いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペッパー近況:間違えたorz

6/16日にこれでだめなら撤収の覚悟で、株をビニールでくるみ、お風呂場に持ち込んで徹底的に洗い流しました。

いろいろヒドいことをしたので( ̄≠ ̄)、直後は退治できていたと思います。

でも一匹飛来してきたら、いえ、飛来せずとも、移動時にこぼれたヤツらが復活したら、またアブラーまみれになるのは必須。

今日まで直視するのを避けてました。


メインの甘とう部隊
NNPT5794.jpg

まだ来てないみたいです┐(´∀`)┌ヤレヤレ

でも、問題はこっち。
伏見甘長・本鷹・あじめこしょう
NNPT5796.jpg

こちらの新芽に少しいましたΣ(|||▽||| )
また戦わなくちゃ・・・

あじめこしょうは、順調です。
NNPT5797.jpg

本鷹・・上を向いた実がちらほらと、これも順調
NNPT5798.jpg

問題はこれ。
伏見甘長のはずの株。
NNPT5799.jpg
NNPT5800.jpg

全部実が上向きで、ほっそりとした姿。

どうみても本鷹です・・・絶対に取り違えてる (*>д<*)ゲッ

この苗は里子に出しています。
すぐに連絡しなくちゃ!

グリムス ペットシア
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/22 10:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ペッパーが側枝だらけ

3/3まきの後発のペッパー達です。
IMGP4959.jpg
まあまあ育ってきたのですが、側枝が多すぎです。

一番花が咲くまでは、根の成長のために、すぐに側枝を取ってはいけないとの思い込みがあって、今まで放置していましたが、このままでは一番花がいつ咲くのか見当がつきません。

もう待てない、とほとんど取っちゃうことにしました。

本鷹
IMGP4960.jpg
これが一番側枝だらけになってます。
放置しすぎです。


伏見甘長
IMGP4961.jpg

あじめコショウ
IMGP4962.jpg
これは主枝の葉が凸凹してて怪しいので、側枝に交代してもらいたいぐらいだけど、側枝も怪しい・・・


決断が遅いですよねえ・・・
一気に全部もこわいので、とりあえずは半分くらい落とします。

ここから花が咲いてくれるといいのですが。

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2015/05/24 08:36 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:アブラーが消えたかも


ジャンボ甘長、万願寺2号、万願寺3号
USER4633.jpg

ジャンボ甘長は4/28に開花してから、順調に着果していますC=(^◇^ ; ホッ!
USER4631.jpg

一方万願寺2,3号はむなしく蕾がふえるばかり・・・
USER4632.jpg

もう好きにしなさい、と白く硬そうな蕾を眺めてると、あらっ?
虫画像です。
 ↓


P1080402.jpg

ほぼ全部の蕾や新芽がこの状態でした(|||_|||)ガビーン

トウガラシ煮出しスプレーでは、だめだったので、カダンセーフ原液を試してみることにしました。

(超大手ホムセンに在庫を問い合わせて担当に出てもらったら、カダンセーフを知らなくて、見当たらないと言われました。
スプレータイプもないのはありえないので確認したら、容器の色と模様を聞かれました。
結局あったんですけど。人手不足なんだなあ・・・)

直接かからないと効かないから、丁寧にたっぷりとかけました。

そして、今日・・・ほとんどいなくなってます(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!。

あっ、いたと思ったら、こときれておらました。
USER4635.jpg

すごいぞ、カダンセーフ原液 ( *'∀')b グッジョブ!!

希釈の必要がないスプレータイプは使ったことがありますが、使い方が悪かったのか、効果がなかったです。
成分は同じなんだけどな・・でも効いたら何でもいいや、こっちのほうがお得だし。

この時期のアブラーって、卵じゃなくて単為生殖で子供を産んじゃうから、卵は気にしないでいいのですよね?
数は少ないんだから、早期チェックをがんばるぞー、と、昨日ひととおりのペッパーは見たはずなんです。

もちろん出遅れ3株も見ました。
あじめコショウ、伏見甘長、本鷹
USER4641.jpg

今朝になって、緑色のアブラーがあじめコショウの新芽にたかってました。
てっぺんを見逃すはずはないので、昨日来たんだ・・・orz
USER4640.jpg

ここだけなので、即カダンセーフしました。

これは先日様子がおかしいので隔離していた、万願寺1号です。
USER4636.jpg

4/30に開花して、着果もしているみたい。
虫もいなくなってました。
ここはフェンスが壁になっていて、日当たりが悪いけれど、虫にも見つかりにくい穴場なのかもしれません。

パプリカのグリーンホルンとライムホルン
USER4639.jpg
どちらも1番花が開花しています。
ちゃんと最初についた蕾が咲くなんて、うちでは久しぶり♡(購入株だけどさ)

昨年は5月下旬に売れ残りの虫とウィルスつき株を買ってしまった(それも定価で)反省から、今年は早々にピチピチ株を買い求めました。
今のところ、異常なしです。

もう昼間は、熱中症危険状態なので、朝のチェックをがんばります!
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/08 08:19 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:アブラーは南風に乗って

昨日は久々のお天気でした。
気温も十分だったので、強風や突然の天候急変予報が出ていても、お日様に当てたくて全員外に放置していました。

風は確かに強かったです。

振り回されたから、ツボミは枯れてるし
USER4077.jpg

葉っぱもヨレヨレ
USER4078.jpg

もう限界だな、とようやくペットボトルに(仮)定植をしました。
USER4076.jpg

この大きさで支柱を立てていない私が悪いんですけど(-人-)ごめんね

左からジャンボ甘長、万願寺1号、2号、3号です。
どれが良苗か迷っていた万願寺は、成長を追うために、幼少時の身長の順に番号をつけました。

一見大きさがそろってきたように見えますが、全然違うのです。

左が1号、右が2号、矢印が分枝の位置です。
USER4080.jpg

2号のほうが小さかったくせに分枝の位置が高い!
3号も同じです。

徒長してないフリして、徒長してたんですね。
1号も花が咲いているわけではないので、一番花をつける時期は案外同じくらいになるかもしれません。

GWくらいに花を咲かせてくれたらうれしいなとフライング種まきしてますが、それは何とかなるかな?

と都合よく考えていたら、変なモノを発見。
3号の生長点付近に黄色い点々みたいなのが・・・

はい、アブラーです。
USER4083.jpg

うちにアブラーがくるのは決まって風の強い日ですが、昨日は強い南風だったので、飛ばされてきたのでしょうね。
空気中にどれだけ飛んでるのか、知りたいような、知りたくないような・・
今のところ他の株は無事のようです。

去年は、これでペッパー全体が痛い目にあったし(ナスもキュウリも)、パプリカは壊滅状態でした。
(病気をうつされたと決めつけているだけですが)

今年こそは早期発見で退治しなくては、と思うものの、こんな位置にとりつかれちゃ、やりにくいです(-"-;A 。

アーリーセーフはまだ薬害が怖いし・・・とりあえずマスキングテープで見えるところをペタペタしました。
ちょっと葉っぱを痛めたけど、これは仕方がない。
50度スプレーもやっとこ。

後、今年のペッパーは

左から、あじめこしょう、伏見甘長、本鷹
USER4084.jpg

買ったばかりのグリーンホルン、ライムホルン
USER4085.jpg

育苗分は里子に出せたし、もうペッパーは増やしません ヾノ・_・`)ダメダメ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/04/16 07:56 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー育苗近況

1月4日に種まきしたペッパー第1陣はここまで育ちました。
s-USER2717.jpg

左手前だけがジャンボ甘長、他は万願寺とうがらしです。
がっちり苗とは程遠いですが、順調といっていいです。

節分の日に第2陣をセットしたのですが、新しい種なのにまったく反応なし。
途中で追加もしてみたのですが、ダメでした・・・、トマトすらダメ。

いつもと同じつもりだけれど、何か大ボケをしているのかもしれない。
ジャンボ甘長みたいにお高い種を失敗するのも嫌だし、今年は予定に入ってなかった古い在庫種や、数に余裕がある種をお試しでセットしてみました。

2009年産のあじめコショウ
s-USER2714.jpg

これはまず発芽しないと思っていたし、もう古いですから、全部芽出ししてみたんです。
1つでも発根したら育ててみようと思っていたのですが、1つどころか数十が争うように発根してきました。
うそっ、とかなり驚きましたが、先着10名様程度をチョイスして、土に移しました。
あじめさんは激辛だけど、独特のさわやかな風味があって、美味しいのです。

同じく2009年市販種の伏見甘長
s-USER2716.jpg

こちらも全員発根。
6、7年物でも、まったく大丈夫じゃん。
2月の失敗種は全部新しい種なのに、何が悪かったのかなあ。
ちゃんとヨーグルティアで同じ温度管理をしていたのに・・・

この2種は自産自消@ベランダのhiroさんにいただいたものです。

そして2012年自家採種の本鷹
s-USER2715.jpg

味が気に入っているので種を継ぐために、今年栽培する予定でした。
でも2月に種まきしたのは全部失敗。
自家採種でまだ数に余裕があるので、また種まきしましたが、こちらは発芽率が超悪いです(;-_-) =3 フゥ

せっかく発芽してくれたんだし、それぞれ種取りもしたいので、ペットボトルになりますが1株ずつ育ててみます。
とりあえず、双葉が開いた順番に3株を残して間引こう残そうかな。

それにしても、ペッパーの種って、寿命が長いんですね(^^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/03/13 17:08 ] トウガラシ | TB(-) | CM(7)

正しい伏見さん

昨年ネットで苗をお取り寄せした伏見甘長唐辛子の実が、なんかヘン、とブツブツ言ってきました。

伏見さんはもうやらないとイイジけてましたが、自産自消@ベランダのhiroさんオリジナルの種をくださったんです。

待て のできない私は、早速12月18日に種まき。
でも徒長させちゃったし、怪しい葉が出てくるしで、無料でも手を出す気にならない苗を作ってしまいました(-_-;
一番花まで30センチもあって、ひょろひょろです。

(バックにグレーの防風ネットがあるので暗くてごめんなさい)
IMGP0452.jpg



それでも暖かくなってくると蕾をつけ、花を咲かせ、実をならせてくれました。

        これです!
IMGP0453.jpg

ちゃんと細長いでしょ (^O^)ウレシーーー!!

ちなみに去年、伏見甘長唐辛子として購入したのは
P1030176.jpg

違う・・・脇芽のつき方も違うし、絶対同じDNAじゃない(-.-)p”ブーブー


私の育て方は全く進歩してないですから、これは交雑か手違いだったということに決めちゃいます(`・ ・´)キリッ

すっきりしました。

hiroさん、ありがとうございました<(_ _)>
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/28 07:51 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

とうがらし属近況~ペットボトルジャングル化が加速~

今年はペッパー祭り!と決めて、スタート時期はバラバラですが、やたらな数を育苗してました。

一応病気っぽいのや、徒長気味、アザミー被害などリストラほぼ決定株もけっこうあったので、場所は大丈夫だろうとホムセンで豪遊もしたのですが、連休中に皆さん急成長して着果だらけになってしまいました。
結局選別できずです orz 。

ピッコロししとう・黄とうがらし・デカチャンプ計4株
IMGP0335.jpg

万願寺・伏見・バナナピーマン・食べまきパプリカ計6株
IMGP0336.jpg

リストラがほぼ決定していたのが黄とうがらしです。
徒長がひどい上に、まだらな葉っぱも出たし、ツボミが他と比べて、本当に小さい。
これではまともな実は無理だろうと撤収するつもりでしたが、ツボミからは考えられないでっかい花が咲くんです。
IMGP0341.jpg
好奇心ともったいない根性で残すことになりました。


バナピーもヨワッチイから一株にするはずが、かわいい実がなってきたので、そのまま。
IMGP0303.jpg

苗を選別したらペッパーはゴミ箱で栽培するつもりでしたが、場所もゴミ箱もないので、甘とう美人以外はペットボトルのまま続行になりました。
めざすは主に食材な備忘録のduckbill様風ペットボトル菜園です_(^^;)ゞ。

でもペットボトルの水やりが面倒で、水切れもちょいちょい。
早くもピリ辛ししとうが出ています。

これはいかんなーとペットボトルの底に穴をあけて、ゴミ箱に2株を入れて液肥をためることにしました。
こんなことしないでゴミ箱にちゃんとセットすればいいんですが、今はカゴが足りないし、フタを作るにも2株を支えられる丈夫な素材が手持ちにない、と工作下手が思いつく範囲で、お金と手間が一番かからなかったんです(-_-;)。
雨は直接はかかりにくいですが、さすがにむき出しはまずいので、フタと遮光を兼ねてアルミシートをかぶせています。
・・・・・何かいい方法あれば教えてください<(_ _)>

ゴミ箱をもらった甘とう美人は今がピークかも
IMGP0339.jpg

今は1週間前に満タンにしたので、ペッパーもトマトもまだ給水しなくてすんでいます。

これからは私が水奴隷をどこまでがんばれるかで株数が変わりそうです。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/16 09:54 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

とうがらしが病気っぽい

とうがらし苗の中で、伏見と黄とうがらしに、すご~く嫌な感じの葉っぱが・・・

生長点近くの葉っぱの色が抜けてきています。

IMGP0025.jpg

IMGP0023.jpg

一応、隔離していますが、モザイク病でしょうか。
アブラーは絶対いないのですが、だから大丈夫ってわけでもないだろうし。
ダニっぽいのはいたことがあるので、一応カダンセーフをかけておきました。

怪しいのはそれぞれ2枚ずつなので、葉はとって隔離しています。
広がるようなら、処分ですよね。
生理障害の希望も持ってるんですが、この2株は予備苗作ってないのになあ


追記

どうしてもキレイに撮れないんですが、拡大したら葉の表側に茶色のダニがいるのがわかりました。
チャノホコリダニですよね・・コイツのせいかな。

IMGP0035.jpg





地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/25 13:37 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

とうがらし属近況~種まきはいつがいい?~

昼間だけは初夏の陽気が続いています。
まだ夜は室内に入れていますが、夏野菜は毎日の日光浴のおかげで、元気です。

10月2日に食べまきした万願寺とうがらし
P1060731.jpg

1月17日から開花していますが、摘果するまでもなく、落花、落果を繰り返してました。
室内で1本仕立てで小さく育ってもらうつもりだったので、かなり枝は落としています。
上のほうで開花してるし、お疲れですよね。

今、一番マシな実がこれ。
P1060733.jpg

育ったとしても、ししとうぐらいですね(^-^;。
万願寺系はF1も多いし、全体的に小さすぎるような気もするので、案外これはF2なのかも(責任転嫁)と思ってきてます。
昨年は低温でも実をつけてくれるF1ピーマンをフライング栽培していましたが、低温を嫌うとうがらしをフライング栽培というのは無茶でした@(;・ェ・)@/反省…


11月1日に種まきした甘とう美人。
P1060734.jpg
徒長気味で大きすぎます。
今で50センチぐらい。
一番花はつぼみのうちに摘んでしまいました。

11月15日に種まきしたピッコロししとう
P1060735.jpg
これも徒長気味。

左:11月24日に食べまきしたパプリカ 右:12月18日に種まきしたバナナピーマン
P1060737.jpg

パプリカは芽が出るかな~くらいの気持ちでしたが、育っちゃった(^▽^;)
F2だろうから、夏野菜の場所計画にも入ってませんでしたが、一番元気そうです。
一番果の様子を見てからどうするか決める・・はずです。

左:12月18日に種まきした伏見とうがらし 右:1月5日に種まきした黄とうがらし。
P1060738.jpg


2月2日に種まきしたデカチャンプ
P1060740.jpg

ソフトボール大のピーマンが欲しかったわけじゃなく、元が大きければうちでも普通のピーマンの大きさにはなるんじゃないだろうか・・と思ったんです(^-^;


花が咲いたら定植、とはいえ、それは畑でのこと。
ベランダでは霜も降りないし、うちは関東でも夏はより暑く、冬はより寒い。
酷暑の訪れが早いので、それまでにがんばってもらうには、12月の種まき組が案外うちでは適期なのかもしれません。

何も考えてませんでしたが、結果的にずらしまきになっているので、一番いい種まき時期を見極めたいと思います。

あ・・・甘とう美人が徒長しすぎでダメかもと思ったので、2月26日に予備を種まきしてしまいました。
今はセルトレイだけど( ̄ヘ ̄)ウーン
関連記事
[ 2013/03/13 08:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

今になって開花を締め切りました

テーマ 地球温暖化
今頃なにやってるんでしょうね・・

ピーマン京波、伏見甘長唐辛子、こどもピーマン、どれも脇芽に花がついちゃうともう手出しできなくて、ずるずると脇芽の脇芽を残しておりました。

まだ最低気温は10度は越えていますが、週末は6度になるとか。
いくらなんでも、ここから咲いてきても無理だろうし、たくさんある着果直後の実も、多少保温したところで、無理っぽい。


とにかく茂りすぎている枝を整理して、小さめでも実は収穫して、着果してる枝のみ実を残すことにしました。
小さいのをいれるとそれぞれ、まだ数十あります・・ちょっとでも大きくなればラッキーということで。

ピーマン 京波
  剪定前                           剪定後
P1030885.jpgP1030890.jpg

下のほうは、もうちょっと大きくなってくれそうですが
P1030887.jpg
上のほうは、かなりお疲れのようで、ピーマンかししとうかわからなくなってます。
P1030889.jpg

こどもピーマン
  剪定前                           剪定後
P1030885_20121029103305.jpgP1030884.jpg

伏見甘長唐辛子
 剪定後
P1030881.jpg
 
花はちゃんと摘みました(ボケてしまって、ごめんなさい)  
<a href=
  がんばれるかな・・
P1030878.jpg


左から、伏見甘長唐辛子、京波、こどもピーマン
P1030893.jpg


小さめでも、枝に1コしかないものは収穫しました。
もうほとんどないと思いますが、伏見甘長唐辛子にアタリがあるので、分けておかないとキケンなのです。
伏見甘長唐辛子は美味しいから、少し大きくなると収穫してました。
京波は必要なときにちょこちょこと。
こどもピーマンは、もっと大きくなれるよね?と放置してたのが多いから、残ってるのが大目になっています。

あと収穫できても、それぞれ市販の一袋ぐらいになると思います。
ここまでやるのなら、撤収してすっきりしなよ・・との声も頭の中であるんですが、残してみます。
赤くしてしまった京波が、甘くてパプリカ状態だったので、そこまで放置してみたかったけれど、今年は無理そうです。
場所待ちの野菜があるので、無期限というわけにはいきませんから。
フライング夏苗達も着果して大きくなってきてるし(;゜(エ)゜) アセアセ

狭いくせに、とうがらしは放置でいいのかなと、怠けていたのを反省しています。
来年はもっと勉強して、すっきり育てたいと思っています。
これからもご指導いただければ、幸いです<(_ _)>
関連記事
[ 2012/10/29 10:56 ] ピーマン | TB(-) | CM(8)

久しぶりの赤

P1030785.jpg


右のお皿は、左の細い3本がこどもピーマンで、後は京波です。
もうちょっと大きくならないものかと放置してたら、いつのまにか赤くなってたのがありました。
朝の気温は12度しかありません。
いくら昼間は30度でも、この大きさが限界なんだなと、小サイズで収穫していくことにしました。
まだ小さいのがたくさんありますが、大きくなれるかどうか。

左は伏見甘長唐辛子
たまーにアタリが混じりますが、こんないびつな形ですから別にしないとわからなくなってしまいます。

どれも、まだ大き目の花が咲いてくるんだけど、何とか育ててくれないかなー(f^^)
関連記事
[ 2012/10/20 08:14 ] ピーマン | TB(-) | CM(6)

伏見甘長・こどもピーマン・あじめコショウ

   伏見甘長です。
P1030025.jpg

長さが7~10cmで収穫とありますが、最初なので、早めに収穫しました。

      ししとうみたい
P1030030.jpg



    こどもピーマンもようやく大人になれそう
P1030024.jpg
一番花は着果しています。
うちのペッパーの中では花が一番大きいです。
ハラペーニョから辛味を取ったという、長さ10センチの大きなピーマンですから、当然ですね。
1つでも十分戦力になりそうなので、これも期待しています。

あじめコショウはアザミウマに新芽を襲われていましたが、温湯処理をして、なんとか退治できたようです。
   
    見づらいけれど、ようやくツボミができました。
P1030027.jpg

小さい頃のお湯攻めで本体のほうをぐったりさせてしまいましたが、無事に蕾をつけてくれる所まで来てくれました。
種まきが鷹の爪より一月遅れていますが、十分間に合いそうです(^o^)。

とうがらし属を好むアザミーがいるので、油断なりません。
大きくなると、チェックしきれませんが、がんばります(`0´)ノ オウ!
関連記事
[ 2012/06/06 13:14 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。