いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペッパー一部撤収

朝の涼しいうちに、気になっていたベランダ作業を片付けました。
西側なので日差しがないので助かります。
気温は35度ありますけどね(;´▽`A``

剪定やらそうじやらで時間がかかってしまい、気分が悪くなってきたので、今日は終わり。


ピッコロししとうが、熱波で枯れてしまいました。

  撤収(/_・、)/~~
IMGP0900.jpg

バナピーも一株はもうダメです
剪定しかけたけど、あきらめました。

IMGP0901.jpg

 
ほとんどのペッパーは落葉が激しくて、きれいな葉っぱもボロボロ落ちてきます。

万願寺さんも一株撤収しました
IMGP0904.jpg


黄とうがらしは、大丈夫そうです。
IMGP0902.jpg

なんとかなりそうなのが、黄とうがらし、甘とう美人、伏見甘長です。
デカチャンプもかなりやばい状態。
今更ですが、ペッパーもなすもがっつりと更新剪定しました。

品種の問題ではなく、置き場所の運、不運のようにも思います。
日当たりがよすぎても、アダになってるしね(><)

ペッパーは暑さに強いはずでしたが、今年の猛暑には耐えられなかったようです。

ナス、きゅうり、オクラは葉っぱはピンピンしてますが、収穫までいきません。
この時期に何を栽培するか、来年はよ~く考えないと・・・。

今のところ順調なはずのゴーヤですが

     雄花がない!手も届かない(^-^;
IMGP0905.jpg

     収穫遅れが目立ちます
IMGP0906.jpg

そろそろ頭を切り替えたほうがいいのかなあ・・・ということで衝動的にポチっちゃいました。

    これって室内で育つよね?
kaorimenegi.jpg
 ワード エコマーク
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/19 11:03 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

今日の収穫:赤いピッコロ

  赤くなってほしいのはトマトなのに
IMGP0440.jpg

右下の小さいのは、ピッコロししとうです。
何度か水切れさせてる上に、チビのまま赤くなるのが出てきたので、今ついている実をほとんど取りました。
2センチぐらいで赤くなられてたら、いくらピッコロとはいえ小さすぎです


バナナピーマンが一斉に実ってきました
IMGP0437.jpg


育苗した苗の状態がよくないので、GWにバナピーのいい苗に出会ったら、トレードしてもいい、と思ってました。
お店の人に在庫を聞いたりもしてたんですが、出会わなくてよかった。
やればできるコだったんですね (-人-)ごめん。

着色を待ってると、成長をとめちゃいそうなので、大きいのから緑のうちに収穫してます。

甘とう美人(左下)は、ありがたいことに安定しています。
大きくしてみたいけれど、数が欲しいから、15センチまでで収穫しています。

整理するつもりの苗を残しているので、このキチキチのベランダは、人には見せられんと途方にくれたりもしますが、収穫の時だけ残してよかったと思います(^-^;。

追記)ピッコロししとうの、チビさんたちのほとんどが、根元から5ミリぐらいがちょい辛でした。
   細長い形のいいものは、大丈夫。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/25 16:32 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

とうがらし属近況~ペットボトルジャングル化が加速~

今年はペッパー祭り!と決めて、スタート時期はバラバラですが、やたらな数を育苗してました。

一応病気っぽいのや、徒長気味、アザミー被害などリストラほぼ決定株もけっこうあったので、場所は大丈夫だろうとホムセンで豪遊もしたのですが、連休中に皆さん急成長して着果だらけになってしまいました。
結局選別できずです orz 。

ピッコロししとう・黄とうがらし・デカチャンプ計4株
IMGP0335.jpg

万願寺・伏見・バナナピーマン・食べまきパプリカ計6株
IMGP0336.jpg

リストラがほぼ決定していたのが黄とうがらしです。
徒長がひどい上に、まだらな葉っぱも出たし、ツボミが他と比べて、本当に小さい。
これではまともな実は無理だろうと撤収するつもりでしたが、ツボミからは考えられないでっかい花が咲くんです。
IMGP0341.jpg
好奇心ともったいない根性で残すことになりました。


バナピーもヨワッチイから一株にするはずが、かわいい実がなってきたので、そのまま。
IMGP0303.jpg

苗を選別したらペッパーはゴミ箱で栽培するつもりでしたが、場所もゴミ箱もないので、甘とう美人以外はペットボトルのまま続行になりました。
めざすは主に食材な備忘録のduckbill様風ペットボトル菜園です_(^^;)ゞ。

でもペットボトルの水やりが面倒で、水切れもちょいちょい。
早くもピリ辛ししとうが出ています。

これはいかんなーとペットボトルの底に穴をあけて、ゴミ箱に2株を入れて液肥をためることにしました。
こんなことしないでゴミ箱にちゃんとセットすればいいんですが、今はカゴが足りないし、フタを作るにも2株を支えられる丈夫な素材が手持ちにない、と工作下手が思いつく範囲で、お金と手間が一番かからなかったんです(-_-;)。
雨は直接はかかりにくいですが、さすがにむき出しはまずいので、フタと遮光を兼ねてアルミシートをかぶせています。
・・・・・何かいい方法あれば教えてください<(_ _)>

ゴミ箱をもらった甘とう美人は今がピークかも
IMGP0339.jpg

今は1週間前に満タンにしたので、ペッパーもトマトもまだ給水しなくてすんでいます。

これからは私が水奴隷をどこまでがんばれるかで株数が変わりそうです。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/16 09:54 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

とうがらし属近況~種まきはいつがいい?~

昼間だけは初夏の陽気が続いています。
まだ夜は室内に入れていますが、夏野菜は毎日の日光浴のおかげで、元気です。

10月2日に食べまきした万願寺とうがらし
P1060731.jpg

1月17日から開花していますが、摘果するまでもなく、落花、落果を繰り返してました。
室内で1本仕立てで小さく育ってもらうつもりだったので、かなり枝は落としています。
上のほうで開花してるし、お疲れですよね。

今、一番マシな実がこれ。
P1060733.jpg

育ったとしても、ししとうぐらいですね(^-^;。
万願寺系はF1も多いし、全体的に小さすぎるような気もするので、案外これはF2なのかも(責任転嫁)と思ってきてます。
昨年は低温でも実をつけてくれるF1ピーマンをフライング栽培していましたが、低温を嫌うとうがらしをフライング栽培というのは無茶でした@(;・ェ・)@/反省…


11月1日に種まきした甘とう美人。
P1060734.jpg
徒長気味で大きすぎます。
今で50センチぐらい。
一番花はつぼみのうちに摘んでしまいました。

11月15日に種まきしたピッコロししとう
P1060735.jpg
これも徒長気味。

左:11月24日に食べまきしたパプリカ 右:12月18日に種まきしたバナナピーマン
P1060737.jpg

パプリカは芽が出るかな~くらいの気持ちでしたが、育っちゃった(^▽^;)
F2だろうから、夏野菜の場所計画にも入ってませんでしたが、一番元気そうです。
一番果の様子を見てからどうするか決める・・はずです。

左:12月18日に種まきした伏見とうがらし 右:1月5日に種まきした黄とうがらし。
P1060738.jpg


2月2日に種まきしたデカチャンプ
P1060740.jpg

ソフトボール大のピーマンが欲しかったわけじゃなく、元が大きければうちでも普通のピーマンの大きさにはなるんじゃないだろうか・・と思ったんです(^-^;


花が咲いたら定植、とはいえ、それは畑でのこと。
ベランダでは霜も降りないし、うちは関東でも夏はより暑く、冬はより寒い。
酷暑の訪れが早いので、それまでにがんばってもらうには、12月の種まき組が案外うちでは適期なのかもしれません。

何も考えてませんでしたが、結果的にずらしまきになっているので、一番いい種まき時期を見極めたいと思います。

あ・・・甘とう美人が徒長しすぎでダメかもと思ったので、2月26日に予備を種まきしてしまいました。
今はセルトレイだけど( ̄ヘ ̄)ウーン
関連記事
[ 2013/03/13 08:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

次代のとうがらし達

テーマ エコアクション
冬の育苗場所をするべき場所で、来年の夏苗を育ててました。
だって、私が真冬にとうがらし属を育てても、発芽に失敗するし、成功しても育つのが遅いから。
酷暑が早く、冬も早いベランダに対応するべく、試行錯誤しているのです。
だめなら冬に再種まきすればいいし、それでもだめなら苗を買うということで、秋に外で育苗、冬は室内で育ててあわよくば収穫して、大きくなったら切り戻して夏につなぐ作戦です。
素直に苗を買うのが一番おりこうなのかもしれませんが(-_-;)

ひもとうがらし
P1030909.jpg

8月15日に種まき。
順調に育ってくれました。
写真とる際に気がつきましたが、実も大きくなってきてる(^^;)
   2本隠れてます
P1030911.jpg

もう苗とはいえませんね。
細い実だから、数がほしいので、明らかな脇芽だけ取りました。
これからは室内なので、大きくしすぎることは、たぶんない、と思う(^。^;)。

2月に種まきするより倍のスピードで育って、えらい立派な株になってしまいました。
ここからどうするかが問題なんですが、もちろん問題先送り。

ピッコロししとう

8月14日の種まき。
P1030915.jpg

ハダニ被害がひどいです。
   葉の裏にびっしり(-"-;)
P1030917.jpg

まわりにきゅうりやアブラナ科があるのに、なぜこのコに集中したのだろう。
水洗いとアーリーセーフしてみます。
結実してきていますが、これでは室内には入れられません。
P1030916.jpg

様子を見ます。

甘とう美人
8月26日に種まき。
P1030913.jpg

葉っぱがひもとうの倍ぐらいの大きさですヾ(;◎_◎)ノ
これはさすがに第1果は大きく結実させちゃまずいですよね。
根っこは育てたいけれど、今から株が充実しても困る・・・( ̄  ̄;) うーん

万願寺とうがらし
P1030914.jpg

この万願寺さんは、銀座の農家の台所の販売所で9月23日に買いました。
  おっきいでしょ
P1030496.jpg
無農薬栽培で高知産、生産者の名前が入っています。
確か1本75円ぐらいでした。
血統書つきの高級品でございます(^ー^* )フフ♪
プロの作った立派な赤い実って食べてみたかったのです。

実を乾燥させてから種を取ったほうがよいのかどうかわからなかったので、食べる直前に種をとってすぐ種まきしたのと乾燥させてからと両方試してみました。
両方とも無事に発芽しています。
でかくなるんだろうな・・これも後のことは後で考えよう_(^^;)ゞ

越冬とうがらしは2株くらいで、それも現役のを冬越しさせるつもりだったのに、種があるとまきたくなって、こんなに増えちゃいました(´~`ヾ) ポリポリ・・・
ここに書くのも恥ずかしかったけど、もういいや。
スイートペッパー系は重宝するから、出会いがあったら、まだ増やしてしまいそうだし・・・
甘いといってもロシアンルーレットになるのが、頭が痛いところではありますが。

少々のストレスには負けない、美味しい甘とうがあったら、教えてくださいね(^O^)
関連記事
[ 2012/10/31 08:18 ] トウガラシ | TB(-) | CM(9)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。