いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペッパー近況

ペッパーは、今3株生き残っています。

それぞれが豊作ではなくても、少しずつ実をつけてくれるので、たまにこのくらいの収穫ができていました。
USER9089.jpg

7/3種まきの甘とう美人
USER9095.jpg

さすがメジャー品種ですね。
実つきがよく、一番働いてくれたと思います。

7/3種まきのバナナピーマン
USER9094.jpg

少ししかとれていません。
やっぱり寒いのはお嫌いかなあ。

ウィルス病で棒にした後で復活したジャンボ甘長
USER9090a.jpg

もう花が咲かなくなってきました。
最低気温が5度前後で、たまに晴れると30度以上というツンデレ状態ですから、無理もないです。
もういないだろうとはいえ、アザミーつきの可能性のある株を室内に入れたくないし・・・

  ツボミはこの1個だけ(^^;)
USER9093.jpg

葉っぱは元気なので、もうしばらくがんばってもらいます。

7月まきでも10月から収穫できるのなら、病気や虫でダメだーと思った初夏のうちに大剪定や再種まきをしていれば、もっと収穫できたはずです。
来年は、ちゃんと判断しなくちゃ。

グリムス ペットシア


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/18 07:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:種まきから3か月

間もなく台風18号に直撃されそうです(>_<)
今回は免れないようなので、昨日のうちにベランダの野菜は全部避難させました。

いつのまにか、7/4にヤケ種まきしたペッパーが収穫時になってましたヽ(^◇^*)/

甘とう美人
USER7606.jpg

そろそろ収穫できそうです
USER7607.jpg

バナピー
USER7608.jpg

まだひょろっとしていますが、実をつけてくれてるだけで、ありがたいです。

これはお盆に10センチの棒にして、処分するはずだったジャンボ甘長です。
USER7609.jpg

根っこができているとはいえ、復活の早さにびっくりです。
葉っぱが一枚もなかった状態から、ここまでになるとは思いませんでした。
これなら7月4日種まきより、かなり効率がいいです。

何よりありがたいのは、ウイルス病の気配がないこと。
一カ月で再生してくれるのなら、パプリカ達も病気に気がついたときにリセットしていればよかったのかな。
棒にしちゃったら、虫も残ってませんしね。

うちは梅雨明けから盆明けくらいまでは、ろくな収穫が望めないので、ペッパーも更新剪定したほうが、場所もとらなくていいかもしれないと思ってきました。

追記)
台風一過のカンカン照りになってきました。
日当たりのいいところは50度を超えています(^^;。
避難野菜を外に出し始めていますが、遮光ネットをはることにします。


グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/10/06 10:04 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況

ベランダにスズメバチが来ました(;´▽`A``

ずっとブーンって鈍い音はしてたんですが、隣のエアコンうるさいなーぐらいに思って、この記事の写真をとってました。
何の音か気づいてからは、とにかく刺激しないで部屋に戻らなくちゃと、剪定のゴミ袋も放置したまま、逃げ戻りました。

今ぐらいが巣作りの季節らしいですね。
もっと人気のないところにお願いしたいです(;人;) 。

さて、今年はペッパーが絶不調で、ウィルスとアブラー軍団にかなりやられました。
かろうじて残っているのは

  ジャンボ甘長 その1
USER6938.jpg

お盆にかなり剪定しました。
ようやく着果を始めてくれましたが、先端の葉がやっぱり縮れ気味です。
USER6939.jpg

ハダニとアザミーがいるようです。
トマトと一緒にコロマイトしておけばよかった(><)


今咲いてるのは、下の方から出てきた脇芽のこれだけ。
USER6935.jpg

病気のせいか着果率が低いです。
小さいのを入れて10個程度あると思いますが、それを収穫したらもう終わりかもしれません。
 
   ジャンボ甘長 その2
USER6948.jpg

このコは病気がひどくて、つぼみも黒くなってくるありさまでした。
お盆に撤収するつもりで、葉っぱを全部落として、10センチ程度の棒にしたんです。
ぐずぐずと片付けるのをさぼっているうちに、新芽が出てきました。
液肥もたくさん入っていたから、まあ、いいかと放置してたら、立派な新苗のようになっちゃった。

一番花っていっていいのかな・・・
USER6949.jpg

ウィルス病の面影は今はありません。
お盆に棒にしたのに、もうここまで育つとは思いませんでした。
7/4種まき組より、はるかに成長が早いです。
やっぱり根っこが出来てると違いますね。
私が怠け者でよかった``r(^^;)

7/4に種まきした甘とう美人です。
USER6943.jpg

第1花は落ちてしまったようで、2,3,4分枝まで蕾はついています。
USER6944.jpg

同じく7/4まきのバナピー。
USER6945.jpg

こちらはまだ第1花のつぼみだけです。
USER6946.jpg

涼しくなってきたので、ハダニとアザミーが盛り返してきています。
極小の虫も大きすぎる虫も勘弁してほしい・・・(-。-;)


グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/09/17 16:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

トウガラシ近況:甘とう美人をチャで撤収

3月3日にチャのホコリダニ疑惑で、甘とう美人を、ほぼ丸刈りにしました。
新芽が順調に出て、ここまで回復しました。
全部の新芽に蕾がついています。

USER2460.jpg

でも葉っぱがぜーんぶ縮れている。

   こんなんばっかり
USER2464.jpg


蕾だらけはいいけれど、これは変すぎです。
病気じゃないとしたら、全部の葉っぱにチャがいるってこと???

時々ルーペで、イヤイヤ見てはいたんですが、わかりませんでした。

でもなあとデジカメの顕微鏡モードをルーペ代わりにした見たら、いました・・・どの葉っぱにも。

USER2454.jpg.
USER2452.jpg

すごいスピードで走り回っています。

もっとクリアに見えているのですが、私が撮ると、どうしてこうボケちゃうんだろう・・orz

またハゲにするという手もあるのかもしれませんが、あきらめました。

同じようにチャに先端を枯らされて摘芯した、育苗中のペッパー達
USER2465.jpg

こちらはまだ無事のようなんです。
甘とう美が大量の新芽を出して、ごちそうだらけになったので、しょぼい幼苗は後回しになっていると信じたい。
一応アーリーセーフは散布しました。

そしてまだ双葉がそろったばかりのグループ。
USER2466.jpg

このコ達は守りたいです。
甘とう美人の犠牲がむくわれますように(;人;)。

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/19 10:25 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

トウガラシ属近況:たぶんチャがいる

一昨年にカレイドスコープを苗から栽培しましたが、フルーツ唐辛子とは、ほど遠い激辛なものができました。

うちの酷暑のベランダではだめなんだと思ってましたが、ネットショップのクチコミを見ると、他の方々も辛かったそうです。


でも、去年青山のマーケットでpeppers.jpさんから買ったカレイドスコープは美味しかった!
やっぱり栽培したいと、早速食べまき=発芽テストしてみたのですが、一つも発芽しませんでした(><)。

そして2月に入ってから、ダメもとで種まきしました。

3週間で1粒だけ発根しかけたのがあったんですが、そのまま根っこが伸びずに枯れちゃいました(><)
そこから1週間後にも1粒発根したものの、まだ根が伸びません(><)

カレイドスコープはダメっぽいので、かわりにと2週間遅れで種まきしたピーマンのデカチャンプはもう双葉が見えかけています。

最後の手段として、ヨーグルティアの温度を33度ぐらいに上げてみました。
そうすると翌日から、次々に発根してきました♪
P1070558.jpg

今は35度に設定しています。
密閉してませんから、中の温度は33度程度です。

発根はクリアしたものの、ここから育ってもらうのに日照を確保しながら30度以上のキープは、この時期ではほぼ無理なような気もします。

あと少し種が残っているので、これでダメでも、暖かくなってから最後のチャレンジをします。


と喜んだものの、先発のペッパー隊に大問題が発生。
P1070554.jpg


こんなふうに、新芽が黒くなって枯れていきます。
考えないふりをしてましたが、被害は広がるばかり。
観念してルーペであちこち捜索しましたが、何もいないようです。
ほっとして捜索を打ち切ろうとしたら、どうみてもダニとしか見えないモノが動いているのを見つけてしまいました。
肉眼では全くわかりません。
不調の原因は病気でも寒さでもなく、こいつのせいでしょう orz

今からコロマイトを使う気にもならず、アーリーセーフをかけておきました。
幼苗期には使用を避けるようにと書いてましたが、こうなっては他に手段がありません。
たっぷりかけて、これで様子を見てみます。

でも、こんなのが居ついてるんじゃ、これからの育苗が危ぶまれます(><)

そして冬用に室内栽培していたの甘とう美人は、こんな姿になっています。
P1070559.jpg

順調に収穫させてくれていたのですが、パタっと開花のとまる時期が来ました。
さすがにお疲れだから剪定して休んでもらおうとみてみたら、1枚だけアザミーにやられている葉っぱがありました。
新芽も縮れっぽいのが多いので、葉っぱ1.5枚を残して、大剪定しました。
やりすぎは承知ですが、ちょっとでも怪しい葉を落としてると、こうなっちゃった(^▽^;)

でも、なんとか新芽がでてきました。
P1070557.jpg


今になって思えば、アザミーは確かにいたのですが、新芽の縮れの犯人はチャだったのでしょう。
秋に外に出していたので、こちらにとりついていたのなら、今室内にいるのも納得できます。

チャの好物の新芽だらけとなった甘とう美人にもアーリーセーフをかけておきました。

これでおさまりますように (m。_。)m オネガイシマス

メモ)3/4 カレイドスコープがもう8つ発根しました。
      十分すぎるので、これで催芽は終了します。 

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/03/03 09:59 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

甘とう美人近況:先っぽが怪しい

初冬には、実が全然大きくならずあきらめかけた甘とう美人ですが、寒くなってからは好調です。
P1070447.jpg

日当たりのよくない上にあまり暖かくない室内なのに、元気。
”万願寺とうがらしより低温着果性と肥大性にすぐれ、低温時期の栽培にも適する”というのは本当でした。
昨年は万願寺さんを室内で育てていましたが、寒い時期は全然だめでしたから。

  あちこちで大小20本弱がぷらぷら~
P1070448.jpg

撤収しなくてよかった、このまま無理させないで春には外デビューさせるつもりでした。
盛夏直前までがんばってもらって、2期作にしてもいいしと妄想していましたが、なんだか先っぽが変なんです。

  おなじみの縮れが(><)
P1070450.jpg

虫?、病気?・・最近室内に虫の気配はないんですが、先端の怪しい葉っぱ剪定して少し休ませようと思います。

ワード エコマーク
関連記事
[ 2014/01/17 09:00 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

甘とう美人ノルマ達成

「2週間以内に、8センチまで育たないと、撤収するからね」と甘とう美人に通告したのは、11月27日のことでした。
USER1427.jpg

5センチで上等かなあと思ったんですが、期限の2週間を待たずして、10日で8センチ以上に育ってしまいました。(細いけど)
隣のチビちゃんまで立派になってきたし、さらに次々と着果して肥大を始めています。

USER1429.jpg

最初に育たなかったのは、単にまだ実をつける体力がなかっただけ?

それとも外での日光浴もやめて、室内のみの箱入り育ちにしたのがよかったのでしょうか?

何にしろ、約束?を守ってくれたのだから、撤収宣言は取り消しです(∩_∩;)P アッパレ 。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2013/12/08 17:06 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

気まぐれ甘とう美人

皆さんのペッパーも実つきが悪くなってきたようだし、やっぱり無理なんだなと甘とう美人の秋冬収穫は、ほとんどあきらめました。

花だけは、次々と大きいのが咲いてくるんですが・・・。
USER1398.jpg

おととい甘とう美人に向かって、声を出して、「大きくならないと本気で大剪定するからね」と最後通告をしたんです。

まっ、変わるわけないよなと先ほど見てみたら
USER1400.jpg

ちょっとでかくなってる???Σ(='□'=)ウッソー!?
USER1394.jpg

先週はこうだったのに・・・
USER1351.jpg

うれしくないわけではありません。
でも、ほんとに収穫サイズまで、それなりの期間で大きくなる気があるのか?、と何だかからかわれてるような気分になっちゃって(^-^;
寒いと肥大が鈍るのは確かですし。
本気で剪定するつもりだったんですが・・・

ここはもう一回、ビシっとやるしかないでしょう。
「2週間以内に、8センチまで育たないと、撤収するからね」(意味わかるかな?)

ついで
昨日の収穫(オータムポエム)
USER1392.jpg

今日の収穫(オータムポエムとプチヴェール葉)
USER1402.jpg

オータムポエムが本気モードに入ってきました♪

ワード 地球温暖化

追記)

12/3
USER1407.jpg

もう一つまで大きくなってきた(^▽^;)
関連記事
[ 2013/11/27 16:08 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)

甘とう美人が大きくならない

8月24日に種まきした甘とう美人です。
USER1348.jpg

低温に強いらしいので、室内で栽培できたらいいなと育ててみることにしました。
まだ昼間は外に出しています。
生育は順調で、大きめの長花柱花が次々に咲いています。
USER1350.jpg

着果したようにみえる実もいくつかあります。
USER1351.jpg

でも全然大きくならないで、ずーっとこのままなんです(><)。

やっぱり気温が低すぎるのかな?
このまま花を愛でるだけで大きくなられても困りますし、アザミーの気配もあるので、ばっさり剪定して冬越し体勢にするか迷い中です。

もうしばらくは様子を見るつもりですが、室内で冬越しでも葉っぱを全部落としたほうがよいでしょうか?
中途半端なことをするとすぐに新芽が出てくるような気がします。
そしたらまた剪定したらいいのかなあ・・そのうち春になるだろうし(^-^;
ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2013/11/20 18:26 ] トウガラシ | TB(-) | CM(11)

冬トマト近況:ヨーグルティアで催芽

9月上旬に種まきしたトマト達が大きくなってきました。
本当は7月初旬に秋トマトを目指して種まきしてたんですが、暑さとハダニにやられて撤収してます( ̄- ̄メ)チッ

もう寒いといっていいのかもしれませんが、西日のベランダは夏より早い時間から日が当たるし、昼間は40度近くいっちゃうので、案外いい気候のようです。
(14時38分現在で38度)

9月にはこんなに小さかったのに
USER1020.jpg

こんなに大きくなりました(千果とイエローミミ)
USER1306.jpg USER1307.jpg

花芽もつきました♪。
USER1309.jpg

いずれは室内に入れますが、正月トマトになってくれないかなあ・・・
そして脇芽を夏栽培に持ち込ませていただきたい(^人^)。

これはとうがらしの甘とう美人。
USER1311.jpg

8月24日に種まきしています。
秋用に育てていたペッパーは暑さでトマト同様全滅し、冬栽培用にまき直してこれだけ生き残りました。
”万願寺とうがらしより低温着果性と肥大性にすぐれ、低温時期の栽培にも適する。”ということなので、冬の室内で着果してくれることを期待しています。

冬トマトを1株枯らしてしまったので、またトマトの催芽を始めたんですが、全然発根しません。
体温やジャー加温など色々やったんですが、ダメ。
2週間にもなるので、あきらめかけてた時に、こういうものを持ってるのを思い出しました。

  タニカのヨーグルティア
417781952.jpg

これね、温度設定が25℃~65℃と広くて、最大48時間までタイマーセットできるんです。
普段は豆乳ヨーグルト作り専門ですが、いけるんじゃないかと使ってみたら、翌日に発根しましたw(゜o゜)w オオー!

USER1313.jpg

どうせダメだろうと思ってチェックするのが遅れたので徒長させましたが・・・(左)

この発根はたまたま時期がきただけかもしれないしと、前回発芽させられなかったトマトの種をもう一粒だけセットしてみたら、今度はたった2日で発根しました!(右)

こんないいモノを持っていたのに、うかつでした。
今度からは、発根には苦労しないですみそうです(^-^)
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/11/01 13:49 ] トマト | TB(-) | CM(7)

ペッパー近況:また撤収

週末は一泊で旅行に出てました。
大荒れの予報が週初めから出ていましたが、一転してかなりの酷暑日になったようです。

もちろん風と暑さの対策はしたつもりでしたが、甘とう美人が一株ダメになってました。
USER0947.jpg

右の株は無事でした。

これで生き残っているペッパーは3株ありますが、どれも触れると緑の葉っぱがはらはら落ちる状態です。
今日も35度を超える予報が出ているというのに(><)

うちの悪条件は仕方がないけれど、暑さも豪雨も年々ひどくなるばかり・・・。
目先の対応ではなく、抜本的な温暖化対策を国をあげてやっていただきたいと思います(;人;) 。
ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/09/02 10:36 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:着色観察記録(完熟しました)

7月1日朝

IMGP0634_20130702080011.jpg

7月2日朝
IMGP0641_20130702075840.jpg


着色が早いので、しばらく観察して写真を追加していきます。

7月3日朝
IMGP0651.jpg
①は試食しちゃいました、激辛です。
7月4日朝
P1070132.jpg
7月5日朝
IMGP0660.jpg
 種採り用の万願寺さんも色づいてきました。
7月2日朝
IMGP0648.jpgIMGP0644.jpg
7月3日朝
IMGP0656.jpg
7月4日朝
P1070134.jpg
7月5日朝
IMGP0668.jpg


バナピーはゆっくりみたい
7月3日朝
IMGP0655.jpg
7月4日朝
P1070133.jpg
7月5日朝
IMGP0667.jpg


ペッパーはどれもアザミーの攻撃が激しいので、秋まで持つかどうか・・。
形のいいのをさっさと種採りしちゃいます。

 7月2日の収穫
IMGP0649.jpg
地球温暖化

追記)
黄とうがらし①をお味見しました。
ホットペッパーのお味見は、ペペロンチーノを一人分で1本を辛みづけに使って比べています。
食べないですよ(^^;)
最初はあんまり辛そうじゃないな、青とうみたいな感じと思ったんですが、これめっちゃ辛いです。
まだ口がピリピリしてる・・
種をお譲りした方、お味見でかじったりしないでくださいね(>< )oダメー
このサイトの黄色系とうがらしの説明だと、黄金唐辛子は鷹の爪の10倍の辛さだそうですが、2倍も10倍も私にはわかりません(^^;)
本鷹と鷹の爪よりは辛いですが、使いたくないほどの辛さではなく、後をひく辛さで美味しくいただきました。
放任でも育ってくれたので、たぶんまた育てます♪
大きさは揃っていて、ほとんどが7センチで、細身です。
黄金唐辛子も7センチということですから、近い品種なのかな?
関連記事
[ 2013/07/02 08:09 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

今日の収穫:赤いピッコロ

  赤くなってほしいのはトマトなのに
IMGP0440.jpg

右下の小さいのは、ピッコロししとうです。
何度か水切れさせてる上に、チビのまま赤くなるのが出てきたので、今ついている実をほとんど取りました。
2センチぐらいで赤くなられてたら、いくらピッコロとはいえ小さすぎです


バナナピーマンが一斉に実ってきました
IMGP0437.jpg


育苗した苗の状態がよくないので、GWにバナピーのいい苗に出会ったら、トレードしてもいい、と思ってました。
お店の人に在庫を聞いたりもしてたんですが、出会わなくてよかった。
やればできるコだったんですね (-人-)ごめん。

着色を待ってると、成長をとめちゃいそうなので、大きいのから緑のうちに収穫してます。

甘とう美人(左下)は、ありがたいことに安定しています。
大きくしてみたいけれど、数が欲しいから、15センチまでで収穫しています。

整理するつもりの苗を残しているので、このキチキチのベランダは、人には見せられんと途方にくれたりもしますが、収穫の時だけ残してよかったと思います(^-^;。

追記)ピッコロししとうの、チビさんたちのほとんどが、根元から5ミリぐらいがちょい辛でした。
   細長い形のいいものは、大丈夫。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/25 16:32 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

とうがらし属近況~ペットボトルジャングル化が加速~

今年はペッパー祭り!と決めて、スタート時期はバラバラですが、やたらな数を育苗してました。

一応病気っぽいのや、徒長気味、アザミー被害などリストラほぼ決定株もけっこうあったので、場所は大丈夫だろうとホムセンで豪遊もしたのですが、連休中に皆さん急成長して着果だらけになってしまいました。
結局選別できずです orz 。

ピッコロししとう・黄とうがらし・デカチャンプ計4株
IMGP0335.jpg

万願寺・伏見・バナナピーマン・食べまきパプリカ計6株
IMGP0336.jpg

リストラがほぼ決定していたのが黄とうがらしです。
徒長がひどい上に、まだらな葉っぱも出たし、ツボミが他と比べて、本当に小さい。
これではまともな実は無理だろうと撤収するつもりでしたが、ツボミからは考えられないでっかい花が咲くんです。
IMGP0341.jpg
好奇心ともったいない根性で残すことになりました。


バナピーもヨワッチイから一株にするはずが、かわいい実がなってきたので、そのまま。
IMGP0303.jpg

苗を選別したらペッパーはゴミ箱で栽培するつもりでしたが、場所もゴミ箱もないので、甘とう美人以外はペットボトルのまま続行になりました。
めざすは主に食材な備忘録のduckbill様風ペットボトル菜園です_(^^;)ゞ。

でもペットボトルの水やりが面倒で、水切れもちょいちょい。
早くもピリ辛ししとうが出ています。

これはいかんなーとペットボトルの底に穴をあけて、ゴミ箱に2株を入れて液肥をためることにしました。
こんなことしないでゴミ箱にちゃんとセットすればいいんですが、今はカゴが足りないし、フタを作るにも2株を支えられる丈夫な素材が手持ちにない、と工作下手が思いつく範囲で、お金と手間が一番かからなかったんです(-_-;)。
雨は直接はかかりにくいですが、さすがにむき出しはまずいので、フタと遮光を兼ねてアルミシートをかぶせています。
・・・・・何かいい方法あれば教えてください<(_ _)>

ゴミ箱をもらった甘とう美人は今がピークかも
IMGP0339.jpg

今は1週間前に満タンにしたので、ペッパーもトマトもまだ給水しなくてすんでいます。

これからは私が水奴隷をどこまでがんばれるかで株数が変わりそうです。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/16 09:54 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

とうがらし属近況~甘とう美人を摘果~

桜が長持ちするのはいいけれど、超寒い週末でしたね。
今朝のベランダは3度でした。

先日虫か病気の疑いで外に隔離した株は、その翌朝(26日)が3度レベルだったんです。
気温が低いのは明け方の数時間だから、大丈夫だよね、と見に行ったら、ぐったりとして完全にしおれていました。

やっちゃったーと大後悔(/≧◇≦\)!!

幸い中で暖かくしてたら、一日で生き返ってくれたんですが、それから10度以下になる可能性がある日は、手を抜かずに中にいれることにしました。
最高気温が7度だったから、週末は日光浴もさせていません・・・それはそれで徒長もコワイですが(^▽^;)

さて、3月21日に着果を確認した甘とう美人の実は、低温・低日照にもかかわらず順調に大きくなっていきました。
IMGP0109.jpg

早めに取りたかったんですが、主人のいる時に収穫と決めていたので、土曜日にちょっきん。
IMGP0111.jpg

まだ小さいですから、ししとうとかわらない感じで、柔らかいです。

  定規は50センチです。
IMGP0110.jpg
最初の3花は摘蕾しているので、摘果したのは4花より後のものなんですが、もう大きくなってもらっていいのかな。

この甘とう美人は徒長しすぎでダメかもと思って、再種まきしてしまった予備苗は全然成長していません。
  3月21日
P1060788.jpg
  4月1日
IMGP0112.jpg

実は植え替えるときに断根したんです

本葉が大きくはなってるので、枯れてはいないようです。
丈夫な根っこを出してくれたら、場所をやりくりして育てるつもりですp(*^-^*)q がんばっ♪。
地球温暖化

メモ)
4/2 発根確認♪
関連記事
[ 2013/04/01 08:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

甘とう美人が着果してました

このところの暖かさで、夏苗はぐーんと育ってきました。

旬なえんどうや小さい苗達に気をとられがちで、早まきのペッパー達は液肥の有無しか気にしてませんでしたが、いつのまにか甘とう美人がいくつか着果していたようです。
P1060783.jpg

育つかどうかは、まだわかりませんが、さすがF1ですね。

早くまきすぎた上に、徒長して育ちすぎてるから、たぶんだめだろうなとまき直しもしてたりして・・(-_-;)

   さあ、どうしよう、このコ達・・
P1060788.jpg

だってね、それより1か月早く種まきした食べまき万願寺さん(もう6か月目)は、花はたくさん咲くけれど、全部落果してるんです。
前回の記事で、一番マシと書いた実も、その翌日に姿を消したし、正確な品種もわからない。
撤収を考えた方がいいかとながめてたら、よりによって一番上、生長点のすぐ近くで、着果してました(A゜∇゜)ハテッ?
P1060785_20130321102837.jpg


まだ2センチぐらいだけど、そういうことなら場所がある間は、撤収は延期にすることにします
これからは大きくしないと撤収しちゃうよ~って声掛けしてみよう ヾ(--;)ぉぃぉぃ。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/21 10:40 ] トウガラシ | TB(-) | CM(14)

とうがらし属近況~種まきはいつがいい?~

昼間だけは初夏の陽気が続いています。
まだ夜は室内に入れていますが、夏野菜は毎日の日光浴のおかげで、元気です。

10月2日に食べまきした万願寺とうがらし
P1060731.jpg

1月17日から開花していますが、摘果するまでもなく、落花、落果を繰り返してました。
室内で1本仕立てで小さく育ってもらうつもりだったので、かなり枝は落としています。
上のほうで開花してるし、お疲れですよね。

今、一番マシな実がこれ。
P1060733.jpg

育ったとしても、ししとうぐらいですね(^-^;。
万願寺系はF1も多いし、全体的に小さすぎるような気もするので、案外これはF2なのかも(責任転嫁)と思ってきてます。
昨年は低温でも実をつけてくれるF1ピーマンをフライング栽培していましたが、低温を嫌うとうがらしをフライング栽培というのは無茶でした@(;・ェ・)@/反省…


11月1日に種まきした甘とう美人。
P1060734.jpg
徒長気味で大きすぎます。
今で50センチぐらい。
一番花はつぼみのうちに摘んでしまいました。

11月15日に種まきしたピッコロししとう
P1060735.jpg
これも徒長気味。

左:11月24日に食べまきしたパプリカ 右:12月18日に種まきしたバナナピーマン
P1060737.jpg

パプリカは芽が出るかな~くらいの気持ちでしたが、育っちゃった(^▽^;)
F2だろうから、夏野菜の場所計画にも入ってませんでしたが、一番元気そうです。
一番果の様子を見てからどうするか決める・・はずです。

左:12月18日に種まきした伏見とうがらし 右:1月5日に種まきした黄とうがらし。
P1060738.jpg


2月2日に種まきしたデカチャンプ
P1060740.jpg

ソフトボール大のピーマンが欲しかったわけじゃなく、元が大きければうちでも普通のピーマンの大きさにはなるんじゃないだろうか・・と思ったんです(^-^;


花が咲いたら定植、とはいえ、それは畑でのこと。
ベランダでは霜も降りないし、うちは関東でも夏はより暑く、冬はより寒い。
酷暑の訪れが早いので、それまでにがんばってもらうには、12月の種まき組が案外うちでは適期なのかもしれません。

何も考えてませんでしたが、結果的にずらしまきになっているので、一番いい種まき時期を見極めたいと思います。

あ・・・甘とう美人が徒長しすぎでダメかもと思ったので、2月26日に予備を種まきしてしまいました。
今はセルトレイだけど( ̄ヘ ̄)ウーン
関連記事
[ 2013/03/13 08:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

とうがらし属の双葉

とうがらし属の選別をするときに、いつも疑問に思うことがあります。

必ず、こういうすっきりした双葉と

P1060640.jpg


これは左右対称じゃないけど、葉っぱが反り返ったような双葉が出てきます。

P1060642.jpg


反り返ったようなタイプは、葉の中心が太くなって、なんとなく立派に見えるんです。

どちらがいいのかわからなくて、茎の太さや、先に発芽した方とかで、適当に選んでいますが、こういうのって何か違いがあるんでしょうか?

もし、下の写真の双葉が左右対称で大きめだったとしたら、上と下のどちらを選ぶのがベターなのでしょう?
地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/24 07:30 ] トウガラシ | TB(-) | CM(11)

ペッパー育苗近況~甘とう美人徒長しすぎ~

これは10月1日に、食べまきした万願寺唐辛子です。
P1060503.jpg
昨年同じ時期にピーマンを種まきして、春に収穫できたので、室内で小さ目に整枝して育てる予定です。
枝分かれしたところまでは19センチ。
室内用に育てているので、枝はかなり落としています。
ようやく私も蕾つきの枝を落とせるようになりましたv(・_・) ブイッ

一方、これは11月1日に種まきした甘とう美人です。
   でかい。
P1060505.jpg

大きいほうなんて、蕾の位置まですでに29センチあります( ▽|||)サー。
小さいのでも25センチ。

万願寺より葉っぱが大きいから、多少は大きめだろうけど、これはちょっと大きすぎるのでは。

  左:甘とう美人  右:万願寺
P1060506.jpg

すでに分枝から3節展開している万願寺と背丈が変わらないです。
どうしよう・・・
やり直し?、でも、どうせこの株を見捨てることはしないだろうし、ますます株が増えちゃう。

こんなにペッパーだらけなのに≧(´▽`)≦アハハハ

P1060508.jpg

で、さらに、こんなこともしてるのに(-_-;)。
   
     アルミは遮光用です
P1060509.jpg

私の足元マットを発根と双葉までの育苗用に使ってみました。
かなり古いもので、温度調節もないですが、大体30度弱なんですよ。
消費電力は30Wだから、1時間で0.66円です。

P1060510.jpg

夜はオフにしていますが、ちゃんと育ってくれてるので、これから使えそうです。

で、この甘とう美人どうしよう・・・
万願寺みたいに、茎が太くなってくれたらいいんだけど、このままじゃひょろい。
今日は風がすごいから外に出せないけれど、日中はできるだけ外に出して鍛えてみます。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/08 13:52 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)

次代のとうがらし達

テーマ エコアクション
冬の育苗場所をするべき場所で、来年の夏苗を育ててました。
だって、私が真冬にとうがらし属を育てても、発芽に失敗するし、成功しても育つのが遅いから。
酷暑が早く、冬も早いベランダに対応するべく、試行錯誤しているのです。
だめなら冬に再種まきすればいいし、それでもだめなら苗を買うということで、秋に外で育苗、冬は室内で育ててあわよくば収穫して、大きくなったら切り戻して夏につなぐ作戦です。
素直に苗を買うのが一番おりこうなのかもしれませんが(-_-;)

ひもとうがらし
P1030909.jpg

8月15日に種まき。
順調に育ってくれました。
写真とる際に気がつきましたが、実も大きくなってきてる(^^;)
   2本隠れてます
P1030911.jpg

もう苗とはいえませんね。
細い実だから、数がほしいので、明らかな脇芽だけ取りました。
これからは室内なので、大きくしすぎることは、たぶんない、と思う(^。^;)。

2月に種まきするより倍のスピードで育って、えらい立派な株になってしまいました。
ここからどうするかが問題なんですが、もちろん問題先送り。

ピッコロししとう

8月14日の種まき。
P1030915.jpg

ハダニ被害がひどいです。
   葉の裏にびっしり(-"-;)
P1030917.jpg

まわりにきゅうりやアブラナ科があるのに、なぜこのコに集中したのだろう。
水洗いとアーリーセーフしてみます。
結実してきていますが、これでは室内には入れられません。
P1030916.jpg

様子を見ます。

甘とう美人
8月26日に種まき。
P1030913.jpg

葉っぱがひもとうの倍ぐらいの大きさですヾ(;◎_◎)ノ
これはさすがに第1果は大きく結実させちゃまずいですよね。
根っこは育てたいけれど、今から株が充実しても困る・・・( ̄  ̄;) うーん

万願寺とうがらし
P1030914.jpg

この万願寺さんは、銀座の農家の台所の販売所で9月23日に買いました。
  おっきいでしょ
P1030496.jpg
無農薬栽培で高知産、生産者の名前が入っています。
確か1本75円ぐらいでした。
血統書つきの高級品でございます(^ー^* )フフ♪
プロの作った立派な赤い実って食べてみたかったのです。

実を乾燥させてから種を取ったほうがよいのかどうかわからなかったので、食べる直前に種をとってすぐ種まきしたのと乾燥させてからと両方試してみました。
両方とも無事に発芽しています。
でかくなるんだろうな・・これも後のことは後で考えよう_(^^;)ゞ

越冬とうがらしは2株くらいで、それも現役のを冬越しさせるつもりだったのに、種があるとまきたくなって、こんなに増えちゃいました(´~`ヾ) ポリポリ・・・
ここに書くのも恥ずかしかったけど、もういいや。
スイートペッパー系は重宝するから、出会いがあったら、まだ増やしてしまいそうだし・・・
甘いといってもロシアンルーレットになるのが、頭が痛いところではありますが。

少々のストレスには負けない、美味しい甘とうがあったら、教えてくださいね(^O^)
関連記事
[ 2012/10/31 08:18 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。