いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト概況~多すぎ

覚書なのに、最近はトマトとの記事いえばずぼらっこになっています。
こうなると、ずぼらできているのか、気にかけすぎているのか、微妙ですね。

来年になって見直した時に、何を育てたんだっけになりそうなので、北側から順に並べてみます。

シュガーベイビー
IMGP4935.jpg

超低い位置に、第1、第2花房があります。
IMGP4932.jpg
下の方の花芽は摘みましょうというメーカー指示を守っとけばよかったかなあ・・・


シュガープラム
IMGP4933.jpg

これも低い位置から着果させてしまいました。
IMGP4934.jpg

フルティカ
IMGP4935.jpg

中玉でこんなに花数があるなら、ミニより効率がいいですね、大暴れするけど。
IMGP4936.jpg

ずぼらっこ=らくらくミニトマ≒マンアミーア
IMGP4937.jpg
無理やり下の方に誘導しています。


ぜいたくトマト
IMGP4939.jpg

第一花房は5つ着果しそう
IMGP4940.jpg
今年のトマトでは、これが一番おとなしくて手がかかりません♪。
大玉なのに、いまのところ、一番の優等生。
第2花房までトマトトーンがすんでいます。
連続摘芯するつもりなので、第一花房直下の花房は残しています。


室外機上

ペペ
IMGP4942.jpg

ネネとプチぷよ予備が同居中
IMGP4943.jpg

謎のトマト
IMGP4944.jpg
ピンクエッグだと思っていましたが、それにしては花数が多すぎるので、スプライトのようです。

プチぷよ
IMGP4946.jpg

帰省前に、これだけ液肥のチェックを飛ばしてしまったようで、第2花房から上が全枯れしてしまいました(T-T) 。


簡易温室下側です

キャロルスター・フルーツイエローEX・サンチェリープレミアム・ラブリーさくら
IMGP4947.jpg

サンチェリー、さくらの自家製苗が強すぎて、購入苗は劣勢で日照争いに苦戦しています。
これでも大剪定した後です。
脇芽というより、枝をバンバン落としました。

キャロルの第一花房は、半分以上落ちてます。
IMGP4948.jpg

フルーツイエローの第一花房もイマイチ。
IMGP4950.jpg

これは株元間借り中のレジナ、転居先未定。
IMGP4951.jpg

温室上は、先着順の無法地帯です。
今あるのは、サンチェリーとさくらだけ。
IMGP4953.jpg

左がサンチェリー、右がさくらですが、脇芽だらけだったのを、これでも1/3ぐらいに落としました。
IMGP4955.jpg

フルーツゴールド
IMGP4956.jpg

病気っぽいので、ペッパーエリアに隔離したままです。
戻ろうにも、ずぼらっことフルティカに場所を占領されたので、ここにいてもらうしかありません。
今は問題なさそうなんですが、第一花房は全滅。
第2花房が開花中ですが、まだ着果しません。

今年のトマト栽培は、梅雨明けまでの短期決戦だからと狭いところに、無茶しすぎました。
来年、この反省の気持ちが継続していますように。
サ○○○に見つかりませんように。


グリムス ペットシア

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/19 12:07 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマトが吹っ飛ばされた

先週は風が強かったですね(^-^;

金曜日に、ミニトマトの千果とシュガーベイビーが吹っ飛ばされました。
根っこ丸出しで落ちていたので、ダメージがかなり大きかったようです。

IMGP0680_20130708132200.jpg


この2つは、発泡スチロールの豪邸で、液肥の重さもあるし防虫ネットのガードもあるので、大丈夫だろうと安心してたんですが、防虫ネットを押しのけて、上だけ飛ばされちゃった。

うちのベランダではフタごと液肥層にしばりつけとかなくちゃ、危ないんだと今頃学びました orz

かろうじて、上のほうだけが無事で、写真に写ってない下のエリアは、葉っぱはなくて実だけになってます。
少しでも新芽を守ろうと、下から枯れていったのでしょうか(T_T)

関東地方は平年より15日、去年より19日も早い梅雨明けだそうで、着果は不可能な時期になったというのに・・
守るのなら今ある実を守ってほしかったヾ(--;)ぉぃぉぃ。
残った葉っぱで、青い実を赤くすることができるかなあ・・・

でも梅雨明け早いですよね。
雨も少なかったのに、早い! 早すぎます。
これでナスももうダメかあ (;-_-) =3 フゥ
そのうち、ゴーヤとオクラだけになりそう
IMGP0694_20130708132159.jpg
地球温暖化
関連記事
[ 2013/07/08 13:30 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況:アーリーセーフ散布

後発組のトマトも色づいてきました。

そろそろ気になるのがサビダニです。

こんな葉っぱがあると、ドキドキしてルーペをのぞいています。

IMGP0624.jpg

まだ無事のようですが、何もしないよりはと、アーリーセーフを散布することにしました。
その前に、着色が始まったものは多少色が薄くても収穫しておきます。

ラブリーさくら
IMGP0612.jpg
先発組なので、第2花房と脇芽が色づいています。
けっこう豊産種のようです。
お味は最初は種袋風にいうと、酸味と甘みのバランスがよいという表現になるのでしょうか。
最初にとれていたものには、そこそこ酸味がありましたが、だんだん薄くなってきました。


千果
IMGP0614.jpg
赤いのは昨日食べちゃった(^o^)ゞ。
最初は薄味だったけれど、美味しくなってきました。
これはまだ数日かかるだろうから、このままにしておきます。

Mr. 浅野のけっさく
IMGP0619.jpg

まだ第1花房ですが、2個はもう収穫済です。
骨折させてしまったせいか、それほど実つきはよくありません。
ミニトマトと比べちゃいけませんが・・
お味は今のところフルティカに似た感じ。
酸味はないけれど、まだ味が薄いです。

シュガーベイビー
IMGP0615.jpg

第3花房です。
これが色づくのを待ってました♡
今のところ一番のコク甘です。
主枝につく実が少ないので、数を稼ぐために脇芽放置に切り替えました。
下のほうは寂しいけれど、上だけわさわさです。
IMGP0616.jpg

ピュアスィートミニ
IMGP0617.jpg

一度、謎の全枯れをさせてしまったせいか、ひ弱く育っています。
本来、鈴なりになる品種ですが、一番マシな花房でこれです。

タイピンクエッグ
IMGP0620.jpg

後からは栄養が分散されちゃって小さくなりますが、最初の2果はいつも大きいので、先日収穫して種を取りました。
甘くはなく、なぜかうちのは酸味もないのですが、妙に美味しい。
味は好みが分かれるでしょうが、こんなに気前よくたくさん実ってくれる中玉って貴重だと思います。

レッドミニ
IMGP0621.jpg

今赤いのはこれだけです。
色づくとすぐ食べちゃうので(^^)
甘くてぷるるんですが、まだ去年のほうが勝ってます。

今回は区別して収穫していたのに、落としちゃった(><)
IMGP0626.jpg

右は全部ラブリーさくらです。
左下はたぶんシュガーベイビー。

一目で区別がつくのは、ピンクエッグとプラム型のピュアスィートミニだけですね(^▽^;)
同じ品種でも場所で味が違ったりするので、食べても区別がつかないです。

太陽電池
関連記事
[ 2013/06/25 09:44 ] トマト | TB(-) | CM(15)

トマト近況:レッドミニ

4月18日に苗を購入して育てているレッドミニです。
IMGP0587.jpg

昨年F2を栽培しましたが、大粒のデラウェアみたいで、うちのトマトの中で一番美味しかったんです。
それで今年はF1苗を買ってみました。

支柱を立てるのをさぼっているうちに、こんなくねくねに

本来2本仕立てにするつもりでしたが、脇芽が育たず、1本仕立てです。
レッドミニは脇芽大歓迎だったのですが、出てこないんです。

花房のついた脇芽は第4花房直下のこれだけ。
IMGP0589.jpg

第1花房はすでに収穫済みで、今、第7花房までできています。
曲がってなければ70センチくらいでしょうか。

とにかく全体的にコンパクトです(そういうトマトだから当たり前ですが)

第5花房でようやく房なり
IMGP0590.jpg

でも実がちっちゃめ

花房の一番大きい実で普通の小さめミニトマトです。

去年のF2レッドミニのほうが、一回り大きかったです。
お味は去年のピークには負けますが、甘くて柔らかい。

比べるとF2のほうがよかったな~。
ここからの逆転を熱望します(J-o-)J サァ コイ!
キャンドルナイト
関連記事
[ 2013/06/18 20:32 ] トマト | TB(-) | CM(2)

トマト近況:千果とシュガーベイビー

6/15から、ほんのりと着色を開始した千果が赤くなりました。
2/12種まき、3/20に摘芯しているので、通常より1週間は遅れていると思います。
千果ちゃんは、真っ赤に完熟させると美味しいとのベランダ水耕菜園runeさんの教えを守って、まだ待ちます
  2本仕立ての第1花房がほぼ同時でした
IMGP0580.jpg
IMGP0579.jpg

1段目は2つ合計で10個としょぼいですね。
でも、これまでは開花すらさせられませんでしたから、私的には側枝2本仕立ては大成功です。

2段目以降は千果ちゃんらしくなっています(^^)。
IMGP0581.jpg

脇芽をちゃんと取って、2本仕立てで管理という目論見はすでに失敗しました。
気がついたら大きな花芽をつけた脇芽があちこちに(・_・?)
仕方ないので、葉っぱが重なりすぎるところは剪定に変更。

最初の頃はチェックに気合が入っていたので、3段ある輪っかのうち1段目はすっきりしていますが、上にいくほど密集しています。


  これは3段目の輪っかの上です・・支柱なしの無法地帯
IMGP0574.jpg

ここからは強い脇芽は放置します。

着果できるのも後1か月あるかないかなので、もう一つでも多く取っちゃえと(^-^;。


購入苗のシュガーベイビーは6/1から収穫しています。
最初は大したことないなーと思ったんですが、完熟させたら、コク甘で美味しいんです。
でも1、2段目は着果した数が少なくて、合わせて10個ぐらいでした。

  3段目も少ない
IMGP0578.jpg

  脇芽は元気にダブル
IMGP0585.jpg

千果ちゃんのお味はまだ見ていませんが、今のところ、これが私史上で一番美味しいミニトマトなので、と立派な脇芽を摘むなんてできなくなりました。
好きに育っていただいて、私は水奴隷に励むことにします(^^ゞ

今、着色待ちが5房、開花中が8花房、まだ蕾の脇芽もけっこうあります。
後1か月でここから何個稼げるでしょう(^▽^;)

今日、千果にハダニがつきはじめていました。
まあねえ・・来ますよね。

最強のおとりのナスを隣に移動するべきかどうかちょっと悩んでます。
まずは、水攻めとアーリーセーフからはじめます。

  今日のビアンコさん・・第1果なのに欲ばってます
IMGP0582.jpg
キャンドルナイト
関連記事
[ 2013/06/18 09:05 ] トマト | TB(-) | CM(4)

トマト側枝2本仕立て近況~千果とさくら

この2品種は側枝2本仕立てにしていますが、茎もまずまず太く、花房もどんどん出てくるので早期に収量を稼ぐにはよさそうです。

  千果
IMGP0481.jpg

ダイソーの90センチ支柱に、無理やり誘引しています。

でも2本仕立てというと、かなりウソ(^^;)。

   脇芽整理に脱落して一見3本仕立て
IMGP0495.jpg


    真ん中の枝のさらに上は、こんなことになってます
IMGP0484.jpg

輪っかは3つだけですが、1段ごとに5花房くらい割り当ててるのでかなり無理しています。
もうちょっと大きいのを使ってあげられればよかったです。

千果は今のところ大きな問題はないのですが、実がちっちゃいな~。
まだ肥大中とはいえ、場所の割に実をつけさせすぎかもしれません。


ラブリーさくらは、先日原因不明のシオシオになりました。
室内で一泊させたら回復したので、暑さのせいにしていますが、まだ昼間は元気がなく日よけが必要な状態です。

1花房につく花が多く、うちでは一番実をつけています。

さくらの上
IMGP0486.jpg

さくらの下
IMGP0491.jpg

もう何花房あるのかわかりません。

株間30センチで滅茶苦茶やってると思います。

上の輪っかも定員なので、千果もさくらも先は止めています。

昨日のベランダはかなり高温になっていたようです。
トマトの受難の季節はこれからなので、暑さ&病気&虫対策をがんばらなくちゃ。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/06/05 10:03 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況(購入苗):がんばれ浅野さん

昨日のお昼に気づきました。

   5/23昼 ポッキリ・・・
IMGP0423asano.jpg


ちょうど第一花房の上でした。
リング支柱にループ仕立てにしようとグルグル誘引をしていましたが、今週は誘引は何もしてないのです。

発見時は萎れてなかったから、たぶん昨日折れたんですよね。
最近風は強くないから、犯人は私でしょう(><)。

あきらめて折れたところから挿すか迷いましたが、今挿しても育てる場所がありません。
ダメもとでセロテープでぐるぐる巻きにしたものの、夕方には完全に萎れてました。

脇芽と主枝交代するつもりでしたが、夜の間にがんばってくれましたヾ(〃^∇^)ノ♪
    
    5/24朝 白いところが骨折箇所
IMGP0426asano.jpg

まだ助かったと決まったわけじゃないけど、トマトって本当に強いんですね(・∀・)イイネ!。

これはMr.浅野のけっさくというトマトです。
GWに通りがかった種苗店で初めて見つけたのでスカウトしてしまいました。

”特別な節水管理を行わなくても高糖度でコクとうまみを持ち、しかも大玉の肉質を兼ね備える中玉品種”を目指したトマトだそうです。
宮城県で渡辺採種場の浅野さんが10年をかけて育成して、東北でブランド化をすすめているようです。

http://www.umai-aomori.jp/know/sanchi-report/139.phtml
http://www.tokyo-seika.co.jp/business06/products/vegetables/120628.html

ちなみにここに中玉トマトの試食アンケートが載っていました。
トマトのお味は育て方と時期で変わるものだから、どれも食べてみたくなりますね(^^)


サントリーピュアスイートミニ

浅野さんの加入で、ワークショップからいただいたピュアスィートミニに場所を譲ってもらうことになりました(*_ _)人ゴメン。
ワークショップにあったサンプルを目指して2株をまとめて1本仕立て&ループ仕立てにします。
当面はゴミ箱住まい(-_-;)。

   もうキチキチ 
IMGP0427pure.jpg


シュガーベイビー
  手前の株です。
IMGP0428suger1.jpg

 購入時に咲いていた第一花房が色づいてきました。
IMGP0430suger.jpg


レッドミニ
IMGP0431red.jpg

お気に入りの品種なので、脇芽でリレーしたいと思っています。
大きくならないので、ペットボトル住まいです。

・・・と今年もトマトにたくさん手を出してしまいました。

基本的に脇芽は取るということで、去年よりはマメに取っているつもりなんですが、失敗しています。
気づいたら、もう咲いてたというのがあちこちに・・・

でも去年の記録を見たら、まだ株数が少ないようです。
おまけに去年はペットボトルのほうが多い!。
よくやってたなー、私_(^^;)ゞ
7月にサビダニにやられて半減しなかったら、8月に音をあげていた可能性が特大ですが。
地球温暖化

追記)午後から西日が当たりだしたら、また萎れてきましたΣ(|||▽||| )。取り急ぎタイトル変更
黒の寒冷紗をかけてきました。

追記)5/26追記 昼にはしおしお、朝に復活を繰り返しています。
関連記事
[ 2013/05/24 08:12 ] トマト | TB(-) | CM(10)

タイピンクエッグが元気すぎる

本を読んでやりたくなったというだけで、芯どまり品種のタイピンクエッグまで側枝2本仕立てにしてしまいましたが、ダメージなく育っています。
IMGP0281.jpg

芯どまりだから上部の脇芽は残して、下のほうの脇芽だけ摘んでいましたが、脇芽の勢いが他のトマトとは比べ物になりません。
花芽をどんどんつけてきて、早くもぐちゃぐちゃ(>_<)。
IMGP0285.jpg

昨年は完全放置でもそれなりに実をつけてくれていたので、体力的には問題ないのでしょうが、このままでは茂りすぎで病気や虫が心配です。
風通しが悪くなりそうな内側に茂っている葉と脇芽は落としました。

  あんまり変わってないけど
IMGP0292.jpg

それでもまだ15花房はありそうです。
昨年ほど下葉も痛むこともなく、順調すぎる育ちっぷりです。

これはSunday, Sunny dayのNaomiさんが自家採種された種を分けていただいて、昨年うちで育てた株から種を取りました。

Naomiさんのベランダも西向きなので、そろそろ日本の西側ベランダに適応してきたのでしょうか?。

でもここまで脇芽が旺盛で、花芽つけまくりの品種を2本仕立てにする必要は全然なかったですね(-_-;)

もう芯どまりするとは思うけれど、輪っかから上は摘芯します。
真夏までに撤収、選手交代を目指しているので、ここからは脇芽をきちんと取っていかなくては。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/13 17:51 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマト近況

雨になりましたね。
本来なら残念なところですが、今日は苗を出さないですむと、正直ほっとしております。

全員中にいるので、トマトの点検をしました。

種から栽培しているものです。
IMGP0199.jpg
出し入れしやすいように手を抜いて、ひとまとめにしていますが、そろそろトマトも私も限界みたいですね(^-^;

これはレッドミニのF2です。
IMGP0205.jpg

自作にしては上出来。
だって、第1花房が咲いたんですよ、当たり前のことかもしれませんが、うちではすごいことなんです!
これだけでも摘芯仕立てにして報われました。
本葉1枚目からの側枝はかなり短いのが難ですが、これもつぼみがついています。

予定通り、レッドミニのF1の苗を買っています。
並べてみると(右が購入苗)
IMGP0203.jpg

うちのコ徒長してたんですね(^▽^;)
市販のレッドミニは一番花の数が多いのをお持ち帰りしました。
レッドミニで第一花房から、こんなのができるなんてーと驚きの数です。
IMGP0204.jpg

うちのは各側枝で5,6個ずつくらいかなあ。
両方足して、市販苗になんとか近づけるかなという感じ(^^;)

一番に花芽がついたと喜んでたラブリーさくら
IMGP0212.jpg
支柱を立てていないのに、自主的にきれいな2本仕立てになっています。

でもねえ・・・これがその第一花房です
IMGP0210.jpg
私が花芽を折っちゃったんです

本葉1枚目からの側枝はそれなりに花を咲かせてくれています。
IMGP0211.jpg

タイピンクエッグ
IMGP0213.jpg
第2花房までついていますが、まだ花は咲いていません。
下から葉っぱが黄色くなってきますが、気にせず取っています。
去年はもっとひどかったし、サントリーさんのサンプルも下の方はきれいじゃなかったから、いいやって。
タイ産ですもの、この気温でこれだけがんばってくれたら十分。
今年は第1花房から咲いてくれそうです。
芯どまり種のピンクエッグを2本仕立てにする必要は全然ないんですが、これも摘芯してよかった。
去年はつぼみの立ち枯れを繰り返していましたから。

千果
IMGP0214.jpg
種まきが遅れたので、まだ第一花房までしかつぼみがありません。
2週間前は本葉2枚目の側枝が短かったんですが、大きくなってきました。
千果は本葉3枚で摘芯したので、1枚目からの側枝はもう取っています。

シュガーベイビー(購入苗)
IMGP0209.jpg
落花もあるけれど、少しは結実してくれました。
初めて見たので、今イチな苗を衝動買いしましたが、近所で立派な苗が売られてました(@゜Д゜@;)あら・・。
まだ弱々しいですが、水耕には慣れてくれたようです。
がんばれー。

ところで、最低気温が低いなんて言ってられるのも、後わずかですよね。
すぐに酷暑がやってくるわけですが、この50度越えベランダをどうしたものかと悩んでいます。
遮光ネットは張りますが、やっぱりお湯になるときはなるし・・
直置きはさすがにしていませんが、全体にすのこをひく、タイルを敷く、などで液温上昇がマシになってくれるでしょうか?
壁からの照り返しは、寒冷紗をカーテンがわりにかけるか、ゴーヤに急いで成長してもらうぐらいしか思いつきません。
GWに対策を求めてホムセンめぐりをするつもりですが、見栄えはこだわらないので、おすすめの方法があればご教示くださいませ<(_ _)>。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/24 10:05 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマトの側枝2本仕立て近況

毎日見てると、育ってないような気がするのですが、3月22日の写真と比べてみると、けっこう成長してくれてました。
花芽は全部ついています。


ラブリーさくら
sakura.jpg


タイピンクエッグ
egg.jpg


レッドミニ
red.jpg
背の低い品種のレッドミニを本葉2枚で摘芯したのは失敗でした。
1枚目から出た脇芽なんて、花芽まで5センチもないです。
低い位置の花芽は摘むようにとメーカーHPにあるし、様子を見て第1花房はあきらめるかもしれません。


千果
chika.jpg
3月27日に脇芽のモトが出始めたばかりなのに、大きくなりました。

高さはもう先発隊と同じになっています。
小さいので微妙なんですが、花芽まで他より1枚少ない6枚しかないみたい。

千果だけ本葉3枚で摘芯しましたが、写真のとおり一番上の3枚目の勢いが強いです。
2,3枚目が大丈夫そうなので、3センチにもなっていない1枚目は昨日取りました。

一見すっきり2本仕立てに見える先発隊も、上の葉から出た側枝のほうが勢いがあります。


予備
koku.jpg

これは2月27日に種まきしたテストの苗ですが、2枚で摘芯しています。
がっ、1枚目がようやく脇芽のモトができたばかりで2本仕立てにできるのか微妙ですし、出ても弱そう。

株数が少なければ無理をしないで、3枚目で摘芯するほうがよさそうです。


シュガーベイビー(摘芯してません)
suger.jpg

すぐに枯れちゃうんじゃないかと心配したシュガーベイビーは、立ち直ってくれました。
まだ怖いので、他の苗とは隔離中です。
第1花房から脇芽が育っているのですが、レア物なのでこれを取って予備苗を作るか、そのまま2本で仕立てるか迷い中です(^-^;
地球温暖化
関連記事
[ 2013/04/10 07:51 ] トマト | TB(-) | CM(3)

トマトの側枝2本仕立て近況 ー花芽がつきました

側枝からは本葉7枚程度で花芽がつくということでしたが、ラブリーさくらは7.5枚になっています。

じゃあ、そろそろ出てきて!、と覗き込んだら、ありました!

   3つしかわからないけど(^^;)
IMGP0052.jpg


花芽のついた第2葉からの側枝です(右下に摘芯跡があります)
IMGP0053.jpg

花芽までは12センチ程度です。

摘芯したトマト達は、どれも小さすぎるぐらいで、徒長してないんですΣ(='□'=)ウッソー!?
この位置から第1花房がついてくれると、超ありがたいけれど、ちょっと低すぎるような・・
ラブリーさくらは節間も長く、今までは徒長させてばかりで、花芽まで軽く30センチはあったんですよ。

第1葉からの側枝は、どれも本葉が1枚ぐらい少なくて、第2葉からのほうが元気です。
だから第3葉まで残しての摘芯が推奨されてるのかな?

千果ちゃんだけは、20日に第3葉で摘芯していますが、まだ脇芽が出てきたばかりです。
P1060824.jpg

この場合は2,3葉からの側枝を残すようにとのことでしたが、これもどうなるか楽しみです(*^o^*)。 
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/27 13:10 ] トマト | TB(-) | CM(10)

トマトの側枝2本仕立て近況

側枝2本仕立てを目指して、トマトを摘芯したのが3月4日でした。
2枚だけ本葉を残していましたが、今日3月22日には、ラブリーさくらは側枝から本葉が6枚ずつ出ています。

  ラブリーさくら
P1060793.jpg

脇芽を確認したのが10日なので、わずか12日で12枚も本葉が増えたことになります。

  これはタイピンクエッグ
P1060795.jpg
子葉の上からも、脇芽が出てきました、強いなあ。

  レッドミニも小さいながらも2本仕立てになってます。
P1060792.jpg


まだ摘芯していなかった千果は3月4日に本葉2枚でしたが、20日には5.5枚になりました
これで普通の成長ぶりだと思うのですが、摘芯組の育ちの速さに、びっくりしています。

20日に図書館で現代農業の2012年の9月号に、2本仕立ての特集を見つけました。
疑問に思っていたことの答えが載ってました(^^)。

普通栽培で一段花房直下の側枝は5枚の葉をつけたあと花芽がつきますが、一段花房より下の本葉から花芽が出るのは、抑制栽培なら5枚、夏秋栽培なら7枚ぐらいなんですって。
本葉3枚で摘芯すると、第3花房ぐらいから2本の側枝の開花が揃うそうです。

これを読んで、その夜に千果ちゃんまで摘芯しちゃいました(^▽^;)

  千果ちゃんもがんばれ~(*・人・*)
P1060790.jpg


2本仕立ての方法として

1)第一花房直下の脇芽を使う
2)子葉の上で摘芯
3)定植後3~4枚目の脇芽を使う
4)本葉3枚で摘芯
が紹介されていました。

1)は強い側枝が出るけれど、初期収量が低い
2)は花芽がつくのが早いけれど、側枝がちゃんと出ないことがあり、その場合スペアの側枝もない。
3)は主枝と側枝の開花がそろうけれど、側枝を誘引する際に付け根が避けやすい。
4)は草丈の伸びる時期に摘芯することで良苗(固く太い苗)になり、3段目あたりで生育がほぼ揃い、2,3枚目の側枝を使う。1枚目はスペア。

ということで、4)がおすすめされています。

私はこれにはない本葉2枚で摘芯しましたが、千果ちゃんは3枚目でやりました。
花芽の位置などの違いが出るかな?

GWまでに結果が出るだろうから、ダメなら苗を買って、秋冬トマトでまたやってみます。

液肥の要求量はやっぱり1本仕立ての倍に増えちゃいますよね。
でも去年は脇芽伸ばし放題だったから、それよりは楽になるはず・・・きっと(*゜.゜)ゞポリポリ

そうそう、この仕立て方は大玉トマトの接木苗に用いられるものです。
私はミニ、中玉トマトの自根での水耕栽培なので、かなり違います。
興味のある方は、現代農業や前回ご紹介した夏秋トマト栽培マニュアルをご覧くださいね。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/22 20:14 ] トマト | TB(-) | CM(6)

トマト近況~結局種まきしちゃいました

ペッパーを量産してしまったので、今年はトマトは苗を買うつもりでした。

でも、皆さんの記事を見ていると、やっぱり寂しくなってきて、最悪でも室内で一本仕立てなら何とかなるだろう、と1月末に手持ちを種まきしてました。
写真の日付は発根日です。

タイ・ピンク・エッグ
P1060594.jpg
甘さは全然ないのに、とろっとしていて冷やして食べるのがお気に入りだったトマトです。
芯どまり品種の一本仕立てってありえないんですけど・・(^▽^;)。


レッドミニ
P1060597.jpg
種が一粒だけ残ってました。
主人のお気に入りで、うちでも極甘に育ってくれるブドウみたいな食感のトマト。
これは矮性だから、何とかなるでしょう。
F1でも食べてみたいので、たぶん苗も買います。

ラブリーさくら
P1060595.jpg
昨年種まきしたのは、虫で全敗しました。
ひょろっと間伸びして育っちゃうし・・・
ということで、まだ食べたことが、ないんです(~ヘ~;)ウーン
もう種が残り少ないから、うちでは手堅い夏まきにしようと思ってましたが、つい種まきしてしまいました。
今年は何とか守らなくちゃ!

千果
P1060596.jpg

Sunday, Sunny dayのNaomiさんのところから、お嫁に来てくれました (*'-'*)ノWelcome!
こちらは1週間前の種まきで、まだ発根したばかりですが、夏に強いというので超期待しています。
大事な嫁ですから、ゴミ箱じゃなくて、発泡スチロールのおうちにお迎えする予定です。

もう十分なような気もしますが、後は苗との出会い次第ですね(*・・*)ポッ

ついで
P1060598.jpg

このコ、4センチもないんです。
可愛らしいし、狙って買えるものでもないから、アタリだったと思うことにしました(^-^)。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/19 10:50 ] トマト | TB(-) | CM(12)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。