いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

バナナピーマンの種

昨日は30度程度になるとの予報が出ていました。
でも、真夏だと35度を超えるんだから、まだ大丈夫だろうと、対策なしで出かけました。
4時前に戻ったら、トマトの先端部がのきなみぐったりしてた、というか、熱死寸前でした。
ANPT6509.jpg

あわてて遮光ネットをはって、水温を下げましたが、遅かった。

今日はかなり立ち直ってくれていますが、半分は強制摘芯になるかも。
脇芽にスイッチするにも、最近真面目に脇芽を摘んでたので、ないの。
あー、もったいない。

30度以上の予報時は必ず遮光ネットをはること!

をマイルールにします。
梅雨までに日照時間を稼ぎたかったのですが、西日を甘くみたらいかんですね。

ところで、図書館で現代農業の2月号を借りてきました。
カラフルピーマン特集です。
そこにバナナピーマン(サカタは販売を中止)ってさらっと書いてました。

だから今年は苗が売ってなかったのかな。
F1バナナピーマンというのもあるようですが、サカタさんのは貴重な固定種のはず。
今年たまたま採種できなかったとかならいいけど、レジナイエローみたいに、買えなくなったら困るぞ。

幸い手持ちの古い種がまだあったので、種の更新を目指して芽出しを始めています。
出遅れとはいえ、まだまだ間に合うし、数個大きくできたらいいので、場所はさほどとらないはず。

まだ種が生きてますように。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2017/05/22 16:57 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ペッパー近況

ペッパーは、今3株生き残っています。

それぞれが豊作ではなくても、少しずつ実をつけてくれるので、たまにこのくらいの収穫ができていました。
USER9089.jpg

7/3種まきの甘とう美人
USER9095.jpg

さすがメジャー品種ですね。
実つきがよく、一番働いてくれたと思います。

7/3種まきのバナナピーマン
USER9094.jpg

少ししかとれていません。
やっぱり寒いのはお嫌いかなあ。

ウィルス病で棒にした後で復活したジャンボ甘長
USER9090a.jpg

もう花が咲かなくなってきました。
最低気温が5度前後で、たまに晴れると30度以上というツンデレ状態ですから、無理もないです。
もういないだろうとはいえ、アザミーつきの可能性のある株を室内に入れたくないし・・・

  ツボミはこの1個だけ(^^;)
USER9093.jpg

葉っぱは元気なので、もうしばらくがんばってもらいます。

7月まきでも10月から収穫できるのなら、病気や虫でダメだーと思った初夏のうちに大剪定や再種まきをしていれば、もっと収穫できたはずです。
来年は、ちゃんと判断しなくちゃ。

グリムス ペットシア


関連記事
[ 2014/11/18 07:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:種まきから3か月

間もなく台風18号に直撃されそうです(>_<)
今回は免れないようなので、昨日のうちにベランダの野菜は全部避難させました。

いつのまにか、7/4にヤケ種まきしたペッパーが収穫時になってましたヽ(^◇^*)/

甘とう美人
USER7606.jpg

そろそろ収穫できそうです
USER7607.jpg

バナピー
USER7608.jpg

まだひょろっとしていますが、実をつけてくれてるだけで、ありがたいです。

これはお盆に10センチの棒にして、処分するはずだったジャンボ甘長です。
USER7609.jpg

根っこができているとはいえ、復活の早さにびっくりです。
葉っぱが一枚もなかった状態から、ここまでになるとは思いませんでした。
これなら7月4日種まきより、かなり効率がいいです。

何よりありがたいのは、ウイルス病の気配がないこと。
一カ月で再生してくれるのなら、パプリカ達も病気に気がついたときにリセットしていればよかったのかな。
棒にしちゃったら、虫も残ってませんしね。

うちは梅雨明けから盆明けくらいまでは、ろくな収穫が望めないので、ペッパーも更新剪定したほうが、場所もとらなくていいかもしれないと思ってきました。

追記)
台風一過のカンカン照りになってきました。
日当たりのいいところは50度を超えています(^^;。
避難野菜を外に出し始めていますが、遮光ネットをはることにします。


グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/10/06 10:04 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況

ベランダにスズメバチが来ました(;´▽`A``

ずっとブーンって鈍い音はしてたんですが、隣のエアコンうるさいなーぐらいに思って、この記事の写真をとってました。
何の音か気づいてからは、とにかく刺激しないで部屋に戻らなくちゃと、剪定のゴミ袋も放置したまま、逃げ戻りました。

今ぐらいが巣作りの季節らしいですね。
もっと人気のないところにお願いしたいです(;人;) 。

さて、今年はペッパーが絶不調で、ウィルスとアブラー軍団にかなりやられました。
かろうじて残っているのは

  ジャンボ甘長 その1
USER6938.jpg

お盆にかなり剪定しました。
ようやく着果を始めてくれましたが、先端の葉がやっぱり縮れ気味です。
USER6939.jpg

ハダニとアザミーがいるようです。
トマトと一緒にコロマイトしておけばよかった(><)


今咲いてるのは、下の方から出てきた脇芽のこれだけ。
USER6935.jpg

病気のせいか着果率が低いです。
小さいのを入れて10個程度あると思いますが、それを収穫したらもう終わりかもしれません。
 
   ジャンボ甘長 その2
USER6948.jpg

このコは病気がひどくて、つぼみも黒くなってくるありさまでした。
お盆に撤収するつもりで、葉っぱを全部落として、10センチ程度の棒にしたんです。
ぐずぐずと片付けるのをさぼっているうちに、新芽が出てきました。
液肥もたくさん入っていたから、まあ、いいかと放置してたら、立派な新苗のようになっちゃった。

一番花っていっていいのかな・・・
USER6949.jpg

ウィルス病の面影は今はありません。
お盆に棒にしたのに、もうここまで育つとは思いませんでした。
7/4種まき組より、はるかに成長が早いです。
やっぱり根っこが出来てると違いますね。
私が怠け者でよかった``r(^^;)

7/4に種まきした甘とう美人です。
USER6943.jpg

第1花は落ちてしまったようで、2,3,4分枝まで蕾はついています。
USER6944.jpg

同じく7/4まきのバナピー。
USER6945.jpg

こちらはまだ第1花のつぼみだけです。
USER6946.jpg

涼しくなってきたので、ハダニとアザミーが盛り返してきています。
極小の虫も大きすぎる虫も勘弁してほしい・・・(-。-;)


グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/09/17 16:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

ペッパー近況:やっときてくれました!

今日は朝からちょっとへこんでました。

バナピーのようやく出た側枝も縮れてきたので、あきらめて撤収。

デカチャンプはアブラーのせいだと思うのですが、新芽がかなりやられて、これも芯どまりしそう。

そして、ライムホルンまでが新芽が縮れてきました。
   
    新芽がちりちり
USER5203.jpg

これには赤茶色のアブラーだけがついています。
目立つので葉っぱについたのは、ほぼ退治できたと思っていましたが、学習したのか、新芽と花専門に戦略を変えたようです。
花と小さい新芽にびっしり(・"・;) ウッ

手でプチするにも、テープペタペタも、狭すぎて無理。
アーリーセーフも平気みたいです。
仕方なく50度スプレーで見えるのは流しましたが、これでは、いつまでたってもパプリカになれないじゃないの(`-´メ)

もうね、今年のペッパーは散々で、順調といえるのがありません。

今日も朝から大雨と晴れを繰り返す変なお天気です。
また雨がきつくなりそうなので、ベランダに出て、ふとゴーヤを見たら


    マジですかー!
USER5201.jpg

そういえば、ゴーヤにもちょびっとアブラーがついてました。
ゴーヤくん、お手柄です!

あわてて写真を撮って、捕獲体制に入りました。
このコ、すごく小さいんです。
まだテントウムシになったばかりのようで、つまむなんて無理。

そーっとゴーヤの葉っぱの一部を犠牲にして、袋に入っていただきました。

そして、今一番やられているライムホルンのネットに入れました。
しばらくお食事には困らないと思うので、ここでお仕事してください八(^□^*) タノム!! 

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/06/25 14:06 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

ペッパー近況:まだ戦ってます

チャにやられて芯どまりしたバナピーに、少し側枝が出てきました。
USER4972.jpg

でもアブラーが勢力を盛り返してきて、なけなしの側枝にまでついてる(--メ)(--メ(--メ)

デカチャンプの被害もひどいですが、チャじゃないから、まだ致命的ではありません。
チャンプになろうとしているコもいます
USER4983.jpg

4つも固まって、ぶらさがってました。
そんな場合でもないし、エントリーしてくれただけで十分ということで、全部収穫。

見えるアブラーはつぶしたはずですが、取りきれるはずもなく、こんなものをしかけてみました。

  黄色いバケツ
USER4970.jpg


大して入ってないじゃんと思われるでしょうが、一応、手動で駆除した後で、かつ防虫ネット内なので、まずまずの人気具合です。
100均の黄色粘着テープも横にたてかけてあるんですが、そちらは無視して、ブラックアブラーが入ってきます。

思いのほかコバエが入ります。
(うちのネットは甲虫&蛾よけの役にしか立ちません)
家の中にも置いとこうかなあ、これ。
確か、酢と洗剤をちょびっといれたような・・ポピュラーな方法なので、興味のある方は調べてみてね。


ちりちりパプリカは・・・

一番ひどかった赤は立ち直ってきました。

  いいのか悪いのか、ペッパーとは思えない柔らかい葉っぱです。
USER4978.jpg


  こんな葉っぱがちらほら・・・黒いまだら
USER4979.jpg

毎日アーリーセーフしてたから薬害かなあ。


黄色はまだまだひどいです。

一応実はあるし、
USER4973.jpg

花も咲いてきますが
USER4977.jpg
まだ明るい未来が見えません。
芯どまりされると終わっちゃうから、着果しているのは取らずに置いてます。
もうチャはいないと思うんだけど、ちりちりした葉っぱは、取ったほうがいいのかなあ・・・

それに比べて、売れ残りのはずれ苗だったライムホルンは

今日も元気です
USER4981.jpg

茶色い透明なアブラムシがたまにいますが、なぜか葉っぱの表にだけつくので、すぐにわかります(▼∀▼)ニヤリッ
黒・黄色・緑にはこんな素直なヤツはいません。

グリムス ゴミ分別
関連記事
[ 2014/06/18 09:42 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ペッパー近況:バナピーが芯どまり

バナピーが大ピンチです。
2本収穫して、4本が肥大中と、一見平和でしたが
USER4898.jpg

チャにやられて、芯どまってしまいました。

  新芽なし(>_<)
USER4897.jpg

USER4896.jpg

経験がないので、どうすればいいのかわからないんですが、強剪定する勇気はなく、チリチリ葉っぱをちぎるだけにしました。


パプリカもチャにやられてチリチリになってますが、まだ芯どまりにはなってません。
でも、時間の問題なのかな(>_<)。

バナピーは、幼苗のときにチャにやられて、摘芯しています。
今年のペッパーはかなり不調です。

お隣のデカチャンプも葉っぱがずっと下向きで危ないし(アブラーだらけでしたが、手動で対応しています)
USER4905.jpg

ホムセンで、安心の大苗コーナーに、つい目がいくこの頃です。
秋には何とか間に合うだろうから、いっそ種まきしちゃおうか、とも思ったり・・・。

アーリーセーフはかけていますが、チャがつくたびに、コロマイトするわけにはいかないし、厄介ですね。
今年は半分あきらめていますが、来年まで持ち越さないようにしなくては。
対策ないけど\(||_ _)/ オテアゲ

グリムス オゾン層
関連記事
[ 2014/06/10 15:12 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:室外機上のペッパーが虫だらけ

普通にペッパー近況を書こうと、写真を撮りにベランダに出たら、それどころじゃなくなりました。

室外機上という過酷な場所に配置している、デカチャンプ(左)とバナピー(右)
USER4848.jpg

ちょっと新芽が縮れてるでしょ。
よく見たら、極小の点が少しついてました。

肉眼では全然わからないので、拡大
USER4849.jpg

アブラーかチャかよくわかりません。
チャなら、点にも見えないと思ってましたが、どっちなんでしょう?

アブラーなら親がいるはず。
捜索開始!

これは同じエリアにある別のデカチャンプ
USER4855.jpg

ここがアブラー天国になってました。
ほとんどの葉っぱにブラックアブラーがびっしりです{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~。

アブラーは全部裏についてて、気が付かなかったのですが、表面にこんな葉っぱがありました。

USER4853.jpg

生き物じゃないみたいですが、これは何でしょう?


株元に押し込んでいるバジルは元気です。
USER4852.jpg
アブラーはバジルより、ペッパーがお好みなんでしょうか。
バジルについたら食べる気なくなるから、移動させようかな・・・

アブラーは薬で解決できそうな数ではなかったので、戦いました((( ̄へ ̄井) フンッ
50度スプレーの後、手にビニール袋(ゴムではない)をはめて、さーっとふきふきが最近のやり方です。

きゅうりへの攻撃がマシになったと思ったら、隣のペッパーに集団で引っ越してきたみたいです。

これまでは虫といえば、アザミウマに悩まされ続けていましたが、今年はアブラーが優勢です。
チャも来てるし。
なんだか去年より大変になってるような(><)

先日、野良テントウムシを見つけた時に、お迎えしようか迷いましたが、今はアブラーはほとんどいないから可哀そうだなと・・とんでもない考え違いをしてしまいました。

そう簡単にいなくなるはずないですよね orz。
次の出会いはあるのでしょうか

グリムス  リサイクル
関連記事
[ 2014/06/04 09:51 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:摘芯組が開花してきたけど(追記しました)

チャにやられて摘芯した株は、次々に花をつけてきました。

普通に側枝が1本出て、主枝となったバナナピーマン
USER4605.jpg

2つに枝分かれしました。
1番花は摘花済みで、これはまあ順調です。

これも側枝が1本出て、主枝となったジャンボ甘長
分枝が3本出ています。
USER4602.jpg

上から
USER4604.jpg

ちょっとアザミーの気配があります(><)
USER4603.jpg

そして問題児がこのジャンボ甘長
USER4608.jpg

側枝2本仕立てになっています。
そこからどんどん枝分かれして、節間も短い。
こんな小さいのに蕾だらけ。
USER4607.jpg

花も元気なのが次々と・・・(摘んでるけど)

手のひらサイズのジャンボ甘長が、こんな背丈で実をつけちゃイカンでしょ・・と思うんですが、もう4節ぐらいになっちゃう・・・。
4本仕立てにするつもりですが、毎年徒長で悩むのに、これはこれで困る。

で、今年は図書館で出会ったこの本を教科書とすることにしました。
AA300.jpg

プロ向けの本ですが、やさしい言葉で書かれていて、悪い例がことごとく思い当たる私には、心に響くお言葉がたくさんあります。

こんな風に・・・青字は引用箇所です

着果数が多いと、たくさん収穫できそうに思う。
しかしそれは間違いである。
ピーマンは1日の同化作用で得た炭水化物の60%くらいを果実肥大に使う。
そのため果実が多くつくと枝葉の伸びが抑えられる。
またそのことによって果実の肥大も遅れる。
小さな株に多くの果実が着き、主枝もなかなか伸びてこない。
その結果、次の花まで時間がかかってしまう。
やがて枝が細くなって、角度が開き、さらに果実が付いて、その上の蕾が落ちて芯どまりする。
ピーマンでもっとも避けたい生育パターンである。


ではどうしたらよいのか、初期だけではなく長くコンスタントに良果を栽培するための整枝・摘果他の技術もこまかく書かれています。

まずは3節まで側枝とも摘(花)果、側枝は1,2節収穫から、できる範囲でやってみます。

 ああ・・大きな花なのにもったいないって思っちゃいけない ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
USER4606.jpg

生育は抑えるより取り戻すほうがむずかしい
早く着いた果実に惑わされない
初期の対応が露地でも10tとれるか3~4tで終わるかの差となって現れる
やってみれば何が本当にもったいないか見えてくるはずだ


―(T_T)→ グサッ!!!

これより追記)

上記事での整枝法は普通のピーマンです。
カラーピーマン、パプリカは主枝着果が原則で、1,2節は摘果、3節は緑果で収穫だそうです。
側枝からの収穫、仕立てについては、果実の大きさによって違いますので、を参照してください<(_ _)>

パプリカやカラーピーマンは3節の花は摘まないでくださいね。

あと、もう一つ、考え違いをしていたことがあるので、追記しておきます。

早勢がよければ開花から20日くらいで収穫できるが、弱いと肥大が遅くなり、4~50日以上かかってしまう。
収穫開始が7~10日遅くなっても、後の肥大が早くなるので、初期収量は多くなる。

枝先端の勢いが弱って、果実の重さで側枝が垂れ下がると変形果が増えてくる。
変形果は肥大に時間がかかり、さらに株に負担がかかるという悪循環に陥る。
下がり枝は1,2節で整枝すれば、上向きに脇芽が伸びて、着果する。


赤字は正確な引用ではなく、少し短くしています。

変形果も、そのうち大きくなるかなあと放置していて、赤くなっちゃうということが、よくありました。
無理させてたんですね(;´д`)トホホ

グリムス  ゴミ分別
関連記事
[ 2014/05/13 08:05 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:チャの被害から復活したようです

チャノホコリダニにやられて、2月下旬に泣く泣く摘芯したバナナピーマンとジャンボ甘長でしたが、新芽が育ってきてくれました。

   真ん中がバナナピーマン、両端はジャンボ甘長
USER3221.jpg


ありがたいことに2か所から側枝が出たコがいます。

  ジャンボ甘長1
USER3222.jpg
このまま2本とも育ってくれたら、倍返しだーと、期待してるんですが、どうなるかな。

   ジャンボ甘長2
USER3226.jpg
これは1本だけですが、このまま育ってくれたら、それで十分ありがたいです。
ジャンボ甘長は種が少ないので、無駄弾を打つわけにはいきません。

  これはバナナピーマン
USER3228.jpg

こちらは種に余裕があるので、たくさん種まきしたのに、残ったのはこれだけ(・・∂) アレ?
2本側枝が出ていますが、強弱があるので、主枝になれるのは1本かもしれません。

どれも摘芯した後は、ほとんど徒長してないんです。
厳しい環境におかれて、のんびり育ってる場合じゃなかったんでしょうか(^-^;


そして後発のデカチャンプと食べまきカレイドスコープには、チャの気配はなく、ゆっくり大きくなっています。
USER3225.jpg
手前の2鉢が、デカチャンプです。

カレイドスコープはここから2株を育てるつもりです。
発芽しないだろうとあきらめていたので予定外ですが、甘とう美人とバナピーの育苗に失敗したので、ちょうどいいのかな(^。^;)
ちょっとひょろいですが、親株の味が確かなので、一昨年の激辛とは別物ができると信じて、種採りも目指して、がんばります!

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/04/04 12:07 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー一部撤収

朝の涼しいうちに、気になっていたベランダ作業を片付けました。
西側なので日差しがないので助かります。
気温は35度ありますけどね(;´▽`A``

剪定やらそうじやらで時間がかかってしまい、気分が悪くなってきたので、今日は終わり。


ピッコロししとうが、熱波で枯れてしまいました。

  撤収(/_・、)/~~
IMGP0900.jpg

バナピーも一株はもうダメです
剪定しかけたけど、あきらめました。

IMGP0901.jpg

 
ほとんどのペッパーは落葉が激しくて、きれいな葉っぱもボロボロ落ちてきます。

万願寺さんも一株撤収しました
IMGP0904.jpg


黄とうがらしは、大丈夫そうです。
IMGP0902.jpg

なんとかなりそうなのが、黄とうがらし、甘とう美人、伏見甘長です。
デカチャンプもかなりやばい状態。
今更ですが、ペッパーもなすもがっつりと更新剪定しました。

品種の問題ではなく、置き場所の運、不運のようにも思います。
日当たりがよすぎても、アダになってるしね(><)

ペッパーは暑さに強いはずでしたが、今年の猛暑には耐えられなかったようです。

ナス、きゅうり、オクラは葉っぱはピンピンしてますが、収穫までいきません。
この時期に何を栽培するか、来年はよ~く考えないと・・・。

今のところ順調なはずのゴーヤですが

     雄花がない!手も届かない(^-^;
IMGP0905.jpg

     収穫遅れが目立ちます
IMGP0906.jpg

そろそろ頭を切り替えたほうがいいのかなあ・・・ということで衝動的にポチっちゃいました。

    これって室内で育つよね?
kaorimenegi.jpg
 ワード エコマーク
関連記事
[ 2013/08/19 11:03 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

種なしパプリカと固定種の採種

食べまきパプリカが赤くなりました。
スライスされてサラダに入っていた赤いパプリカにくっついていた種を軽い気持ちで種まきしたものです。
品種もわからないし、全く期待していませんでしたが、虫もほとんどつかず、丈夫でした。

大きくする気もなく、小さいのをピーマン替わりにどんどん摘果して使おうと思っていたのに、全部で3つしか着果しませんでした(><)

たった3つのために場所をとられるのはベランダでは困るのですが、何色になるか見届けたいと手間はかからないので放置してました。


   小さいながらもきれいな赤
IMGP0674.jpg


でも、切ってみると

           種がない
IMGP0675.jpg


種ができない品種を作ってるというのは、よく耳にしますが、ほんとにあるんだーとびっくり。
食べていいんでしょうね、これ(^-^;

これはバナナピーマン
IMGP0672.jpg

この2つは万願寺とうがらしです
IMGP0695.jpg
IMGP0696.jpg

万願寺さんは標準で長さ15cm、重さ15g程度らしいので、何とかクリアです。

この2つの固定種は、ちゃんと種が入っていました(´▽`) ホッ
本当はもっと乾燥させないといけないのでしょうが、本体はもう食べちゃいました。
種は出して乾燥させていますが、大丈夫かな?

バナピーはお試しで発芽実験中です。
うちのペッパーの中で一番好評なので、発芽してくれたら、秋冬用で栽培するつもりです。

追記)
バナピーは7日夜に芽だしを開始しましたが、9日午後にもう根っこが伸びています。
冬場は加温しても時間がかかるペッパーなのに、暑くて若い?と早いですね~。


地球温暖化
関連記事
[ 2013/07/09 09:48 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:色づいてきた!

また週末に家をあけていたので、2日間放置してました
晴れてましたが、水枯れはセーフ。
ペッパー達の色づきが一気に加速してきました。

黄とうがらしが、ようやく黄色に♡。
IMGP0634.jpg

2日の間に一気に緑から黄色に変わったようです。
手前に先っぽが黄色くなってるのが、明日には黄色くなるか楽しみです。
これなら今月中に撤収させてもらえそう。

そして赤くなるのを待ちわびていたバナナピーマンも

ほんのり

IMGP0635.jpg

食べまきパプリカは

茶色くなってきたけど、赤くなるのかな?
IMGP0636.jpg
地球温暖化
関連記事
[ 2013/07/01 09:39 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

今日の収穫:赤いピッコロ

  赤くなってほしいのはトマトなのに
IMGP0440.jpg

右下の小さいのは、ピッコロししとうです。
何度か水切れさせてる上に、チビのまま赤くなるのが出てきたので、今ついている実をほとんど取りました。
2センチぐらいで赤くなられてたら、いくらピッコロとはいえ小さすぎです


バナナピーマンが一斉に実ってきました
IMGP0437.jpg


育苗した苗の状態がよくないので、GWにバナピーのいい苗に出会ったら、トレードしてもいい、と思ってました。
お店の人に在庫を聞いたりもしてたんですが、出会わなくてよかった。
やればできるコだったんですね (-人-)ごめん。

着色を待ってると、成長をとめちゃいそうなので、大きいのから緑のうちに収穫してます。

甘とう美人(左下)は、ありがたいことに安定しています。
大きくしてみたいけれど、数が欲しいから、15センチまでで収穫しています。

整理するつもりの苗を残しているので、このキチキチのベランダは、人には見せられんと途方にくれたりもしますが、収穫の時だけ残してよかったと思います(^-^;。

追記)ピッコロししとうの、チビさんたちのほとんどが、根元から5ミリぐらいがちょい辛でした。
   細長い形のいいものは、大丈夫。

地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/25 16:32 ] トウガラシ | TB(-) | CM(8)

とうがらし属近況~ペットボトルジャングル化が加速~

今年はペッパー祭り!と決めて、スタート時期はバラバラですが、やたらな数を育苗してました。

一応病気っぽいのや、徒長気味、アザミー被害などリストラほぼ決定株もけっこうあったので、場所は大丈夫だろうとホムセンで豪遊もしたのですが、連休中に皆さん急成長して着果だらけになってしまいました。
結局選別できずです orz 。

ピッコロししとう・黄とうがらし・デカチャンプ計4株
IMGP0335.jpg

万願寺・伏見・バナナピーマン・食べまきパプリカ計6株
IMGP0336.jpg

リストラがほぼ決定していたのが黄とうがらしです。
徒長がひどい上に、まだらな葉っぱも出たし、ツボミが他と比べて、本当に小さい。
これではまともな実は無理だろうと撤収するつもりでしたが、ツボミからは考えられないでっかい花が咲くんです。
IMGP0341.jpg
好奇心ともったいない根性で残すことになりました。


バナピーもヨワッチイから一株にするはずが、かわいい実がなってきたので、そのまま。
IMGP0303.jpg

苗を選別したらペッパーはゴミ箱で栽培するつもりでしたが、場所もゴミ箱もないので、甘とう美人以外はペットボトルのまま続行になりました。
めざすは主に食材な備忘録のduckbill様風ペットボトル菜園です_(^^;)ゞ。

でもペットボトルの水やりが面倒で、水切れもちょいちょい。
早くもピリ辛ししとうが出ています。

これはいかんなーとペットボトルの底に穴をあけて、ゴミ箱に2株を入れて液肥をためることにしました。
こんなことしないでゴミ箱にちゃんとセットすればいいんですが、今はカゴが足りないし、フタを作るにも2株を支えられる丈夫な素材が手持ちにない、と工作下手が思いつく範囲で、お金と手間が一番かからなかったんです(-_-;)。
雨は直接はかかりにくいですが、さすがにむき出しはまずいので、フタと遮光を兼ねてアルミシートをかぶせています。
・・・・・何かいい方法あれば教えてください<(_ _)>

ゴミ箱をもらった甘とう美人は今がピークかも
IMGP0339.jpg

今は1週間前に満タンにしたので、ペッパーもトマトもまだ給水しなくてすんでいます。

これからは私が水奴隷をどこまでがんばれるかで株数が変わりそうです。
地球温暖化
関連記事
[ 2013/05/16 09:54 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)