いずみのベランダ水耕覚書

3階西向きの小さなベランダと窓辺で水耕栽培やってます。 古いタグは工事中です<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も七夕きゅうり

今年も、Heyモーさん主催の七夕きゅうりに参加します。
ラリーノPro となるなるの両方を準備しました。
ANPT7162.jpg

この時期、うまく言った覚えがないのですが、お祭りですし、ダメと決まったわけじゃないですからね(^^)。

それに、今年のキュウリはこれまでと違ってけっこういい感じなのです。

ラリーノProは、摘芯しましたが、脇芽からちょこちょこ収穫できています。
ANPT7158.jpg

普通のラリーノみたいな房なりのつぼみも出てきました。
ANPT7159.jpg

房なりでとれたことはないけどさ。

気をよくして、狭くてもなんとかなるぞと、なるなるも種まきしました。
ANPT7161.jpg

収穫が進んで寂しくなったトマトの下部に巻きついて育ってもらうつもりです(^^ゞ

七夕きゅうりは、とりあえずは2Lペットボトルで始めますが、うまくいけば4Lペットボトルで育てるかもしれません。
どうせ大きくなるころには、トマトも寂しくなってるだろうから、あいてるところを探してたくましく育ってほしいものです。

グリムス ペットシア
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/07/07 09:40 ] キュウリ | TB(-) | CM(5)

七夕きゅうりに参加してます

あ、まだ広告は出てないですね(^^;

この時期ベランダはいいこと、悪いことがてんこもりになっていますが、ちょっと体調不良で、枯れない程度の水遣りだけはなんとかという状態でした。
これでは覚書にならないです・・・

かなりよくなってきたので、ちびちび書いていきます。

新規で何かする気力もスペースもなかったのですが、Heyモーさん主催の七夕きゅうりにエントリーさせていただいて、ラリーノを種まきしました。
なるなるだと、葉っぱが大きすぎて、場所は後で考えようというわけにはいかないので、葉っぱが小さく省スペースなラリーノにしました。
やっぱお祭りには参加したいですから(^^)

一見まともな双葉ですが(7/11)
ANPT1615.jpg

昨日の高温で、どえらく徒長したので今朝埋め戻したところです。
杯軸切断もちょこっと頭をよぎりましたが、一週間遅れちゃうから、却下です。

なるなるは前記事の後も、しばらくは毎日雄花だらけの日が続きましたが、雌花がつくようになってきました。
ANPT1564.jpg


摘芯のせいか受粉のせいか、時期がきたのかわかりませんが、そこからは順調に着果しています。
一応、雄花もたくさん咲くので、受粉はしています。

ANPT1616.jpg


そして、これまでの経験から、そう簡単には実がつくはずがないとあきらめていた、5/28種まきのラリーノまで太ってきました。

ANPT1619.jpg
まだムダ花は10個も咲いてないのに(十分多いですか?)、こんなに早いのははじめて。
珍しく雄花が咲いたので、受粉させた雌花もあるのですが、案外それなのかな?

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/07/11 12:24 ] キュウリ | TB(-) | CM(0)

キュウリ近況:女子が少ない

これまで育てたミニキュウリは、ほぼ雌花ばかりの女子高状態でした。

普通のキュウリは雄花もそれなりにつくのは、わかっているつもりでしたが、今回のなるなるは雄花が多すぎます。
去年は雌花のほうが多かったはずなのに、どうしたんだろ。

なるなるは春蒔き70~80%、秋蒔き40~50%で雌花着生する節成種だそうですが、どうみても、うちのは今のところ25%程度。

まだこの上にも雄花が咲いてます・・・
ANPT1350.jpg

でも、ようやくキュウリが収穫できそうです。

以前、人工受粉したら雌花が太りだしたことがあったので、先週やってみたら

成功したみたい♪
ANPT1352.jpg

それにしても、このままでは、結婚相手に不自由しないとはいえ、雌花が少なすぎます。

雄花は一節に4,5個つくけど、雌花は一個しかつかないし。
ANPT1354.jpg

そして、まだ脇芽も全然出ていません。
このまま男の子ばかりで繁られても困るし、子づるなら雌花がつくだろうと、摘芯してやりました

たぶん、私がキュウリというものを理解してないのだと思います(^-^;。

確実に女子高になってくれるはずのラリーノは、アザミーが増えてきました。
ANPT1355.jpg

なるなるから、ラリーノに乗り換えているようなのです。
まだ葉っぱが少ないし、柔らかいから、捜索しやすいけれど、虫もいないなるなるには、もっとがんばってほしいです。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/06/22 15:50 ] キュウリ | TB(-) | CM(0)

キュウリ近況:今年もお花畑?

初心者向きと言われてますが、キュウリを最初の雌花を太らせたことがありません。
もちろん、ある程度育つまでは、摘蕾はしています。

ラリーノなんて、ムダ花100個の後、ようやく、ということもありました。

今年もダメみたい。
ANPT1327.jpg

これまでは

摘芯したら太り始めた
花を20個つんだら太り始めた
開花3週間後に太り始めた
受粉させたら太り始めた

らしいです。

そもそも、いつもだめなんだから、なんか理由があるはずだ。
いつまでも初心者とか、暑いからと言い訳してるぐらいなら、栽培しなきゃいいんだし(x_x;)。

で、まじめに考えてみました。

狭いけれど、日当たりが悪いというほどじゃない。
それで文句をいうなら、キュウリよりペッパー達だ。
ANPT1329.jpg

摘芯したら育ったということは、元気そうに見えても、肥料が薄いのかもしれない、と測ってみたら

0.7しかなかった。
うちは水道水のECが高いので、実質0.4ということになります。

薄すぎるよ!

他の順調に着果してる野菜も調べましたが、こちらは普通にEC実質1.3弱でした。

となると、極端に薄いのはキュウリだけ。

キュウリはトマトやピーマンと同じゃダメってことなのかな。
うちのベランダは暑いから、濃縮されるに決まってるし、考えるのめんどうだし、といつも何でもEC1.3でやってたのが間違ってたんですね。

昨日これでどうだ、とECを1.8程度まであげましたが、今朝は1.1に下がってました。

まだ足りないようです。

とりあえず、また1.8にしました。
夕方測ってみて、追記します。

また下がっているようなら、もっと上げなくちゃ。

こちらも、苦手意識の強いナス。
ECは下がってなかったけど、肥料食いらしいから、上げておこうかな。
ANPT1330.jpg


追記
自分のこんな記事をみつけて、ボー然しています。
どこが覚書や・・・
あほすぎる(|||_|||)


グリムス ペットシア


関連記事
[ 2016/06/16 09:28 ] キュウリ | TB(-) | CM(6)

ウリ科近況

デリシャスゴーヤの栽培も5年目になりました(^^)

サントリーさんのHPには、”主枝が1.5m程になったら、必ず摘芯し、子づるを伸ばして着果させます。” とあるのを守っていた年が多かったのですが、今年は5/11日に40センチ程度で摘芯してみました。

子づるが4本出ています。
ANPT1212.jpg


パッションフルーツでカーテンをつくるのは、すっぱりあきらめました。
今年は、ゴーヤ一株でカーテンを作ってもらいます(あくまでも希望)

子づる3本をいつものカーテン側に、1本はパッションフルーツにまかせるはずだった北側にはわせてみます。

摘芯時期を指示通りにしないと、雌花のつきに関係するのかなと、毎年迷ってますが、今のところ問題ないみたい。

それぞれに、ちっちゃい雌花のモトがついています。
ANPT1210.jpg

まだ給水は楽ですが、根っこもそれなりに出てきました。
goya0527.jpg

こちらは4/27日種まきの、きゅうりのなるなる。
ANPT1213.jpg

今日で、ようやく一か月。
そして収穫はまだ一か月先ですよね。
梅雨明けにぶつかっちゃう。
もうちょっと早く種まきしてたらなあ・・・(>.<)

グリムス ペットシア


関連記事
[ 2016/05/27 16:42 ] ゴーヤ | TB(-) | CM(0)

ナス科以外の野菜

4月8日にこんなことを書いていたようです。

本当なら、今年は自粛が正解だけど、一日の最大給水量を8Lまでにして、まだ買い足すかどうかを考えるつもりです。

本気でした。
一年ぐらいやめとけ、我慢しろって思ってました。

とにかく最低限の水遣りを何とかすべく、液肥容器の持ち方をいろいろやってみるうちに、4L容器も横に持ち手があれば何とかなることに気がついて、いけるんじゃない?と、いう気になってきて・・。

そして、ホムセンに行くと(行くなよw)、なんとかなる、という先送り思考が頭を占拠。
まだ去年に比べたらかわいいもんだし、置けるし、と理性が完全に吹っ飛んだ状態になって、ナス科の苗が増えていきました。

さらに、調子に乗った結果・・・。

まず4月27日に、きゅうりのなるなるを種まき。
ANPT0982.jpg

なるなるが、うちでは一番うまくできたので、種を買ってみました。
苗はどこにでもあるけれど、もう出遅れてるし、新種のアザミーをうっかり持ち帰るのも、こわかった。
翌日に発根しましたが、種帽子がなかなかとれず、5月6日に実力行使でひっぱがしました。
暑くなるまでに、収穫にこぎつけられるかどうか・・・


そして温室の上にでものっけときゃいいかなと、5月10日にインゲンの種まき。
ANPT0979.jpg

さすが5月。
うちにしては、徒長がマシで、まともな苗に育ってます。

インゲンは、アザミーの一番人気。
収量にはこだわらないので、おとりになっていただければとも思ってます、ひどっ。

バジルも出遅れなので、まだこんなん。
ANPT0981.jpg

ゴーヤは定植もしてません。(容器づくりを逃げてる)
ANPT0989.jpg
レッドミニに巻きついていますが、摘芯したので、脇芽が伸びだす前に何とかしなきゃ。

さらにオクラのベニー
ANPT0987.jpg

オクラのピークファイブ
ANPT0984.jpg

トマトの脇芽やらで、もう育苗用のLED棚は満杯です。
ANPT0988.jpg

この脇芽を全部育てるとなると、場所あるもん、とはいえなくなってきます。

でも去年は、トマトはうどんこでまさかの7月早々撤収となったし、小さくていいから秋用の苗は残しておきたい。
あわよくば、梅雨明けまでに、1,2段着果してほしい。

サビや病気は突然来るから、もっと早く脇芽育てておけばなあ・・・と毎年悔やんでいるので、これは、まだこのまま。

ついで。
ANPT0983.jpg
ジャンボ青とうが、絶好調です。
第1果は、ここで摘果します。
購入苗もピンキリだけど、これは当たりみたい(^^)。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2016/05/17 09:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(2)

秋苗になれるのか?: キュウリ

6/28日に購入した、キュウリのなるなる君は
NNPT6618.jpg

元気に育ってはいますが、いまだ花を咲かせたことがありません。
生きてるだけでえらいと思っていましたが、涼しくなるまでには弱ってしまうだろうし、葉っぱを育てているわけではありません。
この際、摘芯して、挿し芽苗に秋を託してみることにしました。

雌花のモトがついている葉だけ残して、つるおろし。
NNPT6625.jpg

これで伸びるのあきらめて太ってくれないかなー。

NNPT6623.jpg

7/21日に購入した苗を熱死させたときに、いちおうキュウリの種まきはしたんです。

でも、キュウリとはいえ、まだ双葉なのに自立できない徒長っぷり。
NNPT6617.jpg

本葉が出るまで待ちたかったけれど、ここで杯軸摘芯しました。

マイプラントの怪しい光のなかで、ひたすら発根を待ってます。

左下は剪定したときに、きれいな脇芽を挿したグリルでイタリアです。
NNPT6627.jpg

tenki0804.jpg


追記)
8/5 きゅうり杯軸摘芯 発根


グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/08/03 08:54 ] キュウリ | TB(-) | CM(2)

イチゴこうします

イチゴは今は虫なしできれいでも、移動したらベランダの不法滞在組の新たな拠点になるのではと引っ越しをためらってました。
でも、撤収するか、栽培を続けるかで悩んでるんだから、虫はこの際気にしないことにして、移動させて様子を見ることに。

桃薫はうどんこ攻撃に押されて葉が少なくなっているぜいたくトマトの足元に置きました。

NNPT5985.jpg

先日小さいのを食べましたが、甘酸っぱい桃でした。
悪くないとは思っても、美味しー♪とまではいきません。
桃薫は一季なりですが、冬から今まで実がなってるのなら、案外収穫期が長いですね。
でも、ずっとこのままなら、置いていても楽しくない・・・どうしたら美味しくなるのかなあ?
この適当な育て方でも美味しいイチゴ探しをすればいいのだろうかって、まだ増やすつもりなのでしょうか? (# ゚Д゚)バカ。

めちゃデカと純ベリー2は簡易温室に

NNPT5986.jpg

トマトの葉より、イチゴの葉のほうがデカいし、悲しいことに実の大きさはミニトマトと変わらないので違和感がない(^^;
なんでうちのイチゴは葉っぱだけデカいんだろう。

イチゴの跡地には、千両2号を置く予定です。

NNPT5987.jpg

先日、曇りの日に外に出したのですが、2時間もしないで、ぐったりしてきました。
摘花するつもりだった、一番花まで落ちちゃった(-"-;A ...アセアセ
室内に戻したら、立ち直ってくれましたが、今日も、おためしで数時間だけ外に置いてみます。

きゅうりも同時に出しましたが、すぐにしおしおになってしまいました。
こちらはまだ不安なので、ピンクの光で過ごしてもらいます。

NNPT5989.jpg


7/3追記)
7/2の夕方でも、ナスはピンピンしていたので、そのまま外に出しておくことにします。
当分かんかん照りの日はなさそうだし。

グリムス ペットシア
関連記事
[ 2015/07/02 08:59 ] イチゴ | TB(-) | CM(2)
     

Sodatte 
10~15で播種 24~29で移植
 
タグ(工事中)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。