いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト近況:オレンジ千果を撤収・交代

台風進路が朝見たときと、ちょっとずれてる(・・∂) アレ?。
関東上陸はないかも・・と思ったら、直撃進路になってますね。
まだまだ変わるでしょうから、それてくれることを願いつつ、できることから・・

まず、オレンジ千果を撤収しました。

虫や不作でキレたんじゃないですよ_(^^;)ゞ。

こちらは昨年の種まきなので、予定より遅いんです。

奥の方の収穫をさぼっていたら、パカパカ割れてきてました。
USER5363.jpg

でもね、糖度は10でした v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
濃いオレンジになれば、はずれることなく甘いので、ピンキーより収穫判断がしやすいです。
まずい、というのがなく、いつでも合格点、というトマトでした。
場所の都合で横向きに栽培したので、栄養が届きやすかったのかもしれませんね。

とはいえ、うちのベランダでは最高齢なので、そろそろお疲れみたい。
少し前から、白いポツポツのある葉があるようになりました。
USER5361.jpg

そう、ハダニ。

私、ビギナーの頃はトマトってハダニがつかないんだ、って思ってたんです。
周りの野菜にはたくさんいるけれど、トマトだけ無事だったから。

とんでもない勘違いであることは、すぐにわかりました。
ハダニに枯らされたこともありますから・・・

弱ってきたり、無理をさせた状態だと、トマチンの分泌が減って、ハダニがつくんだ、と今は思うようになりました。

今年は、他のトマトには、まだハダニは来ていません。

跡地には、こくうまチェリーの脇芽を置きました。
USER5368.jpg

第2花房までついていますが、時期が悪いですし、これも早めに摘芯します。

予定の段数をこなしたら脇芽を挿した苗と入れ替える低段密植栽培を目指してるんですが、取り忘れた脇芽に花が咲くと、ついつい大きくしてしまいます。
現役トマトは避難可能サイズギリギリまで育ってしまいました。
避難はやりづらいし、薬もかけにくいし、病虫害も出やすくなるとわかっているのに・・・orz

今育苗中の苗は、モロに避難シーズンに大きくなるはずだから、ちゃんとお手入れしなくちゃ(`・ ・´)キリッ

追記)
お手入れしないとこうなります orz
明日は作業できないので、あきらめて避難させました。

左:プチぷよ 右 浅野さん
USER5369.jpg

浅野さんの支柱からはみでた部分がぐんにゃり・・
USER5374.jpg

支柱の上に到達してからは、防虫ネットを支えに上に上に伸びていたみたい。
もう手が届かない高さだったし、ネットで押さえつけてたからわかりませんでした・・・
グリムス ゴミ分別

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/09 13:31 ] トマト | TB(-) | CM(9)

トマト近況:お味見しました

プチぷよさんは、第2花房が先に色づいてきました。
USER5257.jpg

これは第一花房ですが、こんなふうに色が変わってきます。
USER5258.jpg

第2花房を収穫してみました。
慎重に収穫しないと、ぷにゅっとつぶしてしまいます(><)
USER5267.jpg

糖度10でした。

・・・・・そう、買っちゃったんです、糖度計。
bigtomatoさんの凄腕セールスに負けました、と人のせいにしてみるヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

でも、一番安い逆輸入品にしたのでAmazonの表示とは違うのが来ました。
170グラムの商品だそうですが、93グラムしかありません(・・∂) アレ?。
こだわる方は純正品にしたほうがよさそうです。

話を戻してっと

主人は甘くて美味しいけれど、トマトとじゃないみたいと言ってました。
私は甘くて、弾力があって、普通のトマトと違うからこそ、いいじゃんと思ってます。
輸送に適さないので、自分で育てないと食べられないというのは、栽培のモチベーションがあがりますからね(^o^)ゞ
1本仕立てのはずだったんですが、ぐんにゃり事件で整枝するのをやめてからは、こんなことになっています。
USER5264.jpg

繁らせすぎで、味が落ちるのが気がかりですが、全部着果するとも限らないので、放置したままです。

ピンキーに比べると豊産とはいえない品種のようですが、こんな花房がつきました!
USER5259.jpg

なんとかこれは収穫にこぎつけたいのですが、トマトトーンしたかどうか、わからなくなってしまいました orz


6月18日には、こんなだったピンキー
USER4963.jpg
右端は、ピンクトマトなら、もう収穫してもいいのかなという色でしたが、がまんして放置。

今日28日には、かなり色が濃くなってきました。
USER5266.jpg

ここでお味見です。

糖度は7.8ぐらいです。
でも、これは今までのピンキーとは別物で美味しかったです。
今までピンキーを美味しくない(この頃は糖度7)と言ってた主人ですが、今日はピンキーが一番美味しかったそうです。
(私はプチぷよさんの勝ちでしたが。)

右から3つめもお味を見ましたが、これはまだ酸味がきつくて美味しくない。
完熟度合の見極めがかなり大変な品種です。

全部美味しくなかったら、料理用だなーと思ってたので、ほっとしました。
あわてないで、じっくり待つことにします。

7/1 完熟ピンキー 糖度9

  浅野さんです。
USER5254.jpg
葉っぱが大きいので小さく見えますが、立派に中玉サイズに育っています。
糖度7で、酸味はほとんど感じませんが、一番トマトらしいお味のトマト。
ほんと、ミニトマトとトマトのハーフだなあと思います。


オレンジ千果は糖度8~8.5
USER5269.jpg
これは安定して、美味しいミニトマトです(^^)

レジナは糖度5でした。
確かに甘いというほどではないですが、酸味もきつくなく、おやつやサラダ用としては十分です。
第1果から種取りしたものを、今育苗中です。
USER5268.jpg
         
グリムス 省エネ
関連記事
[ 2014/06/28 12:41 ] トマト | TB(-) | CM(9)

トマト近況:全員試食しました(随時追記)

ようやく一通りのトマトを試食することができました。

こくうまチェリー(赤)
USER4924.jpg

昨年は種まきが遅くて、収穫がサビダニ時期と重なる不運のせいか、普通のミニトマトと思ったのですが、今年は”こくうま”でした。
脇芽にたくさん実をつけさせてしまったせいか、最初の頃の方が味が濃かったですが、今も十分美味しいです。

オレンジ千果(上の写真の黄色)

激ウマというほどではないですが、普通に美味しいです。
酸味はほとんどなく、肉厚で食べやすい。
かなりひどい待遇をしていましたが、めっちゃ丈夫です。
日照時間は短め、アブラー、ハダニ頻発エリアでも、虫も全然つかないし、何回折れても平気 
カラフルになるので、重宝します。

クオールディブエ
USER4860.jpg

栽培としては失敗です。
小さいのしかできなかったし、草勢を弱らせてしまって、矮性トマト並みでした。
でも、お味は濃かった。
トマトではなく桃のような食感で、日本の大玉とは違いました。
軽い酸味でトマトのうま味ぎっしり。

ピンキー
USER4937.jpg
きれいに、たくさん実をつけているのですが、今のところ、あっさり薄味です。
完熟具合がわからないので、室内で追熟させて、色が濃くなってきたものから食べています。
まだ早いのかなあ。

6/17 今日の赤いピンキーは美味しかったです♪。

プチぷよ
USER4944.jpg


外見からして、つやつや。

流通不可能なくらいの柔らかさということで、恐る恐るハサミで収穫しました。
まだ1個なので主人と半分こしましたが、包丁を入れても崩れませんでした。
”赤ちゃんのほっぺのような新食感”といわれても、かじったこともないし、よくわからないんですが、私はグミみたいと思いました。
で、ちゃんと甘い。

きちんとお味見できるのは、まだ先になりそうですが、期待大です。

Mr.浅野のけっさく
USER4942.jpg

きゅうりと青パプリカに守られてるのが浅野さんです。
中玉ですが、最初の1個はミニのLサイズ程度でした。
これ以外は中玉のSぐらいの大きさにはなっています。
背が高く、葉も大きくて場所をとるため、リピはしないつもりでした。
まずいのは嫌だけれど、あまり美味しくても困るなと思ってましたが、困ってます。
美味しいです。

”糖度が高く、極端な節水管理を行わなくても8~9度に安定し、ミニトマトの甘さと大玉トマトの旨みを兼ね揃え、風味豊かで食味は極良。”とのことですが

そうかも・・・
去年は、骨折させた上にサビダニで、特に美味しいとは思わなかったんですが、昨日百貨店で試食した甘いフルティカには十分対抗できます。

まだ開花中の花房を除いて、今着果してるのは6花房ぐらいです。
梅雨明けに撤収のつもりで場所を当てにしていましたが、更新剪定して秋トマトを狙いたくなってきました。

こちらもまだ最初の1個しか食べてないので、追記していきます。
6/19  甘すぎじゃないけど、すっぱいわけじゃない、やさしい甘さ

レジナ
USER4925.jpg

一番びっくりしたのがこれでした。
ほとんど酸味も感じないし、市販のミニトマトや今のうちのピンキーには勝ってるよΣ(- -ノ)ノ エェ!?

といっても、買ったときにもう結実していて、うちで一か月を経過させただけ。
次の花房も育ってこないので、ほったらかしでした。
2Lペットボトルで育てて、液肥を追加したのも1回だけ。

これも最初の一番大きい実を主人と半分コでしたが、先に私が食べてみたら美味しいぞ、いけない、種とってないと、あわてて主人の分から、種をとりました。

ホムセンの肥料がよかったのか、うちでの冷遇がよかったのか謎ですが、この種から育てるのが楽しみになってきました。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/16 08:21 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:全員着色しました

今日は主人が出張なので、朝寝のはずが5時に目覚めてしまいました。
これからまた大雨みたいだから、今しかないとベランダ作業をしています。

こくうまチェリーは、一斉に色づいてしまったせいか、当初のころより味が落ちています。
中には極上の葡萄状態の大当たりも混じりますが、区別はつきません。
気にならなかった皮も、少し固いものが出てきました。
柔らかいほうが、美味しいです。

当たり前ですが、完熟して赤が濃いほうが甘いので、室内で追熟させて、色の濃いものから食べてます。

  昨日の収穫(オレンジはオレンジ千果)
USER4888.jpg

支柱の中が見えない茂りっぷりでした。
葉っぱを整理しなくちゃいけないのですが、脇芽放任で、この葉っぱはこの花房にはまだ必要かもと思い出すと、なかなか落とせなくて、今になってしまいました(-_-;)

珍しく虫もつかず、健康に育っていましたが、とうとうこんな葉っぱが出てきました。

   この時期に見たくない色(><)
USER4910.jpg

もう、ほとんどが色づいてるし、今なら整理できるはずだ、と着色した花房の前後の葉をどんどん落としていきました。

 剪定前の写真を撮り忘れましたが、これでもかなりすっきりしました。
USER4911.jpg

  たくさん落としたでしょ。
USER4912.jpg

 こちらはオレンジ千果。
USER4908.jpg

上から見たところ(地這いというか水平栽培に近いことをしています)。 
USER4909.jpg

あまりいい場所ではなく、骨折も多いですが、さすが千果の名を背負ってるだけあって、豊産ですね。
葉っぱもそんなに大きくないので(大きくなる場所がないんだけど)、育てやすいです。
最初の頃より、甘さが増してきました。

 購入苗のMr浅野のけっさく です。
USER4914.jpg
ようやく赤くなりました。
お味見はまだですが、リピはしないと思います。

だってね、葉がとにかく大きいんです。
葉っぱ1枚で50センチあるのもあって、背も高いし、うちのベランダでは、持て余します・・・
それでも育てたいというお味だったらいいなあとは思うんですが(^▽^;)

これはプチぷよ。
USER4918.jpg

雨風に弱いので、風に揺さぶられるとこうなります。
USER4917.jpg

先日の暑さで5花房を失ったので(T_T)、脇芽放任に切り替えましたが、脇芽が大きくなってきました。

  まさかの6本仕立て状態
USER4919.jpg
写真左が、ぐんにゃりしていたところを切った枝です。

案外元気です(´▽`) ホッ。

自然着果しづらいとのことなので、最初の4花房はトマトトーンしましたが、ぐんにゃり事件以来さぼってます。
暑くなってくるだろうし、この脇芽はやったほうがいいでしょうね。

ピンキーです。
USER4913.jpg

ピンクトマトだと思ってましたが、かなり赤くなるようです。

これで全部と思いましたが、レジナを忘れてました。
   
    けっこうキレイなんですが
USER4925.jpg
でも、これ買ってから、新しい花が咲いてないんです。
芯どまりのまま、脇芽も育たないし、枯れもしない。
とことん完熟させてお味を見てから、どうするかを考えます。

グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/06/11 08:55 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:オレンジ千果を試食しました

こくうまと同時に色づいたんだから、こっちもいいよねとオレンジ千果を試食しました。

   雨には濡れないところだけど、割れてた(><)
USER4790.jpg

食感がいいです。
酸味はほとんど感じません。
こくうまほどではないけれど、オレンジ系トマト特有の甘みがちゃんとあります。
”「千果」と、オレンジ色のトマト品種のすぐれた食感を併せ持ち、糖度が8〜10度と高く、トマト臭が少ない。” という宣伝通りだと思います。
これからもっとお味が濃くなってくれるといいなあ。

今年は第1果が美味しくて、うれしいです(*^o^*)
特に、このオレンジ千果は、第1花房が着果してから、根元をボッキンしてますし・・強いコです。

それにしても色づき始めたのははこくうまと同時でしたが、開花はもっと遅かったはず。
千果は温室の最上段と場所が狭いので、脇芽を適当に摘んでるから、花房はこくうまの半分以下です。
果実が多いと、時間がかかるということかな?。

USER4789.jpg

オレンジ千果は上を目指そうとするので、天辺につくたびに下から無理やり誘引しているから、麻ひもだらけ。
2,3花房で摘芯してネンジして方向転換していただいています。

 そして、昨日はこくうまも主人にお味見してもらいました。(ミニは私の)
USER4791.jpg

「おいしい、おいしい、こくがある」が第1声でしたv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

・・・確かにこくうまチェリーですね(^ー^* )フフ♪

そうそう、どちらも皮は全然気になりませんでした。
だから覚えていないけれど、薄かったということでしょうね。

簡易温室の下のエリアは、ハダニとアブラーがいますが、上までは来ていません。
土耕じゃないし、風に飛ばされてくるのなら、どこも同じように思うけれど、虫は下が好きなのかな?。

オレンジ千果の種も時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培のsemireyさんからいただきました。
うちのトマトはsemirey印がいっぱいです<(_ _*)>

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/05/29 07:00 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト近況:やっと・・・

勘違いをしてたみたいで、こくうまチェリーは3月末には開花してました。
となると、アチチベランダでまだ着色しないって変じゃない?と、気をもんでました。

どれが第一花房かもわからないし、かきわけないと下まで見えないゴミ箱ジャングル状態ですから、光合成をしようと実の緑がどんどん濃くなってくるさま・・・ベースグリーンというよりはグリーンバック果になりそうな気がします。
USER4757.jpg

茂らせすぎて着色不良コースかもしれませんが、とうとう着色果(薄いけど)を発見しました(^O^)ウレシーーー!!。

   この濃い緑がきちんと赤くなりますように(-m-)”
USER4747.jpg

そしていつ開花したかもわからなかったオレンジ千果も

   たぶんオレンジになろうとしてる
USER4762.jpg

あ~助かった。
千果ちゃんは脇芽を適度に整理してるけれど、こくうまは追いつかなかったから、お日様が足りなくて赤くなれないのかもしれないと本気で思うようになってました。
やれやれです(´▽`) ホッ。

グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/05/23 13:50 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:空中地這いオレンジ千果

時々娘っこ♥ 稀に息っこ♪ と 水耕栽培のsemireyさんから、オレンジ千果の種をいただいて育てていましたが、あまり記事にしてませんでした。
無事に育ってくれるとは思えなかったからです(-_-;)

簡易温室の最上段に置いてますが、これ、どういう状態かわかりますか?
USER4382.jpg


写真が見づらいですが、移動中に左上の矢印のところで、ボッキンしちゃったんです。
USER4383.jpg

根元から3センチぐらいのところです。
もう皮だけでつながってるという感じで、ほとんど折れてました。

第一花房は肥大を始めてた時期でしたが、こりゃだめだなあ・・とあきらめつつもセロテープでぐるぐる巻きにしたら、しおれることもなく、何事もなかったように育ってるんです。
トマトって、本当に強い。

梅雨明けの酷暑になると無理かもしれないけれど、そういうことなら簡易温室(ビニールははずしています)の一番上で地這いトマトとして、がんばってもらうことにしました。

実はこの株は、これで2度目のボッキンです。
このストレスで甘くなって、というのは無茶でしょうね・・・(-人-)ごめんよおぉ

第2花房も着果しています。
USER4385.jpg

右の枝が主枝ですが、摘芯して捻枝しています(その横はバジル)。
USER4387.jpg

左の枝も、そのままにしておくと天上についちゃうから、そろそろ捻枝します。
これで育ってくれるのなら、場所の調達が楽でいいんですが、下段でもできるかな?。

バジルはどこに置いてもいいので、横にならもうちょっと大きくなってくれていいよ~。
グリムス 京都議定書
関連記事
[ 2014/05/09 09:29 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト近況:徒長してます

1月中旬に、徒長苗を見限って、摘芯して頂点を挿したトマトが、こんなに大きくなりました。

・・・・ごめんなさいウソです。

さし芽失敗に備えて、処分を保留していた徒長苗が、急に元気になってしまいました。
何で今になってと迷っているうちに、気が付いたら、脇芽もたくさん出ちゃって、処分できないレベルに育ってました。

とりあえずは、牛臓さんは2本仕立て

P1070583.jpg

こくうまチェリーは3本仕立てに無理やり仕立てています。
P1070585.jpg

どちらも蕾がついて久しいですが、まだ花を咲かせる気はなさそうです。


こちらが、挿し芽したトマト達です。
日光浴をさせやすいように、衣装ケースに入れっぱなしにしています。

左上 牛臓さん
上中央 オレンジ千果
左下 こくうまチェリー

P1070587.jpg

まだひょろひょろです。
もうスポンジだけでは支えきれないので、今日、穴鉢に植え替えました。

今朝の、簡易温室は2度程度でした。
昨日の日中はビニールをあけてても40度近くあったので、まだまだ温度差が激しすぎますね。
最低気温は低い日が続くようですが、親トマトだけでも、お彼岸過ぎたら、出しっぱなしにしたいです。

追記)今日はビニールをあけても、西日直射の上段は50度まで上がっていました。
   あわててイチゴを下の段にお引越しさせました(><)

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/16 11:45 ] トマト | TB(-) | CM(8)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。