いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

ペッパー近況:今年もアブラーに負けました

昨年は7月10日を過ぎたら、35度以上になるのが当たり前だったのに、ここのところ30度を超える日がほとんどありません。
暑くなればアブラーはいなくなるから、ガマンガマンと耐えていましたが、今日とうとう切れてしまいました。

梅雨明けしたから、もう少し待てばいいのはわかってるんですが、アブラーだらけの実を収穫するのも気が進まないし、ここからは着果もきつくなってくるので、秋に回復してくれればと強剪定です。

アブラー画像続きます。






ANPT1731.jpg
ANPT1733.jpg

あらゆる花芽がこんなんになっちゃって、テデトールできる状態ではないから、毎日のようにカダンセーフしています。
でも、すぐに新顔が出てくる。

一匹逃すとえらいことになるのはわかっていても、気が付いたら私の腕の上をちょろちょろしてたり、水圧で飛ばされて茎や株元に落ちるやつとか、単に見落としとかで、ゼロにするのって、本当にむずかしい。
防虫ネットにもはりついてるから、これも黒ビニール袋にいれて、日光消毒?です。

ここまで剪定しても
ANPT1734.jpg

株元の脇芽がこんなことになってます(ー。ー)
ANPT1735.jpg

この際もっと剪定。

葉を少し残したので、一か月くらいで復活してほしい・・・
ANPT1736.jpg

一番やられているのが、ジャンボ青とうですが、メガパラソルにもトマト経由(トマトに居つく気はないみたい)で移動されてしまい、上のほうの花芽がかなりやられてます。
視界より上なので、全然気がつきませんでした。

これは控えめに剪定といっても、上半分はバッサリです(>.<)。
ANPT1737.jpg

期待していたスイートパルレモは、順調ではあるんですが、まだ赤くしたことがありません。
気温が低い日が多いので、たまの高温日に油断していると

こうなっちゃう。
ANPT1748.jpg

他の甘とうも同じで、今年は日焼けがひどいです。

万願寺さんは、虫にもやられず、いい感じです。
ANPT1742.jpg
ナスの隣なので、ナスが虫を引き受けてくれているようです。

期待外れだったのが、レッドソニア。
最初に青果を2つ収穫しただけで、後は葉っぱばかり繁っています。
ここまで相性の悪いのは初めて。
赤くならなくても、ピーマン代わりに使えればと思ってたけれど、素直にピーマンを育てたほうがずっとよかったです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/07/28 13:48 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:万願寺をリセット

今年は例年より、虫害がマシです。
強風の日が来るたびに、注意して、退治していたので、アブラーも今はいないみたい。
アザミーは、ナスとインゲンとキュウリのほうが、お好みのようで、たぶんペッパーには来ていません。

と、まずまず平和だったのですが、2株ある万願寺の1株がどうもおかしい。
ANPT1240.jpg

隔離して育てるつもりでしたが、他のペッパーは順調なので、思い切って剪定することにしました。
棒にしても、一か月あれば花を咲かせていたので、このまま病気かな、チャかな、どっちでも広がったら困るぞとビビり続けるよりいいから。
ANPT1242.jpg

脇芽のどれかを主枝にして、やり直してもらうつもりです。
それでも、またチリチリになってくるようなら、あきらめます。

他のペッパーですが・・・
今年は、虫と病気が移りにくくなったらいいなと、同じ野菜が隣り合わないように並べています。

トマトの間に挟まれた株は、ペッパーを探せ状態です。

ジャンボ青とうはシュガープラムの隣
ANPT1247.jpg


ししとうサイズで収穫してお弁当のおかずにしています。

ANPT1248.jpg

メガパラソルはシュガープラムとシシリアンルージュの間
ANPT1245.jpg

万願寺の無事なほうは、レッドミニ、オレンジミニにはさまれて
ANPT1249.jpg


ソニアレッド と スイートパルレモは、うちにしてはちょっと広め。
ANPT1250.jpg

ソニアは着果していますが、肥大が遅いです。
ANPT1251.jpg

きゅうりが急速に勢力を増してきたので、今日、後ろに誘因しました。
すぐにきゅうりが巻き返すと思うけれど、アザミーを引き受けてくれているのだから、このまま共存してもらいましょう。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/07 18:01 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況

スイ-トパルレモ
s-ANPT0961.jpg
衝動買いした予定外の株だけど、一番期待しています。
このラベルにやられました(^^;
ANPT0971.jpg
ANPT0972.jpg

これでもかという、美辞麗句でしょ。
かなり割り引くにしても、高温条件下でも安定して着果というのは、魅力的なので、これだけはお願いしたいものです(-_☆)キラーン。

でも、糖度など食味は栽培環境により変わりますと、小さい字で、しっかりと書いてあります(^.^)。
この世界も、カタログ性能との違いでクレームが来るのでしょうか?

スイトーパルレモというのは、品種名ではないようで、F1か固定種なのかもわかりませんが、コストコで4本598円で同じ名前のものが売られているようです。
となると、やっぱ期待しちゃいますね
種取りしたくなるものができますように(*・人・*)

節分に種まきした万願寺唐辛子
s-ANPT0953.jpg
まだまだ小さいですね。

これも予定外で、なんとなく買ってしまった、カラーピーマンのソニアレッド。
s-ANPT0964.jpg
ほとんどは青いままで、ピーマンとして使おうかなと思っています。

ジャンボ青とう
s-ANPT0968.jpg
アブラー退治は成功したようです。
やっぱり早期発見は大事ですね。
第一果が少し育ってきました。

メガパラソル
s-ANPT0967.jpg
アブラーにやられたせいか、ちょっと育ちが遅いかな。

トマト同様、ペッパーも基本は2本仕立てでいくつもりです。
茂らせると、虫の楽園になるし、どうせ着果しないしさ(-_-;)

グリムス ペットシア

関連記事
[ 2016/05/12 11:18 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

始動します

今年の種まきは節分にと決めていました。
といっても、万願寺だけです。

そして先週末に、これだけははずせなかったシュガープラムを購入。
s-ANPT0375.jpg

今のところこの4株だけです。

まだ手の調子が悪いので、今年は極力数を減らして、抜ける手は抜くという方針でいきます。

無事に節分に種まきはできたのですが、PCのディスクがクラッシュしてアップできませんでした。

(メーカーから修理代金は55000円と言われて、買い替えを覚悟していましたが、ブロ友のBさんのアドバイスをヒントに、ダメ元でSSDをネットで買って自力交換を試みたら、生き返ってくれました♪)

万願寺は15粒種まきしたものの、途中で私がひっくり返してしまったために、育ちのよかったものは全滅、後から出てきた3粒だけが生き残っています。
s-ANPT0374.jpg

加温はしなかったので、育ちは遅いですが、うちにしては贅沢な育て方をしました。
昨年LEDを買ったのです(^.^)
s-ANPT0373.jpg

まわりをアルミシートのカーテンでかこいました。
これなら、虫も来ないだろって、思ってた・・・思ってたけど、ハダニは来ました ((((((((((((*ノノ) ヒドイ

まだ、2Lのペットボトルを両手なら持てるという感じなので、真夏の水奴隷時に耐えられる自信がありません。
本当なら、今年は自粛が正解だけど、一日の最大給水量を8Lまでにして、まだ買い足すかどうかを考えるつもりです。

ゴーヤをお店で買うという選択は私にはないしね(▼-▼*) エヘ♪。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/04/08 11:50 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:万願寺がボロボロ

お盆の間は帰省前にたっぷり液肥を入れておいたので、水切れはありませんでした。
遮光ネットもかけっぱなしです。

でも、何があったのか・・・

万願寺がボロボロになってました。
aNNPT7345.jpg

仕方ないので、枯れている部分を全部とりました。
aNNPT7346.jpg

簡易温室の万願寺も、同じようにボロボロ
aNNPT7334.jpg

左2/3の元気な株は、ジャンボ甘長、 右1/3に万願寺が2株あります。
aNNPT7340.jpg

ジャンボ甘長のほうが暑さに強いということでしょうか。   

ジャンボ甘長は、もう秋を感じ取っているのか、こんな花も咲かせてきています・・強いです。
aNNPT7339.jpg

これはグリーンホルン。
aNNPT7342.jpg
暑さ負けというより、病気っぽいので、かなり枝を落としました。
場合によっては撤収します。

ライムホルンは元気一杯。
こちらも花を咲かせてきています。
aNNPT7344.jpg

本鷹も問題なし。
aNNPT7347.jpg
ペットボトルなので、何度か水切れさせていますが、丈夫です(^^;

写真をとるのを忘れましたが、あじめコショウも、問題なく育ってます。

ペッパーは全部万願寺です。
青くても水気が失せてきている実が混じっています(-_-;)
NNPT7351.jpg

3株ある万願寺さんが、一番の稼ぎ頭なので、秋から期待していたのですが、普通なら撤収を考えるボロボロぶりです。
今なら場所もあるし、ダメもとで新芽に期待して、様子をみることにします。

お盆が明けて、少し朝晩が過ごしやすくなってきたことですし (´▽`) ホッ
tenki0818.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/08/18 17:54 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:秋を待ってます

アブラーからようやく解放されたパプリカですが、開花ペースが鈍ってきました。
NNPT6601.jpg

茂りすぎだし、あまり背が高くなられても困るので、ばっさり剪定。
NNPT6607.jpg

このまま秋を待ちます ...( = =) トオイメ

甘とう組は、暑さのせいか開花は激減していますが、けっこう元気です。
NNPT6726.jpg

こちらは、アブラーが新芽にびっしりになるたびに剪定していたので、そんなに茂っていません。
この赤い種取用が完熟したら、少し整理します。

もう少ししか実がないから、秋までは自給ができなくなります。
近くの庭先農家さんで、一袋100円とありがたいお値段で売ってるので、問題ないのですが、寂しいなー。

あじめこしょうです
NNPT6729.jpg

アブラー被害が一番ひどく、新芽を手当たりしだいに落としていたので、ちょびっとしか収穫できそうにありません。
まだ花を咲かせるつもりみたいなので、このまま放任です。

本鷹
NNPT6731.jpg

こちらも新芽を落としまくりましたが、2株あるので、それなりの収穫はできそうです。
アブラーのせいか、ただでさえ小型の実が、よけい小さくなっちゃって・・・
同じ種から見事に育ててくださったbigtomatoさんの本鷹とは大違い。

今年の種は、アブラー耐性と強光耐性を持つものができないかしらね(^^;

新芽が焦げ気味なので、放任予定を変更して、先を剪定することにします。
今立ち直ってくれたら、まだ収穫できて、柚子こしょうなど作れるかもしれないし。

トマトがなくなって、さすがにベランダにも、余裕ができました。

灼熱エリアの室外機上があいただけですけど。
NNPT6611.jpg

トマトは14株はあったはずなのに、これだけしかスペースがあかない。
ペッパーも株間にゆとりをもたせて、再配置したとはいえ、ほんと無茶してましたね (´~`ヾ) ポリポリ・・・

居場所をなくしていたゴーヤのつるを招待して
NNPT6613.jpg

しばらくはゴーヤにがんばってもらいます。


よそさまではカーテンになるゴーヤに、うちでは遮光ネットをかけますけどね (^-^;
NNPT6614.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/08/05 09:51 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ペッパー近況;本鷹も赤くなってきました

本鷹が色づいてきました。
NNPT6219.jpg

アブラーとカダンセーフまみれになっていて、何度も今年はあきらめようと思ったので、これはうれしいです。
せめて種取りだけはと、撤収をがまんしていましたが、過去は忘れて、普通に使います・・たぶん_(^^;)ゞ。

アブラーはさすがにこの連日の暑さで、激減しました。
アザミーも繁殖温度をはるかに超えてますから、当面は大丈夫そう。
ここからの敵はハダニです。

こちらは、うっかり赤くした万願寺です。
NNPT6215.jpg

種取り用のものではないのですが、ここまで赤くしちゃったら予備として種を取ることにします。
万願寺は、小さいまま赤くなるものもあるので、収穫時期に迷います。
形の悪い曲がってるものは見つけたらすぐ、まっすぐなのは8~15センチで、使いたいときに収穫するようにしています。

これはサントリーのグリーンホルン
NNPT6216.jpg

同じくサントリーのライムホルン
NNPT6217.jpg

正直なところ、パプリカという感じがしません。
グリーンホルンは大きな肉厚のこどもピーマンみたい。
ライムホルンは、甘とう扱いで、どちらも火を通して使っています。
うたい文句の甘い、フルーティというのが、うちのにはありません(-_-;)
どちらもパプリカというよりは、甘とうに近いかなあ?

今日の収穫
NNPT6220.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/07/24 16:08 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

万願寺にすす病

連日アブラーと闘ってるペッパー軍団ですが、万願寺さんに変な葉っぱが目立つようになってきました。

黒い点々・・
NNPT6041.jpg

もはや何だか汚れてるな(はい、逃避してました)、と見過ごせないレベルになってきて
NNPT6038.jpg

茎にまで
NNPT6043.jpg

あきらめて、すす病で検索しました。
アブラーの排泄物に黒いかびが発生する病害だそうです。
食いあらして、ウイルスまいて、そこまでやるか・・・ ・゚・(゚´Д`゚)・゚・

いっそばっさりか、撤収との思いもちらつきますが、収穫できないわけではなく

株自体は、けなげにがんばってるんです
NNPT6044.jpg

うちにしては大きいこれは種取り候補(白いのはアブラーの抜け殻だそう<# `Д´> )
NNPT6039.jpg

せめてこのコが赤くなるまで、というか、その頃には真夏モードでアブラーがいなくなると信じて、地道に退治します。
テントウムシさんには、まだ会えません。
不自由させないのになあ・・・

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/07/09 08:39 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:間違えたorz

6/16日にこれでだめなら撤収の覚悟で、株をビニールでくるみ、お風呂場に持ち込んで徹底的に洗い流しました。

いろいろヒドいことをしたので( ̄≠ ̄)、直後は退治できていたと思います。

でも一匹飛来してきたら、いえ、飛来せずとも、移動時にこぼれたヤツらが復活したら、またアブラーまみれになるのは必須。

今日まで直視するのを避けてました。


メインの甘とう部隊
NNPT5794.jpg

まだ来てないみたいです┐(´∀`)┌ヤレヤレ

でも、問題はこっち。
伏見甘長・本鷹・あじめこしょう
NNPT5796.jpg

こちらの新芽に少しいましたΣ(|||▽||| )
また戦わなくちゃ・・・

あじめこしょうは、順調です。
NNPT5797.jpg

本鷹・・上を向いた実がちらほらと、これも順調
NNPT5798.jpg

問題はこれ。
伏見甘長のはずの株。
NNPT5799.jpg
NNPT5800.jpg

全部実が上向きで、ほっそりとした姿。

どうみても本鷹です・・・絶対に取り違えてる (*>д<*)ゲッ

この苗は里子に出しています。
すぐに連絡しなくちゃ!

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/06/22 10:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

留守の間にアブラーが激増

万願寺・ジャンボ甘長が、収穫できるようになってきました。
IMGP4970.jpg

先週留守の日があったので、後半はチェックしていないのですが、ぱっと見は大丈夫そう・・・じゃなかったんです。

  実(右)にまでアブラーがついてる
IMGP4965.jpg

今まではアブラーは新芽だけにたかっていました。
もちろん、新芽にもかなりついていますが、ふと葉裏を見ると、アブラーが裏面にびっしり展開していました{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~。

写真はとってません(´;д;`)ヤダ
それも1,2枚ではなく、大きな下葉のほとんどがアブラー御殿と化していました。

最近は、カダンセーフばかりつかうのもどうかなと、50度スプレーでしのいでいましたが、そんな場合じゃありません。
葉っぱ一枚だけで数百いるのに、これが倍倍で増えたら、とんでもないことになるので、下葉をほとんど取りました。
新芽はカダンセーフしましたが、これで退治できたとはとても思えない。
1%が残っていても恐ろしいことになりそうです。

日当たり、風通しのいいエリアは虫にも居心地がいいみたい・・・orz

1株だけ、日当たりの悪いところにいる万願寺は、アブラーに無視されて順調に育っています。
IMGP4971.jpg

こちらはパプリカのライムホルンとグリーンホルン
IMGP4975.jpg

短花柱花しか咲かなかったのですが、ようやく長花柱花が咲いてくれました。
IMGP4972.jpg

一応短花柱花でも着果はしているようですが、まだ株が弱いので、早めに収穫するようにします。
IMGP4974.jpg

パプリカは去年失敗しているので、日当たりのいいところで育てたいけれど、アブラーがこわい。
日当たりおいい場所では甘長隊が体をはってアブラーを防いでくれているので、もうこの場所で育てます。

久々の収穫の図 (アブラーついてたけど・・)
IMGP4978.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/25 14:13 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ペッパー近況:アブラーが消えたかも


ジャンボ甘長、万願寺2号、万願寺3号
USER4633.jpg

ジャンボ甘長は4/28に開花してから、順調に着果していますC=(^◇^ ; ホッ!
USER4631.jpg

一方万願寺2,3号はむなしく蕾がふえるばかり・・・
USER4632.jpg

もう好きにしなさい、と白く硬そうな蕾を眺めてると、あらっ?
虫画像です。
 ↓


P1080402.jpg

ほぼ全部の蕾や新芽がこの状態でした(|||_|||)ガビーン

トウガラシ煮出しスプレーでは、だめだったので、カダンセーフ原液を試してみることにしました。

(超大手ホムセンに在庫を問い合わせて担当に出てもらったら、カダンセーフを知らなくて、見当たらないと言われました。
スプレータイプもないのはありえないので確認したら、容器の色と模様を聞かれました。
結局あったんですけど。人手不足なんだなあ・・・)

直接かからないと効かないから、丁寧にたっぷりとかけました。

そして、今日・・・ほとんどいなくなってます(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!。

あっ、いたと思ったら、こときれておらました。
USER4635.jpg

すごいぞ、カダンセーフ原液 ( *'∀')b グッジョブ!!

希釈の必要がないスプレータイプは使ったことがありますが、使い方が悪かったのか、効果がなかったです。
成分は同じなんだけどな・・でも効いたら何でもいいや、こっちのほうがお得だし。

この時期のアブラーって、卵じゃなくて単為生殖で子供を産んじゃうから、卵は気にしないでいいのですよね?
数は少ないんだから、早期チェックをがんばるぞー、と、昨日ひととおりのペッパーは見たはずなんです。

もちろん出遅れ3株も見ました。
あじめコショウ、伏見甘長、本鷹
USER4641.jpg

今朝になって、緑色のアブラーがあじめコショウの新芽にたかってました。
てっぺんを見逃すはずはないので、昨日来たんだ・・・orz
USER4640.jpg

ここだけなので、即カダンセーフしました。

これは先日様子がおかしいので隔離していた、万願寺1号です。
USER4636.jpg

4/30に開花して、着果もしているみたい。
虫もいなくなってました。
ここはフェンスが壁になっていて、日当たりが悪いけれど、虫にも見つかりにくい穴場なのかもしれません。

パプリカのグリーンホルンとライムホルン
USER4639.jpg
どちらも1番花が開花しています。
ちゃんと最初についた蕾が咲くなんて、うちでは久しぶり♡(購入株だけどさ)

昨年は5月下旬に売れ残りの虫とウィルスつき株を買ってしまった(それも定価で)反省から、今年は早々にピチピチ株を買い求めました。
今のところ、異常なしです。

もう昼間は、熱中症危険状態なので、朝のチェックをがんばります!
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/08 08:19 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:アブラーは南風に乗って

昨日は久々のお天気でした。
気温も十分だったので、強風や突然の天候急変予報が出ていても、お日様に当てたくて全員外に放置していました。

風は確かに強かったです。

振り回されたから、ツボミは枯れてるし
USER4077.jpg

葉っぱもヨレヨレ
USER4078.jpg

もう限界だな、とようやくペットボトルに(仮)定植をしました。
USER4076.jpg

この大きさで支柱を立てていない私が悪いんですけど(-人-)ごめんね

左からジャンボ甘長、万願寺1号、2号、3号です。
どれが良苗か迷っていた万願寺は、成長を追うために、幼少時の身長の順に番号をつけました。

一見大きさがそろってきたように見えますが、全然違うのです。

左が1号、右が2号、矢印が分枝の位置です。
USER4080.jpg

2号のほうが小さかったくせに分枝の位置が高い!
3号も同じです。

徒長してないフリして、徒長してたんですね。
1号も花が咲いているわけではないので、一番花をつける時期は案外同じくらいになるかもしれません。

GWくらいに花を咲かせてくれたらうれしいなとフライング種まきしてますが、それは何とかなるかな?

と都合よく考えていたら、変なモノを発見。
3号の生長点付近に黄色い点々みたいなのが・・・

はい、アブラーです。
USER4083.jpg

うちにアブラーがくるのは決まって風の強い日ですが、昨日は強い南風だったので、飛ばされてきたのでしょうね。
空気中にどれだけ飛んでるのか、知りたいような、知りたくないような・・
今のところ他の株は無事のようです。

去年は、これでペッパー全体が痛い目にあったし(ナスもキュウリも)、パプリカは壊滅状態でした。
(病気をうつされたと決めつけているだけですが)

今年こそは早期発見で退治しなくては、と思うものの、こんな位置にとりつかれちゃ、やりにくいです(-"-;A 。

アーリーセーフはまだ薬害が怖いし・・・とりあえずマスキングテープで見えるところをペタペタしました。
ちょっと葉っぱを痛めたけど、これは仕方がない。
50度スプレーもやっとこ。

後、今年のペッパーは

左から、あじめこしょう、伏見甘長、本鷹
USER4084.jpg

買ったばかりのグリーンホルン、ライムホルン
USER4085.jpg

育苗分は里子に出せたし、もうペッパーは増やしません ヾノ・_・`)ダメダメ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/04/16 07:56 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー育苗近況

1月4日に種まきしたペッパー第1陣はここまで育ちました。
s-USER2717.jpg

左手前だけがジャンボ甘長、他は万願寺とうがらしです。
がっちり苗とは程遠いですが、順調といっていいです。

節分の日に第2陣をセットしたのですが、新しい種なのにまったく反応なし。
途中で追加もしてみたのですが、ダメでした・・・、トマトすらダメ。

いつもと同じつもりだけれど、何か大ボケをしているのかもしれない。
ジャンボ甘長みたいにお高い種を失敗するのも嫌だし、今年は予定に入ってなかった古い在庫種や、数に余裕がある種をお試しでセットしてみました。

2009年産のあじめコショウ
s-USER2714.jpg

これはまず発芽しないと思っていたし、もう古いですから、全部芽出ししてみたんです。
1つでも発根したら育ててみようと思っていたのですが、1つどころか数十が争うように発根してきました。
うそっ、とかなり驚きましたが、先着10名様程度をチョイスして、土に移しました。
あじめさんは激辛だけど、独特のさわやかな風味があって、美味しいのです。

同じく2009年市販種の伏見甘長
s-USER2716.jpg

こちらも全員発根。
6、7年物でも、まったく大丈夫じゃん。
2月の失敗種は全部新しい種なのに、何が悪かったのかなあ。
ちゃんとヨーグルティアで同じ温度管理をしていたのに・・・

この2種は自産自消@ベランダのhiroさんにいただいたものです。

そして2012年自家採種の本鷹
s-USER2715.jpg

味が気に入っているので種を継ぐために、今年栽培する予定でした。
でも2月に種まきしたのは全部失敗。
自家採種でまだ数に余裕があるので、また種まきしましたが、こちらは発芽率が超悪いです(;-_-) =3 フゥ

せっかく発芽してくれたんだし、それぞれ種取りもしたいので、ペットボトルになりますが1株ずつ育ててみます。
とりあえず、双葉が開いた順番に3株を残して間引こう残そうかな。

それにしても、ペッパーの種って、寿命が長いんですね(^^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/03/13 17:08 ] トウガラシ | TB(-) | CM(7)

ペッパー育苗近況

第一陣のペッパーの種まきは1月4日でした。
8日に発根してからは、日向土入りのお茶パックに入れて、ヨーグルティアに入れたままでした。
さすがにヨーグルト用のケースを使うわけにはいかないので、CDケースを代用に使っています(自己責任!)

本葉お出てきたことだし、いつまでも過保護に保温するわけにもいかない。
次の種まきもあるし、そろそろ植え替えしなくちゃ、と思いながら、さぼっていたら・・・

お日様を求めて移動させるときに、ぶちまけてしまいました(|||_|||)
s-USER1632.jpg


仕方なく、穴鉢に移しました。
s-USER1746.jpg

手前左だけが、ジャンボ甘長、残りは万願寺です。
落とした時に、土からすっぽり抜け落ちて、どれかわからなくなりましたが、ジャンボ甘長は赤く着色された種だったので、すぐにわかりましたC=(^◇^ ; ホッ!。
落下時に葉っぱを傷つけてしまったのが、手前右の2株、これはどちらか1株を残すことにします。

第2陣として、予備株と辛い系の唐辛子を種まきするはずだったのですが、サボリ&延期しようかと思っています。
これ以上株を増やすと、また移動で失敗しそうだし、辛い系は初夏から収穫できたほうが助かるというわけではないから。

私的にバタバタしているので、ちょっとだれ気味です。
シーズンになって後悔するか、購入苗に頼ることになりそう(^-^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/02/02 08:04 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパーの種まき

昨年のペッパーは虫にやられて散々でした。

結果的にウィルスにやられた株でも、ほとんどハゲに大剪定したら生き返ってくれたので、今年は無駄に戦わないで、思い切りよくいきたいと思っています。

さて、第一陣を種まきしました。

万願寺とうがらしとジャンボ甘長です。
USER1092.jpg

今年もヨーグルティアを使いました。
29度で4日の夜にセットしましたが、8日朝には発根がはじまっていました。

去年は手こずったのですが、意外に早かったです。
もっと根が育つまで、ヨーグルティアにまかせますが、さて、後はどうしよう、いつもどうしてたっけと過去記事を見たら

土を入れてヨーグルティアを使ってる?、調理器具なのに、それはまずいじゃん('〇';)。
USER2466.jpg

としばし驚きましたが、思い出しました。

CDのケースがぴったりなので、育苗専用としてお茶パックに土を入れて使っていたのでした。
他にいい案が思いつかなければ、今年もこれでいきます。
トマトは室温で耐えてもらってますが、ペッパーはたぶん無理だから。

スーパーでは、ピーマンやししとうと比べると万願寺系は圧倒的にお高いです。
そして、主人も大好き。

今年のペッパーは実益を目指すことにします(\__\)。

第2陣は、辛い系をまく予定です。
これは寒いのは、さらに苦手っぽいので、もうちょっと後で。


追記メモ)
この後、お茶パックにセット。
最初から土に種まきしたほうが、後々楽だったので次から覚えておくこと。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/08 13:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー一部撤収

朝の涼しいうちに、気になっていたベランダ作業を片付けました。
西側なので日差しがないので助かります。
気温は35度ありますけどね(;´▽`A``

剪定やらそうじやらで時間がかかってしまい、気分が悪くなってきたので、今日は終わり。


ピッコロししとうが、熱波で枯れてしまいました。

  撤収(/_・、)/~~
IMGP0900.jpg

バナピーも一株はもうダメです
剪定しかけたけど、あきらめました。

IMGP0901.jpg

 
ほとんどのペッパーは落葉が激しくて、きれいな葉っぱもボロボロ落ちてきます。

万願寺さんも一株撤収しました
IMGP0904.jpg


黄とうがらしは、大丈夫そうです。
IMGP0902.jpg

なんとかなりそうなのが、黄とうがらし、甘とう美人、伏見甘長です。
デカチャンプもかなりやばい状態。
今更ですが、ペッパーもなすもがっつりと更新剪定しました。

品種の問題ではなく、置き場所の運、不運のようにも思います。
日当たりがよすぎても、アダになってるしね(><)

ペッパーは暑さに強いはずでしたが、今年の猛暑には耐えられなかったようです。

ナス、きゅうり、オクラは葉っぱはピンピンしてますが、収穫までいきません。
この時期に何を栽培するか、来年はよ~く考えないと・・・。

今のところ順調なはずのゴーヤですが

     雄花がない!手も届かない(^-^;
IMGP0905.jpg

     収穫遅れが目立ちます
IMGP0906.jpg

そろそろ頭を切り替えたほうがいいのかなあ・・・ということで衝動的にポチっちゃいました。

    これって室内で育つよね?
kaorimenegi.jpg
 ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/08/19 11:03 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ベランダ近況~かなりお疲れです

ピーマンのデカチャンプです。
IMGP0831.jpg

左の株は、遮光ネットから漏れちゃうことが多かったせいか、コゲてしまいました。

開花もこんな一番上になってきてますから、もうバテバテなんでしょうね。
IMGP0833.jpg

ゴーヤは高温は平気なようで、元気なんですが、遮光ネットから漏れたエリアでは、こげちゃった葉もあります。
IMGP0835.jpg

ゴーヤに遮光というのも変ですが、おかげで室内には日差しがほとんど入りません(^-^;

黄とうがらしは第二の開花、結実のピークと猛暑がぶつかってしまって、着果率がかなり落ちています。
IMGP0836_20130813152347816.jpg

他のペッパーは、開花も結実も少しはしていますが、日中はお疲れモードが蔓延しています。

 バナナピーマン
IMGP0841.jpg

 かなり不安な万願寺とうがらし
IMGP0842.jpg

こんな時だから、ナスは休んでいてくれてかまわないのに、なぜか元気で花だけは咲く。
  
   よりによって長花柱花(ロッサビアンコ)
IMGP0840.jpg

でも、これは絶対落ちますから(((((¬_¬) フンッ
秋に向けて、余計なパワーは使わないでほしいです・・また剪定することになるかも。

これも意外と元気なさし芽のフリーダムです。
IMGP0838.jpg

一番日当たりの悪いところにあるのが幸いしているのでしょうか?
6月初旬に挿したものが、酷暑になってからどんどん大きくなってきました。
まだ小さい雄花が咲くだけで、雌花は蕾があるだけです。
このまま元気でいてくれたら、秋には期待していいかなあ。


6月23日種まきのガンディアなすです
IMGP0843.jpg

少し大きくなりました。
若いだけあって、暑さは平気みたいです。
うちのベランダではナスは秋を狙ったほうがいいのかも・・・( ̄  ̄;) うーん。
エコマーク
関連記事
[ 2013/08/13 15:40 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

種なしパプリカと固定種の採種

食べまきパプリカが赤くなりました。
スライスされてサラダに入っていた赤いパプリカにくっついていた種を軽い気持ちで種まきしたものです。
品種もわからないし、全く期待していませんでしたが、虫もほとんどつかず、丈夫でした。

大きくする気もなく、小さいのをピーマン替わりにどんどん摘果して使おうと思っていたのに、全部で3つしか着果しませんでした(><)

たった3つのために場所をとられるのはベランダでは困るのですが、何色になるか見届けたいと手間はかからないので放置してました。


   小さいながらもきれいな赤
IMGP0674.jpg


でも、切ってみると

           種がない
IMGP0675.jpg


種ができない品種を作ってるというのは、よく耳にしますが、ほんとにあるんだーとびっくり。
食べていいんでしょうね、これ(^-^;

これはバナナピーマン
IMGP0672.jpg

この2つは万願寺とうがらしです
IMGP0695.jpg
IMGP0696.jpg

万願寺さんは標準で長さ15cm、重さ15g程度らしいので、何とかクリアです。

この2つの固定種は、ちゃんと種が入っていました(´▽`) ホッ
本当はもっと乾燥させないといけないのでしょうが、本体はもう食べちゃいました。
種は出して乾燥させていますが、大丈夫かな?

バナピーはお試しで発芽実験中です。
うちのペッパーの中で一番好評なので、発芽してくれたら、秋冬用で栽培するつもりです。

追記)
バナピーは7日夜に芽だしを開始しましたが、9日午後にもう根っこが伸びています。
冬場は加温しても時間がかかるペッパーなのに、暑くて若い?と早いですね~。


地球温暖化
関連記事
[ 2013/07/09 09:48 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:着色観察記録(完熟しました)

7月1日朝

IMGP0634_20130702080011.jpg

7月2日朝
IMGP0641_20130702075840.jpg


着色が早いので、しばらく観察して写真を追加していきます。

7月3日朝
IMGP0651.jpg
①は試食しちゃいました、激辛です。
7月4日朝
P1070132.jpg
7月5日朝
IMGP0660.jpg
 種採り用の万願寺さんも色づいてきました。
7月2日朝
IMGP0648.jpgIMGP0644.jpg
7月3日朝
IMGP0656.jpg
7月4日朝
P1070134.jpg
7月5日朝
IMGP0668.jpg


バナピーはゆっくりみたい
7月3日朝
IMGP0655.jpg
7月4日朝
P1070133.jpg
7月5日朝
IMGP0667.jpg


ペッパーはどれもアザミーの攻撃が激しいので、秋まで持つかどうか・・。
形のいいのをさっさと種採りしちゃいます。

 7月2日の収穫
IMGP0649.jpg
地球温暖化

追記)
黄とうがらし①をお味見しました。
ホットペッパーのお味見は、ペペロンチーノを一人分で1本を辛みづけに使って比べています。
食べないですよ(^^;)
最初はあんまり辛そうじゃないな、青とうみたいな感じと思ったんですが、これめっちゃ辛いです。
まだ口がピリピリしてる・・
種をお譲りした方、お味見でかじったりしないでくださいね(>< )oダメー
このサイトの黄色系とうがらしの説明だと、黄金唐辛子は鷹の爪の10倍の辛さだそうですが、2倍も10倍も私にはわかりません(^^;)
本鷹と鷹の爪よりは辛いですが、使いたくないほどの辛さではなく、後をひく辛さで美味しくいただきました。
放任でも育ってくれたので、たぶんまた育てます♪
大きさは揃っていて、ほとんどが7センチで、細身です。
黄金唐辛子も7センチということですから、近い品種なのかな?
関連記事
[ 2013/07/02 08:09 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

今日の収穫:赤いピッコロ

  赤くなってほしいのはトマトなのに
IMGP0440.jpg

右下の小さいのは、ピッコロししとうです。
何度か水切れさせてる上に、チビのまま赤くなるのが出てきたので、今ついている実をほとんど取りました。
2センチぐらいで赤くなられてたら、いくらピッコロとはいえ小さすぎです


バナナピーマンが一斉に実ってきました
IMGP0437.jpg


育苗した苗の状態がよくないので、GWにバナピーのいい苗に出会ったら、トレードしてもいい、と思ってました。
お店の人に在庫を聞いたりもしてたんですが、出会わなくてよかった。
やればできるコだったんですね (-人-)ごめん。

着色を待ってると、成長をとめちゃいそうなので、大きいのから緑のうちに収穫してます。

甘とう美人(左下)は、ありがたいことに安定しています。
大きくしてみたいけれど、数が欲しいから、15センチまでで収穫しています。

整理するつもりの苗を残しているので、このキチキチのベランダは、人には見せられんと途方にくれたりもしますが、収穫の時だけ残してよかったと思います(^-^;。

追記)ピッコロししとうの、チビさんたちのほとんどが、根元から5ミリぐらいがちょい辛でした。
   細長い形のいいものは、大丈夫。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/25 16:32 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

とうがらし属近況~ペットボトルジャングル化が加速~

今年はペッパー祭り!と決めて、スタート時期はバラバラですが、やたらな数を育苗してました。

一応病気っぽいのや、徒長気味、アザミー被害などリストラほぼ決定株もけっこうあったので、場所は大丈夫だろうとホムセンで豪遊もしたのですが、連休中に皆さん急成長して着果だらけになってしまいました。
結局選別できずです orz 。

ピッコロししとう・黄とうがらし・デカチャンプ計4株
IMGP0335.jpg

万願寺・伏見・バナナピーマン・食べまきパプリカ計6株
IMGP0336.jpg

リストラがほぼ決定していたのが黄とうがらしです。
徒長がひどい上に、まだらな葉っぱも出たし、ツボミが他と比べて、本当に小さい。
これではまともな実は無理だろうと撤収するつもりでしたが、ツボミからは考えられないでっかい花が咲くんです。
IMGP0341.jpg
好奇心ともったいない根性で残すことになりました。


バナピーもヨワッチイから一株にするはずが、かわいい実がなってきたので、そのまま。
IMGP0303.jpg

苗を選別したらペッパーはゴミ箱で栽培するつもりでしたが、場所もゴミ箱もないので、甘とう美人以外はペットボトルのまま続行になりました。
めざすは主に食材な備忘録のduckbill様風ペットボトル菜園です_(^^;)ゞ。

でもペットボトルの水やりが面倒で、水切れもちょいちょい。
早くもピリ辛ししとうが出ています。

これはいかんなーとペットボトルの底に穴をあけて、ゴミ箱に2株を入れて液肥をためることにしました。
こんなことしないでゴミ箱にちゃんとセットすればいいんですが、今はカゴが足りないし、フタを作るにも2株を支えられる丈夫な素材が手持ちにない、と工作下手が思いつく範囲で、お金と手間が一番かからなかったんです(-_-;)。
雨は直接はかかりにくいですが、さすがにむき出しはまずいので、フタと遮光を兼ねてアルミシートをかぶせています。
・・・・・何かいい方法あれば教えてください<(_ _)>

ゴミ箱をもらった甘とう美人は今がピークかも
IMGP0339.jpg

今は1週間前に満タンにしたので、ペッパーもトマトもまだ給水しなくてすんでいます。

これからは私が水奴隷をどこまでがんばれるかで株数が変わりそうです。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/16 09:54 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

甘とう美人が着果してました

このところの暖かさで、夏苗はぐーんと育ってきました。

旬なえんどうや小さい苗達に気をとられがちで、早まきのペッパー達は液肥の有無しか気にしてませんでしたが、いつのまにか甘とう美人がいくつか着果していたようです。
P1060783.jpg

育つかどうかは、まだわかりませんが、さすがF1ですね。

早くまきすぎた上に、徒長して育ちすぎてるから、たぶんだめだろうなとまき直しもしてたりして・・(-_-;)

   さあ、どうしよう、このコ達・・
P1060788.jpg

だってね、それより1か月早く種まきした食べまき万願寺さん(もう6か月目)は、花はたくさん咲くけれど、全部落果してるんです。
前回の記事で、一番マシと書いた実も、その翌日に姿を消したし、正確な品種もわからない。
撤収を考えた方がいいかとながめてたら、よりによって一番上、生長点のすぐ近くで、着果してました(A゜∇゜)ハテッ?
P1060785_20130321102837.jpg


まだ2センチぐらいだけど、そういうことなら場所がある間は、撤収は延期にすることにします
これからは大きくしないと撤収しちゃうよ~って声掛けしてみよう ヾ(--;)ぉぃぉぃ。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/03/21 10:40 ] トウガラシ | TB(-) | CM(14)

とうがらし属近況~種まきはいつがいい?~

昼間だけは初夏の陽気が続いています。
まだ夜は室内に入れていますが、夏野菜は毎日の日光浴のおかげで、元気です。

10月2日に食べまきした万願寺とうがらし
P1060731.jpg

1月17日から開花していますが、摘果するまでもなく、落花、落果を繰り返してました。
室内で1本仕立てで小さく育ってもらうつもりだったので、かなり枝は落としています。
上のほうで開花してるし、お疲れですよね。

今、一番マシな実がこれ。
P1060733.jpg

育ったとしても、ししとうぐらいですね(^-^;。
万願寺系はF1も多いし、全体的に小さすぎるような気もするので、案外これはF2なのかも(責任転嫁)と思ってきてます。
昨年は低温でも実をつけてくれるF1ピーマンをフライング栽培していましたが、低温を嫌うとうがらしをフライング栽培というのは無茶でした@(;・ェ・)@/反省…


11月1日に種まきした甘とう美人。
P1060734.jpg
徒長気味で大きすぎます。
今で50センチぐらい。
一番花はつぼみのうちに摘んでしまいました。

11月15日に種まきしたピッコロししとう
P1060735.jpg
これも徒長気味。

左:11月24日に食べまきしたパプリカ 右:12月18日に種まきしたバナナピーマン
P1060737.jpg

パプリカは芽が出るかな~くらいの気持ちでしたが、育っちゃった(^▽^;)
F2だろうから、夏野菜の場所計画にも入ってませんでしたが、一番元気そうです。
一番果の様子を見てからどうするか決める・・はずです。

左:12月18日に種まきした伏見とうがらし 右:1月5日に種まきした黄とうがらし。
P1060738.jpg


2月2日に種まきしたデカチャンプ
P1060740.jpg

ソフトボール大のピーマンが欲しかったわけじゃなく、元が大きければうちでも普通のピーマンの大きさにはなるんじゃないだろうか・・と思ったんです(^-^;


花が咲いたら定植、とはいえ、それは畑でのこと。
ベランダでは霜も降りないし、うちは関東でも夏はより暑く、冬はより寒い。
酷暑の訪れが早いので、それまでにがんばってもらうには、12月の種まき組が案外うちでは適期なのかもしれません。

何も考えてませんでしたが、結果的にずらしまきになっているので、一番いい種まき時期を見極めたいと思います。

あ・・・甘とう美人が徒長しすぎでダメかもと思ったので、2月26日に予備を種まきしてしまいました。
今はセルトレイだけど( ̄ヘ ̄)ウーン
関連記事
[ 2013/03/13 08:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー育苗近況~甘とう美人徒長しすぎ~

これは10月1日に、食べまきした万願寺唐辛子です。
P1060503.jpg
昨年同じ時期にピーマンを種まきして、春に収穫できたので、室内で小さ目に整枝して育てる予定です。
枝分かれしたところまでは19センチ。
室内用に育てているので、枝はかなり落としています。
ようやく私も蕾つきの枝を落とせるようになりましたv(・_・) ブイッ

一方、これは11月1日に種まきした甘とう美人です。
   でかい。
P1060505.jpg

大きいほうなんて、蕾の位置まですでに29センチあります( ▽|||)サー。
小さいのでも25センチ。

万願寺より葉っぱが大きいから、多少は大きめだろうけど、これはちょっと大きすぎるのでは。

  左:甘とう美人  右:万願寺
P1060506.jpg

すでに分枝から3節展開している万願寺と背丈が変わらないです。
どうしよう・・・
やり直し?、でも、どうせこの株を見捨てることはしないだろうし、ますます株が増えちゃう。

こんなにペッパーだらけなのに≧(´▽`)≦アハハハ

P1060508.jpg

で、さらに、こんなこともしてるのに(-_-;)。
   
     アルミは遮光用です
P1060509.jpg

私の足元マットを発根と双葉までの育苗用に使ってみました。
かなり古いもので、温度調節もないですが、大体30度弱なんですよ。
消費電力は30Wだから、1時間で0.66円です。

P1060510.jpg

夜はオフにしていますが、ちゃんと育ってくれてるので、これから使えそうです。

で、この甘とう美人どうしよう・・・
万願寺みたいに、茎が太くなってくれたらいいんだけど、このままじゃひょろい。
今日は風がすごいから外に出せないけれど、日中はできるだけ外に出して鍛えてみます。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/02/08 13:52 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)

ペッパー育苗近況

まだまだ雪(氷)が残っています。
P1060308_20130117083159.jpg
地球温暖化
このままではイカン、と昨日ベランダのデッキ用ブラシ(スコップを持ってない)で駐車場の雪よけをしてみましたが、成功でしたy(^ー^)y。
まだ道路は凍結しまくってます。

室内では昨年11月に食べまきした万願寺唐辛子の花が咲きました。
本来1番花が出るはずのところは不発に終わり、分枝したところからです。
   長花柱花だけど、1センチもない
P1060309_20130117085317.jpg

いくら私でも、これは摘み取ることにします。
ここまで大きくするつもりはなくて、本番は冬に種まきするから、もし芽が出たら葉とうがらしにして撤収のつもりでした。
結局ずるずる栽培しちゃったので、今は何とか小さく仕立てて室内用にできないかなとも思ってたりして(^▽^;)

でも昨日アザミーを1匹発見しました
先行きが怪しいですが、黒いアザミーなので肉眼で見つけられます。
おとりと実益を期待して、栽培を続けてみます。

今年は室内のトマトがハダニの集中攻撃を受けていて、蕾もあったけれど昨日全部撤収しました。
トマトの前半戦は苗を買うことになりそうです(;-_-) =3 フゥ。

今のところ、とうがらし達だけで12ポットもあるので、これだけでも大きくなってきたらヤバイですし。
黄とうがらし、万願寺、伏見、甘とう美人、ピッコロししとう、バナナピーマン、パプリカ・・・
     混ぜるな、危険(^-^;           右上真ん中だけ白なすキャスパー
P1060311.jpgP1060313_20130117083200.jpg

昨年の伏見甘長唐辛子(購入苗)は、万願寺とししとうをかけたような、純系とは思えないとうがらしが出来ていました。
うちとは相性が悪いのかと栽培はあきらめていたところ、自産自消@ベランダのhiroさんが種をくださったんです(ノ^∇^)ノ。
今年はどんな実ができるかのか、楽しみ♪。

今でもペッパーは多すぎですが、主に食材な忘備録のduckbillさんは、多品種密植のPETボトルペッパー菜園で見事な栽培結果を毎年残しておられるので、まだデカチャンプやパプリカ系の苗が欲しいなあと思ったりもしていますヾ(--;)ぉぃぉぃ

昨年は意地でペッパーは自給してましたが(単に足りない時期でも買わなかっただけ)、今年はスイートペッパー系は余らせて干し野菜を作るつもりで完全自給を目指してみます(`0´)ノ オウ!。

パプリカは実験で食べまきしたら芽が出ちゃったものですが、F1だろうし、栽培するつもりがなかったので、スポンジのまま放置していました。
それでもどんどん育ってきたので、根負けしちゃって、ポット上げしたものです。
捨てられないくせに適当に食べまきしちゃったら、だめですねえ・・・
パプリカの中にあったらモノ扱いですが、芽が出ると別物に感じちゃって(^▽^;)
アタリであることを期待して、小さく育ててみます。

ということで春になったら、トマト(昨年よりは減らすつもり)、なす、ゴーヤ、デカチャンプは、ほぼ購入決定です。
後で種まきは、オクラ、ラリーノ。
場所はまだ未定ですが(゜ロ゜;)エェッ!?

野菜をつくるって、もっと季節感があると思ってたんですが、違う。。。なんだか違う。
旬どころか、年中何かつくることばかり考えてて、夏には頭が冬、冬には夏になっちゃっいました( ・_・)アレ?。
関連記事
[ 2013/01/17 07:43 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

次代のとうがらし達

テーマ エコアクション
冬の育苗場所をするべき場所で、来年の夏苗を育ててました。
だって、私が真冬にとうがらし属を育てても、発芽に失敗するし、成功しても育つのが遅いから。
酷暑が早く、冬も早いベランダに対応するべく、試行錯誤しているのです。
だめなら冬に再種まきすればいいし、それでもだめなら苗を買うということで、秋に外で育苗、冬は室内で育ててあわよくば収穫して、大きくなったら切り戻して夏につなぐ作戦です。
素直に苗を買うのが一番おりこうなのかもしれませんが(-_-;)

ひもとうがらし
P1030909.jpg

8月15日に種まき。
順調に育ってくれました。
写真とる際に気がつきましたが、実も大きくなってきてる(^^;)
   2本隠れてます
P1030911.jpg

もう苗とはいえませんね。
細い実だから、数がほしいので、明らかな脇芽だけ取りました。
これからは室内なので、大きくしすぎることは、たぶんない、と思う(^。^;)。

2月に種まきするより倍のスピードで育って、えらい立派な株になってしまいました。
ここからどうするかが問題なんですが、もちろん問題先送り。

ピッコロししとう

8月14日の種まき。
P1030915.jpg

ハダニ被害がひどいです。
   葉の裏にびっしり(-"-;)
P1030917.jpg

まわりにきゅうりやアブラナ科があるのに、なぜこのコに集中したのだろう。
水洗いとアーリーセーフしてみます。
結実してきていますが、これでは室内には入れられません。
P1030916.jpg

様子を見ます。

甘とう美人
8月26日に種まき。
P1030913.jpg

葉っぱがひもとうの倍ぐらいの大きさですヾ(;◎_◎)ノ
これはさすがに第1果は大きく結実させちゃまずいですよね。
根っこは育てたいけれど、今から株が充実しても困る・・・( ̄  ̄;) うーん

万願寺とうがらし
P1030914.jpg

この万願寺さんは、銀座の農家の台所の販売所で9月23日に買いました。
  おっきいでしょ
P1030496.jpg
無農薬栽培で高知産、生産者の名前が入っています。
確か1本75円ぐらいでした。
血統書つきの高級品でございます(^ー^* )フフ♪
プロの作った立派な赤い実って食べてみたかったのです。

実を乾燥させてから種を取ったほうがよいのかどうかわからなかったので、食べる直前に種をとってすぐ種まきしたのと乾燥させてからと両方試してみました。
両方とも無事に発芽しています。
でかくなるんだろうな・・これも後のことは後で考えよう_(^^;)ゞ

越冬とうがらしは2株くらいで、それも現役のを冬越しさせるつもりだったのに、種があるとまきたくなって、こんなに増えちゃいました(´~`ヾ) ポリポリ・・・
ここに書くのも恥ずかしかったけど、もういいや。
スイートペッパー系は重宝するから、出会いがあったら、まだ増やしてしまいそうだし・・・
甘いといってもロシアンルーレットになるのが、頭が痛いところではありますが。

少々のストレスには負けない、美味しい甘とうがあったら、教えてくださいね(^O^)
関連記事
[ 2012/10/31 08:18 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)