いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペッパー近況:間違えたorz

6/16日にこれでだめなら撤収の覚悟で、株をビニールでくるみ、お風呂場に持ち込んで徹底的に洗い流しました。

いろいろヒドいことをしたので( ̄≠ ̄)、直後は退治できていたと思います。

でも一匹飛来してきたら、いえ、飛来せずとも、移動時にこぼれたヤツらが復活したら、またアブラーまみれになるのは必須。

今日まで直視するのを避けてました。


メインの甘とう部隊
NNPT5794.jpg

まだ来てないみたいです┐(´∀`)┌ヤレヤレ

でも、問題はこっち。
伏見甘長・本鷹・あじめこしょう
NNPT5796.jpg

こちらの新芽に少しいましたΣ(|||▽||| )
また戦わなくちゃ・・・

あじめこしょうは、順調です。
NNPT5797.jpg

本鷹・・上を向いた実がちらほらと、これも順調
NNPT5798.jpg

問題はこれ。
伏見甘長のはずの株。
NNPT5799.jpg
NNPT5800.jpg

全部実が上向きで、ほっそりとした姿。

どうみても本鷹です・・・絶対に取り違えてる (*>д<*)ゲッ

この苗は里子に出しています。
すぐに連絡しなくちゃ!

グリムス ペットシア
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/22 10:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

留守の間にアブラーが激増

万願寺・ジャンボ甘長が、収穫できるようになってきました。
IMGP4970.jpg

先週留守の日があったので、後半はチェックしていないのですが、ぱっと見は大丈夫そう・・・じゃなかったんです。

  実(右)にまでアブラーがついてる
IMGP4965.jpg

今まではアブラーは新芽だけにたかっていました。
もちろん、新芽にもかなりついていますが、ふと葉裏を見ると、アブラーが裏面にびっしり展開していました{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~。

写真はとってません(´;д;`)ヤダ
それも1,2枚ではなく、大きな下葉のほとんどがアブラー御殿と化していました。

最近は、カダンセーフばかりつかうのもどうかなと、50度スプレーでしのいでいましたが、そんな場合じゃありません。
葉っぱ一枚だけで数百いるのに、これが倍倍で増えたら、とんでもないことになるので、下葉をほとんど取りました。
新芽はカダンセーフしましたが、これで退治できたとはとても思えない。
1%が残っていても恐ろしいことになりそうです。

日当たり、風通しのいいエリアは虫にも居心地がいいみたい・・・orz

1株だけ、日当たりの悪いところにいる万願寺は、アブラーに無視されて順調に育っています。
IMGP4971.jpg

こちらはパプリカのライムホルンとグリーンホルン
IMGP4975.jpg

短花柱花しか咲かなかったのですが、ようやく長花柱花が咲いてくれました。
IMGP4972.jpg

一応短花柱花でも着果はしているようですが、まだ株が弱いので、早めに収穫するようにします。
IMGP4974.jpg

パプリカは去年失敗しているので、日当たりのいいところで育てたいけれど、アブラーがこわい。
日当たりおいい場所では甘長隊が体をはってアブラーを防いでくれているので、もうこの場所で育てます。

久々の収穫の図 (アブラーついてたけど・・)
IMGP4978.jpg

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/25 14:13 ] トウガラシ | TB(-) | CM(0)

ペッパー近況:アブラーが消えたかも


ジャンボ甘長、万願寺2号、万願寺3号
USER4633.jpg

ジャンボ甘長は4/28に開花してから、順調に着果していますC=(^◇^ ; ホッ!
USER4631.jpg

一方万願寺2,3号はむなしく蕾がふえるばかり・・・
USER4632.jpg

もう好きにしなさい、と白く硬そうな蕾を眺めてると、あらっ?
虫画像です。
 ↓


P1080402.jpg

ほぼ全部の蕾や新芽がこの状態でした(|||_|||)ガビーン

トウガラシ煮出しスプレーでは、だめだったので、カダンセーフ原液を試してみることにしました。

(超大手ホムセンに在庫を問い合わせて担当に出てもらったら、カダンセーフを知らなくて、見当たらないと言われました。
スプレータイプもないのはありえないので確認したら、容器の色と模様を聞かれました。
結局あったんですけど。人手不足なんだなあ・・・)

直接かからないと効かないから、丁寧にたっぷりとかけました。

そして、今日・・・ほとんどいなくなってます(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!。

あっ、いたと思ったら、こときれておらました。
USER4635.jpg

すごいぞ、カダンセーフ原液 ( *'∀')b グッジョブ!!

希釈の必要がないスプレータイプは使ったことがありますが、使い方が悪かったのか、効果がなかったです。
成分は同じなんだけどな・・でも効いたら何でもいいや、こっちのほうがお得だし。

この時期のアブラーって、卵じゃなくて単為生殖で子供を産んじゃうから、卵は気にしないでいいのですよね?
数は少ないんだから、早期チェックをがんばるぞー、と、昨日ひととおりのペッパーは見たはずなんです。

もちろん出遅れ3株も見ました。
あじめコショウ、伏見甘長、本鷹
USER4641.jpg

今朝になって、緑色のアブラーがあじめコショウの新芽にたかってました。
てっぺんを見逃すはずはないので、昨日来たんだ・・・orz
USER4640.jpg

ここだけなので、即カダンセーフしました。

これは先日様子がおかしいので隔離していた、万願寺1号です。
USER4636.jpg

4/30に開花して、着果もしているみたい。
虫もいなくなってました。
ここはフェンスが壁になっていて、日当たりが悪いけれど、虫にも見つかりにくい穴場なのかもしれません。

パプリカのグリーンホルンとライムホルン
USER4639.jpg
どちらも1番花が開花しています。
ちゃんと最初についた蕾が咲くなんて、うちでは久しぶり♡(購入株だけどさ)

昨年は5月下旬に売れ残りの虫とウィルスつき株を買ってしまった(それも定価で)反省から、今年は早々にピチピチ株を買い求めました。
今のところ、異常なしです。

もう昼間は、熱中症危険状態なので、朝のチェックをがんばります!
グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/05/08 08:19 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ジャンボ甘長がやっと咲いた❀

ジャンボ甘長がとうとう開花しました(*n'∀')n バンザーイ。
USER4448.jpg

こんなに大きくなってから、やっとですが・・・(゜ーÅ) ホロリ
USER4449.jpg

例年なら、花ばっかりで、全然着果しないとぼやいているところですが、今年は花すら咲かない・・・
無駄に徒長を続けるばかりなので、かなりあせってました。
咲かないと、ホムセンと交換するぞ!、とこっそり思っていたのをわかってくれたのかも♡

もう一つの気がかりが、ずぼらっこです。
USER4450.jpg

こちらもつぼみはたくさんあるものの、開花しません。
でも、この写真の一番右にちょこっと黄色い花びらが見えてきました。
これは咲くよね?、とかなり期待しています。

そして、これはフルティカ。
USER4451.jpg
鬼花なんでしょうか?

ずぼらっことフルティカだけが、暴れ気味らしくて気になってます。

うちの種まき組は、開花、着果してるので、液肥のせいでもないだろうし(~ヘ~;)
USER4452.jpg
日当たりのいい場所をあげているので、もうしばらくは、暑さのせいにしておこう(*p'∀'q)(根拠なしw)。

今いちばんきれいなのが、イチゴです。
USER4453.jpg

なぜもう1,2か月早く急いでくれないのだ・・・、どんどん葉っぱも大きくなってきます。
なんでこんなにキレイになっちゃったの?
株が薬害でボロボロになるほどのアーリーセーフ攻めで、ハダニがこれには手を出すな信号でも残してくれたの?

とりあえず、日当たりの悪いところに移動させています。
あっ、意地悪じゃないですよ。
日当たりがいいと、うちは平気で50度いっちゃいますからね(-_-;)

メモ)4/30 万願寺1号開花 全員側枝を少し落とす


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/04/28 07:34 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:アブラーは南風に乗って

昨日は久々のお天気でした。
気温も十分だったので、強風や突然の天候急変予報が出ていても、お日様に当てたくて全員外に放置していました。

風は確かに強かったです。

振り回されたから、ツボミは枯れてるし
USER4077.jpg

葉っぱもヨレヨレ
USER4078.jpg

もう限界だな、とようやくペットボトルに(仮)定植をしました。
USER4076.jpg

この大きさで支柱を立てていない私が悪いんですけど(-人-)ごめんね

左からジャンボ甘長、万願寺1号、2号、3号です。
どれが良苗か迷っていた万願寺は、成長を追うために、幼少時の身長の順に番号をつけました。

一見大きさがそろってきたように見えますが、全然違うのです。

左が1号、右が2号、矢印が分枝の位置です。
USER4080.jpg

2号のほうが小さかったくせに分枝の位置が高い!
3号も同じです。

徒長してないフリして、徒長してたんですね。
1号も花が咲いているわけではないので、一番花をつける時期は案外同じくらいになるかもしれません。

GWくらいに花を咲かせてくれたらうれしいなとフライング種まきしてますが、それは何とかなるかな?

と都合よく考えていたら、変なモノを発見。
3号の生長点付近に黄色い点々みたいなのが・・・

はい、アブラーです。
USER4083.jpg

うちにアブラーがくるのは決まって風の強い日ですが、昨日は強い南風だったので、飛ばされてきたのでしょうね。
空気中にどれだけ飛んでるのか、知りたいような、知りたくないような・・
今のところ他の株は無事のようです。

去年は、これでペッパー全体が痛い目にあったし(ナスもキュウリも)、パプリカは壊滅状態でした。
(病気をうつされたと決めつけているだけですが)

今年こそは早期発見で退治しなくては、と思うものの、こんな位置にとりつかれちゃ、やりにくいです(-"-;A 。

アーリーセーフはまだ薬害が怖いし・・・とりあえずマスキングテープで見えるところをペタペタしました。
ちょっと葉っぱを痛めたけど、これは仕方がない。
50度スプレーもやっとこ。

後、今年のペッパーは

左から、あじめこしょう、伏見甘長、本鷹
USER4084.jpg

買ったばかりのグリーンホルン、ライムホルン
USER4085.jpg

育苗分は里子に出せたし、もうペッパーは増やしません ヾノ・_・`)ダメダメ

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/04/16 07:56 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー育苗近況

1月4日に種まきしたペッパー第1陣はここまで育ちました。
s-USER2717.jpg

左手前だけがジャンボ甘長、他は万願寺とうがらしです。
がっちり苗とは程遠いですが、順調といっていいです。

節分の日に第2陣をセットしたのですが、新しい種なのにまったく反応なし。
途中で追加もしてみたのですが、ダメでした・・・、トマトすらダメ。

いつもと同じつもりだけれど、何か大ボケをしているのかもしれない。
ジャンボ甘長みたいにお高い種を失敗するのも嫌だし、今年は予定に入ってなかった古い在庫種や、数に余裕がある種をお試しでセットしてみました。

2009年産のあじめコショウ
s-USER2714.jpg

これはまず発芽しないと思っていたし、もう古いですから、全部芽出ししてみたんです。
1つでも発根したら育ててみようと思っていたのですが、1つどころか数十が争うように発根してきました。
うそっ、とかなり驚きましたが、先着10名様程度をチョイスして、土に移しました。
あじめさんは激辛だけど、独特のさわやかな風味があって、美味しいのです。

同じく2009年市販種の伏見甘長
s-USER2716.jpg

こちらも全員発根。
6、7年物でも、まったく大丈夫じゃん。
2月の失敗種は全部新しい種なのに、何が悪かったのかなあ。
ちゃんとヨーグルティアで同じ温度管理をしていたのに・・・

この2種は自産自消@ベランダのhiroさんにいただいたものです。

そして2012年自家採種の本鷹
s-USER2715.jpg

味が気に入っているので種を継ぐために、今年栽培する予定でした。
でも2月に種まきしたのは全部失敗。
自家採種でまだ数に余裕があるので、また種まきしましたが、こちらは発芽率が超悪いです(;-_-) =3 フゥ

せっかく発芽してくれたんだし、それぞれ種取りもしたいので、ペットボトルになりますが1株ずつ育ててみます。
とりあえず、双葉が開いた順番に3株を残して間引こう残そうかな。

それにしても、ペッパーの種って、寿命が長いんですね(^^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/03/13 17:08 ] トウガラシ | TB(-) | CM(7)

ペッパー育苗近況

第一陣のペッパーの種まきは1月4日でした。
8日に発根してからは、日向土入りのお茶パックに入れて、ヨーグルティアに入れたままでした。
さすがにヨーグルト用のケースを使うわけにはいかないので、CDケースを代用に使っています(自己責任!)

本葉お出てきたことだし、いつまでも過保護に保温するわけにもいかない。
次の種まきもあるし、そろそろ植え替えしなくちゃ、と思いながら、さぼっていたら・・・

お日様を求めて移動させるときに、ぶちまけてしまいました(|||_|||)
s-USER1632.jpg


仕方なく、穴鉢に移しました。
s-USER1746.jpg

手前左だけが、ジャンボ甘長、残りは万願寺です。
落とした時に、土からすっぽり抜け落ちて、どれかわからなくなりましたが、ジャンボ甘長は赤く着色された種だったので、すぐにわかりましたC=(^◇^ ; ホッ!。
落下時に葉っぱを傷つけてしまったのが、手前右の2株、これはどちらか1株を残すことにします。

第2陣として、予備株と辛い系の唐辛子を種まきするはずだったのですが、サボリ&延期しようかと思っています。
これ以上株を増やすと、また移動で失敗しそうだし、辛い系は初夏から収穫できたほうが助かるというわけではないから。

私的にバタバタしているので、ちょっとだれ気味です。
シーズンになって後悔するか、購入苗に頼ることになりそう(^-^;

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/02/02 08:04 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパーの種まき

昨年のペッパーは虫にやられて散々でした。

結果的にウィルスにやられた株でも、ほとんどハゲに大剪定したら生き返ってくれたので、今年は無駄に戦わないで、思い切りよくいきたいと思っています。

さて、第一陣を種まきしました。

万願寺とうがらしとジャンボ甘長です。
USER1092.jpg

今年もヨーグルティアを使いました。
29度で4日の夜にセットしましたが、8日朝には発根がはじまっていました。

去年は手こずったのですが、意外に早かったです。
もっと根が育つまで、ヨーグルティアにまかせますが、さて、後はどうしよう、いつもどうしてたっけと過去記事を見たら

土を入れてヨーグルティアを使ってる?、調理器具なのに、それはまずいじゃん('〇';)。
USER2466.jpg

としばし驚きましたが、思い出しました。

CDのケースがぴったりなので、育苗専用としてお茶パックに土を入れて使っていたのでした。
他にいい案が思いつかなければ、今年もこれでいきます。
トマトは室温で耐えてもらってますが、ペッパーはたぶん無理だから。

スーパーでは、ピーマンやししとうと比べると万願寺系は圧倒的にお高いです。
そして、主人も大好き。

今年のペッパーは実益を目指すことにします(\__\)。

第2陣は、辛い系をまく予定です。
これは寒いのは、さらに苦手っぽいので、もうちょっと後で。


追記メモ)
この後、お茶パックにセット。
最初から土に種まきしたほうが、後々楽だったので次から覚えておくこと。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/01/08 13:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況

ペッパーは、今3株生き残っています。

それぞれが豊作ではなくても、少しずつ実をつけてくれるので、たまにこのくらいの収穫ができていました。
USER9089.jpg

7/3種まきの甘とう美人
USER9095.jpg

さすがメジャー品種ですね。
実つきがよく、一番働いてくれたと思います。

7/3種まきのバナナピーマン
USER9094.jpg

少ししかとれていません。
やっぱり寒いのはお嫌いかなあ。

ウィルス病で棒にした後で復活したジャンボ甘長
USER9090a.jpg

もう花が咲かなくなってきました。
最低気温が5度前後で、たまに晴れると30度以上というツンデレ状態ですから、無理もないです。
もういないだろうとはいえ、アザミーつきの可能性のある株を室内に入れたくないし・・・

  ツボミはこの1個だけ(^^;)
USER9093.jpg

葉っぱは元気なので、もうしばらくがんばってもらいます。

7月まきでも10月から収穫できるのなら、病気や虫でダメだーと思った初夏のうちに大剪定や再種まきをしていれば、もっと収穫できたはずです。
来年は、ちゃんと判断しなくちゃ。

グリムス ペットシア


関連記事
[ 2014/11/18 07:33 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:種まきから3か月

間もなく台風18号に直撃されそうです(>_<)
今回は免れないようなので、昨日のうちにベランダの野菜は全部避難させました。

いつのまにか、7/4にヤケ種まきしたペッパーが収穫時になってましたヽ(^◇^*)/

甘とう美人
USER7606.jpg

そろそろ収穫できそうです
USER7607.jpg

バナピー
USER7608.jpg

まだひょろっとしていますが、実をつけてくれてるだけで、ありがたいです。

これはお盆に10センチの棒にして、処分するはずだったジャンボ甘長です。
USER7609.jpg

根っこができているとはいえ、復活の早さにびっくりです。
葉っぱが一枚もなかった状態から、ここまでになるとは思いませんでした。
これなら7月4日種まきより、かなり効率がいいです。

何よりありがたいのは、ウイルス病の気配がないこと。
一カ月で再生してくれるのなら、パプリカ達も病気に気がついたときにリセットしていればよかったのかな。
棒にしちゃったら、虫も残ってませんしね。

うちは梅雨明けから盆明けくらいまでは、ろくな収穫が望めないので、ペッパーも更新剪定したほうが、場所もとらなくていいかもしれないと思ってきました。

追記)
台風一過のカンカン照りになってきました。
日当たりのいいところは50度を超えています(^^;。
避難野菜を外に出し始めていますが、遮光ネットをはることにします。


グリムス 酸性雨
関連記事
[ 2014/10/06 10:04 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況

ベランダにスズメバチが来ました(;´▽`A``

ずっとブーンって鈍い音はしてたんですが、隣のエアコンうるさいなーぐらいに思って、この記事の写真をとってました。
何の音か気づいてからは、とにかく刺激しないで部屋に戻らなくちゃと、剪定のゴミ袋も放置したまま、逃げ戻りました。

今ぐらいが巣作りの季節らしいですね。
もっと人気のないところにお願いしたいです(;人;) 。

さて、今年はペッパーが絶不調で、ウィルスとアブラー軍団にかなりやられました。
かろうじて残っているのは

  ジャンボ甘長 その1
USER6938.jpg

お盆にかなり剪定しました。
ようやく着果を始めてくれましたが、先端の葉がやっぱり縮れ気味です。
USER6939.jpg

ハダニとアザミーがいるようです。
トマトと一緒にコロマイトしておけばよかった(><)


今咲いてるのは、下の方から出てきた脇芽のこれだけ。
USER6935.jpg

病気のせいか着果率が低いです。
小さいのを入れて10個程度あると思いますが、それを収穫したらもう終わりかもしれません。
 
   ジャンボ甘長 その2
USER6948.jpg

このコは病気がひどくて、つぼみも黒くなってくるありさまでした。
お盆に撤収するつもりで、葉っぱを全部落として、10センチ程度の棒にしたんです。
ぐずぐずと片付けるのをさぼっているうちに、新芽が出てきました。
液肥もたくさん入っていたから、まあ、いいかと放置してたら、立派な新苗のようになっちゃった。

一番花っていっていいのかな・・・
USER6949.jpg

ウィルス病の面影は今はありません。
お盆に棒にしたのに、もうここまで育つとは思いませんでした。
7/4種まき組より、はるかに成長が早いです。
やっぱり根っこが出来てると違いますね。
私が怠け者でよかった``r(^^;)

7/4に種まきした甘とう美人です。
USER6943.jpg

第1花は落ちてしまったようで、2,3,4分枝まで蕾はついています。
USER6944.jpg

同じく7/4まきのバナピー。
USER6945.jpg

こちらはまだ第1花のつぼみだけです。
USER6946.jpg

涼しくなってきたので、ハダニとアザミーが盛り返してきています。
極小の虫も大きすぎる虫も勘弁してほしい・・・(-。-;)


グリムス 地球温暖化
関連記事
[ 2014/09/17 16:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(4)

ペッパー:不思議なジャンボ甘長

絶不調で撤収が続いたペッパーですが、ジャンボ甘長はかろうじて生き残っていました。
USER5945.jpg

左右、全然大きさが違うでしょ。
同時に種まきして、場所も、液肥もおんなじなんです。

収穫物が同じなので、取り違えでもないし、収穫量も変わらないのが悲しい。
大きい方が繁ってばかりで、お仕事してくれません(-_-;)

これは今日使うので収穫した分ですが、一番大きいのが小さい方の株からなんです。
USER5947.jpg

どちらも病気か虫か、芯どまり傾向だったのですが、少しは収穫させてくれていたので残していました。
酷暑がはじまってからは、新芽が出始めて、暑いのが好きなのかも、虫は暑さに負けたのかも、と都合よく期待していました。

でも小さい株はパプリカ達を取り殺したアブラーが闊歩し始めています。
そして大きい方はフェンスを越えていますが、高いところからハダニのコロニーだらけになっています。
USER5946.jpg

応急処置はしましたが、またかあ・・・

ほどほどにしておいてくれれば、目くじらたてないんですが、今年のアブラーは花に集中的について実を全部ダメにしたあげく、芯どまりにされるので、たまりません。
ここのところ液肥がお湯にならない普通の夏の気温なので、盛り返してきたのかな。
こんど暑くなったら、自爆の可能性もありますが、ビニールで蒸してやろうかと本気で思っています(╬ •̀ ^•́ )ムカ


これより私信です。
bigtomato様
ブラッシュタイガー
USER5951.jpg
ビー
USER5950.jpg

トマトのECは1.4~1.6でした。
水道水のEC0.3を引くと1.3前後だと思います。

ピンクエッグとリーセントは全く巻いていません。

グリムス エコマーク
関連記事
[ 2014/07/31 09:17 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:うちのヒートスポット(教えてください)

ジャンボ甘長の側枝2本仕立て株が、最近昼間はぐったりしてるんです。

左からジャンボ甘長の側枝2本仕立て、脇芽プチぷよ、 普通仕立てのジャンボ甘長
USER4801.jpg

今の暑さで萎れてたら、うちの夏は越せないし、たまたまかも、と自分をごまかしていました。

でも今日もぐったりしてたのを見つけてしまったので、とりあえず水温を見ましたが、けっこう冷たい。

じゃあ、病気か何かで、もうだめなのかもしれない、としおしおの葉っぱを何気に触ってみたら、めっちゃ熱い
お隣の株の葉っぱは冷たい。
株間30センチもないのに、何これ???

とうがらしの真ん中にあるペットボトルは日差しがお嫌いなプチぷよトマト様の脇芽です。
これがピンピンしてるのに、とうがらしがダウンなんて、どうなってるの???

ちょうどこの株の正面あたりにお日様が来ていました。
手をかざしてみたら、どうも上の方の空気が熱い。
ちょうど窓から反射してるのかな・・・

そういえば、ここは以前もとうがらしを枯らした場所です。
ガラス越しにイチゴを熱死させたこともあったっけ。

病気じゃなくて、単に暑かっただけなんだ・・・

だって室内に避難させたら、すぐに元気になっちゃたものΣ(^∇^;)えええええ~。
葉っぱも冷たいし。
USER4804.jpg

局地的に高温になる場所という事実を受け入れて、対策するしかないようです。
遅すぎですが、原因がわかってよかった。
このままなら、また無実の株を処分したかもしれないです @(;・ェ・)@/反省…

とりあえずは遮光ネットをかけました・・一応まだ5月なのにな。

普通の野菜では無理があるようだから、オクラをここに移すことにします。
ということで、間引きしたオクラは水につけて放置したままですが、ペットボトルで育てる、ということになりそうです(^-^;

追記)
今一番大事な、こくうまチェリーがぐったりしてます (((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!!
そういえばジャンボ甘長の対角線上に置いてます。
去年はこんなことなかったのに、まいったなあ orz。


窓やベランダ床からの照り返しから、野菜を守るには、どんな対策があるでしょうか?
よくある室温を下げるための遮光シートでは、光が反射されてしまうので、逆効果のような気がします。

ウッドパネルは床に並べていますが、賃貸なので、床に塗料を塗るなどはできません。

すだれを窓と野菜の間にかける
黒の遮光ネットを窓と野菜の間にかけてみる

をやってみようと思いますが、いい方法があれば、ご教示くださいませ<(_ _)>
グリムス 省エネ 
関連記事
[ 2014/05/30 16:19 ] トウガラシ | TB(-) | CM(10)

ペッパー近況:摘芯組が開花してきたけど(追記しました)

チャにやられて摘芯した株は、次々に花をつけてきました。

普通に側枝が1本出て、主枝となったバナナピーマン
USER4605.jpg

2つに枝分かれしました。
1番花は摘花済みで、これはまあ順調です。

これも側枝が1本出て、主枝となったジャンボ甘長
分枝が3本出ています。
USER4602.jpg

上から
USER4604.jpg

ちょっとアザミーの気配があります(><)
USER4603.jpg

そして問題児がこのジャンボ甘長
USER4608.jpg

側枝2本仕立てになっています。
そこからどんどん枝分かれして、節間も短い。
こんな小さいのに蕾だらけ。
USER4607.jpg

花も元気なのが次々と・・・(摘んでるけど)

手のひらサイズのジャンボ甘長が、こんな背丈で実をつけちゃイカンでしょ・・と思うんですが、もう4節ぐらいになっちゃう・・・。
4本仕立てにするつもりですが、毎年徒長で悩むのに、これはこれで困る。

で、今年は図書館で出会ったこの本を教科書とすることにしました。
AA300.jpg

プロ向けの本ですが、やさしい言葉で書かれていて、悪い例がことごとく思い当たる私には、心に響くお言葉がたくさんあります。

こんな風に・・・青字は引用箇所です

着果数が多いと、たくさん収穫できそうに思う。
しかしそれは間違いである。
ピーマンは1日の同化作用で得た炭水化物の60%くらいを果実肥大に使う。
そのため果実が多くつくと枝葉の伸びが抑えられる。
またそのことによって果実の肥大も遅れる。
小さな株に多くの果実が着き、主枝もなかなか伸びてこない。
その結果、次の花まで時間がかかってしまう。
やがて枝が細くなって、角度が開き、さらに果実が付いて、その上の蕾が落ちて芯どまりする。
ピーマンでもっとも避けたい生育パターンである。


ではどうしたらよいのか、初期だけではなく長くコンスタントに良果を栽培するための整枝・摘果他の技術もこまかく書かれています。

まずは3節まで側枝とも摘(花)果、側枝は1,2節収穫から、できる範囲でやってみます。

 ああ・・大きな花なのにもったいないって思っちゃいけない ブンブン(>_< )( >_<)ブンブン
USER4606.jpg

生育は抑えるより取り戻すほうがむずかしい
早く着いた果実に惑わされない
初期の対応が露地でも10tとれるか3~4tで終わるかの差となって現れる
やってみれば何が本当にもったいないか見えてくるはずだ


―(T_T)→ グサッ!!!

これより追記)

上記事での整枝法は普通のピーマンです。
カラーピーマン、パプリカは主枝着果が原則で、1,2節は摘果、3節は緑果で収穫だそうです。
側枝からの収穫、仕立てについては、果実の大きさによって違いますので、を参照してください<(_ _)>

パプリカやカラーピーマンは3節の花は摘まないでくださいね。

あと、もう一つ、考え違いをしていたことがあるので、追記しておきます。

早勢がよければ開花から20日くらいで収穫できるが、弱いと肥大が遅くなり、4~50日以上かかってしまう。
収穫開始が7~10日遅くなっても、後の肥大が早くなるので、初期収量は多くなる。

枝先端の勢いが弱って、果実の重さで側枝が垂れ下がると変形果が増えてくる。
変形果は肥大に時間がかかり、さらに株に負担がかかるという悪循環に陥る。
下がり枝は1,2節で整枝すれば、上向きに脇芽が伸びて、着果する。


赤字は正確な引用ではなく、少し短くしています。

変形果も、そのうち大きくなるかなあと放置していて、赤くなっちゃうということが、よくありました。
無理させてたんですね(;´д`)トホホ

グリムス  ゴミ分別
関連記事
[ 2014/05/13 08:05 ] トウガラシ | TB(-) | CM(6)

ペッパー近況:側枝2本仕立てに挑戦中?

ペッパー苗は、衣装ケースにいれたままこの頃は夜も外に出しています。
USER3465.jpg

最低気温が低そうだったので、昨日は中に入れましたが、もう大丈夫みたい。

ジャンボ甘長2株は、チャに頂芽をやられて強制摘芯になりましたが、無事に脇芽が育ってきて、蕾をつけてくれました。

1株は2か所から側枝が出て、1株は1か所からだけなんですが、蕾のつき方が違います。

矢印のところで摘芯しています

脇芽が2本育った株
USER3466.jpg

脇芽が1本育った株
USER3470.jpg




ペッパー系はこんな花のつきかたをします。(タキイさんのサイトより)
childpiment4_img04.jpg


1本だけ側枝が出た株には1番花に相当する蕾があって、そこから2つに枝分かれしているので、ごく普通のペッパーとして育ってくれるようです。

USER3474.jpg

2本出てきたほうは分枝は多いものの、1番花のあるべきところに何もありません。
USER3475.jpg

こちらは1本は3つに分枝、1本は2つに分枝して、そこからさらに分枝しているので、もう10本も蕾つきの枝があります。

たくさん蕾があってうれしいなと思ってる場合でもないようで、これ、まだ高さが10センチ強なんですよ。

徒長苗ばかり育ててきた私としては、こういうのは初めてです。


花は適当に摘むとして、この頭でっかちの状態で大きくなってもらっていいんでしょうか?
好奇心の方が強いので、場合によっては途中で摘芯しますが、当面は放置してみます。

そして、またムシの気配があちこちに。

USER3471.jpg

こんどはアザミーだと思うんですが、一応アーリーセーフしておきます。

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/04/19 09:57 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)

ペッパー近況:チャの被害から復活したようです

チャノホコリダニにやられて、2月下旬に泣く泣く摘芯したバナナピーマンとジャンボ甘長でしたが、新芽が育ってきてくれました。

   真ん中がバナナピーマン、両端はジャンボ甘長
USER3221.jpg


ありがたいことに2か所から側枝が出たコがいます。

  ジャンボ甘長1
USER3222.jpg
このまま2本とも育ってくれたら、倍返しだーと、期待してるんですが、どうなるかな。

   ジャンボ甘長2
USER3226.jpg
これは1本だけですが、このまま育ってくれたら、それで十分ありがたいです。
ジャンボ甘長は種が少ないので、無駄弾を打つわけにはいきません。

  これはバナナピーマン
USER3228.jpg

こちらは種に余裕があるので、たくさん種まきしたのに、残ったのはこれだけ(・・∂) アレ?
2本側枝が出ていますが、強弱があるので、主枝になれるのは1本かもしれません。

どれも摘芯した後は、ほとんど徒長してないんです。
厳しい環境におかれて、のんびり育ってる場合じゃなかったんでしょうか(^-^;


そして後発のデカチャンプと食べまきカレイドスコープには、チャの気配はなく、ゆっくり大きくなっています。
USER3225.jpg
手前の2鉢が、デカチャンプです。

カレイドスコープはここから2株を育てるつもりです。
発芽しないだろうとあきらめていたので予定外ですが、甘とう美人とバナピーの育苗に失敗したので、ちょうどいいのかな(^。^;)
ちょっとひょろいですが、親株の味が確かなので、一昨年の激辛とは別物ができると信じて、種採りも目指して、がんばります!

ワード 地球温暖化
関連記事
[ 2014/04/04 12:07 ] トウガラシ | TB(-) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。