まきしたクオールディブエです。
千果はSunday,sunny,dayのNaomiさん、イエローミミは時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培のsemireyさんからいただきました。
クオールディブエは、近くのお店で半額になっていたので、衝動買いしたものです。
冬場は室内でちんまりと育ってもらう予定です。

  徒長隠しと発根期待の斜め植え・・まっすぐになれ!
USER1020.jpg

まだ少しですが、ようやく夏野菜が復活してきました。
USER1023.jpg

市販のお野菜とあわせて、山形のだしに投入です( 。・・)/⌒□ポイ 。

上のナスは黒福ですが、出遅れていたガンディアなすの花びらだけが落ちているのを今日発見!。
ようやく着果の可能性が出てきました…o(;-_-;)oドキドキ♪。

USER1022.jpg

今までは丸ごと落ちてましたから、これでも大きな進歩です。
今度は無事に実ってくれますように。
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/10/02 13:47 ] トマト | TB(-) | CM(4)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)